老化 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【老化】体力が減る原因は関節の“捻り”不足!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「体力がなくなってきたな~」
「若い頃のようには動けないな~」

 

なんて感じたことはないですか?

 

実はこの原因、筋力などだけではなく、「捻じる」動きが不足しているのかもしれませんよ!?

 

体力と捻じりの関係

 

人間の動作的に、老化と共にまず「捻じる」動きを失っていきます。

次いで「伸ばす」機能となります。

 

そもそも捻じるって何?って話しですが、

 

=====
関節全ての捻じる動きが減ってくる
=====

 

ってことです。

 

例えば股関節。

歩いている時に足を大きく前後しているように見えますが、実は股関節の捻じれが若干入ります。

また、しゃがんだり、座ったりする日常の何気ない動作にも股関節の捻じれは発生しているんです。

 

と言うことは、股関節の捻じれがなくなれば、日常生活内でも股関節に負担が掛かりやすくなるということ。

 

負担が掛かると言うことは、必然的にエネルギー消費量が増えますから、体力をたくさん使ってしまいます。

 

つまり、捻じれ機能がなくなると、

 

=====
身体を動かすエネルギー量が増えてしまい、体力を消費しやすくなる
=====

 

と言うことに繋がります。

同じ距離を歩いたとしても捻じり機能の差で疲労感は変わってくるんです。

 

体力を向上させるコツ

 

 

当然ながら体力(=持久力)を上げる必要性は必ずあります。

そこは今回置いておいて、《エネルギー消費量を減らす》という観点から。

 

冒頭でも説明したように、関節の捻じれ機能の衰えはイコール体力の低下に繋がります。

それはエネルギー消費量が必然的に増えるからです。

 

と言うことは、関節の捻じれ機能を復活させてあげればいいんです。

 

例えば、いつもやるストレッチに「捻じる」という動きをつけてあげる。

 

もう最初はこれだけでいいんです。

今まで捻じるという概念がなかったはずですから、今度から意識してみてください。

自分がいかに捻じることが不得意化がわかると思いますよ。

 

まとめ

 

 

何歳になってもとにかく捻じること!これを忘れないようにしましょうね。

 

ちなみにですが、30歳を超えた時点で身体的機能は低下していますから、若くても早めに取り組むべきことですよ。(厳密に言えば20歳から衰えますが、まぁ大目に見て30歳としておきましょう(笑))

 

体力向上には、関節の捻じり機能を復活させることがポイントになってきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【老化】年齢と共に衰えていく身体的な機能とは??

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前にも似た記事を書いたかもしれませんが、「年齢を重ねるごとに衰えを感じる」というご質問を頂いたので、改めてお話ししていこうと思います。

 

人間どうしても年齢を重ねるごとに衰えていく身体的な機能が存在します。

 

そこを理解し、日頃から鍛え、動かしておくだけでも、同年代と比べた時に、若々しい身体を保っているはずです。

 

あなたはその機能を知っていますか??

 

年齢と共に衰える機能とは?

 

さて衰えていく身体的機能を結論から先に述べますと、

 

=====
股関節・背骨の可動域が著しく低下していく
=====

 

なので、この2つの関節は必ず動かしておくべきなんです。さらに、

 

=====
体幹機能の低下
=====

 

も同時に進行していきますので、これも含め何かしら取り組んでいかないと、同年代と比べた時に、

 

《年齢以上に見える》《年齢以下に見える》

 

という差が生まれてきます。

 

これは別に見た目が綺麗とかハンサムとかという話しではなく、ひとつひとつの動作に表れるんです。

 

周りにいませんか?若々しい動きというか、動き自体が機敏な方。

こういう動作に、動きに差が生まれてくるんですよね。

 

老化による機能低下を防ぐ方法

 

 

僕がオススメする、家でもどこでもできる方法があります。

本当は色々とやるべきことはあるんですが、最低限これだけはやっておくと損しません!

というものがあります。それが、

 

=====
スクワット
=====

 

です。

さすがに「スクワット」は聞いたことありますよね?

