説明 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【速報】広島県にも「まん延防止等重点措置」適用へ

 


 

広島県に初めてのまん延防止等重点措置が適用される模様。

期間は8月20日~9月12日まで。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今までは集中対策期間でしたが、今度はまん延防止等重点措置に変わります。

と言っても色々と出過ぎて何が何だかよくわかりませんよね。

政府のHPを見るとこういう図がありました。

 

 

こう見ると広島の集中対策と内容はほとんど変わりはないかと思います。

なので広島のみなさんは数週間前にやった集中対策をまたやる感じかな。

いつまで続くんでしょうね・・・。

 

そしてわかりやすいように政府のHPに「国民の皆さんにお伝えしたいポイント」として緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の違いなどを説明しています。

以下原文をそのまま載せます。

 

【基本的な考え方】

  • 緊急事態宣言区域では、感染拡大の主な起点となっている飲食の場面に対する対策の更なる強化を図るとともに、今後、従来株から B.1.617.2系統の変異株(デルタ株)に置き換わりが進むと推定されることを踏まえ、人の流れを抑制するための措置等を講じる、積極的な検査戦略を実施するなど、徹底した感染防止策に取り組みます。
  • 緊急事態宣言区域から除外された地域(まん延防止等重点措置区域に変更された地域を含みます。)では、対策の緩和については段階的に行い、必要な対策はステージⅡ相当以下に下がるまで継続します。また、感染の再拡大がみられる場合には、速やかに効果的で強い感染対策等を講じます。
  • まん延防止等重点措置区域では、都道府県が定める期間、区域等において、飲食を伴うものなど感染リスクが高く感染拡大の主な起点となっている場面等に効果的な対策を徹底します。特に、緊急事態宣言区域で厳しい措置がとられることを踏まえ、隣接地域への感染の滲み出しを防ぐため、各都道府県の判断で対策強化を可能とします。
  • その他の感染の再拡大が認められる地域では、政府と都道府県が密接に連携しながら、重点的・集中的なPCR検査や営業時間短縮要請等を実施するとともに、まん延防止等重点措置を機動的に活用するなど、速やかに効果的で強い感染対策等を講じます。

 

とあります。

なんとなくわかりますかね?図を見た方がシンプルでわかりやすいですかね?

まぁでもあと数年はこの騒動は続くと個人的に思っています。

自分ができる範囲で対策をしていきましょうね。

広島県民のみなさん!負けずに頑張りましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

日常