ストレッチ | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【Instagram】SNSで腰痛などに関する情報を投稿中!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたはInstagramを使っていますか?

僕は前に使っていたんですが、最近はめっきり使うことがなかったんです。

ですが最近急に「Instagramでも投稿しようかなー」って感じで再開することにしました。

 

Instagramの投稿内容

では実際に僕はどんな投稿をしているのか?

それhできる限り見てもらう方にとって有益な情報になるよう心掛けています。

例えば意外と好評なのが『本当にあった話しシリーズ』です。

 

 

こんな感じで実際にあった症例を紹介しています。

「ここが痛い時はここをほぐすのもいいんだ~」と少しでも思えてもい、参考にして頂ければ幸いです。

 

もしフォローしてもいいよって方は是非繋がりましょう(^^)

よろしくお願いします!!

https://www.instagram.com/seitaitrainer_fujinomasato/?hl=ja

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

ケア

【セルフケア】腰痛・膝痛・猫背に効くテニスボールストレッチ!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

テニスボールを使ったセルフケアの方法は調べるとたくさん出てきますよね。

それだけ家でやっている方が多いということでしょうか?

そこで今回は、腰痛・膝痛に効果的かつ簡単にでき猫背にも効果的なセルフケアをご紹介致しますね。

まさに一石三鳥と言えるストレッチ(笑)

 

テニスボールを使ったセルフケアの方法

 

いかがでしたでしょうかとても簡単じゃなかったですか?

ここの場所は固くなりやすい部位ですので、しっかりとほぐしていきましょうね。

 

なぜ太もも裏外側なのか?

 

「セルフケアの場所はわかったんですが、なぜ腰痛・膝痛はたまた猫背改善にもここをほぐす理由があるんですか?」

と疑問に持たれる方もいらっしゃると思いますので、説明しますね。

 

まず太もも裏外側には『大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)』『外側広筋』が重なり合う部分なんです。

(※どちらも骨盤~膝付近まで付着している長い筋肉)

 

 

この重なるというのが重要です。

重なるということは、裏を返せば癒着しやすいと言えます。

 

そして癒着してしまうと筋肉本来の役割が破綻してしまうんです。

この2つの筋肉は、腰痛・膝痛・猫背の方は必ずと言っていいほど癒着しやすい部位。

なのでここをしっかりとほぐしていく必要があるんですよね。

 

固く癒着してしまっている方は、テニスボールを使ったセルフケアをするとかなり痛いかもしれません。

ですが癒着してしまっているので、ゴリゴリにほぐしていかないといけないんです。

痛すぎるのもあれですが、多少の痛さは我慢しながらセルフケアしていきましょう。

それが痛みを改善させるために必要不可欠なんですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

トレーニング動画 腰痛

【腰痛】腰も猫背も良くなる効率的な簡単ストレッチ

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の原因のひとつに、腰の側面の筋肉の固さがあります。

ここが固くなると、腰椎への負担は増え、骨盤まで歪んできます。

その結果として、腰の痛みが発生していくわけなんですよね。

なので今回は、簡単にできる腰の側面ストレッチをご紹介していきます。

 

腰痛ストレッチ

 

上記の動画は見ましたか?この動きをすることで脇~腰に掛けてしっかりと伸びていくと思います。

ポイントとしては、腕を捻りながら斜めに伸ばしていくこと。

そして息は吐きながら伸ばしていきます。

 

ひとつ注意点としては、伸ばす時に腰を反らさないことです。

また腰を反らしながら伸ばしていくと、逆に腰を痛めてしまう可能性があります。

ここだけは守りながら伸ばしていきましょうね。

 

そうすることで、腰痛の原因になる筋肉を伸ばすことが出来ます。

そして嬉しいことに、猫背改善にも繋がるストレッチなんです。

まさに一石二鳥のストレッチと言えますね。

 

