女性 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腱鞘炎】指の痛みが治らない原因は姿勢?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腱鞘炎で悩む、特に女性の方は多いですよね。

僕も何人も見てきました。

 

その中でよく聞くのが「痛みがなかな引かずずっと痛いんです・・・」

 

ということです。病院に行っても多くが「安静にした方が治りが早い」と言われるかもしれません。

 

でも手って基本的に毎日ずっと使う部位でもあるので、安静は比較的難しい。

でも症状も改善させたい!!

その方法をお伝えしていきますね。

 

腱鞘炎

 

腱鞘炎を治すにあたり、手首や指などを治療してもなかなか症状が改善しない。

 

その場合、原因は手首や指にないことも結構あります。

 

実は腱鞘炎って、何も手首や指だけが原因ではなく、他の部位がその症状を引き起こしていることもあるんです。それが、

 

=====
第一肋骨・頸椎5番・頸椎6番
=====

 

です。

「腱鞘炎と全然関係ないじゃん!」と思われたかもしれませんが、そうでもないんです。

 

神経と言うのは、脊柱(頸椎も)から末端へと伸びていきます。

と言うことは、腱鞘炎で痛む神経も元を辿れば脊柱(頸椎)にあるってことです。

 

つまり、神経系の根本である根元が悪いから、それが手首や指にきているパターンです。また他にも、

 

=====
胸椎全体の後弯
=====

 

も腱鞘炎に影響を与えます。

要は、猫背ですね。

 

ここまで書いたら勘の方なら気付いたはずです。そう。

 

=====
姿勢が崩れ、脊柱近辺の可動域が落ちると、腱鞘炎になるリスクも高まる
=====

 

ってこと。

腱鞘炎って言っても全身を見る必要性が出てきますね。

 

まとめ

 

 

姿勢恐るべし・・・。オー怖い怖い・・・。

 

腱鞘炎で悩んでいる方は、今一度、自分の姿勢や脊柱の可動域も確認しておきましょう。

 

そこが原因になっている方、あなたが思っている以上に多いので、試してみて損はないですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

姿勢

【質問】毎日トレーニングしても大丈夫ですか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「先生、毎日トレーニング(運動)しよるんですが、毎日してもいいものなんでしょうか?」というご質問を70代女性の方から頂きました。

 

僕の回答は、「正確に言えばトレーニング強度によって異なりますが、毎日しても問題ありません」

トレーニング頻度

 

ご質問頂いた方の背景から見てみると、

 

=====
トレーニング=低強度の運動
=====

 

なんですよね。

70代女性の方ですから、そこまで高強度のトレーニングをする方は少ないでしょう。

そして低強度のトレーニングの内容は、

 

=====
・ウォーキング
・高齢者向けの軽い体操(定期的な教室)

=====

 

程度です。

これぐらいなら毎日しても問題ないですし、むしろ70代女性であれば毎日してほしいものです。

 

ただこれは70代女性低強度の場合です。

 

これが20代男性高強度のトレーニングであれば、話は違ってきます。

毎日高重量でのスクワットを限界までやっていれば、故障に繋がるので、毎日はおすすめしません。

日を開けるか、別部位のトレーニングを僕なら勧めます。

 

ですが今回のご質問者は、70代女性の低強度トレーニングの話し。

それなら毎日してくださいってことになります。

 

まとめ

 

 

まとめると、トレーニングの強度・年齢(または身体的状況)によって毎日してもいいのか?が変わってきます。

 

僕的には、70代女性低強度のトレーニングであれば、ほぼ毎日実践してほしいところです。

ただ無理はせず、頑張って続けていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【腰痛】家事は腰への負担が増える理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

家事は重労働で結構腰に負担が掛かりやすいです。

なので、腰痛持ちの主婦・女性の方は多いと思います。

 

ですが、安心してください。

 

腰に負担が掛かるには、掛かるなりの理由があるんです。

 

家事と腰痛

 

基本的に家事は、中腰が多いですよね。

そして中腰の姿勢が長くなったり、その状態で力を入れたりすることが多いと思います。

その結果、腰に負担が大きくのしかかってきます。

 

そしてここで重要なのが、「どういう姿勢で中腰になっているのか?」です。

少し専門用語になってしまいますが、

 

=====
骨盤の前傾後傾は動いているのか?
膝はニーインしていないのか?
胸郭はしっかりと動いているのか?
お尻は硬くなっていないのか?
=====

 

など中腰と言っても見るポイントはたくさんあるんです。

 

このポイントを見ていくことで、中腰の作業でも腰に負担が増えるのか?減るのか?が大きく変わってきます。

もし中腰で腰がすぐに痛くなる!家事が辛い!という方は、一度身体の動きを見直してみるのはいかがでしょうか?

