広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

歩き方が間違っているから、腰や膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は去年の4月から毎月、「歩こう会」を開催しています。

腰や膝などに痛みを抱えている方、体力に不安のある方が参加しています。

 

そして、毎月開催することで、腰などに痛みなどを抱えやすい方の特徴を見つけました。

それは、「体重移動」です。

 

今回のブログでは、腰などに痛みを抱えないための歩き方をご紹介していきます。

 

  • 痛みを抱えやすい歩き方とは?
  • 歩き方を変えるためには?
  • 一生自分の足で歩くためには?

 

という流れでブログを解説していきます。

歩き方などで悩むあなたの役に立つ情報をお伝えしますので、ぜひ読んでくださいね(^^)

 

 

き方が間違っているから、腰や膝が痛くなる!?

 

腰などに痛みがある方は、体に負担の掛かりやすい歩き方をしています。

ここを修正することで、負担は一気に減っていくんですよ。

 

みがある方の歩き方の特徴

 

最初にも書きましたが、「体重移動」がうまくできていないのです。

ここを今から説明していきますね。

 

本来、歩く時には、体重(骨盤)が前方に移動していきます。

後ろに移動はしませんよね(^^;

 

そして、体重移動により前にスムーズに進み、歩いています。

これが、一般的な歩く時の体重移動です。

 

次の写真は、この赤線が体重移動の線だと思ってください。

 

 

次の1歩のときに、前に移動しますよね。

そうすると、、、

 

 

こうなるわけです。

体重がうまく前に移動し、赤線が比較的きれいな三角形になっていますよね。

 

でも痛みがある方というのは、体重が後ろに残ったまま、歩いています。

これが、痛みのでる大きな原因なんです。

 

 

赤線の三角形が、少し崩れていますよね。

体重移動がうまくいっていない証拠です。

 

原因としては、

 

  • 左の股関節が伸びない
  • 右の足首が硬い
  • 姿勢が悪い

 

などが挙げられます。

写真は大袈裟に見えますが、結構こういう方いるんです。

 

このような体重移動の仕方を変えるだけで、負担は変わります。

簡単そうですよね(^^)

 

き方を変えるために

 

体重移動の練習をするだけです。

簡単ですよね。

 

でも本当は、股関節の動き・膝の動きなども加味しないといけません。

でもそれらは、体重移動の練習で改善されていくのです。

 

初歩の練習としては、1歩をひたすら練習するに限ります。

例えば写真で言えば、「左足を出す→左足に体重を掛ける」これをくり返すのです。

 

そのときに、体重がしっかりと移動するようにしないといけません。

なので写真のように、

 

 

なるべく綺麗な三角形を目指すのです!!

 

生歩き続けるために必要なこと

 

何が必要だと思いますか?

僕の中で最も大切だと思うのは、「環境」です。

 

「は?動くことでしょ!」

と思われたかもしれません。

 

でも「環境」が1番重要!

ここでの環境とは、自分自身の周りの環境という意味です。

 

歩ける環境・歩く仲間・歩く場(教室etc.)などがないと、無理ということ。

1人で歩き続けるのは、ほぼほぼ無理です。

 

例えば、あなたの周りが「歩くのは無意味!」という方ばかりだったら、そもそも歩きますか?

歩く確率は、限りなく低くなっていると思います。

 

もちろん、動かすことが大切ですが、動かすためには環境が必要なんですね。

なので、土台となる環境づくりがまずやることになります。

 

 

とめ

いかがでしたでしょうか?

 

あなたの歩き方を変えるきっかけのお役に立てれば、僕も嬉しい限りです。

今回のブログをまとめると、

 

  • 痛みの原因は「体重移動」だった!
  • 体重移動の練習を積極的に!
  • 自分の環境を整えよう!

 

でしたね。

もしここまで読んで、わからないこと、歩き方に関して不安なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

あなたに僕ができることがあれば、お手伝いさせていただきます!

いつまでも歩けるように、歩き方から治していきましょうね!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

腰痛

掃除のとき、家具を動かそうとすると腰が痛い!2つのポイントを抑えるだけで腰の痛みはなくなる 321

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

掃除のとき腰が痛い

 

家の中で腰が痛くなることの代表と言えば、

掃除ですよね。

 

拭き掃除とか

掃除機とか

 

長い時間、中腰の姿勢が続きますもんね。

 

腰が疲れて痛くなるって感じです。

 

終わった後は、

腰をトントンしたくなりますよね。

 

 

先日のお客様の中で、

 

「掃除するときに机とか移動させる時がつらい」

 

とご相談を受けました。

 

「なるほどー。そのときか」

 

と僕は思ったわけです。

 

確かにしっかり掃除しようと思ったら

机とかソファーとか少しだけ

移動させたりしますよね。

 

 

このときに

力を入れるんで

腰に負担が掛かるってことでした。

 

掃除をしていたら

そんなことないですか?

 

男性であればまだ力があるんで

いいかもしれませんが、

 

女性の場合は、

男性に比べれば力は弱いんで

余計にしんどいかと思います。

 

 

それに、

年齢を重ねていけば男女関係なく

力が落ちるのは仕方ないことです。

 

そこで

力任せに移動させる

腰に負担が掛かるんですよね。

 

実はこれには腰の負担を減らす

ちょっとしたポイントがあるんです。

 

そこさえわかっていれば女性でも

腰の負担は一気に減るはずですよ。

 

家具の移動の仕方

 

 

本当にちょっとしたことです。

 

一つ目、

 

『家具とカラダを離さない』

 

ね。簡単ですよね。

 

家具を移動させる時って

 

持ち上げる・押す・引く

のどれかだと思うんですが

どれにも言えることです。

 

力が入りやすいところで

考えてもらえば

わかりやすいと思うんですが、

 

物を持ち上げるとしたときに

 

カラダから近い方

   と

カラダから遠い方

 

どちらの方が力入りやすいですか?

 

恐らく、

カラダから近い方が

一番力が入ると思います。

 

ということはですよ、

重たい物を移動させる時も

同じことが言えます。

 

力が入りやすい

カラダの近さで移動させた方が

腰への負担は減るんです。

 

だいたい押したりするときって

徐々にカラダから家具が離れていきますよね。

 

離れていけばいくほど

腰へ負担が掛かっているんです。

 

だからカラダから近くする。

 

さらに言えば、

少し動いたらカラダも一緒に

移動させることです。

 

家具との距離感は一切変えない方がいいですよ。

 

時間が掛かるかもしれませんが、

腰のためにはその方がいいです。

 

二つ目は、

 

『足は使う』

 

基本と言えば基本ですが

できていない方って多いんです。

 

 

例えば、押すとき

この時は足を前後させ

押します。

 

持つときは、

膝と股関節もしっかり曲げる。

 

これだけです。

 

足を使わずに

上半身だけで

移動させるから

 

腰に負担が掛かるんですよ。

 

この2つのポイントを

抑えておくだけで

 

掃除のときの負担は減るはずです。

 

実際にお客様にやってもらいましたが

 

「腰に全く負担が掛からない」

 

と言われていましたよ。

 

あなたもやってみてくださいね。

 

日常生活での腰への負担は

なんでもポイントを抑えるだけで

すごい変わります。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

ケア