広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

何ヶ月も長引く腰痛の原因とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたも長引く腰痛で悩んでいませんか?

そんなあなたのために、このブログでは、

 

  • 長引く腰痛の原因とは?
  • 腰痛を解消する為には?
  • 腰痛解消のための筋トレ方法

 

という流れで解説していきます。

腰痛で悩むあなたの役に立つ情報をお伝えしますので、ぜひ読んでくださいね(^^)

 

 

引く腰痛の原因とは?

 

数ヶ月、いや、何年もの間、腰の痛みが続いて悩んでいる方もいると思います。

まず今回のブログでは、その腰痛の原因を探っていきましょう。

 

痛の原因

 

長引く腰痛の多くの原因は、「筋肉のバランス低下」「関節の可動域低下」です。。

これが最も多い原因と言えます。

 

ここを変えていかない限り、腰痛は治ることがなく、何度も繰り返し、長引いてしまうでしょう。

逆に言えば、この2つを変えていけば、腰痛は改善していきます。

 

肉のバランス低下

 

これは、腰に必要な筋肉のバランスが低下しているということです。

このバランスの低下のせいで、腰が不安定になり、痛みに繋がっています。

 

そしてバランスというのは、強弱が関係しているのです。

弱い筋肉・強い筋肉の差が大きくなることが、痛みに繋がっています。

 

なので筋トレで、強くなっている筋肉ばかり鍛えてしまうと、かえって腰痛を悪化させることになります。

本来は筋トレで、弱くなっている筋肉を鍛えて、バランスを整える必要があるのです。

 

ここを見極めて、筋トレなどをすることによって、腰痛改善へと繋がります。

 

節の可動域低下

 

可動域(かどういき)というのは、動かせる範囲という意味です。

つまり、関節の動かせる範囲が狭くなっているということ。

 

腰は、可動域が元々狭いので、近くの関節が動きを補助しています。

でも腰痛の方というのは、腰ではなく補助しているはずの関節の可動域が低下しているのです。

 

結果、腰が普段以上に動こうとするので、腰に負担が掛かっていきます。

そこで「腰が痛いから、腰をストレッチする」という方がいますが、これは逆効果になるということがわかりますか?

 

腰が動き過ぎているのに、腰をストレッチすれば、余計に腰に負担が掛かります。

こういう場合、腰を補助している関節をストレッチするべきなのです。

 

ここを間違って認識している方が多いので、しっかりと理解してストレッチすることをおすすめします。

 

 

引く腰痛を解消するためには?

 

では、長引く腰痛を解消するためには、何をしたらいいのでしょうか?

原因を知れば、自ずと解消方法もわかってくるかと思いますが、詳しく解説していきますね。

 

痛解消の方法

 

それは、「弱い筋肉を筋トレする」ことと「補助している関節を動かす」ことです。

これをしていけば、ほとんどの腰痛は解消していきます。

 

間違った筋トレやストレッチで、逆に腰痛を悪化させないように注意していきましょうね。

 

い筋肉を筋トレ

 

先程も説明したように、腰痛の方は、筋肉の強さの強弱の差が大きくなっています。

必ず、弱っている筋肉の筋トレをおこないましょう。

 

弱っている筋肉は主に、インナーマッスル体の後面の筋肉とです。

詳しく説明していくと、専門的になってしまうので筋肉名は割愛しますが、主にこの2種類が弱っています。

 

ここをピンポイントで鍛えることで、筋肉のバランスは、みるみる内に整っていくのです。

筋トレの負荷は、重たいダンベルなどを使わなくても、自重(スクワットなど)で十分に足ります。

 

つまり、特別な道具は必要なく、あなたの体さえあれば、腰痛に効果的な筋トレはどこでもできるのです。

 

助している関節を動かす

 

腰は、本来ほとんど動きません。

ここをいくら動かしても意味がないのです。

 

なので、腰を補助している関節を動かしていく必要があります。

腰を補助している関節は、言ってしまえば全部の関節なんです(笑)

 

でもここでは、大きく関与している関節を発表します!

それが、股関節肋骨です。

 

この2つの関節が、腰を挟むようにありますよね。

この関節が補助することによって、腰の動きはスムーズになっていくわけです。

 

なので、動かしたり、ストレッチをする場合は、ここをしないといけません。

間違っても、腰を動かしてはいけないのです。

 

 

痛を解消させる方法

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

さて、最後に腰痛を解消させる方法をお伝えしていきますね。

 

痛解消筋トレ&ストレッチ

 

正直、筋トレ方法・ストレッチ方法など情報は山のようにあります。

なので今回は、このブログでお伝えするのではなく、僕のYouTubeでお伝えしようと思いました。

 

YouTubeでは、毎週腰痛に関する動画などをアップしているので、腰痛解消への参考になると思います。

ここで筋トレやストレッチなどの腰痛解消方法をチェックしてください。

 

動画の方が、細かくお伝えできています。

ぜひ、チェックしてみてください。

 

きっとあなたの腰痛を解消できるきっかけになります。

 

YouTubeはこちらから

http://bit.ly/2VlpytE

 

 

とめ

いかがでしたでしょうか?

