歩く | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【健康】歩く力は何歳になっても絶対に衰えさせてはいけない!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『歩く』これは人生にとって最大のテーマかもしれません。

 

何故なら人間は、歩行する動物だから。

 

歩く力が衰えるということは、日常生活に大きな支障をもたらすことでしょう。

 

歩く力を見くびるな!

 

年齢を重ねるにつれ、筋肉なども低下し、必然的に歩く力は衰えますが、必要最低限、歩く力が弱くならないように気を付けなければいけません。

 

何かしらの怪我や病気などやむを得ない事情があれば仕方のないことかもしれませんが、それ以外《老い》で全くの寝たきりにならないように。

 

歩く喜び

 

 

僕のお客さんの中には『昔みたいに歩けるようになりたい!』と目標を掲げていらっしゃる方が数名います。

そしてこの間のその中のお一人から嬉しいお声を聞くことが出来たんです。

 

「先日数年ぶりにデパートに一人で行って、端から端まで歩いて買い物してきました」

 

この方は腰の怪我により、歩くことが難しくなり、ご自宅内ですら歩くのがしんどくなり、一人での外出では必ず電動車いすに乗って移動されていたんです。

 

それが一人で歩いてお買い物とは・・・。

ご本人も自信が付いたようですが、僕も同時に嬉しいです!!

 

何気なく、普段なんとも思っていない方が多いと思いますが、歩くことって凄く大切だし、何歳になっても歩ける身体に感謝するべきなんですね。

 

歩く力におすすめトレーニング

 

 

歩く力のためにオススメしているトレーニングは、《スクワット》です。

 

僕の中ではこのトレーニングは、必須科目。

歩くためにはスクワットを数十回こなさせる力も必要なんですよね。

 

実際に先程ご紹介した方も、最初はスクワットができず、あまりしゃがむこともできませんでした。

 

ですが数ヶ月経ち今では、太ももは床と平行になるぐらいまでしゃがめるし、10回×3セットもできてしまいます。

 

ちなみにご年齢は80代ですよ。天晴です!!

 

まとめ

 

 

歩く力が衰えないように、日々努力しましょう。

 

ちなみに年齢を重ねてもスタスタ歩けている方は、僕が見る限り日頃から《歩く習慣》がある方ばかりです。

 

さらに言えば、なぜか多くの方が登山も少しばかり(趣味程度)かじっている方ばかり。

 

これが年齢を重ねた時に、差が出るひとつの要因なんだろうなと感じました。

今からでも遅くはありません。歩く力を養いましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【登山】広島で初心者におすすめの山はありますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

前々から「登山をやりたい!」と思っていたんですが、なかなか実行できず・・・。

 

ですが、先日ついに登山を実行できることになり、初心者に優しいと言われている【深入山】に一人で登ってきました。

 

 

初めて一人で山を登りましたが、意外といいものですね。

山頂なんか風も景色も気持ちよかったですよ。

 

次はどの山を登ろうかな?とすでに考えています。

 

 

ちなみにYAMAPというアプリで山を記録していますので、もし登録している方がいましたらフォローしてください。

フォロバしますので、YAMAPでも交流しましょう!!

 

https://yamap.com/users/2797851

 

僕は登山初心者なので、山を知りません。

ですので、もしおすすめの山をご存知でしたら是非教えて頂ければ嬉しいです。

 

ちなみにSNSで「初心者が登れるおすすめの山教えてください」と流したところたくさんのおすすめ山を教えて頂きましたので、こちらでもご紹介致します。

 

=====
武田山(安佐南区)
弥山(廿日市)
日浦山(海田)
十方山(廿日市)
極楽寺山(廿日市)
窓ヶ山(安佐南区)
三倉山(大竹市)
白木山(安佐北区)
広島湾岸トレイル
=====

 

と多く教えて頂きました。

僕としてはまず、SNSで教えて頂いた山から順に登っていきたいなと思います。

どこから登ってみようかな??

 

まぁ中には調べたら初心者向けではない物も中に含まれていましたが、そこは最後に(笑)

 

あなたのおすすめの山はありますか??

