広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

反って痛い腰を解消させる簡単なセルフマッサージ

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「腰を反らしたら痛い」という方、多いですよね。

前屈して痛い、反って痛いは、どちらも多い傾向にあります。

 

そして今回は、反って痛い方の改善をご紹介していきますね。

 

反って痛い腰を解消させる簡単なセルフマッサージ

 

腰を反って痛い場合、お腹周りが硬いパターンが多いです。

つまり、お腹周りが硬くなり、腰を反らしたときに制限を掛けているということ。

 

このお腹の制限を取ってしまえば、腰を反らしたときの痛みは解消していきます。

なので、今回はお腹を柔らかくする簡単なセルフマッサージのご紹介です。

 

セルフマッサージ

 

 

いかがでしたでしょうか?

簡単で効果的だったでしょう?

 

骨盤の骨(ASIS)を押すって感じです。

 

反り腰で悩んでいれば試してみてくださいね!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

スマホやパソコンで疲れた首のこりをほぐすセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

スマホやパソコンの作業で首が疲れていませんか?

この疲れをどうにかしたい!という方も多いかと思います。

 

 

それに首こりなどがひどくなったら頭痛にまで繋がる方もいますよね。

頭痛までいってしまうと普通のこりよりも辛いですよね。

 

 

今回は、辛い首こりをほぐすセルフマッサージをご紹介致します。

 

 

スマホやパソコンで疲れた首のこりをほぐすセルフマッサージ

 

 

首がこる原因として、スマホやパソコンを使用しているときに、頭が前に出ているということが考えられます。

頭って結構重たいので、首が前に出れば疲れるのは当たり前ですよね。

 

 

最近では、スマホ首というワードもあるぐらいですもんね。

それだけ現代社会では問題になっているんでしょう。

 

 

今回ご紹介するセルフマッサージでは、一時的な効果しかありません。

ただ効果的ではあります。

 

 

でもなんで一時的なのか?というところが気になるとこだと思います。

その理由は、疲れているとこをほぐしているだけだからです。

 

 

首が疲れてこる原因を変えていないので、いたちごっこにはなるかもしれません。

首の可動域、背骨の可動域、全身の関節を変えていかない限り首こりは付いて回るでしょう。

 

 

そういう理由からセルフマッサージでは、一時的な効果になりますが、今の辛い症状から少しは解放されると思います。

 

 

首こりセルフマッサージ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

首のこりほぐれましたか?

 

 

胸鎖乳突筋という筋肉が首こりの原因になりやすいんです。

ここをしっかりとセルフマッサージでほぐしておくことで、首こりは解消していきます。

 

 

多少痛いぐらいは我慢して、揺らしながらほぐしてみてください。

だんだんと痛みが引いてくるかと思います。

 

 

ぜひお試しくださいね。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア

親指が痛くなる腱鞘炎などに効果的なセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、親指の痛み(腱鞘炎など)に有効なセルフマッサージをご紹介致します。

しっかりほぐれると即効性もありますので、是非お試しくださいね。

 

 

年齢とともに手が開きにくかったり、曲げにくかったりしていきますよね。

そんな悩みがある方は試す価値ありですよ。

 

 

親指が痛くなる腱鞘炎などに効果的なセルフマッサージ

 

親指が痛い、開きにくいと悩む方の多くが親指の筋肉が固くっているパターンが目立ちます。

 

 

その筋肉は「短母指外転筋」といいます。

親指の付け根の骨から手首辺りまでについている筋肉です。

 

 

名前の通り、親指を外に開くための筋肉ですね。

ここの筋肉が固くなると逆に、親指が開きにくくなるんです。

 

 

なので、ここの筋肉を的確にほぐせると、一気に親指が広がりやすくなります。

 

 

親指(腱鞘炎)セルフマッサージ

 

 

 

動画を見てもらえたらわかると思いますが、少しコツがいります。

このコツを抑えないと効果がありません。

 

 

動画内のコツをまとめると下記になります。

 

・親指の膨らみを避ける

・避けたら親指の骨に向かって押す

 

でしたね。

この膨らみを避けないと全く効果がないので、ここは忘れないでくださいね。

 

 

短母指外転筋は、骨にひばり付くように付いている筋肉+親指の膨らみで覆われています。

効果を出すためにも、ここが今回のセルフマッサージの最大のポイントになりますからね。

 

