広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

腹筋・体幹を鍛えておけば腰痛知らずの腰になるの??

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

最近よくご相談を受けるのですが、

「腰痛だから腹筋頑張っています!腹筋つけたらいいんですよね?」って感じについてです。

 

 

9割ぐらいの方が「腰痛予防=腹筋と思われているんじゃないでしょうか?

 

 

でも実はその常識・・・

 

 

間違っているんですよ!!

 

 

 

 

なんで間違っているのか、このブログで詳しく解説していこうと思います。

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • なぜ「腰痛=腹筋」ではないのか?
  • 腹筋は逆効果!?腰を痛める?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

腰痛で腹筋を頑張っているという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

なぜ「腰痛=腹筋」ではないのか?

 

 

そもそもですが、なんで「腰痛=腹筋」になったんでしょうね?

僕はよく知りませんが・・・(笑)

 

 

恐らくどこかのデータで、「腹筋(群)が腰痛に有効だった」みたいな検証結果が出たのではないかと思います。

 

 

そして、「腹筋で筋肉のコルセットを作って腰を強くしよう!」みたいなことも言われていましたよね。

今でも言っているのかな?わかりません・・・

 

 

だから「お腹の筋肉を鍛えるんなら、そりゃ腹筋でしょ!」みたいに広まったのかなと思います。

でも腹筋がたくさんできたからと言って、100%腰痛予防になるってことはないんですよ。

 

 

それだったら、シックスパックに割れたお腹の方はみんな腰痛知らずになりますよね(^^;

 

 

 

 

まぁでも実際はそんなことないわけです。

逆に腰痛持ちの方なんてざらにいます。

 

 

腹筋だけしてもダメなことが多いんです・・・

もっと全体的に見ていきましょう!

 

 

腹筋は逆効果!?腰を痛める?

 

 

腹筋の動きは、腰を曲げ伸ばしする動作でもあります。

この動きは、腰痛の方にとっては痛みを誘発する動きではないですか?

 

 

例えば、ヘルニア。

ヘルニアの場合、腰を曲げるという動作がNGだったりします。

余計に腰を痛める結果に繋がります。

 

 

「でも病院では腹筋を鍛えなさいと言われるんです・・・」

だったら腰を曲げない体幹トレーニングだ!という方も多くいます。

 

 

 

 

こんな感じのトレーニング。

確かにお腹とかに力は入りますが、これでいいのでしょうか?

 

 

体幹(お腹辺り)をキープした動きなんか、日常生活にほぼありません。

掃除・洗濯・料理など、いつどの場面で、普通の方が体幹をキープしていますか?

 

 

この形の筋肉を鍛えたところで、日常生活ではほぼ役に立たない筋肉がつくと僕は思います。

 

 

もちろん、100%ダメって訳ではありませんよ。

多少の効果はでるかと思います。

 

 

でも一般的な腹筋では、腰の曲げ伸ばしを大きくするので、逆効果になることはあります。

どうしてもやる場合は、注意してくださいね。

 

 

まとめ

 

 

腹筋はほどほどに!

腹筋して腰が痛いならやらない!

 

 

もしよかったらYouTubeでは、腹筋をしない腰痛予防のトレーニングなどを投稿していますので、ご参考にしてみてください。

↓↓

http://bit.ly/2VlpytE

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :          

腰痛

在宅中に夫婦・カップル・親子でできる腰痛改善ペアマッサージ

 


 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回の頂いた質問は、

 

 

「自宅にいる時間が増えたので、夫婦でできる腰痛改善はないですか?」

 

 

というご質問を頂いたので、ペアでできる腰痛改善方法について説明していきますね。

折角なので今回は、ペアマッサージという形でいこうと思います。

 

 

というわけで、

 

 

  • ペアでできる腰痛マッサージ
  • なぜそこを揉むのか?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

折角なのでこの機会に、コミュニケーションをしっかりとりながらやってみてくださいね。

 

 

アでできる腰痛マッサージ

 

 

夫婦でも親子でも、ペアでできる簡単な腰痛改善マッサージをご紹介致しますね。

ぜひ、一緒にやってみてください。

 

 

アセルフマッサージ

 

 

今回は、最初に動画を見て頂きます。

動画を見ながら、まず試してみてくださいね。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

簡単に誰でもできそうですよね。

 

 

力加減には、注意してください。

相手に確認しながらおこなってくださいね。

 

 

それこそ、コミュニケーションが大切!

 

 

ぜそこを揉むのか?

 

 

なんでそこを揉んだら腰痛に効果的なんでしょうか?

 

 

果のある理由

 

 

まず、腰の部分。

 

 

腰の骨(腰椎と言います)の近くの筋肉は、デスクワークなど丸まった姿勢が続くと疲れやすい部位です。

なので、ここを揉むことで血流を促進させ、腰痛改善へと繋がるってわけです。

 

 

単に腰を揉むよりも、ポイントを絞って揉むことで効果も倍増しますよ。

 

 

次に、股関節の部分。

 

 

これは、何度かお伝えしていますが、「股関節=腰」と密接な関係があります。

股関節のキワにある筋肉をほぐすことで、腰の動きも同時に改善されるわけです。

 

 

どちらもポイントをしっかりと揉むほぐしてみましょう!

