広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

片足スクワットで下半身の悩みであるO脚、X脚、さらに姿勢を解消 175

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

スクワットに負荷を!

 

おすすめの方

 

①スクワットよりも刺激がほしい

 

②下半身に筋肉をつけたい

 

➂お尻も同時に引き締めたい

 

④負荷女子になりたい

 

POINT

 

①バランスを崩さないように

 

②屈伸時、膝が内側に入らないように

 

➂お尻にも力を入れる

 

④足の裏全体で床を掴むように

 

⑤目線は常に前

 

片足で下半身強化

姿勢に肝心なのは

『下半身の筋肉』です

 

ここの強化は怠ってはいけません

 

これは何度も言っています

 

それを更にレベルアップしていきます

 

両足でおこなうスクワットよりも

遥かに難しく負荷も大きいです

 

ですが

ここをしっかりマスターしていけば

姿勢改善に大きく繋がります

 

さらに

O脚、X脚などにも効果的です

 

もちろん、お尻にも

 

いけるところまでしっかり

落としていきましょう!

 

足裏を積極的に

バランスをとるために

足裏の筋肉も多く使います

 

初めておこなう方や

バランスが取りにくい方などは

慣れている方よりも

バランスをとるのに必死になります

 

そこで普段使っていない

足裏を使いだします

 

ここで足裏にも集中します

 

足裏で床を掴む感覚

足裏で床で押す感覚を養います

 

普段の生活では

靴やスリッパなどを履いているため

足裏の感覚は鈍ります

 

力を入れる感覚など

感覚を掴む練習にも役立ちます

 

足裏の感覚は

床からのエネルギーを捉えるために

必要不可欠です

 

この感覚を練習していくと

歩く感覚も変わってきます

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                    

トレーニング動画

足裏って普段意識しませんが、意外と大事なんですよ。 109

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

足裏からみる

 

あなたは、足の裏が床にしっかりついていますか?

 

踵だけ床についていて、指が浮いていたりしていませんか?

 

もしくは、指の方ばかりが床についていませんか?

 

今回は、お客様から『足裏について書いて』と

 

リクエストがありましたので、書いていきたいと思います。

 

以前にも何度か足裏についてブログで書いたと思います。

 

足裏は、身体の土台です。

 

それに足裏は唯一、地面と接地している部分でもあります。

 

なので毎日、使わない日はないと思います。

 

 

立てば使い、歩けば使い、もしくは座っても使っています。

 

そんな頻繁に使う足裏。

 

あなたの身体に影響を及ぼすと思いませんか?

 

例えば、最初に言ったように床への接地面が踵、もしくは指に偏っているとします。

 

そうすれば、足首よりも上の筋肉たちがバランスを取ろうと働きます。

 

『踵にしか床についていないから指の方も床につけろーー』

 

みたいなイメージですかね。

 

この無意識の筋肉たちの働きがあなたの身体にあらわれてきます。

 

 

よくあるのは、足が太くなること。

 

足裏をうまく使えておらず、その他の筋肉がカバーし合います。

 

その際に使われる筋肉は大きな筋肉です。

 

大きな筋肉を普段の生活でいつも使ってしまっているので当然ですよね。

 

そんな方は、毎日がトレーニングです。

 

下半身だけ太いよね。と心当たりある方は足裏の接地面どうですか?

 

冷え

 

さらにこのような方は、足裏をうまく使えていないので冷えにも繋がってくるかもしれません。

 

 

大きな筋肉は使われているのに

 

その中にある小さな筋肉たちは使われにくいので、固まってしまいます。

 

そうすることで、毛細血管のような細い血管の流れを悪くしてしまうのです。

 

外反母趾

 

 

偏った筋肉を毎日使用しているために

 

女性の方に多い外反母趾にもなりやすくなります。

 

外反母趾になる方は、小さい筋肉がうまく機能せず、大きな筋肉のみ過剰に機能してしまい

 

親指の付け根辺りを変形させてしまいます。

 

タコができやすい

 

また重心が偏ってしまうので、タコなどができやすくなります。

 

足裏全体に体重が乗るところを

 

指の方だけしか乗っていないとすれば想像できると思います。

 

足裏の皮が一部だけ固くなっている方は、偏った重心になっているのかもしれません。

 

 

足裏は意外と大事

腰が痛い、膝が痛いなど改善しようと

 

腰のトレーニングや膝のトレーニングばかりしていませんか?

 

なかなか改善しにくい方は、足裏の接地面の偏りのせいで

 

毎日あなた自ら悪化させていたのかもしれません。

 

今回で、足裏も意外と大事ということが少しでもわかったあなた。

 

少し足裏にも注目されてみてはいかがでしょうか?

 

タグ :             

トレーニング

意外と多い足裏の痛み。むやみにマッサージするとさらに症状を加速させる? 078

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安の方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

足裏が痛む

意外と多いのがこの症状です。

 

歩くと足の裏が痛むといった症状です。

 

あなたは痛みないですか?

 

 

歩く度に足裏が痛ければ動きたくなりますよね。

 

さらに歩く度に痛みを伴えばストレスにもなることだと思います。

 

あなたはそんなストレスありませんか?

