広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腰痛を改善させるためには「運動」をするのが1番大切

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

「腰痛を治すためには何をすればいいですか?」

これは、よく聞かれます。

 

僕は、

「運動が1番大切ですよ」

ってお答えしています。

 

 

腰痛を改善させるためには「運動」をするのが1番大切

 

 

僕のところでは、50代以上の方が8割をしめています。

個別指導以外に、講演会なども行きますが、やっぱり50代以上の方が圧倒的に多いです。

 

50代を超えれば、必ず筋肉は落ちていきますよね。

今のところ「筋肉が落ちない」というのは不可能です。

 

そしてやっぱり、腰痛は年齢とともに割合が増えていきます。

もちろん、筋肉が落ちたのがすべての原因と言っているわけではありません。

 

他にも様々な原因で、腰痛をつくり出しています。

その中でも運動不足は、50代を超えた方にとって大きな原因となるのです。

 

加齢=腰痛ではない

 

「年のせいだから」

これはよく聞きます。

 

正直なところ、僕はすべての痛みを取り除くいわゆる「ゴッドハンド」ではありません。

でも、それに近いものを僕なりに目指してはいます。

 

だって、目の前の方を元気にしたいという気持ちは強いと思っていますから。

でも「年のせいだから」と諦めてしまうのは、僕としては悔しいんです。

 

その理由として「絶対によくなるはず」と僕は思っているからなんです。

同じ年齢の方でも、腰痛のある方・ない方がいますよね。

 

であれば、「年のせいだから」というのは間違ってないですか?

年のせい以外に、必ず原因があるはずです。

 

加齢=運動不足

 

年のせいというよりも、年齢とともに「運動をする機会が減る」というのが問題だと僕は思っています。

筋肉が落ちていくのは事実なので、それに加えて運動不足となると大変です。

 

これが「年のせいだから」という理由だと思います。

 

実際に80代のお客様にも、軽い運動をしてもらいます。

そして実際に、運動だけで痛みは減っていきます。

 

ただ80代という年齢を考えると、運動だけでは無理があるので、他にも治療は必要です。

ですが、運動で痛みが軽減するという体験をしてもらうと、運動の大切さをより理解して頂けると思います。

 

もちろんですがただ闇雲に動かすのではなく、痛みを軽減させるためには、動かしていない部分を適切に動かすことが大切になります。

 

腰痛=運動不足

 

全部が全部、運動不足という訳ではありません。

運動不足もひとつの要因にありますとお考え下さい。

 

ちなみに僕は、腰痛に安静という処置はおすすめしません。

しっかりと動かいてくださいね!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :         

腰痛

朝起きた時の腰の痛み!など動き始めの腰痛解消の筋トレ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

寝起きや長時間のデスクワーク後に、腰が痛いことはないですか?

それは、股関節の筋肉が落ちているということがひとつの原因です。

 

 

股関節の筋肉を鍛え、使えるようにすることで、動き始めの腰痛解消に繋がります。

今回は、寝ながらできる簡単な股関節トレーニングをご紹介致しますね。

 

 

朝起きた時の腰の痛み!など動き始めの腰痛解消の筋トレ

 

 

そもそもなんで、動き始めの腰痛が起きるんでしょうか。

その原因として、血流不足がひとつ考えられます。

 

 

寝起き腰痛の場合、寝返りしないと血流不足になり痛くなります。

長時間のデスクワークも同様に、血流不足が起きているんです。

 

 

この血流不足が、腰痛の原因でもあります。

これを解決するために、股関節の筋肉を鍛えておくことが必要になるわけです。

 

 

そして、ただ鍛えるだけではなく、その筋肉をうまく使えるようにしないといけないんです。

ここが1番重要なとこです。

 

 

使えるようにしないといけないんです。

 

 

今回ご紹介します股関節のトレーニングでは、股関節以外にも体幹部の筋肉も有効に使えるようになるんです。

 

股関節と体幹は密接な関係があるので、的確に鍛えると体幹部も一緒に鍛えることができるんです。

体幹部も鍛えれることで、血流不足改善に繋がり、腰の安定につながるわけです。

 

 

股関節の筋トレ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

少し地味な動画になってしまいましたが、とても効果的なトレーニングになります。

 

 

寝ながらできるっていうのも大きいですよね。

ぜひお試しくださいね。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :         

腰痛

腰痛を解消するためにも腰痛の怖さを乗り切ろう!

