広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

ウォーミングアップとしても使える股関節をコントロールするトレーニング 171

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

股関節をコントロール

 

おすすめの方

 

①今やっている競技をレベルアップ

 

②体幹が上手く使えない

 

➂体を思うように動かせない

 

④股関節が固い

 

⑤ウォーミングアップ

 

POINT

 

①人工股関節の方NG

 

②なるべく上半身の軸は保つ

 

➂コントロール中は足を浮かす

 

④運動前のアップとして有効

 

体幹も!?

この動きを習得すれば

体幹もうまく使えるようになります

 

股関節と体幹を

うまく分けて使えるように

 

このふたつが分離して使えないと

一方を動かすと

もう一方もついてきます

 

なので、疲れやすくなります

 

動きも鈍くなります

 

股関節をよく使うスポーツなど

やられている方は

うまくできるようになるといいです

 

やってみると意外と難しいです

 

スポーツをしていない方も

分離した動きは必須です

 

日常生活での負担軽減に繋がります

 

ウォーミングアップ

股関節周りの

ウォーミングアップとして利用しましょう

 

少しやるだけでも

股関節周りはポカポカしてきます

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :              

トレーニング動画

【節分の日】豆を食べる数が増えたあなたはあなたの身体のことを知っていますか? 076

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安の方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

節分の日

今日は節分の日ですね。

 

 

恵方巻は食べられましたか?

 

豆まきはされましたか?

 

今年は北北西になります。

 

1年の健康を願ってしっかり食べましょう!

 

 

身体をコントロール

豆は年の数だけ食べますよね?

 

広島だけではないですよね?

 

豆を食べる数が苦しくなってきたあなた

 

 

ご自身の身体はコントロールできていますか?

 

豆を食べる数が増えれば増えるほど

 

あなたは身体を動かす機会が少なくなってきたと思います。

 

それに伴い身体をコントロールする能力も落ちてきていると思います。

 

例えば、これくらいの高さならまたげるだろうと思い足を上げます。

 

しかし、自分が思ったより足が上がらずまたげない。

 

このような状態では

 

あなたは身体をコントロールできているとは言え難いと思います。

 

ただの筋力低下という原因ももちろんあります。

 

仮に筋力が低下していたとしても

 

それでもコントロールできていないと言えます。

 

なぜかというと

 

 

それは今のあなたの身体を知っていないからです。

 

知っていないからコントロールできないのです。

 

知っていれば

 

この高さでは無理だろうとやる前にわかりますよね。

 

あなたは身体をコントロールできていますか?

 

身体を知っていますか?

 

目を閉じてもコントロール

 

あなたは目を閉じたまま字を書けますか?

 

 

恐らくほとんどの方が書けると思います。

 

長文は無理だとしても少しなら。

 

ではあなたの身体はどうでしょうか?

 

目を閉じた状態でもコントロールできますか?

 

 

例えば、肩を90度水平に挙げてください。

 

もちろん目を閉じて。

 

正確に挙げられましたか?

 

全く違った方はコントロールが不十分なのかもしれませんね。

 

このコントロールができる方とできない方では

 

トレーニングの正確さも変わってきます。

 

パーソナルトレーニングでは

 

あなたが目では見えない部分まで指摘していきます。

 

そこで活かされるのが先程のコントロールする能力です。

 

目で見えない分どう動かせば指摘された軌道で動かせるのかがここに繋がります。

 

 

でも私のパーソナルトレーニングは

 

しっかりそこもカバーするので問題ありませんが

 

仮に自宅でやられる場合です。

 

自宅でやれば誰も指摘してくれません。

 

なので、先程の能力がフル活躍するのです。

 

身体をコントロールする能力

 

ここも頭の片隅にでも置いておいてください。

 

あなたはあなたの身体を知っていますか?

 

あなたはあなたの身体をコントロールできますか?

 

タグ :       

トレーニング 上肢 下肢