少しでも、腰痛が軽減しそうですか?

 

このブログがあなたのお役に立てたのであれば、僕も嬉しい限りです。

今回のブログをまとめると、

 

  • 弱い筋肉を鍛える!
  • 腰を補助している関節を動かす!
  • 腰はストレッチしてはダメ!

 

でしたね。

もしここまで読んで、わからないこと、腰に対して不安なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

あなたに僕ができることがあれば、お手伝いさせていただきます!

強い腰をつくっていきましょうね!

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

五十肩で病院や接骨院に行く前に筋トレで五十肩を予防しよう

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

年齢とともに肩があがりにくい、肩が痛いという方は多いかと思います。

そして、それを年齢のせいにして諦めている方も同時に多いはずです。

 

 

仮に、本当に肩が悪くなってしまったら、完治するまで数か月かかることもあります。

数か月間も痛い思いで過ごすのも嫌ですよね。

 

 

そうなる前に予防しておくことが大切です。

今回はその予防についてお話ししていきますね。

 

 

五十肩で病院や接骨院に行く前に筋トレで五十肩を予防しよう

 

 

五十肩になると90度以上挙げることができにくくなりますよね。

その原因として、肩の筋肉のバランス崩れていることがあります。

 

 

このバランスを整えてちゃんと使えるようにしなくてはいけません。

そして、特に使えなくなる筋肉はインナーマッスルの部分です。

 

 

ここが使えないとアウターマッスルを多く使うようになり、肩を挙げる際に邪魔をしてしまうんですね。

つまり、インナーマッスルを使いアウターマッスルも使っていかないと肩に痛みが生じてしまうというわけです。

 

 

五十肩予防トレーニング

 

 

 

 

動画でも先程の説明をしていますが、それだけバランスが重要なんです。

しっかりピンポイントで筋肉を鍛えることで五十肩予防に繋がります。

 

 

そして、フォームとして必ずなで肩にしていください。

そうしないとインナーマッスルは使われず、アウターマッスルばかり使うトレーニングになってしまい逆効果!なんてこともあり得ます。

 

 

フォームに注意しながらお試しください(^^)

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング

流行りの【桃尻】になるためには、このトレーニングが必要です 173

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

桃尻の筋肉

 

おすすめの方

 

①お尻が垂れてきた

 

②下っ腹ばかりでてきた

 

➂腰の痛みがある

 

④バランスが取りにくい

 

⑤流行の桃尻になりたい

 

POINT

 

①角度が最も重要

 

②股関節・膝関節が90度

 

➂お尻(股関節)から開く意識

 

④骨盤が同時に開かないように

 

お尻の内部を鍛えて持ち上げる

お尻の周りには

大小様々な筋肉があります

 

桃尻になるには、これらの筋肉を

ピンポイントで鍛えていく必要があります

 

例えば、大きい筋肉を鍛えるときと

小さい筋肉を鍛えるときでは

フォームが異なります

 

これら筋肉を意識して

トレーニングすることは

桃尻には必須になります

 

また本気で変えたいのであれば

ある程度の負荷が必要になります

 

負荷なくして桃尻はできません

 

少し自分に厳しくいきましょう

 

今回のトレーニングは

小さい筋肉をターゲットにしています

 

これはお尻の内部にある筋肉

インナーマッスルと呼ばれる筋肉です

 

ここ筋肉を鍛えることで

股関節周りは安定していきます

 

さらに

桃尻に一歩近づくことができます

 

そんなに桃尻になりたいですか?

 

では早速頑張ってください(^^)

 

腰痛にも抜群

腰痛とお尻には

切っても切れない関係性があります

 

なので腰痛だからと言って

腰ばかりほぐしたり

鍛えても意味があまりありません

 

お尻にも注目するべきです

 

ここを見逃していては

あなたの腰痛は長引くばかりです

 

先程も書きましたが、トレーニングで

股関節周りの安定性が手に入ります

 

この安定性が腰痛改善への一歩になります

 

股関節周りの筋肉がなく

安定していないから

その分、腰へ負担が掛かるのです

 

逆に、股関節が安定していれば

腰への負担は減っていきます

 

人間の中で一番大きな関節である

『股関節』

 

ここが安定していれば

体全体が安定しそうではないですか?

 

腰への負担も減りそうではないですか?

 

腰痛の方の多くが

お尻の筋肉が眠った状態です

 

一度、このトレーニングで

眠ったままのお尻の筋肉を

起こしてみませんか?

 

そうするとあなたのお尻は

桃尻になり、腰痛撃退へ繋がります

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                   

トレーニング動画