ケア | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【ダイエット】食事管理で変わる身体!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

妻が1ヶ月腹筋を行い、くびれと縦線を(ほんの少しだけ)手に入れたと以前記事にしたんですが、腹筋は体脂肪を落とすとよりくっきりと線が見えてきます。

 

なので体脂肪を落とすような食事をとるとより良いのですが、食事と言っても方法はたくさんありますよね。

 

結局何がいいのかわからなくなる・・・。

 

世に出回っている食事管理の中でどれがいいのでしょうか??

 

食事管理方法

 

まずは代表的なものには何があるのか?見てみましょう。

 

糖質制限

 

 

糖質制限はかなりメジャーな方法じゃないでしょうか?

食事から糖質を抜く(減らす)食事方法になります。

 

例えば、お米を食べない(減らす)といった方法など聞いたことある方も多いと思います。

 

脂質制限

 

 

糖質制限とは逆にあまり聞き慣れないかもしれませんが、脂質制限も代表的な食事方法になります。

 

糖質制限同様に、脂質を制限すると言った食事方法です。

 

例えば、揚げ物を食べない(減らす)という方法になります。

 

カロリー制限

 

 

これは糖質・脂質関係なく、総合的に見て食事量(カロリー)を減らすという考え方です。

 

一般的にはこちらの方が主流な考えでしょうか??

 

カロリー制限は、とにかく我慢!これに尽きる食事方法だと思います。

 

基本を忘れるな!

 

糖質制限・脂質制限・カロリー制限の3つがありますよとお伝えしましたが、そもそも基本を忘れてはいけません。

 

ダイエットをするということは、イコール今まで食べ過ぎているということです。

 

つまり《食べなくてもいい物を食べ過ぎている結果》なんですよね。

 

ここで重要なのが、

 

=====
何かを取り入れる前に、何を取らないかを考えよう
=====

 

という基本的な考えです。

 

例えば、ダイエットするからプロテインを飲もう!サラダを食べよう!は良いように聞こえますが、その裏でお菓子やジュースを飲むのをやめていなければ意味のないものになってしまうかもしれません。

 

であれば、プロテインやサラダを食べる前に、お菓子やジュースを控えればいいんです。

 

僕の妻だって食事管理はせず、お菓子の量を減らしただけ(トレーニングはしましたが)で体脂肪が1ヶ月で2%も減りました。(どんだけ食べていたんだ(笑))

 

多くの方は、何かを取り入れようとしますが、その前に基本的に何を取らないべきかを考え行動することで、ダイエットの成功はグッと近くなります。

 

ダイエットの落とし穴

 

最後にダイエットの落とし穴をお伝えしておきます。

 

先程紹介した3つの食事管理。これをベースに多くの方が実践されると思うんですが、ここに落とし穴が隠されています。それは、

 

=====
3つどれを実践しても結局は同じ食事をしている
=====

 

ということ。

栄養素には三大栄養素が存在します。

 

脂質・糖質・タンパク質です。

 

この3つのバランスが非常に重要なんですが、多くの方はこの3つすべてを極端に減らしてしまいます。

 

=====
・糖質制限→ご飯を抜くぞ!でも油系も控えて、全体の量を減らそう!
・脂質制限→油系を抜くぞ!でも糖質も控えて、全体の量を減らそう!
・カロリー制限→食べるのを我慢するぞ!!
※空腹は正義だ!この空腹に耐えてこそダイエットだ!!※
=====

 

になるでしょ??結局全部同じじゃん(笑)

 

この落とし穴に落ちてしまうと、筋肉が落ち、代謝の悪い身体が完成していきます。

 

確かに最初は体重は落ちるかもしれませんが、それは水分が抜け、筋肉量が落ちただけです。

 

こうならならないためにも、僕が先程お伝えした基本的な考えを土台に実践してほしいと思います。

 

まとめ

 

ダイエットしたいのなら、三大栄養素を考え食事管理するのもいいのですが、何を取らないようにするのか?を基本に考えてくださいね。

 

僕の妻のように《お菓子の食べ過ぎ》が原因だったらそれを減らせばいいんですから。足し算の前に引き算をしましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

ケア

【病気】なぜ人はすぐ薬に頼るのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「高血圧だから薬飲んだ方がいいかね?」
「脂質が多いらしいから薬飲んだ方がいいかね?」
「痩せたいからダイエット薬飲んだ方がいいかね?」

 

なぜ人は薬に頼るんでしょうか?

