広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

椅子から立ち上がる時に腰が痛む原因

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

椅子から立つと痛い腰

 

「よっこいしょっ!」

 

 

椅子から立ち上がろうとすると

 

 

「イテテテテ・・・・」

 

 

と腰をトントン。

 

 

 

 

一息つけば痛みも引き、スタスタ歩けるんだけど・・・

 

 

あなたもそうですか?

 

 

体が固くなった感覚があって、固まった筋肉を無理やり動かす感じ。

 

 

今回は、「なぜ腰が痛くなるのか?」ついて書いていきますね(^^)

 

 

もし悩んでいるのなら少しお時間ください。

 

 

痛みの原因はどこ?

 

 

まずは、「なんで痛くなるか?」について分けて解説していきます。

 

 

原因はいくつかあります。

 

 

①姿勢不良

②腰の筋肉の低下

③股関節の動きが悪い

④股関節の筋肉の低下

 

 

他にもあると思いますが、この4つは多いはずです。

 

 

なので、今回はこの4つに絞って1つずつお話を進めていきますね。

 

 

姿勢不良

✅座っている姿勢が悪い→極端な猫背

✅姿勢をよくし過ぎ→過剰な美姿勢

 

 

ここは深く説明しなくてもイメージできますよね。

 

 

まず極端な猫背になると、

 

 

・首が前に出る

・肩が巻いてくる

・背中が丸くなる

・足が開いてくる

・上半身が前に倒れている

 

 

という特徴が出てきます。

 

 

この特徴はすべて腰に負担を掛ける姿勢なんです。

 

 

この姿勢が続けば、座っている時間すべて腰に負担が掛かっているってことになります。

 

 

長時間になればなるほど、腰は痛くなるのが想像できると思います。

 

 

 

 

腰の血行も悪くなり、一時的に酸素不足状態です。

 

 

動けば血液も巡っていくので、酸素もいきわたります。

 

 

これが立ち上がった時だけ痛くなる原因です。

 

 

逆に姿勢をよくし過ぎるのもダメなんです。

 

 

無理に力を入れている状態が続くので、筋肉は疲労していきます。

 

 

 

 

それに基本的な姿勢(力のいらない無理のない姿勢のこと)からかけ離れていきます。

 

 

猫背でも基本的な姿勢と離れていますが、過剰な姿勢でも同じことなんですよね。

 

 

どちらにも気を付けていきましょう!

 

 

腰の筋肉の低下

腰を支えている筋肉→多裂筋の低下

 

 

先程の“極端な猫背”の延長線上のお話しになります。

 

 

極端な猫背では、腰は丸まってますよね。

 

 

そうなると腰を真っすぐに支えている筋肉である「多裂筋(たれつきん)」が弱くなります。

 

 

 

 

機能しなくなれば腰を支えることができなくなるので、余計に腰は丸くなっていきます。

 

 

つまり、どんどん姿勢も悪くなっていくってことです。

 

 

 

 

多裂筋を働かせていれば、座ったときの負担は多少なりとも軽減していきます。

 

 

この筋肉を使えるようにすることが大切になってきます。

 

 

股関節の動きと筋肉

✅股関節の動きが狭い→腰が股関節の代償を受ける

✅股関節の筋肉低下→角度によって腰を支えられなくなる

 

 

股関節はまとめて説明していきますね。

 

 

まず動きなんですが、腰ってそもそも動きにくいところなんです。

 

 

最初の姿勢の話に戻りますが、その中に

 

 

“上半身が前に倒れる”

 

 

とあったと思います。

 

 

今、上半身を前に倒してもらったらわかると思うんですが、腰ではなく股関節が曲がっていきますよね?

