プロ野球 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【史上最年少完全試合】ロッテ佐々木朗希が日本新記録達成!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

日本プロ野球、ロッテの佐々木朗希投手が史上最年少で完全試合を達成しました。

槙原寛己氏(巨人)以来実に、28年振りの記録達成だそうです。

 

また同時に、13者連続三振の日本記録も達成(22年振りに更新-野田浩司氏(オリックス)9者連続三振)し、記録尽くしの試合となりました。

 

また別試合(西武vsソフトバンク)では、珍しいトリプルプレー(5-5-4-3)が完成し、日本プロ野球界全体で珍しい日となりました。

こんな日が重なるのもプロ野球史上初な気も個人的にはしますが(笑)

 

ちなみに史上最年少で完全試合を達成した佐々木朗希投手のこの日の最速は164km。

本当にバケモンですね。

 

影の立役者

 

 

僕個人的には、この完全試合達成の影の立役者である、高卒ルーキー松川虎生(こう)捕手も称えるべきだと思うんですよね。

 

高卒ルーキーで完全試合をリードした選手っているの?って感じです。

 

開幕マスクを被っているだけでも凄いのに、完全試合までリードするなんて、佐々木朗希投手の影に隠れて、ここにもバケモンがいます。

しかもこの試合で大きな大きな走者一掃のツーベースまで打ってる。

ロッテの若手恐ろしや・・・。

 

僕も一応野球をしていた頃は捕手だったので、下手なりにも松川虎生捕手の凄さがよくわかります。

本当に凄いです。

 

佐々木朗希投手もそうですが、もっと松川虎生捕手にも賞賛を!!

 

でも僕は広島生まれのカープファンなので、もし交流戦で佐々木朗希投手と当たったらヒヤヒヤもんですよ。

その日だけは、勘弁してくださいね(笑)

 

今日はプロ野球界がお祭り騒ぎなので、僕も便乗して野球ネタでした。

今も野球(ソフトだけど)しているし、野球観戦も好きなので、たまにはこういう記事もいいでしょう(笑)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

日常

【開幕投手】大瀬良大地もうひと踏ん張りできず。中継ぎ陣も守れず。

 


 

昨日は、プロ野球の開幕。

カープの開幕投手は、3年連続大瀬良大地投手。

肘の手術を乗り越え、開幕投手の座を勝ち取り、この一戦に想いをのせる。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

開幕戦、残念でしたね。

勝ってた試合が最後にひっくり返されました。

最期テレビで観ていたんですが、がっくしです。

 

=====

8回表。大瀬良ワンアウト満塁のピンチ。

大瀬良の変化球を打たれ、

阿部に三遊間を抜けるレフト前ヒットで2点返される

=====

ここで大瀬良降板。

その後、塹江が抑え、ケムナが登板。

ケムナが打たれ逆転を許す。

=====

 

結局6-7で惜敗。

うーん非常に後味悪い試合となりましたね。

 

 

1回2回と得点を重ねていたので、大瀬良の調子なら今日は勝てるかも!?と思っていたんですけどね~。

まぁ始まったばっかりですし、次こそは勝ってほしいですね。

 

 

と、今日はプロ野球開幕で嬉しくなって、カープネタでした(笑)

個人的に菊池の守備(ファインプレー)が見れたんで、嬉しかったですが。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :         

日常

【プロ野球開幕】なぜ選手はシーズン中に怪我をするんだろうか?

 


 

以前【プロ野球選手はなぜ肉離れや腰痛がなど怪我が多いのか?】についてnoteで記事を書きました。

意外と好評で多くの方に見てもらっています。

なので、この記事の補足をここでは書いていこうと思います。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

まずnoteに書いた記事をまとめますと、

 

=====

プロ野球選手は、お尻や太ももは発達しているが、腰は弱い

→理由として、腰にせん断負荷が掛かりやすい

→結果として、腰痛になりやすい

→腰が弱いと、筋肉の発火順が狂いハムストリングスが過剰に働きやすい

→結果として、肉離れが多い

=====

 

って感じです。

詳しくは、noteを読んでみてください。

 

 

そして今回付け加えたいのは、大きい筋肉ばかり鍛えると怪我をしやすいってことです。

 

 

人間の体には大小の筋肉が多く存在します。

今頃発見される筋肉があるぐらいまだまだ筋肉は全てを解明されていません。

 

 

そして、大きい筋肉と小さい筋肉はお互いに助け合い力を発揮しているのも事実です。

 

 

noteでも書いたように、腰の小さい筋肉が働くからハムストリングス(大きい筋肉)は無理なく働くことができます。

なので歩く時に痛みを感じやすい方は、この助け合いが上手くできていないことが多々あります。

 

 

ですが怪我をしている選手を見ると、大きい筋肉が異常に発達している選手が多いと個人的に感じます。

メジャーに挑戦し、体を大きくして怪我をしている選手のなんて多いこと・・・

もちろんすべてを否定しているわけではありませんが、筋肉のバランスが悪くなったのが原因のひとつかもしれません。

 

 

野球の動きを考えると、必ず小さな筋肉たちのサポートが必要になります。

このサポートが不足しながら、大きな力を加えようとするわけですから、怪我もしやすいのかも。

 

 

有名なイチロー選手なんかも筋肉を大きくすることを否定している選手のひとりですよね。

 

 

人によって個性がありますから、難しところではありますがね。

「イチローだからできること」と言われてしまえばそうかもしれません。

でも怪我が少ないのも事実なんですよね。

賛否両論はあるかと思いますが・・・

 

 

小さい筋肉は大きい筋肉を動かすためのスイッチです。

そのスイッチを無視してはいけません。

そして大きい筋肉が大きくなる程、スイッチである小さい筋肉も比例して今まで以上の力が必要になります。

もしくは、連動性(お互いの仲良し度みたいな感じ)が必要になります。

 

 

プロの選手でないのであれば、バランスよく鍛えて痛みのない体を作っていきましょうね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :         

ケア トレーニング