筋肉 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【老化】年齢と共に衰えていく身体的な機能とは??

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前にも似た記事を書いたかもしれませんが、「年齢を重ねるごとに衰えを感じる」というご質問を頂いたので、改めてお話ししていこうと思います。

 

人間どうしても年齢を重ねるごとに衰えていく身体的な機能が存在します。

 

そこを理解し、日頃から鍛え、動かしておくだけでも、同年代と比べた時に、若々しい身体を保っているはずです。

 

あなたはその機能を知っていますか??

 

年齢と共に衰える機能とは?

 

さて衰えていく身体的機能を結論から先に述べますと、

 

=====
股関節・背骨の可動域が著しく低下していく
=====

 

なので、この2つの関節は必ず動かしておくべきなんです。さらに、

 

=====
体幹機能の低下
=====

 

も同時に進行していきますので、これも含め何かしら取り組んでいかないと、同年代と比べた時に、

 

《年齢以上に見える》《年齢以下に見える》

 

という差が生まれてきます。

 

これは別に見た目が綺麗とかハンサムとかという話しではなく、ひとつひとつの動作に表れるんです。

 

周りにいませんか?若々しい動きというか、動き自体が機敏な方。

こういう動作に、動きに差が生まれてくるんですよね。

 

老化による機能低下を防ぐ方法

 

 

僕がオススメする、家でもどこでもできる方法があります。

本当は色々とやるべきことはあるんですが、最低限これだけはやっておくと損しません!

というものがあります。それが、

 

=====
スクワット
=====

 

です。

さすがに「スクワット」は聞いたことありますよね?

 

このトレーニングは最強だと僕は思っています。

 

ただ最強が故に、多くの方はやるのを嫌がります(笑)効果は絶大なのにね・・・。

 

 

ちなみに嫌がる理由は、《きついから》が多いんですが、きついには理由があり、《下半身の筋肉の仕事量が人間の中で最も大きいから》なんです。

 

仕事量と言うのは、言い換えれば、筋肉を使う量(関節も含む)のことです。

 

スクワットは基本的に、下半身を使うトレーニングですから、仕事量が非常に大きいんですよね。

だからきついし、疲れるし、やりたくないんです。

 

でもそこを乗り越え、スクワットを継続的に行うことで、老化による機能低下を予防できますよ。

だって仕事量が多いトレーニングなんですからね。

 

筋肉もたくさん使えば、関節も複数使い、かつ大きく使います。

こんな効率のいいトレーニングは他にありません。

これを読んだあなたは今すぐ、今日から、毎日最低10回のスクワットを続けてみましょう!

 

数ヶ月後、真面目に取り組んでいたのなら身体は大きく変わっていますよ。

 

まとめ

 

 

スクワットは毎日やってもいいので、続けてみてください。ポイントは、

 

=====
内股にはならない
猫背にならない
=====

 

この2つを最低限意識しながら行うことで、さらに効果は増していきますよ。

 

「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いですが、とりあえずスクワットをしましょう。

最強かつ簡単な方法で若々しい身体をキープできますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【ダイエット】体重は変わらないのに体型が変わる理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日テレビを見ていたら往年のアイドル(?)が通販番組で、

 

「体重は変わってないのに体型がどんどん崩れていくんです~。そういう時に引き締めてくれる下着は体型を隠せるから便利!!で、おいくらですか??」

 

みたいな古典的な通販の嘘くさい芝居をやっていました。

というかそもそも下着なんかよりもこの元アイドルの発言にもある、『体重』が変わってないのに『体型』が崩れているのは一種の老化ですから(笑)

 

体重と体型

 

この元アイドルの方ように、ダイエットをする際などに『体重』を基準に気にする方が多いんですが、それよりも『中身』をしっかりと見ていくべきなんです。

 

例えば、

《(A)体重60kg体脂肪30%/(B)体重60kg体脂肪20%》

であれば、同じ体重だけど見た目は全然違います。

 

 