 

このトレーニングは最強だと僕は思っています。

 

ただ最強が故に、多くの方はやるのを嫌がります(笑)効果は絶大なのにね・・・。

 

 

ちなみに嫌がる理由は、《きついから》が多いんですが、きついには理由があり、《下半身の筋肉の仕事量が人間の中で最も大きいから》なんです。

 

仕事量と言うのは、言い換えれば、筋肉を使う量(関節も含む)のことです。

 

スクワットは基本的に、下半身を使うトレーニングですから、仕事量が非常に大きいんですよね。

だからきついし、疲れるし、やりたくないんです。

 

でもそこを乗り越え、スクワットを継続的に行うことで、老化による機能低下を予防できますよ。

だって仕事量が多いトレーニングなんですからね。

 

筋肉もたくさん使えば、関節も複数使い、かつ大きく使います。

こんな効率のいいトレーニングは他にありません。

これを読んだあなたは今すぐ、今日から、毎日最低10回のスクワットを続けてみましょう!

 

数ヶ月後、真面目に取り組んでいたのなら身体は大きく変わっていますよ。

 

まとめ

 

 

スクワットは毎日やってもいいので、続けてみてください。ポイントは、

 

=====
内股にはならない
猫背にならない
=====

 

この2つを最低限意識しながら行うことで、さらに効果は増していきますよ。

 

「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いですが、とりあえずスクワットをしましょう。

最強かつ簡単な方法で若々しい身体をキープできますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【健康】老後になっても歩ける身体でいるための習慣

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

老化と共に、まず衰えていくのは下半身の筋肉です。

 

というよりも下半身の筋肉は上半身に比べ比率が多い分、落ちる割合も多いんです。

 

とある研究データによれば、20歳と70歳の上半身と下半身の筋肉量を比較した場合、20歳に比べ70歳は、《上半身が14%ダウン/下半身が40%ダウン》と出ています。

 

下半身は約半分も落ちるんです。ヤバいですよね。

 

だから老後、歩けるか歩けないかは非常に重要になってきます。歩ければ筋肉量の低下は抑えれますが、そうでなければ低下する一方ですから。

 

それに日常生活の質(QOL)も著しく低下していくでしょうね。

 

以前の記事で、『高齢者で健康(元気)方の多くは、歩く習慣(または登山)が身に付いている』と書きました。

 

これは下半身の土台がしっかりとできているから、高齢者になった時に圧倒的な差が出てしまうって話しでした。

 

 

僕の経験からしても、高齢者になる前から下半身の強化(歩く・登山など)を知らず知らずでも取り組んでいる方は、年齢を重ねた時、全く健康(元気)さは違います。

それに回復力もね。

 

近くで見ていて本当にそう思います。

なので、もし何かしら健康のために気を遣っているのであれば、僕としては、

 

=====
下半身の強化を優先するべき
=====

 

だと思います。

これは本当に最優先すべきです。

 

食事やサプリなどで気を遣っている方も多いと思いますが、その前に下半身ですよ。

これを忘れてはいけません。

 

強い下半身があってこその健康です。

そこから食事が活きるんです。

下半身の筋肉を忘れてはいけませんよ。

 

僕の祖母(87歳)も最近入院(数日ICU)し、心臓の手術をし、10日間で退院しましたが、多少ふらつきはあれど自力で歩いて病院を出れました。

 

これは祖母に今までの人生で『歩く習慣』があったからだと感じています。

 

実際にそうでない方が、祖母のように入院・手術すれば、歩行器・車椅子になっていたかもしれません。

 

これこそ下半身の筋肉量の差だと思います。

 

とにかく、健康健康言うのであれば、下半身の強化をお忘れなく!!

これこそが、健康の土台となるんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常

【老化】年齢を重ねるとできなくなる動きとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

年齢を重ねるにつれて、ある動きができなくなります

 

予防している方は動くと思うんですが、特に意識していない方は、恐らくできなくなっています・・・。

 

しかもその動きができなくなることで、腰や膝や肩など痛みに繋がりやすく、身体的な老化も加速してしまうんです。

 

その動きとは・・・!?

