ストレッチ | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【運動連鎖】代償が代償を呼び痛みへと繋がる

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

人間どこかしらに痛みを感じている場合、ほぼみなさん代償運動が入っています。

 

代償運動と言うのは例えば、肩が痛くて上げにくいので、上げる時に身体を傾けながら上げたり、肩をすくめたりすることです。

 

こういった代償運動が入ることで、肩の痛みだけではなく、体幹部の痛みに、ましてや下肢の痛みに繋がることもあります。

これが代償の恐ろしいところです。

 

代償を考えよう

 

よくあるパターンで言えば腰痛です。

その中でも回旋動作を例に見てみましょう。

 

基本的に身体を回旋させる時、主に働くのは、『胸郭』『股関節』の2つです。

腰は動いていません。(腰椎は回旋5度しか動きませんので)

 

ですが、何かしらの原因で胸郭の動きが悪くなったとしましょう。すると股関節(と腰)に負担が掛かり始めます。

 

そうなると股関節は一人で全ての回旋動作を補うわけですから、股関節(お尻など)に痛みを生じてしまうわけで、最悪痺れに繋がります。

 

当然ながら逆も考えられますよね。

股関節の動きが悪くなれば、胸郭(と腰)に負担が掛かり始めます。

 

そうなると胸郭は一人で全ての回旋動作を補うわけですから、腰背移行部(背中など)に痛みを生じてしまうわけです。

 

そしてさらに最悪なのはここからで、『胸郭』『股関節』のどちらも動きが悪くなれば、次の代償を呼んでしまいます。

 

例えば、首に過剰な代償運動が入り、首と肩の凝りがしんどくなったり。

膝に過剰な代償が入り、膝の痛みに繋がり、歩くのがしんどくなったり。

 

これが代償の代償です。

 

この場合、首・肩が痛くても、膝が痛くても、患部ばかりみても意味がありません。

だってそこは代償の代償の結果だから。

 

根本に辿り着き、そこを見つけ治療していくと、代償連鎖は収まるので、まずは大小の根元を探さないといけないんです。

 

とまぁこんな感じで、代償は代償を呼び、痛みを呼んでいます。

 

まとめ

 

 

基本的に痛みは代償動作の結果です。

なので代償動作の根元を見つける作業を最優先で行うことで、治療もスムーズに進みますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング

【膝痛】背骨の動きが原因だった!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛で来られたお客さん。

膝自体はだいぶ状態はいいんですが、最後何か痛みが引っ掛かる部分がありました。

 

その原因を探っていくと、背骨に原因があったんです!!

 

膝痛と背骨

 

今回の方を例にお話しを進めていきますね。

 

膝の内側の不安定さ(嫌な感じ)が残っているので、上半身を見ていくと、背骨に圧痛があり、背骨の可動域を獲得させると、膝の内側の不安定さは消滅したんです。

 

これはつまり、膝の痛み(不安定さ)は、背骨にあったという意味になります。

背骨で膝の痛みが消滅した理由が、

 

=====
神経系の改善
姿勢の改善
=====

 

に繋がっています。

ちなみに背骨と言っても細かな部位的には、腰背移行部の硬さがあったので、そこの柔軟性を獲得しました。

改善した理由をもっと詳しく言うと、

 

=====
・神経系
→腰~膝に繋がる神経があり、背骨の柔軟性不足で引っ掛かっていた神経が解放された

 

・姿勢
→腰背移行部が丸くなっていたので、伸ばすことで、内転筋(内もも)の筋肉が緩んだ
=====

 

から膝の内側の不安定さ(痛み)が改善しました。

 

まとめ

 

 

確かに膝周りの組織の改善は必要ですが、それでも改善しなければ、別の部位が原因だったということは多々あります。

 

膝ばかり揉んだりしても治らない場合、遠位部も原因がないか探ってみましょう。

意外なところに原因があるかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【ダイエット】食事管理で変わる身体!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

妻が1ヶ月腹筋を行い、くびれと縦線を(ほんの少しだけ)手に入れたと以前記事にしたんですが、腹筋は体脂肪を落とすとよりくっきりと線が見えてきます。

 

なので体脂肪を落とすような食事をとるとより良いのですが、食事と言っても方法はたくさんありますよね。

 

結局何がいいのかわからなくなる・・・。

 

世に出回っている食事管理の中でどれがいいのでしょうか??

 

食事管理方法

 

まずは代表的なものには何があるのか?見てみましょう。

 

糖質制限

 

 

糖質制限はかなりメジャーな方法じゃないでしょうか?