効果がでると思いますよ。

 

 

とめ

 

 

一緒にいる時間も長いと思いますが、この機会に普段取らないようなコミュニケーションをしっかりと取ってみましょう!

 

 

腰痛もよくなるし、仲もよくなるきっかけになるはずです(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :      

腰痛

テレワークで増える腰痛の原因と改善方法

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

先日、NHKから取材を受けました。

題材は、「テレワークの方に向けた腰痛予防・改善」についてでした。

 

 

ちょうど、そのご質問も頂いていたので、このブログで詳しく解説していこうと思います。

 

 

「毎日自宅にいるし、テレワークで腰に痛みを感じやすくなりました。」

 

 

コロナの影響で、加速するテレワーク。

多くの方が自宅にいる時間が増えたと思います。

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • なぜテレワークで腰が痛くなるのか?(原因)
  • 自宅にいても腰痛にならないためには?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

テレワークで腰に痛みを感じやすくなったという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜテレワークで腰が痛くなるのか?

 

 

仕事で毎日のようにパソコンを使うのに、テレワークになると余計に腰が痛くなる。

作業自体は、そこまで変わらないのになぜ腰の痛みは大きく変わるのでしょうか?

 

 

の痛みの原因

 

 

 

 

まず、僕なりに考えられる点を挙げていきます。

 

 

①運動不足

②血行不良

➂姿勢不良

 

 

以上の3点が大きく関係しているかと思います。

では、ひとつずつ解説していきますね。

 

 

運動不足

 

 

 

 

通勤がなくなり、移動という運動がなくなったわけです。

これは、多くの方が唯一と言っていいほどの、運動だったんじゃないでしょうか?

 

 

それはさすがに言い過ぎました(^^;

「えっ?その通りです?」(笑)

 

 

まぁどちらにせよ、運動不足は否めないわけですよね。

 

 

このせいで筋肉・関節は衰え、動きにくくなります。

結果、腰の動きも悪くなり、今までできていた動きで痛みを生じてしまうのです。

 

 

血行不良

 

 

 

 

過去のブログ(腰痛は血行不良!?)でも挙げましたが、血行不良になると痛みを感じやすくなります。

 

 

運動不足で、筋肉を動かさなくなると、血行不良になりそうなのは想像できますよね。

つまり、腰周りの筋肉が血行不良になり、痛みを感じやすくなってしまうというわけです。

 

 

また、自宅にいることで、水分をとらない方が急増しています。

水分不足もまた、血行不良に繋がりますので、注意が必要です。

 

 

姿勢不良

 

 

 

 

まぁこれは、パソコンをする方であれば、誰でもそうなるかと思います。

仕事柄仕方のないことです。

 

 

ここでは、絶対に疲れない姿勢をお伝えしましょう!

 

 

と言いたいとこですが、残念ながらそういうものは存在しません。

同じ姿勢で作業すれば、痛みを生じるのは当たり前。

 

 

寝返りも同じ理論です。

同じ姿勢で寝ると体が痛くなるので、無意識の内(本能)に寝返りをしているんですよね。

 

 

ただ、それでは「教えてよっ!」と言われそうなので、、、

今ままでの負担を減らす方法を教えますね。

 

 

①お尻をずらさない

②腕を伸ばさない

 

 

の2点だけでも大きく変わります。

 

 

 

 

①は、椅子に座っているときに、お尻をずらして座ることで、腰への負担が著しく悪化します。

 

 

②は、①の姿勢になり、そのまま腕を前に伸ばして作業することです。

 

 

①と②を組み合わせて作業している方も多いかと思いますが、これを変えるだけでも症状は軽くなります。

 

 

また、椅子ではなく、床で足を伸ばした状態(長座位と言います)だと、太ももの裏の筋肉の柔軟性が非常に重要になってきます。

いわゆる、長座体前屈の姿勢で作業しているわけですから、長時間の作業でしんどくなるのは想像できますよね。

 

 

レワークで腰痛にならないためには

 

 

長々とすみません。

やっと改善方法についてお話ししていきます。

 

 

痛をやっつけよう!

 

 

まず言いたいのは、改善するために「ラク」はできません。

少し自分のカラダと向き合うことが必要です。

 

 

僕がみなさんにおすすめしているのが、「自宅でも運動する時間を作る」ということです。

 

 

1日に5分でも10分でもいいんです。

その時間を使って、自分のカラダを腰痛を改善しましょう。

 

 

この時間が作れない限り、腰痛改善は不可能でしょう。

だって腰痛を治すのは、あなたなんですから。

 

 

僕ではありません。

あなたなんです。

 

 

その時間を積極的に作りましょうね。

僕は朝と夜に10分程度の時間を作ってますよ(^^)

 

 

あなたも一緒に時間を作りましょう!

