肩の痛み | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【トクサンTV】YouTuberライパチの野球肩を救いたい!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

野球をしているあなたにも共通する部分があるかもしれませんよ。

 

またまた僕がよく見ているYouTubeのひとつでもある、『トクサンTV』に出演しているYouTuber(?)ライパチ氏の肩の痛み(野球肩)の治療動画でした。

 

 

僕が前からこの記事内でも何度か言っていますが、ライパチ氏の肩の痛みは肩だけが原因じゃないので、肩ばかり治療してもYouTubeのネタで終わりです。

 

まぁそれが広告収入に繋がるのであれば、永遠と続けていけばいいのですが、本気で治したいのであれば、もっと違う視点で身体を見た方が僕はいいと思いますよ。

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

 

ライパチ氏の野球肩

 

今回のYouTube内では、

 

=====
①Scapular Dyskinesis(スキャプラ ジスキネジア)の疑い
②腱板機能不全
=====

 

が原因とされていました。

まぁ確かにそうなんですけど、そうじゃないんですよ。

 

毎回肩ばかり見ていますが、ライパチ氏にとってそれは結果であり、原因ではないんですよね。

 

僕が見ている限り、肩の前に治すべきポイントがいくつかあります。

それは以前から記事内で書いていることなんですが、ライパチ氏には届いていません(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n16e483bcae0d

 

② https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

はい。

読んで頂ければわかると思いますが、まず第一に姿勢が悪すぎます。

胸を張り過ぎて、そもそも上半身全体の可動域が低下しています。

 

プロの野球選手やスポーツ選手を見れば分かると思いますが、胸を張り過ぎている選手はいませんし、自然の動物界の中にもいないと思います。

 

その理由は、圧倒的な動きやすさ(可動域の拡大)です。

 

試しに胸を張った姿勢と背中の力を抜いた姿勢で、ライパチ氏のようにオーバースローでスローイングをしてみてください。

 

絶対に後者の方が投げやすいはずです。

 

つまりライパチ氏は、胸を張った姿勢を作ってしまい、背骨の柔軟性(全体)を低下させた(固めた)状態で投げていた!というのが動画越しでも伝わってきます。

 

サイドスローが投げやすい!?

 

 

これも僕が以前記事にしています。ライパチ氏の姿勢の関係上、サイドスローが投げやすいんですよーって。

 

そう書いたところ、今回動画で「サイドスローが投げやすい」と言っていたので、そりゃそうだろ!って思ったわけです(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

まとめ

 

 

肩がダメと言うよりも、今はオーバースローに向いてない身体なのに、無理にオーバースローで投げているから肩を壊すんです。

 

恐らく腰も壊れ、最悪膝も壊すと思いますが・・・。

 

肩の治療をネタとして続けるのであれば、サイドスローに変え、負担を減らした方がいいと思いますが、いずれ、日常生活に支障を与える日が必ず来ます

 

それに肩の神経は首まで繋がっていますので、YouTube編集等で常にパソコンを使うのであれば、肩こり・首の痛みも慢性化してしまいますよ。

 

もうしてるかも!?

 

僕はライパチ氏の肩が治ってほしいので、肩だけではなく、他の部位もしっかりと見てほしいと思います。

 

ライパチ氏の場合、絶対に原因は違う場所にありますから。肩の痛みはあくまで結果。

 

早く気付いてね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

【野球肩】投げる動作で肩が痛む原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先程、トクサンTVを見ていましたところ、またライパチ氏がスローイング時の肩の痛みで悩んでいました。

 

そしてまたしても肩にアプローチしつつ、投げ方を変えようと試行錯誤しています。

 

ですが以前にも僕がブログでも書いたように、ライパチ氏は一番問題なのは肩ではないんです。

恐らく多くの方が、ライパチ氏と同じ過ちを犯していると思うで、ここで再度野球肩について考察していきましょう。

投げる時の痛み

 

ライパチ氏を例に上げていきますが、その前に先日投稿されていたトクサンTVの動画を貼り付けておきます。

 

 

動画を見て頂くとわかるようにライパチ氏は、肩の問題の前に“姿勢”に大きな問題があり、それをきっかけに肩の痛みを発症しているように見えます。

 

姿勢は肩の痛みに繋がりやすいですから、肩だけの治療をしてしまうと痛みが改善しきれず、迷走してしまうケースもしばしば・・・。

 

では、ライパチ氏の何が問題なのかを上げていくと、

 

=====
①胸椎の過度な伸展
②肩甲骨の下方回旋
=====

 

が肩の痛みに大きく影響を与えており、その影響は下半身にも影響を与えているように見えます。

下半身と言うのは、

 

=====
①骨盤前傾
②股関節内旋
➂足関節背屈制限
=====

 

です。下半身まで解説すると長くなるので、今回は上半身のみの姿勢で解説していきます。

 

動画内でも「肩がはまる」というワードが何度も出ていましたが、ライパチ氏の『胸椎伸展』『肩甲骨下方回旋』では、投げる時に肩ははまらず逸脱してしまいます。

 

その理由として、投げる動作においては、『胸椎(軽度)後弯』『肩甲骨上方回旋』が必要不可欠だからです。

今のライパチ氏と真逆です。

 

