ダイエット | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【木阪病院】お腹引き締め&姿勢改善エクササイズを実施!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本日木阪病院にて『お腹引き締め姿勢改善エクササイズ』を実施致しました。

計6名の方に参加して頂き、充実した1時間となりました。

 

ところで今回のテーマは「お腹引き締め」ですが、当然ながら食べ過ぎれば現実的に不可能です。

 

そこで今回は解剖的視点でどうやったらお腹が引き締まるのか?を解説しながらストレッチやトレーニングを実施してもらいました。

 

ストレッチやトレーニング自体は地味なものが多かったのですが、みなさん時には顔を歪めながら頑張っていました。

 

別に腹筋をものすごい頑張れば引き締まるわけではなく、ポイントポイントを修正していけば体は自然と引き締まっていきますよ。

 

参加者の感想

参加して頂いた方の感想をご紹介していきますね。

 

34歳女性
・参加される前に悩み→I feel hred
・参加された感想→I feel fresh and happy

 

 

61歳女性
・参加される前に悩み→くびれが欲しい
・参加された感想→今回はたくさん動けてうれしかったです

 

 

53歳女性
・参加される前に悩み→猫背・肩こり
・参加された感想→すごく運動した気分になりました。出来るだけ続けられるようにします

 

 

63歳女性
・参加される前に悩み→お腹ポッコリ、内臓下垂の改善方法
・参加された感想→スッキリです

 

 

63歳女性
・参加される前に悩み→膝の痛みがあり正座ができにくい
・参加された感想→自分の体の固さがよくわかったので、がんばってほぐしていきたいです。とても気持よかったです。

 

 

46歳男性
・参加される前に悩み→腰痛、股関節のかたさ、猫背、右足首のかたさ
・参加された感想→たいへんよい汗をかきました。ありがとうございます

 

次回のご案内

 


 

次回12月のグループレッスンのご案内です。

 

=====
【肩こり予防に効果的なストレッチ】
日時:12月24日(土) 13:00~14:00
料金(事前支払い):3000円(税込)
予約:082-422-2502
場所:木阪病院看護小規模多機能居宅介護きさか 2F(木阪病院隣)/広島県東広島市西条町土与丸1246
※グループレッスンのお支払い及びご予約のみ、『木阪クリニック』になりますので、お間違えのないようお願いいたします。
=====

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【ダイエット】食事管理で変わる身体!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

妻が1ヶ月腹筋を行い、くびれと縦線を(ほんの少しだけ)手に入れたと以前記事にしたんですが、腹筋は体脂肪を落とすとよりくっきりと線が見えてきます。

 

なので体脂肪を落とすような食事をとるとより良いのですが、食事と言っても方法はたくさんありますよね。

 

結局何がいいのかわからなくなる・・・。

 

世に出回っている食事管理の中でどれがいいのでしょうか??

 

食事管理方法

 

まずは代表的なものには何があるのか?見てみましょう。

 

糖質制限

 

 

糖質制限はかなりメジャーな方法じゃないでしょうか?

食事から糖質を抜く(減らす)食事方法になります。

 

例えば、お米を食べない(減らす)といった方法など聞いたことある方も多いと思います。

 

脂質制限

 

 

糖質制限とは逆にあまり聞き慣れないかもしれませんが、脂質制限も代表的な食事方法になります。

 

糖質制限同様に、脂質を制限すると言った食事方法です。

 

例えば、揚げ物を食べない(減らす)という方法になります。

 

カロリー制限

 

 

これは糖質・脂質関係なく、総合的に見て食事量(カロリー)を減らすという考え方です。

 

一般的にはこちらの方が主流な考えでしょうか??

 

カロリー制限は、とにかく我慢!これに尽きる食事方法だと思います。

 

基本を忘れるな!