 

 

テレワーク腰痛で悩む方へ、僕がおすすめの腰痛改善筋トレはこちらです。

 

 

 

 

丸くなって弱った腰の筋肉を鍛えましょう。

そうすることで、腰痛改善に繋がります。

 

 

他にも僕のYouTubeでも「おうちでできる腰痛予防・改善」の方法を随時更新しています。

よかったら参考にしてみてくださいね。

↓↓

おうちで腰痛予防・改善

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :       

腰痛

歩くと痛くなる腰の原因と改善方法(筋トレ)

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、

 

 

「長距離歩くと、腰が痛くなります。どうにかしたいです!」

 

 

というご質問を頂いたので、その原因と改善方法について説明していきますね。

 

 

年齢を重ねるほど、長距離で歩くのが辛くなります。

でもその原因にはある特徴があるんです。

 

 

知りたいですよね。

知っておけば必然的に痛みも予防・改善できるはず!

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • なぜ歩くと腰が痛くなるの?(原因)
  • ずっと歩けるために必要なこと!

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、歩いていると腰に痛みを生じてしまうという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜ歩くと腰が痛くなるの?

 

 

まずは、なんで痛くなるのか知っておかないとですよね。

症状・原因は様々ありますが、その中でも多いものにピックアップしていきます。

 

 

こが動いていない!?

 

 

結論から言いますね。

ズバリ!!!

 

 

【股関節】

 

 

が動かないのが原因なんです。

 

 

詳しく言うと、股関節が後ろに動かないのが原因となります。

専門用語で言うと「股関節伸展制限」といいますが、これが本当に厄介なんです。

 

 

これ、本当に多いんですよ。

どういう動きかわかりますか?

 

 

 

 

こんな動きなんですが、「簡単にできるよ!」と思われたかもしれません。

でもこれが上手くできているようで、出来ていない方がほとんどです。

 

 

上手くできているのは、腰が過剰に動いてそう見えるだけ。

そういう方は、この動きをすると「腰が痛いっ!」ってパターンもでたりします。

 

 

腰や膝に痛みがでている方は、ほぼこの制限が掛かっています。

だからここを解消しないといけないんです。

 

 

あなたは、股関節が後ろに「ちゃんと」動きますか?

 

 

が負担を肩代わりする

 

 

そして、股関節が後ろに動かない代わりに、腰を使って後ろに動こうとします。

それが歩く時に顕著にでてくるわけです。

 

 

なので、歩けば歩くほど、腰に症状がでるわけですね。

 

 

歩くときの動きを絵にしました。

赤枠を見てもらえば、股関節が体よりも後ろに動いているのがわかるかと思います。

 

 

 

 

うん。わかりやすいですね。

制限が掛かると赤枠部分が出来なくなる!ということ。

 

 

そして、次の写真も見てみてください。

少し大げさですが、股関節の動きが悪いとこうなります。

 

 

 

 

腰が反っているのがわかりますか?

(いい写真無くてなるべくわかりやすい写真選んだつもりなんで、わかってもらえたら嬉しい。。。)

 

 

まぁ先程も言いましたが、こんな歩き方をしている方はいません。

大袈裟に表現していますからね。

 

 

実際には、足は上がらず、反り腰気味で歩いている感じですかね。

「歩くと腰が痛いなー」と感じている方は、だいたいこんな歩き方をしています。

 

 

みなく歩くためには?

 

 

じゃあ、どうすればいいのか説明していきますね。

 

 

関節を反らせるように!

 

 

答えはシンプルです。

股関節を後ろに反らせるようにすればいいだけです。

 

 

「それがわからないから困ってるんだよ!!」

って思われたかも・・・

 

 

ごめんなさい。

でもこれ意外と難しいんです。

 

 

なぜかと言うと、

 

 

①股関節の動きをつける

②動き方を覚える

 

 

という、すごく簡単に書きましたが、こんな流れが必要になってきます。

そして、②が非常に難しいんです!

 

 

もう、腰でカバーする動きを何十年も体が覚えていると、中々戻りにくいのが現実。

戻りにくいと言うのは、体が本来の動きを思い出せないということ。

 

 

つまり、股関節が動くようになったとしても、また、腰で動こうとしてしまうんです。

これまた厄介ですよね。

 

 

例えば、一人で動き方を習得するためには、「筋肉が動いている感覚」が重要になるわけです。

 

 

・腰に力入っていないかな?

・お尻に力入っているかな?

・腰反ってないかな?

 

 

とか自分の感覚を鋭くしておくことが大切です。

 

 

もちろん、専門家とおこなうのがベストではあるんですけどね。

間違っていれば、指摘して修正できるので。

 

 

お一人で行う場合、ここも頭に入れておくと、より改善されていきますよ。

頑張ってくださいね(^^)

 

 

善トレーニング

 

 

では、改善方法にいきましょう!

今回の動画では、主に①の部分の修正になります。

 

 

ですが、②の要素も多少含んでいますので、ご活用頂ければと思います。

 

 

 

 

この動画を見ながら一緒にトレーニングするといいですよ。

 

 

とめ

 

 

「生涯、自分の足でしっかりと歩きたい!」というのは、多くの方が思っていることでしょう。

 

 

そのためにも、日々の努力やケアが必要です。

10年・20年後あなたは元気に歩けていますか?

