整体 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【首の痛み】治したければ○○をやめよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

首の痛みで悩んでいる方、結構多いですよね。

 

仕事や日々の中でパソコン作業も増えたし、座る時間が増え、運動不足という方が増えたという背景もあると思います。

 

ですが!!

 

その前に、日常生活内のあることをやめるだけで首の痛みは軽減することをご存知でしょうか?

 

あなたは日常生活内であることをやっていませんか??

 

首の痛みが増す生活

 

日常生活内でよくやっている《アレ》を減らすだけで、首の痛みが減ります。

 

そうアレです。アレをやめればいいんです。

いや、やめるというよりも減らすだけで変わります。

それは・・・

 

=====
スマホの使用時間
=====

 

です。

「またそれかい!知っとるわ!」という怒りの叫び声が聞こえてきますが、聞かなかったことにします(笑)

 

だってそう思った方の大半は、スマホの使用時間がめちゃくちゃ多いから。

 

特に夜の使用時間が多いと、首の痛みと直結しているように感じます。

仕事終わって家でゴロゴロしている時間ずっとスマホ見ているとかね。

 

さらに言えば、布団の中に入ってもまだ、スマホをいじっていると首の痛み・疲れは増すでしょう。

 

もし見ることがやめればいのであれば、夜よりも日中の間にスマホをいじった方が首に痛み・疲れは少ないですよ。

 

まとめ

 

 

夜中のスマホの使用時間を減らし、首の痛みを軽減させていきましょう。

 

僕に騙されたと思って、思い切って夜中の使用時間を一気に減らしてみてください。

 

首の痛みが軽減されるのは当然ながら、寝起きも違うし、疲れの取れ方も違いますから。

本当に簡単にできるし、おすすめです。

 

絶対に変わります。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

【トクサンTV】YouTuberライパチの野球肩を救いたい!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

野球をしているあなたにも共通する部分があるかもしれませんよ。

 

またまた僕がよく見ているYouTubeのひとつでもある、『トクサンTV』に出演しているYouTuber(?)ライパチ氏の肩の痛み(野球肩)の治療動画でした。

 

 

僕が前からこの記事内でも何度か言っていますが、ライパチ氏の肩の痛みは肩だけが原因じゃないので、肩ばかり治療してもYouTubeのネタで終わりです。

 

まぁそれが広告収入に繋がるのであれば、永遠と続けていけばいいのですが、本気で治したいのであれば、もっと違う視点で身体を見た方が僕はいいと思いますよ。

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

 

ライパチ氏の野球肩

 

今回のYouTube内では、

 

=====
①Scapular Dyskinesis(スキャプラ ジスキネジア)の疑い
②腱板機能不全
=====

 

が原因とされていました。

まぁ確かにそうなんですけど、そうじゃないんですよ。

 

毎回肩ばかり見ていますが、ライパチ氏にとってそれは結果であり、原因ではないんですよね。

 

僕が見ている限り、肩の前に治すべきポイントがいくつかあります。

それは以前から記事内で書いていることなんですが、ライパチ氏には届いていません(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n16e483bcae0d

 

② https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

はい。

読んで頂ければわかると思いますが、まず第一に姿勢が悪すぎます。

胸を張り過ぎて、そもそも上半身全体の可動域が低下しています。

 

プロの野球選手やスポーツ選手を見れば分かると思いますが、胸を張り過ぎている選手はいませんし、自然の動物界の中にもいないと思います。

 

その理由は、圧倒的な動きやすさ(可動域の拡大)です。

 

試しに胸を張った姿勢と背中の力を抜いた姿勢で、ライパチ氏のようにオーバースローでスローイングをしてみてください。

 

絶対に後者の方が投げやすいはずです。

 

つまりライパチ氏は、胸を張った姿勢を作ってしまい、背骨の柔軟性(全体)を低下させた(固めた)状態で投げていた!というのが動画越しでも伝わってきます。

 

サイドスローが投げやすい!?