飲む前に変えるべきことがあるはずですよ。

 

薬を飲む前に

 

なぜ先に「薬を飲む」という考えになるんでしょう。

 

僕としては飲むという考えの前に「なぜ薬が必要な身体になったのか?」を考えてほしいです。

 

確かに早急に薬が必要な場合もあるでしょうが、それは稀です。

多くの方は、1分1秒焦るようなことはないはず。

 

ですがほぼ全員が「薬を飲むか?」で悩んでしまい、「なぜそういう身体になったのか?」を考えようとしません。

 

考えれば薬を飲む前に、《日常生活を変える》はずです。

 

例えば、

 

=====
高血圧だから薬飲んだ方がいいかね?
→普段の食事は?運動は?変えないの?
→変えますよ。変えて薬も飲むんです。
→どう変えるの?
→少し塩分控えます
→それだけ??
→お医者さんに塩分控えましょうと言われました
→そうですか・・・
=====

 

まぁ抽象的かもしれませんが、大抵このパターンです。

そういう身体になってしまった生活をなぜか大きく変えようとはせず、薬に頼ろうとします。

 

なぜ薬ばかり頼ろうとして、根本的な原因である日常生活を変えないのでしょうか??

 

「私糖尿があるんですが、甘い物は好きなんで食べます。その代わり薬はちゃんと飲みます!」
「私痛風なんですが、お酒好きなんで飲みます。その代わり薬はちゃんと飲みます!」

 

まとめ

 

 

人間は変化を嫌います。

変えるのが嫌いなんです。

怖いんです。

 

だからどんなに悪い生活を送っていようが薬で治るんであれば、日常生活を変えず、薬で治したいんですよね。

 

まぁ結局、飲むか飲まないのかは本人が決めることであって、他人が決めることではありません。

 

が、僕としては飲む前に一度「なぜ薬が必要な身体になったのか?」を考え、生活習慣を見つめ直してほしいです。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア

【骨盤矯正】ポキポキ鳴らされても大丈夫ですか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

骨盤に限らず、

首・肩・背骨・股関節・膝・足首とポキポキ鳴らされる動画がYouTubeなどで一部流行っていますよね。

 

ASMRって言うんですかね?

音を聞いている方も一緒につられて気持ち良くなるみたいな。

 

そこで「ポキポキ鳴らされるのって本当に大丈夫なの?」という心配な声もよく聞きます。

 

そこで今回は、今流行りの?ポキポキ整体(矯正)についてお話ししていきます。

 

ポキポキ整体について

 

賛否両論あると思いますが、僕としては、熟練された方が矯正するのであればOKだと思っています。

 

ただYouTubeなどで見る限り、多くの方が、矯正というよりも『良い音』を求めているように感じます。

 

本来矯正とは、

 

=====
正常な状態に変え正すこと
=====

 

を言います。

音だけ追いかけていたら、重要なこの部分は無視されるでしょうね。

正すことよりも良い音が全てなんですから。

人の身体を使った悪質な楽器演奏者かもしれません。

 

正直な話、音なんて出なくても正しく行えば矯正にはなるんです。

音だけ求める施術者が増えたから、矯正後に身体を痛めてしまう方も増えています。

 

僕も被害を受けたし、妻も被害を受けたこともあります(笑)

 

先日の『回数券』にまつわる記事もそうですが、悪い施術者が今は溢れかえっているのかもしれませんね・・・。

ひどい話です。

 

中には音を求めず、身体を見てから矯正をする施術者もいますので、その辺の見極めも求められてくる時代かもしれませんね。

 

ちなみに僕はポキポキ鳴らす矯正は一切しません。

 

まとめ

 

 

