腰痛 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【腰痛】骨盤をコントロールできないから腰が痛むのか?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

骨盤を上手にコントロールできない方がめちゃくちゃ多い。

骨盤は基本的な動きとして『前傾・後傾』があるんですが、この動きが苦手な方が多いんですよね。

基本的なこの動きができないと、腰に痛みも出るだろうし、膝に痛みも出ることだってある大切な基礎部分。

 

ちなみにこれが骨盤の前傾の動き。

腰を反らすような動きって言うとわかりやすいかな?

 

 

次いでこちらが骨盤の後傾って動き。

腰を丸めるような動きって言うとわかりやすいかな?

 

 

この2つの基本的な動きができない方がめちゃくちゃ多い。

この動きを覚え日常でも活かせるようになると、腰や膝などへの負担も減ってくるんですよね。

なので骨盤の前傾・後傾の2つの基本的な動きは覚えてできるようになった方がいいと思います。

まずステップとしては、

 

=====

①両膝を曲げ仰向けから始める

②片膝だけ曲げ仰向けで行う

➂座位で行う

④片膝立ちで行う

⑤立位で行う

=====

 

仰向けが出来れば片膝立ちへ。片膝立ちが出来れば立位へ。って感じで徐々に難易度を増していく感じ。

なので全くできない方は、①から始めてできるようになったら最終的な⑤までやってみる。

 

人間は基本的に立って生活する動物なので⑤の立位で骨盤の前後傾ができると完璧!

あとポイントと言えば『大きく動かすこと』かな。

前後傾を自分の出来る範囲で大きく動かす練習を。

うまくできるようになれば、腰の動きも変わっきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【原因】ロコモが腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今回はnoteに書いた記事をそのまま引用させて頂きます。

現在とても大切なことだと僕は思っているので、ぜひ一読ください。

noteは広島弁で執筆していますので、所々広島弁が出てきますがご了承くださいね。

ではどうぞ!!

 

ロコモティブシンドロームとは?

 

ロコモティブシンドロームとは、平成19年に日本整形外科学会が提唱した言葉であり、現在深刻な問題になりつつあると僕は思っている。

これは僕が何年も前から言っているし、ここ数年で加速しているとも僕は警鐘を鳴らしとる。

そしてロコモティブシンドロームを日本整形外科学会のHPを引用すると以下のような説明がされている。

 

=====

ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)は、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、そのリスクの高い状態を表す言葉です。

=====

 

と書かれとる。

現在自粛などが続き世界を脅かしているウイルスの影でロコモ(以下省略)はさらに加速を増しとると思う。

 

ロコモと腰痛

 

そしてさらにHPには、

 

=====

現在ロコモの人口は予備軍も含めて4700万人と言われています。ロコモに特に関係が深い疾患は、高齢者に多いひざ、こし、ほねの病気、つまり変形性膝関節症、変形性腰椎症、骨粗しょう症と考えられています。この調査によると、それぞれの病気の推計人口は、変形性膝関節症は2530万人、変形性腰椎症は3790万人、骨粗しょう症は1300万人となっています。この数字は、メタボの人口、すなわち高血圧(3970万人)、糖尿病(820万人)、脂質異常症(1410万人)に匹敵する数になっています。

=====

 

これは恐らく2010年頃のデータじゃろうと思う。

じゃけぇ今はこのデータよりか増えとるんじゃないんかと僕は予想しとるんよね。

そして上記の数値でよく見てほしいのは、変形性腰椎症がかなり多いこと。

『ロコモ=腰痛』と関連性が深く、現在は両方に注意が必要になってくるよ。

 

ロコモを予防するためには?

 

そしてHPの最後に、

 

=====

ロコチェックで運動機能の衰えを早めに察知して、ロコトレでロコモ予防に努めましょう。ロコトレは、スクワットや片足立ちを中心に、ウォーキングや水中歩行、水泳やテニス、卓球から太極拳、いろいろな運動を習慣的に続けるようにしたいものです。ずっと「自分の足で歩ける!」ことが、ロコモ予防の目標です。

=====

 

と締めくくられとる。ちなみにロコチェックって言うのはこれね↓↓

 

 

ロコモは1日で治るもんじゃないし、そもそも治る治らんという考えでもない。

整形外科学会のHPでも言っとるように「自分の足でずっと歩けること!」これが一番大切じゃと思うよ。

 

ちなみに最後に伝えとくと、体の機能(筋肉など)は衰えるのは異常に早いけど、それを戻すのには倍以上の時間が掛かる。

体は大切にすれば大切にするだけ応えてくれるんじゃけぇ、甘やかし過ぎずに適度に運動も取り入れていこう!