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

慢性的に腰痛で悩んでいる方は、腰痛の痛さとは別に〈怖さ〉を抱えています。

 

 

例えば重たい荷物を持つとき「これやったら腰痛いんだろうなー」みたいな怖さです。

結構経験あるかと思います。

 

 

僕も腰を痛めていた学生時代は、何かするときにそういった怖さみたいものが少なからずありましたもん。

 

 

でもこの怖さが根付いてしまうと、痛みを取るよりも厄介って知っていましたか?

トラウマみたいな感じなので、結構厄介だったりするんです。

 

 

でもここを乗り越えることも腰痛治療と言えますよね。

 

 

腰痛を解消するためにも腰痛の怖さを乗り切ろう!

 

僕のところに来る、お客さんの中にも長年の腰痛で悩んでいる方が多くいます。

その中でも頑固なのが、痛みとは別に怖さがトラウマになっている方です。

 

 

こういう方は、痛みが減ったとしてもなかなか受け入れられず、動き一つ一つに怖さがあります。

なので、痛みが減っていると気付かないのです。

 

 

というか、そりゃそうですよね。

ずっと腰に痛みがあれば動きに怖さが残るのは当然だと思いますし、僕だってそうすると思います。

 

 

でもですね、この怖さを乗り切ると一気にラクになるんですよ。

痛みもそうですが、気分まで明るくなるんです。

 

 

考えてみてください。腰の痛みがなくなったことを。

明るい気持ちになりますよね。

 

 

怖さを乗り切る方法

 

 

これはたったひとつです。

怖がらないことです。

 

 

「いや、それができないの!」

 

 

と怒られそうです(^^;

でもね、それが本当に方法なんです。

 

 

少しずつでいいので、動く範囲を増やしていくことが大切になります。

それに動き方を覚える必要だってあります。

 

 

こんな風に。

 

 

 

 

ちょっとしたことですけどね。

動き方を覚えることも怖さを乗り切るひとつの手段になります。

 

 

僕の場合、痛みをある程度減らしたら実際に動いてもらいます。

痛みを減らすだけではなく、その後に動いてもらうということが大切なんです。

 

 

これは、大丈夫なんだよってカラダに声を掛けてあげる作業になります。

この声掛け作業で、腰の痛みも「そうなんだ」と答えるわけです。

 

 

まとめ

 

 

まとめると、動きましょう!ということです。

怖さを乗り切るためにも動くしかないんです。

 

 

怖いのならば専門家と一緒に、ゆっくりでいいので動かしてみましょう。

少しずつあなたのカラダが動き始めるのがわかると思いますよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

腰痛

腰痛の原因はどこにあるのか?一瞬で腰痛を治す簡単な方法

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

よく腰などが痛い場合、腰を手でトントンする方いますよね?

腰に限らず、肩とかもトントンしている方多いですよね。

 

 

先日一緒にお仕事した方がずっと腰を手でトントンしてたんですよ。

それが個人的にずっと気になってブログにすることにしました(笑)

 

 

そのトントンは何の意味でやっているんでしょうか?

痛みを和らげているんでしょうか?

 

 

結論から言いますと、腰以外をトントンすれば痛みは一瞬で変わります。

今回はその理由と原因をまとめました。

 

 

1番下に動画を貼っていますので、理由よりもすぐ見たいって方は1番下へどうぞ。

 

 

腰痛の原因はどこにあるのか?一瞬で腰痛を治す簡単な方法

 

人間は自然と痛い場所に手がいきます。

その理由は、手を当てるとそこの痛みを和らげる効果があるからなんです。

 

 

「手を当てただけ痛みが和らぐの?」って思われたかもしれませんね。

でも人間の脳は単純でそういう仕組みになっているそうです。

 

 

人間の脳には冷たい・熱い・かゆいなどの感覚がありますが、それらを同時に感じた場合脳の中で優先順位がつくんです。

 

 

例えば蚊に刺されて痒い時、冷やしたりつねったりしませんか?

これはかゆみを誤魔化すためにしていますよね。

 

 

実はこれって脳の感覚優先順位を無意識の内に変えているんです。

つまり自分自身を騙しているってことです。

 

 

痛いときに手を当てるのも同じことなんです。

痛みを誤魔化すために手を当てるという行為で、脳の感覚優先順位を変えています。

 

 

人間が無意識に持っている自己防衛反応みたいなもんですかね。

 

 

防衛本能でトントンする

 

 

これらの理由で腰が痛いときに無意識にトントンしてしまうんです。

 

 

そしてなぜ手を当てるだけではなくて叩くのか?

