昇降 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】階段昇降で膝が痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝が痛む時って、階段の上り下りが辛いですよね。

1歩1歩踏み出すたびにズキっと痛みを感じ、手すりを持ちながらそ~っと階段を横歩きしていないですか?

 

階段で痛む原因

 

階段昇降時、膝には大きな負荷が掛かります。

自分の体重が何倍にもなって。それに加え、関節のズレによる負荷も出てくるんです。

 

 

上記写真ではわかりにくかもしれませんが、足を二分割(太ももと膝下)した図と見てください。

 

膝下は階段を上ろうと上に力が加わっていますが、逆に太ももは前下方への力が強くなります。

 

このときに後十字靭帯など膝を支える靭帯が緩いと、膝関節のズレは通常よりも大きくなり、ガクッと膝が折れるようになったり、膝の痛みへと繋がっていきます。

 

階段が楽になる方法

 

 

先程お話しした靭帯を鍛えることは実質不可能なので、靭帯と関与している筋肉を鍛えることがいいと思います。

それに加え、他関節との連動性や機能を高めるのも必要になりますが、今回は筋肉に絞っていきましょう。

 

まず膝に関する靭帯と最も関与している筋肉は、『ハムストリング』という筋肉です。

聞き慣れない筋肉かもしれませんが、太もも裏にある筋肉のことです。

 

 

膝を曲げる+膝下を内or外に捻ることで選択的に鍛えられます。

 

ここの筋肉は靭帯の機能と深く関わっているので、靭帯が緩い場合は必ずと言っていいほど、ハムストリングを強化していかないといけません。

 

なので太もも前の強化よりも、太もも裏の強化がかなり大切ですよ。

 

まとめ

画像5を拡大表示

 

階段が辛い場合は、膝関節の靭帯に関与しているハムストリングを鍛え強化しましょう!

整体で筋肉などをほぐすだけよりも、鍛えることも忘れずに行いましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

膝痛

膝が痛くて病院に行く前にこの筋トレをして、膝の痛みを改善しましょう!

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

階段を上り下りのときに膝が痛い、膝を曲げると痛いとか膝痛で悩んでいる方は、腰痛の次に多いんです。

 

 

そして膝痛の方には、ある特徴があります。

それはお皿(膝蓋骨)の動き太ももの筋肉(大腿四頭筋)の動きが悪いことです。

 

 

ここの2つの動きを変えてあげることで、膝の痛みは今よりも楽になると思います。

今回はそんな膝痛を改善させる簡単なトレーニングをご紹介いたしますね。

 

 

膝が痛くて病院に行く前にこの筋トレをして、膝の痛みを改善しましょう!

 

多くの場合ですが、病院に行っても湿布とか痛み止めで終わるなんてパターンが多いんです。

でもこれだと根本的な改善とは言えませんよね。

 

 

そもそも最初に言ったように、お皿と太ももの筋肉の動きを変えなければいけないんです。

この動きが変わるだけでもグッと痛みは減ることが多いですよ。

 

 

早速その膝痛改善トレーニングをしていきましょう!

 

 

膝痛改善トレーニング

 

 

 

動画はご覧になりましたか?

たったこれだけでいいんですよ。

 

 

今回の動画のポイントをまとめると下記になります。

 

・膝を伸ばすように力を入れる

・腰をしっかりと立てる

・足首を立てる

・お皿が動いているか確認する

 

になります。

トレーニング方法はいたってシンプルですが、ポイントを抑えないと効果が全くありません。

 

 

ここでの1番のポイントは「腰を立てる」ことですがその理由としては、

 

・腰を立てる

→大腿四頭筋は4つの筋肉で構成されており、その中の大腿直筋と中間広筋が膝に悪さをしています。

→この2つをうまく動かすためには、腰を立てなければいけません。

→しっかり立てないと、大腿直筋のみが動くので全く効果がありません。

 

ちょっと難しく説明してしまいましたが、要するに筋肉を正しく動かすために腰を立てないといけないんです。

 

 

それと、お皿の動きも見てあげてくださいね。

ほんの少しだけお皿が上に引っ張られるはずですから。

 

 

このトレーニングがうまくできている時と、うまくできていない時では力の入り方の違いが感じられるかと思います。

この違いを理解していないと、いくらやっても無意味なトレーニングになってしまいます。

 

 

シンプルなトレーニングほど、ポイントを抑えてないと効果がないんですね。

膝痛を改善させるためにもポイントを抑えながらやっていきましょう(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

トレーニング動画