食事から糖質を抜く(減らす)食事方法になります。

 

例えば、お米を食べない(減らす)といった方法など聞いたことある方も多いと思います。

 

脂質制限

 

 

糖質制限とは逆にあまり聞き慣れないかもしれませんが、脂質制限も代表的な食事方法になります。

 

糖質制限同様に、脂質を制限すると言った食事方法です。

 

例えば、揚げ物を食べない(減らす)という方法になります。

 

カロリー制限

 

 

これは糖質・脂質関係なく、総合的に見て食事量(カロリー)を減らすという考え方です。

 

一般的にはこちらの方が主流な考えでしょうか??

 

カロリー制限は、とにかく我慢!これに尽きる食事方法だと思います。

 

基本を忘れるな!

 

糖質制限・脂質制限・カロリー制限の3つがありますよとお伝えしましたが、そもそも基本を忘れてはいけません。

 

ダイエットをするということは、イコール今まで食べ過ぎているということです。

 

つまり《食べなくてもいい物を食べ過ぎている結果》なんですよね。

 

ここで重要なのが、

 

=====
何かを取り入れる前に、何を取らないかを考えよう
=====

 

という基本的な考えです。

 

例えば、ダイエットするからプロテインを飲もう!サラダを食べよう!は良いように聞こえますが、その裏でお菓子やジュースを飲むのをやめていなければ意味のないものになってしまうかもしれません。

 

であれば、プロテインやサラダを食べる前に、お菓子やジュースを控えればいいんです。

 

僕の妻だって食事管理はせず、お菓子の量を減らしただけ(トレーニングはしましたが)で体脂肪が1ヶ月で2%も減りました。(どんだけ食べていたんだ(笑))

 

多くの方は、何かを取り入れようとしますが、その前に基本的に何を取らないべきかを考え行動することで、ダイエットの成功はグッと近くなります。

 

ダイエットの落とし穴

 

最後にダイエットの落とし穴をお伝えしておきます。

 

先程紹介した3つの食事管理。これをベースに多くの方が実践されると思うんですが、ここに落とし穴が隠されています。それは、

 

=====
3つどれを実践しても結局は同じ食事をしている
=====

 

ということ。

栄養素には三大栄養素が存在します。

 

脂質・糖質・タンパク質です。

 

この3つのバランスが非常に重要なんですが、多くの方はこの3つすべてを極端に減らしてしまいます。

 

=====
・糖質制限→ご飯を抜くぞ!でも油系も控えて、全体の量を減らそう!
・脂質制限→油系を抜くぞ!でも糖質も控えて、全体の量を減らそう!
・カロリー制限→食べるのを我慢するぞ!!
※空腹は正義だ!この空腹に耐えてこそダイエットだ!!※
=====

 

になるでしょ??結局全部同じじゃん(笑)

 

この落とし穴に落ちてしまうと、筋肉が落ち、代謝の悪い身体が完成していきます。

 

確かに最初は体重は落ちるかもしれませんが、それは水分が抜け、筋肉量が落ちただけです。

 

こうならならないためにも、僕が先程お伝えした基本的な考えを土台に実践してほしいと思います。

 

まとめ

 

ダイエットしたいのなら、三大栄養素を考え食事管理するのもいいのですが、何を取らないようにするのか?を基本に考えてくださいね。

 

僕の妻のように《お菓子の食べ過ぎ》が原因だったらそれを減らせばいいんですから。足し算の前に引き算をしましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

ケア

【武田山】安佐南区の山をソロで登る!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先月から急に登山に目覚め、初ソロ登山は《深入山》に登りました。

 

さて次はどこに登ろうかなぁ~と考え、SNSで募集したらたくさん山を教えて頂き、その中から《武田山》を選択し、先日ソロ登山してきました。

武田山

 

武田山の登山口には、数台が止められる駐車場があるので、そこに停め、YAMAPのナビを頼りながら一人で登り始めました。

 

 

天候にも恵まれ、気持ちよく歩いていきますが、初心者コースと聞いてはいましたが深入山に比べると、きつめです。

 

 

細い道や崖道など、落ちたら大変な道もしばしば・・・。

 

 

途中手を使わないと登れない場所も!?!

傾斜も急ですが、本当にこれが初心者コースなのか??と初心者な僕は思いました(笑)

 

 

《馬返し》ポイントでパシャリ。

 

 

《御門跡》ポイントでパシャリ。

 

 

《銀山城跡》ポイントでパシャリ。

というかここは山頂です。山頂の風景はこちら。

 

 

安佐南区の街並みが一望できます。山頂で飲むお茶が格別にうまい!

