広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰の痛みが続くと副腎(内臓)も疲れる!?年末年始に備えてやっておきたいこと 296

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

痛みが続けば内臓も疲労する!?

 

腰などカラダに痛みが

慢性的に続いていませんか?

 

その痛みって続くと

内臓も疲れていくんですよ。

 

痛みで内臓が疲れていく!?

 

と思われたかもしれませんが

今回は少し内臓についても

書いていこうと思います。

 

それにこの年末年始に掛けて

お酒や食事がいつも以上に

多くなると思います。

 

それも合わさることで

余計に内臓は疲れていきます。

 

内臓疲労から

腰などの痛みも改善しましょう!

 

どこ!?

 

では、内臓、内臓と言っていますが

どの部位を言っているかというと

 

副腎です。

 

 

副腎は、

腎臓の上にあります。

 

写真で言えば、オレンジ色の部分です。

 

この副腎には

カラダにストレスを感じた時にでる

ホルモンがあります。

 

それが

 

コルチゾール

 

というホルモンです。

 

俗にいう

抗ストレスホルモンです。

 

これがストレスを感じた時に分泌され

ストレスと戦ってくれるわけです。

 

もちろん

ストレスを抑えるために

 

血圧が上がったり

心拍数が上がったりと

カラダも反応します。

 

そうして

ストレスと戦ってくれているわけです。

 

痛みとの関係

 

 

先程も言ったように

副腎はストレスと戦う臓器です。

 

では、痛みはどうですか?

 

そう、

カラダの痛みというのは

ストレスですよね。

 

この痛みが続けば

副腎からはストレスと戦うために

ホルモンがずっと分泌され続けます。

 

普段出さなくてもいいホルモンを

ずっと出していれば

副腎はどうなると思いますか?

 

当然、疲れますよね。

 

これが痛みと副腎の疲れの関係性です。

 

この副腎が疲れ切ると

自律神経にも影響を与え

イライラしたり不安になりやすくなります。

 

痛みが慢性的に続いている方は

痛みに加えて、

 

イライラ・不安

 

が大きく募っていきますよね。

 

副腎も少なからず影響を与えていたんですね。

 

さらに

そのイライラや不安を解消するために

コーヒーを飲んで落ち着こうとしたり

している方も多いと思います。

 

 

実は、コーヒーも飲み過ぎると

カフェインの影響で

副腎を強制的に働かせてしまします。

 

つまり、

ホルモンをバンバン出させるわけです。

 

落ち着かせるつもりが

副腎は余計に疲れてしまっているんです。

 

逆効果で、

『ガーーーン』って感じですよね。

 

飲むのであれば

カフェインは避けたいところですね。

 

コーヒーも飲みすぎ注意です。

 

 

エナジードリンクはもっと

カフェインが強いので

コーヒーよりも避けた方がいいと僕は思います。

 

副腎もカラダも積極的に休ませること

 

カラダも副腎も両方ともに

お疲れの方も多いと思います。

 

腰の痛みなど慢性的に

続いている方は尚更です。

 

さらに言えば

お仕事のなどのプレッシャーが強いなど

忙しい方も副腎はお疲れちゃんです。

 

どちらにも休ませることが大切になってきます。

 

副腎で言えば

 

・精神的なストレスを避ける

・カフェイン、アルコールを控える

・糖質を食べ過ぎない

 

など食べ物などで

休ませることが可能です。

 

飲みすぎ・取り過ぎの場合は

 

・水分をしっかりと摂る

 

ということも大切です。

 

カフェイン取り過ぎている方は

3日ほどカフェインを控えるだけで

目覚めまでスッキリしますよ。

 

寝起きが辛い方は

副腎が疲れている可能性高いですからね。

 

 

次に、

カラダ面で言えば

 

・軽い運動を取り入れる(歩くなど)

・たまにはゴロゴロする日を作る

・負荷が掛かるトレーニングをする

 

などカラダを動かす日、

もしくは

動かさない日も作ることです。

 

このバランスもとても大切です。

 

カラダを動かしましょうは

当たり前だと思いますが

 

普段忙しくバタバタされている方は

積極的に休むことも大切になります。

 

ただ、ゴロゴロだけではなく

お買い物に行ったりなど

気持ちがリフレッシュすることもしましょうね。

 

そうするとより効果的です。

 

副腎から痛みを減らす

 

さて今回は

 

副腎

 

についてお話ししました。

 

痛みが続いている方は

ストレスだけではなくて

 

痛み止め

 

などの薬を服用している方も

多いと思います。

 

薬はその時の痛みには対応するかもしれませんが

カラダには確実に負担が掛かっています。

 

 

そうなれば

痛みを取るどころか

余計に痛みを増幅させてしまう

可能性もあります。

 

そうなる前に

自分のカラダは自分で

対応することが大切になります。

 

結局、痛みが続く場合は

 

習慣

 

が原因です。

 

この習慣が変わらなければ

痛みってずっと続きます。

 

痛みを少しでも

減らすためにも

 

習慣を変えてみましょう!