 

 

これも僕が以前記事にしています。ライパチ氏の姿勢の関係上、サイドスローが投げやすいんですよーって。

 

そう書いたところ、今回動画で「サイドスローが投げやすい」と言っていたので、そりゃそうだろ!って思ったわけです(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

まとめ

 

 

肩がダメと言うよりも、今はオーバースローに向いてない身体なのに、無理にオーバースローで投げているから肩を壊すんです。

 

恐らく腰も壊れ、最悪膝も壊すと思いますが・・・。

 

肩の治療をネタとして続けるのであれば、サイドスローに変え、負担を減らした方がいいと思いますが、いずれ、日常生活に支障を与える日が必ず来ます

 

それに肩の神経は首まで繋がっていますので、YouTube編集等で常にパソコンを使うのであれば、肩こり・首の痛みも慢性化してしまいますよ。

 

もうしてるかも!?

 

僕はライパチ氏の肩が治ってほしいので、肩だけではなく、他の部位もしっかりと見てほしいと思います。

 

ライパチ氏の場合、絶対に原因は違う場所にありますから。肩の痛みはあくまで結果。

 

早く気付いてね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

【老化】年齢と共に衰えていく身体的な機能とは??

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前にも似た記事を書いたかもしれませんが、「年齢を重ねるごとに衰えを感じる」というご質問を頂いたので、改めてお話ししていこうと思います。

 

人間どうしても年齢を重ねるごとに衰えていく身体的な機能が存在します。

 

そこを理解し、日頃から鍛え、動かしておくだけでも、同年代と比べた時に、若々しい身体を保っているはずです。

 

あなたはその機能を知っていますか??

 

年齢と共に衰える機能とは?

 

さて衰えていく身体的機能を結論から先に述べますと、

 

=====
股関節・背骨の可動域が著しく低下していく
=====

 

なので、この2つの関節は必ず動かしておくべきなんです。さらに、

 

=====
体幹機能の低下
=====

 

も同時に進行していきますので、これも含め何かしら取り組んでいかないと、同年代と比べた時に、

 

《年齢以上に見える》《年齢以下に見える》

 

という差が生まれてきます。

 

これは別に見た目が綺麗とかハンサムとかという話しではなく、ひとつひとつの動作に表れるんです。

 

周りにいませんか?若々しい動きというか、動き自体が機敏な方。

こういう動作に、動きに差が生まれてくるんですよね。

 

老化による機能低下を防ぐ方法

 

 

僕がオススメする、家でもどこでもできる方法があります。

本当は色々とやるべきことはあるんですが、最低限これだけはやっておくと損しません!

というものがあります。それが、

 

=====
スクワット
=====

 

です。

さすがに「スクワット」は聞いたことありますよね?

 

このトレーニングは最強だと僕は思っています。

 

ただ最強が故に、多くの方はやるのを嫌がります(笑)効果は絶大なのにね・・・。

 

 

ちなみに嫌がる理由は、《きついから》が多いんですが、きついには理由があり、《下半身の筋肉の仕事量が人間の中で最も大きいから》なんです。

 

仕事量と言うのは、言い換えれば、筋肉を使う量(関節も含む)のことです。

 

スクワットは基本的に、下半身を使うトレーニングですから、仕事量が非常に大きいんですよね。

だからきついし、疲れるし、やりたくないんです。

 

でもそこを乗り越え、スクワットを継続的に行うことで、老化による機能低下を予防できますよ。

だって仕事量が多いトレーニングなんですからね。

 

筋肉もたくさん使えば、関節も複数使い、かつ大きく使います。

こんな効率のいいトレーニングは他にありません。

これを読んだあなたは今すぐ、今日から、毎日最低10回のスクワットを続けてみましょう!

