チェック | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】股関節が曲がらないと膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みを伴う場合、同時に股関節の動きも悪くなることが多々あります。

 

特に股関節の伸展制限と言って、股関節を後ろに伸ばせないという制限は多いです。

 

ですが逆に、股関節を曲げれなくなっているという方も膝への負担が増えますよ!!

 

あなたはこの動きができますか?できないと膝が痛くなるかも!?

 

股関節の動きチェック

 

では早速股関節の動きをチェックしてみましょう!!

 

=====
①仰向けに寝る
②両膝を曲げる
➂片足を両手で抱え込み、胸に近付ける
=====

 

これだけです。

 

左右差が明らかにあったり、鼠径部に詰まりを感じたら要注意です!!

 

膝に痛みがある方は、恐らく痛みがある方が曲がりにくいと思います。

 

痛みがない方も、曲がりにくい方は、今後痛みが出やすい膝になります。

また過去に痛めた経験があったり、腰痛歴があっても曲がり具合に差が出てきますよ。

 

まとめ

 

 

膝が痛い=膝が原因ではなく、隣接している他の関節が関与しているケースは非常に多いです。

なかなか改善しない膝の場合、他関節の動きもチェックしてみましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【肩こり】すべての原因は顎(あご)にあるのかも!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日妻が

「肩こりがひどい!首も痛い!ついでに腰も痛い!時間あるなら揉んでくれ~!」

と半泣きで僕に訴えてきました。

 

育児に家事に毎日バタバタと忙しそうですし、妻の痛みを早く解放させてあげないと!

ってことで、早速身体を見てあげることにしました。

 

するとなんと、妻を悩ませている原因は『顎(あご)』だったんです。

肩こりと顎(あご)

 

意外かもしれませんが、顎のズレや顎の筋肉の硬さは、全身に影響を与えるんですよね。

顎関節症を患っている方なんかは、肩こり・首こりひどいですよ~。

 

 

ちなみに顎の筋肉で代表的なのが、『咬筋(こうきん)』です。

 

グッと食いしばった時に、ちょうどエラ辺りが盛り上がると思うんですが、それが咬筋です。

 

咬筋は、口を開け閉めすることで働きます。

そして姿勢が崩れるだけで、顎はズレ、緊張しやすくなるんです。

さらに、

 

 

こんな姿勢でスマホを見ていれば、顎にはさらに負担が掛かります。

ドキッとしましたか?

習慣って怖いですよね~。

こういう習慣が顎を悪くしますよ。

 

そして先程も言ったように、姿勢の崩れで顎は悪くなります。

逆を言えば、顎を良くすれば全身良くなるってことです。

 

ちなみに妻は顎を調整することで、『肩こり』『首こり』『腰痛』すべてが一瞬でなくなりましたよ。

 

顎のチェック

 

 

あなたの顎の動き・硬さをチェックしていきましょう!

 

=====
▶顎の動きチェック
①指3本が縦に口に入るか?
②口を大きく開けた時、真っすぐ開くか?
==
▶顎の筋肉チェック
①エラの筋肉(咬筋)の左右の盛り上がり方に差はないか?
②口を開けた状態で、エラの筋肉(咬筋)を押して痛くないか?
=====

 

さてさてどうでしたか?

上記4つの内、何個当てはまりましたか?

多ければ多いほど、あなたの不調は顎からきているかもしれませんよ。

 

まとめ

 

 

まさかの顎が肩こり・首こり・腰痛の原因になることがあるんですね~。

怖い怖い・・・。顎って意外と大切なんです。

 

ってことで、なかなか改善しない肩こりや腰痛は意外と『顎(あご)』が原因かもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

 腰痛

あなたの姿勢は適正ですか?いい姿勢とは一体?解剖学的に見てみましょう! 011

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

いい姿勢とは?

みなさんの中にはいい姿勢に見せようと努力している方いませんか?
いい姿勢に見せようとして無理していませんか?
解剖学的にいう理想の姿勢とは
ce6fbf9b55f179e449f6651ea3ac7958
上記の画像でいうAタイプになります。
耳・肩・股関節・膝・足首までのポイントが直線上にあるのがわかると思います。
残りのタイプの方は解剖学的には姿勢不良となります。
どこか身体に負担が集まり疲れやすく、怪我しやすいでしょう。
 

姿勢チェック

簡単にチェックしてみましょう。

type

上記の画像のように壁に合わせて立ちます。

①猫背・反り腰タイプ

→この方々は腰の部分に手が入り貫通できます。常に腰周りの筋肉が緊張した状態となり疲れやすいタイプです。座り仕事が多い方に目立ちます。

②フラットバックタイプ

→この方々は①とは逆に腰の部分に手が全く入りません。腰ではなく頭(後頭部)が壁から離れます。脊柱の湾曲が少なくこのタイプも疲れやすいです。お尻が垂れます。

③スウェイバック

→この方々は肩甲骨しか壁につきません。踵重心の方に多くおなかがポッコリ出てきます。

 

みなさんはどのタイプに当てはまりましたか??

 

日頃からの意識

正しい姿勢を身につけるには習慣化が大切になります。
人は3週間続ければたいてい習慣から習慣化していきます。
習慣化とは無意識にできることを意味します。
例えば、箸を持つのにどう持てばいいか意識して持ちますか?
ほとんどの方は無意識に持つと思います。
これは習慣化されているということです。
姿勢も習慣化してみませんか?
年齢を重ねるごとに姿勢を維持する筋肉たちは弱っていきます。
すると、必然的に姿勢も悪くなっていくでしょう。
しかし、習慣化していれば無意識の中で姿勢を正し、姿勢を維持する筋肉たちにも刺激を与え、活性化させてくれるでしょう。
koshi_magari_ojiisan
こういう姿勢では見た目も老けて見られますよね。
こうなる前に早くから習慣化させておきましょう!!
意識しすぎ

姿勢をよくみせようと意識しすぎの方もよくみかけます。

肩甲骨を寄せ、胸を大きく張り歩いてませんか?

