トレーニング | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【トクサンTV】YouTuberライパチの野球肩を救いたい!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

野球をしているあなたにも共通する部分があるかもしれませんよ。

 

またまた僕がよく見ているYouTubeのひとつでもある、『トクサンTV』に出演しているYouTuber(?)ライパチ氏の肩の痛み(野球肩)の治療動画でした。

 

 

僕が前からこの記事内でも何度か言っていますが、ライパチ氏の肩の痛みは肩だけが原因じゃないので、肩ばかり治療してもYouTubeのネタで終わりです。

 

まぁそれが広告収入に繋がるのであれば、永遠と続けていけばいいのですが、本気で治したいのであれば、もっと違う視点で身体を見た方が僕はいいと思いますよ。

 

『トクサンTV』YouTuberライパチ氏の肩の痛みを救いたい!!

 

ライパチ氏の野球肩

 

今回のYouTube内では、

 

=====
①Scapular Dyskinesis(スキャプラ ジスキネジア)の疑い
②腱板機能不全
=====

 

が原因とされていました。

まぁ確かにそうなんですけど、そうじゃないんですよ。

 

毎回肩ばかり見ていますが、ライパチ氏にとってそれは結果であり、原因ではないんですよね。

 

僕が見ている限り、肩の前に治すべきポイントがいくつかあります。

それは以前から記事内で書いていることなんですが、ライパチ氏には届いていません(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n16e483bcae0d

 

② https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

はい。

読んで頂ければわかると思いますが、まず第一に姿勢が悪すぎます。

胸を張り過ぎて、そもそも上半身全体の可動域が低下しています。

 

プロの野球選手やスポーツ選手を見れば分かると思いますが、胸を張り過ぎている選手はいませんし、自然の動物界の中にもいないと思います。

 

その理由は、圧倒的な動きやすさ(可動域の拡大)です。

 

試しに胸を張った姿勢と背中の力を抜いた姿勢で、ライパチ氏のようにオーバースローでスローイングをしてみてください。

 

絶対に後者の方が投げやすいはずです。

 

つまりライパチ氏は、胸を張った姿勢を作ってしまい、背骨の柔軟性(全体)を低下させた(固めた)状態で投げていた!というのが動画越しでも伝わってきます。

 

サイドスローが投げやすい!?

 

 

これも僕が以前記事にしています。ライパチ氏の姿勢の関係上、サイドスローが投げやすいんですよーって。

 

そう書いたところ、今回動画で「サイドスローが投げやすい」と言っていたので、そりゃそうだろ!って思ったわけです(笑)

 

https://note.com/fujino_masato/n/n369bba2220fb

 

まとめ

 

 

肩がダメと言うよりも、今はオーバースローに向いてない身体なのに、無理にオーバースローで投げているから肩を壊すんです。

 

恐らく腰も壊れ、最悪膝も壊すと思いますが・・・。

 

肩の治療をネタとして続けるのであれば、サイドスローに変え、負担を減らした方がいいと思いますが、いずれ、日常生活に支障を与える日が必ず来ます

 

それに肩の神経は首まで繋がっていますので、YouTube編集等で常にパソコンを使うのであれば、肩こり・首の痛みも慢性化してしまいますよ。

 

もうしてるかも!?

 

僕はライパチ氏の肩が治ってほしいので、肩だけではなく、他の部位もしっかりと見てほしいと思います。

 

ライパチ氏の場合、絶対に原因は違う場所にありますから。肩の痛みはあくまで結果。

 

早く気付いてね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

【老化】年齢と共に衰えていく身体的な機能とは??

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前にも似た記事を書いたかもしれませんが、「年齢を重ねるごとに衰えを感じる」というご質問を頂いたので、改めてお話ししていこうと思います。

 

人間どうしても年齢を重ねるごとに衰えていく身体的な機能が存在します。

 

そこを理解し、日頃から鍛え、動かしておくだけでも、同年代と比べた時に、若々しい身体を保っているはずです。

 

あなたはその機能を知っていますか??

 

年齢と共に衰える機能とは?