 

家事の腰痛ストレッチ

 

 

以前YouTubeで腰痛解消ストレッチを投稿しましたので、そちらをご覧ください。

 

 

座ったままできる範囲のストレッチをご紹介していますので、誰でも簡単にできると思います。

狙いとしては先程説明しました、

 

=====
骨盤の前傾後傾は動いているのか?
膝はニーインしていないのか?
胸郭はしっかりと動いているのか?
お尻は硬くなっていないのか?
=====

 

を改善するのを目的としています。

 

まとめ

 

 

当然ながら、上記で説明した内容にに該当しない腰痛の方もいるかと思いますが、ひとつぐらいは当てはまるポイントがあるはずです。

 

特にニーインの部分なんか、女性の方のほとんどはなっているのではないかと僕は感じます。

 

そういった小さな積み重ねを少しずつ排除していき、家事での腰痛を解消していきましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【便秘】うんこが出ないと腰痛になるリスクが高くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

便秘とは、3日以上便が出ない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態のことを言います。

実は便秘は腰痛や下肢の痺れに繋がることもあるんですよ。

便秘と腰痛

 

腸と腰は位置的に考えても密な関係性があります。

腰の前側に腸がありますもんね。

 

そして、腸と周辺の筋肉の隙間には腰の神経も通っているので、便秘で何かしら圧迫など刺激があると、痺れに繋がることもあります。

 

特に女性に多い便秘。女性が訴える腰の違和感などは、便秘による腸の不調が原因であることもじばしば・・・。

 

ただ強い痛みでない場合も多いので、「なんかだるいなぁ」という感じで気にせず放って置くパターンが多い気がします。

 

便秘解消

 

 

運動不足・冷え・食事などあらゆる原因で便秘になります。

どれが原因で自分自身が便秘になっているのかを知り、解消することが便秘解消の一歩になります。

 

また腸と腰は密な関係とお話ししてきましたので、裏を返せば、腰の筋肉の不活(歪み)で腸が動きにくくなっていることも考えられます。

 

つまり、腰周りの筋肉が硬くなっている(働いていない)ってことです。

 

食事の見直しや運動不足の見直しは当然ですが、筋肉を緩めるってこともひとつの手だと思いますよ。

 

まとめ

 

 

便秘は腰痛に繋がる!!これだけ覚えておいてくださいね。

そして便秘にならなように日々気を付けてお過ごしください。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【可能性】年齢関係なくカラダは成長する?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「年齢のせい」にする方は多いですが、この60代・70代女性の方々の話を聞いてもまだ「年齢のせい」にしますか?

 

①年齢を超えた成長(60代女性)

 

まずは60代女性のお話し。

 

僕のところに来られた当初は、猫背・変形性膝関節症・肩の痛みを抱え悩んでいました。

そして運動もあまりしたことがなく、ジムに通っているものの体力には自信がありません。

 

ですが、ジム通いを続けるプラス僕の指導を2回受けて1ヶ月。

本人もびっくりする程に体は変わっていきました。

 

「今までのトレーニングやストレッチは何だったんだろうと思いました。ちょっとしたコツで体がガラっと変わって嬉しいです!」

 

僕と一緒にやったのは1ヶ月でたった2回ですが、その間コツコツと僕が出した宿題を頑張っていたそうです。

60代だからと諦めるのか、それともこの方のようにコツコツを頑張るのかでは、たった1ヶ月で圧倒的な差になってしまいますよ。

 

②年齢を超えた成長(70代女性)

 

次いで70代女性のお話し。

 

数年間僕と一緒にトレーニング&整体を受けてくださっていますが、年を重ねるごとに体が進化しているんです。

 

先日もご本人には内緒で、1年前にできなかった(辛かった)トレーニングをやって頂くとサラッといとも簡単にできるようになっていたんですよね。

 

「えっ!?1年前このトレーニングできませんでしたっけ?自分でも筋肉が年々ついていくのを実感していますが、この年齢になってもでできなかったことができるようになるのって嬉しいですね」

 

「周りの友達は“年齢を重ねるごとに出来なくなることが増えた”と言っているのに私は“年齢を重ねるごとに出来ることが増える”って言える体でよかった」

 

恐らくこの方は同年代の女性よりも遥かに体力・筋力があると思います。

それはコツコツと僕と一緒に頑張ってきたからです。その結果が今の体なんです。

 

70代になってもコツコツ頑張れば必ず体は変わってきます。

出来る体でいたいのか、出来ない体でいたいのか?あなたの選択は今まさに迫っているのかもしれませんよ。

 

まとめ

 

「年齢のせい」にしているのは、あなたが今までやってこなかった代償を年齢に置き換えているだけなのかもしれませんね。

 

自分自身の体の結果を変えるのは、今のあなたの行動です。

たったひとつの行動ですべては変わっていきます。

 

