広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

反り腰の原因となりやすい2つの筋肉をほぐす

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

以前にもブログで書きましたが、反り腰で悩む方は多いんです。

それの中でも女性によく見られます。

 

 

産後の女性なんか特に、反り腰になりやすいんです。

これは今度改めて書こうと思いますが、妊娠中は反り腰を強めます。

 

 

だから過剰な反り腰になってしまい、産後腰痛で悩む方が多いんですね。

 

 

反り腰の原因となりやすい筋肉をほぐす

 

反り腰になってしまう方には、共通して固くなる筋肉があります。

今回は、そのうちの2つをご紹介いたしますね。

 

その筋肉とは、

 

・腰の横(腰方形筋)

・太ももの外側(大腿筋膜張筋)

 

になります。

ピンとこないかもしれませんが、今から説明しますね。

 

 

腰方形筋

 

 

腰方形筋(ようほうけいきん)とは、腰の骨の横に付いている筋肉のことをいいます。

腰の骨と骨盤についているので、腰痛とは深い関係があります。

 

 

 

 

ここの筋肉が固くなると、腰を過度に反らしてしまいます。

なので反り腰になっている方は、腰方形筋が固くなっている可能性が高いんです。

 

 

大腿筋膜張筋

 

 

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)とは、足の外側についています。

靭帯と融合しているので、靭帯まで含むと膝までついている長い筋肉です。

 

 

 

 

ここの筋肉も腰方形筋と同様に、固くなってしまうと腰を強く反らしていきます。

なので、反り腰の方は大腿筋膜張筋が非常に固くなっています。

軽く押しても痛いはずです。

 

 

反り腰筋をほぐすべき

 

 

簡単に説明しましたが、この2つの筋肉が反り腰に強く影響していきます。

では、これらをどう柔らかくすればいいのか?ですよね。

 

 

1番ラクなのは、人にほぐしてもらうことです(笑)

 

 

「それはわかっているよ!」

 

 

って思われましたよね(^^;

でもそれが1番いいです。

 

 

あとは、セルフでテニスボールなどでほぐすことです。

痛いかもしれませんが、多少痛いのは我慢すれば、痛みは一気に引きます。

 

 

弱っている筋肉を鍛える

 

 

でもやっぱりこれが1番です。

鍛えることで、再発を予防します。

 

 

弱っている筋肉は、腸腰筋とハムストリングスです。

 

 

それについての解説は、こちらのブログで解説していますので読んでみてください。

【反り腰】腰が反って腰が痛い方の原因

 

 

以上になります。

しっかり反り腰の痛い原因をついて、反り腰腰痛を治しましょう!

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア

デスクワークで疲れた肩こりが解消されるセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

デスクワークなどが増えてきた今、肩こりで悩む方も同時に増えてきました。

 

 

原因は、デスクワーク時の姿勢・筋力の低下・作業時間過多の3つが挙げられます。

そして、デスクワークで凝り固まった肩は、肩以外に凝り固まった場所があります。

 

 

デスクワークで疲れた肩こりが解消されるセルフマッサージ

 

 

肩以外の場所とは、です。

デスクワークの作業を想像してほしいのですが、指を多く使っていませんか?

 

 

指を使うことで、腕(前腕)に疲労が溜まります。

この疲労が肩まできて、肩こりの原因を作るんです。

 

 

さらに言えば、腕が内側に巻いている姿勢が長く続きますよね。

内側に巻く姿勢で、肩まで内側に巻かれ、姿勢が崩れていくんです。

 

 

結局、症状がでている部分ではなくて、その末端に原因が潜んでいます。

ほぐすのであれば、そこをしっかりほぐしていくと肩こりまで楽になります。

 

 

肩こりマッサージ

 

 

 

 

揉み方はいたってシンプルでしたよね。

これだけでいいんです。

 

 

実は、ひとりでやると結構力がいるんです。

自分でやるよりも誰かにやってもらう方が抜群に効果が高いです。

 

 

脱力でほぐすことがポイントなんですね。

デスクワーク肩こりから解消しましょう!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア

年末にゴロゴロしているだけで簡単に腰痛改善をしよう! 294

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

ゴロゴロだけで腰痛改善

 

※ブログの最後に動画にて、ゴロゴロするだけの腰痛改善を紹介しています。

 

腰は痛いけど

トレーニングとか

ストレッチとかするの

 

めんどくさい!!

 

という方多いと思います。

 

時間も取られるし

きついのは嫌!!

 

なんてことが本音ですかね。

 

楽して痛みが取れるんだったら

それが一番いいに決まっています。

 

僕はトレーニング推奨派ですが

楽して筋肉鍛えれるなら

それに越したことはありません。

 

ですが今のところ

そんなトレーニングは

存在しません。

 

 

よくテレビとかで

 

寝るだけで腹筋!

 

とかありますが

本当でしょうか??

 

僕の知る限りでは

今のところ寝ていて

腹筋が鍛えられた方は知りません。

 

ですが

鍛えることは無理でも

痛みを減らすことはできます。

 

ポイントを抑えて

おこなうだけでいいんです。

 

 

だから寝ていてOKです。

 

ゴロゴロしているだけで

痛みが減っていきます。

 

そんな楽な方法あれば

試したいですよね?

 

今回のゴロゴロして

痛みを減らす方法をお教えしますね。

 

だからといって

トレーニングしなくていいですよー

とは言ってませんからね。

 

痛みが減った

 

『そのあと』

 

が大切ですからね!