 

さて衰えていく身体的機能を結論から先に述べますと、

 

=====
股関節・背骨の可動域が著しく低下していく
=====

 

なので、この2つの関節は必ず動かしておくべきなんです。さらに、

 

=====
体幹機能の低下
=====

 

も同時に進行していきますので、これも含め何かしら取り組んでいかないと、同年代と比べた時に、

 

《年齢以上に見える》《年齢以下に見える》

 

という差が生まれてきます。

 

これは別に見た目が綺麗とかハンサムとかという話しではなく、ひとつひとつの動作に表れるんです。

 

周りにいませんか?若々しい動きというか、動き自体が機敏な方。

こういう動作に、動きに差が生まれてくるんですよね。

 

老化による機能低下を防ぐ方法

 

 

僕がオススメする、家でもどこでもできる方法があります。

本当は色々とやるべきことはあるんですが、最低限これだけはやっておくと損しません!

というものがあります。それが、

 

=====
スクワット
=====

 

です。

さすがに「スクワット」は聞いたことありますよね?

 

このトレーニングは最強だと僕は思っています。

 

ただ最強が故に、多くの方はやるのを嫌がります(笑)効果は絶大なのにね・・・。

 

 

ちなみに嫌がる理由は、《きついから》が多いんですが、きついには理由があり、《下半身の筋肉の仕事量が人間の中で最も大きいから》なんです。

 

仕事量と言うのは、言い換えれば、筋肉を使う量(関節も含む)のことです。

 

スクワットは基本的に、下半身を使うトレーニングですから、仕事量が非常に大きいんですよね。

だからきついし、疲れるし、やりたくないんです。

 

でもそこを乗り越え、スクワットを継続的に行うことで、老化による機能低下を予防できますよ。

だって仕事量が多いトレーニングなんですからね。

 

筋肉もたくさん使えば、関節も複数使い、かつ大きく使います。

こんな効率のいいトレーニングは他にありません。

これを読んだあなたは今すぐ、今日から、毎日最低10回のスクワットを続けてみましょう!

 

数ヶ月後、真面目に取り組んでいたのなら身体は大きく変わっていますよ。

 

まとめ

 

 

スクワットは毎日やってもいいので、続けてみてください。ポイントは、

 

=====
内股にはならない
猫背にならない
=====

 

この2つを最低限意識しながら行うことで、さらに効果は増していきますよ。

 

「何から始めたらいいのかわからない」という方も多いですが、とりあえずスクワットをしましょう。

最強かつ簡単な方法で若々しい身体をキープできますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【リハビリ】痛いなら安静にするべきなのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い。膝が痛い。肩が痛い。肘が痛い。

 

など各関節に痛みがあり、動かすのが難しい場合、安静にするのがいいのでしょうか?

というよりも安静にする方が多いと思います。

 

ですが!!本当にそれでいいのでしょうか??

 

痛いなら安静?

 

痛くても、動かせる範囲で可能な限り動かした方がいいというのが僕の考えです。

 

ですがそれも無理な場合、どうすればいいのでしょうか?

 

仮に肩が痛い場合だとすると、

 

=====
肩関節近隣の関節と反対側の肩関節は最低限動かしておくべき
=====

 

だと考えています。その理由としては、

 

=====
神経の動きを止めたらダメ
=====

 

だからです。

仮に肩が痛いからと、上半身全ての動きに制限を掛けてしまえば、治りは遅くなり、治った後も、可動域の低下などに繋がりやすいと言えます。

 

今回例にあげた肩関節であれば、肘や手首、指、首などは肩関節と繋がる神経ですから、それらの関節を動かすことは、必然的に肩関節の神経も一緒に動かしていることになります。

 

だから、「安静しましょう」と言われたから全身安静にしますではなく、患部は安静にするものの、その他の関節は可能であれば積極的に動かすべきなんですよね。

 

まとめ

 

 

医師の安静にしましょうは、患部のことであって、全身のことではないですからね(笑)できるのであれば、その他の関節は動かしておいてください。

神経の動きを止めてしまえば、完治後後悔することになりかねません。しっかりと動かしておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【姿勢】神経を痛め続ける姿勢をとっていませんか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

神経は全身に張り巡らされています。

脊柱から始めり、四肢の末端へと繋がり、感覚感じています。

 

そして神経が何かしらの原因で損傷することで、痛み・痺れなどに繋がり、腰痛・膝痛・肩こりなどになるんです。

 

そこで重要になるのが、日々の姿勢です。

 

神経を痛めやすい姿勢を続けていれば、それだけ神経にとっては悪いということになり、慢性痛の原因にもなりかねません。

 

あなたの姿勢はどういう姿勢をとっていますか?