叩くことによって多少叩かれた痛みを感じますよね。

つまり、痛みで痛みを誤魔化しているってことですね。

 

 

でも感覚的にそれが正しいかもしれませんが、別の理由もあると僕は考えています。

 

 

痛む場所の筋肉は血流不足が起きているんです。

そうなると痛み物質が発生しやすくなり、さらに痛みを感じやすくなります。

 

 

改善させるためには、血流促進を促すきっかけを作ることが必要になります。

だから叩くことによって血流促進を促す効果・目的もあると僕は感じています。

 

 

腰をトントンする効果はあるのか?

 

 

さてやっとタイトルの確信をついていきます(^^;

腰を叩いて痛みを和らげる効果は本当にあるのか?

 

 

結論から言いますと効果あります!

 

 

ただですね、それは条件があるんです。

それを実験してみた動画がありますのでご覧ください。

 

 

条件わかりましたか?

下記に動画のポイントをまとめていきますね。

 

・腰を叩いても腰の痛みに変化はでない

・仙骨を叩くと腰の痛みと動きに変化が出る

(特に前屈に効果あり)

 

という結果になりました。

条件というのは叩く場所にあります。

 

 

今回は腰と仙骨を比べてみました。

ほんの数センチの差で効果も全く変わりました。

 

 

人間のカラダって不思議ですね。

たった数センチの差でこれだけ変わるんですから。

 

 

でも痛みは腰に感じていたけれど、原因は仙骨にあったとも言えます。

だからこそちゃんと専門家にみてもらう必要性を個人的には強く感じる動画となりました。

 

 

ということで、腰が痛い場合は腰よりも仙骨をトントンする方がいいってことでした。

 

 

痛みが強く慢性的な場合は叩くだけではなく、ちゃんと対策しておきましょうね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

あなたの筋肉だけが腰痛を予防してくれています!痛みを年齢のせいにしない!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

筋肉だけが腰痛予防できる

 

タイトルがすべてです。

 

 

腰痛を予防するためには、筋肉が大切なんです。

 

 

そもそもなんですが、年齢を重ねるごとに「痛み」が出やすくなりますよね。

 

 

その原因のひとつとして、加齢があります。

 

 

でも加齢が痛みの原因と言ってしまえば、「加齢は病気」とも言い換えれます。

 

 

 

 

それはおかしいですよね(^^;

 

 

高齢化が始まっている日本では多くの方が病気にされてしまいます。

 

 

確かに加齢は原因のひとつではあるかと思いますが、すべてではないんです。

 

 

僕の中で加齢よりも「筋肉が落ちること」が1番原因なんだと思っています。

 

 

もう少し言えば、「関節を動かしていないこと」などもありますが、これは今回は置いときます。

 

 

「年齢を重ねるから筋肉が落ちるんでしょ!結局加齢じゃない!」

 

 

 

 

 

と思われたと思います。

 

 

でも違うんです。

 

 

僕の考えですが、「年相応の筋肉が必要」なんです。

 

 

もっと言えば、年齢を重ねるごとに「年相応“以上”の筋肉が必要」なんですよね。

 

 

以上って言っても、筋肉ムキムキ程はいりませんからね(^^;

 

 

ほんの少しだけ、ほんの少しだけ年相応以上に必要なだけです。

 

 

この少しがとっても大切になります。

 

 

加齢がすべてであれば、筋肉を鍛えても意味がないことになります。

 

 

でも違いますよね。

 

 

経験したことがあるかもしれませんが、病院でも「運動してください」と言われますよね。

 

 

 

 

ではなんで、年相応以上の筋肉が少しだけ必要なのか?

 

 

例えばですが、20代の方が1日寝たりりで落ちる筋肉量と80代の方では圧倒的に落ちる比率は違います。

 

 

どちらが落ちやすいかはわかりますよね?