 

テニスボールを使う

 

 

今回はテニスボールが

ちょうどいいので使いますが

別になければ変えてもらっても

問題ありません。

 

ただ実際に試してみて

痛すぎてカラダが硬直してしまうのは

なるべく避けた方がいいです。

 

ですが

腰の痛みの強い方は

試すと痛みが強いかもしれません。

 

その辺りは

ご自身で判断してください。

 

試した後に

腰の痛みが減っていれば

問題ないと思います。

 

ゴロゴロ寝るだけ

 

 

簡単じゃないですか?

たったこれだけでOKです。

 

腰の痛みがある方って

動画でテニスボールを当てている

ポイントが固くなっている方が多いです。

 

ココをカラダが

リラックスしている状態で

ほぐしていけば

腰の痛みは減っていきます。

 

《リラックス》

 

もポイントになってくるので

 

《呼吸》

 

を忘れないようにしてくださいね。

 

これで少しでも痛みが減れば

そのあとのこともしてください。

 

痛みを繰り返さないことが

大切なので

そのためにも

 

《筋肉》

 

というのはとても

大切なポイントですよ。

 

年末にただゴロゴロするよりかは

テニスボールなどを使って

 

ほんの少しだけ

あなたのカラダのために

使ってあげましょうね!

 

ゴロゴロするだけでいいんですからね。

 

トレーニングよりも

簡単なことかもです。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

ケア トレーニング動画

カラダの歪みや痛みを整体だけで解決しようとしていませんか?最近の整体の事情とは? 219

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

整体のみでいいのか?

 

あなたのカラダは歪んでいますか?

痛みはありますか?

悩みはありますか?

 

そこで一番身近なものと言えば

『整体』ですよね

 

では整体でこれらの悩みは解決するのでしょうか?

 

整体はカラダを整える

主に整体はカラダを他動的に整えていきます

 

逆にトレーニングは自動的におこないます

 

この『自動』『他動』が大きな違いですね

 

でも整体でカラダの歪みは解決するでしょう

さらに、痛みも解決します

 

なので、悩み自体は解決すると思います

 

私自身もそれを信じて専門学校は

『整体』メインの学校を卒業しています

 

ちゃんとトレーナー科も卒業していますよ

 

ですが、個人的に整体だけでは限界を感じています

なぜかというと

 

『一時的』になりがちだと感じたからです

 

一時的には解決するんですよね

でもまた戻ったりしやすいと私は思います

 

ゴッドハンドで有名な先生に治療してもらっても

一時的な期間が長くなるだけです

 

痛みが一発で取れるという点は

かなり大きいですけどね

 

なので整体でも悩みは解決します

でも『一時的』が多いと私は思います

 

最近の整体院事情

 

最近の整体院の先生方もこれに気付いています

 

だから私の知っている先生方は積極的に

トレーニングを取り入れています

 

なぜ揉むほぐすだけではダメなのか?

ここに気付いた先生方は必ず入れています

 

まだ揉みほぐすだけのところで

悩みを解決しようと思っているあなた!

 

トレーニングも取り入れているところに

変えた方がいいですよ

 

なぜ整体院の先生が次々とトレーニングを

取り入れているのか理解できますよね?

 

つまり、筋肉が必要と知っているからです

 

筋肉を鍛えることで

カラダの歪み・痛みを根本的に解決できることを

知っているからです

 

揉みほぐすだけの受け手ばかりではダメです

 

他動から自動に切り替えて

トレーニングで根本的な改善をしてみましょう

 

楽して解決しようなんて無理ですよ

 

根本的に解決したいなら尚更ですよ

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :               

トレーニング

正座ができない!膝が痛くて曲がらない!この2つの部分をほぐしてみましょう!? 216

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝を曲げると痛い

 

膝に関する悩みを持つ方は

多いのではないでしょうか?

 

そんな膝の悩みで多いのは

やっぱり曲げるときの痛みですよね

 

原因は本当に色々あると思います

 

今回は、膝周りに絞ってみていきましょう!

 

お皿(膝蓋骨)が動かない

 

お皿(膝蓋骨)は通常

360度どの方向にも動きます

 

膝を曲げる時も

お皿は動いてくれます

 

動くことによって

膝の安定性に繋げています

 

特にお皿の下の部分の

癒着が目立つ方が多いです

 

 

ここをしっかりほぐすことも

痛み解消に繋がります

 

太もも(大腿四頭筋)の筋肉が固い

 

ここも固くなりやすいです

 

膝を曲げる時には

ここの筋肉が伸びていくので

 

単純ですが

固いままだと曲げにくいです

 

またお皿を介しているので

お皿の動きにも影響を与えます

 

ここもストレッチが無理だと思うので

まずはほぐしてみましょう!

 

お皿の上の部分の

太もも筋肉をほぐしましょう

 

 

ここには筋肉の下に

膝蓋上包って滑液包があって、、、

 

ってよくわかりませんが

簡単に言うと

筋肉を滑りやすくするため

あるものです

 

これの動きがいいと

筋肉も伸びやすくなるってことです

 

結構固くなってる方いますよ

 

なので

赤まるで印を付けている部分を

挟むようにして摘まみ上げます

 

癒着しているので

剥いでいってイメージです

 

固い方は少し

痛いかもしれませんね

 

まとめ

 

今回はわかりやすい

ほぐすポイントになりましたが

 

また今度は

違うポイントで書いていきます

 

膝って

足関節股関節に挟まれている関節です

 

なので

膝関節だけではなく

 

近くの関節にも何かしら

エラーが出ていることもありますね

 

ちなみに

しっかり曲がるようになったとしたら

トレーニングも忘れたらダメですよ

 

また同じ繰り返しになりますから

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :                         

ケア 下肢