 

まぁ記事ではポンポンと進んでいるように思いますが、実は迷子になり、山頂にも辿り着けませんでした(笑)

 

山頂を通り過ぎ、次の山まで歩いてしまい、仕方なく引き返していると、なぜか山頂に到着。

心身ともに疲労した状態で撮った山頂の写真です(笑)

 

山道を迷うことなく、登っている方多いですが、どうやっているんですか?

コツと言うか、ポイントを教えて欲しいです。

 

ちなみに途中に《弓矢場》があり、弓を体験する場所もありました。

弓が何か意味がある山なんですかね?

 

 

登山って登ってみると意外と面白いですね。

 

ソロでも十分楽しめるかも!?次はどこに登ろうかな??

 

足腰も鍛えられるし、おすすめですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

日常

【筋トレ】妻が腹筋を1ヶ月続けた結果・・・!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

9月に入り、急に妻が「腹筋割ってやる!!」と宣言してきました。

 

まぁどうせ続かないだろうと思っていたら、僕が仕事で不在の中、家でこっそりコツコツ腹筋を続けていたらしいです。

 

もうとっくに止めていると思っていました。ごめんなさい(笑)

 

そして9月最終日の今日。妻がいきなりお腹を見せてきました・・・!?!

 

1ヶ月の結果

 

まず妻が1ヶ月何をしていたのかを説明しますね。

 

=====
大好きなお菓子を減らし、腹筋&腕立て伏せ(膝あり)を各20回毎日行う
=====

 

のみやっていたそうです。

ちなみに1ヶ月毎日は続かなかったみたいで、途中1週間ぐらい挫折期間があったそうな。

 

それでも約1ヶ月間毎日コツコツやっていたとは、正直驚きです。

 

しかも産後から運動全くしなくなり、帝王切開でお腹を切っているので、お腹はダルダル。

体脂肪も34%オーバー(ここに書いたら怒られるかな?)。

 

果たしてそんな産後太りしてしまった妻のお腹はどうなったのか?と言うと、

 

=====
お腹にくびれが少しだけ出来始め、腹筋の縦線が薄っすらと見え始めている
=====

 

状態にまでなっていました。

残念ながらビフォーアフターの写真はNGでしたが、ダルダルのお腹から考えれば、結構変わったと思います。

 

何事もコツコツと継続すると変わるもんですね。

 

「10月も続けて頑張る!!」と言っているので、さらに1ヶ月後が楽しみです。

 

体脂肪も減らしていくとより効果的ですが、ご飯を食べることが好きなので、食事はセーブはしないらしいです。

お菓子を減らすだけ。

 

最初から飛ばし過ぎると続きませんから、僕からあーだこーだ言わず、妻のペースで腹筋が割れる日を待つとします。

 

頑張れーーー!!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

日常

【怪我】僕の子供~大人になるまでの痛みの経歴

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「先生はどこか痛めたことあるんですか?」というご質問を頂きましたので、ここで回答していきます。

 

僕だってそりゃ身体中痛めまくりですよ(笑)

 

まぁそういう経験があったからこそ、今のような仕事をしているようなものです。

 

怪我の経験

 

僕の怪我(痛み)の経歴を順に説明していきますね。

 

=====
◆小学生
→公園で遠投ばかりしてたら肘(野球肘)を壊すが、楽しいので痛くても投げ続けていた。

◆中学校
→偏頭痛を発症し、視野が狭くなる(その後高校・社会人でも1回ずつ発症し、視力も著しく低下)。

◆高校
→野球の練習で、肘(野球肘)・肩(インピンジメント症候群)・腰(腰椎すべり症・腰椎分離症)を壊し、ボールは投げれないし、走れないし、授業中文字を書くのにも痛みを生じた。

◆社会人
→会社でマラソン部を立ち上げ、ランニング中膝(外側側副靭帯炎症)を壊す。草野球中足を挫き、捻挫し、高校時代に壊した肩(インピンジメント症候群)が悪化し、ボールを投げると腕が痺れ、肩が上げれなくなる。
=====

 

大きな怪我はこんな感じですが、それ以外にも小さな怪我はしています。

 

こう時系列で見てみると、小学校時代~ずっと何かしらの怪我をしていたんだなぁと思います。

 

でも何かしらの競技をしていれば、それぐらいはするでしょう。

僕は少ない方だと思いますが、当時は痛みもあり、辛かったことを覚えています。

 

痛みってどんな痛みにせよ、辛いんですよ。

今すぐにでも取ってほしいぐらい。

 

そういう経験をしているからこそ、目の前のお客さんの痛みを少しでもとってあげたいという気持ちが強いんだと思います。

 

