広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

五十肩で病院や接骨院に行く前に筋トレで五十肩を予防しよう

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

年齢とともに肩があがりにくい、肩が痛いという方は多いかと思います。

そして、それを年齢のせいにして諦めている方も同時に多いはずです。

 

 

仮に、本当に肩が悪くなってしまったら、完治するまで数か月かかることもあります。

数か月間も痛い思いで過ごすのも嫌ですよね。

 

 

そうなる前に予防しておくことが大切です。

今回はその予防についてお話ししていきますね。

 

 

五十肩で病院や接骨院に行く前に筋トレで五十肩を予防しよう

 

 

五十肩になると90度以上挙げることができにくくなりますよね。

その原因として、肩の筋肉のバランス崩れていることがあります。

 

 

このバランスを整えてちゃんと使えるようにしなくてはいけません。

そして、特に使えなくなる筋肉はインナーマッスルの部分です。

 

 

ここが使えないとアウターマッスルを多く使うようになり、肩を挙げる際に邪魔をしてしまうんですね。

つまり、インナーマッスルを使いアウターマッスルも使っていかないと肩に痛みが生じてしまうというわけです。

 

 

五十肩予防トレーニング

 

 

 

 

動画でも先程の説明をしていますが、それだけバランスが重要なんです。

しっかりピンポイントで筋肉を鍛えることで五十肩予防に繋がります。

 

 

そして、フォームとして必ずなで肩にしていください。

そうしないとインナーマッスルは使われず、アウターマッスルばかり使うトレーニングになってしまい逆効果!なんてこともあり得ます。

 

 

フォームに注意しながらお試しください(^^)

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング

あなたのトレーニングの目的は何ですか?そのトレーニングはあなたの目的に合っていますか? 107

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

そのトレーニングの目的は?

 

あなたは、ジムに通いトレーニングしていますか?

 

もしくは、自宅でトレーニングしていますか?

 

している!と答えたあなたのトレーニングの目的は何ですか?

 

腰の痛みを解消したい。膝の痛みを解消したい。

 

ウエストを細くしたい。二の腕を細くしたい。

 

人それぞれ目的があって始められたと思います。

 

あなたの目的は何でしたか?

 

また、目的通りにトレーニングがおこなえていますか?

 

合っているの?

 

その目的に向かっておこなえていますか?

 

たまに聞きますが

 

 

『腰が痛いのを解消したくて、病院でトレーニングしなさいと言われたから始めたのよ』

 

あなたもそうじゃないですか?

 

ただ、病院で言われたからトレーニングしている。

 

確かにトレーニングすることは、とてもいいことだと思います。

 

でも、トレーニングには種類があります。

 

例えば、腰の痛みを解消するトレーニングは1種類だけではありません。

 

様々な種類の中からあなたの症状に合ったベストなトレーニングを選択し、おこなうことがもっともいいと思います。

 

ただ闇雲にトレーニングをおこなえば、逆効果の可能性も出てきます。

 

腰の痛みを解消するため始めたトレーニングなのに

 

逆に、腰を痛めてしまうようなトレーニングをしているなんてことしたくないですよね?

 

あなたは毎週ジムに通い、一生懸命やっているのに腰の痛みが悪化していませんか?

 

もしくは、全く変化がありませんか?

 

 

そうだとしたら、トレーニングの選択ミスかもしれません。

 

あなたは選択ミスしていませんか?

 

目的に合ったトレーニングの選択

 

あなたの目的に合ったトレーニングを選択していきましょう。

 

そうすることで、あなたの悩みも解決していくと思います。

 

また、仮に目的に合ったトレーニングをおこなっているとします。

 

でも、ここにも落とし穴があります。

 

それは、フォームです。

 

目的に合ったトレーニングを選択できたとしても

 

正しいフォームでおこなっていなければ

 

それは、目的に合ったトレーニングでなくなります。

 

最も悪いのは、目的に合っておらずフォームも崩れているトレーニングです。

 

つまり最もいいのは、目的に合ったトレーニングを正しいフォームでおこなうことです。

 

ここをしっかり抑えておくことが、トレーニングにおいて大事なことだと私は思います。

 

あなたも一度そのトレーニングを見直してみてはいかがでしょうか?

 

タグ :            

トレーニング

トレーニングは回数をたくさんやればやるだけ効果があるのか? 069

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

トレーニングは回数をたくさんやればいいのか?

