健康 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【老化】年齢と共に衰えていく身体的な機能とは??

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前にも似た記事を書いたかもしれませんが、「年齢を重ねるごとに衰えを感じる」というご質問を頂いたので、改めてお話ししていこうと思います。

 

人間どうしても年齢を重ねるごとに衰えていく身体的な機能が存在します。

 

そこを理解し、日頃から鍛え、動かしておくだけでも、同年代と比べた時に、若々しい身体を保っているはずです。

 

あなたはその機能を知っていますか??

 

年齢と共に衰える機能とは?

 

さて衰えていく身体的機能を結論から先に述べますと、

 

=====
股関節・背骨の可動域が著しく低下していく
=====

 

なので、この2つの関節は必ず動かしておくべきなんです。さらに、

 

=====
体幹機能の低下
=====

 

も同時に進行していきますので、これも含め何かしら取り組んでいかないと、同年代と比べた時に、

 

《年齢以上に見える》《年齢以下に見える》

 

という差が生まれてきます。

 

これは別に見た目が綺麗とかハンサムとかという話しではなく、ひとつひとつの動作に表れるんです。

 

周りにいませんか?若々しい動きというか、動き自体が機敏な方。

こういう動作に、動きに差が生まれてくるんですよね。

 

老化による機能低下を防ぐ方法

 

 

僕がオススメする、家でもどこでもできる方法があります。

本当は色々とやるべきことはあるんですが、最低限これだけはやっておくと損しません!

というものがあります。それが、

 

=====
スクワット
=====

 

です。

さすがに「スクワット」は聞いたことありますよね?

 

このトレーニングは最強だと僕は思っています。

 

ただ最強が故に、多くの方はやるのを嫌がります(笑)効果は絶大なのにね・・・。

 

 

ちなみに嫌がる理由は、《きついから》が多いんですが、きついには理由があり、《下半身の筋肉の仕事量が人間の中で最も大きいから》なんです。

 

仕事量と言うのは、言い換えれば、筋肉を使う量(関節も含む)のことです。

 

スクワットは基本的に、下半身を使うトレーニングですから、仕事量が非常に大きいんですよね。

だからきついし、疲れるし、やりたくないんです。

 

でもそこを乗り越え、スクワットを継続的に行うことで、老化による機能低下を予防できますよ。

だって仕事量が多いトレーニングなんですからね。

 

筋肉もたくさん使えば、関節も複数使い、かつ大きく使います。

こんな効率のいいトレーニングは他にありません。

これを読んだあなたは今すぐ、今日から、毎日最低10回のスクワットを続けてみましょう!

 

数ヶ月後、真面目に取り組んでいたのなら身体は大きく変わっていますよ。

 

まとめ

 

 

スクワットは毎日やってもいいので、続けてみてください。ポイントは、

 

=====
内股にはならない
猫背にならない
=====

 

この2つを最低限意識しながら行うことで、さらに効果は増していきますよ。

 

「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いですが、とりあえずスクワットをしましょう。

最強かつ簡単な方法で若々しい身体をキープできますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【運動】継続的な運動が免疫力を維持させる!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

近頃噂のウイルスが広がり、免疫力を上げたい!と意識高めの方も増えてきたと思います。

 

ですが残念なお知らせです。

 

免疫力は上げることが不可能なんです。免疫力は上げるのではなく、下げないようにするというのが正しい表現で、上げるというよりも下がったものを元に戻す感じでしょうか。

 

そこで免疫力低下を防ぐために重要になってくるのが、《継続的な適度な運動》です。

あなたは適度な運動を継続的に行っていますか??

 

免疫力と運動

 

まず免疫力を下げないためには、基本的に《暴飲暴食》は避けましょう。

 

血糖値が上昇することで、免疫力が著しく低下してしまうので、そこは避けた方がいいと思います。

糖尿病の方が感染症リスクが高い理由も血糖値の高さにありますから、糖尿病でない方は、食事の工夫も免疫力維持には必要不可欠です。

 

そして次に重要になるのが《運動》です。

ある研究データでは、

 

=====
週3回/1日20分以上の適度な運動が免疫力の低下を防ぐ
=====

 

というものがあります。

ちなみに適度な運動とは、例えば歩く時、誰かと喋りながら歩ける程度の強度のことを言います。

心地よい感じですかね。

 

そして逆に強度が高すぎる(喋れない程)と、免疫力は低下しますので、ご注意を。

 

まとめ

 

 

免疫力を下げないためには、

 

=====
暴飲暴食をせず、適度な運動を習慣化すること
=====

 

ということになります。

免疫力が気になる方は、まず食事・運動を見直しましょう。

 

そこをすっ飛ばして、やれ栄養だ!とか、やれ薬だ!とか言わないでくださいね。

基本を守ることこそが非常に重要なんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【考え方】取り入れる前に手放せ勇気を持て!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

