広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛の原因となる関節の不動とは!?関節の動きに注目してみよう!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

腰などの痛みには、様々な原因がありますが中でも

《関節の不動》ってのが原因になることが多くあります。

 

 

つまり、関節が動かない(にくい)ということですね。

 

 

ここを解決していくと腰痛だけではなく、あらゆる痛みに対応できます。

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • 痛みの原因《関節の不動》とは?
  • 関節の不動を解決するには?
  • まとめ

 

 

という流れでブログを解説していきます。

腰痛など痛みで悩んでいるという方は、読んで損はないと思いますので、ぜひ見てくださいね。

 

 

痛みの原因《関節の不動》とは?

 

最初にもお伝えしたように《関節の不動》とは、関節が動かない(にくい)という意味です。

 

 

これは、全く関節が動かないという訳ではなく、一方向の動きが悪い場合でも同じ意味になります。

 

 

腰で言えば、「曲げる・伸ばす・捻る・倒す」などの動きの中で、どれか一つでも悪ければ関節の不動。

不動の期間が8週間も続けば、慢性痛へと繋がります。

 

 

そして、これが起こる原因として、特に多いのが姿勢です。

 

 

 

姿勢には色んな種類がありますが、猫背なども有名ですよね。

こういった姿勢の崩れが長く続くことで、動かない(にくい)関節が出てくるわけです。

 

 

関節が不動したその先・・・

 

 

関節の不動が続くと、その関節周りの筋肉が崩れ始めます。

 

 

さらに長い期間が続けば、崩れた筋肉がその関節以外に影響を与え始めます。

つまり、その他の場所に痛みが発生してしまうわけですね。

 

 

これが、腰が痛い→膝が痛い→肩が痛いみたいな流れを作ってしまい、常に身体の何処かが痛む状況になります。

 

 

関節の不動を解決するには?

 

説明した流れで痛みがでている場合、揉みほぐすだけでは限界があり、筋肉を鍛える必要があります。

 

 

バランスの崩れた筋肉を正常に戻し、関節の動きをできるだけ戻してあげないといけないんです。

そうすることで、筋肉が関節のレールを作り、関節の動きを体が覚え始めます。

 

 

そして、動き始めた関節をそのままにせず、しっかりと目一杯動かす必要があります。

だって動き始めても、動かさないとまた《関節の不動》に戻ってしまいますよね(^^;

 

 

関節を動かす筋肉のレールを自分自身で作り上げていきましょう!

 

 

でも頑張ってレールを作った後に、さぼったらダメですよ!!(笑)

 

 

まとめ

 

 

今日のブログをまとめるとこんな感じです。

 

 

  • 関節の動きが悪いと痛みに繋がる
  • 関節周りの筋肉バランスが崩れる
  • 関節を動かす筋肉のレールづくりを積極的に!

 

 

になります。

日々の努力が大切になってきますね。

 

 

自分の体は自分で治す!!

 

 

そういった気持ちを少しでも僕は持ってもらいたいです。

 

 

痛みがひどくなる前に、予防・対策もしておきましょうね。

もしよかったらYouTubeでは、腹筋をしない腰痛予防のトレーニングなどを投稿していますので、ご参考にしてみてください。

↓↓

http://bit.ly/2VlpytE

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :            

腰痛

痛みを減らすための正しい歩き方とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

正しい歩き方

GWいかがお過ごしでしたか?

 

旅行に行ったり楽しまれたかと思います。

 

僕には連休はありませんでしたが、休みはあったので備北丘陵公園で糸づくりを体験しました。

 

 

糸って作るの難しいし、時間掛かるんですね。

 

当たり前か(^^;

 

ちなみに糸づくりを教えて下さった方の服は、その糸から作られたらしいです。

 

肌触りもよかったですよ。すごいですね。

 

さて、僕の糸づくりの話はさておき、歩き方でしたね。

 

よくテレビや雑誌とかで正しい歩き方ってやってますよね?

 

 

見たことあると思います。

 

その中でよく言われる3つがありますよね。

 

=====

 

①腕を大きく振りましょう!

②足をしっかり上げましょう!

③姿勢よく歩きましょう!

 

=====

 

どうですか?よく聞きませんか?

 

僕だけですかね?笑

 

恐らくよく聞くと思います。

 

この3つがよく言われていることなので、みなさんこの3つを意識して歩かれているかと思います。

 

毎日のようによく歩いている方はそうじゃないですか?

 

実はこの3つの歩き方のポイントって間違っているんです。

 

知っていましたか?

 

間違って歩き方

 

それが先程挙げた3つですね。

 

=====

 

①腕を大きく振りましょう!

②足をしっかり上げましょう!

③姿勢よく歩きましょう!

 

=====

 

では何が間違っているのか簡単に説明していきますね。

 

①腕を大きく振りましょう!

