膝痛 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】歩く時の膝の横揺れに気を付けよう!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛の方(変形性膝関節症)の特徴のひとつとして、歩く時に膝が横に揺れてしまう現象が発生することが多々見受けられます。

 

これは膝の痛みを悪化させてしまうので、要注意ですよ!!

 

膝痛と歩行

 

痛みのなく普通の場合、正面から見て膝(お皿の位置)は、左右には揺れず基本的に真っすぐのまま歩きます。

 

ですが、膝痛の方は、膝(お皿の位置)が、左右に揺れながら歩くんです。

正面から膝を中心に見てみると分かると思います。

 

この膝の揺れが、膝へのストレスを増やし、膝痛がなかなか改善しない原因になります。

 

膝周りをほぐしても、またすぐに膝が張ってしまう・痛みが戻ってしまうという方は、歩き方自体に何かしらのエラーが発生している可能性があり、そのひとつが膝の横揺れです。

 

もし膝が大きく横に揺れてしまっている方は、まずはそこを修正していくと膝の痛みは緩和していきます。

 

まとめ

 

 

変形性膝関節症の場合、O脚になり、横揺れはさらに加速していくでしょう。

 

膝周りの筋肉だけではなく、骨格の歪みなども修正していくことで、横揺れも痛みも緩和していきますよ。

 

まずはあなたの歩き方から見直してみましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

膝痛

【膝痛】膝の痛みは隣接する関節が原因!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みの原因は、膝関節に隣接している『足首』『股関節』にあることが多々あります。

 

膝を動かす場合、必ずと言っていいほど、足首と股関節は連動しています。

なので、両関節が悪くなると、膝の痛みが悪化してしまうんですよ!!

 

膝痛の原因

 

当然ながら、膝関節自体に何かしら問題がある場合もあります。

でも先程も言ったように、それ以外に隣接する関節が原因になるケースも多いんです。

 

=====
【足首】
足首の底屈・背屈制限(曲げ伸ばしのこと)は膝に負担が掛かります。
膝痛予防のためにも、最低限足首の底背屈は確保しておきましょう。
※また距腿関節の可動域も非常に重要になります

 

【股関節】
股関節の屈曲・伸展制限(曲げ伸ばしのこと)は膝に負担が掛かります。
膝痛予防のためにも、最低限股関節の屈伸は確保しておきましょう。
※またニーインなど股関節の内外旋も膝への負担に繋がります
=====

 

ちょっと難しく言いましたが、結局は、足首・股関節の曲げ伸ばしを最低限確保しておきましょうってことです。

 

どこかひとつでも制限が掛かってしまうと、膝に負担が増えていきますよ~。

 

まとめ

 

 

膝が痛い!から膝ばかり見るのではなく、隣接する関節の動きも見てみましょう。

 

もしかしたら隣接する関節、特に足首や股関節が原因になっているかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【膝痛】股関節が曲がらないと膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みを伴う場合、同時に股関節の動きも悪くなることが多々あります。

 

特に股関節の伸展制限と言って、股関節を後ろに伸ばせないという制限は多いです。

 

ですが逆に、股関節を曲げれなくなっているという方も膝への負担が増えますよ!!

 

あなたはこの動きができますか?できないと膝が痛くなるかも!?

 

股関節の動きチェック

 

では早速股関節の動きをチェックしてみましょう!!

 

=====
①仰向けに寝る
②両膝を曲げる
➂片足を両手で抱え込み、胸に近付ける
=====

 

これだけです。

 

左右差が明らかにあったり、鼠径部に詰まりを感じたら要注意です!!

 

膝に痛みがある方は、恐らく痛みがある方が曲がりにくいと思います。

 

痛みがない方も、曲がりにくい方は、今後痛みが出やすい膝になります。

また過去に痛めた経験があったり、腰痛歴があっても曲がり具合に差が出てきますよ。

 

まとめ

 

 

膝が痛い=膝が原因ではなく、隣接している他の関節が関与しているケースは非常に多いです。

なかなか改善しない膝の場合、他関節の動きもチェックしてみましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【膝痛】膝の痛みの本当の原因を知っていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

確か以前にも書いたと思うんですが、最近この話を僕のグループレッスンで話すとみなさんめちゃくちゃ驚かれるんで、ここでもまたお話ししようかなと思います。

膝の痛みの原因

 

膝の痛みの本当の原因。

あなたは知っていますか?

 

では唐突ですが、ここで問題です。

次の内、膝の組織で痛みを最も感じやすい組織はどれでしょうか??