 

 

“腰ではなく股関節が曲がっている”っていうのがポイントになります。

 

 

 

 

股関節の動きが悪いと、上半身が前に倒れた時に腰が頑張って曲がろうとするんです。

 

 

だって他に曲げようがないから。

 

 

ちなみに、股関節だけでは“125度”までしか曲がりません。

 

なので、125度までは正常に動かないと腰に負担が掛かるってことですね。

 

 

腰は普段曲がらないところなのに、股関節の動きがわるいせいで、余計に頑張る必要がでてきます。

 

 

そうなれば腰は疲労困憊でダウンします。

 

 

続いて、股関節の筋肉については動きと混合していきます。

 

 

股関節周りには複数の筋肉が存在するんです。

 

 

この筋肉たちは、股関節の角度によって働き方が変わっていくんですね。

 

 

つまり、真っすぐに立っている時と座っている時とでは、同じ筋肉でも働き方が変わるってことです。

 

 

極端な話、内股に働く筋肉が角度によってはガニ股に働く筋肉に変身するって感じです。

 

 

イメージ湧きますかね?(^^;

 

 

働き方が真逆になるってことです。

 

 

働き方改革ですね。笑

 

 

なので適切に筋肉が使えていないと、角度による働き方改革も通用しないんです。

 

 

(※正確には筋肉だけではなく股関節の位置も重要なんですが)

 

 

そうなってくると、股関節がうまく動かなくなるんです。

 

 

特に、曲げる時に動きにくくなります。

 

 

「おっ!ってことは!」

 

 

と思ったあなたは勘が鋭いですね。

 

 

そうです。

 

 

腰が頑張り過ぎるようになるんですよね。

 

 

股関節は動きも筋肉もどちらが欠けてもダメなんです。

 

 

まとめ

 

 

①姿勢不良

→極端な猫背・過剰な姿勢

→腰の筋肉の血行不良

 

②腰の筋肉の低下

→多裂筋の低下

→腰を支えれなくなる

→腰が丸くなっていく

 

③股関節の動き・筋肉

→股関節を曲げれなくなる

→腰が代償を受け続ける

→腰が疲労困憊

 

 

この3つを変えていけば、痛みは変わってくるかもしれません。

 

 

他にもポイントはありますし、人によって原因は大きく変わります。

 

 

まずは、原因を知ることが改善に繋がっていきます。

 

 

これでも痛みが減らないよって方は、いつでもお聞きください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :        

トレーニング

腰痛の方は、筋肉の血行不良からの酸素不足が原因!?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰は酸素不足!?

 

酸素足りていますか?

 

 

「当たり前でしょう!」と思われたと思います(^^;

 

 

酸素なければ生きていけませんもんね。

 

 

でも今回は、「腰痛の方は酸素不足」というお話をしていきますね。

 

 

ただ呼吸での酸素不足というのではないですよ(^^;

 

 

筋肉の酸素不足のお話しです。

 

 

そもそもですが、筋肉には血液が流れていますよね。

 

 

 

 

その血液が各部位に酸素を運んでいます。

 

 

その酸素供給が何かしらの原因で酸素不足になれば痛みに繋がりやすくなります。

 

 

その中でもよくある酸素不足の原因は「運動不足」です。

 

 

運動不足と言っても、ただ単に運動してねってことではないんです。

 

 

腰痛の場合、腰の筋肉の運動不足だよってことなんです。

 

 

腰が痛いからと言って、いくら肩を回しても腰痛はよくなりませんよね。

 

 

それでは腰の筋肉には酸素が回らないからです。

 

 

腰自体の酸素不足の解決にはなっていませんよね。

 

 

そういうことから時には腰痛の方こそ、腰周りを動かすことが大切です。

 

 

酸素不足でなんで痛みに?

