筋肉 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【原因】ロコモが腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今回はnoteに書いた記事をそのまま引用させて頂きます。

現在とても大切なことだと僕は思っているので、ぜひ一読ください。

noteは広島弁で執筆していますので、所々広島弁が出てきますがご了承くださいね。

ではどうぞ!!

 

ロコモティブシンドロームとは?

 

ロコモティブシンドロームとは、平成19年に日本整形外科学会が提唱した言葉であり、現在深刻な問題になりつつあると僕は思っている。

これは僕が何年も前から言っているし、ここ数年で加速しているとも僕は警鐘を鳴らしとる。

そしてロコモティブシンドロームを日本整形外科学会のHPを引用すると以下のような説明がされている。

 

=====

ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)は、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態を表す言葉です。

=====

 

と書かれとる。

現在自粛などが続き世界を脅かしているウイルスの影でロコモ(以下省略)はさらに加速を増しとると思う。

 

ロコモと腰痛

 

そしてさらにHPには、

 

=====

現在ロコモの人口は予備軍も含めて4700万人と言われています。ロコモに特に関係が深い疾患は、高齢者に多いひざ、こし、ほねの病気、つまり変形性膝関節症、変形性腰椎症、骨粗しょう症と考えられています。この調査によると、それぞれの病気の推計人口は、変形性膝関節症は2530万人、変形性腰椎症は3790万人、骨粗しょう症は1300万人となっています。この数字は、メタボの人口、すなわち高血圧(3970万人)、糖尿病(820万人)、脂質異常症(1410万人)に匹敵する数になっています。

=====

 

これは恐らく2010年頃のデータじゃろうと思う。

じゃけぇ今はこのデータよりか増えとるんじゃないんかと僕は予想しとるんよね。

そして上記の数値でよく見てほしいのは、変形性腰椎症がかなり多いこと。

『ロコモ=腰痛』と関連性が深く、現在は両方に注意が必要になってくるよ。

 

ロコモを予防するためには?

 

そしてHPの最後に、

 

=====

ロコチェックで運動機能の衰えを早めに察知して、ロコトレでロコモ予防に努めましょう。ロコトレは、スクワットや片足立ちを中心に、ウォーキングや水中歩行、水泳やテニス、卓球から太極拳、いろいろな運動を習慣的に続けるようにしたいものです。ずっと「自分の足で歩ける!」ことが、ロコモ予防の目標です。

=====

 

と締めくくられとる。ちなみにロコチェックって言うのはこれね↓↓

 

 

ロコモは1日で治るもんじゃないし、そもそも治る治らんという考えでもない。

整形外科学会のHPでも言っとるように「自分の足でずっと歩けること!」これが一番大切じゃと思うよ。

 

ちなみに最後に伝えとくと、体の機能(筋肉など)は衰えるのは異常に早いけど、それを戻すのには倍以上の時間が掛かる。

体は大切にすれば大切にするだけ応えてくれるんじゃけぇ、甘やかし過ぎずに適度に運動も取り入れていこう!

「まだ大丈夫よ!」は一番危険!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :         

ケア 腰痛

【腰痛】腰が痛くなる9つの原因とは?

 


 

腰痛で悩む方は日本全国でたくさんいます。

数字で見ると2800万人以上の方が悩んどるみたいで、4人に1人は腰痛持ち。

まぁこの数字がどんだけ正しいかわかりませんが、僕の予想では恐らくこの数字以上の方が腰痛で悩んでいると思います。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

数字が多かれ少なかれ腰痛と言うのは、人間にとって悩みの一種であることは間違いないはず。

人間は歩行するために腰が進化したので、腰への負担はその辺の動物よりか遥かに大きいんです。

なので腰痛で悩む方が多いのも納得する。

 

で人間にとって悩みの一種である腰痛の原因というは、多種多様に存在します。

それだけ人間の体は複雑にできとるってこと。

 

「ここを押せば治る!」とかはありえませんよね。

もし治ればそれはたまたまその方に合っただけで万人が治るとは限りません。

でも腰痛の原因を知っておかないと腰痛の治療ができないのも事実。

 

なので腰痛の方に多い原因を今回は大まかに種類分けしていきます。

あなたの腰痛はどのタイプに分けられますか?