 

数ヶ月後、真面目に取り組んでいたのなら身体は大きく変わっていますよ。

 

まとめ

 

 

スクワットは毎日やってもいいので、続けてみてください。ポイントは、

 

=====
内股にはならない
猫背にならない
=====

 

この2つを最低限意識しながら行うことで、さらに効果は増していきますよ。

 

「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いですが、とりあえずスクワットをしましょう。

最強かつ簡単な方法で若々しい身体をキープできますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【登山】広島で初心者におすすめの山はありますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

前々から「登山をやりたい!」と思っていたんですが、なかなか実行できず・・・。

 

ですが、先日ついに登山を実行できることになり、初心者に優しいと言われている【深入山】に一人で登ってきました。

 

 

初めて一人で山を登りましたが、意外といいものですね。

山頂なんか風も景色も気持ちよかったですよ。

 

次はどの山を登ろうかな?とすでに考えています。

 

 

ちなみにYAMAPというアプリで山を記録していますので、もし登録している方がいましたらフォローしてください。

フォロバしますので、YAMAPでも交流しましょう!!

 

https://yamap.com/users/2797851

 

僕は登山初心者なので、山を知りません。

ですので、もしおすすめの山をご存知でしたら是非教えて頂ければ嬉しいです。

 

ちなみにSNSで「初心者が登れるおすすめの山教えてください」と流したところたくさんのおすすめ山を教えて頂きましたので、こちらでもご紹介致します。

 

=====
武田山(安佐南区)
弥山(廿日市)
日浦山(海田)
十方山(廿日市)
極楽寺山(廿日市)
窓ヶ山(安佐南区)
三倉山(大竹市)
白木山(安佐北区)
広島湾岸トレイル
=====

 

と多く教えて頂きました。

僕としてはまず、SNSで教えて頂いた山から順に登っていきたいなと思います。

どこから登ってみようかな??

 

まぁ中には調べたら初心者向けではない物も中に含まれていましたが、そこは最後に(笑)

 

あなたのおすすめの山はありますか??

もしあれば是非教えてください。

 

そしてもし、YAMAPを登録していましたら、よろしくお願いいたします。

https://yamap.com/users/2797851

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

日常

【台風14号】広島にも急接近で注意が必要です!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

台風14号(ナンマドル)が非常に強い勢力で、日本列島を縦断しようとしていますね。

 

各地、強い雨や強い風にご注意ください。

 

僕が住んでいる広島にも直撃の恐れがあるみたいで、先程ベランダのものを部屋に取り込んだり、自転車を中に入れたりし、台風対策をしていました。

 

 

 

予報では、広島には明日の19日(月)昼過ぎ~夕方辺りまでが一番急接近するそうです。

 

もし仕事やお出掛けの用事がある方はお気をつけて下さい。

 

また明日のご予約を頂いている方には、みなさんに事前にご連絡していますが、

 

=====
安全第一で行動してください。身の危険を感じる様であれば、無理せずキャンセルのご連絡を。
=====

 

今回の台風は過去の台風と比べても、かなり大きく強い勢力を持った台風らしいので、身の安全第一で行動していきましょうね。

 

広島に限らず、全国各地の台風被害が少ないことを祈ります・・・。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

日常

【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「歩くと腰が痛くなるんです」というご質問を度々頂きます。

 

その中で多い原因が《股関節》です。

 

股関節のある動きが悪くなると、歩いた時の腰痛の原因になりますよ。

 

歩行と腰痛の関係

 

歩く時、股関節は前に後ろに振りますよね。

この動きが悪くなると、腰に負担が掛かり、腰痛になるんです。

その中でも

 

=====
股関節を後ろに振る動作(伸展)
=====

 

が非常に重要になってきます。

 

この動作ができなくなると、腰が股関節の動きをカバーしようと過度な伸展(反り)が繰り返し入ることになり、腰に反るストレスが溜まっていきます。

 

それが結果として、歩く時の腰痛へと繋がるんです。

 

歩行と猫背の関係

 

 

さらに猫背で歩くと、先程言った股関節の伸展動作はもっと制限されていきます。

 

想像したらわかりますよね。

丸まった背中の状態で、股関節を後ろに振るのは難しいです。

 

なので、股関節の伸展制限があり、さらに猫背で歩行していると、腰が痛くなる原因となります。

気を付けて下さいね~。

 

まとめ

 

 

まとめますと、

 

=====
股関節伸展制限+猫背は最悪で、腰痛が悪化してしまう
=====

 

ってことです。

ただ正直な話、それでも腰の痛みを感じてない方も中にはいらっしゃるわけで、一概に“それだけ”が原因とは言えないんですけどね。

あくまで確率です。

 

まぁそれでも腰痛になる確率は下げておきたいので、できるだけ今回の2つの要素は取り除いておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

【リハビリ】痛いなら安静にするべきなのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い。膝が痛い。肩が痛い。肘が痛い。

 

など各関節に痛みがあり、動かすのが難しい場合、安静にするのがいいのでしょうか?

