腰痛 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「歩くと腰が痛くなるんです」というご質問を度々頂きます。

 

その中で多い原因が《股関節》です。

 

股関節のある動きが悪くなると、歩いた時の腰痛の原因になりますよ。

 

歩行と腰痛の関係

 

歩く時、股関節は前に後ろに振りますよね。

この動きが悪くなると、腰に負担が掛かり、腰痛になるんです。

その中でも

 

=====
股関節を後ろに振る動作(伸展)
=====

 

が非常に重要になってきます。

 

この動作ができなくなると、腰が股関節の動きをカバーしようと過度な伸展(反り)が繰り返し入ることになり、腰に反るストレスが溜まっていきます。

 

それが結果として、歩く時の腰痛へと繋がるんです。

 

歩行と猫背の関係

 

 

さらに猫背で歩くと、先程言った股関節の伸展動作はもっと制限されていきます。

 

想像したらわかりますよね。

丸まった背中の状態で、股関節を後ろに振るのは難しいです。

 

なので、股関節の伸展制限があり、さらに猫背で歩行していると、腰が痛くなる原因となります。

気を付けて下さいね~。

 

まとめ

 

 

まとめますと、

 

=====
股関節伸展制限+猫背は最悪で、腰痛が悪化してしまう
=====

 

ってことです。

ただ正直な話、それでも腰の痛みを感じてない方も中にはいらっしゃるわけで、一概に“それだけ”が原因とは言えないんですけどね。

あくまで確率です。

 

まぁそれでも腰痛になる確率は下げておきたいので、できるだけ今回の2つの要素は取り除いておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

【腰痛】痛みのトラウマは腰を悪くする!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

よく見かけるのですが、腰が慢性的に痛い方と言うのは、精神的にも傷を負っている方が非常に多いんです。

 

腰の痛みから始まり、痛みで怯えている期間が長ければ長いほど、「腰を動かしたら痛い!」というプレッシャーで押しつぶされ、精神的に疲労し、トラウマになります。

 

これは様々は研究機関が、『腰痛とストレス』などを研究をし、証明されている物でもあるんです。

もしかしてあなたの腰痛が治らない原因は精神面にあるんじゃないですか??

 

腰痛とトラウマ

 

誰でもそうですが、痛みが常にある状態って異常なわけですよね。

 

その異常が24時間365日×○○年も続いたら頭おかしくなりそうじゃないですか??

 

もうね、永遠と続く拷問と同じわけですよ。

ただ拷問と違って目に見えるわけでは無いので、他人には中々理解されにくいってこともしばしば・・・。

 

そうなるとさらに孤独を感じ、益々精神的にも追い込まれていくんです。

 

そして孤独を味わう時間が長いと、人間って嫌なもんで、マイナスの事をよく考えるようになります。

 

そうなるとどうなるか??

 

余計に落ち込み、さらにその原因の根本が『腰痛』って深く深く頭に刻まれるんです。

これでトラウマの完成です。

 

ここまでくれば、腰の痛みが改善され痛みが完全に完治されようが、トラウマを改善しない限り、腰の痛みと付き合わないといけなくなります。

 

まとめ

 

 

まぁ慢性痛で悩んでいる方、全員がそうではないんですが、こういう例もあるのは事実です。

 

こういう場合、少しずつでもいいので、動けるという自信を付けていくことも腰痛改善の一歩だと僕は思っています。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】坐骨神経は日常生活の違いで硬くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

坐骨神経は人体最大の神経です。

 

この神経が悪さをすれば、坐骨神経痛になるのは当然ながら、上半身の痛み(首・肩など)にも影響を与えます。

 

そんな重要な坐骨神経は、日常生活内でも動かすことが可能で、動かしておかないと腰痛で悩まされるかもしれません。

あなたは坐骨神経動かしていますか?

 

坐骨神経を動かせ

 

基本的に坐骨神経を動かしたい場合、『股関節最大屈曲+膝関節伸展』でよく動きます。

 

そこから足首の動きや股関節の動きに少し角度を付けるとより動くんですが、そこはまた今度解説するとして、今回は『股関節最大屈曲+膝関節伸展』で動くということを覚えておいてください。

 

では、この動作が日常生活のどこで行われているのか?というと、

 

=====
しゃがんだり、かがんだりする動作
=====

 

です。それを裏付ける研究では、

 

=====
西欧化されたインディアンでは、しゃがんだりかがんだりする姿勢をよく行っている伝統的生活スタイルのインディアンと比べ、後者では、長期的に神経系がストレッチされてきた
=====

 

つまり、日常的に股関節を曲げたり伸ばしたり、膝を曲げたり伸ばしたりすると、坐骨神経も一緒に伸張されていきますよってことです。

 