腰に痛みがでない範囲でこのストレッチをおこなってみてくださいね。

少しずつ体が変わってくるのを感じられると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :     

トレーニング動画 腰痛

【腰痛】寝ながらできる股関節ストレッチ3選!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛と股関節は切っても切れない密な関係性があります。

なので股関節の柔軟性は腰痛予防にとってとても大切な部分なんです。

そこで今回は股関節周りのストレッチを3つご紹介していきます。

誰でもできる初心者向けのストレッチですので、ぜひ毎日のストレッチに取り入れて頂ければ幸いです。

 

股関節のストレッチ動画

 

見て頂いた方ならわかると思いますが、めちゃくちゃシンプルだと思います。

そしてかつ簡単にできますよね。寝る前に布団の中でちょっとやるだけでいいんです。

それで腰痛予防ができれば嬉しくないですか?

 

それではひとつひとつ解説していきますね。

ちなみに痛みがひどい場合は、無理のない範囲でおこなってくださいね。

 

①股関節ストレッチ

最初のストレッチは両膝倒しです。

これは股関節単体というよりかは腰周りも同時にストレッチしていきます。

基本的にこの動きが難しい方は、日常生活においても捻る動きが苦手な場合が多く、日頃から腰に負担が掛かり役なっていると言えるでしょう。

なのでまずは寝ながら痛みなく捻れるような体にしていきましょう!

徐々にかもしれませんが、体は確実に柔らかくなっていきますからね。

 

②股関節ストレッチ

これはもうダイレクトに股関節ですね。特に内側に捻る動き。

腰痛で腰が丸くなっている場合、股関節は外側に捻じれていきます。

なので内側に倒す動作が必然的に苦手になってくるんですよね。

ストレッチで動きを出してあげることで、苦手な内側を克服していき、同時に腰への負担も減らしていきます。

 

➂股関節ストレッチ

これは①の動きと②の動きを掛け合わせたストレッチになります。

合わせることで、腰~お尻~もも外までしっかりと伸びていくのが感じられるかと思います。

腰痛の方はこのラインが固くなっていることが多いので、しっかりと伸ばしていきましょう!

 

まとめ

 

腰痛予防には股関節のストレッチを日々取り入れていきましょう!

そうすることで、腰は日に日に軽くなっていきますよ!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :     

トレーニング動画 腰痛

【寝違え】首が痛くなる原因と治し方(セルフケア方法)

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

只今絶賛寝違え中です(笑)今朝起きると起き上がるのも辛いほど首が痛くなっていました。

首を回しても下向いてもどの方向に動かしても首が痛い状態に・・・。

 

首の痛みを我慢しながら仕事を終え家に帰宅後、セルフケアをすることで多少の痛みは残るものの首はかなり動くようになり、痛みなく起き上がることもできるようになりました。

なのでこの出来立てほやほやの情報をこのブログでお伝えしていこうと思います(笑)

あなたの首の痛みに少しでもお役に立てれば。

 

寝違えの原因

 

そもそもなんで首の寝違えが起きるのでしょうか?

その原因で一番多いのは、『同じ角度での姿勢』です。

 

例えば僕みたいに朝起きた時に首が痛かったとします。

その場合寝ている時に、首が常に同じ方向を向いたまま寝てしまうことで寝違えを起こすんです。

 

本来人間は寝ている間に寝返りを数分おきぐらいに何度もしますが、深い眠りなどの影響で寝返りをしない時間が数十分など長くなってしまうことがたまにあります。

この数十分の影響が寝返りを引き起こしてしまうんです。

 

そして首は弱い部位でもあるので、反射的に守ろうとするので刺激にも弱いんですよね。

なので、同じ姿勢でいるという刺激にも過剰に反応することもあり、寝違えと発展していきます。

 

さらにデスクワークなど同じ姿勢での作業も寝違えに繋がることもあります。

ただ基本的にデスクワーク中も首が一切動かないことはまずありえないので、デスクワーク中に寝違えが起きることはほぼありません。

超集中などしていれば話は別かもしれませんが。

 