 

 

僕のお客様の中には、車椅子の方がいらっしゃいます。

今は手を繋げば少し歩けるようになりましたが、早く自力歩行させてあげたいです。

 

 

今歩けている喜びを忘れずに、予防・対策をしっかりと考えておきましょうね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :       

腰痛

座って立つと痛くなるお尻の「原因」と「改善方法」

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、

 

 

「長時間座ったあとに、立つとお尻が痛くなります」

 

 

ってご質問を受けたので、その解答ブログにしていきます。

コロナの影響で、座る時間も長くなりましたもんね。

 

 

詳しい症状はお聞きしていないのですが、推測で、原因と改善方法について解説していきます。

 

 

  • なぜお尻が痛くなるのか?(原因)
  • 痛みを取る方法はこれ!

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、お尻の痛みに悩んでる!という方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜお尻は痛くなるのか?

 

 

「座るとお尻が痛い」「立つとお尻が痛い」とか、意外とお尻の痛みで悩んでいる方は多いのかな?と思います。

 

 

痛くなる原因は、人それぞれいくつかあるのですが、

 

 

①股関節の固さ

②背骨の固さ

➂腰の筋力低下

 

 

について、説明していきますね。

 

 

股関節の固さ

 

 

座る・立つなどの動作の時、大きく関わる関節は「股関節」になります。

 

 

・座っている時→大きく曲がる

・立っている時→ほぼ真っすぐ(少し反る)

 

 

という感じに働いています。

どういうことかと言うと、座ったり、立ったりすると股関節は、大きく動く必要があるってことです。

 

 

でも大きく“正しく”動くためには、

・小さい筋肉(インナーマッスル)

・大きい筋肉(アウターマッスル)

のバランスが普段から必要になってきます。

 

 

例えば、日頃から股関節が曲がっている状態(座っているなど)が多い場合、股関節のインナーマッスルを過剰に使うカラダになります。

 

 

(※写真内の文字はスルーしてください)

 

 

もしそれが癖になっていれば、インナーマッスルは疲労しやすくなります。

そして、疲労をきっかけに、お尻辺りの痛みに繋がりやすくなります。

 

 

そういう場合、アウターマッスルを使えるカラダに戻していく必要もあるわけです。

多くの方が、このパターンにはまっているかと思います。

 

 

背骨の固さ

 

 

これは、先程の股関節と繋がってきます。

「股関節の動き=背骨の動き」だったりもするんでね。

 

 

 

 

写真で見てもらうとわかるように、背骨の腰の動きと首の動きは連動しています。

 

 

これがどういう意味なのか?

さっきも記載していた写真を見てみましょう!

 

 

 

 

股関節が曲がっていれば、腰の背骨も曲がります。

同時に首の背骨も前に曲がっていくわけですね。

 

 

つまり、猫背の姿勢になっていきます。

 

 

結果、お尻のインナーマッスル等が疲労し、痛みに繋がります。

 

 

腰の筋力低下

 

 

これまた、①②と繋がってきます。

①②の姿勢に繋がると、イコールで腰の筋肉の低下が始まります。

 

 

逆を言えば、腰の筋肉を鍛えれば、お尻のアウターマッスルも使えるカラダになりやすくなるってことですね。

 

 

また、腰の横の筋肉などは固くなる傾向です。

ここは伸ばしていく必要性もありますね。

 

 

パターンもあり得る

 

 

実は、①~➂の原因と全く逆のパターンもあり得るんですね。

でも多くは、上記で説明したパターンが多いと僕は思います。

 

 

カラダの状態を見極めることも大切になってきますね。

 

 

みを改善するために

 

 

では、お尻の痛みを改善させるためには、どうすればいいんでしょうか?

簡単に説明していきますね。

 

 

節を動かせ!

 

 

もうとってもシンプルです。笑

関節を普段からしっかりと動かしてください!

 

 

日々動かしていないから、関節周りの筋肉も硬くなるんです。

小さくではなく、大きく動かすように心掛けてみてください。

 

 

例えば、就寝前に布団で、股関節を回すとか。

簡単にできることはあります。

 

 

とにかく、動かせ!

 

 

もうこれだけです。

これが改善するための第一歩だと思ってくださいね。

 

 

っくり腰のリスクUP

 

 

最後にもうひとつ。

コロナの影響もあり、動くことも少なくなったと思います。

 

 

ということは、先程もお伝えしたような「関節を動かす」ということも減っているわけですよね。

 

 

こうなってくると、ぎっくり腰のリスクも高くなるんです。

 

 

動かさなくなる→急に動かす=ぎっくり腰

 

 

安易ではありますが、そんなな流れになりがちです。

少しでもいいので、動きましょう!

 

 

いや、本当にそれが大切なんですよ。

1分でも3分でもいいので、「動かす時間」を作ってくださいね。

 

 

 

とめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

あなたのお尻の痛み改善に少しでも役立ったでしょうか?

少しでもお役に立てなら嬉しいです!

