広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

歩き方が間違っているから、腰や膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は去年の4月から毎月、「歩こう会」を開催しています。

腰や膝などに痛みを抱えている方、体力に不安のある方が参加しています。

 

そして、毎月開催することで、腰などに痛みなどを抱えやすい方の特徴を見つけました。

それは、「体重移動」です。

 

今回のブログでは、腰などに痛みを抱えないための歩き方をご紹介していきます。

 

  • 痛みを抱えやすい歩き方とは?
  • 歩き方を変えるためには?
  • 一生自分の足で歩くためには?

 

という流れでブログを解説していきます。

歩き方などで悩むあなたの役に立つ情報をお伝えしますので、ぜひ読んでくださいね(^^)

 

 

き方が間違っているから、腰や膝が痛くなる!?

 

腰などに痛みがある方は、体に負担の掛かりやすい歩き方をしています。

ここを修正することで、負担は一気に減っていくんですよ。

 

みがある方の歩き方の特徴

 

最初にも書きましたが、「体重移動」がうまくできていないのです。

ここを今から説明していきますね。

 

本来、歩く時には、体重(骨盤)が前方に移動していきます。

後ろに移動はしませんよね(^^;

 

そして、体重移動により前にスムーズに進み、歩いています。

これが、一般的な歩く時の体重移動です。

 

次の写真は、この赤線が体重移動の線だと思ってください。

 

 

次の1歩のときに、前に移動しますよね。

そうすると、、、

 

 

こうなるわけです。

体重がうまく前に移動し、赤線が比較的きれいな三角形になっていますよね。

 

でも痛みがある方というのは、体重が後ろに残ったまま、歩いています。

これが、痛みのでる大きな原因なんです。

 

 

赤線の三角形が、少し崩れていますよね。

体重移動がうまくいっていない証拠です。

 

原因としては、

 

  • 左の股関節が伸びない
  • 右の足首が硬い
  • 姿勢が悪い

 

などが挙げられます。

写真は大袈裟に見えますが、結構こういう方いるんです。

 

このような体重移動の仕方を変えるだけで、負担は変わります。

簡単そうですよね(^^)

 

き方を変えるために

 

体重移動の練習をするだけです。

簡単ですよね。

 

でも本当は、股関節の動き・膝の動きなども加味しないといけません。

でもそれらは、体重移動の練習で改善されていくのです。

 

初歩の練習としては、1歩をひたすら練習するに限ります。

例えば写真で言えば、「左足を出す→左足に体重を掛ける」これをくり返すのです。

 

そのときに、体重がしっかりと移動するようにしないといけません。

なので写真のように、

 

 

なるべく綺麗な三角形を目指すのです!!

 

生歩き続けるために必要なこと

 

何が必要だと思いますか?

僕の中で最も大切だと思うのは、「環境」です。

 

「は?動くことでしょ!」

と思われたかもしれません。

 

でも「環境」が1番重要!

ここでの環境とは、自分自身の周りの環境という意味です。

 

歩ける環境・歩く仲間・歩く場(教室etc.)などがないと、無理ということ。

1人で歩き続けるのは、ほぼほぼ無理です。

 

例えば、あなたの周りが「歩くのは無意味!」という方ばかりだったら、そもそも歩きますか?

歩く確率は、限りなく低くなっていると思います。

 

もちろん、動かすことが大切ですが、動かすためには環境が必要なんですね。

なので、土台となる環境づくりがまずやることになります。

 

 

とめ

いかがでしたでしょうか?

 

あなたの歩き方を変えるきっかけのお役に立てれば、僕も嬉しい限りです。

今回のブログをまとめると、

 

  • 痛みの原因は「体重移動」だった!
  • 体重移動の練習を積極的に!
  • 自分の環境を整えよう!

 

でしたね。

もしここまで読んで、わからないこと、歩き方に関して不安なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

あなたに僕ができることがあれば、お手伝いさせていただきます!