今回紹介した60・70代の女性は特別ではありません。

あなたにもその可能性が大いにあるってことです。

「年齢のせい」にしてまだ逃げますか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

トレーニング

【指の痛み】腱鞘炎やバネ指などは腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

女性に多い腱鞘炎やバネ指。

症状が悪化すると指の曲げ伸ばしもかなり辛いものがありますよね。

 

しかも指って普段から使う部位なので余計にしんどいし「安静にしましょう」と言われても安静にできないのが指の症状ですよね。

 

でも実はこの指の症状は、ある部位と関係しているんです。

それがタイトルにもあるように『腰』と関係しとることが多い。

僕が見てきた方のほとんどが腰周りに何かしらの症状を抱えていましたし、腰の症状を緩和させると指の症状も緩和することが多々あったんですよ。

 

なので僕の中では指の症状であっても腰も治療範囲のひとつなんですよね。

もちろん腰だけを見るのではなくて指に直接関係する部位も見ますよ。

それを踏まえた上で腰もみていくことで指の症状も緩和しやすくなってきます。

 

じゃあなぜ腰が指の痛さと関係しているのか?ってこと。それは、

 

=====

指の痛みは姿勢と大きく関係しているから

=====

 

なんです。仮にあなたに指の痛みがあったとします。

その時に思い切り猫背の姿勢をして指を動かすのと、姿勢を正して指を動かすのでは指の痛さは変わってくるかと思います。

これが指と姿勢は関係しているという証拠です。

 

で姿勢で変わるってことは、指に症状があるんかもしれませんが指以外にも原因が存在する可能性があるってことがわかってきますよね。

 

なので姿勢の土台でもある腰に症状として痛みが出てきとる方が多いんです。

姿勢不良になれば必然的に腰に負担は増えますからね。

だから腰の症状を緩和させると連鎖的に指の症状まで緩和することがあるんですよね。

 

ってことでもし指に痛みを感じてきたなって方は姿勢を見てみてるのと、腰の症状も緩和させるように励まれるといいかもしれませんよ。

指だけに着目するんじゃなくて姿勢や腰もみていくと少しでも早く指の症状が変わってきます(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

ケア

【年齢】70代になっても輝ける人生を歩むために!

 


 

先日お客さんが70歳の誕生日を迎えました。

60代から70代へと新たな幕開けです。

「60代と70代では気持ちも変わりますか?」

「全く違います。70代は自分の気持ちに素直になることが目標!」

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日晴れて70歳になられたお客さん。

60代は腰の痛みに悩まされていましたが、僕とのトレーニングなどを通して今では腰の痛みなく元気過ごされています。

そして年を重ねるごとに心身共に強くなっていると僕は感じます。

腰の痛みが緩和されることでやりたいことに挑戦できるようになり、気持ちも前向きになられたんだと思います。(僕はね)

 

この方を見ていると「年齢は関係ない。やりたいことの障害になっている“痛み”を改善することで自然と心身ともに活力が溢れてくる!」と素直に感じます。

 

恐らくこの方は70代に入りさらに元気になっていくと思います。

そして新たなことにどんどん挑戦されるでしょう。年齢なんて関係ないんです。むしろ年齢を重ねるごとに強くなっているわけですから。

 

あなたも「年齢のせいにせず、やりたいことの障害を改善しませんか?」

ここに着目していくと年々若返っていくはずです。

それに楽しいことがたくさん見つかるでしょう(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛

【歩く時の痛み】内もも付け根が痛む原因とは?

 


 

「歩くと内ももの付け根が痛いんですが原因は何でしょうか?」

という質問を頂いたのでブログでも紹介していきますね。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

歩くと内ももの付け根の痛みで悩む女性。

歩く度に痛むんで歩くのが嫌になりそうとのこと。

 

 

「だから毎日内もものストレッチをしているんですが、あんまり効果がわかりません!」

よし、じゃあ実際に歩いてみましょうか。ってことで歩いてもらうことに。

 

 

「この時に痛いんですよ」

よく見ると歩く時の左右のバランスが悪い。

この方は左の内ももが痛かったんですが、歩く時に左足にずっと体重が乗っているんですよね。

つまり、ずっと左足に体重が乗ったまま歩いているということになります。

そりゃ自然に足に負担は掛かるかもしれません。

 

 

ってことでワンポイントアドバイス!!

「右足を前に出したとき、右足側にしっかりと体重を乗せるように歩いてください」

つまり今まで右足に乗っていなかった体重を掛ける練習をしたわけですね。

 

 

すると、

「えっ!?左足の内もも付け根が歩いても痛くなくなりました!!」

ということは、施術をするよりもまずは歩き方を治さないといけないということですね。

 

 

なのでその歩き方を練習。

そしたら痛みなく歩けるし、階段の上り下りも痛みなく歩けました。

 

 

歩き方に癖があり過ぎると、体が異変を知らせてくれるんです。

もし中々治らない症状は今回の方みたいに歩き方が原因になっているかもしれませんよ。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

腰痛

【圧迫骨折】痛みの強い腰痛、高齢者に多い脊柱の骨折とは?