 

うまくいけば即効性もあるので、ぜひお試しください(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

ケア

反り腰の原因となりやすい2つの筋肉をほぐす

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

以前にもブログで書きましたが、反り腰で悩む方は多いんです。

それの中でも女性によく見られます。

 

 

産後の女性なんか特に、反り腰になりやすいんです。

これは今度改めて書こうと思いますが、妊娠中は反り腰を強めます。

 

 

だから過剰な反り腰になってしまい、産後腰痛で悩む方が多いんですね。

 

 

反り腰の原因となりやすい筋肉をほぐす

 

反り腰になってしまう方には、共通して固くなる筋肉があります。

今回は、そのうちの2つをご紹介いたしますね。

 

その筋肉とは、

 

・腰の横(腰方形筋)

・太ももの外側(大腿筋膜張筋)

 

になります。

ピンとこないかもしれませんが、今から説明しますね。

 

 

腰方形筋

 

 

腰方形筋(ようほうけいきん)とは、腰の骨の横に付いている筋肉のことをいいます。

腰の骨と骨盤についているので、腰痛とは深い関係があります。

 

 

 

 

ここの筋肉が固くなると、腰を過度に反らしてしまいます。

なので反り腰になっている方は、腰方形筋が固くなっている可能性が高いんです。

 

 

大腿筋膜張筋

 

 

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)とは、足の外側についています。

靭帯と融合しているので、靭帯まで含むと膝までついている長い筋肉です。

 

 

 

 

ここの筋肉も腰方形筋と同様に、固くなってしまうと腰を強く反らしていきます。

なので、反り腰の方は大腿筋膜張筋が非常に固くなっています。

軽く押しても痛いはずです。

 

 

反り腰筋をほぐすべき

 

 

簡単に説明しましたが、この2つの筋肉が反り腰に強く影響していきます。

では、これらをどう柔らかくすればいいのか?ですよね。

 

 

1番ラクなのは、人にほぐしてもらうことです(笑)

 

 

「それはわかっているよ!」

 

 

って思われましたよね(^^;

でもそれが1番いいです。

 

 

あとは、セルフでテニスボールなどでほぐすことです。

痛いかもしれませんが、多少痛いのは我慢すれば、痛みは一気に引きます。

 

 

弱っている筋肉を鍛える

 

 

でもやっぱりこれが1番です。

鍛えることで、再発を予防します。

 

 

弱っている筋肉は、腸腰筋とハムストリングスです。

 

 

それについての解説は、こちらのブログで解説していますので読んでみてください。

【反り腰】腰が反って腰が痛い方の原因

 

 

以上になります。

しっかり反り腰の痛い原因をついて、反り腰腰痛を治しましょう!

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア

猫背・肩こり・首こりを治すための簡単なセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

猫背の方には、共通して固くなりやすい筋肉が存在するんです。

それが「胸の筋肉」です。

 

 

猫背の方の姿勢をイメージすると、背中が丸まり、胸の辺りが窮屈な感じがしますよね。

その窮屈な胸の部分の筋肉が、固くなっているんです。

 

 

ということは、ここの筋肉を少しでもほぐしていけば猫背改善の1歩になるということです。

 

 

1歩なので、根本的な改善とまではいきません。

でも効果はあります。

 

 

肩こり・首こりにも効果的ですよ。

 

 

猫背・肩こり・首こりを治すための簡単なセルフマッサージ

 

胸の筋肉は、肋骨に付着するようについています。

 

 

そして猫背の場合、筋肉が肋骨にへばりついてしまうんです。

そうなると腕の動きも悪くなり、背中も丸くなっていきます。

 

 

なので、肋骨にへばりついた筋肉をはがす必要があります。

はがしていくと一気に体が軽くなります(^^)

 

 

猫背マッサージ

 

 

 

簡単でしたよね?

でも猫背で胸の筋肉が固まっている方は、かなり痛いんです・・・

 

 

家でも簡単にできるので試してみくださいね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア

デスクワークで疲れた肩こりが解消されるセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

デスクワークなどが増えてきた今、肩こりで悩む方も同時に増えてきました。

 

 

原因は、デスクワーク時の姿勢・筋力の低下・作業時間過多の3つが挙げられます。

そして、デスクワークで凝り固まった肩は、肩以外に凝り固まった場所があります。

 

 

デスクワークで疲れた肩こりが解消されるセルフマッサージ

 

 

肩以外の場所とは、です。

デスクワークの作業を想像してほしいのですが、指を多く使っていませんか?