いつまでも歩けるように、歩き方から治していきましょうね!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

腰痛

台風(災害)の備えで学ぶこと。自分自身のカラダは痛みに備えていますか? 259

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

台風に備えて学ぶこと

※Yahoo!Japan天気参照

 

また台風が接近していますね。

毎週日本に来ているように思います。

 

広島にも影響が出るんでしょうか?

 

本当に

今年は災害の多い年に感じます。

 

広島では7月に

『西日本豪雨災害』

もありました。

 

広島は大きな被害が出ました。

 

僕もできることからと

呉市の天応にボランティアにも行きました。

 

 

テレビでは被害状況を見ていましたが

実際に行ってみると

また違う状況を目の当たりにしました。

 

ボランティア作業は

被害に遭われたお宅の土砂除去作業。

 

家が簡単に一瞬で

こんな風に被害に遭うのかと

心が苦しくなりました。

 

そのお宅の方ともお話ししましたが

色々と大変そうでした。

 

大変そうで片づけていいのか

わかりませんがそれしか言えません。

 

当たり前の日常に感謝しながら

生活していこうと思いました。

 

備える力も必要

 

話は変わりますが

これは自分自身のカラダにも

置き換えて考えてもいいと思うんです。

 

今回のような災害は

備えようがなかったと思いますが

 

カラダは備えることができると僕は思います。

 

 

以前ブログでも書きましたが

我慢してきたカラダには痛みが

どんどん蓄積していきます。

 

これを放っておけば

60歳を過ぎた時に蓄積したものが

溢れることもあります。

 

もちろんそれ以前に

溢れることもあると思います。

 

それがどういう形で

カラダに出てくるのかはわかりません。

 

人によっては

動けなくこともあるし

動くけど顔を歪めることもあるし

少しの痛みかもしれません。

 

どうカラダに出てくるかはわかりません。

 

誰にも分らないと思います。

 

 

いつ病気になるのかもわかりませんし

どこが痛くなるのかなんて

正確にわかることはありません。

 

でも

その時に備えておくこと

できると思うんです。

 

これもどういう形が正解とかないです。

 

あなたに合った形が何か

ひとつはあると思います。

 

運動する以前に習慣化している

禁煙したりするのもそうだし

禁酒するのもそのひとつ。

 

そういう形が合っているのかは

やってみないとわかりません。

 

誰にもわかりません。

 

あなた自身もわからないと思います。

 

お客様の中には

70歳にして初めて

トレーニングする方もいます

 

 

そして

『私にはパーソナルトレーニングが合っている』

と気付いた方もいます。

 

いつどのタイミングで

あなたに合うものが出てくるか分かりません。

 

でも備えておこうという

考えがないと気付かないものだと思います。

 

気付かない以前に

考えないことだと思います。

 

カラダに痛みが出てしまえば

やりたいこともできないなんてことも

でてくる可能性だってあります。

 

僕は実際にみてきました。

 

あなたに少しでも

備える大切さが伝わればいいなぁ

思っています。

 

 

見えない未来に備えておくなんて

難しいですよね。

 

1人なら尚更だと思います。

よくわからないと感じていると思います。

 

もしそうなら僕と一緒に

備える大切さを実感してみませんか?

 

色々ある中のひとつです。

 

やってみないと何もわからない!

 

とりあえずやってみる。

そんな覚悟でいいと思います。

 

そんな僕は

今日、朝から散歩して

自分のカラダに備えた行動を

少しだけしましたよ。

 

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :                

ケア トレーニング メンタル

腰が痛いときは安静にすれば痛みは本当に和らいでいくのか? 242

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛いときは安静にしなさい

 

腰が痛いときってどうしますか?

 

9割ぐらいの方は

 

安静にしておく

 

と答えると思うんですよね

 

僕の経験上でもそうです

 

では安静にしておくとはなんでしょうか?

