広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【猫背】姿勢を改善していくためには、ここをストレッチしないといけません!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

猫背を改善させるために

 

猫背で悩む方は本当に多いですよね。

 

 

最近はすれ違う子供たちでさえ、猫背が多いです。

 

 

 

 

でも猫背を改善させるためによくあるのが「肩甲骨を寄せましょう!」みたいなもの。

 

 

正直言って、僕から言わせたら意味ないです。

 

 

ポイントを抑えずに、ただ単に肩甲骨を寄せたとこで無意味なんですよね。

 

 

時間の無駄!なんてことにも。。。

 

 

「じゃあどこをアプローチすればいいの?」

 

 

と疑問に感じたと思います。

 

 

ズバリ!!

 

 

背中です。

 

 

しかも、腰と背中の間をピンポイントで。

 

 

(YouTubeのいいね・チャンネル登録が励みになります)

 

 

反れますか?

 

 

意外と難しいはずです。

 

 

でもここが姿勢改善・猫背改善にはとっても大切ですよ。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

 

タグ :      

姿勢 腰痛

猫背によって起こる肩の上げにくさの原因は、肩のポジションが変わること 213

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

姿勢不良から肩の痛み

 

姿勢が猫背気味になってくると

出てくる症状があります

 

『肩の動かしにくさ』です

 

その動かしにくさを気付かず

日常生活を過ごしていくと

肩に痛みや不具合が発生していきます

 

(すべての原因というわけではなく

原因の一部であるということです)

 

肩を屈曲しにくい

 

屈曲って何?

って感じですが

 

肩を前から上げる動作のことです

 

 

写真で見てもらえばわかると思います

 

この動きが苦手な方が多いです

 

なぜかというと

姿勢が悪くなることで

肩のポジションが変わることにあります

 

 

少しオーバーに線を引きすぎたかもしれませんが

肩のポジションに変化がこんな感じで変わります

 

そうすると

イメージできると思いますが

肩は線までしか上がりません

 

それ以上上げるためには

体幹の伸展(反る動作)が必要になります

 

この伸展動作が

肩を上げるために発生した

過剰な代償です

 

背中を丸めた状態で

肩を上げてみてください

 

上げにくく

体幹部を使う感じが

分かると思います

 

もちろん体幹部だけではないですよ

 

他にも代償動作は出ています

 

この動作は普通にも出るのですが

肩が上がらない分

過剰に使われていきます

 

すると

腰が痛くなってきたり

することもあります

 

これが二次被害です

 

そのような

二次被害にあわないように

姿勢に気を付けていきましょうね!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                

上肢 姿勢

猫背でお悩みの方によくある肩甲骨の不得意(苦手)な動きとは? 210

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

肩甲骨での苦手な動き

 

肩甲骨は様々な方向へと動きます

 

結構自由度の高いものです

動く方はですが・・・

 

しかし

多くの方が肩甲骨を動かす

という行為を苦手としています

 

肩甲骨は様々な筋肉の上で

動いています

 

なので

猫背の方など姿勢不良の方は

よりアンバランスな筋肉の影響で

肩甲骨は動きにくくなっていきます

 

さらに猫背の方の特徴があります

それは・・・

 

内側へ寄らない

 

肩甲骨を内側へと寄せる動きが

極端に苦手な方が多いです

 

内側に寄せるとは

肩甲骨同士がぶつかるような動きです

 

 

写真で言えば

右から2番目の動きです

 

さらにもうひとつ苦手な動きがあります

それは・・・

 

下方への動き

 

先程の写真で言えば

右から3番目の動きです

 

多くの猫背の方の肩甲骨は

上方+外側へ偏っています

 

なので

反対の動きでもある

下方+内側は苦手なのです

 

動きますか?

 

あなたはこの動きができますか?

 

肩甲骨を内側に寄せたりできますか?

 

片方だけしかいかないとか

寄っている感覚がわからないとか

寄せてるつもりが上方に動いているだけとか

なっていませんか?