 

 

指を使うことで、腕(前腕)に疲労が溜まります。

この疲労が肩まできて、肩こりの原因を作るんです。

 

 

さらに言えば、腕が内側に巻いている姿勢が長く続きますよね。

内側に巻く姿勢で、肩まで内側に巻かれ、姿勢が崩れていくんです。

 

 

結局、症状がでている部分ではなくて、その末端に原因が潜んでいます。

ほぐすのであれば、そこをしっかりほぐしていくと肩こりまで楽になります。

 

 

肩こりマッサージ

 

 

 

 

揉み方はいたってシンプルでしたよね。

これだけでいいんです。

 

 

実は、ひとりでやると結構力がいるんです。

自分でやるよりも誰かにやってもらう方が抜群に効果が高いです。

 

 

脱力でほぐすことがポイントなんですね。

デスクワーク肩こりから解消しましょう!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア

腰痛対策にはマッサージよりもトレーニングが1番大切

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛対策にはトレーニング

僕の中では、腰痛対策はやっぱりトレーニングが1番有効なんだと感じています。

 

 

さらに腰痛に限らず、身体の痛み全般的にもトレーニングが有効だと思うんです。

 

 

僕は学生時代、腰痛を含め多くの怪我をしてきたんです。

 

 

その時対処として積極的にやっていたのは、整体「だけ」だったんですね。

 

 

痛みがあれば整体へ行き、また痛みがあれば整体へ行きの繰り返し・・・

 

 

今思えば、積極的にトレーニングもしていればよかったなと後悔しています。

 

 

あなたにも僕みたいに後悔してほしくないんで、トレーニングの大切さを少しでもわかってもらえたらなと思います(^^)

 

 

 

 

年齢を重ねれば筋肉が落ちるのはもちろんなんですが、身体の使い方によっても筋肉の落ち方は変わってきます。

 

 

よく使う筋肉は強くなるし、あまり使わない筋肉は弱くなるってことですね。

 

 

この筋肉の強さの差は誰にでもあるんですが、その差がひどい程痛みに繋がるんです。

 

 

差が広がれば、筋肉のアンバランス以外にも関節の不安定性にも繋がります。

 

 

そうなれば関節も動かしにくくなるし、動かすと痛みが出るんですよ。

 

 

痛みが出れば動かしたくないですよね。

 

 

でも動かさなければもっと筋肉は落ちますよね。

 

 

同時に筋肉の強さの差も広がります。

 

 

そうならない為にも、弱い筋肉は鍛えること!が大切になります。

 

 

そして筋肉の強さの「差」をなくしていくんです。

 

 

だからトレーニングが1番大切なんですね。

 

 

マッサージだけでは、「鍛えること」が不足しているんで最終的な改善には繋がりにくいと僕は思ってます。

 

 

腰痛を改善する!はたまた痛みを取る!ってことに関しては、

 

 

『トレーニング』

 

 

を忘れたらダメなんですよ。

 

 

避けがちだと思うんですが、避けないでくださいね(^^;

 

 

少しずつでもいいんで、頑張ってみてください。

 

 

実感できると思いますよ!

 

 

後悔しない為にもトレーニングしましょう(^^)

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

トレーニング

2019年腰痛診療ガイドラインからみる腰痛の考え方

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

2019年の腰痛ガイドライン

令和となり、新しい時代が始まりましたね。

 

それとともに、腰痛の治療に対する考え方も変化しています。

 

今回は、先日発行された「腰痛診療ガイドライン」からピックアップしてみていこうと思います。

 

 

腰痛コルセットの効果

 

腰が痛いとき、コルセットする方って多いですよね。

 

でもコルセットって効果があるんでしょうか?

 

結論は、腰の痛み・機能は改善しない。

 

ということでした。

 

逆に、皮膚病・胃腸障害・高血圧・頻脈などの有害作用との関連性を示唆しています。

 

ただの腰痛の場合、あまり効果がないってことですね。

 

コルセットばかり頼ってもダメで、他の選択も入れないといけないですね。

 

ここでわかるのは、腰痛治療に対して、安静ばかりするなってことです。

 

コルセットするぐらいなら、運動することを僕はオススメします。

 

ちなみに、インソールも腰痛改善に推奨はされていませんでした。

 

運動するタイミング

 

安静ばかりはオススメしませんが、運動はオススメします。

 

では、どのタイミングで運動するべきなのでしょう?