その理由は、筋肉と脂肪の大きさの違いにあります。

例えば同じ500gであっても下記写真のように大きさが異なるんです。

 

 

なので体脂肪率が低ければ、同じ体重でもより引き締まって見えるわけです。

ということはですよ。元アイドルの発言を言い換えれば、

 

=====
日頃からの運動不足で筋肉が低下(加齢も含む)していき、全体の筋肉量が落ちたせいで、脂肪が増えていき体型が変わっていった。なので、低下した筋肉を下着で隠し現実から逃げて、インスタ映えで若く見せる
=====

 

ということになります(笑)

少し嫌みな表現になってしまいましたが、悪いですがこれが事実でしょう。

 

まとめ

 

 

お客さんにもよく「体重よりも体脂肪率・筋肉量を見ていきましょう」とお伝えしていきます。

 

ですが、世間は体重に気を取られ過ぎています。

これは正しいようで嘘です。

できれば『中身』をしっかりと見ていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【健康】老後になっても歩ける身体でいるための習慣

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

老化と共に、まず衰えていくのは下半身の筋肉です。

 

というよりも下半身の筋肉は上半身に比べ比率が多い分、落ちる割合も多いんです。

 

とある研究データによれば、20歳と70歳の上半身と下半身の筋肉量を比較した場合、20歳に比べ70歳は、《上半身が14%ダウン/下半身が40%ダウン》と出ています。

 

下半身は約半分も落ちるんです。ヤバいですよね。

 

だから老後、歩けるか歩けないかは非常に重要になってきます。歩ければ筋肉量の低下は抑えれますが、そうでなければ低下する一方ですから。

 

それに日常生活の質(QOL)も著しく低下していくでしょうね。

 

以前の記事で、『高齢者で健康(元気)方の多くは、歩く習慣(または登山)が身に付いている』と書きました。

 

これは下半身の土台がしっかりとできているから、高齢者になった時に圧倒的な差が出てしまうって話しでした。

 

 

僕の経験からしても、高齢者になる前から下半身の強化(歩く・登山など)を知らず知らずでも取り組んでいる方は、年齢を重ねた時、全く健康(元気)さは違います。

それに回復力もね。

 

近くで見ていて本当にそう思います。

なので、もし何かしら健康のために気を遣っているのであれば、僕としては、

 

=====
下半身の強化を優先するべき
=====

 

だと思います。

これは本当に最優先すべきです。

 

食事やサプリなどで気を遣っている方も多いと思いますが、その前に下半身ですよ。

これを忘れてはいけません。

 

強い下半身があってこその健康です。

そこから食事が活きるんです。

下半身の筋肉を忘れてはいけませんよ。

 

僕の祖母(87歳)も最近入院(数日ICU)し、心臓の手術をし、10日間で退院しましたが、多少ふらつきはあれど自力で歩いて病院を出れました。

 

これは祖母に今までの人生で『歩く習慣』があったからだと感じています。

 

実際にそうでない方が、祖母のように入院・手術すれば、歩行器・車椅子になっていたかもしれません。

 

これこそ下半身の筋肉量の差だと思います。

 

とにかく、健康健康言うのであれば、下半身の強化をお忘れなく!!

これこそが、健康の土台となるんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常

【腰痛】内もものストレッチがおすすめな理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は勤めている時から、腰痛の方には内もものストレッチはほぼ必ず取り入れていました。

 

でもなぜか周りのスタッフからは「藤野さん内もものストレッチ好きですよね(笑)それ絶対やるじゃん!」と笑われながら言われたことがあります。

 

今考えれば、たぶん僕だけが内もものストレッチを丁寧にしていたんだと思います。

それには訳があるし、絶対にした方がいい部位なんです。

 

腰痛と内もも

 

腰痛と内ももの関係性には大きく2つの理由があります。

 

=====
①骨盤に付着している長い筋肉である
②腰の神経と繋がりがある
=====

 

これらの理由から、腰痛の方には内もものストレッチ(ほぐすことも)を僕は取り入れています。

 