 

 

ではなぜ、酸素不足になると痛みに繋がるのか?についてお話ししますね。

 

 

酸素不足になるとある痛み物質が発生してしまうんです。

 

 

それが、

 

 

ブラジキニン

 

 

という痛み物質です。

 

 

他にも痛み物質に、ブラジキニン・セロトニン・ヒスタミン・アセチルコリンなどありますが、その中でも強いのがブラジキニンです。

 

 

そのブラジキニンに、ポリモーダル受容器(痛みを脳へと伝える)が反応して痛みと感じているんです。

 

 

これが酸素不足からなる腰痛の原因です。

 

 

何度もでてきたブラジキニン。

 

 

逆を言えばこの物質を出さないようにすれば、痛みは抑えられるということです。

 

 

つまり、酸素不足の原因である「筋肉の運動不足」を解決していけばいいんですよ。

 

 

安静は最悪

 

 

ここまで読んで頂いたあなたは痛みの原因を理解して頂けたと思います(^^)

 

 

そこでお聞きするんですが、痛みがあるときの安静は有効ですか?

 

 

有効じゃないですよね。

 

 

もちろん痛みの程度にもよりますが、大半が安静は無意味です。

 

 

だって筋肉に酸素送らないといけないですからね。

 

 

積極的に痛みのある筋肉を動かして、酸素を送ってブラジキニンを出ないようにしましょう!

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア 腰痛

腰痛対策にはマッサージよりもトレーニングが1番大切

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛対策にはトレーニング

僕の中では、腰痛対策はやっぱりトレーニングが1番有効なんだと感じています。

 

 

さらに腰痛に限らず、身体の痛み全般的にもトレーニングが有効だと思うんです。

 

 

僕は学生時代、腰痛を含め多くの怪我をしてきたんです。

 

 

その時対処として積極的にやっていたのは、整体「だけ」だったんですね。

 

 

痛みがあれば整体へ行き、また痛みがあれば整体へ行きの繰り返し・・・

 

 

今思えば、積極的にトレーニングもしていればよかったなと後悔しています。

 

 

あなたにも僕みたいに後悔してほしくないんで、トレーニングの大切さを少しでもわかってもらえたらなと思います(^^)

 

 

 

 

年齢を重ねれば筋肉が落ちるのはもちろんなんですが、身体の使い方によっても筋肉の落ち方は変わってきます。

 

 

よく使う筋肉は強くなるし、あまり使わない筋肉は弱くなるってことですね。

 

 

この筋肉の強さの差は誰にでもあるんですが、その差がひどい程痛みに繋がるんです。

 

 

差が広がれば、筋肉のアンバランス以外にも関節の不安定性にも繋がります。

 

 

そうなれば関節も動かしにくくなるし、動かすと痛みが出るんですよ。

 

 

痛みが出れば動かしたくないですよね。

 

 

でも動かさなければもっと筋肉は落ちますよね。

 

 

同時に筋肉の強さの差も広がります。

 

 

そうならない為にも、弱い筋肉は鍛えること!が大切になります。

 

 

そして筋肉の強さの「差」をなくしていくんです。

 

 

だからトレーニングが1番大切なんですね。

 

 

マッサージだけでは、「鍛えること」が不足しているんで最終的な改善には繋がりにくいと僕は思ってます。

 

 

腰痛を改善する!はたまた痛みを取る!ってことに関しては、

 

 

『トレーニング』

 

 

を忘れたらダメなんですよ。

 

 

避けがちだと思うんですが、避けないでくださいね(^^;

 

 

少しずつでもいいんで、頑張ってみてください。

 

 

実感できると思いますよ!

 

 

後悔しない為にもトレーニングしましょう(^^)

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

トレーニング

太ももの前と後ろの筋肉を伸ばして腰痛予防(ストレッチ編)

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

太ももの筋肉を伸ばす!

太ももの前と後ろには骨盤に繋がる大きな筋肉があるんです。

 

ここが固いと骨盤を強烈に前に後ろに引っ張ります。

 

すると、腰への負担が倍増するんです。

 

 

極端に言えば、

 

太もも前(大腿四頭筋)が固くなれば、反り腰に。

 

太もも裏(ハムストリングス)が固くなれば、丸い腰に。

 

になりやくなります。

 

多くの腰痛の方は、このどちらかの筋肉が固くなっているのが目立ちます。

 

例えば、前屈。

 

 

この前屈、指が床まで届きますか?