 

姿勢と神経

 

日常の中の姿勢の種類は大まかに分けて、

 

=====
①神経系が最大伸張された状態での静的な姿勢
②動的な姿勢の中の部分的要素を繰り返すこと
➂静的な姿勢と動的な姿勢の組み合わせ
=====

 

があります。

日常的な動作で言い換えれば、

 

=====
①ベッド上で本を読んでいる姿勢
②洗濯物を干す作業
➂デスクワークで帰宅後も同じ姿勢でスマホ(読書)
=====

 

みたいな感じです。

ちなみにこの中で最も神経を悪くしてしまう姿勢は、

 

=====
➂静的な姿勢と動的な姿勢の組み合わせ
→デスクワークで帰宅後も同じ姿勢でスマホ(読書)
=====

 

です。心当たりある方も多いのではないでしょうか?

 

要は1日中、同じ姿勢を繰り返すと神経系的にも悪影響ですよってこと。

 

この姿勢を繰り返していれば、腱鞘炎・五十肩・腰痛・膝痛のリスクは高まります。

 

なので、日頃からストレッチなりして、固まってしまった身体の筋肉・神経を緩めてあげる必要があるんですよ。

 

まとめ

 

 

もしも➂の姿勢を繰り返す生活を送っているのであれば、その生活の中に、ストレッチ・トレーニングをほんの少し取り入れてみましょう。

 

身体は徐々にではあるかもしれませんが、必ず変わっていきますよ。

 

ただし、ストレッチ・トレーニング後に痛みが増した場合、方法が間違っている可能性が高いので、その場合はやり方を変えてみて、自分に合ったものを探してみてくださいね。

 

それでもわからなければ、いつでもご相談ください(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

姿勢

【9月募集】木阪病院でのグループレッスン内容

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

このグループレッスンは、木阪病院の美容皮膚科の先生と連携を取り、『姿勢から変わる身体!』をテーマに、美~痛みの悩みを解決させるために立ち上げました。

 

今月の9月24日(土)は『骨盤整う美尻トレーニング』を行います。

 

お尻を鍛えたい場合、骨盤が歪んでいたり、周りの筋肉が弱いとお尻に力が入らず、腰などを痛める可能性があります。

無暗に行うのではなく、理にかなったトレーニングを一緒にやってみましょう。

 

少しでもご興味ある方は、是非お越しくださいね。

 

9月の木阪病院レッスン案内

 

グループレッスンは、毎月第四土曜日の13:00~14:00で開催します。

 

=====
◆テーマ◆
9月24日(土)→骨盤整う美尻トレーニング
10月22日(土)膝痛&腰痛予防トレーニング
=====
料金(事前支払い):3000円(税込)
予約:082-422-2502
場所:木阪病院看護小規模多機能居宅介護きさか 2F(木阪病院隣)/広島県東広島市西条町土与丸1246
※グループレッスンのお支払い及びご予約のみ、『木阪クリニック』になりますので、お間違えのないようお願いいたします。
=====

 

になります。マット等はご用意しておりますので、動きやすい服装・水分等をご用意くださいね。

 

では、あなたと一緒にトレーニングできる日を楽しみにしております(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【運動】継続的な運動が免疫力を維持させる!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

近頃噂のウイルスが広がり、免疫力を上げたい!と意識高めの方も増えてきたと思います。

 

ですが残念なお知らせです。

 

免疫力は上げることが不可能なんです。免疫力は上げるのではなく、下げないようにするというのが正しい表現で、上げるというよりも下がったものを元に戻す感じでしょうか。

 

そこで免疫力低下を防ぐために重要になってくるのが、《継続的な適度な運動》です。

あなたは適度な運動を継続的に行っていますか??