 

老化の印

 

さて結論から言ってしまえば、老化と共にできなくなる動きとは、

 

=====
回旋(かいせん)動作
=====

 

です。

どの関節にも言えますが、回旋(捻る動きのこと)の可動域がどんどん減っていきます。

その中でも特に大切にして欲しいのが、

 

=====
胸郭(背骨含む)・股関節
=====

 

この部位の回旋動作は、絶対に狭くならない方がいいですよ。

 

狭くなればなるほど、腰痛・膝痛・肩こりなどを発症しやすくなるし、身体的な老化は加速します。

 

実際に僕が見ている範囲では、胸郭・股関節の回旋動作の可動域が保たれている方は、何歳であっても結構動ける身体の方が多いです。

 

逆に可動域が狭くなっている方は、動けない身体の方が多いんですよね。

 

動ける動けないってのは、例えば70歳の方だとします。

動ける方は、年齢以下の動き(体力も)をしますし、動けない方は、年齢通りまたはそれ以上の動き(体力も)しかできません。

 

ちょっとわかりにくい表現だったかもしれませんが、70歳でも動きが軽やかな方は可動域保てているし、動きが鈍い方は可動域が狭いって感じです。

 

まとめ

 

 

健康な身体を保つためにも、胸郭(背骨含む)・股関節の回旋動作の可動域は保てるように日々鍛錬あるのみです。

 

怠けていれば怠けた身体に。

あなたの今の身体は、あなたの習慣の結果です。

 

最低限の回旋動作を保てるように、日々頑張っていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【誕生日】1年歳を重ねるごとに老いる身体!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本日、誕生日を迎えることが出来ました。

そして、いつもご愛読いただきありがとうございます。

この1年もより一層成長できるように頑張っていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

1歳ごとに老化

 

これは現代社会において、止めることができません。

もしかしたら未来では、アンチエイジングが進化し、年齢を感じさせない身体になるかもしれません。

ですが、現状は無理です。

 

なので、誰しも1年ごとに誕生日を迎える度に、老化しています。

現状覆すことの出来ない事実なんです。

誰にも逆らうことが出来ません。

 

そして老化と共に、身体の機能も落ちていきますよね。

関節の動き、筋肉の働き、体力など年々低下していきます。

 

現代のアンチエイジング

 

 

美容系で言えば、たくさんあるかと思います。

ですが、根本となる身体の幹は一緒のはずです。

 

それは『筋肉』です。

 

筋肉を落とさないことが現代において最高のアンチエイジングになります。

 

筋肉を動かし続ける、負荷を与え続ける、伸ばして縮めるなど、様々な角度で筋肉を休ませ過ぎないようにしないといけません。

 

そうすることで、身体は年齢よりも若々しくあり続けます。

美容系のサプリなどでもいいかもしれませんが、サプリだけでは筋肉の維持は不可能です。

 

多少の辛さはあるかと思いますが、『筋肉』の低下率を抑えるためにも『適度な運動』が最低限不可欠です。

 

筋肉強化をサボっていたら大変なことになりますからね。

これは後で気付くことなんで、なかなか実感が湧かず、実行に移すのは難しいと思います。

ですが、1日でも早く気付いた方が勝ちなんです。

 

現代のアンチエイジングをあなたも始めませんか?

 

まとめ

 

 

ってことで、僕も今日で1歳年を取り、老化しました(笑)

なので、現代のアンチエイジングを日々実践しながら、来年も老化していきたいと思います。

 

あなたも老化を楽しみながら、同時に運動も取り入れましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【重要】あなたの背骨は本当に動いていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、『あなたの股関節は動いていますか?』という記事を書きました。

そこでは、日頃から僕が散々言ってきた股関節の重要性について書いたんですが、次に背骨もお伝えしていこうと思います。

 

股関節と同様に背骨も重要であると、僕はこれまでに何度も言っていきました。

 

腰痛や膝痛など身体の痛み、老化による衰え、どれをとっても『股関節と背骨』は非常に重要なんです。

 

ですが意外とこれらの重要性について、あまり話している場面を見かけません。

影で隠れていますが、かなり重要ですからね。

背骨の重要性

 

背骨は、首~腰まで連なる骨のことを言います。

つまり人間の体の軸となる骨の部分です。

 

姿勢が悪くなれば、背骨の動きは低下してしまいますし、日頃から動かしていなければ、固まってしまいます。

 

動きが悪くなれば、腰や膝などに負担が掛かりますし、四肢への負担も増え、体力も低下していくことになるんです。

 

それは、20歳を超えれば徐々に低下してくんですから、「若いから大丈夫」ということではなく、早めの予防が非常に大切になってきます。

 

さらに言うと、自律神経とも絡んでいるので、精神性の症状(不定愁訴など)に悩まされることがしばしば出てくるなんてことも・・・。

 