 

これは太ももの裏の筋肉が固いことが原因で前に屈めないんですね。

 

太もも裏だけじゃないんですが、そこは今回は置いておきます(^^;

 

前屈、あなたはできますか?

 

筋肉はカチカチに固まっているよりも、多少は柔らかい方が腰のためにいいです。

 

少しは柔らかくしておきましょうね。

 

仮に、筋肉が固いままでは日常生活内での負担が大きくなります。

 

さっきの前屈で言えば、家事ではよくある動作ですよね。

 

これを繰り返していれば、腰への負担も増えていきます。

 

詳しく説明すると、写真のような前屈自体が腰への負担が大きいので間違った前屈ですが、これはまた今度説明します。

 

とにかく少しでも筋肉は柔らかくね。

 

腰への負担変わりますよー(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア

腰痛改善のためにもお腹は柔らかい方がいい理由

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善のためにもお腹は柔らかくね

僕、ご飯食べるとすぐお腹出るんですよね。

 

この間なんか、おいしいご飯をたくさんご馳走になって妊婦さん並にお腹膨れ上がってましたから(^^;

 

そんなとき、お腹はパンパンでカチカチです。

 

まぁそれと今からお話しする固さは違いますけど・・・笑

 

さぁ本題に入りますね。

 

腰痛の方もそうですが、全般的に体のためには僕はお腹は柔らかい方がいいと思っています。

 

柔らかいっていうのは、「脂肪がついて柔らかい」って意味じゃないですよ。

 

 

純粋にお腹自体が柔らかいってことです。

 

脂肪ではなく筋肉ってことですね。

 

固い方って本当にカチカチなんですよ。

 

触ってびっくりします!!

(そんな方は稀なんですけどね(^^;)

 

じゃあなんで固くなったり、柔らかくなったりするんでしょう?

 

お腹の柔軟性

 

ここで僕が言う柔軟性っていうのは、前屈ができます!とかの柔軟性じゃないです。

 

純粋にお腹に触れてみて柔らかいかどうかってことですよ。

 

じゃあなんで柔らかさに差が出るんでしょうね?

 

お腹の固さの原因としては、

 

①姿勢の崩れ

②腰の筋肉の過緊張

③肋骨の柔軟性不足(呼吸浅い)

④太ももの柔軟性不足

⑤ストレス

 

があります。

 

原因はこの5つだ!ってわけじゃないですが、割かし多いと思います。

 

簡単に説明していきますね。

 

①と②は同じような理由です。

 

細かく言えば違いますが割愛しますね。

 

姿勢の崩れで例えますが、姿勢が崩れると筋肉の使われるバランスが偏ります。

 

 

外側が強くて、内側が弱いみたいな感じですね。

 

そうなるとですね、筋肉自体に強い弱いがはっきりしていきます。

 

その強弱のせいで、姿勢のバランスを保とうとお腹の表面ではなく中の筋肉が頑張り始めます。

 

結果、常にお腹の中の筋肉が頑張り過ぎて柔らかさが失われるということですね。

 

次いで、③と④の柔軟性不足についてお話ししていきますね。

 

ここもまとめて話しますね。

 

お腹の近くにある部分が肋骨と太もも(骨盤含む)ですよね。

 

 

近いならここの柔軟性が低下すれば、お腹が影響しそうじゃないですか?

 

そもそもお腹の筋肉って「骨盤」「肋骨」に付着しているんですよね。

 

 

ということは、付着している部分に柔軟性がなければ、お腹の筋肉も柔軟性が発揮しにくいと言えますね。

 

結果、お腹の柔らかさは失われますよね。

 

最後に⑤のストレス。

 

これは結構いるんですよね。

 

自律神経の影響をお腹は受けやすいんです。

 

なんで、ストレスを強く感じている時なんかお腹が固くなりやすいんですよ。

 

緊張してお腹が緩くなったりもしますよね?