内ももが硬くなることで、

 

=====
①腰が痛くなる
②姿勢が悪くなる
➂膝も痛くなる
④足が太くなる
⑤偏平足になる
⑥ニーイン動作になりやすい
=====

 

というデメリットが発生します。というかデメリットだらけですね(笑)

 

まとめ

 

 

以上のことから、内もものストレッチは積極的に行うことをオススメします。

 

以前勤めていたのスタッフには笑われましたが(笑われたので教えませんでした←意地悪な僕)、これを読んだあなたは今日から内もものストレッチをやってみてくださいね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

腰痛

【肩こり】泣きたくなるほど辛い痛みを解消せよ!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

日付も変わろうとした夜遅く、

 

「肩が辛くて泣きそう!助けて!」

 

と妻がパソコン作業で肩こりを感じ始めていた僕のところに駆け寄ってきました。

 

重い腰を上げ、椅子から立ち上がり、妻の肩にそっと肩を当て、肩を揉み始め、数分で泣きそうなほど辛かった肩こりは解消し、妻は笑顔で寝室に戻っていきました。

 

僕は再び、疲れた身体を椅子に預け、パソコン作業を再開するのでした・・・。

 

とまぁそんなことがあったんですが、辛い肩こりの正体はなんだったのでしょうか??

 

あなたも共通する部分があるかもしれませんよ。

 

肩こりの原因

 

さて、泣きながら助けを求めてきた妻の肩こりの原因は何だったのでしょうか?

 

僕が実際に触ったところで言うと、

 

=====
胸椎・首
=====

 

だけです。肩は触っていません。

妻の肩こりの場合、

 

=====
出産+育児による姿勢崩れ
=====

 

が主の原因であり、その結果として、肩こりがひどくなったという背景があります。

 

つまり、根本である姿勢崩れによる負担部位を開放してあげると、肩こりは楽になるんです。

 

例えば、今回触ったところで言えば、

 

=====
●胸椎
→首の土台である胸椎の可動域が極端に狭くなると、首に負担が掛かるので、動きを出してあげると首が楽になる

 

●首
→首には繊細な筋肉にが複数あり、ひとつのバランスが崩れるとすべてが崩れる原因となりやすい。胸椎の可動域制限(姿勢崩れ)で負担の掛かった筋肉をほどいていくと肩こりが楽になる
=====

 

という流れです。

胸椎で首を楽にし、楽になった首を調整する。

すると、泣くほど痛かった肩こりが綺麗さっぱりなくなっていくんです。

 

まとめ

 

 

肩こりは辛いですが、原因を見つけることで、綺麗さっぱり解消していきます。

 

さらに言うと肩こりはストレスとも影響してきますので、施術者との相性も効果の向上に関係したりするんですよね。

そこはまた今度書くとして・・・。

 

ただ僕と妻の関係性だったから、肩こりが楽になったという訳ではなく、原因を見つけることが大切ですよってことです。

要は僕の腕ですよ(笑)

 

まぁそれは冗談として、辛くて泣きたいほどの肩こりも解消しますので、諦めずに治していきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

【腰痛】この筋肉のバランスが重要です!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の方にとって、とても大切な筋肉が2つあります。

 

この筋肉のバランスが崩れることで、腰が不安定になり、腰に痛みが出やすくなります。

 

あなたの筋肉は大丈夫ですか??

 

腰が痛くなる筋肉

 

腰に悪さをする筋肉はいくつもありますが、腰の近くにあるこの2つの筋肉は非常に大切です。

その筋肉とは、

 

=====
①多裂筋(腰部)
②腸腰筋
=====

 

です。

この2つの筋肉は、腰を前と後ろで支えている筋肉になります。

 

①多裂筋(腰部)

 

 

②腸腰筋

 

 

この2つの筋肉が硬くなっても筋肉の活動は低下しますし、当然ながら筋肉が落ちても活動は低下します。

 

つまり、硬くても弱くてもダメってことですね。

 

筋肉の働き方

 

 