 

ガイドラインでみていきましょう!

 

急性腰痛のときには、運動はオススメしない。

 

慢性腰痛のときには、運動をオススメする。

 

という2パターンでした。

 

ちなみに急性腰痛のとき、運動はオススメしないのですが、日常生活の動きはオススメしています。

 

つまりここでも、安静にしないでと言っています。

 

マッサージは腰痛に有効か

 

これに関しては、推奨されていませんでした。

 

効果はあるものの、その効果は短期的になるとのことです。

 

マッサージしたあとって体がラクになって気がしませんか?

 

その数日後にまた腰が痛くなって、マッサージでほぐしてもらう。

 

この繰り返ししてませんか?

 

マッサージは、短期的な効果しかないとされていました。

 

まとめ

 

他には、生活習慣や精神的要因などもガイドラインには書かれていましたがこれぐらいにしておきます。

 

もちろん、生活習慣や精神的な部分も慢性腰痛の原因ではあるので、改善していくことを強くオススメします。

 

結局のところ、運動しましょう!ってことです。

 

安静はダメよ。

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア

日本整形外科学会が発表!慢性腰痛はマッサージではよくならない!?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

慢性腰痛はマッサージではダメ!

先日おこなわれた日本整形外科学会で、「慢性腰痛の治療にはマッサージや鍼灸を推奨しない」と発表されました。

 

つまり、慢性的な腰痛に対してマッサージ以外を推奨しますとのいうことです。

 

 

令和の新時代に、腰痛治療も変わっていきますね。

 

というよりも僕は以前から言っていましたよね。

 

慢性的な腰痛は、マッサージだけではダメですよって。

 

僕的にはやっぱりトレーニングって大切だと思うんですよね。

 

これは何度も何度も言ってきていることです。

 

やっと世間一般的にも認知されてきたってことですね。

 

もしかしてまだ、マッサージだけに頼っていますか?

 

トレーニングも取り入れてみてはどうでしょうか?

 

その慢性的な腰痛の解決の糸口になるはずです(^^)

 

腰痛にお困りでしたらお任せください!

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング 腰痛

あなたのその腰痛の原因と改善方法とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の原因と改善方法

その腰痛に原因があるのならば、改善方法もあるはずですよね。

 

痛みが出てしまった原因が。

 

 

もちろんですが、その原因は人それぞれ違います。

 

ということは、改善方法もひとつではないということですよね。

 

でも実は、腰痛で悩んでいる方の原因には特徴があるんです。

 

それは、筋力の低下です。

 

多くの方の原因がこれに当てはまります。

 

何度も腰痛をくり返しているあなたの腰痛は、ここを改善しないといつまで経っても改善しないかもしれません。

 

 

人によってはマッサージなどで改善するかもしれませんが、すぐに痛みが戻っていませんか?

 

それは、筋力が落ちているから腰への負担が減っていないんです。

 

今まで通りの日常生活を過ごせば、痛みも戻るってわけです。

 

つまりですね、マッサージなどをしてもいいんですがその後、筋トレが必要ってことです。

 

そうしないといつまでたっても腰痛は改善しません。

 

 

筋肉は年齢とともに落ちていきますよね。

 

「20代の頃は、痛みなんて感じなかった」

 

よくお客様などから聞きます。

 

これは筋肉がまだあった証拠ですよね。

 

50代辺りから著しく体力も落ちていませんか?

 

なのに、マッサージだけで改善できるでしょうか?

 

筋肉も必要なはずですよね。

 

もちろんですが、闇雲に筋肉を鍛えればいいってことじゃないですよ。

 

あなたに合った筋トレで、あなたに合ったカラダの動かし方が必要なんです。

 

これらが揃ってやっと腰痛改善に繋がるんです。

 

「筋トレなんて嫌だよ」

 

って聞こえてきますが、あなたならできると思います。

 

やればできるんですよ。何歳でも。

 

あなたにもできます(^^)

 

まずは、改善するためにも筋トレやってみましょうよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア トレーニング 腰痛