それを考えれば、昔の日本は、和式便所や農作業などそういう動作が多かったように思うので、腰痛の方も少なったのかな?と研究結果を見て感じました。(真相は謎のまま・・・)

 

まとめ

 

 

この研究から何が言いたいかと言うと、

 

=====
日頃から関節(身体)は、大きく動かしておくべき!であり、座りっぱなし・寝っぱなしは、神経系を硬くする可能性が高い
=====

 

ってことです。

これを頭の片隅にでも覚えておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

腰痛

【腰痛】腰を伸ばすから腰が悪くなるんです!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の方は、腰を動かし過ぎています。

だから腰が痛くなるんです。

 

腰が痛いのなら腰を動かさなければいいだけ。

でもそれって結構難しい・・・。

 

腰を動かすな!!

 

何度もこの記事では書いていますが、腰はそもそも動かない部位です。

 

その動かない腰を無理やり動かすから腰が痛くなるんですよ。

ちなみに腰(椎)の可動域は、

 

=====
前屈45度/後屈30度/側屈20度/回旋5度
=====

 

しか動きません。

これらを超えて腰を日頃から動かすから腰が痛くなるんですよ。

 

でも腰が痛い方は、「腰が痛いから腰をストレッチしておこう」とか言って腰を無理やり伸ばそうとしますよね。

これが大間違い!!余計に悪化します。

 

動かない腰を無理やり動かそうとするんですから、そりゃ痛いくなりますわな。

 

じゃあどうすればいいのか?ですが、

 

=====
腰以外の隣接関節の可動域を確保せよ
=====

 

ってことです。

例えば、胸郭・股関節なんかは、腰を挟んでいる関節かつ靭帯の中でも最も動く関節ですから、腰の動きをサポートし、腰の負担をカバーしてくれます。

 

ということは・・・

 

=====
腰が痛いのなら、胸郭・股関節をストレッチして伸ばそう
=====

 

間違っても『腰』を伸ばしてはいけませんよ。

 

ちなみにストレッチするときも、『腰から曲げる』という意識ではなく、『胸郭または股関節から曲げる』という意識も必要です。

 

まとめ

 

 

未だに腰を伸ばそうとか聞きますが、そんな間違ったストレッチやセルフケアをしてはいけません。

 

絶対に腰痛が悪化します。保証します(笑)

 

腰を伸ばすのではなく、隣接関節を伸ばし動かすことが最も重要になってきます。

そこだけはお忘れなく!!(たぶん何度も何度もこの記事でお伝えしていますが・・・伝わってくれ)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【腰痛】内もものストレッチがおすすめな理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は勤めている時から、腰痛の方には内もものストレッチはほぼ必ず取り入れていました。

 

でもなぜか周りのスタッフからは「藤野さん内もものストレッチ好きですよね(笑)それ絶対やるじゃん!」と笑われながら言われたことがあります。

 

今考えれば、たぶん僕だけが内もものストレッチを丁寧にしていたんだと思います。

それには訳があるし、絶対にした方がいい部位なんです。

 

腰痛と内もも

 

腰痛と内ももの関係性には大きく2つの理由があります。

 

=====
①骨盤に付着している長い筋肉である
②腰の神経と繋がりがある
=====

 

これらの理由から、腰痛の方には内もものストレッチ(ほぐすことも)を僕は取り入れています。

 

内ももが硬くなることで、

 

=====
①腰が痛くなる
②姿勢が悪くなる
➂膝も痛くなる
④足が太くなる
⑤偏平足になる
⑥ニーイン動作になりやすい
=====

 

というデメリットが発生します。というかデメリットだらけですね(笑)

 

まとめ

 

 

以上のことから、内もものストレッチは積極的に行うことをオススメします。

 

以前勤めていたのスタッフには笑われましたが(笑われたので教えませんでした←意地悪な僕)、これを読んだあなたは今日から内もものストレッチをやってみてくださいね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

腰痛

【腰痛】この筋肉のバランスが重要です!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の方にとって、とても大切な筋肉が2つあります。

 

この筋肉のバランスが崩れることで、腰が不安定になり、腰に痛みが出やすくなります。

 

あなたの筋肉は大丈夫ですか??