昨日書きました記事が、思いのほか好評でしたので、ちょっと違った目線から人間の心理?をお伝えしていこうと思います。

昨日の記事をまだ読んでいない方は、ぜひお読みください。

 

https://note.com/fujino_masato/n/nf7913841ca82

取り入れたがる人間

 

基本的に人は「これはいい!」というものを取り入れたがる習性を持っています。

そして逆に手放すことはほとんどしません。

例えば昨日の記事で言えば、

 

=====
高血圧
→薬を飲む(取り入れる)
→生活習慣の見直ししない(手放す)
=====

 

と言った感じです。

高血圧で例をあげていますが、基本的にこのシステムを基準に動いています。

 

手に入れたものは、中々手放したくないですよね。

それが良い悪い関係なく。

 

ですが人間には一人一人「キャパ」が必ず存在しますので、取り入れ過ぎてキャパオーバーしてしまえば、あまり良いことは起きません。

 

自分自身が追い込まれ苦しくなっていくだけです。

(それがどの面に表れるかは人によります)

 

手放す勇気

 

 

「身体にいいから色々と取り入れているんです」という方は、根本的なところを見ていけば不健康であることが多々あります。

 

それが身体面・精神面など人によって異なりますけどね。

僕の経験上、必ずと言っていいほど、取り入れたがり屋さんは、逆に不健康です。

 

「手放す勇気」を持ち、何かを手放すことで、本当に手に入れたいものがやってくることもありますからね。

 

先程も言ったように「キャパ」がパンパンであれば、入るものも入りません。

何かを手放し余裕を持たせることで、入りやすくなりますよね。

 

これは何事においても言えることですよ。

 

まとめ

 

 

あなたの中にある「キャパ」はパンパンになっていないですか?

 

パンパンなのにまだまだ詰め込もうとしていませんか?

 

もしそうであれば、取り入れることをやめ、手放す勇気を持ちましょう。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

メンタル

【病気】なぜ人はすぐ薬に頼るのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「高血圧だから薬飲んだ方がいいかね?」
「脂質が多いらしいから薬飲んだ方がいいかね?」
「痩せたいからダイエット薬飲んだ方がいいかね?」

 

なぜ人は薬に頼るんでしょうか?

飲む前に変えるべきことがあるはずですよ。

 

薬を飲む前に

 

なぜ先に「薬を飲む」という考えになるんでしょう。

 

僕としては飲むという考えの前に「なぜ薬が必要な身体になったのか?」を考えてほしいです。

 

確かに早急に薬が必要な場合もあるでしょうが、それは稀です。

多くの方は、1分1秒焦るようなことはないはず。

 

ですがほぼ全員が「薬を飲むか?」で悩んでしまい、「なぜそういう身体になったのか?」を考えようとしません。

 

考えれば薬を飲む前に、《日常生活を変える》はずです。

 

例えば、

 

=====
高血圧だから薬飲んだ方がいいかね?
→普段の食事は?運動は?変えないの?
→変えますよ。変えて薬も飲むんです。
→どう変えるの?
→少し塩分控えます
→それだけ??
→お医者さんに塩分控えましょうと言われました
→そうですか・・・
=====

 

まぁ抽象的かもしれませんが、大抵このパターンです。

そういう身体になってしまった生活をなぜか大きく変えようとはせず、薬に頼ろうとします。

 

なぜ薬ばかり頼ろうとして、根本的な原因である日常生活を変えないのでしょうか??

 

「私糖尿があるんですが、甘い物は好きなんで食べます。その代わり薬はちゃんと飲みます!」
「私痛風なんですが、お酒好きなんで飲みます。その代わり薬はちゃんと飲みます!」

 

まとめ

 

 

人間は変化を嫌います。

変えるのが嫌いなんです。

怖いんです。

 

だからどんなに悪い生活を送っていようが薬で治るんであれば、日常生活を変えず、薬で治したいんですよね。

 

まぁ結局、飲むか飲まないのかは本人が決めることであって、他人が決めることではありません。

 

が、僕としては飲む前に一度「なぜ薬が必要な身体になったのか?」を考え、生活習慣を見つめ直してほしいです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア

【健康】座りっぱなしは死亡リスクも増えてヤバイ!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

改めて座りっぱなしの生活は、ヤバいなと思いました。

どうヤバイかと言うと、健康に悪いってことです。

 

もしかして、あなたも座りっぱなしの生活中??