 

原因自体は様々な要因があります

 

でも

『肩甲骨を動かしましょう!』

とよく聞きますが

 

あなたはその動かすという意味を理解していますか?

 

ただ闇雲に動かすのではなく

自分の苦手な動きを知っていますか?

 

ここを知っていながらの

『肩甲骨を動かしましょう!』

 

と、知らないでやる

『肩甲骨を動かしましょう!』

 

では

柔軟性獲得へ大きく差が生まれてきますよ

 

大事なのは

肩甲骨の動きをイメージしながら

動かしましょう!

ってことですよ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                

姿勢

タオルで簡単に肩甲骨スッキリトレーニング 186

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

タオルで簡単スッキリ

 

おすすめの方

 

①肩こり

 

②背中が疲れる

 

➂手軽にスッキリしたい

 

POINT

 

①頭の後ろをタオルが通過

 

②引くときに顔は前に出ない

 

➂肩甲骨が動いている意識

 

 

顔は出すな

よくテレビとかで

見るトレーニングだと思います

 

テレビで見て

やってみたなど

よく聞きます

 

ですが、

ポイントがあります

 

『顔が前に出ない』

 

ということです

 

下に引く際に

猫背や肩甲骨が固い

顔が同時に前に出やすいです

 

ただ単にやっていると

一緒に顔が自然と出てきます

 

出過ぎるとかえって

姿勢不良を助長してしまう

可能性もあります

 

顔の位置にも

注意しながら

おこなってみてください

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                   

トレーニング動画

『Y』と『W』字を作るだけで、デスクワークの悩みは解決する 178

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

肩甲骨を鍛える

 

おすすめの方

 

①デスクワークが多い

 

②スマホをよく見る

 

➂肩こりが続く

 

④首猫背

 

POINT

 

①頭を上げる時、顎が上を向かない

 

②腰まで反らさない

 

➂Y、Wをしっかり作る

 

④肩甲骨から動かす

 

Y,Wを大きく

腕で大きくしっかり

Y,Wを作ります

 

この動きを入れることで

背中の筋肉を効率的

鍛えられます

 

背中の筋肉は

肩周りのまで付着しています

 

なので

肩をしっかり動かすことで

背中の筋肉も動き鍛えられます

 

腰に注意

腰に注意が必要です

 

顔も一緒にあげますが

その時に、腰から上げがちです

 

腰から上げ過ぎてしまうと

腰に負担が掛かります

※わざと上げる場合もあります

 

なるべく

体は一直線を保ちつつ

顔を上げましょう

 

顔を上げた時も

顎から上げないように

顔は水平を保ちましょう

 

このポイントを

忘れてしまうとやればやるほど

腰に負担が掛かってしまいます

 

肩甲骨周りに

グッと力が入っていればOKです

 

逆に

腰ばかり力が入る方は

反り過ぎか、顎上げ過ぎです

 

しっかり鍛えるべき

ポイントを抑えて

トレーニングしていきましょう

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                   

トレーニング動画

体幹の柔らかさをゲットするにはいくもパターンがあります 174

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

体幹できるだけ

 

おすすめの方

 

①猫背

 

②呼吸が浅い

 

➂肩甲骨が固い

 

④下っ腹が気になる

 

POINT

 

①手は頭の後ろ

 

②顔と一緒に捻る

 

➂骨盤は開きすぎない

 

④体は流れない

 

体幹の柔軟は・・・

体幹の柔軟をいくつか

紹介してきていますが

パターンはたくさんあります

 

どのパターンも

微妙にターゲットは違えど

体幹の柔軟獲得が目的です

 

柔軟といっても

ただ捻ればいいだけではありません

 

体幹の柔軟は

3Dで考えないといけません

 

体幹の縦・横・斜め(捻り)です

 

この3Dを頭に入れて

何パターンかのトレーニングから

あなたに合ったものが必須です

 

例えば

猫背で背中が丸まっているのに

体幹を前にする柔軟しかしない

どうなると思います?