 

 

最後に言ったように、「動かす時間」を積極的に作りましょうね。

 

 

自宅でもできるようにYouTubeで様々な運動方法を投稿しています。

もしよかったら参考にしてみてくださいね。

↓↓

藤野の腰痛改善YouTube

 

 

お尻の痛みも、腰の痛みも治していきましょう(^^)/

もし、痛みでしんどいようならお声掛けくださいね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :            

腰痛

【腰痛改善ストレッチ】腰痛の原因でもある股関節をストレッチ・筋トレで動かす

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

前回のブログに引き続き、好評だった股関節シリーズです。

 

 

「腰痛予防のために、何をしたらいいんでしょうか?」

この質問が本当に多いんです。

 

 

今回も腰痛に効果的な股関節のストレッチ&筋トレをご紹介致します。

 

 

ただ、前回よりも少し難易度を上げていますのであしからず・・・(笑)

 

 

  • 腰痛予防のためのストレッチ&筋トレ
  • 股関節を動かすメリットとは?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、腰痛予防に何をしていいのかわからないという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

痛予防のストレッチ

 

毎日のストレッチで、腰痛予防ができるのならば、これに越したことはありませんよね。

ぜひ、日々のストレッチにご活用ください。

 

 

関節ストレッチ

 

 

まずは、動画でストレッチしていきましょう!

説明はそのあとで。

 

 

 

 

どうでしたか?

少々きつめですが、やっておいて損はないと思いますよ。

 

 

股関節エクササイズ3種類の内訳は、

 

 

①スパイダーマン

→足を踏み出す力(股関節を出す)を養います

 

②合掌股割り

→股関節が深い位置でも動くようにします

 

➂股関節コントレール

→股関節を内外と動かす力を養います

 

 

名前は今適当につけました!(笑)

筋トレやストレッチの名前なんて、さほど重要ではありませんからね。

 

 

痛みがある方は無理せずに、出来る範囲で頑張ってみてください。

 

 

関節を動かすメリット

 

股関節ってカラダの中でも最も大きな関節なんです。

動いていないと大変なことに!?

 

 

関節は大切!

 

 

最も大きな関節ということは、それだけ動き(可動域)もあるということです。

 

 

ここが動かなければ、

 

 

  • 他の関節の負担が増える
  • 姿勢が崩れる(猫背など)
  • 歩けなくなる

 

 

などといった障害がでてきます。

そして、このような障害がでてくると二次障害も始まります。

 

 

  • 全身の筋肉が低下していく
  • 関節にダメージを負いやすい

 

 

ということが起こります。

 

 

理由はシンプルで、大きな関節(股関節)が動かないので、小さな関節たちが日々頑張ります。

 

 

そして、小さな関節には、小さな筋肉たちが多く集まります。

その中でも、働く筋肉・働かない筋肉と分けられます。

 

 

さらに言えば、小さい筋肉ばかり使うので、大きな筋肉は正しく使われなくなります。

つまり、バランスが崩壊していきます。

 

 

もちろん、股関節の動きが悪ければ、体の重心位置も変わってくるわけで、重心バランスも乱れます。

 

 

悪いことばっかりです。

まとめると以下になります。

 

 

股関節が動かないと、、、

 

 

①筋肉が低下し、バランスも崩壊する

②他の関節への負担が倍増する

 

 

ってことです。

まぁ、腰痛で悩んでいるなら股関節動かしましょうよ!ってことです。

 

 

日々の運動がなによりも大切ですよ!

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

腰痛

【腰痛の専門家が教える】股関節を使った腰痛改善ストレッチ方法

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

「腰痛予防のために、何をしたらいいんでしょうか?」

この質問が結構多いんです。

 

 

正直、正解は絞り切れないのですが、ひとつ腰痛に効果的なことをご紹介しますね。

 

 

それが、股関節を動かすことです。

 

 

今回のブログでは、腰痛専門家が教える股関節ストレッチをご紹介していきます。

 

 

  • 腰痛予防のためのストレッチ
  • 股関節と骨盤がセット?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、腰痛予防に何をしていいのかわからないという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

痛予防のストレッチ

 

毎日のストレッチで、腰痛予防ができるのならば、これに越したことはありませんよね。

ぜひ、日々のストレッチにご活用ください。

 

 

関節ストレッチ

 

 

まずは、動画でストレッチしていきましょう!

説明はそのあとで。

 

 

 

 

どうでしたか?

これだけでいいんですよ。

 

 

ポイントとしては、

 

 

①膝は体側の肩へ近づける

②お尻も一緒に浮かす

➂小刻みに動かす

※両膝は必ず曲げておきましょう

 

 

でしたね。

痛みがある方は無理せずに、出来る範囲で頑張ってみてください。

 

 

関節と骨盤がセット?

 

 

動画でも説明したように、「股関節・骨盤」はセットで考えます。

その意味を今から説明しますね。

 

 

関節と骨盤がセットの理由

 

 

股関節が動く時に、骨盤は一緒になって動きます。

これを「腰椎骨盤リズム」と言います。

 

 

名前はどうでもいいんですが(^^;

要するに先程言ったように、股関節が動けば、骨盤も同じように動きますよってことです。

 

 

ここが崩れると腰痛に繋がりやすくなります。

なので、結構大切ではあるんですよね。

 

 

特に高齢者になると、このリズムが大きく崩れていきます。

当然、腰痛の方もね。

 

 

椎骨盤リズムを整える

 

 

今回ご紹介したストレッチで、このリズムを整えていきます。

だから、骨盤も動かしましょう!とお伝えしたんです。

 

 

一緒に動かしていくストレッチって、意外と少ないんですよね。

ただ、股関節を伸ばしたりするだけのものは多いんですが・・・

 

 

人間の体は「連動」ってのが大切にもなります。

ここを意識したストレッチも今からは重要になってくるでしょう。

 

 

恐らくですがこれからの時代、

 

 

キープするような従来のストレッチは減り、僕が言う「連動した動きのあるストレッチ」が主流になってくるかと思います。

 

 

しっかりとここを意識したストレッチをしていきましょう!