 

糖質制限・脂質制限・カロリー制限の3つがありますよとお伝えしましたが、そもそも基本を忘れてはいけません。

 

ダイエットをするということは、イコール今まで食べ過ぎているということです。

 

つまり《食べなくてもいい物を食べ過ぎている結果》なんですよね。

 

ここで重要なのが、

 

=====
何かを取り入れる前に、何を取らないかを考えよう
=====

 

という基本的な考えです。

 

例えば、ダイエットするからプロテインを飲もう!サラダを食べよう!は良いように聞こえますが、その裏でお菓子やジュースを飲むのをやめていなければ意味のないものになってしまうかもしれません。

 

であれば、プロテインやサラダを食べる前に、お菓子やジュースを控えればいいんです。

 

僕の妻だって食事管理はせず、お菓子の量を減らしただけ(トレーニングはしましたが)で体脂肪が1ヶ月で2%も減りました。(どんだけ食べていたんだ(笑))

 

多くの方は、何かを取り入れようとしますが、その前に基本的に何を取らないべきかを考え行動することで、ダイエットの成功はグッと近くなります。

 

ダイエットの落とし穴

 

最後にダイエットの落とし穴をお伝えしておきます。

 

先程紹介した3つの食事管理。これをベースに多くの方が実践されると思うんですが、ここに落とし穴が隠されています。それは、

 

=====
3つどれを実践しても結局は同じ食事をしている
=====

 

ということ。

栄養素には三大栄養素が存在します。

 

脂質・糖質・タンパク質です。

 

この3つのバランスが非常に重要なんですが、多くの方はこの3つすべてを極端に減らしてしまいます。

 

=====
・糖質制限→ご飯を抜くぞ!でも油系も控えて、全体の量を減らそう!
・脂質制限→油系を抜くぞ!でも糖質も控えて、全体の量を減らそう!
・カロリー制限→食べるのを我慢するぞ!!
※空腹は正義だ!この空腹に耐えてこそダイエットだ!!※
=====

 

になるでしょ??結局全部同じじゃん(笑)

 

この落とし穴に落ちてしまうと、筋肉が落ち、代謝の悪い身体が完成していきます。

 

確かに最初は体重は落ちるかもしれませんが、それは水分が抜け、筋肉量が落ちただけです。

 

こうならならないためにも、僕が先程お伝えした基本的な考えを土台に実践してほしいと思います。

 

まとめ

 

ダイエットしたいのなら、三大栄養素を考え食事管理するのもいいのですが、何を取らないようにするのか?を基本に考えてくださいね。

 

僕の妻のように《お菓子の食べ過ぎ》が原因だったらそれを減らせばいいんですから。足し算の前に引き算をしましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

ケア

【筋トレ】妻が腹筋を1ヶ月続けた結果・・・!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

9月に入り、急に妻が「腹筋割ってやる!!」と宣言してきました。

 

まぁどうせ続かないだろうと思っていたら、僕が仕事で不在の中、家でこっそりコツコツ腹筋を続けていたらしいです。

 

もうとっくに止めていると思っていました。ごめんなさい(笑)

 

そして9月最終日の今日。妻がいきなりお腹を見せてきました・・・!?!

 

1ヶ月の結果

 

まず妻が1ヶ月何をしていたのかを説明しますね。

 

=====
大好きなお菓子を減らし、腹筋&腕立て伏せ(膝あり)を各20回毎日行う
=====

 

のみやっていたそうです。

ちなみに1ヶ月毎日は続かなかったみたいで、途中1週間ぐらい挫折期間があったそうな。

 

それでも約1ヶ月間毎日コツコツやっていたとは、正直驚きです。

 

しかも産後から運動全くしなくなり、帝王切開でお腹を切っているので、お腹はダルダル。

体脂肪も34%オーバー(ここに書いたら怒られるかな?)。

 

果たしてそんな産後太りしてしまった妻のお腹はどうなったのか?と言うと、

 

=====
お腹にくびれが少しだけ出来始め、腹筋の縦線が薄っすらと見え始めている
=====

 

状態にまでなっていました。

残念ながらビフォーアフターの写真はNGでしたが、ダルダルのお腹から考えれば、結構変わったと思います。

 

何事もコツコツと継続すると変わるもんですね。

 

「10月も続けて頑張る!!」と言っているので、さらに1ヶ月後が楽しみです。

 

体脂肪も減らしていくとより効果的ですが、ご飯を食べることが好きなので、食事はセーブはしないらしいです。

お菓子を減らすだけ。

 