 

緊張して太ももが緩くなったとは聞いたことないです。笑

 

ものすごい緊張している場面で、お腹を触るといつもより固いかもしれません。

(まだ緊張の場面で試したことはないので、試したことある方本当にそうなるのか教えてください)

 

常にストレスを感じるような生活をしていれば、お腹の柔らかさは徐々に失われていきます。

 

以上が簡単ですが、お腹が固くなる5つの理由になります。

 

あなたのお腹は固いですか?

 

基準がないとわからないと思うんで、ご家族やお友達のお腹も触ってみてください。

 

誰が一番固いですかね?笑

 

その方は腰に痛み感じていますかね?

 

逆に柔らかい方は腰痛ですか?

 

固いと腰痛?

 

「理由はわかりました。じゃあなんでお腹が固いと腰痛になるんですか?」

 

と思われたと思います。

 

 

「お腹が固い=腰痛」はなんで?ってなりますよね。

 

今までの説明で言えばですね、お腹が固いということは5つの原因があるということになりますよね。

 

そもそもですが、この5つの理由だけでも腰への負担が大きくなっているんですよ。

 

結果そのせいで、腰痛になりお腹が固いんですよってことです。

 

逆に、5つの理由はないのにお腹だけがカチカチに固いとします。

 

そうなればそのカチカチのお腹が5つの原因を作るきっかけになってしまいます。

 

もちろんですが、5つの理由があったとしてもお腹が柔らかい方は中にはいますよ。

 

お腹が固くなる方の割合が僕が経験した中でも多いってことです。

 

まとめると僕は腰痛改善のためにも柔らかいお腹の方がいいですよ!ってことです(^^)

 

お腹は柔らかく~

 

呼吸もしやすくなりますよ!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

ケア 腰痛

腰痛を改善するために姿勢を維持する筋肉を鍛えよう!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善の一歩は姿勢から

「姿勢」という言葉を聞くとピシッとしませんか?

 

僕は学生時代よく「猫背だね」って言われていました(^^;

 

言われる度にとピシッとしてた側です。笑

 

今は、講演会などに呼ばれたときに必ずと言っていいほど「いい姿勢とは?」と話します。

 

そのとき座って聞いている参加者のみなさん「姿勢」という言葉に反応してピシッとするんですよね。

 

大勢のみなさんがやると前で見ている僕は面白いです。笑

 

さて、みんなピシッとなる姿勢についてお話ししていきますね。

 

姿勢プラス、繰り返す腰痛を予防するための第一歩だと思って読んでくださいね。

 

姿勢の基本

 

姿勢には色々なタイプがあります。

 

その基本の筋肉を教えますね。

 

 

この写真に書いてあるのが姿勢に必要な筋肉たちになります。

 

なんか難しい名前が書いてあるのでよくわかりませんよね(^^;

 

【黒字(左)が体の前の筋肉・赤字(右)が体の後ろの筋肉】

 

と思ってもらえたら大丈夫です。

 

これらの筋肉が僕たちの姿勢を維持するために働いてくれてる筋肉たちなんですよ。

 

この筋肉のバランスが崩れることによって「猫背」などになってしまいます。

 

さらに、崩れることで疲労しやすい筋肉もでてきます。

 

その疲労などが蓄積することで「腰痛」にも繋がるんです。

 

腰痛になってしまう方の多くは姿勢も崩れ気味なんですよ。

 

そして、筋肉のバランスもそうですが、筋肉も落ちているんです。

 

で話は戻りますが、筋肉の名前を黒と赤にしたのは前と後ろ以外にも理由があります。

 

実はこの中に、弱りやすい筋肉って言うのもあるんですよ。

 

それが、赤の筋肉たちです。

 

 

つまり後ろの姿勢を維持する筋肉たちですね。

 

猫背で想像してもらうとわかりやすいと思います。

 

赤字で書いてある後ろの筋肉が弱くなったのが原因で背中が丸くなっていきます。

 

背中を真っすぐに引っ張れなくなったということです。

 

 

前と後ろのバランスも崩れた結果ですね。

 

ということは猫背で悩んでいるのであれば、後ろの筋肉を鍛えないといけないということになります。

 

もしあなたが姿勢で悩んでいるのであれば、この筋肉のどこかが弱り、バランスを崩している可能性が高いですよ。

 

そして、腰痛に悩んでいるのであれば尚更です。

 

「何を鍛えればいいんだろう?」と悩んでいるんだったら、まずは姿勢を維持する筋肉を鍛えてみましょう!