僕の場合前日に徹夜で事務作業していたのもあり、ダブルコンボで首が痛くなったんだと予想できます・・・。

 

寝違えの治し方

 

ここからは僕がさっき実際におこなったセルフケアをご紹介していきます。少しでも参考になれば幸いです。

 

①もも裏のストレッチ

寝違えを起こすと下半身まで影響することがあります。

僕の場合左側の首が痛かったんですが、右のもも裏が固くなっていたのでストレッチすることで少し痛みが軽減しました。

 

②二の腕を揉む

これは速攻性のあるセルフケアです。揉んだそばから可動域が変わってきます。

二の腕(特に脇に近い部分)を思い切りつかみ、プルプルと震わせていくだけ。

恐らく寝違えのある方は、つまむだけで激痛のはずです。

ですがその激痛に耐えながら揉んでいきましょう。

 

➂前腕を揉む

これも二の腕に次いで速攻性があります。

前腕の特に手首付近の骨を揉みます。

前腕には2本の骨がありますので、その両方を包むようにつかみ雑巾を絞るように揉んでいきます。

恐らく痛い側の前腕は痛いはずです。

 

④首の前を揉む

首の前に『胸鎖乳突筋』という筋肉が耳の下~鎖骨についています。

この筋肉をしっかりとつまんだ状態でプルプルと震わせていきます。

ここもかなり痛いと思いますが、そんなの関係なくゴリゴリに揉みましょう。

 

⑤首の骨を揉む

最後に痛みの根元を揉んでいきましょう。

揉む場所は首の骨キワ(首の骨と言うのは、首を曲げた時に首後方にでてくる骨のこと)。

できればほんの少しだけ首を曲げた状態で揉むとより効果的です。

ここが一番痛いかもしれませんが、そんなの関係なくゴリゴリのゴリゴリに揉んでみましょう。

 

まとめ

 

急性期(痛めてすぐ)は、いくら揉んでも痛みが0になるのは難しいかもしれません。

ただセルフケアなどをすることで、痛みが0になるまでの回復スピードは変わってきます。

寝違えにはなりたくないですが、なったあとのケアをしっかりとしていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

ケア

【教室】健康の輪は地域に広がっていく!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は複数のグループ教室も開催しています。

企業へ伺い社員さん向けに行うグループ教室を除き、主にご高齢の方向けの教室を各地域で定期的に開催し、ご依頼があれば体に関する講演会までおこなっています。

 

そこで大切だなと個人的に感じているのが『健康の輪』を広げることです。

健康で元気な方のパワーは連鎖していくと僕は思っています。

僕の教室でも最近は特にこの連鎖を意識し始めるようになりました。

 

健康の輪を地域で広げる!

 

「類は友を呼ぶ」という言葉は、誰しもが一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?

健康の輪とは、まさにこの言葉がピッタリだと思います。

 

元気でパワー溢れる方の周りには、元気でパワー溢れる方が集まります。

でも逆に元気がなくパワーが少ない方の周りには、元気がなくパワーが少ない方が集まります。

そんなことって結構周りにありませんか?

 

僕は結構経験があるので「類は友を呼ぶ」を信じています。

そしてこれはさっきも言ったように『健康』にも同様なことが言えるはずなんです。

 

僕の教室に通ってくださっているご高齢の方々はめちゃくちゃ元気です。

そして参加者の方が誘ってきてくださるご友人もまた元気な方といった感じで、元気な方が自然と集まってきます。

 

「そりゃ教室には元気な人しか来ないでしょ!」

 

と思われたかもしれません。確かに一理あります。

でもそれで終わってはもったいないんですよね。

じゃあ元気になるまで待つの?って話しです。

 

僕が最近意識していることは僕のグループ教室が、

 

=====

地域での『健康の輪』の震源地になること

=====

 

なんですよね。

僕の教室に参加されている方々が健康で元気でパワー溢れる方々になれば、そのパワーは地域に住んでいるご高齢の方々にも連鎖していくはず!