 

なんですが、そもそも歩く時に腕から振りません。

 

でんでん太鼓を思い浮かべてみてください。

 

紐の部分が腕で、太鼓が胴体、持つとこが体の中心だとしてくださいね。

 

 

でんでん太鼓で言う紐の部分をいくら振っても他の部分は動きませんよね。

 

体も同じなんですよ。

 

全く同じです!かと言うと全然違いますが、その辺りは多めに見てください。

 

あくまで、噛み砕いた例ですからね。

 

つまり何が言いたいかというと、腕を大きく振っても体が動いていなければ意味がないってことです。

 

逆を言えば、歩いている時に体(骨盤とか)がうまく回れば腕は自然に振れます。

 

なので、体も回っていないのに腕ばかり振ると意味がないし、逆に痛める可能性もあるってことです。

 

続いて、

 

②足をしっかり上げましょう!についてです。

 

 

足を上げましょう!と聞いたらどういう風に歩きますか?

 

恐らく、太ももをいつもより高く上げて歩くと思います。

 

これが膝を痛める原因になることもあるんです。

 

なぜか?についてですが、単純に太ももを上げ過ぎると膝への負担が増えるからです。

 

それにそんなに太もも上げて歩かなくても大丈夫ですよ。

 

また、腰が丸くなっている方は、太ももで上げれずに上半身の反動を使ってしまう方もいます。

 

つまり、猫背を助長することになります。

 

 

他にもありますが今回はこれぐらいで。

 

最後に、

 

③姿勢よく歩きましょう!について。

 

 

これは、意識し過ぎな方多いですよね。

 

特に女性は多い気がします。

 

逆に意識し過ぎて、胸を張り過ぎ、上半身が軽く反ったような感じになる方までいます。

 

でもこれって気付いていない方多いんです。

 

「姿勢よくしなくっちゃ」って頭の中にあるんでしょうね。

 

でもそうなると、体全体に力が入ってしまうんですよね。

 

力が入るとうまく足もでないです。

 

大袈裟に表現すると、ロボット歩きみたいな感じになりやすいです。

 

そうなると各関節への負担も自ずと増えていくんです。

 

だから姿勢をよくして歩くのはダメなんです。

 

一見綺麗な歩き方に見えますが、よく見るとぎこちなく歩いてますよ。

 

 

どの歩き方がいいの?

 

色々な情報がある中で、一体どんな歩き方がいいんでしょうか?

 

=====

 

①腕を大きく振りましょう!

②足をしっかり上げましょう!

③姿勢よく歩きましょう!

 

=====

 

この3つから言えることが1つあります。

 

それは、

 

=====

 

力を抜いて歩くこと

 

=====

 

です。

 

意識し過ぎて変なところに力が入りすぎないようにしましょう!

 

その意識が体を壊しているかもしれませんよ。

 

もっと詳しく知りたい方は、5月26日におこなう歩き方教室でお伝えいたします。

 

 

詳細はこちら

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ウォーキング 腰痛

前にかがむ(前屈)・後ろに反る動きのときに腰が痛いのはカラダの動かし方が悪いだけで解決すれば治る? 270

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛いときのカラダの動かし方

 

腰が痛いときって

カラダを極力動かしたくないですよね。

 

もしくは

ゆっくりゆっくり慎重に

動かしていくと思います。

 

普通に、ごくごく普通

動けるだけでいいって

思いますよね。

 

痛みが少しでも減ればいいのに、、、

 

毎日毎日願っていると思います。

 

その思いはわかりますが

腰で悩んでいる多くの方は

カラダの動かし方自体が

痛みを強くしている可能性だってあります。

 

腰に負担の掛かるような動作を

繰り返していくことで

さらに腰が痛くなるってこともありえます。

 

今回は簡単な動きを

みていこうと思います。

 

前にかがむ&後ろに反る

 

 

写真のような動きをしたときに

『痛い』って感じる方も多いと思います。

 

先日の勉強会でもお伝えしたんですが

この写真は腰を痛める動かし方をしています。

 

なので、日常生活内でも

腰に負担が多く掛かっていると

考えられます。

 

『どこが悪いんですか?』

『普通に反れてるじゃん』

 

と思われていると思います。

 

実はこの写真の反り方は

腰を動かしていません。

 

普通反ったりかがんだりすると

腰は水平移動をします。

 

 

この水平移動がうまくできれば

股関節・膝関節・足首

と動き始めます。

 

すると

腰への負担は全く違います。

 

実際にやってみてください。

 

腰の違和感減りませんか?

 

これが腰の痛みを抱える方の

動かし方です。

 

これの動きを続けている限り

ずっと痛みを抱えたままだと思います。

 

トレーニングだけではなくて

こういったカラダの動かし方も

慢性的な痛みを解決するヒントになります。

 

がむしゃらにトレーニングするだけじゃなくて

無理なく負担の少ない動かし方をするだけで

もしかしたら痛みが減るかもしれません。

 

そういった可能性だってありえます。

 

実はトレーニング中も同じなんですよ。

 

YouTubeとかで動作をマスターしたとしても

カラダの動かし方がよくなければ

全く効果がない、逆に痛める

ってことは十分にあることです。

 

 

だから僕はトレーニング中は

カラダの動かし方を指導に

取り入れています。

 

普段意識しない部分でもあるので

単純な動きでも

結構難しいんですよね。

 

それでもやっていけば

少しづつでもできるようになります。

 

あなたも負担の少ない

カラダの使い方をしていきましょう。

 

少しは痛みが減ることを祈ってます。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :             

ケア トレーニング