 

どんどん体が変わっていきますよ(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

姿勢

腰痛を我慢してはいけません。その理由教えます。

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛は我慢してはいけない

僕の周りにも本当に多いんですが、痛みを我慢する人って多くないですか?

 

特に発症率の多い「腰痛」は多いんです。

 

「この程度ならまぁいっか」とか「痛いけど仕事しなくちゃ」とかね。

 

痛みを我慢して仕事をしたりしてしまうんですよね。

 

 

そんなことないです?

 

少しでも心当たりないですか?

 

もしくは、経験したことないですか?

 

我慢してはいけない

 

そこまでは、よくあることだと思うんですよね。

 

結構の方がそうだと思います。

 

では、なんで我慢してはいけないのか?ですが、理由はシンプルです。

 

腰痛→我慢→動きたくなくなる→筋肉低下→痛みが慢性化→動きたくなくなる→筋肉低下・・・・

 

というサイクルになってしまうからです。

 

僕の考えですが、腰痛は筋肉の低下が大きな原因です。

 

それを助長させるサイクルになっていますよね。

 

このサイクルに入ると、マッサージに頼りたくなります。

 

 

理由は簡単で、動かなくていいからです。

 

別にマッサージ自体を否定しているわけではないですよ。

 

僕もトレーニングの中にマッサージなど取り入れていますからね。

 

でもマッサージだけだと、痛みの追いかけっこになってしまうんですよね。

 

それだけは避けてほしいと僕は思うんですよね。

 

その追いかけっこをしている間、あなたの体はどんどん筋肉が落ちているんです。

 

先程も言ったように、腰痛の原因の多くは筋肉の低下です。

 

筋肉が落ちていけば、痛みとの追いかけっこは永遠に続きます。

 

追いかけっこを何年もしていると年齢も重ねていきますよね。

 

 

年齢とともに筋肉は落ちていくのは知っていると思います。

 

この図は筋肉の落ちるスピードを表しています。

 

筋肉が「加齢で落ちる+腰痛で落ちる」の2段階となってしまいます。

 

つまり、筋肉の落ちるスピードが倍増するということです。

 

倍増は言い過ぎかもしれませんが、落ちるスピードは確実に違います。

 

腰痛を我慢しない

 

これに尽きます。

 

「まぁいっか」で済ましていると、いずれ代償があらわれます。

 

そろそろ痛みの追いかけっこを止めませんか?

 

トレーニングなどしてまずは体を動かしましょう!

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

あなたのその腰痛の原因と改善方法とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の原因と改善方法

その腰痛に原因があるのならば、改善方法もあるはずですよね。

 

痛みが出てしまった原因が。

 

 

もちろんですが、その原因は人それぞれ違います。

 

ということは、改善方法もひとつではないということですよね。

 

でも実は、腰痛で悩んでいる方の原因には特徴があるんです。

 

それは、筋力の低下です。

 

多くの方の原因がこれに当てはまります。

 

何度も腰痛をくり返しているあなたの腰痛は、ここを改善しないといつまで経っても改善しないかもしれません。

 

 

人によってはマッサージなどで改善するかもしれませんが、すぐに痛みが戻っていませんか?

 

それは、筋力が落ちているから腰への負担が減っていないんです。

 

今まで通りの日常生活を過ごせば、痛みも戻るってわけです。

 

つまりですね、マッサージなどをしてもいいんですがその後、筋トレが必要ってことです。

 

そうしないといつまでたっても腰痛は改善しません。

 

 

筋肉は年齢とともに落ちていきますよね。

 

「20代の頃は、痛みなんて感じなかった」

 

よくお客様などから聞きます。

 

これは筋肉がまだあった証拠ですよね。

 

50代辺りから著しく体力も落ちていませんか?