 

=====
①脂肪②靭帯➂半月板④軟骨
=====

 

さぁどれだと思いますか??

 

正解は・・・・

 

なんと!!!

 

実は!!!!

 

なんとっっ!!!!

 

=====
①脂肪
=====

 

なんです。

「④軟骨じゃないんかい!!」って思ったでしょ?

多くの方がそう答えると思うんですが、実は真逆です。

 

=====
軟骨は痛みを一切感じません
=====

 

ということなので、「軟骨ない=痛い」ではないんですね。

これを言うとみなさん非常に驚かれるんですよ。

だってこれ誰も教えてくれないですもんね。

教えているのは、僕ぐらいですから(笑)

 

ということで、膝の組織で最も痛みを感じやすいのは、『脂肪』でした。

 

なので、膝の痛みを改善したいのであれば、脂肪の硬さを改善すると痛みが改善しやすいってことですからね。

 

ちなみに先程問題にした組織の名称は、

 

=====
①膝蓋下脂肪体
②前十字靭帯
➂(内外側)半月板
④軟骨
=====

 

になります。まぁ別に正式な名称はいらいですね(笑)

 

まとめ

 

 

膝が痛い??だったら脂肪が動きやすい環境・柔軟性が必要不可欠ですよ。

特に変形性膝関節症の方は、ほぼほぼ脂肪が硬くなっていますから、柔らかくしておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【まちの保健室】無印良品で高齢者向けの健康体操講座スタート!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

広島のアルパーク内にオープンしました、国内最大級の無印良品。

 

この度ご縁を頂き、無印良品と健康コラボ(まちの保健室)で、高齢者向けの健康運動講座を開始することになりました。

 

参加費は無料で、予約もなしでOK。

お買い物がてらに一緒に運動しませんか?

まちの保健室(無印良品)

 

無印良品1階にあります、クオール薬局前のスペースで座ってできる運動を行います。

 

テーマとしては、「楽しく運動ができる」ことをモットーに、腰痛・膝痛改善ストレッチや体力向上トレーニング、脳トレなどを行っていきます。

 

買い物もできるし、体操もできる。

無印良品を通して、いやアルパーク全体を通して、地域全体の健康活性化に取り組んでいきます。

 

少しでもお興味ある方は、僕と一緒に体操していきませんか??

 

=====
【日程】
毎週水曜日13:30~14:30(僕の担当は第一・二水曜日のみ)
【料金】
無料(どなたでも参加OK)。予約もなし(ふらっと立ち寄ってください)
=====

 

参加に辺り、少しでも不安要素などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

あなたとお会いできる日を楽しみしています!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :               

カルチャー教室 トレーニング

【重要】あなたの股関節は動いていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は散々、「股関節の動きはめちゃくちゃ大切ですよ!」とお伝えしてきました。

 

これは腰痛にとっても膝痛にとってもそうです。

 

いや、むしろ年齢を重ねる過程で硬くなるので、日々動かしておくことこそが一番重要なんですよ。

 

股関節の重要性

 

股関節は人体最大の関節です。

ここの動きが悪くなれば必然的に身体機能は全て落ちます。

そう、全てです。

 

腰が痛い、膝が痛いなど、どこかしら痛みがある方は、必ずと言っていいほど、股関節の機能は低下していますし、加齢と共に老いを感じている方も同様です。

 

それだけ痛み・老化の予防にとって必要不可欠な股関節。

多くの方が疎かにしているように思いますが、本当に重要な関節ですからね。

何度も僕はお伝えしていますが。

 

狭くなる股関節の動き

 

 

股関節の機能で特に落ちていくのが、

 

=====
① 後ろに伸ばすこと(伸展)
② 捻ること(内旋・外旋)
=====

 

です。

これらの股関節昨日は、あっという間に落ちます。

動かなくなります。

 

これが動かないと股関節は正常に働きませんから、全身の負担はどんどん増えていきます。

 

もしこの動きが著しく落ちているのなら、今すぐ股関節を動かす運動などを取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

 

何度も何度もお伝えしてきた、股関節。

早くあなたにも股関節の重要性を知ってほしいです。

本当に重要だし、動きが出ることで体はどんどん変わっていきますからね。

 

「股関節硬いから無理かも」ではなく、硬いから変えるんです。

硬い方は、身体への負担が増え、痛みも付いてきますよ。

 

あなたはどうなりたいですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

トレーニング

【膝痛】まだ軟骨が痛むと思っていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本日は、「座ってできる運動で腰痛膝痛にさようなら」をテーマに坪井公民館で講演会を行いました。

その中である質問をしたんですが、まだ膝痛の常識が世間に知られていないようです・・・。

 

軟骨は痛むのか?