 

 

ってことは、それだけ運動する機会を増やさないといけないし、寝たきりの時間は減らさないといけないですよね。

 

 

だからその辺の方と同じ筋肉ではダメなんです。

 

 

多くの方はこれが出来ていないからです。

 

 

 

 

できていない方を基準にしてはいけないですよ。

 

 

だから僕は「年相応“以上”の筋肉が必要」とお伝えしているんです。

 

 

ほんの少し運動する機会を増やすだけで、あなたの体は変わり、痛みも減ってきます。

 

 

これは本当に変わります。

 

 

運動する機会を増やしましょう(^^)/

 

 

一人では難しい方は、グループ指導もしていますので気軽にご連絡くださいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :         

腰痛

体の痛みを人のせいにしてはいけません。すべて自分のせいです。

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

痛みはすべて自分のせい

 

今、世間ではアンパンマンの「アンパンチ」が問題に取り上げられていますね。

 

 

なんかアンパンチが暴力に当たるから、子供に悪影響ということで議論されてます。

 

 

正直驚いています(^^;

 

 

賛否両論あるかと思いますが、僕個人としては別に悪影響にはならないと感じてます。

 

 

「アンパンチを見た子供が真似して暴力に走ったら嫌」という意見等ありましたが、これは人のせいにしているだけです。

 

 

子供が暴力したときの言い訳でしかないと僕は思います。

 

 

つまり、人のせいにしたいという思いがアンパンチに向いてしまっているんですよね。

 

 

仮に子供が暴力を振るってしまったら、結局は親のせいなんですよ。

 

 

自分のせいなんです。

 

 

僕が親の立場であっても、アンパンチのせいにはしません。

 

 

このニュースを聞いて個人的にこう感じていますが、これは痛みに対しても同じことだなと感じたんで、ブログに書こうかなと思いました。

 

 

今回の件は暴力でしたが、痛みに置き換えることもできるんです。

 

 

もしも、カラダに痛みが出たら誰かのせいにしますか?

 

 

「仕事が忙しいから会社のせいで・・・」

「誰も協力してくれないから時間がなくて・・・」

 

 

結局は、言い訳なんですよ。

 

 

自分のせいなんです。

 

 

僕が学生時代に腰を痛めたり、膝や肘や肩を痛めた時も僕自身のせいなんです。

 

 

高校野球をしていたので、無理をしてしまったり、フォームが悪かったりした結果なんですよね。

 

 

それを修正しようとしなかった僕に問題があるんです。

 

 

ケアを怠った僕自身のせいなんですね。

 

 

もし今あなたのカラダに、腰に痛みがあるのであれば誰のせいですか?

 

 

今まであなたは準備してきましたか?

 

 

その差で痛みとして出てくるとしたら?

 

 

当然ですが、中にはどうしようもない痛みもあります。

 

 

でも多くは、自分のせいで出てきた痛みです。

 

 

自分のせいなんだから、それを認めましょう!

 

 

認めた上で、痛みを改善する行動をとりましょう!

 

 

それも大切なんですよ(^^)

 

 

あなたはまだ人のせいにしますか?

 

 

今回は、精神論みたいになりましたが、こういうのも痛みに現れることがあるんですよ。

 

 

実際に、そこを理解したら痛みが早く改善した方もいますしね(^^)

 

 

痛みの原因は精神的にも影響することもあるんですよね。

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :        

メンタル 腰痛

腰痛!膝痛!四十肩!などのカラダの痛みを改善する為に「背骨」を動かそう!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

背骨を動かそう!

 

最近、久しぶりにブリッジをしてみたんです。

 

 

 

 

そしたら久し振り過ぎて、以前に比べると背中のアーチ具合も落ちて、キープできる時間も短くなってました・・・

 

 

そこで個人的に思ったのが「背骨もっと動かさなくちゃ!」ってことです。

 

 

そして背骨をしっかり動かした後は、アーチもキープもよりできるようになったんです。

 

 

もちろん背骨だけの問題ではないんですが、年齢とともに背骨の動きは悪くなります。

 

 

普段から動かしておかないといつの間にか動きにくくなっているってことだってあり得ますよね。

 

 

僕もブリッジして気付きました(^^;

 

 

それに、人のすべての動きにはほぼ背骨も関与しているんですよ。

 

 

足を上げる時だって、背中曲がりますよね?

 

 

肩を上げる時だって、背骨反りますよね?

 

 

しゃがむ時だって、背骨曲がってますよね?