 


 

圧迫骨折(あっぱくこっせつ)って聞いたことがありますか?

高齢者の女性に多い症例なんですよ。

そして強い腰痛を訴えるケースもあるんです・・・。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

圧迫骨折は、脊柱にある椎体と呼ばれる骨が負荷に耐えれなくなり、椎体が潰れてしまうことを言いいます。

 

 

最初に言ったように、高齢者の女性に多い症例です。

それに骨粗鬆症があるのなら尚更圧迫骨折の確率は上がります。

 

 

圧迫骨折になってしまう原因として多いのは、何かにぶつかったり、転げたり、外部からの衝撃でなることが多々見受けられます。

主な症状としては、

 

=====

腰や背中に強い痛み

寝返りで痛い

背中や腰が以前に比べ丸くなった

=====

 

でしょうか。

普通の腰痛とあまり変わらないケースもあるので、心当たり(転げたとか)がある場合は必ず病院へ行きましょう。

 

 

そして痛みが引かない場合は、病院でレントゲンを撮り骨の異常を確認します。

ですが急性期の場合、軽症だとわからないこともあります。

なので痛み止めや湿布といった処方のみで終わる場合も。

 

 

しかし痛みが引かず数週間後に再検査すると「圧迫骨折です!」と診断されることも。

だいたい2~3週間ほどするとレントゲンでもはっきりとわかるようになるそうです。

そして基本的にレントゲンではなく、MRIで調べると見落としが少ないと言われています。

 

 

それに痛みの度合いも人それぞれなんです。

痛みが強い人もいれば、弱い人もいます。

背中が大きく曲がっている高齢者の人は、知らない内に圧迫骨折していて知らない間に完治しているということもあるぐらいです。

(※圧迫骨折が原因で背中が曲がることもあります)

 

 

 

なのでもし高齢の女性で、転げてから腰や背中がずっと痛い場合は、圧迫骨折も疑った方がよくて、病院でMRIで見てもらった方がいいよ。

それに含め、骨粗鬆症なら絶対に一度病院で診察してください。

まさか圧迫骨折だとは思わず、そのまま過ごしとる人もいますからね。

 

 

でも病院に行っても結局圧迫骨折の治療って相当ひどくない限り安静にするのみ。

まぁ固定もありますが、脊柱を固定ってほぼ無理なんです。

軽度の場合、安静が第一の治療になるかと思います。

 

 

そんな感じで注意しとってもなってしまうのが圧迫骨折。

ただ圧迫骨折の治療後は、めちゃくちゃ注意が必要なんです!

下記の図を見てください。

 

 

図でわかるように、体への負の連鎖が起きるきっかけになるんです。

圧迫骨折になってもその後の対策をしっかりとろうね。

じゃないと他の部位もどんどん弱くなっていきますよ。

病院で許可をもらえたら今すぐ動ける範囲で動いておこう!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :          

腰痛

【内股】細い脚に憧れる女性がハマる罠とは!?

 


 

女性に多い内股。

この内股に憧れて過ごしていると大変なことになりますよ!!

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

先日妻から聞いてびっくりした話しがあります。

「職場の女の子(20代)が内股になんだけど、理由がね、「周りの友達が内股で可愛かったから真似したら治らんくなった」んだって!」とのこと。

そんなこと本当にあるの!?と驚きました。

 

 

確かに昔、「モデルが内股で細い脚している」からという理由で若い女の子に内股が増えているという記事?を見たことがあります。

ですが実際にそういう人がいたとは正直びっくりです。

 

 

でも内股って体にとって一つもいいことないんですよ。

内股でいれば悪いことばかり起きます。

 

 

腰痛や膝痛の原因にもなりますし、足だって本当は太くなるんですよ。

恐らくモデルとかは撮影時だけそういうポーズをしているんだと思います。

実際に内股で過ごしていたら足が太くなるはずですから。

 

 

それにランウェイみたいな裏では、身体をケアする人がいて、歩いたモデルをケアしているって話しも聞いたことがあります。

要は歩くだけでそれだけ負担が掛かっているってことですよ。

多少なりとも可愛く見せるために無理しているんです。

 

 

表だけを真似せずに裏もしっかりと見てそこを真似しましょう。

裏では綺麗な足を保つために相当な努力をしているはずですからね。

 

 

ってことで、内股は今すぐにやめましょう!

本当にいいことないですよ。

腰や膝を痛めてしまう前にね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