広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛になりやすい姿勢の4つの特徴とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛になる姿勢

姿勢って特徴が色々あるんですよ。

 

その個々の姿勢が腰に負担が掛かることもあります。

 

「歪み=痛み」に直結はしませんが、塵も積もればではありませんが、カラダへの負担は大きくなりますよね。

 

姿勢が崩れることによって、いろんな関節などが動きにくくなるんですね。

 

そうすることで、カラダへの負担(負荷)が掛かっていくわけでわけです。

 

 

そんな中で、腰痛になりやすい姿勢の特徴もあります。

 

今回はその内の4つを簡単にご紹介致します。

 

背中が丸い

 

これはとても多いでしょう。

 

 

年齢を重ねるごとに、背中が丸くなりやすいですよね。

 

ここの丸みが強いと胸(肋骨)の動きが悪くなり、腰への負担が増えていきます。

 

骨盤が後傾

 

これは背中とセットになる場合がとても多いです。

 

背中が丸いと骨盤も丸くなる。

 

 

腰の骨って前湾と言って、前にアーチが軽く掛かっているんですが、そのアーチが少なくなるとも言えます。

 

そうなると、腰自体の動きが悪くなります。

 

お腹が前に出る

 

これまた、骨盤後傾とセットです。

 

 

骨盤の後傾が強いと自然とお腹の部分が前に出てきます。

 

「最近お腹出てきたんよねー」って方は、骨盤が後傾していることが原因のこともあります。

 

重心が前へ

 

これは上記3つを合わせるとこうなってしまいます。

 

 

むしろ、上記3つの姿勢があるのに重心が後ろってかなり器用です。

 

そうなると太ももがパンパンなはずです。

 

上記3つのまま重心が前に来ると、腰に体重が乗りやすくなります。

 

立っている状態だけで腰に負担が掛かっている状態です。

 

腰痛になりやすい姿勢の特徴

 

今回は特徴だけあげてみましたがどうでしたか?

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

4つすべてが当てはまった方はすでに腰痛で悩んでいるかもしれませんね。

 

早めの対応を考えましょう!

 

最初に言ったように、姿勢の歪み=痛みに直結はしません。

 

ですが、カラダの動きは確実に悪くなるでしょう。

 

そして、負担(負荷)も増えるでしょう。

 

まずは、動きやすいカラダをつくることから始めていきましょう!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

姿勢

年齢とともに丸くなる腰(背中)。改善しないと歩けなくなりますよ。 318

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢とともに腰も丸くなる

 

『昔は、真っすぐだったけどな、、』

 

『もっとシャキッとしていたけどな、、』

 

周りの方でいませんか?

 

あなたももしかして

丸くなり始めていますか?

 

なぜ丸くなるの?

 

原因はたくさんあります。

 

そのうちのひとつとして、

 

筋力の低下

 

があります。

 

 

「何回も聞いたことあるよ!」

 

と思われたかもしれませんが

それを正しく理解していますか?

 

もしくは

理解して実行していますか?

 

ここがとても大切なんですよ。

 

聞いてくださいね。

読んでくださいね。

 

丸くなると何がいけないの?

 

一般的に腰が丸いと

腰への負担が増えると言われています。

 

腰の負担を減らす(クッションの)役割がある

椎間板というところが

負担が増えるんですよ。

 

ここに負担が大きくかかれば

 

椎間板ヘルニア

 

になったりしますよね。

 

 

なので、

極力腰の丸くなり過ぎは

注意された方が腰のためでもありますよ。

 

また、丸くなり過ぎると

腰の動きが狭くなるんで

 

かがんだり・反ったり

 

することが難しくなります。

 

もしくは、その動きの時に

痛みが出やすくなるんですよ。

 

腰を反る時がわかりやすいと思うんですが、

 

腰を反る時って

腰は丸くなってないですよね?

 

逆の動きになりますよね?