 

=====

①筋肉の緊張
→筋肉が過剰に緊張することで痛みが発生する。(腰の筋肉とは限らない)

 

②筋肉の弱化
→筋肉が弱くなることで半来の力が発揮できず負担が掛かる。(腰の筋肉とは限らない)

 

➂関節の不動
→関節の可動範囲が狭くなり負担が掛かる。(腰の関節とは限らない)

 

④ストレス
→ストレスにより腰への痛みが増幅して感じてしまう。

 

⑤トラウマ
→過去のトラウマなどにより痛み感度が増幅してしまう。(病院で病名を診断されてもそれ自体がトラウマになることもある)

 

⑥内臓への負担
→臓器が弱るor働き過ぎで腰への負担が増える。

 

⑦栄養素
→栄養や水分など不足していくと腰への痛み感度は高まる。

 

⑧姿勢不良
→姿勢が崩れることで腰への負担は高まる。(解剖学的肢位から離れるほど負担増)

 

⑨重心移動の弱化
→体の軸がブレやすくブレた際の重心移動がうまくできないと腰への負担は高まる。

 

=====

 

の9つかな。この9つは僕の中では多く見る原因です。

あなたがどの原因に当てはまるかわかりませんが、恐らくこの9つのどれかに当てはまっていると思います。

まずは原因を知り治療していこう!そうすればあなたの腰痛は楽になっていきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛

【コツ】トレーニングをする時はこれを意識しよう!

 


 

僕のトレーニングは自重でのトレーニングが基本になります。

自分の体を自分の筋力で支えられることが痛みのない体を作るには大切だからです。

そしてその時に一番大切にしてもらいたいことがあります。

これが抜けてしまうと効果が半減になることも!?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたはトレーニングの時ちゃんとできていますか?それが、

 

=====

鍛えている部位を意識すること

=====

 

なんです。これが出来ているいないで効果は何倍も変わってきます。

 

例えばお尻を鍛えたいのに、意識はふくらはぎにあるとしましょう。

極端な例ですがこの場合、フォームが悪いという可能性が一番にあがります。

次いで、お尻を使う感覚自体がわからない。

 

まぁ多くはフォームなんですけどね。

微妙な角度で効く筋肉は変わってきますから。

 

でお尻を鍛えたいのにふくらはぎに力が入ったり意識がある場合、そのトレーニングは無意味になります。

だって本来鍛えたい場所と違うんですから当たり前ですよね。

 

こういう間違いが起こってしまうからトレーニングの時は意識がめちゃくちゃ大切なんです。

ただ見様見真似でやっていては損しているかもしれません。

それは勿体ない!!

 

ってことで今自分が鍛えている部位ぐらいは意識できるようにしていきましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

トレーニング

【YouTube】自粛期間中は自宅で運動を取り入れよう!

 


 

広島も緊急事態宣言が延長されましたね。

それに伴い、高齢者向けのグループレッスンも中止になったとこもあります。

ということは、必然的に運動する機会が減ったということになります。

あなたは自粛中の運動はどうされていますか?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

長期間の自粛明けで一番怖いのが、体力の低下です。

去年初めて緊急事態宣言が発令され、自粛明け1発目の高齢者向けのグループレッスンは目を疑いました。

もうね、体力筋力が目に見えて落ちているんですから。

 

例えば、今までスクワット10回出来ていたのに、5回もできるかどうかって体力までになっていたり・・・。

いやー数ヶ月自粛するだけでこんなに体力って落ちるんだ!って僕は衝撃でしたよ。

びっくりしました。

 

緊急事態宣言が発令されてはいますが、本当に今できることをやってほしいなと僕は個人的に思います。

その差が後々大きな影響を与えそうですよ。

 

ってことで最近はYouTubeを見ながら運動する方も増えているらしいです。

ちなみに僕もYouTubeやっています。

 

もし自粛中で運動不足かな?と感じているのなら僕のYouTubem覗いてみてください。

腰痛や膝痛、肩こりなどに効果的な運動やストレッチをご紹介していますので。

自粛中になるべく体力が落ちないように頑張りましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

腰痛

【肩の痛み】上腕二頭筋(力こぶ)をほぐして痛みを改善!

 


 

肩の痛みがある人は、肩だけを見るんじゃなくて上腕二頭筋(力こぶ)の固さも見ていこう。

ここが固いと肩が痛くなるんです!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

肩の痛みの原因は、肩の筋肉にあることはもちろんあります。

ですが、上腕二頭筋にあることも多々あるんですよ。

実はこの筋肉は、肩の関節まで繋がっています。

 

 

こんな感じです。

肘~肩(肩甲骨)まで繋がっているのがわかると思います。

なので上腕二頭筋の固さも肩の痛みに繋がっていくわけです。

 

もしなかなか肩の痛みが改善しない場合は、ここの筋肉をほぐしてみましょう。

痛みが徐々に取れていく可能性が高いですよ。

 

ほぐし方は簡単で、力こぶをつまみながら引っ張り、揺らすだけです。

肘近くなのか、肩近くなのかわかりませんが、肩に痛みがあるんならどこか痛い場所があるはず。

そこをしっかりとほぐしていきましょう。

 

肩の上げ下げが楽になりますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

ケア

【疑問】なぜ腰痛なのに運動が必要なのか?