というよりも安静にする方が多いと思います。

 

ですが!!本当にそれでいいのでしょうか??

 

痛いなら安静?

 

痛くても、動かせる範囲で可能な限り動かした方がいいというのが僕の考えです。

 

ですがそれも無理な場合、どうすればいいのでしょうか?

 

仮に肩が痛い場合だとすると、

 

=====
肩関節近隣の関節と反対側の肩関節は最低限動かしておくべき
=====

 

だと考えています。その理由としては、

 

=====
神経の動きを止めたらダメ
=====

 

だからです。

仮に肩が痛いからと、上半身全ての動きに制限を掛けてしまえば、治りは遅くなり、治った後も、可動域の低下などに繋がりやすいと言えます。

 

今回例にあげた肩関節であれば、肘や手首、指、首などは肩関節と繋がる神経ですから、それらの関節を動かすことは、必然的に肩関節の神経も一緒に動かしていることになります。

 

だから、「安静しましょう」と言われたから全身安静にしますではなく、患部は安静にするものの、その他の関節は可能であれば積極的に動かすべきなんですよね。

 

まとめ

 

 

医師の安静にしましょうは、患部のことであって、全身のことではないですからね(笑)できるのであれば、その他の関節は動かしておいてください。

神経の動きを止めてしまえば、完治後後悔することになりかねません。しっかりと動かしておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【腱鞘炎】指の痛みが治らない原因は姿勢?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腱鞘炎で悩む、特に女性の方は多いですよね。

僕も何人も見てきました。

 

その中でよく聞くのが「痛みがなかな引かずずっと痛いんです・・・」

 

ということです。病院に行っても多くが「安静にした方が治りが早い」と言われるかもしれません。

 

でも手って基本的に毎日ずっと使う部位でもあるので、安静は比較的難しい。

でも症状も改善させたい!!

その方法をお伝えしていきますね。

 

腱鞘炎

 

腱鞘炎を治すにあたり、手首や指などを治療してもなかなか症状が改善しない。

 

その場合、原因は手首や指にないことも結構あります。

 

実は腱鞘炎って、何も手首や指だけが原因ではなく、他の部位がその症状を引き起こしていることもあるんです。それが、

 

=====
第一肋骨・頸椎5番・頸椎6番
=====

 

です。

「腱鞘炎と全然関係ないじゃん!」と思われたかもしれませんが、そうでもないんです。

 

神経と言うのは、脊柱(頸椎も)から末端へと伸びていきます。

と言うことは、腱鞘炎で痛む神経も元を辿れば脊柱(頸椎)にあるってことです。

 

つまり、神経系の根本である根元が悪いから、それが手首や指にきているパターンです。また他にも、

 

=====
胸椎全体の後弯
=====

 

も腱鞘炎に影響を与えます。

要は、猫背ですね。

 

ここまで書いたら勘の方なら気付いたはずです。そう。

 

=====
姿勢が崩れ、脊柱近辺の可動域が落ちると、腱鞘炎になるリスクも高まる
=====

 

ってこと。

腱鞘炎って言っても全身を見る必要性が出てきますね。

 

まとめ

 

 

姿勢恐るべし・・・。オー怖い怖い・・・。

 

腱鞘炎で悩んでいる方は、今一度、自分の姿勢や脊柱の可動域も確認しておきましょう。

 

そこが原因になっている方、あなたが思っている以上に多いので、試してみて損はないですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

姿勢

【姿勢】神経を痛め続ける姿勢をとっていませんか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

神経は全身に張り巡らされています。

脊柱から始めり、四肢の末端へと繋がり、感覚感じています。

 

そして神経が何かしらの原因で損傷することで、痛み・痺れなどに繋がり、腰痛・膝痛・肩こりなどになるんです。

 

そこで重要になるのが、日々の姿勢です。

 

神経を痛めやすい姿勢を続けていれば、それだけ神経にとっては悪いということになり、慢性痛の原因にもなりかねません。

 

あなたの姿勢はどういう姿勢をとっていますか?