そして先程も言いました股関節とも動きがリンクしてきます。

つまり、背骨と股関節はある程度セットで動きますので、どちらか片方動きが悪くなると足を引っ張り合うことになります。

 

なので何かしら体に症状がある方の多くは、背骨と股関節の動きが悪くなっていることがかなりの確率で高いんですよね。

 

狭くなる背骨の動き

 

 

特に落ちていく動きとしては、

 

=====
捻る動き(頸椎・胸椎)
反る動き(特に胸椎)
=====

 

です。

これは圧倒的に機能低下している方が多い印象です。

 

もしこれらの機能が低下してきている場合、何かしら体に症状が出始めているかもしれませんね。

 

まとめ

 

 

何度も何度もお伝えしてきた、背骨。

早くあなたにも背骨の重要性を知ってほしいです。

本当に重要だし、動きが出ることで体はどんどん変わっていきますからね。

 

「背骨硬いから無理かも」ではなく、硬いから変えるんです。

 

硬い方は、身体への負担が増え、痛みも付いてきますよ。

あなたはどうなりたいですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

姿勢

【重要】あなたの股関節は動いていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は散々、「股関節の動きはめちゃくちゃ大切ですよ!」とお伝えしてきました。

 

これは腰痛にとっても膝痛にとってもそうです。

 

いや、むしろ年齢を重ねる過程で硬くなるので、日々動かしておくことこそが一番重要なんですよ。

 

股関節の重要性

 

股関節は人体最大の関節です。

ここの動きが悪くなれば必然的に身体機能は全て落ちます。

そう、全てです。

 

腰が痛い、膝が痛いなど、どこかしら痛みがある方は、必ずと言っていいほど、股関節の機能は低下していますし、加齢と共に老いを感じている方も同様です。

 

それだけ痛み・老化の予防にとって必要不可欠な股関節。

多くの方が疎かにしているように思いますが、本当に重要な関節ですからね。

何度も僕はお伝えしていますが。

 

狭くなる股関節の動き

 

 

股関節の機能で特に落ちていくのが、

 

=====
① 後ろに伸ばすこと(伸展)
② 捻ること(内旋・外旋)
=====

 

です。

これらの股関節昨日は、あっという間に落ちます。

動かなくなります。

 

これが動かないと股関節は正常に働きませんから、全身の負担はどんどん増えていきます。

 

もしこの動きが著しく落ちているのなら、今すぐ股関節を動かす運動などを取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

 

何度も何度もお伝えしてきた、股関節。

早くあなたにも股関節の重要性を知ってほしいです。

本当に重要だし、動きが出ることで体はどんどん変わっていきますからね。

 

「股関節硬いから無理かも」ではなく、硬いから変えるんです。

硬い方は、身体への負担が増え、痛みも付いてきますよ。

 

あなたはどうなりたいですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

トレーニング

【筋肉】1日で成長させる特別な方法がある!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

筋肉は落ちるのは早いけど、落ちた筋肉を取り戻すのはなかなか時間が掛かり、難しいです。

 

運動が好きな方であれば、苦ではないかもしれませんが、運動が嫌いな方であれば、落ちた筋肉を取り戻すのにかなり苦労すると思います。

1日で筋肉を強くする

 

結論から言いますが、1日で筋肉を強くさせる方法はありません。

 

期待させてしまいすみません。

そんな方法があれば、みんなやっていますし、ロコモやサルコペニアで悩む方は一人もいないはずです。

 

ですが悲しいことに、多くの方がロコモやサルコペニアで悩んでいます。

 

それは裏を返せば、たった1日で筋肉を強くする方法はこの世に存在しないということを指します。

 

本当の筋肉を強くする方法

 

 

それはたったひとつしかありません。

それは、

 

=====
コツコツ積み重ねていくこと
=====

 

「当たり前じゃん!!」と思われたかもしれませんが、これしか現状解決策がないんです。

 

1回で筋肉が大きくなることはないですし、強くなることはありません。

あったとしてもそれは一時的で、何の意味も成しません。

 

人生、楽でいいことはなく、多少の苦(?)も必要になるわけです。

当たり前かもしれませんが、これが現実であって、原点なんですよね。

 

まとめ

 

 

1回で何とかしてやろう!と思うのではなく、継続することを意識して運動を取り組んでいきましょう。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【運動】老化が始まる30歳を超えたら体を積極的に動かそう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

冷静に聞いてください。

30歳を超えたらもう老化は始まります!!