 

横になる

 

これが1番ですよね

 

横になっていた方がラクですもんね

 

仰向けになるのか

横向きなにるのか

 

などは個人差があると思いますが

 

多くの方は安静=横になる

という感覚だと思います

 

重たいものを持たない

 

 

これも次いで多いと思います

 

とりあえず腰に負担を掛けないように

重たいものは持たないようにする

 

これに尽きると思います

 

運動禁止

 

 

今までの運動をやめる

って方も多いはずです

 

歩いていたり、体操したりと

続けてきたことをやめる

 

これも重たいもの同様に

腰に負担が掛からないようにする

ってことですよね

 

以上の3つになると思います

 

①横になる

②重たいものを持たない

➂運動禁止

 

これを含めて

 

安静にすること

 

だと思います

 

というより

あなたもそうしていると思います

 

でもこれって本当にいいのでしょうか?

 

安静にしていれば腰はラクになるのか?

 

よく聞く安静にしておく

 

でも本当に安静にしていれば

腰の痛みはラクになっていくのか?

 

 

僕はこれに疑問を感じています

多くの方の腰の痛みは安静にしても

ラクにならないと思っています

 

実際にラクになっていない方々を

多くみてきました

 

あなたは安静にしているだけで

腰の痛みはラクになりましたか?

 

日々誤魔化して生活していませんか?

 

仮にその場で少しだけラクになっても

また痛みを繰り返していませんか?

 

これを確認していくだけでも

本当に腰がラクになるとは思えません

 

それに安静で痛みがラクになるのであれば

腰の痛みで悩んでいる方は少ないと思います

 

日本人の9割は腰の痛みがある

 

日本人の9割もの方が

腰の痛みを感じたことがあります

 

安静にしていればラクになるのに?

 

これは安静にしておけば

痛みがラクになるものではない

と裏付けているぐらいの数値だと思います

 

だって寝ていればラクになると教わったのに

腰の痛みで悩んでいる方が9割もいるんです

 

つまり安静にしておくだけでは

腰の痛みはラクにならないってこと

 

また

 

国民生活基礎調査

(厚生労働省の調査)

 

では男女共に

毎回のように腰の痛みは

1位と2位を独占しています

 

安静にしてもダメということですね

 

腰の痛みを和らげるためにやること

 

では次にその痛みを和らげるために日本人していることは何でしょうか?

 

最も多いのは

 

 

整体・接骨院

 

です

身近にありますし

腰の痛みと言えば!

って感じですよね

 

次いで

 

 

整形外科

 

です

 

お医者さんに診てもらえば

間違いないって感じでしょうか

 

またどこに行くこともなく

本当に安静にしておくだけって方も

結構多くの人数いるそうです

 

この情報を聞いただけでも

安静信者が多いと感じます

 

整体・接骨院も横になって

安静にしたまま受けるイメージですし

 

整形外科も薬や湿布になると思います

 

結局、まだ多くの方が

 

腰の痛み=安静

 

という考えが主流だということです

 

このままでいいのか?

 

 

あなたの腰の痛みも安静にしたままで

本当にいいのでしょうか?

 

疑問に思っていきましたよね

 

僕は世間のイメージである

 

腰の痛み=安静

 

は間違っていると思います

 

だってこんなにも

腰の痛みで悩んでいる方が多いのに

 

しかも

その悩みは解決していない

 

結局、安静にしておこうという方が多いからです

 

でも本当は

 

腰の痛み=動く

 

が腰の痛みを解決するのが真実です

 

 

この考えにしておかないと

あなたの腰の痛みは

ラクになることはないと思います

 

いや

ラクになりません

 

腰が痛くても動くべきなんです

 

動く時は人によっては

辛く苦しいかもしれません

 

それでも動くべきなんです

 

腰の痛みの辛さを和らげるために

動いてみませんか?

 

いつでもご相談ください。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :               

ケア トレーニング メンタル

腰が痛いときは動くな!って本当なのかな? 241

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛いときは動くな

腰が慢性的に痛みが続いていると

動かしたくないってことありませんか?