もしあれば是非教えてください。

 

そしてもし、YAMAPを登録していましたら、よろしくお願いいたします。

https://yamap.com/users/2797851

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

日常

【健康】老後になっても歩ける身体でいるための習慣

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

老化と共に、まず衰えていくのは下半身の筋肉です。

 

というよりも下半身の筋肉は上半身に比べ比率が多い分、落ちる割合も多いんです。

 

とある研究データによれば、20歳と70歳の上半身と下半身の筋肉量を比較した場合、20歳に比べ70歳は、《上半身が14%ダウン/下半身が40%ダウン》と出ています。

 

下半身は約半分も落ちるんです。ヤバいですよね。

 

だから老後、歩けるか歩けないかは非常に重要になってきます。歩ければ筋肉量の低下は抑えれますが、そうでなければ低下する一方ですから。

 

それに日常生活の質(QOL)も著しく低下していくでしょうね。

 

以前の記事で、『高齢者で健康(元気)方の多くは、歩く習慣(または登山)が身に付いている』と書きました。

 

これは下半身の土台がしっかりとできているから、高齢者になった時に圧倒的な差が出てしまうって話しでした。

 

 

僕の経験からしても、高齢者になる前から下半身の強化(歩く・登山など)を知らず知らずでも取り組んでいる方は、年齢を重ねた時、全く健康(元気)さは違います。

それに回復力もね。

 

近くで見ていて本当にそう思います。

なので、もし何かしら健康のために気を遣っているのであれば、僕としては、

 

=====
下半身の強化を優先するべき
=====

 

だと思います。

これは本当に最優先すべきです。

 

食事やサプリなどで気を遣っている方も多いと思いますが、その前に下半身ですよ。

これを忘れてはいけません。

 

強い下半身があってこその健康です。

そこから食事が活きるんです。

下半身の筋肉を忘れてはいけませんよ。

 

僕の祖母(87歳)も最近入院(数日ICU)し、心臓の手術をし、10日間で退院しましたが、多少ふらつきはあれど自力で歩いて病院を出れました。

 

これは祖母に今までの人生で『歩く習慣』があったからだと感じています。

 

実際にそうでない方が、祖母のように入院・手術すれば、歩行器・車椅子になっていたかもしれません。

 

これこそ下半身の筋肉量の差だと思います。

 

とにかく、健康健康言うのであれば、下半身の強化をお忘れなく!!

これこそが、健康の土台となるんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常

【膝痛】歩く時の膝の横揺れに気を付けよう!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛の方(変形性膝関節症)の特徴のひとつとして、歩く時に膝が横に揺れてしまう現象が発生することが多々見受けられます。

 

これは膝の痛みを悪化させてしまうので、要注意ですよ!!

 

膝痛と歩行

 

痛みのなく普通の場合、正面から見て膝(お皿の位置)は、左右には揺れず基本的に真っすぐのまま歩きます。

 

ですが、膝痛の方は、膝(お皿の位置)が、左右に揺れながら歩くんです。

正面から膝を中心に見てみると分かると思います。

 

この膝の揺れが、膝へのストレスを増やし、膝痛がなかなか改善しない原因になります。

 

膝周りをほぐしても、またすぐに膝が張ってしまう・痛みが戻ってしまうという方は、歩き方自体に何かしらのエラーが発生している可能性があり、そのひとつが膝の横揺れです。

 

もし膝が大きく横に揺れてしまっている方は、まずはそこを修正していくと膝の痛みは緩和していきます。

 

まとめ

 

 

変形性膝関節症の場合、O脚になり、横揺れはさらに加速していくでしょう。

 

膝周りの筋肉だけではなく、骨格の歪みなども修正していくことで、横揺れも痛みも緩和していきますよ。

 

まずはあなたの歩き方から見直してみましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

膝痛

【健康】日常生活内でできる運動で筋肉低下の予防

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

現在、年齢による筋肉の低下を“止める”ことは不可能です。

 

もうこれはどうしようもない事実。

 

20代の時の筋肉をそのまま80代までキープするなんてことは、絶対に無理ですよね。

そういうことです。

 

ですが、低下するスピードを“遅らせる”ことは可能です。

 

止めることはできなくても、遅らせることはできる。

この事実は、かなり重要なことです。

 

日常生活でできる運動

 

先程も言ったように、遅らせることは可能。

そしてそれを可能にするためには、『運動』が必要不可欠なんです。

現実問題、運動でしか解決策はありません。

 

飲むだけ、食べるだけ、着るだけ、貼るだけなどの甘い言葉に騙されてはいけませんよ。

 

それらは根本の部分を欠如させ、あなたの筋肉が低下するスピードがさらに加速させていきます。

 

ですが多くの方が、この甘い言葉にハマってしまうのも事実・・・。

 

それよりも日常でできる運動を積極的にした方が、お金も掛からないし、効果が桁違いにあります。

そこを知り、受け止めた方は、今から僕がお伝えする運動を積極的に取り入れましょう。

必ず体は変わります。

 