 


 

「腰が痛いんならマッサージでしょ!」

と思われるかもしれませんが、選択肢はそれだけじゃありません。

絶対的に運動も必要なんですよ。

その理由を説明しますね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

確かに腰痛にはマッサージなど整体が必要なケースもあります。

ですがその逆のケースもあるわけです。

 

運動が必要な理由とは?

 

そもそもですが、腰痛には大きく分けて2パターンあります。それが、

 

=====

腰が動き過ぎて腰が痛むパターン

腰が固すぎて腰が痛むパターン

=====

 

です。主にこの2つでしょう。

このパターンで説明すると治療において、腰が固い場合はマッサージが必要で、腰が動き過ぎな場合は運動が必要になります。

 

究極を言ってしまえば、どちらのパターンでもマッサージ・運動は必要不可欠なんです。

その理由として、

 

=====

動き過ぎ→腰が不安定なので安定させる筋肉が必要かつ不安定要素をほぐす必要がある

(※腰が動き過ぎ=腰以外の場所が固すぎるので、腰は鍛え、その他をほぐす必要がある)

=====

 

っていうパターンと、

 

=====

固過ぎ→固まった腰の筋肉をほぐしかつ弱まった筋肉を鍛える必要がある

(※腰が固過ぎ=腰以外の筋肉が弱く腰の筋肉が過剰に頑張るので、腰はほぐし、その他を鍛える必要がある)

=====

 

というパターン。つまりどちらもバランスが必要になってきます。

だからほぐして終わりってことはなく、運動もプラス取り入れることで腰痛予防にも繋がるし、改善にも繋がってくわけですね。

 

運動は腰痛にとって一石二鳥の効果がある

 

揉めば終わりではなく、ほんの少しでいいので運動も取り入れると改善率が飛躍的に上がってきます。

(僕のトレーニングは特にダンベルなどは使わず、シンプルに自分の体を動かすだけなので何歳でもできます)

 

「腰痛をくり返すんですよね」「なかなか腰痛が改善されないんよね」

って方は、一度運動も取り入れてみてください。

効果を実感できると思いますよ。

 

ただ注意してほしいのは、ちゃんと適切な筋肉に運動を取り入れることです。

腰の筋肉が固過ぎて腰が痛いのに、固くなった腰の筋肉を運動しても逆効果になることもあります。

(余計に固まり腰痛悪化・・・)

 

正しい選択をし、運動していくとより効果倍増!!

もし分からなければお近くの専門家に聞くか、僕にご相談くださいね(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛

【リスク増】座る時間が増えると死亡率が40%上昇!?

 


 

あなたは1日の間にどれぐらいの時間座っていますか?

実は座っている時間が増えるほど病気になるリスクも増えるんです!!

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

あるデータによると日本人は1日になんと平均7時間も座っているそうです。

この数字を見て「多いな~」と思うのか「少ないな~」と思うのか。あなたはどっちでしたか?

僕的には「結構多いね」って感想です。

 

 

でもよく考えたらデスクワークしている人なんかもっと時間としては多いはずです。

さらに通勤が公共機関で座れるのなら尚更。

その場合、仕事→8時間・通勤→1時間・自宅→15時間(ほぼ立って過ごすことはないでしょう)になり、ほぼ24時間立っていません(笑)

 

 

立つのは、仕事の合間の移動・自宅~駅まで・自宅内の家事程度でしょうか。

一体24時間の内、何時間立っているのでしょうか?

なんかこのブログを書きながら恐ろしく思えてきました(笑)

 

 

そして座りっぱなしであれば、筋肉は全く使わなくなり衰えていきますよね。

データでも如実に表れています。

 

 

そして病気になるリスクも、

 

 

11時間を超えると死亡リスクが40%も上昇する!?とまで言われています。

しかも運動してもダメだとも言っています!?

筋肉が衰え、死亡リスクも増すなんて嫌ですよね。

でもさらにさらにこんなデータもありました。

 

 

がん発症のリスクまで上がる!?

うーんこれは僕的にはよくわかりません。

がんは食べ物などもあるでしょうし、年々発症率自体が上がっているので座っている時間が長いからと言われても僕的にはピンときません。

でもそういったデータはあるそうです。

 

 

まぁでもどこを探しても座っりぱなしは健康であるといったデータは見つかりませんでした。

百害あって一利なしとはこのことです。

 

 

座っている時間を減らしていきましょう!

健康のためにもね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛

【メリット】運動をすることで筋肉が固くならない!?

 


 

運動してますか?