先程も言ったように、受け手側が見極めないといけません。

じゃないと間に合わないんですよ。

YouTubeなどで下手に流行ってしまっているからね。

 

もうそういう時代なんですね・・・。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

ケア

【こむら返り】夜中にふくらはぎが痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「夜中にふくらはぎがつって痛いんじゃけど、どうしたらいいかね?」義母から質問(SOS)を頂きました。

 

実際に身体を見ていくと、どうやらふくらはぎに問題はなさそう。

 

原因は○○にあると思い、「○○を寝る前に10回やってみてください」と提案した。

すると次の日、「ふくらはぎ全く痛くなかったわ」というお返事が。

 

もしかしたらあなたに似たような症状かもしれませんので、義母の症状をシェアしていきますね。

あなたは当てはまりそうですか?

ふくらはぎの痛み

 

義母の場合、ふくらはぎの筋肉が張っているわけでもなく、足首や股関節などの関節が硬いわけでもない。

つまり、ふくらはぎの機能を低下させるような障害がふくらはぎの近くに見当たらなかったんですよね。

 

ですが、筋肉の張り感や関節の硬さ以外に一番気になったのは、

 

=====
筋肉の弱さ
=====

 

です。

別にふくらはぎの筋肉が低下し、ポンプ作用が低下しているって話しじゃありません。

それよりも離れた筋肉が低下していたのが原因だったんです。

 

なので、そこを鍛えるように指示するだけで、こむら返りもなくなり、ふくらはぎの圧痛も消滅したんです。

その筋肉とは、

 

=====
(腰部)多裂筋(たれつきん)
=====

 

です。

腰の骨(腰椎)に付着している筋肉で、腰を立てる(真っすぐにする)機能を持っており、人間に特化した筋肉(二足歩行で歩くため)でもあります。

 

この多裂筋の低下が義母の場合、ふくらはぎのこむら返りに繋がっていたんです。

なので、多裂筋を鍛える運動を10回だけ夜寝る前にしてもらうようお願いしていました。

 

たったこれだけです。

 

これだけで悩んでいた夜中のこむら返りは解消したんですよ。

いつも僕が言っているように「原因と症状は別」というのがまさにこれですよね。

 

こむら返り解消トレーニング

 

 

動画を見て試してみてください。

見た目はかな~り地味ですが、弱っている側は結構辛いと思いますよ。

こむら返り解消するためにも頑張ってみてくださいね。

 

まとめ

 

 

意外なところにこむら返りの原因がありましたね。

義母のように「原因と症状が別」な方って基本的に多いんですよね。

 

でも多くの方が、痛いところを揉むなどの対処をしてしまうので、中々解消しないんです。

そこは症状であって、原因ではないですからね。

 

中々解決しないこむら返りがありましたら、今回ご紹介した「多裂筋」を鍛えてみてくださいね。

悩んでいた夜中のこむら返りが解消するかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

ケア

【首の痛み】簡単にスッキリするセルフマッサージをしてみよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

首の疲れって感じやすいですよね。

僕も感じやすい方の中の一人です。

普段慣れない長時間のパソコン作業なんかしたら、翌日は首周りの疲れがひどかったりします。

 

そんな時はこのセルフケアをしてあげると、首周りの疲れがかなりスッキリするんですよ!

 

首こりセルフマッサージ

 

 

今からお伝えするセルフマッサージは、めちゃくちゃ簡単です。

 

片手で、どこでも出来てしまいます。

簡単・効果的と一石二鳥の最強セルフマッサージ。

 

では早速セルフマッサージのやり方を動画で見ていきましょう!

 

 

動画を見て頂ければわかって頂けたと思いますが、めちゃくちゃ簡単でしたよね?

片手でどこでもできると思います。しかも効果的!!

