広島 腰痛 姿勢 パーソナルトレーニング

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナー 『健全姿勢ボディメイク』【広島/出張】

選ばれる7つの理由


①腰痛を姿勢からみていきます

ほとんどの方が腰痛を経験してきたと思います。

 

すぐ痛みが回復してしまう方もいれば

痛みを繰り返してしまう方もいます

 

多くの痛みの原因の多くは姿勢です

 

姿勢が崩れると腰への負担が数倍になります

マッサージなどで腰だけ揉んでいてもよくなりません

 

姿勢を正さないと

腰への負担は掛かったままです

 

負担を避けるためにも姿勢づくりは基本です

 

なので私は、姿勢を正すことから始めます

 

そうすることで腰に痛みのないカラダを作っていきます

 

 

②医師への指導経験があります

県内の病院やリハビリ施設などで

医師へトレーニング指導&ケアをしていました

 

病院では院内で働かれている

医師・看護師・歯科医など専門で

先生たちのお身体を管理し

トレーニング指導&ケアをしていました

 

リハビリ施設では

医師・理学療法士・通院患者さん

グループ指導もしていました

 

リハビリ施設では

トレーニングのDVDまで作成しました

 

この経験が今指導にも生きています

 

➂痛みを繰り返さないカラダにしていきます

痛みは繰り返しやすいものです

 

一時的によくなったとしても

また痛くなるの繰り返しにもなります

 

特に整体などほぐす・矯正するだけでは

そうなりがちです

 

痛みが軽減して終了ではなく私は

その痛みが再発しない元気なカラダ作りを目指しています

 

痛みの恐怖は恐ろしいです

ふとした時に恐怖はまた蘇るかもしれません

 

トレーニングをすることで

再発しにくい元気なカラダにしていきます

 

 

④80歳でもできるトレーニングです

現在のお客様は

50代~80代の方が多いです

(20代の方もいらっしゃいます)

 

最高齢は83歳です

 

私の指導はマシンを一切使いません

ほぼ自重トレーニング(道具を使わない)がメインです

 

なので年齢関係なくトレーニングができ

無理のない強度で続けられます

 

ですが、しっかり結果はでます

 

ご高齢になればカラダに

ひとつやふたつの痛みがあるのは当然です

 

ですがその痛みを怖がって動かさないのは

最もしてはいけないことです

 

動けるとこは積極的に正しく動かす

 

これが何歳でも元気なカラダづくりのためです

 

⑤痛みを経験しています

私は学生時代に野球部でした

 

しかし、毎日の部活の練習で

『腰椎分離症』になりました

 

練習もできず、日常生活にも支障がでたりし

腰の痛みを自分自身も経験してきました

 

その辛さも少しは理解しているつもりです

 

またその後

肘、肩、膝と怪我をしていきました

 

怪我と一緒に成長してきました

痛みも常に感じるカラダでした

 

今は痛みの原因や仕組みを理解し

自分のカラダで実践・証明することで

再発はしていません

 

あなたにも痛みを繰り返さないカラダになってほしいです

 

⑥出張専門のトレーナーです

私は、店舗を持たず出張のみで活動しています

 

 

ご自宅やレンタルスペース(本通りなど)などで

トレーニングを指導しています

 

またお客様のご要望があれば

その場所までお伺いいたします

(お気軽にご相談ください)

 

なぜ出張で活動しているのかよく聞かれますが

 

慢性的な腰痛の方は痛みのリスクを避けるために

ジムへは通わないという方が多くいることを知ったからです

 

また、

年齢を重ねるとジムはよくわからない

腰は痛いけど仕事が忙しく通う時間がない

腰の痛みで外出も難しい・苦しい

 

という声を数多く聞いたからです

 

腰は痛いがジムなどに通えない方々に

トレーニング習慣をつけて頂きたく

活動の幅を大きく広げています

 

腰痛=マッサージ

 

という考えの方も非常に多く

 

腰痛=トレーニング

 

という常識を持っていただきたいと思っています

 

⑦姿勢に関する本も出版しています

電子書籍を3冊出版しています

 

3冊中2冊はAmazonで1位を獲得し

3冊ともAmazonでベスト10に入り

内1冊はベストセラーにも選ばれました

 

 

電子書籍を出版し、2冊がAmazon1位になり

ベストセラーに選ばれるトレーナーは数少ないと思います

 

詳しい電子書籍情報を確認

 

中国新聞さんにもトレーニング特集を

記載して頂きました

(2018.3.28)

 

 

 


ao_maru