それぞれの筋肉の働きも見てみましょう。

 

=====
①多裂筋
→脊柱の伸展・回旋・側屈
→腰椎の安定化に必要になります
→硬いと腰が反り、弱いと腰が丸くなります

 

②腸腰筋
→股関節の屈曲・外旋
→骨盤・股関節・腰椎の可動性に関連してきます
→内臓器(特に腸)とも関連します
=====

 

になります。

どちらも腰に大きな影響を与えます。

 

まとめ

 

 

腰が痛い方は、ほぼこの2つの筋肉が悪さをしている傾向にあります。

 

ただこの2つの筋肉が硬い・弱いは、別の筋肉やアライメントが影響している可能性もあるので、結局はその原因を突き止めることが最優先になるんですけどね。

 

でも、多裂筋・腸腰筋を緩めるor鍛えることで、腰痛は今より緩和していくはずですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【肩こり】肩甲骨の動きで辛い痛みが変わる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

肩こりで悩んでいる方の多くは、『姿勢』が関与しており、そのせいで『肩甲骨』の動きが悪くなり、肩周りの筋肉・神経が疲労(伸張)している方結構多いんです。

 

あなたも姿勢を意識し過ぎて、肩甲骨の動きを悪くし、肩こりになっていませんか?

 

肩甲骨と肩こり

 

=====
~猫背のケース~
①背中が丸くなり、首が前方へ出る
②肩甲骨は、外側へ(上方回旋しながら)流れていく
➂結果、背中側の筋肉は伸び、肩こりを感じる

 

~(過剰な)美姿勢のケース~
①胸を張り、首が後方(ストレートネック)になる
②肩甲骨は、内側へ(下方回旋しながら)流れていく
➂結果、首の横~肩の上の筋肉は伸び、肩こりを感じる
=====

 

基本的にこの2パターンです。

 

猫背か、良い姿勢か。

 

なのでこの場合、肩周りの筋肉をほぐすだけでは意味がなく、肩甲骨の位置の修正・姿勢の修正も同時に行わないと、肩こりは一生繰り返されます。

 

まずあなたがどの姿勢を意識しながら過ごし、肩甲骨の動きがどうなっているのか?を知ることで、辛い肩こりの解消に繋がりますよ。

 

ちなみに肩甲骨の動きは、腕の筋肉まで緊張させるので、セルフケアには腕を揉むのも効果的ですよ。

肩甲骨周りは自分じゃ届きませんしね(笑)

 

 

まとめ

 

 

辛い肩こりは、肩を揉むだけでは根本改善とは言えず、骨格の構造を理解し、肩こり解消に努めましょう。

 

あなたの肩甲骨はどういう動きをしていますか??

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

【腰痛】お尻の硬さは腰の痛みの原因になる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛で来られる方の多くは、お尻の筋肉が硬くなっていることがあります。

 

その原因として、お尻の筋肉の多くは、腰の神経に支配されており、身体を支えるために重要な役割を果たしているからです。

 

お尻の硬さと腰痛

 

お尻には色んな筋肉が集合しています。

 

そしてそれらの筋肉は、腰の神経に支配されています。

 

なので、お尻が硬いと腰への負担は増えていくし、腰が痛い方は、お尻も硬くなり、押すと痛かったりします。

 

つまり、お尻の筋肉をほぐしていくと、腰の痛みも緩和していきやすいってことです。

ちなみにお尻の筋肉は、

 

=====
大殿筋・中殿筋・小殿筋・梨状筋・大腿方形筋・内閉鎖筋・下双子筋・上双子筋・大腿筋膜張筋
=====

 

 

とたくさんあります。

裏を返せば、お尻(股関節)を動かすためにも、身体を支えるためにも、これだけの筋肉が必要であるってことです。

 

まとめ

 

 

腰が痛い?であれば、まずはお尻の筋肉をしっかりとほぐしてみてください。

腰の痛みが緩和していくと思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【肩の痛み】その痛みはどこか原因なのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日僕が参加しているソフトボールチームの中のお一人が

「投げる時のこの動作の時だけ肩の前が痛いんじゃけど、何が原因かね?」

ということで悩まれていました。

 

結論から言うと、とある筋肉を触ると一瞬で痛みはなくなったんですが、肩の関節は複雑でそれだけが原因とは限らないんです。

 

あなたもある動作の時だけ肩が痛むことないですか?