 

免疫力と運動

 

まず免疫力を下げないためには、基本的に《暴飲暴食》は避けましょう。

 

血糖値が上昇することで、免疫力が著しく低下してしまうので、そこは避けた方がいいと思います。

糖尿病の方が感染症リスクが高い理由も血糖値の高さにありますから、糖尿病でない方は、食事の工夫も免疫力維持には必要不可欠です。

 

そして次に重要になるのが《運動》です。

ある研究データでは、

 

=====
週3回/1日20分以上の適度な運動が免疫力の低下を防ぐ
=====

 

というものがあります。

ちなみに適度な運動とは、例えば歩く時、誰かと喋りながら歩ける程度の強度のことを言います。

心地よい感じですかね。

 

そして逆に強度が高すぎる(喋れない程)と、免疫力は低下しますので、ご注意を。

 

まとめ

 

 

免疫力を下げないためには、

 

=====
暴飲暴食をせず、適度な運動を習慣化すること
=====

 

ということになります。

免疫力が気になる方は、まず食事・運動を見直しましょう。

 

そこをすっ飛ばして、やれ栄養だ!とか、やれ薬だ!とか言わないでくださいね。

基本を守ることこそが非常に重要なんです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【考え方】取り入れる前に手放せ勇気を持て!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

昨日書きました記事が、思いのほか好評でしたので、ちょっと違った目線から人間の心理?をお伝えしていこうと思います。

昨日の記事をまだ読んでいない方は、ぜひお読みください。

 

https://note.com/fujino_masato/n/nf7913841ca82

取り入れたがる人間

 

基本的に人は「これはいい!」というものを取り入れたがる習性を持っています。

そして逆に手放すことはほとんどしません。

例えば昨日の記事で言えば、

 

=====
高血圧
→薬を飲む(取り入れる)
→生活習慣の見直ししない(手放す)
=====

 

と言った感じです。

高血圧で例をあげていますが、基本的にこのシステムを基準に動いています。

 

手に入れたものは、中々手放したくないですよね。

それが良い悪い関係なく。

 

ですが人間には一人一人「キャパ」が必ず存在しますので、取り入れ過ぎてキャパオーバーしてしまえば、あまり良いことは起きません。

 

自分自身が追い込まれ苦しくなっていくだけです。

(それがどの面に表れるかは人によります)

 

手放す勇気

 

 

「身体にいいから色々と取り入れているんです」という方は、根本的なところを見ていけば不健康であることが多々あります。

 

それが身体面・精神面など人によって異なりますけどね。

僕の経験上、必ずと言っていいほど、取り入れたがり屋さんは、逆に不健康です。

 

「手放す勇気」を持ち、何かを手放すことで、本当に手に入れたいものがやってくることもありますからね。

 

先程も言ったように「キャパ」がパンパンであれば、入るものも入りません。

何かを手放し余裕を持たせることで、入りやすくなりますよね。

 

これは何事においても言えることですよ。

 

まとめ

 

 

あなたの中にある「キャパ」はパンパンになっていないですか?

 

パンパンなのにまだまだ詰め込もうとしていませんか?

 

もしそうであれば、取り入れることをやめ、手放す勇気を持ちましょう。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

メンタル

【ダイエット】体重は変わらないのに体型が変わる理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日テレビを見ていたら往年のアイドル(?)が通販番組で、

 

「体重は変わってないのに体型がどんどん崩れていくんです~。そういう時に引き締めてくれる下着は体型を隠せるから便利!!で、おいくらですか??」

 

みたいな古典的な通販の嘘くさい芝居をやっていました。

というかそもそも下着なんかよりもこの元アイドルの発言にもある、『体重』が変わってないのに『体型』が崩れているのは一種の老化ですから(笑)

 

体重と体型

 

この元アイドルの方ように、ダイエットをする際などに『体重』を基準に気にする方が多いんですが、それよりも『中身』をしっかりと見ていくべきなんです。

 

例えば、

《(A)体重60kg体脂肪30%/(B)体重60kg体脂肪20%》

であれば、同じ体重だけど見た目は全然違います。

 

 

その理由は、筋肉と脂肪の大きさの違いにあります。

例えば同じ500gであっても下記写真のように大きさが異なるんです。

 

 

なので体脂肪率が低ければ、同じ体重でもより引き締まって見えるわけです。

ということはですよ。元アイドルの発言を言い換えれば、

 