 

腰が痛くなる筋肉

 

腰に悪さをする筋肉はいくつもありますが、腰の近くにあるこの2つの筋肉は非常に大切です。

その筋肉とは、

 

=====
①多裂筋(腰部)
②腸腰筋
=====

 

です。

この2つの筋肉は、腰を前と後ろで支えている筋肉になります。

 

①多裂筋(腰部)

 

 

②腸腰筋

 

 

この2つの筋肉が硬くなっても筋肉の活動は低下しますし、当然ながら筋肉が落ちても活動は低下します。

 

つまり、硬くても弱くてもダメってことですね。

 

筋肉の働き方

 

 

それぞれの筋肉の働きも見てみましょう。

 

=====
①多裂筋
→脊柱の伸展・回旋・側屈
→腰椎の安定化に必要になります
→硬いと腰が反り、弱いと腰が丸くなります

 

②腸腰筋
→股関節の屈曲・外旋
→骨盤・股関節・腰椎の可動性に関連してきます
→内臓器(特に腸)とも関連します
=====

 

になります。

どちらも腰に大きな影響を与えます。

 

まとめ

 

 

腰が痛い方は、ほぼこの2つの筋肉が悪さをしている傾向にあります。

 

ただこの2つの筋肉が硬い・弱いは、別の筋肉やアライメントが影響している可能性もあるので、結局はその原因を突き止めることが最優先になるんですけどね。

 

でも、多裂筋・腸腰筋を緩めるor鍛えることで、腰痛は今より緩和していくはずですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【腰痛】基本的にかがみ方が間違っている!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『前に屈んだ時に腰が痛い!』という方は、基本的にかがみ方が間違っています。

 

日常的に間違ったかがみ方をしているから、腰に負担が掛かり、腰が痛くなるんです。

 

もしかして、あなたも間違ったかがみ方してないですか?

 

かがみ方で変わる腰痛

 

じゃあ一体、どういうかがみ方ならいいのか?答えはシンプルです。

 

=====
鼠径部(股関節)から曲がっているかどうか?
=====

 

です。

腰が痛い方とそうでない方の差は、大きくここにあります。

 

=====
腰痛→腰から曲がっている
非腰痛→鼠径部(股関節)から曲がっている
=====

 

この図を見てみてください。

 

 

一番左(A)が正常な前屈。

そして腰痛の方が一番やっているかがみ方は、真ん中(B)です。

 

そして真ん中(B)の下記説明には、『過度な腰椎屈曲を伴う』と書かれていますが、これがめちゃくちゃ重要です。

 

腰椎の過度な屈曲は、ヘルニアを引き起こす原因となり、椎間板に極度のストレスを与えることになるんです!!

 

つまり、前にかがめばかがむ程、腰は過度なストレスを感じているということになり、結果として痛みを伴っていると言えます。

 

まとめ

 

 

もし前にかがんだ時に腰が痛いのなら、今一度、かがみ方を見直してみましょう。

 

もしかしたら、何気ないその動作が腰痛の原因かもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】脊柱管狭窄症で悩む方を改善させるには?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

脊柱管狭窄症は、読んで字のごとく、脊柱管が狭くなることで、神経などを圧迫し、腰や下肢の痛み・痺れに繋がることを言います。

 

年齢と共に発症しやすいんですが、あなたの脊柱管は大丈夫ですか?

 

脊柱管狭窄症とは

 

さてまず冒頭で言いました『脊柱管』とは、背骨の間にある空洞部分の事を言います。

下記イラスト真ん中の丸してある部分です。

 

 

ここが何かしらの原因(骨の変形など)で狭くなることで、腰や下肢に症状が出てきます。

ちなみ横から見ると下記イラストのような感じです。

 

 

脊柱管狭窄症の症状

 

 

脊柱管狭窄症になると出てくる症状(痛みや痺れ以外に)としては、

 

=====
間欠跛行(かんけつはこう)
=====

 

が有名でしょうか。

これは、少し歩くと腰や下肢に症状が出て、椅子などに座り休むと症状が落ち着き、また歩けるようになります。

 

つまり、1度に長く歩けなくなるってことですね。

 

また、脊柱管狭窄症はヘルニアとは違い、腰を反らす動作をすることで痛みや痺れが誘発されます。

 

脊柱管狭窄症の原因

 

 

 

加齢に伴う変形などは別にして、実はある部位の機能低下で脊柱管狭窄症は起こりやすいんです。

 

それが『股関節』です。

その中でも、

 

=====
股関節の伸展機能低下
=====

 

が脊柱管狭窄症を悪化させるリスクを多く含みます。

 

先程も言ったように、脊柱管狭窄症は、腰を反らすと痛みが誘発されます。

 

ということは、日常的に腰を反らす動作が多くなれば、脊柱管狭窄症のリスクが上がるってことです。

 

じゃあどういう場面で、腰を反らしてしまうのでしょうか?

それは間欠跛行の症状にあります。

 

つまり、歩行時です!!

 

 

歩行時って、股関節は必ず前後に動いていますよね。

 

じゃあ歩行時に、股関節が後ろに伸びなかったら(伸展機能低下)どうなると思いますか?