最初から飛ばし過ぎると続きませんから、僕からあーだこーだ言わず、妻のペースで腹筋が割れる日を待つとします。

 

頑張れーーー!!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

日常

【ダイエット】体重は変わらないのに体型が変わる理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日テレビを見ていたら往年のアイドル(?)が通販番組で、

 

「体重は変わってないのに体型がどんどん崩れていくんです~。そういう時に引き締めてくれる下着は体型を隠せるから便利!!で、おいくらですか??」

 

みたいな古典的な通販の嘘くさい芝居をやっていました。

というかそもそも下着なんかよりもこの元アイドルの発言にもある、『体重』が変わってないのに『体型』が崩れているのは一種の老化ですから(笑)

 

体重と体型

 

この元アイドルの方ように、ダイエットをする際などに『体重』を基準に気にする方が多いんですが、それよりも『中身』をしっかりと見ていくべきなんです。

 

例えば、

《(A)体重60kg体脂肪30%/(B)体重60kg体脂肪20%》

であれば、同じ体重だけど見た目は全然違います。

 

 

その理由は、筋肉と脂肪の大きさの違いにあります。

例えば同じ500gであっても下記写真のように大きさが異なるんです。

 

 

なので体脂肪率が低ければ、同じ体重でもより引き締まって見えるわけです。

ということはですよ。元アイドルの発言を言い換えれば、

 

=====
日頃からの運動不足で筋肉が低下(加齢も含む)していき、全体の筋肉量が落ちたせいで、脂肪が増えていき体型が変わっていった。なので、低下した筋肉を下着で隠し現実から逃げて、インスタ映えで若く見せる
=====

 

ということになります(笑)

少し嫌みな表現になってしまいましたが、悪いですがこれが事実でしょう。

 

まとめ

 

 

お客さんにもよく「体重よりも体脂肪率・筋肉量を見ていきましょう」とお伝えしていきます。

 

ですが、世間は体重に気を取られ過ぎています。

これは正しいようで嘘です。

できれば『中身』をしっかりと見ていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【食事】身体はあなたが食べた物でできている?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日ビックリすることが目の前で起きました。

 

これこそ、『身体は全て食べた物でできている』んだなぁと感じた出来事でした。

 

あなたの食事は大丈夫ですか?

 

身体と食べ物

 

海外から帰国されたお客さん。

約2ヶ月程の滞在でしたが、この期間に身体に大きな変化が出たんです!!

 

=====
体重・体脂肪・内臓脂肪が大幅に減↓↓
筋肉量・骨量が増↑↑
※体年齢《21歳》若返る!!
※体脂肪《7%弱》落ちる!!
=====

 

まず食事面ですが、

 

=====
帰国前→脂質多めのものが多かった(それでもかなり意識していました)
帰国後→脂質や砂糖(お菓子)を減らした
=====

 

ちなみに運動は帰国前の方が数十倍されていました。

帰国後はほぼ運動をしていません。

先に言っておきますが、変えたのは食事だけです。

 

そして食事を変えたと言っても、ストイックにしたわけではありません。

 

海外の食事(基本的に脂質多め)だったものを、日本食(海外に比べたら脂質少ない)にした(というよりもなった)だけです。

 

 

食べる量を減らしたり、別に我慢もしてもいません。

ただ食事を変えた(変わった)だけです。

 

僕もそうですが、ご本人もご家族の方も測定結果見て、めっちゃ驚きました(笑)

 

ちなみに滞在期間は2ヶ月ですが、測定結果は1ヶ月前後の結果です。

 

つまり、1ヶ月でここまで変化したってことです。

 

今回の例は極端かもしれませんが、食事ってかなーーーーり大切だなと実感させられました。

実は体型の変化だけではなく、筋肉の質も変わったんですけどね。

 

まとめ

 

 

ということで、今回の例を見てあなたがどう感じたかわかりませんが、僕は食事(何を食べるか)を意識していくきっかけになりました。

 

と言いつつ、激辛ラーメンと激辛カレーを食べ、お腹を壊してしまいましたが(笑)