 

「あなたと一緒にいると元気になれる!」って方周りにいませんか?

もしいるなら一緒にいるあなたも自然と元気になっていきますよね。

これが類は友を呼ぶってことですかね。もしくは友は類を作る?(笑)

 

そんな感じで僕なりにやっていって何年掛かるかわかりませんが、最終的に『地域の健康の輪が広がる』といいなと思います。

 

今日は特別体の話しとかではなかったんですが、腰痛や膝痛など体の痛みが減るだけでも元気が溢れてきますよね。

それも結局は『健康の輪』に繋がっていくんですよね~。

あなたもこの輪に加わりませんか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

トレーニング

【腰痛】股関節を曲げた角度で原因が違う?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

股関節は腰と密な関係にある関節です。
このブログでも何度も書いてきました。
今回はそこに「角度」を踏まえて書いていこうと思います。
実は股関節を曲げる角度(屈曲角度)によって腰が痛くなる原因がある程度判断できるんです!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

まず股関節の角度によって、腰痛の原因が2つに絞ることができます。

その2つの原因というが『股関節由来』なのか『腰・骨盤由来』なのかってこと。

 

で次に股関節の角度について。

股関節の屈曲角度って解剖学的に何度です!ってある程度決まっているんですよね。

その角度って言うのが『約90度』。これは股関節“だけ”の純粋な角度。

そして90度以上になると『腰・骨盤』も関与してきます。

腰・骨盤を含むと、約125度は曲がるんですよね。

 

 

そしてさっき説明した角度がめちゃくちゃ重要になってきます。

これで『股関節由来』なのか『腰・骨盤由来』なのかがわかるんです。

つまり、股関節を曲げる角度によって異なる原因ってのは、

 

=====

90度以内で腰に痛みが出る→股関節由来の腰痛

90度以上で腰に痛みが出る→腰・骨盤由来の腰痛

=====

 

になります。

もしあなたに腰痛があるのなら股関節を曲げてみてください。

あなたの腰痛がどこ由来なのかある程度わかってくると思いますよ。

そして原因がわかればそこを対処していけば腰痛は楽になっていくはずです(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

腰痛

【腰痛 ストレッチ】捻るだけで腰も猫背も良くなる方法とは!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

あなたは体をしっかりと捻ることはできますか?

もしできないのであれば、腰痛になるリスクが高いかもしれません!!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

何度も言いますが、腰だけでは捻る動きはできません。

厳密に言うと、ほんの少し(約5度)しか腰だけでは捻ることができず、さらに腰は捻る動きに弱いんです。

 

腰を痛めないためには、胸郭や股関節など他関節で腰を捻ってみせないと、腰への負担は高まり痛みへと感じやすいんですよね。

 

なので腰の捻る柔らかさよりも、他関節の柔軟性が非常に大切になってきます。

そこで今回は、腰以外の関節である『胸郭』のストレッチをご紹介します。

ここの柔らかさは本当に大切なので、まずはこのストレッチで柔軟性をつけていきましょうね。

 

 

ストレッチ自体はめちゃくちゃ簡単だと思います。

でも出来る出来ないは別のお話し。

やっていけば徐々に柔らかくなっていきますので、頑張ってみてくださいね。

 

ポイントは、膝を絶対に開かないことです!