 

座る生活の弊害

 

僕が見てきた方を例にあげていきましょう。

 

=====
◆Aさん長距離運転手
運転の仕事は、ほぼ1日座りっぱなし。そのせいで体重も増え、健康診断の結果も悪い。でも仕事を変え、立ち仕事に変わると、1年で体重も減り、健康診断の結果も良好。

 

◆Bさん事務
パソコン仕事が主で、1日中パソコンとにらめっこ。腰痛・肩こりに加え、姿勢も悪く体型も崩れ気味。でも業務が変わり、パソコン(座っている)時間が減ったことで、腰痛・肩こりの辛さも減り、体型も以前よりマシになった。
=====

 

座っている時間の長い生活は、健康面において、弊害がかなり多いです。

だからこそそういう方は、積極的に運動なりして、健康に気を遣いましょうね。

 

まとめ

 

 

今はスタンディングデスクが多くなってきましたね。

 

座る時間が長いことが、あまり良くないってことが広まってきているのかなと思います。

 

ちなみに、座る時間が長い方は、生活習慣病の発生リスクも数倍高くなりますので、ご注意くださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【健康】老後になっても歩ける身体でいるための習慣

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

老化と共に、まず衰えていくのは下半身の筋肉です。

 

というよりも下半身の筋肉は上半身に比べ比率が多い分、落ちる割合も多いんです。

 

とある研究データによれば、20歳と70歳の上半身と下半身の筋肉量を比較した場合、20歳に比べ70歳は、《上半身が14%ダウン/下半身が40%ダウン》と出ています。

 

下半身は約半分も落ちるんです。ヤバいですよね。

 

だから老後、歩けるか歩けないかは非常に重要になってきます。歩ければ筋肉量の低下は抑えれますが、そうでなければ低下する一方ですから。

 

それに日常生活の質(QOL)も著しく低下していくでしょうね。

 

以前の記事で、『高齢者で健康(元気)方の多くは、歩く習慣(または登山)が身に付いている』と書きました。

 

これは下半身の土台がしっかりとできているから、高齢者になった時に圧倒的な差が出てしまうって話しでした。

 

 

僕の経験からしても、高齢者になる前から下半身の強化(歩く・登山など)を知らず知らずでも取り組んでいる方は、年齢を重ねた時、全く健康(元気)さは違います。

それに回復力もね。

 

近くで見ていて本当にそう思います。

なので、もし何かしら健康のために気を遣っているのであれば、僕としては、

 

=====
下半身の強化を優先するべき
=====

 

だと思います。

これは本当に最優先すべきです。

 

食事やサプリなどで気を遣っている方も多いと思いますが、その前に下半身ですよ。

これを忘れてはいけません。

 

強い下半身があってこその健康です。

そこから食事が活きるんです。

下半身の筋肉を忘れてはいけませんよ。

 

僕の祖母(87歳)も最近入院(数日ICU)し、心臓の手術をし、10日間で退院しましたが、多少ふらつきはあれど自力で歩いて病院を出れました。

 

これは祖母に今までの人生で『歩く習慣』があったからだと感じています。

 

実際にそうでない方が、祖母のように入院・手術すれば、歩行器・車椅子になっていたかもしれません。

 

これこそ下半身の筋肉量の差だと思います。

 

とにかく、健康健康言うのであれば、下半身の強化をお忘れなく!!

これこそが、健康の土台となるんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常

【秘訣】登山(ハイキング)が最高の健康方法!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕の経験則になりますが、高齢の方で年齢よりも若々しい体力・筋力をお持ちの方は、必ずと言っていいほど、「昔からよく歩いている」と言われます。

 

そしてご高齢の中でも強者の方はこぞって、「登山(ハイキング)が好きでよく山を登っていたよ!」と言われるんです。

 

ちなみに体力・筋力も年齢よりも若々しいんですが、さらに回復力も早い気がします。

骨折など怪我をされても医者も驚くスピードで回復していきますし・・・。

 

健康のためにも、あなたも今から登山始めませんか??

 

最高の健康法

 

登山の何がいいのか?と言うと(僕は未経験者なので予想)、

 

=====
①勾配で足腰が鍛えられる
②道が凸凹なので、下肢機能の向上が見込まれる
➂長距離かつ低(中)負荷が続くので、心肺機能も鍛えられる
④自然に触れることで、ストレス減
=====

 

は最低限ありそうですよね。

普通の舗装された道を歩くのもいいんですが、山道はさらにいいと僕は思います。

 

広島で登山

 

 

僕もこれを機に、登山を始めようと思っているので、広島で気軽に登山できる場所はありますか?

もしあれば教えて欲しいです。

 

できれば一人で気軽に行け、近くに車も停められる山がいいです・・・。

 

広島で登山好きな方、是非教えてください!!お願いします!!

 

まとめ

 

 

登山しましょう!健康のためにとってもいいと僕は思いますよ。

 

登山を定期的にすれば、将来の身体は雲泥の差になっているかも!?