最近激辛にハマってしまいまして・・・。

これを期に妻から「激辛禁止令」が出てしまい、いい機会なので見直していきます(笑)

 

あなたも食事の意識してみると身体は変わっていきますよ。

 

ただ激辛はほどほどに・・・。トホホ・・・。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

日常

【ダイエット】本当は体重を落としてはいけない!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「太っているから腰や膝に負担が掛かると思うんで、痩せたいんですよね」という声を嫌と言うほど聞いてきました(笑)

 

ですが、大抵の方がそこまで太っていないし、そもそも体重を落とす罠にハマっているんですよね・・・。

 

体重の落とし穴

 

まず前提として、「太っている=腰や膝が痛い」から、「痩せる=膝や腰が楽になる」とは限りません。

 

本当にそうであれば、太っている方は全員腰や膝が痛いはずです。

 

確かに負担は掛かりますが、それ以外の要因もたくさんあるので、そこに気付いてほしいなと僕は思っています。

 

さて話は戻し、痩せたい!という方は、多くの方が『体重』を目標に減らしていくと思います。

ですが、これが大きな間違いなんです。

 

特に膝や腰に不安を抱えているからは、中年~高齢者の方が多く、その年代の方が間違った体重の落とし方をすると症状を悪化しかねません。

 

だからこそ、間違った情報に左右されて欲しくないと僕は思っていますし、僕のところに来てくださる方々にはそれを伝えています。

 

本当の体重の落とし方

 

 

僕が思う本当の体重の落とし方は、体重を追うのではなく、「体脂肪率」「筋肉量」を追うことに重点を置くことをオススメしています。

 

多くの方は、体重を追い過ぎて中身を見ていません。

なので「体重が減った!」という方の多くは基本的に「筋肉量」が減って体重が減っています。

 

これは、中年~高齢者にとっては非常に最悪なケースです。

年齢と共に筋肉は低下しているのに、ダイエットでさらに追い打ち。

 

筋肉が落ちたらそれ以上に労力が必要なんで、体重を追うよりも「体脂肪率」「筋肉量」を追いましょう。

 

まとめ

 

 

「体重が減った!」と喜んでいるかもしれませんが、実は「筋肉量」が減っている可能性がありますよ。

 

それで喜んでいてはダメです。

僕からしたら無意味な体重の落とし方です。

 

体重を落としたら腰や膝への負担が減ると言いますが、筋肉が落ちていてはさらに腰や膝に負担は増えますよ。

それでは元も子もないですよね。

体重を見るのではなく、中身を見ていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【ダイエット】僕が1ヶ月で3kg痩せた理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

この1ヶ月で緩~くダイエットをしていました。本当に緩くね。

 

でも1ヶ月で3.1kgも痩せ、体脂肪率は1.4%落ちました。

 

そこで今回は、僕の緩いダイエット記録をここに残していきます。

(※基本的に僕は減量目的の指導はしていません。あくまで治療目的のみですので、悪しからず)

ダイエットの理由

 

これと言った理由はなく、写真で見た自分の顔が「丸くなったなぁ」と感じたからです。

 

あとは、今年の7月に数年ぶりに大会(アクアスロン)に出ようと思ったので、それに向け体の負担を減らす為にも少しでも体重を減らそうと思ったぐらいです。

 

緩く痩せた理由

 

 

厳しく摂生しても僕の性格上絶対に続きません。

もって三日でしょう(笑)

僕には緩めの設定がちょうどいいんです。

 

なので、お菓子も食べたし、お酒も飲みました(普段からそんなに飲みませんが)。それも踏まえて僕の設定したルール(あってないようなものですが)は、

 

=====
①ご飯のおかわりをしない
→毎食お茶碗1杯で止めました(たまに大盛にしましたが(笑))

②お昼ご飯を食べる
→僕はあまり昼ご飯を食べていませんでしたが、おにぎりを作り食べるようにしました

➂水を多めに飲む
→基本的に水分を多く飲む(毎日3ℓ以上)のですが、飲めない日もあったので、そういう日をなくしました
=====

 

これだけです(笑)