 

 

『痛いから動くのやめておこう』

 

『痛みが悪化しそうだから安静に』

 

『痛くて動く気力もない』

 

なんてこと思っていますよね?

 

僕も初めて腰を痛めた時は

そういう感情でしたよ

 

痛みから動く気になりませんでした

 

むしろ

動きたくないって感じでしたよ

 

だって痛いですもん

 

動かない?動けない?

 

そもそも痛みで動けない方は少ないです

 

でも動かない方は非常に多いです

 

痛みに過剰になり

痛みに怖がり

 

動けないカラダもそうですが

動けないココロににもなっています

 

 

これが日常的に続いていけば

カラダの筋肉はどんどん低下していきます

 

低下すればカラダを支える筋肉もなくなります

 

それは

腰を支える筋肉すらなくなるということです

 

ということは

いくらほぐしても解決しません

 

筋肉がないのですから

ほぐしたところで何も変わりません

 

でも多くの方がこのサイクルにはまっています

 

痛いからと言って

マッサージだけに頼るとか

動かさないようにしていませんか?

 

ではどするのか?

 

トレーニングをして

筋肉を鍛える必要があります

 

これは必須です

 

つまり

動かせってことです

 

そもそも

痛みを減らすのは簡単です

 

ただ繰り返さないようにするのは

結構難しいことです

 

難しいということは

あなた自身も少しは努力しないといけません

 

これを怠る結果

痛みを繰り返してしまうんです

 

またトレーニングだけではダメです

 

歪みを整えて

トレーニングに入る必要もあります

 

 

がむしゃらに鍛えればいいってことでは

ないってことですね

 

歪みによって

筋肉の強さは場所によって

強弱もありますからね

 

弱すぎる部分は鍛えないといけません

 

僕のパーソナルでは

整体とトレーニングを融合しています

 

これがベストなトレーニング方法だと

僕は確信しています

 

あなたもそう思いませんか?

 

ヘルニアで悩んでいた方も

今では走ったり踊ったりしています

 

繰り返さない痛みのために

筋肉を鍛えましょう!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :          

トレーニング 姿勢

75歳のお客様は、20歳のお孫さんと服のシェアまでしてしまう 096

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

あなたは動かない

あなたは普段から

 

あまり動かない生活をしていませんか?

 

先日のお客様が言われていたのですが

 

「私の周りの同年代の友人は座ったらそこから動かない」

 

このお客様は、75歳です。

 

あなたならこう思うのではないでしょうか?

 

75歳ならそうなるよねって。

 

でも75歳でも、動く方は動きます。

 

ちなみに、このお客様は同年代の中で

 

ずば抜けて若いです。

 

見た目もココロも。

 

未だに、お孫さん(20歳)と服をシェアするぐらいですから。

 

凄すぎます、、、

 

 

やはり、動くことを意識されている方は違います。

 

改めて思い知りました。

 

あなたは座ったらそこから石のようになりますか?

 

それとも動き回りますか?

 

意識しているのは動くことだけではない

 

この方はじっとしているのが、あまり好きではないみたいで

 

すぐに動きます。

 

このすぐに動くことを意識していること以外にも

 

意識していることがあるそうです。

 

あなたは何だと思いますか?

 

ちなみにエステなどには行かないそうです。

 

わかったあなたは、この方のようになれるかしれません。

 

 

それは、食事だそうです。

 

当たり前でしょ。と思ったあなた。

 

その当たり前を意識してできていますか?