 

狙っている筋肉としては、動画内でも説明しました、『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん』です。

首の横辺りに左右共に斜めに付着している筋肉。

 

首の左右を支えている筋肉なので、首の疲れと直結してしまう筋肉のひとつです。

なので逆に、ここの筋肉が緩めば首の疲れはとれやすいと言えます。

 

首の疲れが目立つ方は、掴むだけでかなり痛いかと思います。

 

ですが、痛いながらにしっかりとほぐしていくと、痛みは和らいでいき、首もどんどん楽になっていきますよ。

 

まとめ

 

 

首が疲れるとやる気も落ちてしまいます。

辛い首の疲れ、痛みは早めに解消していきましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

ケア

【高齢者】熱中症と向き合い、夏に負けない体づくりとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本日、長束西集会所にて、『夏に負けない体づくり』をテーマに講演会を行いました。

 

台風が近づき、雨が強まり足元が悪い中、集まって頂き本当にありがとうございます。

 

さてこの講演会では、夏に負けない体づくりを軸に運動の大切さなどをお伝えしました。

今回はその一部をご紹介していきますので、参考になれば幸いです。

 

高齢者と夏

 

この夏は、『猛暑』と呼ばれ、連日テレビで報道されていますね。

 

その中で気を付けてほしいのは、『熱中症』です。

 

高齢者の場合、特に気を付けてほしいポイントですが、熱中症と運動のふたつとうまく付き合っていかないといけません。

 

そこで熱中症で気を付けるべきポイントは、

 

=====
・水分を積極的に飲むこと(喉が渇く前に飲む)
・暑さを我慢しないこと(やせ我慢禁止)
・冷房を積極的に活用すること(意地を張らない)
=====

 

であり、運動で気を付けるべきポイントは、

 

=====
・長時間連続で行わないこと(グランドゴルフなど)
・炎天下の室外で行わないこと(暑い時は室内)
・水分を飲む時間を決めること(こまめに設定する)
=====

 

です。これらは必要最低限のことですけどね。

 

ちなみに例年熱中症で緊急搬送される方(高齢者)の多くは、室内で症状がでて搬送されています。

 

室内で運動しているからと油断せずに、室温や水分を気にしながら運動していきましょう。

 

そして「暑いからこの夏は動かない!」というのは最悪で、秋口には筋肉が低下し、スポーツの秋どころじゃないかもしれません。

暑いなりに工夫をして、出来る範囲で運動を取り入れていきましょうね。

 

まとめ

 

 

熱中症には気を付けながらも、身体は動かしていきましょう。

ここで筋肉が落ちてはもったいないですからね。

 

筋肉は落ちるのは早い(簡単)けど、つけるのは遅い(大変)んですから。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

ケア トレーニング

【熱中症】高齢者が気を付けるべきこととは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日、広島も梅雨明け宣言がされましたね。

例年に比べかなり早い梅雨明け宣言だと思います。

 

そして梅雨の次に来るのが、猛暑です。

今日もめちゃくちゃ暑かった・・・。

 

そこで気を付けてほしいのが、熱中症。

特に高齢者の方には、気を付けてほしいポイントをまとめました。

高齢者と熱中症

 

先日講演会で高齢者の熱中症についてお話ししたので、それを元にお話ししていきますね。

まず高齢者の方が、熱中症になりやすい原因として、

 

=====
①体内の水分が不足しがち
②暑さに対する感覚機能が低下している
➂暑さに対する身体の調整機能が低下している

=====

 

が考えられます。

つまり、体内の水分が減っても減っていることに気付きにくいし、暑くても暑いと感じにくくなるってことです。

 

僕の祖母は、典型的にこれでしたね。

 

真夏の暑い中、部屋にこもり、クーラーも何もつけず、水分もさほど飲まず過ごしていました。

言ってもクーラー付けない、水分飲まない。今思えば、よく熱中症にならなかったなと思います。

 

そして図にも書いてあるように、『室内』での熱中症が多いんです。

意外ですよね。

室内で油断しているといつの間にか熱中症になることもあるので、かなり注意が必要です。

 

熱中症予防チェック

 

 

今年もかなり暑くなりそうですので、下記のポイントがしっかりとできているか熱中症予防チェックもしておいてください。

あなたは何個当てはまりますか?