 

なのに、マッサージだけで改善できるでしょうか?

 

筋肉も必要なはずですよね。

 

もちろんですが、闇雲に筋肉を鍛えればいいってことじゃないですよ。

 

あなたに合った筋トレで、あなたに合ったカラダの動かし方が必要なんです。

 

これらが揃ってやっと腰痛改善に繋がるんです。

 

「筋トレなんて嫌だよ」

 

って聞こえてきますが、あなたならできると思います。

 

やればできるんですよ。何歳でも。

 

あなたにもできます(^^)

 

まずは、改善するためにも筋トレやってみましょうよ。

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア トレーニング 腰痛

猫背で腰痛の方は、背中をうまく使えば腰痛はなくなります 319

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

その腰痛は背中から!?

 

腰の痛みって

意外と腰に原因がないこと

多いんですよ。

 

今回は背中からくる

腰痛のパターンをご紹介しますね。

 

まず、背中からくる腰痛の場合

 

猫背

 

の場合が多いです。

 

もしくは、

 

首が前に出ている

 

といったパターンですね。

 

 

要するに、

典型的な猫背ですね。

 

腰から首までが丸まっている状態です。

 

僕の経験から

こういう方の腰痛は

背中が関係することが多いです。

 

なんで背中なの?

 

気になりますよね。

 

姿勢が悪く猫背になっている

ということで

話しを進めていきますね。

 

猫背の場合、

背中の筋肉って

 

伸びきった状態って

いうことは想像できますよね。

 

 

実は、

その伸びきった背中の筋肉って

腰の筋肉まで繋がっているんです。

 

この背中と腰の筋肉が繋がっている!

というのが今からポイントになります。

 

筋肉って伸び縮みして

力を発揮するんですね。

 

姿勢がいい場合、

 

この伸び縮みを

背中と腰の筋肉が一緒に

頑張ってくれているんです。

 

でも猫背の場合、

 

背中の筋肉は縮むことが苦手なので

腰の筋肉だけで頑張らないといけないんです。

 

そうなると

どうなると思いますか?

 

腰の筋肉だけで頑張ろうとし始めるんですよ。

 

しかも

腰の筋肉だけでは

力は十分に発揮できません。

 

でも健気に一人で頑張ろうとしてしまいます。

 

 

結果、腰に負担が掛かっていきます。

 

そして、腰痛が待っています。

 

筋肉、筋肉ばっかで

意味がわかりにくかったかもしれませんが、

 

簡単にまとめると

 

腰と背中の筋肉は

一緒に頑張ってくれるもの

 

です。

 

どっちかが使えなくてもダメ。

ってことなんです。

 

あっ、まだわかりにくいですか?

 

うーーん、、、

もっと簡単に言ったら

 

猫背で腰痛いなら背中が原因

 

ってことです。

 

全員が全員ではないですけどね。

ここが原因の場合は多いです。

 

背中の筋肉使えてますか?

ってことですかね。

 

ってこと、ってこと

ばっかりですね(^^;

 

背中腰痛を改善させる

 

背中からくる腰痛は、

背中の筋肉を上手に使っていくことが

大切になっていきます。

 

動画で腰痛改善トレーニングを

2つご紹介しますね。

 

とっても簡単ですよ。

 

たぶんこれだけで腰の痛み

減ると僕は思ってます。

 

では、やっていきましょう!