「まだ大丈夫よ!」は一番危険!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :         

ケア 腰痛

【精神論】体の痛みは不安の表れなのか?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『体と心は繋がっている』『病は気から』なんて言葉はよく聞きますよね。

腰痛や膝痛などの痛みも精神的なものからきていることが少なからずあると僕は思っていますし、お客さんを見てきてそういう方もいると実際に僕は感じています。

 

もちろん実際に体の構造的に痛みが発生しとる方もいますけどね。

そういう方でも長年の痛みから精神的に痛みを感じてしまう方もいます。

 

体が先か心が先かはハッキリとわかりませんが、実際に心からダメージを負って体に痛みとして出とる方はいるんですよね。

そしてそれはプロ野球の世界でも同様に起きているみたいです。

先日引退した日ハムの斎藤佑樹選手について、元日ハムの新庄剛志氏がTwitterでこうつぶやいていました。

 

「明日から昨日までの体の痛い箇所が不思議と全く痛くなくなるんだよね」ってね。

プロの世界では極度のプレッシャーが体に痛みとして出とることが実際にあるみたいですね。

これは元日ハムの稲葉氏も森本稀哲氏も同じようなことを言ってました。

 

そしてこの発言からわかるように人間には心(プレッシャー・ストレス・不安など)から体に痛みを実際に感じるってことがわかります。

 

これは一般の方でも同じだと僕は思います。

様々な面で不安やストレス、プレッシャーを抱えて生きているので、それが体の痛みとして出とる方も少なからずいるんですよ。実際にね。

 

長い間痛みに悩まされ続けとる方は、痛みに対してプレッシャー・不安に押し潰されとることもありますしね。

人間って頭がいいだけに複雑にできているみたい。それもまた人間か・・・(笑)

 

ってことで心のプレッシャー・不安・ストレスなども体に出てくることがあるので、体だけじゃなくて心のケア(ストレス発散など)も腰痛改善には必要になってくるパターンもある!ってこと。

なので心のプレッシャーを溜め続けないようにね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

メンタル

【坐骨神経】捻ると痛い腰を治すセルフケアとは?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

捻ると腰が痛いパターンってありますよね。

今回はその痛みを坐骨神経を使って改善させるセルフケア方法をお伝えしていきます。

説明は後にして、まずは実際にどうやってやるセルフケアなのか動画を見ていきましょう。

 

 

「どこが坐骨神経なん?」って思われたかもしれませんが、このセルフケアは坐骨神経を利用しながらおこなっています。

どういうことなんか?って言うと、坐骨神経の走行が関係しています。

坐骨神経は腰から出ていて足先まで繋がるんですよね。

そしてその走行の間で、さっきセルフケアした場所を通るんです。

なのであそこをマッサージするのは、坐骨神経も同時に刺激しとることになります。(下記写真は坐骨神経の走行)

 

 

でここの神経は、捻る動きに結構効果的なんですよね。

腰を捻って痛い方は、かなりの確率でさっきセルフケアした場所が固いor痛くなっています。

なのでそこをセルフケアで解放してあげることで、神経の通りが良くなり、腰の動きも痛みも変わってくるってこと。

 

まぁでもこのセルフケアは一過性のものなので、セルフケア後は痛みは減るかもしれませんが、長続きはしにくいので他の場所も同時にケアすることが腰痛改善にとってかなり重要になってきます。

 

「○○秒で改善!」「一瞬で治る!」とか、あれも効果は確かにあるかもしれませんが、それだけだと長続きはしません。

仮に効いたとしたら、たまたまあなたの原因がそこにあったってこと。

それよりも日々のケアなど自分の体と向き合うことも大切ですよね。自分の体は大切に!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

トレーニング動画 腰痛

【腰痛】股関節を曲げた角度で原因が違う?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

股関節は腰と密な関係にある関節です。
このブログでも何度も書いてきました。
今回はそこに「角度」を踏まえて書いていこうと思います。
実は股関節を曲げる角度(屈曲角度)によって腰が痛くなる原因がある程度判断できるんです!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

まず股関節の角度によって、腰痛の原因が2つに絞ることができます。

その2つの原因というが『股関節由来』なのか『腰・骨盤由来』なのかってこと。

 

で次に股関節の角度について。

股関節の屈曲角度って解剖学的に何度です!ってある程度決まっているんですよね。

その角度って言うのが『約90度』。これは股関節“だけ”の純粋な角度。

そして90度以上になると『腰・骨盤』も関与してきます。

腰・骨盤を含むと、約125度は曲がるんですよね。

 

 

そしてさっき説明した角度がめちゃくちゃ重要になってきます。

これで『股関節由来』なのか『腰・骨盤由来』なのかがわかるんです。

つまり、股関節を曲げる角度によって異なる原因ってのは、

 

=====

90度以内で腰に痛みが出る→股関節由来の腰痛

90度以上で腰に痛みが出る→腰・骨盤由来の腰痛

=====

 

になります。

もしあなたに腰痛があるのなら股関節を曲げてみてください。

あなたの腰痛がどこ由来なのかある程度わかってくると思いますよ。

そして原因がわかればそこを対処していけば腰痛は楽になっていくはずです(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

腰痛

【腰痛 ストレッチ】捻るだけで腰も猫背も良くなる方法とは!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

あなたは体をしっかりと捻ることはできますか?