 

 

今年の夏はチェックがたくさん入るように予防をしていきましょう。

ちなみに部屋は28度以下・湿度50~60%と言われており、水分は最低1.2ℓは飲むようにしてください。

 

そして当たり前ですが、野外ではマスクも外しましょうね。

これって最近テレビで言い始めていますが、国は数年前から言っていますからね。

 

最初テレビは暑くてマスクを外している方も悪と報道していました。

ですがその裏で国ははっきりと『外しましょう』と言っていました。

 

テレビは何が伝えたいのか?

 

ここだけの話し、あなたの健康よりも視聴率ですからね。

 

 

まとめ

 

 

喉が渇く前に水を飲み、室内ではクーラーを積極的に利用しましょう。

やせ我慢は、全く意味がありませんし、周りに迷惑が掛かる可能性があります。

 

今年の夏は、しっかりと熱中症対策をして過ごしましょうね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

ケア

【偏頭痛】いつも夏場に襲ってくるその症状とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は偏頭痛(片頭痛)の経験があります。

それに今日の仕事終わりの運転中、急に偏頭痛の症状に襲われたんです。

 

今考えたら夏場ばかりに症状が出ています。

それにはある共通点があったんです!!

 

偏頭痛の症状

 

基本的な症状としては、

 

=====
片頭痛の症状は発作的にひどい頭痛が現れて、数時間から2~3日持続します。典型的片頭痛では、頭痛に先立つ症状として目がチカチカしてギザギザした光が見えたり、閃輝暗点を伴うことがあります。続いて片側あるいは両側がズキンズキンと激しく痛む症状が現れ、吐き気を伴うこともあります。また、頭痛の最中に体を動かすなどして頭の位置を変えると痛みが悪化するのも片頭痛特有の症状です。典型的片頭痛の他に、前ぶれがなく頭全体が痛む普通型片頭痛もあります。(大正製薬参照)
=====

 

とあります。

あなたの偏頭痛もこのような症状でしたか?

 

僕の偏頭痛の症状

 

 

僕は今まで中学・高校・社会人と3回ほど強い偏頭痛になったことがあります。

その時の症状としては、

 

=====
①片眼が見えなくなる(砂嵐のような感じ)
②気持ち悪くなる(ひどい乗り物酔いみたい)
➂吐き気が起きる
④立つこともしんどくなる
=====

 

と言った感じです。

 

そして高校の時に症状が出て、病院に行ったとき医師から

「今度偏頭痛の症状が出たらこの薬を飲んで。その時に飲めば今後偏頭痛は起きないから」

と薬を貰いました。

 

その後社会人(20歳前半)になり、1度症状が出たので、その時に薬を1錠飲んでからその後一切出なかったんです。

 

ですが今日、10年振りぐらいに軽度な偏頭痛の症状が出てしまいました。

 

過去の症状に比べれば相当軽いんですが、これを書いている今も、右目の視野は狭く、視力も低下し、軽い頭痛と吐き気が起きています。

 

過去は歩けませんでしたから、それに比べれば楽なもんです。

 

偏頭痛の共通点

 

 

さて僕の経験談になりますが、偏頭痛が出た4回はすべて同じ条件で発生しています。

もしかしたらあなたにも、共通する部分や気を付けるべき点があるかもしれないので、お伝えしたいと思います。

 

=====
夏場で汗をたくさんかいた後、冷たい飲み物を一気飲みした
=====

 

僕はこれで偏頭痛になりました。

学生時代は、夏の炎天下での部活後の一気飲み。

社会人では、室内での猛暑の中での作業後、一気飲み。

そして今日も同じように、外で仕事し、汗をたくさんかいた後、一気飲み。

 

もうね、すべてこれなんです。

これで偏頭痛になりました。

 

恐らく血管が急激に収縮したことが原因だと思うのですが、思い返せば同じ条件ばかり。

 

まとめ

 

 

偏頭痛で悩んでいる方。辛いですよね。

僕と似た条件で症状が発生してしまっている方は、今からの夏場は気を付けていきましょうね。

 

水分はこまめにとり、首周りの筋肉が硬くならなようにケアしておきましょうね。

 

ってことで、僕は今日早く寝て、明日に備えます。おやすみなさい!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

