広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

『競艇選手訓練生』の抱える悩みとは?? 148

 


『全国から身体の痛みで不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

艇選手訓練生の悩み

 

競艇行ったことありますか?

 

まだ私はありませんが。

 

結構面白いみたいですね。

 

今回は、競艇選手ではなく、競艇選手になるために勉強中の訓練生に注目していきます。

 

競艇選手になるためには養成学校なるものに入学し、卒業いけないみたいです。

 

知らなかった・・・

 

では、一体どんなことをしているのでしょうか?

 

らではの悩み

生活

 

 

全員、寮生活になります。

 

この寮生活がすごいんですよ。

 

自衛隊並みです。

 

朝起床後は、布団は綺麗に畳み、素早く集まらないといけません。

 

畳みに乱れや集合に1秒でも遅れれば罰が待っています。

 

起きる時間、寝る時間など時間にとても厳しく細かく拘束がすごいんです。

 

時間だけではないですが・・・

 

でも、人生変える為に入学したんでみんな必死です。

 

退学する人も多いんですけどね。

 

競艇選手になるのは狭き門です。

 

タート練習

 

 

この練習が意外と難しいんですって。

 

フライングすれば失格ですからね。

 

ただ陸上と違ってスタートラインが数十メートル先にあります。

 

そのスタートラインの間に決まった秒数で入らないといけないみたいです。

 

それがたったの1秒!!

 

0.1秒でも早くても遅くてもダメなんですって。

 

身ボロボロ

 

 

ほぼ休みなくハードなことをやり続けます。

 

身体もココロもボロボロです。

 

あなたが思っている何十倍もハードですから。

 

 

 

自分のボートは自分で管理。

 

メンテナンスも自分でやります。

 

得意な人はいいかもしれませんが、そうでない人は。

 

慣れるまでは大変です。

 

細かいし力がいるので、肩が結構疲れます。

 

も多い悩み

競艇選手訓練生の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『全身』

 

No.2・・・『メンタル』

 

No.3・・・『ボロボロ』

 

決策

生活

 

私は、自衛隊に3日間だけ体験したことがあります。

 

寝方まで決まっていたのには驚きました。

 

でも、人生を変えると決めて入学してきた以上『郷に入ったら郷に従え』ですね。

 

卒業し、競艇選手になるためにも自分に負けずに頑張ってください!!

 

タート練習

 

 

そんな世界なんですね。

 

0.1秒をコントロールするなんてすごいです。

 

その分、神経をかなり研ぎ澄まさなければいけませんね。

 

体内時計半端ないっす!

 

身ボロボロ

 

ハードなのは十分わかりました。

 

でも大体体育会系はそんな世界でしょう。

 

そこで変に悩んでも仕方ないです。

 

あなたが悩んだことで解決しませんから。

 

 

その環境から逃げれば解決するかもしれません。

 

ココロがボロボロになるから身体にも倍以上影響を受けているかもしれませんよ。

 

あれ嫌だなって思ったら何倍も疲れますもんね。

 

正面から挑みましょう!!

 

 

細かいところは力入りそうですね。

 

でも、すぐ慣れますよ。

 

だって毎日触れていくんですもん。

 

慣れない方がおかしいです。

 

レーニング

 

 

競艇選手は、遠心力との戦いになるかと思います。

 

写真のようなコーナー時にはかなりの遠心力が働いているのではないでしょうか?

 

それを耐える為には体幹だ!と思っているかもしれませんが、体幹にも種類があります。

 

一般的に『体幹トレーニング』と聞くと

 

 

こんなのを想像すると思います。

 

別に悪くありませんが、この筋肉って競艇選手に必要?

 

レース中にこんなにじっとしていることなんてないですよね。

 

むしろ、体幹部はしっかりしながら四肢はボートを操縦するために動かしているはずです。

 

さらに体重移動などもしているはずです。

 

 

だったら写真みたいにさっきの姿勢から捻ってみたり

 

 

対角線の手足伸ばしたりして

 

体幹に力入れながら身体を動かす練習も必要になってくるのかなと思います。

 

もちろんプロのスポーツ選手な訳ですから、一般の方と違いこれだけでは補えないので他のトレーニングでも鍛えていってください。

 

トレッチ

 

 

写真みたいに中腰の姿勢が多いかなと思います。

 

ということは、身体の背面の筋肉が固かったらこの姿勢自体辛いかもしれませんよね。

 

なので、背面を伸ばしていきましょう。

 

 

背面部の中間にある、お尻のストレッチです。

 

ここの筋肉を伸ばしていくことによって、中腰への負担は減るかと。

 

さらに

 

 

お尻の下にストレッチポールなどを置いて、ストレッチしながらお尻の筋肉をほぐしていくのも効果的だと思います。

 

とめ

・郷に入ったら郷に従え

 

・体内時計が0.1秒感覚に

 

・慣れろ

 

・環境から逃げず悩まない

 

・体幹トレーニングに動きをつける

 

・お尻のストレッチをする

 

トップ競艇選手目指して頑張って下さい!

 

タグ :     

様々な職業の悩み

この記事に関連する記事一覧