ライパチ氏がサイドスローが投げやすいのも、この姿勢が影響しています。

サイドスローの場合、オーバースローに比べ『胸椎伸展』『肩甲骨下方回旋』が優先されますからね。

 

以上のことから、ライパチ氏のような場合、肩だけを治療するのではなく、根本となる姿勢を変えていかないと一生肩は治らないでしょう。

 

投げる動きと真逆の肩甲骨

 

 

先程肩甲骨の動きが出てきましたが、少し詳しく解説していきます。『肩甲骨上方回旋』『肩甲骨下方回旋』というのは、下記イラストのような動きのことを言います。

 

 

これでわかるように、投げる動作(肩が上がる時)というのは、肩甲骨上方回旋しなければ肩はあがらず、肩関節は逸脱した動きになるでしょう。

 

ですがライパチ氏のような場合、肩甲骨下方回旋のまま(上方回旋不良)で肩を上げれば、肩関節への負担は強くなり、肩周りの組織を投げるたびに傷付けることになります。

 

また胸椎伸展は、肩甲骨下方回旋を助長させる姿勢であるので、ライパチ氏のような姿勢は投げる動きに向いていないと言えます。

 

試しに、胸を大きく張り、なで肩の姿勢をとってみてください。そしてその姿勢から投げてみてください。

 

恐らく肩は上まで上がらず、肩に強い負荷が掛かるのを感じると思いますよ。

これをライパチ氏はオーバースローで投げていたんですから、肩を痛めるべくして痛めたって感じだと思います。

 

ライパチ氏の投げ方考察

 

 

①胸椎伸展②肩甲骨下方回旋の姿勢を考慮していくと、代償として下記のような特徴が投げる時に出てきます。

 

=====
①左骨盤前傾
②右広背筋過剰収縮
➂左股関節内旋
=====

 

腰痛になりますね(笑)

あくまで考察なので、しっかりと見てくと逆だったり、別のところに代償が入っているかもしれません。

 

もしこの代償動作が入っていれば、ライパチ氏の投げ方はどことなく「固い」という印象を与えてしまう可能性があります。

だってこの動作はすべて体を固めてしまうから当然です。

なので、ライパチ氏は、

 

=====
無理な姿勢で投げていながら、さらに体を硬くしながら投げている

=====

 

ということになります。最悪です・・・。

 

まとめ

 

 

トクサンTV好きなので、ライパチ氏の肩が治るのを期待していますが、このままでは一生YouTubeのネタで終わると思います。

だって肩と投げ方にしか焦点を当てていないから。

 

姿勢・力の抜き方・使い方を反復練習していくことで、肩の痛みは軽減していくと思いますよ。

頑張れライパチ!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

五十肩の痛みとは?改善させるためには動かすことも必要です 009

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

肩の痛み

先日の『ActiveSmash』の会員様で、肩が上がらないと訴えていた方がいらっしゃいました。

久しぶりの参加でしたが、急に肩に痛みが走り日常生活でも支障が出るようになったそうです。

今回も痛いながらにできる範囲でもやりたいとのことで、無理のない範囲でバドミントンをおこないました。

早く元気にバドミントンをプレーしている姿を見たいものです。

では、肩の痛みについて話していきましょう。

どこで痛みがでるのか?

肩の痛みは人それぞれ違うと思います。

例えば、捻ったら痛い・上げたら痛い・捻って上げたら痛いなどあると思います。

みなさんはどこで痛みがありますか?

肩は肩関節だけではなく、肩甲骨や鎖骨などと協同で動くことによってスムーズに動いていきます。

img_2076

※写真は右肩外転(横から上に上げる)180度時に動く関節を絵にしてみました。

なので、肩関節だけではなく、肩甲骨や鎖骨の動きが悪くなれば肩に影響が出てくることもあります。

今回は、バドミントン会員様を例に進めていきます。

 

五十肩・四十肩

呼び名はどっちでもいいです。

ちなみに私は『年齢肩』って言います。女性は50歳だからって五十肩って言われたくないですもんね。

会員様は『私、五十肩になって肩上げると痛く夜寝れないんです』とのこと。(※50歳ではありません。若いです)

起こりやすい年齢

名前の通り40代~50代で発症することが多いでしょう。

特に女性に発症しやすいです。

夜間痛

寝ているときに出る痛みのことです。

初期の場合、寝ているとき少し痛いななど感じることもあります。

また、寝返りの際に肩を無意識に動かすことによって痛みで目が覚めたりもします。

発症しやすい人

デスクワークなどあまり身体を動かさないで悪い姿勢を長時間続ける作業などの方に多いように思います。

普段から極々わずかな範囲でしか肩関節を動かしていないので周りの筋肉や関節たちがさぼってくるのは当然ですね。

 

改善させるためには

まず、肩には複数の動きがあります。

屈曲・伸展・内転・外転・内旋・外旋・水平屈曲・水平伸展・・・・

その中で一番治りにくいのは、回旋です。

肩は上げる動作で必ず回旋動作が含まれます。

なので、回旋が一番治りにくいです。

一気に治そうとせず、一つずつの動作を確実に治していきましょう。

まぁいっか、そのうち治るか、ではなく

自分から改善しようと思い、改善に取り組んでいきましょう。

ほってくとさらに痛い目見ますよ!!

 

次回改善トレーニングについて書きましょう。

 

ao_maru

 

タグ :             

トレーニング 上肢