 

姿勢と神経

 

日常の中の姿勢の種類は大まかに分けて、

 

=====
①神経系が最大伸張された状態での静的な姿勢
②動的な姿勢の中の部分的要素を繰り返すこと
➂静的な姿勢と動的な姿勢の組み合わせ
=====

 

があります。

日常的な動作で言い換えれば、

 

=====
①ベッド上で本を読んでいる姿勢
②洗濯物を干す作業
➂デスクワークで帰宅後も同じ姿勢でスマホ(読書)
=====

 

みたいな感じです。

ちなみにこの中で最も神経を悪くしてしまう姿勢は、

 

=====
➂静的な姿勢と動的な姿勢の組み合わせ
→デスクワークで帰宅後も同じ姿勢でスマホ(読書)
=====

 

です。心当たりある方も多いのではないでしょうか?

 

要は1日中、同じ姿勢を繰り返すと神経系的にも悪影響ですよってこと。

 

この姿勢を繰り返していれば、腱鞘炎・五十肩・腰痛・膝痛のリスクは高まります。

 

なので、日頃からストレッチなりして、固まってしまった身体の筋肉・神経を緩めてあげる必要があるんですよ。

 

まとめ

 

 

もしも➂の姿勢を繰り返す生活を送っているのであれば、その生活の中に、ストレッチ・トレーニングをほんの少し取り入れてみましょう。

 

身体は徐々にではあるかもしれませんが、必ず変わっていきますよ。

 

ただし、ストレッチ・トレーニング後に痛みが増した場合、方法が間違っている可能性が高いので、その場合はやり方を変えてみて、自分に合ったものを探してみてくださいね。

 

それでもわからなければ、いつでもご相談ください(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

姿勢

【運動】継続的な運動が免疫力を維持させる!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

近頃噂のウイルスが広がり、免疫力を上げたい!と意識高めの方も増えてきたと思います。

 

ですが残念なお知らせです。

 

免疫力は上げることが不可能なんです。免疫力は上げるのではなく、下げないようにするというのが正しい表現で、上げるというよりも下がったものを元に戻す感じでしょうか。

 

そこで免疫力低下を防ぐために重要になってくるのが、《継続的な適度な運動》です。

あなたは適度な運動を継続的に行っていますか??

 

免疫力と運動

 

まず免疫力を下げないためには、基本的に《暴飲暴食》は避けましょう。

 

血糖値が上昇することで、免疫力が著しく低下してしまうので、そこは避けた方がいいと思います。

糖尿病の方が感染症リスクが高い理由も血糖値の高さにありますから、糖尿病でない方は、食事の工夫も免疫力維持には必要不可欠です。

 

そして次に重要になるのが《運動》です。

ある研究データでは、

 

=====
週3回/1日20分以上の適度な運動が免疫力の低下を防ぐ
=====

 

というものがあります。

ちなみに適度な運動とは、例えば歩く時、誰かと喋りながら歩ける程度の強度のことを言います。

心地よい感じですかね。

 

そして逆に強度が高すぎる(喋れない程)と、免疫力は低下しますので、ご注意を。

 

まとめ

 

 

免疫力を下げないためには、

 

=====
暴飲暴食をせず、適度な運動を習慣化すること
=====

 

ということになります。

免疫力が気になる方は、まず食事・運動を見直しましょう。

 

そこをすっ飛ばして、やれ栄養だ!とか、やれ薬だ!とか言わないでくださいね。

基本を守ることこそが非常に重要なんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

1 2 3 37