 

元々丸まっているのに

さらに丸める動作が加われば

悪化しそうですよね

 

ただすべてがそうではなく

あなたに合っていればOKです

 

その合ったものも難しいですが・・・

 

でもこの3Dで考えると

自分はどの動きが苦手かな?

とかあると思います

 

常にどの方向の姿勢になっているのかな?

 

なんて考えてみてください

 

丸まっているのかな?

どちらかに傾いているのかな?

とかね

 

今回ご紹介したトレーニングは

『捻り』です

 

多くの方は捻る動作は苦手です

日常生活内ではあまりしない動作ですもんね

 

しかも捻る動作は

色々な動きが組み合わさっています

 

なので苦手な方も多いはずですよね

 

あなたは捻れますか?

 

下っ腹が出る!?

なぜ体幹の柔軟性と下っ腹が?

と思いませんでしたか

 

お腹の筋肉は体幹部にあります

 

さらに肋骨についています

 

この肋骨についているのが

ポイントです

 

肋骨が固くなると

お腹の機能がうまく使えにくくなります

 

姿勢が悪くなり

うまく使えなくなるとも言えます

 

姿勢が悪い

肋骨(体幹)固くなる

お腹の筋肉使いにくい

下っ腹が出やすくなる

 

といってパターンに陥ります

 

なので

闇雲に腹筋ばかりするのではなく

多少なりとも体幹の

柔軟性が必要なんですよ

 

あなた柔軟性ありますか?

 

ないのであれば

お腹出ていませんか?

 

まずは

このトレーニングを開始してくださいね

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :               

トレーニング動画

『美容師』が抱える身体の悩みとは?? 149

 


~職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠~

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

容師の悩み

 

今回は、美容師。

 

人生で必ずお世話になる方々ですよね。

 

髪型ひとつであなたの印象がガラッと変わってしまう。

 

髪型って重要ですよね。

 

そんな人の印象を一瞬で変えてあげることのできる美容師には、どんな悩みがあるのでしょうか?

 

らではの悩み

甲骨が疲れる

 

 

美容師の方で最も多い悩みでしょう。

 

肩はもちろんなんですが、肩甲骨周りが結構疲れるんですよ。

 

常に、肩をあげた作業が続きますもんね。

 

下ろしている時間の方が少ないかも!?

 

が荒れやすい

 

 

これも多い!

 

特に下積み時代には、手荒れがひどいです。

 

水には常触れていますし、カラー剤などにも触れています。

 

今では、手に優しいものが多くなってきましたが、それでも手荒れは完全にはなくなりません。

 

指はカラー剤で染まるし、ボロボロです。

 

シャレ

 

 

美容師の方ってオシャレなイメージがありますね?

 

職場でもプライベートでも。

 

ジャージ姿の美容師なんて想像できません。

 

なので、美容師の方は毎日服装には、人一倍気を使っています。

 

毛玉には要注意!!

 

さらにオシャレ重視だけではなく、機能性にも優れたものも探しています。

 

だって動き回りますからね。

 

もちろん、髪型にも気を使ってますよ。

 

毎日服装の組み合わせに少々頭を抱えます。

 

が疲れる

 

 

カットの時に腕を使い、シャンプーの時にも腕を使う。

 

肩はもちろんですが、腕も結構使うんですよね。

 

腱鞘炎になる方もいるとか。

 

も多い悩み

美容師の悩み多いのは?