まだまだ勉強が足りない部分も多々あるので、日々勉強中ですが・・・。

 

さぁ今日も一人でも多くの方のお悩みを解決できるように、頑張ってきます。

 

あなたもお悩みがあれば、いつでもお声掛けくださいね(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常  腰痛 膝痛

【木阪病院】10月のレッスンは「膝痛・腰痛予防トレーニング」

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

木阪病院で毎月第四土曜日に開催しています、グループレッスン。

10月の予定が決まりましたので、詳細を発表致します。

 

10月のグループレッスンは、

 

=====
膝痛・腰痛予防トレーニング
=====

 

です。

腰痛と膝痛は意外かもしれませんが、結構共通点が存在します。

 

ですので、膝が悪くなれば腰も悪くなり、腰が悪くなれば膝が悪くなるという方も結構な確率でいらっしゃるんです。

 

でもその理由について、説明してくれるところは少ない・・・。

 

ということで今回、木阪病院のグループレッスンでは、

 

=====
・身体の秘密の構造
・膝痛、腰痛の関係性
・なぜ痛みが出るのか?
・痛みを改善する為には?
=====

 

について解説しながらトレーニングしていこうと思います。

 

先月のグループレッスン参加者の方に言われたのが、「自宅でもできるように資料が欲しい」とのことでしたので、10月以降は《資料付き》でレッスンをしていこうと思います。

 

これでしたらご自宅でも復習しながら、トレーニングやストレッチを行うことが可能ですもんね。

参加者の方にご指摘頂き気付くとは・・・。

ありがとうございます。確かにそうですね。

 

ちなみに前回は「姿勢の歪みからくるお尻の弛み」がテーマで、骨格の歪みをとりながら、お尻を鍛えるというもので、トレーニング・ストレッチの順番が鍵になるものでした。

 

なので、余計に資料が必要でしたね。すみません。

 

というわけで、同じミスを犯さないために、参加者の方がよりよくトレーニングに励んでもらうために《資料付き》でレッスンを行います。

 

膝痛腰痛の原因も詳しく解説していきますので、お悩みの方はお気軽にお越しくださいね。

 

=====
料金(事前支払い):3000円(税込)
予約:082-422-2502
場所:木阪病院看護小規模多機能居宅介護きさか 2F(木阪病院隣)/広島県東広島市西条町土与丸1246
※グループレッスンのお支払い及びご予約のみ、『木阪クリニック』になりますので、お間違えのないようお願いいたします。
=====

 

マット等はご用意しておりますので、動きやすい服装・水分等をご用意くださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛 膝痛

【重要】胸郭の柔軟性の低下は危険信号!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

3連休は、ほぼ仕事だった藤野です。

さてこの3連休の仕事中、なぜか多くのお客さんのご質問が「胸郭」に絡むことが多かったので、ここを深堀していこうと思います。

 

胸郭の重要性ってあまり知られていないかもしれませんが、僕はブログに何度も胸郭の重要性について書いてきました。

 

胸郭の柔軟性が落ちてきたら、危険信号ですよ!!

 

胸郭の柔軟性

 

胸郭というのは、いわゆる肋骨の部分のことを言います。

 

ここの柔軟性は年齢を重ねるごとに落ちていくんですが、落ちすぎると身体の不調が増えてくるんです。

 

肩こり・首の痛み・腕の痺れ・腰痛・膝痛・股関節痛・外反母趾・・・。

 

あらゆる痛みの元凶となってしまう可能性を大いに秘めています。

だからこそ、胸郭の柔軟性は低下させたらダメなんです。

 

基本的に胸郭の動きは、

 

=====
丸める・反る・横に倒す・捻る
=====

 

という4方向の動きがあります。

全ての動きがかなり重要なんですが、仮に優劣をつけるとすれば、

 

=====
①捻る②反る➂丸める④横に倒す
=====

 

になります。

特に①②の捻る・反るという動きの柔軟性低下は身体に対して非常に負担が掛かりやすくなります。

 

まとめ

 

 

胸郭の柔軟性は身体の土台となります。

日々のストレッチ等で柔軟性は確保しておきましょうね。

 

もしあなたの身体に何かしらの痛みがあるのであれば、どことかに限らず、胸郭はほぼ関連しています。

 

だからこそ、柔軟性の低下はご注意くださいね。

これマジです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

姿勢

【トクサンTV】YouTuberライパチの野球肩を救いたい!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

野球をしているあなたにも共通する部分があるかもしれませんよ。

 

またまた僕がよく見ているYouTubeのひとつでもある、『トクサンTV』に出演しているYouTuber(?)ライパチ氏の肩の痛み(野球肩)の治療動画でした。

 