 

 

こんな感じで背骨は色んな動きに対して、隠れて動きを補助してくれてるんです。

 

 

この動きがなくなると、各部位の動きが鈍り、痛みに繋がりやすくなるんです。

 

 

 

 

よく「背中が丸い」って気にしている方も多いんですが、そういう方に限って丸くすることが苦手だったりするんですよ。

 

 

背骨って、首~腰までありますよね?

 

 

ここ全部の動きが大切なんですよ。

 

 

「背中が丸い!」って方は、背骨で言うと首~背中までが丸いんですね。

 

 

腰は?ってなると、丸くなっているよりも真っすぐになっている方が多いんです。

 

 

だから腰を丸くする動きが苦手だったりします。

 

 

丸いから丸くなるのは得意ってわけではないんですね。

 

 

首~腰までをしっかり動かせることが大切になります(^^)

 

 

背骨を動かしてみる!

 

 

じゃあ、どうやって動かしていくか?ですよね。

 

 

背骨の動きには大きく分けて4種類の動きがあります。

 

 

 

 

①曲げる(屈曲)/②反る(伸展)/③横に倒す(側屈)/④捻る(回旋)

 

 

この4つが大きな動きです。

 

 

まずは、基本をやることが大切です。

 

 

なので、この4つの動きを“大きく”動かしてください。

 

 

痛みのない範囲で“大きく”動かすんです。

 

 

この大きくがポイントになりますよ。

 

 

動きを出したいんですから、小さく動かしても意味がないです。

 

 

あなたが思っているよりも大きく動かしてみてください。

 

 

この基本の動きを続けるだけでも、カラダの動きが変わってくるのが実感できると思いますよ。

 

 

是非、チャレンジしてみてくださいね(^^)

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :         

トレーニング

腰痛を深い関係のある腸腰筋を鍛えて腰痛を予防する

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腸腰筋を鍛える

 

今回は、腰痛と深い関係のある「腸腰筋(ちょうようきん)」についてお話ししていきますね。

 

 

まずは、腸腰筋とは何ぞやって話しですよね。

 

 

腸腰筋っていう筋肉は、腰~股関節まで付いている筋肉です。

 

 

 

 

写真で見てもらうとわりやすいですね。

 

 

ここの筋肉は足を上げたりするときに使います。

 

 

また、写真を見てもらうとわかるように腰にしっかり筋肉が付いていますよね。

 

 

これだけ腰に付いているんですから、腰に全く影響がないことはないんです。

 

 

それに腸腰筋はもうひとつ大きな筋肉と深い関りがあるんです。

 

 

それは、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉です。

 

 

 

 

太もも前の筋肉なんですが、腸腰筋を使えないとこの筋肉が頑張り過ぎるんです。

 

 

よく「足が疲れるんよ」って方は太ももの前が疲れていませんか?

 

 

もしかしたらそれは腸腰筋が弱っているサインかもしれませんよ。

 

 

太ももを使い過ぎると、骨盤を強く引っ張り腰に負担を掛けます。

 

 

その結果、腰痛にも繋がりかねません。

 

 

だからこそ、腸腰筋は使えるようにした方がいいんですよね。

 

 

それに腸腰筋が使えないと股関節もうまく動かせなくなります。

 

 

つまり、腸腰筋が使えないと「腰に負担が掛かる+股関節が使えなくなる」ってことです。

 

 

だからこそ、腸腰筋を鍛えましょう(^^)!!

 

 

腸腰筋の鍛え方

 

 

では、そんな腰痛と関係の深い腸腰筋を鍛える方法をお伝えします。

 

 

この動画で説明していますので、ご覧ください。

 

 

 

 

ご覧になってくれましたか?

 

 

簡単でしたよね?

 

 

日頃使っていない方は、足がどんどん床に落ちていくと思います。

 

 

それに日頃から腸腰筋を使えていないと、まず自然と使えるようにはなりません。

 

 

だから選択的に鍛えていかないといけないんですね。

 

 

「腸腰筋(ちょうようきん)」しっかり鍛えていきましょう!!