 

講演会の中でした質問と言うのは、

 

「膝の組織で一番痛みに敏感な組織はどこだと思いますか?①靭帯②軟骨➂脂肪どれでしょう??」

 

あなたは正解が分かりますか?

参加者の回答はこうでした。

 

=====
①靭帯→40%
②軟骨→60%
➂脂肪→0%
※人数がわからなかったので、参加者の割合でざっくりと
=====

 

という回答に。

軟骨だと思う方が多く、次いで靭帯、そして脂肪は0名。

軟骨が膝の痛みに敏感な組織だと思っている方が多いことが知れました。

ですが本当は・・・

 

=====
脂肪が膝の組織の中で痛みに敏感
=====

 

なんですよね。そして実は軟骨は・・・

 

=====
痛みを感じません!!
=====

 

という驚愕の真実。

軟骨には血液が通っていないので、軟骨自体には痛みを感じるセンサーがないんですよね。

 

ですが、CMなどでよく見るのは「軟骨をどうとかこうとか・・・」なので、皆さんのイメージは「軟骨=痛い」と連想されているのかなと思いました。

 

まとめ

 

 

ということで、軟骨は痛みません!!

むしろ膝の脂肪の方が痛みに敏感なんです。

 

軟骨よりも脂肪へのストレス軽減が膝痛改善にとって非常に大切ですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【膝痛】お皿(膝蓋骨)を動かすと音が鳴りますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

お皿(以下、膝蓋骨)はある程度自由に動く骨です。

ですが膝痛、特に変形性膝関節症の方は、膝蓋骨の自由度が極端に低下しています。

 

膝蓋骨の自由度は、イコール膝痛の軽減にも繋がる非常に重要な骨でもあります。

 

そしてここにもうひとつ要素を加えると、膝蓋骨が動く度に、「ゴリゴリ・ブチブチ」といったような音が鳴る時があります。

 

実はその音の正体は、膝蓋骨の動きが悪くなっている証拠なんです!!

膝蓋骨の音

 

膝蓋骨の上下には、膝の動きにとって非常に大切な組織があります。

その組織に癒着・滑走不良などが起きると、膝蓋骨が動く時に「ゴリゴリ・ブチブチ」といったような音が鳴ることがあります。

 

ということは、『音が鳴る=組織が硬くなりつつある』ということに繋がります。

 

もしくは、すでに組織が固まっているということになります。

 

もし膝蓋骨を動かした時に「ゴリゴリ・ブチブチ」といったような音が鳴っている方は、これから予防が必要になってくる可能性が高いですよ。

 

まとめ

 

 

膝を屈伸した時に音が鳴るのも、組織の動きが悪くなっている可能性がある一方で、膝の不安定性による要因が一番大きいです。

 

今回のお話しは、あくまで膝蓋骨“のみ”を動かし時の音に限ります。

 

膝を伸ばした状態で、膝を360度色々な方向に動かしてみてください。

特に上下に動かして音が鳴る方は、注意が必要ですよ。

膝に痛みがない方も音がたくさん鳴るかもしれませんねー。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

膝痛

【高齢者グループ募集】五月が丘公民館でストレッチ教室に参加しませんか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

五月が丘公民館で、「腰痛・膝痛改善ストレッチ(仮)」の定期的なグループ教室を開催予定です。

もし興味のある方は、一緒にストレッチしませんか?

五月が丘公民館

 

定期的なグループ(教室)にする前に、体験会を開催することになりました。

 

=====
日時:6月27日(月) 10:00~11:00
場所:五月が丘公民館
お問合せ:082-941-2121
=====

 

体験日で人数が集まれば、7月からは、毎月第4月曜日の10:00~11:00で開催していきます。

 

また内容的には、座ってできる腰痛・膝痛改善のためのストレッチなどをおこなっていきます。

なので、痛みで悩んでいる方にこそお越しいただきたい内容となっています。

 

公民館でのグループ活動の特徴

 

 

実は、公民館でのグループ活動にはある特徴があります。

地域の活動とは少し異なると思うので、是非読んでください。

 

公民館の教室は、地域の方々の『自主性』で成り立っているので、参加者の方は運営サイド(会計・連絡・部屋予約など)に必然的に関わらないといけません。

 

あくまで僕のポジションは、地域の方々が立ちあげた教室に呼ばれているという形になります。

(僕が運営サイドに係ることができません)

 

なので教室に参加したいと言われても、

 

「あの役やりたくないから教室には参加せんわ!」
「いつか役が回ってくると思うと嫌だ!」
「誰か仕切ってくれる人がおればねぇ!」

 

となかなか公民館では教室が成立することが難しいそうです・・・。

(成立してしまえば続くのですが、最初が一番難しい)

 

五月が丘公民館でも「やりたい!」と、15名程の方々から声が上がったのでグループ活動のお話しを頂いたのですが、蓋をあけてみれば最終的に残ったのはたったの4名・・・。

 

それではグループ運営ができません!!