もしできないのであれば、腰痛になるリスクが高いかもしれません!!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

何度も言いますが、腰だけでは捻る動きはできません。

厳密に言うと、ほんの少し(約5度)しか腰だけでは捻ることができず、さらに腰は捻る動きに弱いんです。

 

腰を痛めないためには、胸郭や股関節など他関節で腰を捻ってみせないと、腰への負担は高まり痛みへと感じやすいんですよね。

 

なので腰の捻る柔らかさよりも、他関節の柔軟性が非常に大切になってきます。

そこで今回は、腰以外の関節である『胸郭』のストレッチをご紹介します。

ここの柔らかさは本当に大切なので、まずはこのストレッチで柔軟性をつけていきましょうね。

 

 

ストレッチ自体はめちゃくちゃ簡単だと思います。

でも出来る出来ないは別のお話し。

やっていけば徐々に柔らかくなっていきますので、頑張ってみてくださいね。

 

ポイントは、膝を絶対に開かないことです!

ここが開いてしまうと腰を捻ってしまいますから、腰を痛める可能性が出てきます。

あくまで胸郭のストレッチですからね。

 

肘が床につけるよう日々ストレッチしていきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング動画 腰痛

【腰痛】育児で腰を痛める方が多いわけとは?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

つい先日実家に帰っていた妻と子が戻ってきました。

産後1ヶ月は妻の実家で過ごさせてもらったんですが、こっちに帰ってきて大変さに気付きました・・・。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

産後、育児で腰の痛みを引き起こしやすいお母さん。

産後で体に負担が掛かっていたし、骨盤周りにが掛かっていて腰の痛みを伴っているのは十分承知しています。

ですがその体にプラスして、育児という大変な生活も待っているんですよね。

 

妻が家に帰ってきてから、ずっと子供中心の生活です。

抱っこ、おっぱい、おむつ、寝かしつけなどなど。

それに自分のご飯を食べたりする時間もありますから本当に時間がありません。

 

「なかなか時間とれんよ」という周りの声を疑っていましたが、本当に時間ないんですね(笑)

そりゃ腰も痛くなるわけだ。

 

=====

出産→体に大ダメージ

育児→抱っこ、睡眠不足、中腰

=====

 

という積み重ねが腰に負担が掛かっているんですよね。

ダメージと日々を負担で腰は大変なことに・・・。

 

育児で大変なお母さんこそ体のケアが必要不可欠だと思います。

なので僕はタイミングが合えば妻にマッサージするようにしていますし、家事は基本的に僕がやっています。

 

そうやって旦那側ができることをやってあげることで、奥さんの腰への負担を少しでも減らすことが大切ではないでしょうか?

家事も産後の体には辛いですからね。

 

二人三脚で腰への負担を少しでも軽減させていきましょう!

それでもダメなら体をケアする時間を積極的にとりましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【腰痛】捻ると痛む腰の原因と改善方法とは?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

腰が痛い場合『どういう動きをしたら痛いのか?』がかなり重要になってきます。

前に屈んだら痛いのか?反ったら痛いのか?捻ったら痛いのか?とか。

で今回は腰を捻ると痛い方の原因について解説していきますが、以前前屈バージョンも書いたので気になる方は読んでみてください。

前屈時に腰が痛む原因とは?

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

で早速捻ると腰が痛む原因の結論から言ってしまえば、

 

=====

腰以外の可動域低下

=====

 

このブログで何度も書いてきましたが、腰だけで捻ることは絶対にできません。

なので腰以外の捻る動きが低下することで、本来動くはずのない腰に負担が掛かり、腰に痛みを感じてしまうってわけなんです。

でどこの可動域が低下したらいけないのかって言うと、

 

=====

首・胸郭・骨盤・股関節・足首

=====

 

この5つの可動域が低下すると腰に負担が掛かっていきます。

「いやいや、多いよ!」と感じたかもしれませんが、それは許して(笑)

それぐらい捻る動きでは腰以外を使っているって証拠です。

で動き的に腰への関与ランキングで言うと、

 

=====

①股関節→②胸郭→➂首→④足首→⑤骨盤

=====

 