栄養素なんか気にしてませんし、夜中にお菓子まで食べる日も多々ありました。

それでも3kg痩せました。要因としては、

 

=====
全体のお米の量(糖質)もかなり減ったし、3食しっかり食べ、水分をしっかりとることで、血糖値のコントロールが以前よりも出来ていたこと(お昼を抜くと夜に早食い+大食いになってしまっていた)
=====

 

ですかね。

多くの方が空腹後、ドカ食いしてしまう傾向にあると思います。例

 

えば昼があまり食べれず帰宅後、油もの(夜は油もの多くないですか?)や糖質が多いご飯を食べ、人によってはアルコールもどんどん飲みます。

 

そういう食習慣は、体内の脂肪へと蓄えられやすくなりますから、体脂肪も増えますし、燃費の悪い身体(痩せにくい)になります。(←僕はここに当てはまっていましたね)

 

また痩せるためにいきなり食事を摂生してしまう方も多いですが、これまた燃費の悪い身体を作ります(最初は痩せます(筋肉と水分が落ちます)が、その後止まり、痩せないことや摂生の食事がストレスになり、また元の食事に戻るという負のスパイラルにハマる方続出)。

 

まとめ

 

 

僕のルールはかなり緩いでしょ?

「それで痩せるんなら苦労せんわ!」と思われたかもしれません。

でも事実なんです。

 

何事も極端にやるのではなく「どういうやり方が自分なら続けられるのか?」を考えてから、始めるといいと思いますし「何を食べればいいのか?」でなく、「何を食べなければいいのか?」の考えを持ち、行動する方が僕としてはオススメですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常

【考え方】何を食べるかよりも何を食べないかを考えよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日も質問を頂いたんですが、

「健康(ダイエットや腰痛など)のためにも何を食べたらいいかわからないんですが、何を食べたらいいんですかね?」

 

この手の質問はかなり受けます。

ですが、これは質問自体が間違っていることにあなたは気付きますか?

 

何を食べればいいのか?

 

何が間違っているかと言うと、「何を食べるか?」ではなく「何を食べないか?」を考えるべきなんです。特に最初の内はね。

 

しかも現代社会において問題なのは、「食べ過ぎ」なんです。

 

周りに食べ物がたくさんあり、かつ手軽に食べれるのでついつい食べ過ぎちゃうんですよね。

なので、考え自体が逆なんです。

 

例えば「何を食べるか?」を考えた時、野菜をたくさん食べて、足りなければサプリなどを摂り、運動も追加するという考えになると思います。

やることがどんどん増えていきます。

 

ですが逆に「何を食べないか?」を考えれば、今食べている物から不必要な物を排除(または減らす)していけばいいだけです。

油ものを排除(減らす)、甘い物を排除(減らす)といった感じに。

 

これなら根本的な問題である「食べ過ぎ」も解決でき、不要な食事を見直すきっかけになると思いますよ。

 

最初にも言いましたが、初期の考えではこの考えが非常に重要だと僕は思っています。

 

ですが多くの方が「何を食べるのか?」で悩んでいるんです。逆です。真逆。

 

僕は「何を食べないか?」を考えていく方がいいと思いますよ。

 

まとめ

 

 

「何を食べればいいですか?」の前に「普段から何を食べているのか?」思い返してみてください。

恐らく不要ものをたくさん食べていると思いますよ。

 

おっと、僕もこれ書きながらパソコンの横にはコーヒーとチョコレートが・・・。

あなたにとって不要な食べ物は何ですか??

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

メンタル 日常

【ダイエット】痩せたいなら運動よりも食事がすべて

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

1月中旬頃からお正月の食べ過ぎ+健康的な体になりたいと思い、一人コツコツダイエットをしています。

基本的に僕はダイエット指導はしていませんが、腰痛など痛みも食事で変わることがあるんです。

 

なので、自分で実践して腸内環境も整えながら、体を変えてみようってことで始めました。

(息子に負けたくないって気持ちがあるのは内緒です(笑))

 