 

最低7名は必要らしいので、あと3名。「役が回ってきても構いません」という方、是非この体験会にご参加お待ちしております。

 

公民館という身近な場所で運動ができる環境を作ってもご高齢な方々だけに「運動だけ」をしたい、「年齢的に役回りはできない」という方々が多く、どの公民館でのグループ活動は減ってきているそうです。

 

五月が丘公民館では、そこを変えていきたいという想いもあり、今回お話しを頂いたのですが、このまま閉鎖するのか?活動できるのか?まだ不透明なところです。

 

あと3名!ギリギリは参加者の負担が大きくなるので、あと6名!!

 

ご興味ある方は、ご参加お待ちしておりますね。

またはお近くにお住みのお友達やご両親に、お声掛け頂けると嬉しいです!!

 

まとめ  

 

 

一度人数が集まり、立ち上がればその後はだいたい安定していくんですが、最初の一歩がなかなか進まないものです。

僕としては、一人でも多くの方に運動の大切さを知って頂きたいんですけどね。

 

もしご興味ある方は、ご連絡お待ちしています。

またお友達やご両親など、五月が丘公民館のお近くに住んでいる方がいればお声掛け頂けると嬉しいです。

 

=====
【体験会日】
日時:6月27日(月) 10:00~11:00
場所:五月が丘公民館
お問合せ:082-941-2121
=====

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【なぜ】整形外科でもわからない痛みの原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

お客さんに言われるのが「整形外科に行っても湿布と痛み止めを処方されただけ」というパターン。

 

腰痛・膝痛に限らず、どこの痛みでもこういうパターンは意外と多いですよね。

その理由として、多くの整形外科は原因追及をしないということがあります。

 

原因不明の理由

 

例えば、腰痛。レントゲンやMRIで特に異常がなければ「湿布or痛み止め」が処方され「安静」と言われると思います。

 

つまり、痛む部位に異常がなければ、病院的には“とりあえず”痛みを抑える治療になってしまうんです。

 

このパターンは非常に多く、結局「原因不明」という形だけが残ってしまいます。

 

ですが、身体というのは複雑なもので、腰に痛みがあったとしても、原因は腰にはないと言うことなんてたくさんあります。

腰の痛みの原因が、膝・足首・首・肩にあったりと様々。

 

しかもそれらが複雑に絡み合い、痛みが発生しているなんてことも多々あるんで、難しいところです。

 

と、ここまで話してわかるように、痛みの原因は何も患部だけではないんです。

ですが、整形外科などでは、「患部のみ」を見て診断することが多いので、「原因不明」という診断になってしまうことが多いわけなんです。

 

原因不明でも諦めない

 

 

例え整形外科などで「原因不明」と診断されても症状が緩和する可能性は大いにあります。

実際に僕のお客さんの中にもそういう方は多くいます。

 

僕らの仕事の分類としては患部に原因がない中で、原因を探し治療していきますので、痛み軽減に繋がっていくんです。

 

当然ながら患部に異常(骨折・靭帯断裂など)があるのなら整形外科に行ってくださいね。

そこは僕らの治療範囲ではありません。

 

例えば、先日来られた腰痛の方。整形外科では「痛み止め」を処方されただけだったそうですが、よく見ていくと、原因は股関節にありました。

股関節の不調が腰に痛みとして出ていたんです。

結局この方は、腰をほぐすわけでもなく、股関節だけをほぐすだけで腰の痛みは綺麗に消失しました。

 

このように原因が何も患部だけではないんですよ。

 

整形外科で「湿布or痛み止め」のみの処方だけでも痛みは改善する可能性は大いにありますので、諦めないでくださいね。

 

まとめ

 

 

痛みは全てが患部が原因というわけではありません。

別のところに原因があり、結果的にそこが痛んでいることの方が多いです。

 

結果を見るのではなく、原因を探していきましょうね。

 

僕のところでも、できる限り根本の原因を探していきます。

一緒に病院に頼らない身体づくりをしていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

ケア

1 2 3 7