=====
歩く・立つ・スクワット
=====

 

以上です。

これだけを意識すれば身体はどんどん変わります。

座る時間が長い方なんか特にね。

 

1日の座る時間を減らし、立っている時間を増やすだけでも全然違いますよね。

 

このように日常生活できるかなり簡単なことで、身体は効果的に変わるので、是非積極的に取り入れてほしいです。

 

まとめ

 

 

日常生活でちょっと意識したらできるレベルの運動、

 

=====
歩く・立つ・スクワット
=====

 

この3つをどんどん取り入れてみてください。

本当に身体変わりますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【歩行】正しく歩くために本当に必要なこととは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたは正しく歩けていますか?

正しく歩けていれば、体への負担は減り、腰痛・膝痛などの痛みも軽減していくかもしれません。

そのポイントを少しお伝えしますね。

 

正しく歩くポイント

 

基本的に正しく歩けていない方は、支持基底面に体重がしっかりと乗っていないことが第一に挙げられます。

ちなみに支持基底面とは、身体の床面に接している部分の外周により作られる広さ(領域)をいいます。

 

 

簡単に言うと、両足でバランスを取れる範囲とでも言いましょうか。

ここに乗れると歩行の後半もバランスよく歩くことができますし、体への負担を減らすことができます。

 

ですが歩き方が悪い方、もしくは膝や腰に不安のある方の多くは、この支持基底面からズレて歩いている方が非常に多く見受けられます。

例えば膝痛の方は、左右にブレて歩くことが多く、支持基底面からズレて歩いていることがわかると思います。

 

このズレが徐々に体への負担を増やしていきます。

なので、あなた自身がちゃんと支持基底面内で歩いているのか確認してみると、歩き方が悪いから膝や腰が痛んでいたんだとわかると思いますよ。

 

まとめ

 

 

腕を振る、足を大股で。など言われていますが、その前にそもそも支持基底面に重心がなければ意味がありません。

まずは支持基底面に乗っているのか?を確認しましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

ウォーキング

【運動】歩くことに一工夫すると効果的!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

毎日同じ運動をすることはとてもいいことです。

ですが、たまには違った刺激が必要になる時が来ます。

というか必要になってきます。

 

僕もコ〇ナ禍で出来なかったソフトを久し振りにやったらあちこち体が痛みます。

多様性の必要性を個人的にもひしひしと感じております(笑)

 

運動の多様性

 

例えば多様性で身近なことと言えば、歩くこともある工夫をするだけで、違った刺激を与えることが可能です。

それが『道』です。

 

=====

・毎回舗装された綺麗な道を歩くのか?
・舗装されていない凸凹道を歩くのか?
・山道(獣道)を歩くのか?

=====

 

これだけでも刺激は全く違ってきます。

仮に凸凹道で歩けば、足の関節は舗装された道以上に動きますし、足の関節が動けば膝や腰、体幹部だっていつも以上に働くことになります。

 

これが運動の多様性です。

 

もちろん他にも種目やスピードなど色々と多様性はあるかと思いますが、まず身近でかつ簡単にできることと言ったらこれです。

 

ただ道を変えるだけで体への刺激は変わってくるんですから、簡単なもんですよね。

 

まとめ

 

 

いつもの運動に何を加え、変えていくのか?とても簡単なことで、とても難しい。

でも運動の多様性は必ず必要になってきますから、体には様々な刺激を日々与えていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

ケア トレーニング

【高齢者】歩行時にバランスが崩れふらついてしまう原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

歩き方も指導していますが、高齢者の場合「歩いている時にバランスが崩れやすく、ふらついてしまうので歩くのが怖い」という方も中にはいらっしゃいます。

 

その怖さ故に、だんだんと歩くことから遠ざかり、余計にふらつきが増してしまうこともしばしば見受けられます。

 

このようにならない為に、そもそもなぜ歩くとふらつくのか?原因をちょっと違った視点から探っていこうと思います。

 

接地時間の長さ

 

まず考えられるのが、足(の裏)が地面と接地している時間の長さです。

高齢者でバランスが崩れるような歩き方をしている場合、バランスを取ろうとするあまり、地面との接地時間が長くなってしまいます。

 

「時間が長くなるといいのでは?」

 

と思うかもしれませんが、逆です。

片足を前に出している状態で、バランスを取るのって高齢者でなくても結構難しいんですよね。

 

なので通常、歩行時は、前に出した足の次にはすぐ、後ろの足が前に出てきます。

これを素早く繰り返すことで歩けていますよね。

 