=====
日頃からの運動不足で筋肉が低下(加齢も含む)していき、全体の筋肉量が落ちたせいで、脂肪が増えていき体型が変わっていった。なので、低下した筋肉を下着で隠し現実から逃げて、インスタ映えで若く見せる
=====

 

ということになります(笑)

少し嫌みな表現になってしまいましたが、悪いですがこれが事実でしょう。

 

まとめ

 

 

お客さんにもよく「体重よりも体脂肪率・筋肉量を見ていきましょう」とお伝えしていきます。

 

ですが、世間は体重に気を取られ過ぎています。

これは正しいようで嘘です。

できれば『中身』をしっかりと見ていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【腰痛】腰を伸ばすから腰が悪くなるんです!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の方は、腰を動かし過ぎています。

だから腰が痛くなるんです。

 

腰が痛いのなら腰を動かさなければいいだけ。

でもそれって結構難しい・・・。

 

腰を動かすな!!

 

何度もこの記事では書いていますが、腰はそもそも動かない部位です。

 

その動かない腰を無理やり動かすから腰が痛くなるんですよ。

ちなみに腰(椎)の可動域は、

 

=====
前屈45度/後屈30度/側屈20度/回旋5度
=====

 

しか動きません。

これらを超えて腰を日頃から動かすから腰が痛くなるんですよ。

 

でも腰が痛い方は、「腰が痛いから腰をストレッチしておこう」とか言って腰を無理やり伸ばそうとしますよね。

これが大間違い!!余計に悪化します。

 

動かない腰を無理やり動かそうとするんですから、そりゃ痛いくなりますわな。

 

じゃあどうすればいいのか?ですが、

 

=====
腰以外の隣接関節の可動域を確保せよ
=====

 

ってことです。

例えば、胸郭・股関節なんかは、腰を挟んでいる関節かつ靭帯の中でも最も動く関節ですから、腰の動きをサポートし、腰の負担をカバーしてくれます。

 

ということは・・・

 

=====
腰が痛いのなら、胸郭・股関節をストレッチして伸ばそう
=====

 

間違っても『腰』を伸ばしてはいけませんよ。

 

ちなみにストレッチするときも、『腰から曲げる』という意識ではなく、『胸郭または股関節から曲げる』という意識も必要です。

 

まとめ

 

 

未だに腰を伸ばそうとか聞きますが、そんな間違ったストレッチやセルフケアをしてはいけません。

 

絶対に腰痛が悪化します。保証します(笑)

 

腰を伸ばすのではなく、隣接関節を伸ばし動かすことが最も重要になってきます。

そこだけはお忘れなく!!(たぶん何度も何度もこの記事でお伝えしていますが・・・伝わってくれ)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

腰痛

【健康】座りっぱなしは死亡リスクも増えてヤバイ!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

改めて座りっぱなしの生活は、ヤバいなと思いました。

どうヤバイかと言うと、健康に悪いってことです。

 

もしかして、あなたも座りっぱなしの生活中??

 

座る生活の弊害

 

僕が見てきた方を例にあげていきましょう。

 

=====
◆Aさん長距離運転手
運転の仕事は、ほぼ1日座りっぱなし。そのせいで体重も増え、健康診断の結果も悪い。でも仕事を変え、立ち仕事に変わると、1年で体重も減り、健康診断の結果も良好。

 

◆Bさん事務
パソコン仕事が主で、1日中パソコンとにらめっこ。腰痛・肩こりに加え、姿勢も悪く体型も崩れ気味。でも業務が変わり、パソコン(座っている)時間が減ったことで、腰痛・肩こりの辛さも減り、体型も以前よりマシになった。
=====

 

座っている時間の長い生活は、健康面において、弊害がかなり多いです。

だからこそそういう方は、積極的に運動なりして、健康に気を遣いましょうね。

 

まとめ

 

 

今はスタンディングデスクが多くなってきましたね。

 

座る時間が長いことが、あまり良くないってことが広まってきているのかなと思います。

 

ちなみに、座る時間が長い方は、生活習慣病の発生リスクも数倍高くなりますので、ご注意くださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

1 2 3 38