今のところ、3週間ぐらい食事を意識的に変えてみて、体重は1kg減って感じです。

ですが肝心の体脂肪が思うように落ちず、-0.3%でした。

まだまだ改良の余地ありってことですね。

(3週間の内、3回程お酒を飲む機会があり、食べ物も結構食べてしまいましたが・・・)

 

もちろん定期的な運動もしていますが、ダイエットは食事が全てです。

凄い運動量をこなしても、お酒たくさん飲んでたくさん揚げ物などおつまみを食べればすべてが台無しになりますもんね。

 

なので、すべては食事の管理が鍵を握っています。

ってことで僕が今やっている食事は以下の通りです。

 

=====

脂質を抑える

3食食べる

腹八分に抑える

=====

 

これだけです(笑)食べるの大好きな僕にはストイックな食事管理は不可能。

なので、これぐらいがちょうどいいんです。

でもこれでも多少なりとも痩せましたし、数値よりも見た目が明らかに変わっています。

 

妻からも「体つきが変わった」と言われるようになってきました。

今はメリハリボディを目指しています(笑)

 

そしてさらに、腸内環境もよくなってきました。

汚い話ですが、便の調子もよくなり、おならの匂いも気にならなくなりました。

これは腸内環境が整ってきたという証拠だと確信しています。

 

このまま食事に気を付けながら今月中には今よりも体脂肪-1.5%目指します!

また過程を報告しますね。うまくいけばあなたにもお伝えします!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

日常

【ダイエット】そんなに食べていないのに太るのはなぜ?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

「全然食べてないのに太るんですけど、なんで?」って方意外と多いんですよ。

そしてこの手の質問を結構受けます。

でも僕はダイエット指導はしてないんですけどね(笑)

それでも結構この手の質問というか疑問に思っとる方は多いんですよ。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

でそもそもなんですが、食べてないんだったら太るってことはありえないんですよね。

食べとるから太るんです。これは絶対ね。

なので「食べてないのに太る」ってことはありえないことで、そういう方は知らんうちに食べてしまっとるパターンが圧倒的に多い。

 

=====

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

消費カロリー<摂取カロリー=太る

=====

 

そして食べてないって言っとる方は、食べとる中身が悪いパターンが圧倒的に多いんですよね。

例えば、お菓子やジュースをたくさん飲んで食べるとかね。

そしてその理由は、三大栄養素にも注目していくと面白くなってきます。

 

=====

タンパク質→4cal/炭水化物→4cal脂質→9cal
※1gあたりの各カロリー

=====

 

これを見てわかるように脂質だけ他の栄養素と比べてカロリーが倍以上も違うんですよね。

それだけ脂質は燃焼しにくく、体に溜まりやすいってこと。

なのであんまり食べてないって方は、比較的脂質を多めに取っとる可能性があります。

さっきのお菓子の例で言えば、

 

=====

ポテトチップス→タンパク質4.7g/炭水化物55g/脂質35g

お米(茶碗1杯)→タンパク質3.3g/炭水化物48.2g/脂質0.4g

=====

 

になり、これら三大栄養素のg数だけを単純にカロリーに変えると、

 

=====

ポテトチップス→タンパク質18.8/炭水化物220/脂質315=553.8cal

お米(茶碗1杯)→タンパク質13.2/炭水化物192.8/脂質3.6=209.6cal

=====

 

ポテトチップスは茶碗1杯のお米よりも2倍以上のカロリーになってきます。

これだけ考えればお米を食べた方が太りませんよね。

 

でも量的にはお米の方が多くて、ポテトチップスの方が少ない。

なので「あんまり食べてないのになぁ」って感覚になってくるんかもしれませんね。

 

恐らく最初の質問にあったように「食べてないのに太る」って方は、この罠にはまっとると思うんですよね。

今回はお菓子とお米で例えましたが、それ以外でもあり得る話しですよ。

揚げ物が好きとか、炒め物が好きだとかね。

 

もし「食べてないのに太る」って思っとる方は、一度自分の食べとる物を見直した方がいいかもしれませんよ。

もしかしたら脂質が多い食事をしとるかも!?注意していこうね。

 

ちなみに脂質など偏った食事は腰痛など体の痛みにもよくないので気を付けてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :          

ケア