腰痛予防には大切なことですからね(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

腰痛

朝スッキリ起きるために、寝る前にやるべき腰痛ストレッチ

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

「朝、腰が痛くてスッキリ起きれないんです」

こういう方、多いんじゃないでしょうか?

 

 

そういう方の為に、スッキリするためのストレッチをご紹介します!

 

 

今回のブログでは、寝る前にするべき腰痛ストレッチをご紹介していきます。

 

 

  • たった5つの腰痛ストレッチ
  • なぜそのストレッチをするの?
  • ストレッチは動かすの?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、朝の寝起きで腰などが痛む方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

る前にするべき腰痛ストレッチ

 

朝スッキリ起きるためにも、このストレッチを!

説明するよりもまずは、どんなストレッチをするのか見ていきましょう!

 

 

晩の腰痛ストレッチ

 

 

 

 

見ましたか?

たった5つのストレッチですが、やってみると朝の寝起きが変わりますよ。

 

 

毎晩、動画を見ながら一緒にやってみてくださいね。

 

 

んでこのストレッチなの?

 

 

 

では、内容にご興味ある方は、これから先も見てくださいね。

「説明よりも実践じゃー」って方は、読まなくても動画をしっかり見てくださいね。(笑)

 

 

痛ストレッチの内容

 

 

まず、何をやったのか?見ていきましょう。

 

 

①片足開脚ストレッチ

②横腹&脇ストレッチ

➂股関節ストレッチ

④二の腕ストレッチ

⑤股関節ストレッチ

 

 

ですね。

ひとつずつ解説していきます。

 

 

片足開脚ストレッチ

 

 

 

 

①片足だけ横に伸ばします

②上半身を前屈させます

※いける方は、肘を床に着けます

➂小刻みに前後します

※つま先が前に向かないように注意

 

 

といった流れになります。

これは、「太ももの裏・内もも」「股関節」の動きをつけるストレッチです。

 

 

ここは腰痛の方が、固くなりやすい部位でもあります。

できる範囲で伸ばしてみましょう。

 

 

横腹&脇ストレッチ

 

 

 

 

①片足だけ横に伸ばします

②頭の後ろで手を組みます

➂そのまま横に上半身を倒します

④両手を組んだまま伸ばします

 

 

といった流れになります。

これは、「肋骨」「横腹」「背中」の動きをつけるストレッチです。

 

 

身体の側面がメインになるストレッチになります。

腰痛の方は、側面のバランスが崩れることが多いので、ここで整えていきましょう。

 

 

股関節ストレッチ

 

 

 

 

①前後に足を広げます

②前の足を曲げ、足裏を横に向けます

➂上半身を前に倒します

※いける方は、肘を床に着けます

④小刻みに前後します

 

 

といった流れになります。

これは、「股関節周り」の動きをつけるストレッチです。

 

 

腰痛の方は、股関節の動きが非常に狭くなります。

できる範囲で動かしてみましょうね。

 

 

二の腕ストレッチ

 

 

 

 

①四つん這いになります

※足は肩幅より開く

②肩肘を床に着けます

➂肘を床から離さず、体を後ろに引きます

④小刻みに前後します

※いける方は、両手でおこないます

 

 

といった流れになります。

これは、「背中」「二の腕」の動きをつけるストレッチです。

 

 

意外かもしれませんが、ここの動きが変わると腰がスッキリします。

肩が痛い方は、無理のないように注意してください。

 

 

股関節ストレッチ

 

 

 

 

①片足を組みます

※外くるぶしを当てるように

②両足を組んだ足の方に移動させます

➂組んだ方の足を手で反対方向に押します

※余裕の方は、壁に足を掛けてもOKです

 

 

といった流れになります。

これは、「股関節」の動きをつけるストレッチです。

 

 

腰痛の方は、股関節周りの動きが極端に悪いんです。

ゆっくりと呼吸を忘れずに伸ばしましょう!

 

 

トレッチは動かすの?

 

 

「ストレッチってキープするんじゃないの?」

って思われたかもしれません。

 

 

でも、動くことこそ必要なんですよ。

 

 

けるなら動こう

 

 

小刻みでもいいので、動かすことで、どんどん動きはでてきます。

キープよりも動きましょう!!

 

 

実際にやってみるとより実感できますよ。

体がどんどん変わっていくのが。

 

 

とめ

 

 

まずは、やってみることが大切です。

動画を見ながら毎晩頑張ってみてくださいね!

 

 

もう一度動画を貼っておきます。

朝の腰の痛みが変わりますよ!

 

 

 

 

わからないことありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :      

腰痛

「肩こり」がひどくなると「腰痛」になってしまう原因と肩こり改善方法

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

肩こりがひどいと、腰痛にもなります!