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :          

ケア トレーニング

『コーヒー屋のマスター』が抱える悩みとは?? 153

 


~職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠~
広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

毎月先着1名のみ!!→予約する

 

ーヒー屋のマスターの悩み

 

私はよくコーヒーを飲みに色々なお店に行きます。

 

そこでは、個性派のマスターなどたくさんの方々がいます。

 

同じ味のコーヒーってないですもんね。

 

そんな美味しいコーヒーを淹れてくれるマスターの悩みです。

 

らではの悩み

だわりが強い

 

 

とにかく独自のこだわりが強いです。

 

淹れ方・カップ・豆・BGMなど人それぞれにこだわりがあります。

 

こだわりの分だけ味は格別に美味しいです。

 

姿勢が前かがみ

 

 

写真のようにコーヒーを淹れる時間が多いです。

 

それ以外にも体全体が前かがみになるときが多いです。

 

そのせいで、腰が痛くなりがちです。

 

ちなみに今まで一番近かったマスターは、顔とコーヒーまで8cmでした。

 

それを繰り返していれば腰を痛めそうですよね。

 

が疲れる

 

 

じっと豆を見たりと、集中する時間が意外と長い。

 

なので、目が結構疲れるんだとか。

 

良く見ていると、目をシバシバさせています。

 

ち仕事

 

 

やっぱりここです。

 

立ち仕事なので、足は疲れます。

 

あまり動くイメージはないので、その場でほとんど動きません。

 

も多い悩み

コーヒーのマスターの悩みで多いのは?

 

No.1・・・『腰』

 

No.2・・・『目』

 

No.3・・・『足』

 

決策

だわりが強い

 

ここは職人ですからもしろあった方がいいでしょう。

 

美味しい一杯のコーヒーの為ですから。

 

私達トレーナーだって人それぞれ何かしらこだわりがあるはずです。

 

一人として同じトレーナーはいません。

 

でもマスター。

 

たまに、豆を探しに行くと行って数ヶ月店を空けるところもあります。

 

早く帰ってきて。

 

姿勢が前かがみ

 

作業中の姿勢を変えてくださいと言っても無理でしょう。

 

こだわりがありますし、作業のやりやすさだってあります。

 

ただ前かがみの姿勢が続けば、腰に負担が掛かるのは仕方ありません。

 

姿勢で言えば、猫背になりがちということです。

 

しかし、マスターにもタイプが分かれます。

 

猫背タイプとそうでないタイプ。

 

なぜ違いが出るのか?

 

それは『意識』の差でした。

 

前かがみになる時間や作業は同じです。

 

しかし猫背ではないマスターは、それ以外の時に姿勢を意識されているそうです。

 

お客様に見られているという意識を持っているんだとか。

 

 

だからコーヒー以外にも姿勢にもこだわっているそう。

 

コーヒーを淹れない時間は、背筋を伸ばし、少しお腹に力を入れています。

 

あなたも『意識』大切にしてみてください。

 

が疲れる

 

これは、姿勢のせいです。

 

姿勢が悪くなれば、血流は悪くなります。

 

すると目も疲れやすくなるんです。

 

 

写真のように、前かがみになることで首への負担は増えていきます。

 

首の負担が増えることで、目への血流不足は加速します。

 

先程言ったように『意識』からしてみましょう。

 

ち仕事

 

立ちっぱなしの仕事って結構多いですよね。

 

今回は、すべて『意識』の問題で解決できそうです。

 

足の疲れ方も違うそうですよ。

 

 

猫背マスターとそうでないマスター。

 

普段から姿勢について意識しているマスターの疲れ方と猫背マスターでは、疲れ方が全く違いました。

 

本人たちの筋肉や年齢などの差はあるでしょうが、この差は大きいかなと感じました。

 

レーニング

 

恐らく、姿勢を意識できていないマスターはトレーニングはやっていないかなと感じます。

 

そうでないマスターも同様にやっていなかもしれませんが、すでに差が出てきています。

 

それは、姿勢を維持する筋肉を刺激しているという事。

 

意識していれば正そうとして筋肉を刺激していますよね。

 

これが筋肉に負荷を与え、トレーニングになっているんです。

 

もしトレーニングが嫌なら姿勢の意識から始めましょう。

 

とめ

・こだわって美味しいコーヒー淹れてください

 

・姿勢を意識してこだわる

 

・豆を探す旅に出ても早く帰ってくる

 

美味しいコーヒーを楽しみにしています!

 

タグ :               

様々な職業の悩み