 

No.1・・・『肩』

 

No.2・・・『手』

 

No.3・・・『足』

 

決策

甲骨が疲れる

 

肩というよりも肩甲骨の疲れが気になるんですね。

 

腕を伸ばしてあげたままの作業なので、肩だけではなく、背中の筋肉も疲労している証拠ですね。

 

疲れは仕方ないですよ。

 

作業中は、肩甲骨同士も外に広がり、姿勢も崩れた状態。

 

なので作業の間にでも、肩甲骨を寄せるような動作を入れて、肩甲骨周りをリセットすることも必要かと思います。

 

また作業中、腕や指が痺れる方は『胸郭出口症候群』なども疑ってくださいね。

 

 

痺れ始めている方は、放っておかないでください。

 

すぐにでも、専門家に診てもらうことをオススメします。

 

が荒れる

 

常に水やカラー剤などに触れたりしているので、手の水分はなくなり乾燥してしまいますよね。

 

早くトップ美容師になりましょう。

 

少しはそういう頻度は減っていくのではないのでしょうか。

 

もう雑用したくない!という心で、目標に向かって進んでください。

 

ひどい方は、皮膚科にも。

 

シャレ

 

いいじゃないですか。

 

オシャレじゃないより、オシャレの方がいいと思いますよ。

 

 

週末に1週間のコーディネートをすべて決めてしまうのも、毎日服装選びに掛かる時間を少しは減らせるかもしれませんよ。

 

レーニング

 

背中周りを鍛えていきましょう。

 

 

写真のような姿勢になります。

 

『中腰+上半身前かがみ』ですね。

 

その姿勢から、バーベルをおへそ付近に引いていきます。

 

引ききったら、腕を下に伸ばします。

 

背中の筋肉で引くイメージを持っていきましょう。

 

また、上半身は丸くならないように注意してください。

 

このトレーニングで、肩甲骨は寄り、姿勢良くなっていきますよ。

 

トレッチ

 

胸の筋肉を伸ばしていきましょう!

 

 

とめ

・手の痺れには要注意

 

・トップまで最速で辿り着く

 

・1週間コーデを決めてしまう

 

・オシャレは悪くない

 

・背中を鍛えて、姿勢よくしていく

 

・胸も伸ばして、肩の疲れ解消

 

私の髪もオシャレにしてください!

 

タグ :     

様々な職業の悩み

冬になり寒くなった今こそ身体を関節をしっかり動かしていきましょう 034

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島でパーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

そろそろ本格的な寒気到来!?

広島では、今日庄原の方で雪が降りましたね。

積雪もあったみたいです。

明日は、天気予報では北部は雪みたいです。

そろそろ本格的な寒気が来て、冬に入っていきますね。

いや、もう冬ですね。

みなさんは、寒さ対策されていますか?

冬によく見る姿勢

冬になり寒くなってきました。

よく見る姿勢ってありますよね?

猫も丸くなるほど寒い。間違えました。

こっちでした。

このように猫のように背中を丸くし、丸まりながら歩いている方をよく見ますよね。

この姿勢で日常生活を送れば肩や首周りがコリコリになるのは簡単に想像がつきます。

寒さで筋肉もカチカチ

姿勢の悪さにプラスして、気温が低くなり体温も低下。

いつもは筋肉に血液が通り活動していましたが、血液の通りが悪くなり筋肉も活動不足に。

そうすると、不良姿勢+血液循環不足でより肩や首周りはコリコリへと加速していきます。

 

寒いときこそ動く

寒いからといってコタツでダラダラと温まっているだけではダメです。

積極的に動かしていきましょう!

関節を大きく動かす

関節を大きく動かすことによって、周りの筋肉たちも活動を始め、身体もポカポカしてきます。

では、どの関節を動かすの?ってことです。

股関節を動かす

股関節は人間の身体の中でも一番大きい関節です。

この関節を動かすには周りにある大きい筋肉の力が必要です。

大きい筋肉を動かすことによって血流はどんどん巡っていきます。

では、実際にやってみましょう!!

①立位がスタートです

②片足の腿を大きく前に上げます(腿上げの要領です)

③上げた足をそのまま後ろに伸ばします

④②と③を繰り返します(目標20回)

※不安定になるので壁を持つなどしておこなってください

これだけで身体はポカポカに!