 

結構、当たり前って思っていることってできないこと多いですよ。

 

人間は、口から物を食べます。

 

そして、それらが栄養となり、身体を動かす源になります。

 

この食事があなたを作っていると言ってもいいと思います。

 

食事が雑な人は、その分あなたの身体に表れてきます。

 

動くことも大切ですが、食べることも大切です。

 

最近は、コンビニなども増え、簡単に食べ物がいつでも手に入ります。

 

そんな便利な生活ばかり続けていれば

 

あなたの身体がどうなるか想像つきますよね。

 

いくらトレーニングを毎週1セッション頑張っても

 

残りの6日間を食事を雑にしてダラダラ過ごしていれば

 

毎週のトレーニングも効果は出にくいでしょう。

 

動け動け

 

老けたくなかったら動け動け!

 

体力落としたくなかったら動け動け!

 

筋肉落としたくなかったら動け動け!

 

そして食事も大切に。

 

あなたも座ったら石のようになるのではなく

 

動くクセをつけてみてはどうでしょうか?

 

75歳になったときに大きな大きな差になるかもしれませんよ。

 

タグ :      

トレーニング

冬になり寒くなった今こそ身体を関節をしっかり動かしていきましょう 034

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島でパーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

そろそろ本格的な寒気到来!?

広島では、今日庄原の方で雪が降りましたね。

積雪もあったみたいです。

明日は、天気予報では北部は雪みたいです。

そろそろ本格的な寒気が来て、冬に入っていきますね。

いや、もう冬ですね。

みなさんは、寒さ対策されていますか?

冬によく見る姿勢

冬になり寒くなってきました。

よく見る姿勢ってありますよね?

猫も丸くなるほど寒い。間違えました。

こっちでした。

このように猫のように背中を丸くし、丸まりながら歩いている方をよく見ますよね。

この姿勢で日常生活を送れば肩や首周りがコリコリになるのは簡単に想像がつきます。

寒さで筋肉もカチカチ

姿勢の悪さにプラスして、気温が低くなり体温も低下。

いつもは筋肉に血液が通り活動していましたが、血液の通りが悪くなり筋肉も活動不足に。

そうすると、不良姿勢+血液循環不足でより肩や首周りはコリコリへと加速していきます。

 

寒いときこそ動く

寒いからといってコタツでダラダラと温まっているだけではダメです。

積極的に動かしていきましょう!

関節を大きく動かす

関節を大きく動かすことによって、周りの筋肉たちも活動を始め、身体もポカポカしてきます。

では、どの関節を動かすの?ってことです。

股関節を動かす

股関節は人間の身体の中でも一番大きい関節です。

この関節を動かすには周りにある大きい筋肉の力が必要です。

大きい筋肉を動かすことによって血流はどんどん巡っていきます。

では、実際にやってみましょう!!

①立位がスタートです

②片足の腿を大きく前に上げます(腿上げの要領です)

③上げた足をそのまま後ろに伸ばします

④②と③を繰り返します(目標20回)

※不安定になるので壁を持つなどしておこなってください

これだけで身体はポカポカに!

まだまだ足りないという方は、

①立位がスタートです

②片足を横に大きく上げていきます

③上げた足を床に着かずに元の位置へ戻します

④②と③を繰り返します(目標20回)

先程が前後の動きだったのが、足りない方は左右の動きを入れていきます。

できるだけ大きく動かしてみてくださいね!

肩関節を動かす

上半身の肩関節を動かしていきましょう。

肩甲骨を意識して動かしてみてください。

では、やってみましょう。

①腕を伸ばして前ならえの姿勢をとります

②手の甲を上に向けます

③そのまま水平に肘を後ろへ引いていきます(肘の高さが肩の高さと同じをキープ。上がりすぎたり下げすぎたりしないように)

④しっかり引いたら(肩甲骨を寄せる)前ならえの姿勢に戻ります

⑤③と④を繰り返します(目標20回)

肩甲骨周りは先程も言ったようにコリコリになりやすいですからね。

しっかり動かしていきましょう!

 

冬こそ動け!

寒いからといって動かないで終わらずに、寒いときこそしっかり動かしていきましょう!

動ける身体で春を迎えましょう!

 

タグ :             

トレーニング 上肢 下肢