 

僕が前からこの記事内でも何度か言っていますが、ライパチ氏の肩の痛みは肩だけが原因じゃないので、肩ばかり治療してもYouTubeのネタで終わりです。

 

まぁそれが広告収入に繋がるのであれば、永遠と続けていけばいいのですが、本気で治したいのであれば、もっと違う視点で身体を見た方が僕はいいと思いますよ。

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

 

ライパチ氏の野球肩

 

今回のYouTube内では、

 

=====
①Scapular Dyskinesis(スキャプラ ジスキネジア)の疑い
②腱板機能不全
=====

 

が原因とされていました。

まぁ確かにそうなんですけど、そうじゃないんですよ。

 

毎回肩ばかり見ていますが、ライパチ氏にとってそれは結果であり、原因ではないんですよね。

 

僕が見ている限り、肩の前に治すべきポイントがいくつかあります。

それは以前から記事内で書いていることなんですが、ライパチ氏には届いていません(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n16e483bcae0d

 

② https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

はい。

読んで頂ければわかると思いますが、まず第一に姿勢が悪すぎます。

胸を張り過ぎて、そもそも上半身全体の可動域が低下しています。

 

プロの野球選手やスポーツ選手を見れば分かると思いますが、胸を張り過ぎている選手はいませんし、自然の動物界の中にもいないと思います。

 

その理由は、圧倒的な動きやすさ(可動域の拡大)です。

 

試しに胸を張った姿勢と背中の力を抜いた姿勢で、ライパチ氏のようにオーバースローでスローイングをしてみてください。

 

絶対に後者の方が投げやすいはずです。

 

つまりライパチ氏は、胸を張った姿勢を作ってしまい、背骨の柔軟性(全体)を低下させた(固めた)状態で投げていた!というのが動画越しでも伝わってきます。

 

サイドスローが投げやすい!?

 

 

これも僕が以前記事にしています。ライパチ氏の姿勢の関係上、サイドスローが投げやすいんですよーって。

 

そう書いたところ、今回動画で「サイドスローが投げやすい」と言っていたので、そりゃそうだろ!って思ったわけです(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

まとめ

 

 

肩がダメと言うよりも、今はオーバースローに向いてない身体なのに、無理にオーバースローで投げているから肩を壊すんです。

 

恐らく腰も壊れ、最悪膝も壊すと思いますが・・・。

 

肩の治療をネタとして続けるのであれば、サイドスローに変え、負担を減らした方がいいと思いますが、いずれ、日常生活に支障を与える日が必ず来ます

 

それに肩の神経は首まで繋がっていますので、YouTube編集等で常にパソコンを使うのであれば、肩こり・首の痛みも慢性化してしまいますよ。

 

もうしてるかも!?

 

僕はライパチ氏の肩が治ってほしいので、肩だけではなく、他の部位もしっかりと見てほしいと思います。

 

ライパチ氏の場合、絶対に原因は違う場所にありますから。肩の痛みはあくまで結果。

 

早く気付いてね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「歩くと腰が痛くなるんです」というご質問を度々頂きます。

 

その中で多い原因が《股関節》です。

 

股関節のある動きが悪くなると、歩いた時の腰痛の原因になりますよ。

 

歩行と腰痛の関係

 

歩く時、股関節は前に後ろに振りますよね。

この動きが悪くなると、腰に負担が掛かり、腰痛になるんです。

その中でも

 

=====
股関節を後ろに振る動作(伸展)
=====

 

が非常に重要になってきます。

 

この動作ができなくなると、腰が股関節の動きをカバーしようと過度な伸展(反り)が繰り返し入ることになり、腰に反るストレスが溜まっていきます。

 

それが結果として、歩く時の腰痛へと繋がるんです。

 

歩行と猫背の関係

 

 

さらに猫背で歩くと、先程言った股関節の伸展動作はもっと制限されていきます。

 

想像したらわかりますよね。

丸まった背中の状態で、股関節を後ろに振るのは難しいです。

 

なので、股関節の伸展制限があり、さらに猫背で歩行していると、腰が痛くなる原因となります。

気を付けて下さいね~。

 

まとめ

 

 

まとめますと、

 

=====
股関節伸展制限+猫背は最悪で、腰痛が悪化してしまう
=====

 

ってことです。

ただ正直な話、それでも腰の痛みを感じてない方も中にはいらっしゃるわけで、一概に“それだけ”が原因とは言えないんですけどね。

あくまで確率です。

 

まぁそれでも腰痛になる確率は下げておきたいので、できるだけ今回の2つの要素は取り除いておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

1 2 3 32