まだまだ足りないという方は、

①立位がスタートです

②片足を横に大きく上げていきます

③上げた足を床に着かずに元の位置へ戻します

④②と③を繰り返します(目標20回)

先程が前後の動きだったのが、足りない方は左右の動きを入れていきます。

できるだけ大きく動かしてみてくださいね!

肩関節を動かす

上半身の肩関節を動かしていきましょう。

肩甲骨を意識して動かしてみてください。

では、やってみましょう。

①腕を伸ばして前ならえの姿勢をとります

②手の甲を上に向けます

③そのまま水平に肘を後ろへ引いていきます(肘の高さが肩の高さと同じをキープ。上がりすぎたり下げすぎたりしないように)

④しっかり引いたら(肩甲骨を寄せる)前ならえの姿勢に戻ります

⑤③と④を繰り返します(目標20回)

肩甲骨周りは先程も言ったようにコリコリになりやすいですからね。

しっかり動かしていきましょう!

 

冬こそ動け!

寒いからといって動かないで終わらずに、寒いときこそしっかり動かしていきましょう!

動ける身体で春を迎えましょう!

 

タグ :             

トレーニング 上肢 下肢

五十肩の痛みとは?改善させるためには動かすことも必要です 009

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

肩の痛み

先日の『ActiveSmash』の会員様で、肩が上がらないと訴えていた方がいらっしゃいました。

久しぶりの参加でしたが、急に肩に痛みが走り日常生活でも支障が出るようになったそうです。

今回も痛いながらにできる範囲でもやりたいとのことで、無理のない範囲でバドミントンをおこないました。

早く元気にバドミントンをプレーしている姿を見たいものです。

では、肩の痛みについて話していきましょう。

どこで痛みがでるのか?

肩の痛みは人それぞれ違うと思います。

例えば、捻ったら痛い・上げたら痛い・捻って上げたら痛いなどあると思います。

みなさんはどこで痛みがありますか?

肩は肩関節だけではなく、肩甲骨や鎖骨などと協同で動くことによってスムーズに動いていきます。

img_2076

※写真は右肩外転(横から上に上げる)180度時に動く関節を絵にしてみました。

なので、肩関節だけではなく、肩甲骨や鎖骨の動きが悪くなれば肩に影響が出てくることもあります。

今回は、バドミントン会員様を例に進めていきます。

 

五十肩・四十肩

呼び名はどっちでもいいです。

ちなみに私は『年齢肩』って言います。女性は50歳だからって五十肩って言われたくないですもんね。

会員様は『私、五十肩になって肩上げると痛く夜寝れないんです』とのこと。(※50歳ではありません。若いです)

起こりやすい年齢

名前の通り40代~50代で発症することが多いでしょう。

特に女性に発症しやすいです。

夜間痛

寝ているときに出る痛みのことです。

初期の場合、寝ているとき少し痛いななど感じることもあります。

また、寝返りの際に肩を無意識に動かすことによって痛みで目が覚めたりもします。

発症しやすい人

デスクワークなどあまり身体を動かさないで悪い姿勢を長時間続ける作業などの方に多いように思います。

普段から極々わずかな範囲でしか肩関節を動かしていないので周りの筋肉や関節たちがさぼってくるのは当然ですね。

 

改善させるためには

まず、肩には複数の動きがあります。

屈曲・伸展・内転・外転・内旋・外旋・水平屈曲・水平伸展・・・・

その中で一番治りにくいのは、回旋です。

肩は上げる動作で必ず回旋動作が含まれます。

なので、回旋が一番治りにくいです。

一気に治そうとせず、一つずつの動作を確実に治していきましょう。

まぁいっか、そのうち治るか、ではなく

自分から改善しようと思い、改善に取り組んでいきましょう。

ほってくとさらに痛い目見ますよ!!

 

次回改善トレーニングについて書きましょう。

 

ao_maru

 

タグ :             

トレーニング 上肢