 

関節の可動域・筋肉の低下が30歳を超え落ちてきていますが、実感はありますか?

老化は30歳から

 

 

高齢者の年齢に近付くと、老化を感じるかもしれません。

「もう50歳を超えたし、老化が始めったなぁ」と言う方は多いですが「もう30歳を超えたし、老化が始まったなぁ」と言う方は少ないでしょう。

 

ですが残念なことに、30歳を超えたらもう老化は始まっているんです。

 

老化とは口に出さなくても、「昔より体が動かなくなったなぁ」とは感じるし、口にしている方は多いと思います。

実はそれが老化なんですよね。

 

30歳を超えたら動け

 

 

30歳を超えたから我武者羅に動けというわけではありません。

30歳を超えると徐々に体の動く範囲などが狭く、弱くなっていくので、そこを予防する為に動いて欲しいんです。

 

例えば、胸郭(背骨)・股関節。ここの関節は30歳から徐々に硬くなっていきます。

 

なので、定期的に関節可動域をフルに使ったストレッチをしたり、トレーニングをしたりする必要性が出てくるんです。

それを怠ると、続けた方とそうでない方と比べると、60歳を超えた時には大きな差になると僕は思いますよ。

 

まとめ

 

 

老化?そんなもん、30歳から始めっているんで、年上の方に言うことではありません。

あなたも老化が始めっているんですから(笑)僕もね。

 

将来を見据えて行動するなら、これを読んだ今からです。

 

きつくなくてもいい。

自分が続けられるペース・強度で老化のスピードを緩め、いつまでも動けて健康な体でいましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング

【健康】現段階で老化を止める唯一の方法とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

老化を止めることは、残念ながらできません。現段階では。

 

ですが、老化スピードを『緩める』ことは可能です。

 

そこで今回は秘密の老化を止める(緩める)方法を伝授致します。

あなたも若返りたいですか?

老化スピードを緩める

 

その方法は、誰にでもできて、お金も掛からず、どこでもできることです。

そんな簡単なことで、老化のスピードは緩やかになっていくんです。

 

逆にそれをやっていないから老化のスピードが進んでしまうんですよ。

 

過去記事↓もご参考までに。

【健康】子供から学ぶべき老化現象とは?

 

その方法とは、『運動』です。

 

前回の記事でもそのようにお伝えしたんですが、じゃあどんな運動をすれば老化は止められるのか?について詳しく説明していきますね。

 

老化に効果的な運動

 

 

老化ストップのために、必ず動かしておきたい場所があります。

 

それが『背骨・股関節』です。

これは僕が何度も何度もお伝えしてきましたよね。(読んでくれていればわかるはず(笑))

 

背骨・股関節の機能は、老化と共に著しく衰えますから、日々の運動で硬くなることを防がなければいけません。

老化のためにはね。

 

それに老後の腰痛・膝痛などの予防に繋がります。

一石二鳥なんです。

 

では具体的にどのように動かしていけばいいんでしょうか?

 

=====
①スクワット(股関節を動かし、下半身の強化などに繋がります)
②キャット&ドッグ(四つん這いになり、背中を丸める反るを繰り返します)
=====

 

最低限この2つは抑えておきたいところです。

 

これでは物足りないレベルであれば、もう少しレベルを上げてもいいと思いますが、スクワットはどのレベルでも必須種目です。

 

また背骨や股関節は、様々なストレッチがあります。

 

丸める・反る・捻る・伸ばすなど様々な方向に動かしてみてください。

同じ方向ばかりだとダメで、今日丸めて反るようなストレッチをしたならば、次は捻るストレッチをするなど、パターンを変えるとより効果的です。

 

とにかく固めない。これに尽きます。

老化を止める方法は『動かす』これがキーワードです。

 

まとめ

 

 

老化を止めたいのなら、

 

=====
背骨・股関節を様々な方向へ動かし、ストレッチしましょう。そしてスクワットを毎日し、関節を動かしながら鍛えることも必須で取り入れましょう!
=====

 

これを覚えておいてくださいね。

毎日やっていけば、1年後にはあなたの体は別人になっていると思いますよ。

 

毎日コツコツと続けること。

これが老化を止める唯一の方法です。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

トレーニング