 

 

この動画では左右に倒してますが、

できれば足を掛けた方だけ倒してください。

 

逆に倒す時は

足を掛け直してくださいね。

 

■ワンポイント

 

動画にはありませんが、

倒した足の対角線の手をバンザイします。

そうするとより背中の筋肉を使います。

 

これだけで腰スッキリします。

 

続いて、

 

 

■ワンポイント

 

こちらも動画にはないですが、

対角線の手をバンザイしてください。

 

そうすると

背中と腰の筋肉を一緒に

うまく使えるようになりますよ。

 

この2つをストレッチ→トレーニングの

順番でやってみてください。

 

背中腰痛は軽減すると思います。

 

絶対に無理はしないでくださいね。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

ケア トレーニング

60代からの悩める腰痛を改善する為にした方がいい2つのこと 299

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

60代からの腰痛

 

『若い頃はこんなんじゃなかったのに、、、』

 

なんて声が多く聞こえてきます。

 

現在、お客様は20代~80代までと

幅広い層の方がいらっしゃいます。

 

割合的には

60代以上の方が多いです。

 

腰の痛みはもちろんですが

カラダの節々に痛みがあります。

 

『腰』という部分では

共通していると思います。

 

で、痛い動き的に多いのは

 

・動き始めが痛い

・前にかがむと痛い

 

が圧倒的でしょうか。

 

この動きは別に60代以降に

目立つとかではなさそうですよね。

 

僕もそう思います。

 

腰が痛い方の多くは

この痛みに悩まされているはずです。

 

ですが、60代以降になると

この痛みの原因は異なります。

 

若い頃は少し動けば

腰はラクになっていたかもしれません。

 

でも年齢を重ねるとそうではない。

 

その理由は

 

・筋肉の低下

・関節の不具合

 

が急激に始まっているからです。

 

筋肉の低下

 

(※立命館大学スポーツ健康学科参照)

 

この図でわかるように

30代辺りから落ち始めます。

 

特に女性は目立ちますね。

 

また、女性の場合

閉経後にホルモンの関係で

筋肉は落ちやすくなります。

 

60代辺りですよね。

 

そもそもの筋肉が少ない女性の場合

この加齢とともに落ちる筋肉は

どうにかしたいところです。

 

男性の場合も同じで

『若い頃は、、、』

と言っている意味がわかると思います。

 

男性は若い頃

エネルギーに満ち溢れ

筋肉の全盛期です。

 

その頃に比べれば

落ちてしまうのは当然ですよね。

 

関節の不具合

 

関節は多くの靭帯で

支えています。

 

でも今回伝えたいのは

靭帯の話ではなく

姿勢が崩れるのも重なり

 

動かせなくなっている

 

ということです。

 

ここが一番若い頃と

大きく違うところでしょうか。

 

年齢とともに姿勢は崩れやすくなり

(筋肉が落ちたりするのも原因のひとつ)

 

関節の動きが狭くなっていきます。

 

さらに、

関節を動かす機会も減っていきます。

 

それが日々積み重なれば

関節は本当に動きにくくなり

姿勢も同時に悪くなります。

 

こうなれば

無理に動かそうとすれば

 

同時に

痛みも発生してしまいます。

 

この2つを解決するために

 

では、

筋肉の低下と関節の不具合

 

これらを解決しなければ

痛みと付き合わなければいけませんよね。

 

どうやったら解決できるのか?

 

とっても簡単です。

 

同じ運動をしないことです。

 

60代辺りから

 

・ジムでマシンを使う

・近所の体操に行く

・毎朝歩く

 

などワンパターンなことをやっていませんか?

 

実はこのワンパターンの運動は

効果がいまひとつなんです。

 

毎日同じ筋肉を使い

毎日同じ動きをする

 

これだと使っていない筋肉・関節は

どうなると思いますか?

 

筋肉は落ちて

関節は動きにくくなる

 

と思いませんか?

 

でもこれをやっている方が

とても多いんですよね。

 

あなたの周りにもいませんか?

もしくはあなたもそうですか?

 

『毎日運動しているよ』

 

って言っているけど内容は?

 

運動をしているのであれば

内容もよりよいものにしてあげた方が

僕はいいと思います。

 

難しいことはなく

 

同じ運動ばかりしない

 

というだけです。

 

色々と動かしてあげることが大切です。

 

それが60代からの腰痛改善の一歩ですよ。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :      

トレーニング