意識しすぎて身体に悪影響な方も・・・

適切な位置で適切な姿勢を心掛けましょう!!

 

タグ :               

姿勢

股関節から姿勢をみてみましょう。普段の姿勢で足のトレーニングしてませんか?足が太くなる!? 006

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

股関節から姿勢をチェック

みなさんの姿勢はいい方ですか?それとも悪い方ですか?
どこをポイントに置いてみるかは色々とありますが、今回は『股関節』から姿勢を診てみましょう。
立位(立っている)時、股関節は身体の横軸に対して真っ直ぐではなくわずかに伸展(後ろに伸びる)しています。
これはわすがに股関節の軸の後ろを重力線(体重)が通るためです。
o0585096013714942629
この姿勢で立位できていればうまく身体が重力に逆らわずにキープできます。
すると安静時に筋肉などの消費エネルギーが少なく無駄なエネルギーを使わずに済みます。
(全く使わないわけではありません)
なので、長時間立っていても疲れ方が変わってきます
 

悪い姿勢【猫背】

みなさんがよく言う姿勢が悪い代表として挙げられるのが『猫背』ではないしょうか?

その猫背も背中の丸みではなく、股関節から診てみましょう!

o0503096013714942636

絵が下手なのはご了承ください・・・

絵で見てもらうとわかると思いますが、背中が丸くなることによって股関節の軸が重力線よりも後ろにいっているのがわかると思います。

この状態では、先ほどの姿勢とは正反対で無駄なエネルギーを使いまくりです。

極度なこういう姿勢の場合は、日常生活でも疲れやすく支障が出てくるかもしれません。

また、代表的なトレーニングの『スクワット』では、軸が後ろにあるために屈曲時に後ろに転げてしまう方も多いかと思います。

 

悪い姿勢【前重心・後ろ重心】

この姿勢は見た目ではわかりにくく自覚が薄いです。

o0960092913714942648

簡単にいうと、足裏のつま先に体重がかかりやすいのか(前重心)?踵にかかりやすいのか(後重心)?です。

ほとんど真ん中に重心が来る方はいません。

なので、極端にならないように注意です。

これは意識せずに、真っすぐ立ってみれば前か後かすぐわかります。

普段トレーニングなどしているわけでもないのに足が太い方いませんか?

この場合、前か後かどちらかに重心が偏り生活しています。

そうすると立っているだけで常に足の筋肉は緊張し、トレーニングをしているのと同じです。

 

重心チェック

では、簡単にチェックしてみましょう。

まっすぐ立ちます(自分が普段立つ姿勢で)

→ここで前か後か第三者に診てもらいましょう。ひどい方は診てもらえばすぐわかります。

その状態で、太ももの前と後ろの筋肉を軽く触ります

→どちらかが固くなっていると思います。固い方の筋肉は無意識に日々トレーニングを積んでいます。

 

重心と固い筋肉がわかったら本来の重心に戻してみましょう

立ってい状態で、太ももの固い筋肉を触ります。

触ったまま重心を前か後ろに移動させます。

すると、“ふわっ”と固さが抜けるポジションが出てきます。

そこがあなたの『股関節』から診る姿勢での適正の姿勢となります。

感覚だけでも知ってみてください!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :           

ケア 姿勢

ロコモティブシンドロームとは?ロコモティブ症候群チェックして現在の自分の身体を知ろう! 005

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張・訪問型パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です

 

 

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)みなさんは聞いたことありますか?

ロコモティブ症候群・運動器症候群と言われます。

要するに、運動器の衰え・障害(加齢や生活習慣が原因といわれる)によって、要介護になるリスクが高まる状態のこと。

つまり、日頃から意識的に身体を動かしてないと運動器は衰え動かしにくくなり将来介護が必要になりやすくなりますということです。

さらに、ロコモが原因でメタボ認知症になったりする可能性が高くなってきます。

そうならないためにも日頃から、メンテナンスも兼ねて定期的に身体を動かしていくことが大事になってきます。

 

ロコモティブ症候群チェック

気になるあなたはすでにロコモティブ症候群になっているのでしょうか?
『いや、まさか私がね』

『いやいや、まさかね』
『心配になってきたわ』

そんなあなたもロコモチェックしてみましょう。
日本整形外科学会が提唱しているものですが、1つでも当てはまればロコモの疑い“あり”となります。

o0608096013753500445

片足立ちで靴下が履けない

家の中でつまずいたり滑ったりする

階段を上るのに手すりが必要である

家のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)

2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳2個程度)

15分ぐらい続けて歩くことができない

横断歩道を青信号で渡り切れない

 

7つすべて該当

すぐにでも運動ができる環境を作ってください。

でないとあなたの近い未来が暗く怖いです。

ちなみにすべて該当されるぐらいなので、必ず専門家の指導の下運動をおこなってください。

でなければ、怪我をする恐れがあります。

該当なし

優秀ですね!

これからも身体に気を付けながら生活してください。

しかし、結果がよかったからといって怠けないよう注意してください。

年々該当数が増えるかもしれません。

これからのために運動習慣を身につけましょう!

 

自分の身体を知る

どうでしたか?

いい結果でしたか?悪い結果でしたか?

どちらにしても自分の身体を知るきっかけになりましたね。

何歳になっても健康で元気な身体づくりを目指しましょう!!

 

ao_maru

 

タグ :           

トレーニング