 

丸くなったままだと

反る動きが難しくなるっていうのは

想像できますね。

 

他の動きも同じで

腰が丸くなってるだけで

全体の動きも悪くなるんですよ。

 

腰が丸いと出やすい痛み

 

腰が丸くなっている方は、

腰~背中がとても疲れやすくなっています。

 

そして痛みが出やすい動きがあって

それは、

 

歩くこと

 

です。

 

 

歩いたあと、

 

「腰が痛いな、疲れるな」

 

など毎回感じているんであれば

腰が丸くなっているかもしれません。

 

また疲れを感じるのも

 

腰の血流が悪くなっている

 

ってこともあります。

 

腰が丸くなるだけで

 

血流も悪くなって疲れやすくなり

痛みも感じてしまうってことになります。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

丸い方はどうすればいいの?

 

ここまで読んで

 

「私そうかも、、、」

 

と思われた方もいるかもしれません。

 

でも大丈夫ですよ。

 

腰自体がひどく変形していない限り

いい方向にはなると僕は思っています。

 

 

で、改善のやり方はたくさんあります。

 

もちろん症状(丸まり具合)によって

トレーニングの順番も変えないといけないです。

 

なので、今からご紹介する

とっても簡単なトレーニングも様子を見ながら

おこなってくださいね。

 

では、ご紹介します。

 

めちゃくちゃ簡単ですよ。

 

まずは、

 

①椅子など座ります。

 

②そのまま腰を真っすぐします。

 

➂その姿勢をキープします。

 

たったこれだけです。

 

簡単ですよね?

 

でも腰が丸くなっている方って

これだけでもきついんです。

 

まずは、ここから始めてみてはどうですか?

 

丸まりが減ってきたら・・

 

腰の丸まりが減ってきたら

次のステップへ入りましょう!

 

腰はカラダの真ん中にあります。

 

上半身と下半身を繋げていますよね。

 

そうです。

 

次は、

上半身と下半身を動かしていくんです。

 

 

丸まり具合が減ったんだったら

腰だけでは不十分ですよ。

 

全身をうまく動かす必要があります。

 

いつまでも若々しく

腰に痛みのないカラダにしていきましょうね。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

トレーニング

スクワットにある動作を取り入れるだけで、姿勢改善の効果は劇的に変わる 172

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

バンザイスクワット

 

おすすめの方

 

①下半身が弱ってきた

 

②効率よく同時に鍛えたい

 

➂背中が丸くなっている

 

④体が固い

 

POINT

 

①なるべく手は上にあげたまま

 

②後ろへ転倒注意

 

➂スクワットの基本フォームは崩さない

 

④目線は前を見る

 

上半身も一緒に鍛える

普通のスクワットであれば

下半身のみがターゲットになります

 

しかし、バンザイを入れることで

上半身も同時に鍛えられます

 

背中の筋肉も同時に伸び

縮まっていくのがわかると思います

 

体が固い方は

手が自然に前に下がってしまいます

 

また、無理をして手をあげたまま

しゃがむと背中がつる方もいます

 

それだけ固い証拠です

 

手をあげたまましゃがむことで

背中の丸みが強制的に真っすぐになります

 

丸みが強い方は

普段丸くなって使っていなかった筋肉を

使うで少々辛いです

 

丸みが強い方は

試してみてくださいね

 

姿勢を整る筋肉

姿勢を整える際に

必要な筋肉は多くあります

 

その中でも下半身の筋肉は

鍛えるべき必須ポイントになります

 

さらに丸みの強い猫背の方は

背中の筋肉も使えていません

 

『下半身+背中』

 

ここを同時に鍛えながら

柔軟性も獲得しやすい

今回のトレーニング

 

猫背で悩んでいる方には

おすすめのトレーニングになります

 

ただ強度も少し強めなので

おこなう際は気をつけて下さい

 

姿勢に必要な筋力は『維持』

姿勢に必要な筋力は

ムキムキなボディが必須なわけではありません

 

ムキムキにならずとも

姿勢は正せるのです

 

これは想像すればわかりますよね

 

姿勢を正すためには

パワーがあればいいわけではなく

『維持する力』があればいいのです

 

なのでムキムキ=姿勢がよくなる

ではありません

 

正しい姿勢を維持するために

それらを維持する筋力がないといけません

 

つまり、パワーではなく

筋肉の持久力をつけることです

 

今回のバンザイをしながらの

トレーニングは背中の弱まった筋力を起こし

持久力を復活させていきます

 

結果、姿勢維持に繋がります

 

もちろん、背中だけ鍛えても

猫背は治りません

 

まずは、このトレーニングを

始めてみてください

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                  

トレーニング動画