実は運動には、健康になるだけじゃなくて筋肉の癒着を防いでくれる効果もあるんですよ。

筋肉が癒着(ゆちゃく)すると腰痛・膝痛など様々な痛みに繋がりやすいから注意が必要なんですよね。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

筋肉は近くの組織(筋肉・靭帯など)と癒着することがあります。

癒着すると筋肉がうまく働かなくなり、動きに制限がでることだってあるんですよ。

 

 

特に膝や肩なんかは癒着の多い場所でもあります。

肩が上がらなくなったり、膝が曲がらなかったりするでしょ?

その期間が長ければ長いほど、癒着している可能性が高いし、癒着を改善するのが困難になってきます。

 

 

だからこそなるべく早めの対応が必要になってくるんです。

そこで、大切になってくるのが、

 

 

運動

 

 

なんです!!!

癒着が発生する場所って基本的にその部位を動かしていないってことが多い。

なので日頃からあらゆる関節をしっかりと動かしておくことが重要なんです。

 

=====

痛みが出る前に予防しておくこと。

痛みが出ても動かしていいのなら動くこと。

=====

 

本当に運動って大切です。

今は昔に比べ運動量が明らかに減っています。

だからこそ時代に合った運動を選択すべきなんです。

 

 

ジムに行くなり、教室に通うなり、散歩するなり、

自分で運動の選択をしていきましょう!

 

 

そしてあらゆる関節をしっかりと動かしてあげてくださいね。

痛みが出る前に(^^)/

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

ケア

【ストレッチ】前屈ができない原因は股関節!?

 


 

「体が固くて前屈が全然できません!手が床に届きません!」

と言う声が多数寄せられています(笑)

まぁ正直前屈が柔らかい=良い(腰痛知らず)というわけではないんですが、固すぎるはあんまり良くないですよね。

ではなぜ前屈ができない人とできる人がいのか?その差を見ていきましょう!

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

前屈ができない原因として、筋肉の固さは当然あります。

ですがその前にある原因があるんです。

それが【股関節が曲がっていない】ってこと。

 

 

「どういうこと?」

まずは写真を比べてみましょう。

 

 

どうですか?わかりますか?

見てほしいのは股関節の曲がり具合ですよ。

ココです!ココ!!

 

 

全然違うと思います。

実はここが曲がるか曲がらないかが原因なんです。

なので前屈以前に股関節を曲げる練習をする必要があります。

そこで有名なのがジャックナイフストレッチ

 

 

股関節を曲げることを習得できるので有効なストレッチのひとつだと僕は思います。

もし前屈ができない!って悩んでいる人は前屈をする前にこのストレッチをしてみましょう。

すると前屈ができていくようになりますよ(^^)

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

ケア

【足ツボ】腰痛にも効果的な足裏マッサージの方法

 


 

足ツボマッサージ気持ちいいですよね。

僕は結構好きです。

さて今回はそんな足ツボマッサージの中でも腰痛に効果的な場所をお教えしますね!

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

最初に伝えなければならないことがあります。

それは「僕はツボを勉強していません!」ってこと(笑)

なので今回はツボ目線でなく、解剖学目線で腰痛に効果的な足ツボを見ていきます。

 

腰痛に効果的な場所とは?

 

全体的にマッサージしてもらうかなり気持ちいいんで、全体的にやってほしい。

でもその中から腰痛にとくに効果がある場所はココなんです!!

ココを中心にしっかりとマッサージしてもらいましょう!

 

 

赤丸の部分。内側部のアーチ(土踏まず)のとこですね。

腰痛の方はここがめちゃくちゃ固いので、ここをゴリゴリとマッサージするといいですよ。

しっかりやれば足とかすぐに上げやすくなります。

 

 

「なんていうツボなんですか?」

えっ!?ツボの名前は知りません(笑)

さっきも言ったようにツボ勉強していないので・・・。

ですが解剖目線で言えば、

 

 

右下にある赤丸。

脛骨神経と言い、坐骨神経と繋がっています。

坐骨神経は腰と大きく関係する神経なので、坐骨神経と繋がっている脛骨神経をマッサージすることは有効なんです。

 

 

で写真の黄色い線が神経の走行です。

脛骨神経が土踏まずの方まで走っているのがわかると思います。

この脛骨神経の関係で、先程お伝えした場所をマッサージするといいですよってことです。

 

 

でさらに言うと、土踏まずのところには関節があります。

この関節を動きやすくするともっと腰痛に効果的なんです。

 

 

横長の赤丸部分。ここをぞうきんを絞るように動かすともっと効果が上がります。

でここの関節をよく見ると、(左下赤丸)

 

 

脛骨神経と繋がっている、内側足底神経・外側足底神経が通っているではありませんか!!

坐骨神経は名前を変えここまで繋がっているんですね。

(坐骨神経→脛骨神経→内側/外側足底神経)

 

 

腰痛は方は、結構な確率で固い場所です。

痛いと思いますが、しっかりとほぐしてみてください。

効果はありますから(^^)

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

1 2 3 9