ですが、バランスが悪くふらついてしまう方の場合、この1歩1歩の(接地)時間が長くなり、バランスを取るのに必死になるという悪循環が起きてしまいます。

 

歩くというよりも、綱渡りしている状態で歩いていると想像しやすいでしょうか。

 

接地時間を短くする

 

ふらつきを減らし、バランス良く歩くためには、この接地時間を今よりも短くしないといけません。

そのためにどうすればいいのか?ということですが、答えは簡単です。

 

=====
腕を大きく振ること
=====

 

たったこれだけです。

バランスが悪い方は、足元ばかり見ており、怖さから足をゆっくりと前に出し体重を掛けるように歩きます。

上半身に意識は全くありません。

 

ですが逆に、足は意識せず、腕に意識を持っていき、腕を大きく振ることに集中することでバランスは安定していきます。

 

安定する要因としては、人間の構造上、腕を大きく振ると、足は勝手に前に出ようとします。

それに腕を先行的に振っているので、足もそのペースで前に前に出ていきます。

つまり腕を振ることで、

 

=====
① 足が前に出やすくなる
② 地面の接地時間が短くなる
=====

 

というメリットが生まれます。

こうなればバランスを取る時間も減るので、自然とふらつきも減っていきます。

 

ただし、筋力が著しく低下している方や、関節に支障がある方などは、腕を振る前にまずはそこから改善していくべきですよ。

全ては順番です。

 

まとめ

 

バランスが悪く、ふらつきながら歩いてしまう方は、まず腕を大きく振りながら歩いてみましょう!!

最初のステップはそこからですよ。

 

足が勝手に早く出ることが怖いかもしれませんが、徐々に慣らしていき、筋力もつけ、スタスタと歩ける体を目指し地道に頑張っていきましょうね。

 

諦めなければ大丈夫!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ウォーキング

【膝痛】足首が固いと膝が痛くなりますよ!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

足首が固い方ってめちゃくちゃ多いです。

ただ足首が固くなると膝痛の原因にもなることを知っている方は少ないと思います。

あなたの足首はちゃんと動きますか?

 

膝痛と足首

 

足首が固い場合、日常生活内で膝に負担が大きく掛かるようになります。

ちなみに背屈(はいくつ)という足首を曲げる動きが著しく固くなる方が膝への負担が増えていきます。

 

なぜこの動きが悪くなると膝痛へと繋がるのかというと、歩く動作に非常に大切な動きだからです。

この足首の背屈ができないだけで歩けば歩くほど膝は一気に悪くなっていきます。

 

歩行と足首

 

歩く時、足首の背屈という動きが常に付きまといます。

その理由として、この図を見てみてください。

 

 

左方向に進む時の左足首にフォーカスしたイラストです。

前に進むことで、足首が背屈(曲がる)しているのがわかるかと思います。

 

これがめちゃくちゃ重要で、足首が固い方はこの機能が破綻してしまいます。

足首の機能が破綻した代わりに、膝がその役割を果たそうとし、膝への負担は増えていくんです。

足首ひとつの動きで怖いですよね。

 

まとめ

 

足首は年齢と共に固くなりやすいので、日頃から足首周りのストレッチなどを取り入れるなどして固まらないようにしておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

ケア

【歩き方】足を出すより腕を振れ!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

よく歩いている方で「大股で歩くようにしています!」って方がいますよね。

ただ大股で歩くのはいいんですが、その前に腕をちゃんと振っとていますか?

足を出す前に腕をしっかりと振れていないと体に負担が増えるだけかも!?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

実は人間は、腕をしっかり振るとその分、足が勝手に前に出てくるような仕組みになっているんです。

実際に歩いている時にやってみるとわかるかと思いますし、早足になったら余計に感じるかもしれません。

 

これは腕を振ることで体に回旋(捻る)動きが入り、足がスムーズに出るようになっているんです。

 

でも逆に腕を振らずに足を出すばかり意識していたら、全身の回旋はできずに主に下半身だけで歩くようになってしまいます。

これだと腰や膝への負担は増えていくことになるし、疲れやすくなるんです。

 

=====

なので足を大股で出しながら歩く前に、腕を振って歩くこと。

特に前ばかりじゃなくて後ろにも振ってあげること。

=====

 

ただ振り過ぎ注意ですけどね(笑)

そうすれば自然と足は前に出ていくし、いつもよりスピードも上がっていきますよ。

足ばかり意識している方は、腕を意識するようにしてみてね。

体は変わっていきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

ケア