たまに私が聞くのが

 

『腕立て伏せ100回やったよ』

 

『スクワット100回やったよ』

 

『腹筋100回やったよ』

 

と言われる方がいらっしゃいます。

 

 

果たして、それだけたくさんの回数をこなすことで

 

筋肉が鍛えられているのか?

 

鍛えられていないわけではないと思いますが

 

効率は悪いと私は思います。

 

 

無駄に時間も掛かってしまいます。

 

実際にやっているところを見ていないので想像ですが

 

たぶんフォームなども毎回バラバラなのかもしれません。

 

そうだとすると

 

 

鍛えたい部位にも効いていない可能性も出てきます。

 

さらに鍛えたくない部位を鍛えている可能性だって出てきます。

 

回数よりも大事なこと

 

トレーニングは、【量(回数)よりも質】だと私は考えています。

 

トレーニングの目的によって回数は異なりますが

 

どの回数であっても“質”を落としてはいけないと思います。

 

 

例えば、100回スクワットしたとします。

 

その100回の内、正しいフォームでできたのが10回だとします。

 

残りの90回は間違ったスクワットをやっていることになります。

 

これだと

 

『間違ったフォームの習得』

 

『間違った筋肉の強化』

 

『時間の無駄』

 

になってしまう可能性がでてきます。

 

だとすれば、10回だけ正しいフォームでやった方がいいのでは?

 

と私は思います。

 

スポーツをしている方は想像してみてください。

 

 

素振りをしている姿を。

 

写真のようにゴルフの素振りだとすれば

 

素振りするときは必ずボールを打つために

 

身体の下(足元)を素振りすると思います。

 

これが正しい素振り(フォーム)ですよね。

 

しかし、ゴルフなのに野球みたいに腰の辺りで素振りをするなど

 

間違った素振り(フォーム)でやれば

 

ゴルフはうまくなると思いますか?

 

私なら、ボールをイメージして身体の下(足元)を素振りします。

 

これが正しい素振り(フォーム)だからです。

 

 

トレーニングもこれらと同じです。

 

間違ったフォームを繰り返しおこなえば

 

そのような癖がつきます。

 

その癖がいいか悪いかはわかりませんが

 

私ならそのような癖はつけないように

 

正しいフォームでできる範囲でおこないます。

 

あなたは【質よりも量】をとりますか?

 

【量よりも質】をとりますか?

 

タグ :       

トレーニング

ひろしま国際平和マラソンに初参加してきました!目標に向けて仲間とランニング! 012

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

ひろしま国際平和マラソン

今日は、『ひろしま国際平和マラソン』に初参加してきました。

dsc_147158

12000人もの参加者でした!!

天気も晴天で走るにはとてもいい日でした。

ただ、風がとても冷たかったですが・・・

10㎞にチャレンジ

フルマラソン・ハーフマラソンと何度か走ったことがありましたが、10㎞は初めてでした。

ペース配分がいまいちつかめてませんでしたが1㎞5分ペースを目指して走りました。

dsc_1481

あまり自慢するようなタイムではありませんが、目標の50分切りは達成できたのでよしとしましょう!

10㎞・・・47分58秒

 

ランニングブーム

最近は、このような家族で参加できる大会も多くなりマラソンがブームになってますね。

広島の各ランニングコースも朝も夜も結構走られている方多いです。

でも中には、フォームが悪い方や無理して走っているような方も見られます。

そういう方々は、怪我などの恐れもあるので身体には充分に気を使ってくださいね。

ランニングフォーム

先日のブログにも書いた姿勢がポイントになってきます。

姿勢不良のまま走ればさらにその疲れやすいポイントにダメージが多くなってきます。

走ると膝や股関節といった下半身の関節にも体重の何倍もの重さが一歩踏み出す度にのしかかります。

日常生活での姿勢が悪いのに、走るとき姿勢を意識しても無理でしょう。

だって、日常生活でもできてないのですから。

走って疲れやすい方は姿勢を見直すのもいいかもしれませんね。

他にももっともっとポイントはありますが・・・

 

ゴールできると意欲が湧く

今回の大会では、マラソン大会自体が初めて!今まで5㎞しか走ったことがけど10㎞にチャレンジ!という方もいました。

最初は不安の声が多かったですが、ゴールした後だとみなさん顔から違いました。

『次は何㎞にでようかな』『違う大会も参加してみたいな』など前向きな言葉ばかり!

やらないで考えているよりもやってしまえば次なる目標や意欲がどんどん湧いてきます。

当HPブログを今読まれている方々も、悩んでいないでまずその小さな一歩を踏み出してみましょう!!

 

タグ :             

メンタル 姿勢