 

足裏を使わない日はほぼありません。

 

なので足裏の痛みは致命傷になりかねません。

 

その痛みを放っておかないようにしましょう。

 

放っておけば後々

 

今よりも痛みが倍増する可能性もありますし

 

痛みをかばって他の箇所に支障をきたすかもしれません。

 

 

あなたはその痛みをそのままにする癖がついていませんか?

 

 

足底筋膜炎

この名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

足裏が痛いとなれば

 

この名前をよく聞くと思います。

 

では、足底筋膜炎ってなんでしょうか?

 

 

痛みの多くがイラストのように踵付近に痛みが出ます。

 

原因とすれば

 

・筋肉の固さ

 

・足底アーチの低下

 

・歩きすぎ

 

・靴が合っていない

 

などが挙げられます。

 

もちろんその他にも原因はあると思います。

 

ここであまりオススメしないのがマッサージです。

 

痛い箇所に直接触れるマッサージです。

 

なぜマッサージはいけないのか?

 

足底筋膜炎と言っているように

 

その箇所は炎症しているのです。

 

さらにその箇所に負担が掛かりすぎてしまう

 

つまりオーバーユース(使い過ぎ)の可能性もあるわけです。

 

 

そんなたくさんの刺激を受け続けている箇所に

 

さらに刺激をいれればどうなると思いますか?

 

私は逆効果になってしまうと思います。

 

この考えが正解かどうかはわかりませんが

 

私はその箇所ではなく

 

本来の

 

根本的な原因の部分をほぐしていくでしょう。

 

なので痛いからと言って

 

むやみに足裏を刺激するのは

 

オススメしません。

 

私ならしません。

 

トレーニングもおこなう

 

痛みが和らいだなら

 

トレーニングも必要です。

 

また再発したくないですもんね。

 

再発防止のためにも

 

トレーニングをおこない

 

適切な筋肉をつけ

 

負担を掛け過ぎないようにしていきましょう。

 

タグ :     

ケア 下肢

足元をオシャレにするとすぐ疲れてしまう方は足裏のアーチや筋力が低下しているのかも!? 044

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島でパーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

足元をオシャレに

年末になり、みなさん休日をいかがお過ごしでしょうか?

 

セールだからお買い物に出掛けたり、旅行に出掛けたりされているのではないですか?

 

長期の休日を楽しんでいますか?

 

なかなかないみんな揃っての長期休暇でオシャレしていませんか?

 

したいですよね。

 

日頃履きなれない靴やヒールを履いて気分もいいですよね。

 

しかし、普段履きなれない靴やヒールを履くことで身体に疲れが溜まってきていませんか?

 

 

疲れは足元から

 

身体の疲れは足元からくることもあります。

 

歩けば足を使わないことはないですもんね。

 

例えば、ヒールで歩けばつま先立ちでずっと歩くのと同じです。

 

ペタンコの靴で歩けばクッション性がなくなり衝撃が身体にそのまま伝わります。

 

普段使っていない筋肉を使うことで全身の疲労が大きくでてしまいます。

 

女性に多い外反母趾

 

特に女性に多い【外反母趾】

 

悪化すれば足裏のアーチが極端に崩れてしまいます。

 

 

みなさんは大丈夫ですか?

 

疲れは足元からと言いましたが、

 

足裏のアーチがしっかりされている方と、崩れている方で比べれば

 

もちろんアーチが崩れている方の方が疲れやすいです。

 

だから尚更ヒールやペタンコの靴を履くことで疲労度が倍増してしまうのです。

 

足裏の筋力不足

 

足裏のアーチの崩れはもちろん疲労の原因のひとつです。

 

さらにもうひとつ。

 

【筋力の低下】も原因のひとつです。

 

アーチが崩れているから筋力が低下しているということもあるのですが。

 

腹筋をおこない鍛えるように足裏にも筋肉があります。

 

もちろんここも鍛えてあげるべきポイントだと思います。

 

ヒールなどに加え室内でスリッパを履くなど

 

裸足で物を感じることがなくなり現代社会は増々足裏の筋力が低下気味のように感じます。

 

 

足元をオシャレにしても疲れ知らずの身体づくり

では、疲れ知らずの身体をつくっていきましょう。

 

そうすれば、普段履かないような靴を履いたとしても疲れ具合が変わってくるかもしれません。

 

タオルギャザー

 

一般的な足裏を鍛える方法です。

 

 

足の指でタオルなどを引き寄せたり、掴んだりしていきます。

 

アーチ崩れの予防にもなります。

 

筋力不足・アーチ崩れが目立つ方には結構難しいです。

 

足ジャンケン

 

足でジャンケンをします。

 

 

チョキは2パターンあります。

 

親指を上にもってくるのと、下にもってくるのです。

 

計4パターンを大きく動かしていきます。

 

結構つってしまう方が多い気がします。

 

足裏以外も鍛えること

 

上記の2種類のトレーニングを紹介しました。

 

これはこれで大事なトレーニングなのでしっかりおこなってみてください。

 

足裏以外にも全身を鍛えてバランスを保つことも必須です。

 

足元を鍛えて何を履いても疲れ知らずの身体を手に入れましょう!!

 

 

タグ :     

トレーニング 下肢