って感じかな。

つまり上位の部位が固いと余計に腰に負担が掛かりやすくなる。

なので股関節・胸郭が極端に固いと捻ると腰は痛くなるし、足首だけが極端に固いぐらいではそこまで腰に負担は掛かりにくいってことです。

 

もし腰を捻って痛い方は、自分自身が腰以外の上記5つの内どこが固いかを探して、そこを柔らかくしていくのが最優先になっていくかと思います。

そしたら捻って痛い腰も改善していくと思いますよ。

頑張ってみてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【指の痛み】腱鞘炎やバネ指などは腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

女性に多い腱鞘炎やバネ指。

症状が悪化すると指の曲げ伸ばしもかなり辛いものがありますよね。

 

しかも指って普段から使う部位なので余計にしんどいし「安静にしましょう」と言われても安静にできないのが指の症状ですよね。

 

でも実はこの指の症状は、ある部位と関係しているんです。

それがタイトルにもあるように『腰』と関係しとることが多い。

僕が見てきた方のほとんどが腰周りに何かしらの症状を抱えていましたし、腰の症状を緩和させると指の症状も緩和することが多々あったんですよ。

 

なので僕の中では指の症状であっても腰も治療範囲のひとつなんですよね。

もちろん腰だけを見るのではなくて指に直接関係する部位も見ますよ。

それを踏まえた上で腰もみていくことで指の症状も緩和しやすくなってきます。

 

じゃあなぜ腰が指の痛さと関係しているのか?ってこと。それは、

 

=====

指の痛みは姿勢と大きく関係しているから

=====

 

なんです。仮にあなたに指の痛みがあったとします。

その時に思い切り猫背の姿勢をして指を動かすのと、姿勢を正して指を動かすのでは指の痛さは変わってくるかと思います。

これが指と姿勢は関係しているという証拠です。

 

で姿勢で変わるってことは、指に症状があるんかもしれませんが指以外にも原因が存在する可能性があるってことがわかってきますよね。

 

なので姿勢の土台でもある腰に症状として痛みが出てきとる方が多いんです。

姿勢不良になれば必然的に腰に負担は増えますからね。

だから腰の症状を緩和させると連鎖的に指の症状まで緩和することがあるんですよね。

 

ってことでもし指に痛みを感じてきたなって方は姿勢を見てみてるのと、腰の症状も緩和させるように励まれるといいかもしれませんよ。

指だけに着目するんじゃなくて姿勢や腰もみていくと少しでも早く指の症状が変わってきます(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

ケア

【腰痛】背中が反れない方は危険です!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

今日の内容は昨日僕のLINE@へ登録してくれている方限定に配信した内容を一部お届けします。

毎週日曜日18時にこのような情報が届きますので、気になる方は無料ですのでご登録してくださいね。

(ご登録リンクはブログ最後に貼っております)

 

ではブログに戻りますね。

背中を反れるかどうかは非常に重要だと僕は思っています。

背中は反ることが出来なくなったら背骨の機能が落ちているということになります。

なので『背中反れない=背骨の機能低下』と紐づけることができます。もちろん全てではないですけどね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

もし背中が反れず機能が低下していたら、腰・首・肩・膝への負担は一気に増加していきます。

そして増加して負担が重くのしかかった部位は傷付き、痛みとして症状がでてくることが多々あるんですよね。

 

だからこそ最低限背中の反り具合は必要になってきます。

これは高齢者だから反れないとかではなくて、若い方でも反れないって方が多いのが現状。

本当に多いんですよ・・・。

 

じゃあ実際にあなたの背骨が機能しているのかチェックしてみましょう。

このチェックで自分の背中がちゃんと反れているのかわかるので試してみてね。

もし全く反れなかったらそれは危ないかもしれませんんよ!?

じゃあ下記写真を見ながらやってみましょう!

 

 

いかがでしたか?

右の写真になってないですか?肘開いてないですか?

左の写真のように背中が上手く反れるのならまだ大丈夫です。

 

ちなみに腰から曲げるとか首だけ曲げるとかではありません。

“背中の真ん中から背中を反っていく”んです。

ここがめちゃくちゃ重要なのでそこは必ず守ってやってくださいね。

 

もし全然できないって方は、このチェック方法もストレッチのひとつなのでこれを繰り返していけば多少は柔軟性が付いてくると思いますよ。

 

70代の方でも最初は右写真のようだったけど、1ヶ月ほど自宅でストレッチを繰り返すことで左写真のようになっていきました。

あなたも頑張ればできる!!

 

そして反れるようになった70代の方は、肩こり首こりが減り、呼吸もしやすくなったそうです。

もちろん姿勢もめちゃくちゃ良くなりましたよ。

あなたも頑張ればできる!!

 

ってことで背中の反りはめちゃくちゃ重要。

忘れずにストレッチしていきましょうね(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

1 2 3 28