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング トレーニング動画 腰痛

腰痛対策にはマッサージよりもトレーニングが1番大切

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛対策にはトレーニング

僕の中では、腰痛対策はやっぱりトレーニングが1番有効なんだと感じています。

 

 

さらに腰痛に限らず、身体の痛み全般的にもトレーニングが有効だと思うんです。

 

 

僕は学生時代、腰痛を含め多くの怪我をしてきたんです。

 

 

その時対処として積極的にやっていたのは、整体「だけ」だったんですね。

 

 

痛みがあれば整体へ行き、また痛みがあれば整体へ行きの繰り返し・・・

 

 

今思えば、積極的にトレーニングもしていればよかったなと後悔しています。

 

 

あなたにも僕みたいに後悔してほしくないんで、トレーニングの大切さを少しでもわかってもらえたらなと思います(^^)

 

 

 

 

年齢を重ねれば筋肉が落ちるのはもちろんなんですが、身体の使い方によっても筋肉の落ち方は変わってきます。

 

 

よく使う筋肉は強くなるし、あまり使わない筋肉は弱くなるってことですね。

 

 

この筋肉の強さの差は誰にでもあるんですが、その差がひどい程痛みに繋がるんです。

 

 

差が広がれば、筋肉のアンバランス以外にも関節の不安定性にも繋がります。

 

 

そうなれば関節も動かしにくくなるし、動かすと痛みが出るんですよ。

 

 

痛みが出れば動かしたくないですよね。

 

 

でも動かさなければもっと筋肉は落ちますよね。

 

 

同時に筋肉の強さの差も広がります。

 

 

そうならない為にも、弱い筋肉は鍛えること!が大切になります。

 

 

そして筋肉の強さの「差」をなくしていくんです。

 

 

だからトレーニングが1番大切なんですね。

 

 

マッサージだけでは、「鍛えること」が不足しているんで最終的な改善には繋がりにくいと僕は思ってます。

 

 

腰痛を改善する!はたまた痛みを取る!ってことに関しては、

 

 

『トレーニング』

 

 

を忘れたらダメなんですよ。

 

 

避けがちだと思うんですが、避けないでくださいね(^^;

 

 

少しずつでもいいんで、頑張ってみてください。

 

 

実感できると思いますよ!

 

 

後悔しない為にもトレーニングしましょう(^^)

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

トレーニング

体の痛みは危険を知らせるサインなので見逃さない

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

痛みは危険を知らせるサイン

体の痛みは腰に限らず、経験したことが必ずあると思います。

 

まさか今まで痛みを感じたことがない方っていないですよね?

 

 

生きている間なら、絶対に少しは感じたことがあるはずです。

 

僕も毎日のように何かしら「痛み」は感じていますからね。

 

今朝なんか、車のドアに頭ぶつけて痛い思いをしました(^^;

 

まぁそんな痛みについてお話ししますね。

 

痛みはサイン

 

僕が今朝頭をぶつけた痛みと、腰や肩の痛みは話が違いますよね。

 

僕の話は忘れてください。笑

 

腰などの痛みって、結構後回しにされる方多いんですよね。

 

痛いんだけど

 

「まぁこれぐらいなら大丈夫だろう」

 

とか

 

「すぐに良くなるよ」

 

とか思ってません?

 

でもこれを放っておかないでください。

 

その痛みは体が知らせてくれている危険サインなんです。

 

 

このサインを無視しているから痛みをくりかえすことになってしまうんですよ。

 

痛みっていうのは「腰に疲れが溜まってるよー」「腰に負担が掛かっているよー」って体が教えてくれてるんですよ。

 

それを無視し続けたらどうなるか想像できますよね。

 

うん。痛みにずっと追い続けられますよね。

 

だからこそこのサインは見逃してほしくないんですよ。

 

例えばサインを感じれば「今日は少し休もうかな」とか「体を動かさないといけないかな」って思って行動した方がいいと僕は思うんですよね。

 

僕も痛みを感じればそうするようにしています。

 

よく「先生は痛いとこなんてひとつもないでしょう!」とか言われますが、痛みはありますよ(^^;

 

しっかり痛み感じています。笑

 

でも僕は体のサインを無視してないんです。

 

無視せずその時の体を考え、ストレッチしたりトレーニングしたり休んだりしているんですよ。

 

 

(※写真は休みの日にカツサンドを食べてリラックスした時の一コマ)

 

だから同じ痛みを繰り返しにくいってことはあるかなと感じています。

 

サインを見逃さないでくださいね。

 

サインを感じたら「きたきた」って思ってください。

 

もちろん、思うだけじゃダメですけどね。

 

でもそう思えるのも考え方が変わった証拠ですよ。

 

いいことです。

 

今日言いたかったのは、サインは見逃すな!ってことです(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

ケア

1 2 3 9