 

正解は・・・、

 

股関節の代わりに、腰が反り出します!!

 

これが脊柱管狭窄症の始まりです。

 

脊柱管狭窄症の改善方法

 

 

ここまで読まれたならお気付きかもしれませんが、改善するためには、

 

=====
必要最低限の股関節伸展制限を改善するべき
=====

 

なんですよね。

手術しても股関節の動きが悪いままだったら、痺れはなくなるかもしれませんが、最悪痛みは取れません。

 

なので脊柱管狭窄症の方は、腰を反らす動作を減らす為に、股関節伸展機能向上を目指すべきなんです。

そうすると腰の違和感などは落ち着いてきますよ。

 

まとめ

 

 

お客さんの中にも、脊柱管狭窄症を発症された方もいます。

ですが今や痛みもなく普通に歩いていますし、この間なんか小走りしていました。

僕が一番驚きましたが・・・。

だって教えてくれないんだもん(笑)

 

もし脊柱管狭窄症の辛い症状でお悩みであれば、まずは股関節の機能を変えてみましょう。

今よりかはだいぶ楽になると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

腰痛

【腰痛】お尻の硬さは腰の痛みの原因になる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛で来られる方の多くは、お尻の筋肉が硬くなっていることがあります。

 

その原因として、お尻の筋肉の多くは、腰の神経に支配されており、身体を支えるために重要な役割を果たしているからです。

 

お尻の硬さと腰痛

 

お尻には色んな筋肉が集合しています。

 

そしてそれらの筋肉は、腰の神経に支配されています。

 

なので、お尻が硬いと腰への負担は増えていくし、腰が痛い方は、お尻も硬くなり、押すと痛かったりします。

 

つまり、お尻の筋肉をほぐしていくと、腰の痛みも緩和していきやすいってことです。

ちなみにお尻の筋肉は、

 

=====
大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋・大腿方形筋・内閉鎖筋・下双子筋・上双子筋・大腿筋膜張筋
=====

 

 

とたくさんあります。

裏を返せば、お尻(股関節)を動かすためにも、身体を支えるためにも、これだけの筋肉が必要であるってことです。

 

まとめ

 

 

腰が痛い?であれば、まずはお尻の筋肉をしっかりとほぐしてみてください。

腰の痛みが緩和していくと思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】起床時の腰の痛みを解消するトレーニング!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

朝起きたら「腰が痛い!腰が痛い!起きるのしんどい!」って隣で毎朝妻がアピールしてきます。

 

ということで、僕の重~い腰を上げ、妻の起床時腰痛を改善させるために立ち上がりました。

 

僕の指導のおかげで、妻は翌朝から「腰が痛い!」と言わなくなってしました。

その秘密のトレーニングとは・・・。

 

起床時の腰痛の原因

 

妻を例にしていくと、

 

=====
産後で腹部の筋肉が極端に衰え、反り腰+猫背+後方重心の姿勢
=====

 

の状態です。

施術で腰痛は緩和するんですが、それではまた元に戻りやすい。

なので、一から身体を鍛え直すことにしました!!

 

腰痛解消トレーニング

 

 

まず問題なのが、

 

=====
腹部の筋力低下+反り腰
=====

 

です。

ここを変えない限り、腰痛は何度も繰り返されるでしょう。

ってことでこれらを改善する為にレッツ、トレーニング!!

 

やり方は簡単です。

 

 

=====
①体育座りをする
②その状態のまま仰向けに寝るように倒れる
➂体育座りに戻る
=====

 

これを出来ても出来なくても、ただひたすら30秒間繰り返すだけです。

 

腹部が弱い方は倒れたら最後、起き上がることが出来ません。

 

ちなみに妻は、②からスタートすると起き上がれません。

①からスタートし、反動をうまく利用すれば、30秒で1回~2回はなんとかできます。

 

このトレーニングのポイントが、『できなくてもOK』なところです。

 

起きようとするだけで、腹部を使う感覚があるはずなので、それでOKです。

もちろんできることに越したことはないんですけどね(笑)

 

妻はこれを2セットだけ、寝る前に行うと起床時の腰痛は綺麗さっぱりなくなりました。
(正確に言うと、ワイドスクワット(床と水平になるまで腰を落とし、小刻みに上下10回)も1セットだけしました)

 

まとめ

 

 

起床時の腰痛で悩んでいる方は、もしかしたら妻と同じ原因かもしれません。

 

まずは体育座りのまま座る→寝る→座るができるか確認してみましょう!

 

出来なくてもいいですから、その場合は、30秒間ただひたすら頑張りましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

トレーニング 腰痛

1 2 3 30