肩の痛みの原因

 

今回の方で言うと、『三角筋前部~中部』『上腕二頭筋』を触ると一瞬で痛みが和らぎました。

(筋肉の場所はGoogle先生で調べてね)

 

さらに『肩甲挙筋』『肩甲骨上方回旋誘導』でもっと肩は軽くなっていきました。

(またまた筋肉はGoogle先生で調べてね)

 

肩の関節は不安定要素が強いので、どの動きで痛むのか?は非常に重要です。

そして不安定な分、肩甲骨との連動性も非常に重要です。

 

痛みの原因はどこ?

 

 

痛みの原因を探すには、整形外科徒手検査法というものがあります。

その中でいくつか検査を行い、どこの筋肉・靭帯・動きが悪いを見極めないといけません。

 

ついでに告白してしまえば、僕は小学生の頃から右肩を悪く(怪我)し、『棘上筋』なんて筋出力が極端に悪く、内旋・外旋動作も制限が掛かっており、投球動作で痛みを伴っています(笑)

 

ひどい時なんて、投球をする度に、腕に痺れが出ていました・・・。

 

自分の身体は放っといて痛いままなのに、人の身体を見て治療しているんですから、いまいち説得に掛けますね(笑)

 

まとめ(検査について)

 

 

ってことで次回は、僕自身の肩の動きを検査してどこが悪いか、何が原因かを実際に見ていこうと思います。

 

僕の検査を通して、一緒にあなたの肩の状態をチェックしてみませんか?

ご興味ある方は、次回をお楽しみに!!

そして肩の痛みを一緒に解消しましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

【誕生日】1年歳を重ねるごとに老いる身体!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本日、誕生日を迎えることが出来ました。

そして、いつもご愛読いただきありがとうございます。

この1年もより一層成長できるように頑張っていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

1歳ごとに老化

 

これは現代社会において、止めることができません。

もしかしたら未来では、アンチエイジングが進化し、年齢を感じさせない身体になるかもしれません。

ですが、現状は無理です。

 

なので、誰しも1年ごとに誕生日を迎える度に、老化しています。

現状覆すことの出来ない事実なんです。

誰にも逆らうことが出来ません。

 

そして老化と共に、身体の機能も落ちていきますよね。

関節の動き、筋肉の働き、体力など年々低下していきます。

 

現代のアンチエイジング

 

 

美容系で言えば、たくさんあるかと思います。

ですが、根本となる身体の幹は一緒のはずです。

 

それは『筋肉』です。

 

筋肉を落とさないことが現代において最高のアンチエイジングになります。

 

筋肉を動かし続ける、負荷を与え続ける、伸ばして縮めるなど、様々な角度で筋肉を休ませ過ぎないようにしないといけません。

 

そうすることで、身体は年齢よりも若々しくあり続けます。

美容系のサプリなどでもいいかもしれませんが、サプリだけでは筋肉の維持は不可能です。

 

多少の辛さはあるかと思いますが、『筋肉』の低下率を抑えるためにも『適度な運動』が最低限不可欠です。

 

筋肉強化をサボっていたら大変なことになりますからね。

これは後で気付くことなんで、なかなか実感が湧かず、実行に移すのは難しいと思います。

ですが、1日でも早く気付いた方が勝ちなんです。

 

現代のアンチエイジングをあなたも始めませんか?

 

まとめ

 

 

ってことで、僕も今日で1歳年を取り、老化しました(笑)

なので、現代のアンチエイジングを日々実践しながら、来年も老化していきたいと思います。

 

あなたも老化を楽しみながら、同時に運動も取り入れましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

1 2 3 12