 

まぁ正直そこまでは保証できませんが、身体は確実に「機能面」「体力面」「筋肉面」どれをとっても今よりかは絶対に向上しますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【老化】年齢を重ねるとできなくなる動きとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢を重ねるにつれて、ある動きができなくなります

 

予防している方は動くと思うんですが、特に意識していない方は、恐らくできなくなっています・・・。

 

しかもその動きができなくなることで、腰や膝や肩など痛みに繋がりやすく、身体的な老化も加速してしまうんです。

 

その動きとは・・・!?

 

老化の印

 

さて結論から言ってしまえば、老化と共にできなくなる動きとは、

 

=====
回旋(かいせん)動作
=====

 

です。

どの関節にも言えますが、回旋(捻る動きのこと)の可動域がどんどん減っていきます。

その中でも特に大切にして欲しいのが、

 

=====
胸郭(背骨含む)・股関節
=====

 

この部位の回旋動作は、絶対に狭くならない方がいいですよ。

 

狭くなればなるほど、腰痛・膝痛・肩こりなどを発症しやすくなるし、身体的な老化は加速します。

 

実際に僕が見ている範囲では、胸郭・股関節の回旋動作の可動域が保たれている方は、何歳であっても結構動ける身体の方が多いです。

 

逆に可動域が狭くなっている方は、動けない身体の方が多いんですよね。

 

動ける動けないってのは、例えば70歳の方だとします。

動ける方は、年齢以下の動き(体力も)をしますし、動けない方は、年齢通りまたはそれ以上の動き(体力も)しかできません。

 

ちょっとわかりにくい表現だったかもしれませんが、70歳でも動きが軽やかな方は可動域保てているし、動きが鈍い方は可動域が狭いって感じです。

 

まとめ

 

 

健康な身体を保つためにも、胸郭(背骨含む)・股関節の回旋動作の可動域は保てるように日々鍛錬あるのみです。

 

怠けていれば怠けた身体に。

あなたの今の身体は、あなたの習慣の結果です。

 

最低限の回旋動作を保てるように、日々頑張っていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【健康】定期的なトレーニングの重要性とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日週1回通われるお客さんから嬉しいお言葉を頂きました。

 

「この時間が私にとって最も重要な時間。死ぬ瞬間まで健康にいたいから先生の力が絶対に必要なんです。先生に出会えたことが人生において最高の出会いです。これからもよろしくお願いいたします。」

 

文章だけだと嘘のように聞こえるかもしれませんが(笑)

 

これを聞いて僕は嬉しく思うと同時に、これからも頑張らないといけないなと感じました。
(ここでは健康というワードを使いましたが、この方には明確な目標があります)

 

この方は、腰の痛みで歩くのもままならない状態でしたが、今は走れるぐらい元気になっています。

飛んだり、跳ねたりもしています(笑)

 

痛みを経験し、痛みを克服した方だからこそわかる健康の重み。

 

そしてその中から、トレーニングの重要性(+整体)に気付き、もう何年も継続されています。

過去の辛い経験から見つけ出した最適な解決策。

 

僕自身もトレーニングは人生において、非常に重要なものだと思っていますし、だから提供しています。整体もね。

 

あなたも週1回だけでも定期的にトレーニングを行うことで、身体はどんどん変わっていきますよ。

 

もちろんいい方向にね。騙されたと思って定期的なトレーニングしてみてください。

後悔はしませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

トレーニング

【運動】360度痛みなく関節が動きますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕が運動で大切にしていることがあります。

 

その中のひとつが関節の可動域』です。

 

年齢や姿勢などの影響で、各関節の可動域はどんどん狭くなっていき、結果として、腰や膝などの痛みに繋がります。

 

なので運動の時、各関節の可動域も意識しながら行うと、より効果が出てくるんです。

あなたは運動の時、関節の動きも意識していますか?

関節を大きく動かそう

 

例えば、股関節。

 

人間の中で最も大きく可動域も広いんですが、普段生活の中では、歩く以外にそこまで大きく動かすことはないと思います。

 

そうなると、歩く時に必要な股関節の動きしか日常生活内ではしなくなります。

そして、股関節の可動域はどんどん狭くなっていくんです。

だって可動域をフルに普段から使わないから。

 

だからこそ僕は、運動の時だけでも、可動域をフルとまではいかなくても、様々な角度で動かしていきますし、僕以外のところでもそうしてもらいたいんです。

 

じゃないと各関節は、どんどん可動域を失っていきますよ。

 

可動域を失えば、「腰が痛い」だの「膝が痛い」だのが出てきて、さらには「体力が落ちた」と感じるようになるんです。

 

各関節の可動域ってめちゃくちゃ大切なので、どの関節もある程度狭くならないようにしていきましょう!!

 

まとめ

 

 

筋肉は意識している方、多いと思います。

ですが『関節の可動域』も意識して取り組むと、運動効率はグンっと高まりますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

トレーニング

1 2 3 7