ケア

【自律神経】背骨の柔軟性は神経にも影響を与える!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

自律神経。

最近よく耳にするワードだと思います。

もしくは、副交感神経・交感神経と言い換えればわかる方もいると思います。

 

そして実はこの自律神経系は、背骨の動きと不随しているので、背骨の柔軟性は自律神経にとって非常に大切なんですよ。

 

自律神経と背骨

 

背骨には、自律神経の「テンションポイント」があります。

 

テンションポイントとは、簡単に言うと、背骨を通る自律神経が影響を受けやすい場所です。

つまりそこが硬くなると、自律神経にも悪い影響を与えかねないと言うことです。

 

特にデスクワークの方などは、このテンションポイントが非常に硬くなる傾向にあります。

座り仕事の方は特に注意が必要ですよ。

そして、背骨にあるテンションポイントがどこにあるかと言うと、

 

=====
頸椎6番(C6)
胸椎6番(T6)
腰椎4番(L4)
=====

 

の3つにあります。

特にデスクワークの方は、頸椎・胸椎のテンションポイントが硬くなりがちで、ここを緩めると、肩こりは当然のこと、腰痛・膝痛まで改善することまであるんです。

 

なぜ下肢まで影響が出るのかと言うと、神経は背骨全体を通り、四肢にまで繋がっているからです。

 

要は、背骨を通る神経に刺激を加えれば、神経を通し四肢まで簡単に影響を与えてしまうってことです。

 

実際に膝痛の方で、胸椎6番辺りをストレッチすることで、膝裏の痛みが軽減した方もいました。

これは今回の神経系刺激が関係しているんです。

 

まとめ

 

 

背骨が固まってしまうと、四肢の症状が悪化することもありますが、逆に、四肢が悪ければ背骨が固くなることもあります。

 

四肢と背骨は神経を通し、持ちつ持たれつの関係性があるんですね~。

 

膝が痛くても、腰が痛くても、肩が痛くても、背骨は硬くなりがちですから、背骨のストレッチは忘れずにやってくださいね。

ここ意外と見落としがちですからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア

【医療】予防を考え行動した方がいい理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

70代腰痛の方からも「あの頃無理をし過ぎていた。今さら後悔している」と言われていました。

 

予防を考え行動していないと、将来痛い目を見る可能性もありますよ??

先手必勝の行動

 

僕の毎日は先手先手と、なるべく先を考え行動しています。例えば、家事。

 

夜中に翌日のご飯(家族分の朝昼晩3食)を用意し、翌日バタバタしないように先手を打ちます。

さらに朝は、風呂掃除・洗濯物・食器洗いなど片付けを行い、仕事終わりの家庭内仕事を少しでも減らします。

 

こういう先手を打っておかないと、僕の性格上めんどくさくなるんですよね・・・。

そして家事は溜まっていく・・・。

なので、先手!!

 

 

これは僕の家事を例に上げましたが(笑)、本題は健康です。

ただ「健康」とワードは抽象的で、ぼんやりとしかイメージできない方も多いと思います。

 

何が健康?世界的(WHO)にはある程度の基準は決まっていますが、それは人によって絶対に健康に対する基準(想い)が違います。

 

ですが、人それぞれ健康の基準はあるはずです。

その基準を超えない(不健康)ためにも、予防は非常に大切です。

 

僕の思いからすると仕事上、「いつでも好きなことができる身体」が健康の定義のひとつなんですよね。

 

例えば、膝が痛くて遠出の旅行を躊躇してしまう。

これは、健康な身体ではないと言えます。

 

そしてそれに対して、予防をしていないと健康の道は遠のいてしまいますよね。

ですが、全国に予防をしない方が約8割もいるそうです。

これまた驚愕の数字ですが、これが真実・・・。

 

 

身体を痛めてからでは遅いんです。

ですが、痛めないとありがたさがわからないのも人間の悲しい性なんです・・・。

 

出来る範囲で、出来る限り、予防をしていきましょう!

 

予防をして後悔なんてことはないですが、予防をしないことで後悔は山ほどありますからね。

 

さぁこれを読んだあなたも今日から予防に取り組もう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

ケア

1 2 3 20