ここが開いてしまうと腰を捻ってしまいますから、腰を痛める可能性が出てきます。

あくまで胸郭のストレッチですからね。

 

肘が床につけるよう日々ストレッチしていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング動画 腰痛

【腰痛】捻ると痛む腰の原因と改善方法とは?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

腰が痛い場合『どういう動きをしたら痛いのか?』がかなり重要になってきます。

前に屈んだら痛いのか?反ったら痛いのか?捻ったら痛いのか?とか。

で今回は腰を捻ると痛い方の原因について解説していきますが、以前前屈バージョンも書いたので気になる方は読んでみてください。

前屈時に腰が痛む原因とは?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

で早速捻ると腰が痛む原因の結論から言ってしまえば、

 

=====

腰以外の可動域低下

=====

 

このブログで何度も書いてきましたが、腰だけで捻ることは絶対にできません。

なので腰以外の捻る動きが低下することで、本来動くはずのない腰に負担が掛かり、腰に痛みを感じてしまうってわけなんです。

でどこの可動域が低下したらいけないのかって言うと、

 

=====

首・胸郭・骨盤・股関節・足首

=====

 

この5つの可動域が低下すると腰に負担が掛かっていきます。

「いやいや、多いよ!」と感じたかもしれませんが、それは許して(笑)

それぐらい捻る動きでは腰以外を使っているって証拠です。

で動き的に腰への関与ランキングで言うと、

 

=====

①股関節→②胸郭→➂首→④足首→⑤骨盤

=====

 

って感じかな。

つまり上位の部位が固いと余計に腰に負担が掛かりやすくなる。

なので股関節・胸郭が極端に固いと捻ると腰は痛くなるし、足首だけが極端に固いぐらいではそこまで腰に負担は掛かりにくいってことです。

 

もし腰を捻って痛い方は、自分自身が腰以外の上記5つの内どこが固いかを探して、そこを柔らかくしていくのが最優先になっていくかと思います。

そしたら捻って痛い腰も改善していくと思いますよ。

頑張ってみてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【腰痛】背中が反れない方は危険です!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

今日の内容は昨日僕のLINE@へ登録してくれている方限定に配信した内容を一部お届けします。

毎週日曜日18時にこのような情報が届きますので、気になる方は無料ですのでご登録してくださいね。

(ご登録リンクはブログ最後に貼っております)

 

ではブログに戻りますね。

背中を反れるかどうかは非常に重要だと僕は思っています。

背中は反ることが出来なくなったら背骨の機能が落ちているということになります。

なので『背中反れない=背骨の機能低下』と紐づけることができます。もちろん全てではないですけどね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

もし背中が反れず機能が低下していたら、腰・首・肩・膝への負担は一気に増加していきます。

そして増加して負担が重くのしかかった部位は傷付き、痛みとして症状がでてくることが多々あるんですよね。

 

だからこそ最低限背中の反り具合は必要になってきます。

これは高齢者だから反れないとかではなくて、若い方でも反れないって方が多いのが現状。

本当に多いんですよ・・・。

 

じゃあ実際にあなたの背骨が機能しているのかチェックしてみましょう。

このチェックで自分の背中がちゃんと反れているのかわかるので試してみてね。

もし全く反れなかったらそれは危ないかもしれませんんよ!?

じゃあ下記写真を見ながらやってみましょう!

 

 

いかがでしたか?

右の写真になってないですか?肘開いてないですか?

左の写真のように背中が上手く反れるのならまだ大丈夫です。

 

ちなみに腰から曲げるとか首だけ曲げるとかではありません。

“背中の真ん中から背中を反っていく”んです。

ここがめちゃくちゃ重要なのでそこは必ず守ってやってくださいね。

 

もし全然できないって方は、このチェック方法もストレッチのひとつなのでこれを繰り返していけば多少は柔軟性が付いてくると思いますよ。

 

70代の方でも最初は右写真のようだったけど、1ヶ月ほど自宅でストレッチを繰り返すことで左写真のようになっていきました。

あなたも頑張ればできる!!

 

そして反れるようになった70代の方は、肩こり首こりが減り、呼吸もしやすくなったそうです。

もちろん姿勢もめちゃくちゃ良くなりましたよ。

あなたも頑張ればできる!!

 

ってことで背中の反りはめちゃくちゃ重要。

忘れずにストレッチしていきましょうね(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

1 2 3 10