 

 

腰痛には、様々な原因がありますが、その中のひとつに「肩こり」があります。

 

 

今回のブログでは、肩こりからくる腰痛の特徴・改善方法ついてご紹介していきます。

 

 

  • なぜ肩こりがひどくなるの?
  • 肩こりがひどいと腰痛になる?
  • 肩こりの改善方法とは?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、肩こり・腰痛で悩んでいるのなら、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜ肩こりがひどくなるのか?

 

多くの方が、「肩こり=マッサージ」を想像するかと思います。

でもそれでは、根本的な改善には繋がらないんですよ。

 

 

こりの原因

 

 

肩こりは、だいたいみなさん同じ場所に症状が出やすいと思います。

 

 

 

 

写真の赤い部分が凝り固まり、痛く辛くなる場所ですよね。

ここが痛くなる原因には、ある特徴があります。

 

 

それが、

 

 

ひとつの筋肉(赤いとこ)が、肩甲骨を支えるのに頑張り過ぎている

 

 

ということがあります。

だからそこだけが痛く、辛くなってしまうのです。

 

 

しかもその筋肉は、目一杯伸びきった状態で支えているんです。

 

 

 

絵にするとこんな感じ(3人ですが)になっているので、疲れるのは想像できるかと思います。

では、なぜひとつ(絵では3人ですが)だけが支え過ぎてしまうのか?というと、

 

 

肩甲骨周りの筋肉が弱っている

 

 

からという、単純な理由なんです。。。笑

 

 

だから、周りの筋肉みんなで肩甲骨を支えてあげれば、何の問題はなくなるわけですね。

つまり、ひどい肩こりともサヨナラできるってこと。

 

 

サボってしまっている筋肉を働かす(鍛える)ことさえできれば、肩周りは安定してきます。

 

 

肩を揉むだけのマッサージだけでは、リラクゼーション効果はあっても、根本的な改善には繋がりにくいってことです。

 

 

 

こりがひどいと腰痛になるの?

 

じゃあ、肩こりと腰痛にどんな関係があるんでしょうか。

肩こりも腰痛も抱えている方は、読み進めてくださいね。

 

 

こり→腰痛?

 

 

先程説明したように、肩こりの原因の多くは、ひとつの筋肉が頑張り過ぎていることです。

そして、慢性的な肩コリとなり、痛みへも繋がります。

 

 

そして、頑張り過ぎている筋肉を休ませるために、自然と全身を使って回避姿勢をとり始めます。

 

 

「痛いのは嫌!!」という、人間の防御反応です。

いやー、人間のシステムってすごいですよね。

 

 

で、回避姿勢には特徴があり、下記のようになります。

例として、右肩の肩こりがひどい症状があると仮定します。

 

 

(※赤丸の部分が、固くなりやすい場所)

 

 

  • 右肩が下がっている
  • 右の骨盤が上がっている(右腰が固い)
  • 右のお尻(股関節)が固くなる
  • 右ふくらはぎが張りやすい

 

 

といった感じで、痛みを回避した結果、このように身体に代償が生じます。

 

 

そして肩こりから、腰にも影響が出ているのがわかるかと思います。

これが、肩こりからくる腰痛の正体です。

 

 

ひどい肩こりの影響で、腰にも左右差ができ、腰痛のリスクが上がっています。

 

 

なので、肩こりを解消し、痛みを減らせば、腰への負担も落ち着いていくというわけです。

 

 

こりを改善させる方法

 

「よし!マッサージに行こう!」は待ってください!

そう思ったあなたは、ちゃんとこのブログ読んでいませんね?(笑)

 

 

肩の周りのサボっている筋肉を鍛えるべきとお伝えしましたよね。

 

 

マッサージの前に、筋トレしてください!

 

 

こり改善筋トレ

 

 

YouTubeの方で動画をアップしているので、こちらを参考にしながら試してみてください。

 

 

 

 

ポイントとしては、

 

 

  • 肩を軽く摘まんでおく
  • ずっと指を床に着けたまま
  • 肘を天井方向+頭上方向に伸ばしていく

 

 

になります。

ポイントを抑えながら、無理なく頑張ってくださいね。

 

 

とめ

 

肩こりと腰痛の関係わかりましたか?

肩こりも放って置かないようにしましょうね。

 

 

肩こりで、全身のバランスが崩れることがわかったと思います。

逆を言えば、ふくらはぎの張り感が取れれば、肩こりも腰痛も楽になることもあるってことです。

 

 

どこが原因で、肩こりになってしまっているかも、人それぞれ。

しっかり見極めていきましょう。

 

 

という前に、動画で紹介した運動をやってください。

まずはそこからですよ。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :          

腰痛

腰痛になりやすい人の5つの特徴(原因)はこれ!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

腰痛になってしまう人には、特徴があります。

 

 

細かい特徴を上げると難しいので、大まかに5つをあげてみました。

この特徴に当てはまっていると腰痛のリスクがグンっと上がります。

 

 

今回のブログでは、腰痛になりやすい人の特徴ついてご紹介していきます。

 

 

  • 腰痛になりやすい人の5つの特徴
  • 改善する為に必要なこと

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、腰痛で悩んでいるのなら、ぜひ見てくださいね。

 

 

痛になりやすい人の特徴

 

僕なりに思う、腰痛になりやすい人の特徴をおおまかにですが、5つにまとめてみました。

 

 

あなたは、どれか当てはまりますか?

 

 

動不足

 

 

これは、当たり前ですよね。

腰痛になる方の多くは、運動不足の場合が多いです。

 

 

アスリートなり、重労働の方は、除きますよ。

そういう方たちは逆に、オーバーユース(使いすぎ)なんです。

 

 

あとに説明しますが、この場合、運動不足以外の原因もあるかと思います。

 

 

一般的には、座りっぱなしが多く、運動不足の方が比較的多い傾向にあります。

 

 

運動不足になると、筋肉は落ち、関節の動きも悪くなります。

そうなれば、腰への負担も必然的に大きくなり、腰痛に繋がるというわけです。

 

 

どういう形でもいいので、年齢を重ねるごとに運動することは、これからは絶対に必要不可欠になってきます。

 

 

まずは、あなたに合った運動からスタートしてみましょう!

 

 

姿

 

 

 

 

姿勢が悪くなると、腰への負担は必然的に大きくなります。

猫背でも、反り腰でも、です。

 

 

ただ残念ながら、絶対にこの姿勢がいいというものは存在しません。

教科書に書いてあるのは、あくまで基準なので。

 

 

でもあきらかに、その基準を逸脱していれば、痛みに繋がるリスクは上がります。

 

 

日頃から、どのような姿勢をよくとるのか考えてみましょう。

その姿勢が多いから、腰痛になっているのかもしれませんよ。

 

 

体の使い方

 

 

これは、腰痛の方・腰痛1歩手前の方に非常に多いです。

というよりも、ほとんどの方がこれは当てはまります。

 

 

体というのは、本当によくできています。

〇〇が動けば、○○が一緒に動くという感じで、全身でサポートし合っているんです。

 

 

でも腰痛になってしまう方は、このサポート体制をうまく使えずにいます。

なので、痛みのない方に比べて、腰痛になりやすいんです。

 

 

以前、YouTubeでも特徴をお伝えしているので、もしよかったらご覧ください。

 

 

 

 

ンバランスな筋肉

 

 

これは、身体の使い方と同様に、ほぼすべての方に当てはまる特徴です。

 

 

筋肉には大きく分けて、

 

 

  • 主として活動する筋肉
  • 補として活動する筋肉

 

 

の2つが必ず存在します。

なので、どちらかが崩れてしまうと、痛みに繋がっていくわけです。

 

 

崩れてしまったどちらかの筋肉を筋トレすると、その場で痛みが軽減することも多々あります。

それだけ重要ということです。

 

 

 

 

感情は、あまり聞いたことがないかもしれません。

でも、感情も結構関係するんですよ。

 

 

人間には、喜怒哀楽という4つの感情が存在しますよね。

実は、この感情のバランスが大きく崩れてしまうと、腰痛になってしまうんです。

 

 

例えば、「怒」が著しく多い場合、他の感情が少なくなります。

そうなれば感情バランスは、歪なバランスになるわけです。

 

 

できれば、平均的にしたわけですから。

もちろん、平均なんて無理というのはわかっています。

 

 

でも毎日のように「怒」が多すぎれば、毎日感情バランスは崩れています。

その崩れたバランスに、体は正直に反応するんです。

 

 

その場合、気分転換なども必要になってきますよね。

 

 

あとここだけの話ですが、腰痛の方は頭の中が「腰痛」で埋め尽くされています。

なので、「腰痛」というワードに過剰に敏感になるんです。

 

 

でもこれって、本人に自覚がないんですよね。

なので、気付きません。

 

 

こういう方の場合は、まず頭の中の「腰痛」というワードを減らすことも必要になってきます。

 

 

善する為に必要なこと

 

では、腰痛にならない為に必要なことはなんでしょうか?

そこを知っておきましょうね。

 

 

分を知ること

 

 

結局、自分が自分を知ることが大切なんです。

 

 

「腰が痛いけど放って置く」方もいれば、「腰が痛いから治療する」という方もいるわけです。

これも結局は、自分を知っているからこその行動となります。

 

 

どういうことかと言うと、

 

 

  • 腰が痛い→けど我慢できるから行かない
  • 腰が痛い→自分では無理だから治療に行く

 

 

といった感じですよね。

これも今の自分を知り、そのように行動しているわけです。

 

 

ただ、それがイコールいい結果になるとは限りません。

余計に痛みを悪化させる場合もあります。

 

 

そこは、難しいとこですけどね。

 

 

  • この姿勢が多いかな?
  • 最近運動不足だな・・
  • 背中の筋肉落ちてきたな・・
  • この運動すると楽になるな!
  • この運動後は、痛くなるな!

 

 

とか、自分自身に目を向けてあげましょう。

もしわからなったら、専門家にアドバイスをもらうのもいいと思います。

 

 

まずは、その腰の痛みをどうしたいのか?しっかり考えてみてくださいね!

 

 

とめ

 

いかがでしたでしょうか?

少しは見直せそうですか?

 

 

少しずつでもいいので、自分のできることから取り組んでみてくださいね。

 

 

まずは、自分のカラダを知り、どうなりたいのか考えましょう。

 

 

治したいのか?そのままでいいのか?

あなたはどうなりたいですか?

 

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

腰痛

1 2 3 9