広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

正しい姿勢が腰痛を引き起こす

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

正しい姿勢とは

巷ではカラダの為に「正しい姿勢」になりましょう!

 

と言われていますよね。

 

僕も何度も聞きました。

 

僕は学生時代「猫背」とよく言われていたので、「正しい姿勢」に憧れていました(^^)

 

 

実際にカラダの勉強をしているときも「正しい姿勢」を習い、「正しい姿勢」にしましょう!と教わりましたよ。

 

でも実際に何人も見ていくと「正しい姿勢」が間違っていることに気付きました。

 

僕自身「正しい姿勢」がいいと言われ、習ってきたので真逆ですよね。

 

でもそれが真実だと今は思っています。

 

その理由をお伝えしますね。

 

そもそも正しい姿勢とは?

 

「正しい姿勢、正しい姿勢」と言われていますが、「正しい姿勢」って一体どういう姿勢なんでしょうか?

 

見ていきましょう。

 

 

写真は見にくいかもしれませんが、右の横からの絵を見てください。

 

耳~くるびし前方(約5cm)までが、一直線であれば「正しい姿勢」と言われています。

 

ここで間違ってほしくないのは、耳~くるぶしまでではないってことです。

 

 

よくそう言われているので、それが「正しい姿勢」と思われている方も多いと思います。

 

でもそれだと後ろ重心になってしまい、俗にいう「正しい姿勢」とはならないんですね。

 

耳~くるびし前方(約5cm)を覚えておきましょうね!

 

これが「正しい姿勢」の基本です。

 

なぜ正しい姿勢がいけないのか

 

じゃあなんで、「正しい姿勢」がいけないのか?ですよね。

 

まず思い出してほしんですが、「正しい姿勢」をしているときってカラダどうなってます?

 

あなたの思う「正しい姿勢」にはなっていると思うんですが、カラダに目いっぱい力が入ってませんか?

 

僕はこれがダメだと思ってるんですよね。

 

僕の思う「正しい姿勢」は、『リラックスした状態で基本の姿勢に近づくこと』だと思っています。

 

なんで、僕の考えでは力を入れることは違って、基本の姿勢になることも違うんですよ。

 

力が入った状態で「正しい姿勢」になると、筋肉も疲労するし、関節も動かなくなるのがイメージできますよね。

 

そうなれば、各関節などにもいつも以上に負担が掛かることも想像できると思います。

 

で大体負担が多く掛かるとこって、『腰』なんですよね。

 

つまり、「正しい姿勢」を維持しようと力を目いっぱいいれれば入れるほど、腰への負担は常に増しているってことです。

 

もっと力を抜いて、リラックスしましょうね。

 

そっちの方が僕の中では「正しい姿勢」に近いし、腰への負担も少ないんです。

 

「正しい姿勢」を作ろうとして、腰も痛い方は力を抜いてリラックスしてみましょう!

 

腰の痛みも減るし、疲れ具合も変わりますよ(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

姿勢 腰痛

腰に最も負担の掛かる姿勢とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰に負担の掛かる姿勢

いつもどんな姿勢で過ごしていますか?

 

姿勢の中でも腰に負担の掛かる姿勢っていうのがあるんです。

 

「腰が痛い痛い」と言っている方は、実はその姿勢を多くとっているかもしれませんよ。

 

その姿勢知りたいですよね?

 

いや、シンプル過ぎて「知ってるよ」って言われそうです(^^;

 

その姿勢とは、中腰です。

 

はい、ご存知ですよね。笑

 

でも腰が痛い方って知らず知らずにこの姿勢をとっているって知っていましたか?

 

猫背から中腰

 

例えば、猫背の方いますよね。

 

この方が軽く膝を曲げれば中腰の姿勢になりますよね。

 

 

これが姿勢からくる中腰です。

 

膝の角度で中腰になってしまうんですね。

 

そうなると、中腰姿勢が自然と多くなってしまうんです。

 

すると必然的に腰への負担も増え、腰が痛くなるというわけですね。

 

腰が痛いから中腰

 

次いで、このパターンをみていきますね。

 

これはとっても多いんですよ。

 

いや、ほぼこれですよ。

 

痛いから中腰になるんです。

 

「なんで痛いのにわざわざ腰に負担の掛かる姿勢(中腰)になるの?」

 

って思いませんでしたか?

 

本当そうなんでよ。

 

本人は痛みを避けるためにこの姿勢になるんです。

 

例えば、物を拾おうとしたとき。

 

腰に痛みがある方は、ゆっくりしゃがみますよね。

 

その時の姿勢が、腰に負担の掛かる中腰の姿勢をしているんです。

 

なんか書いてると意味がわかりませんね。

 

僕の中の中腰の意味はちょっと違うんで、こちらをご覧ください。

 

 

この動画の最初のしゃがみ方を参考にしてみてください。

 

最初が腰に痛みのある方の中腰。

 

次が腰に痛みのない方の中腰です。

 

この中腰の差が出てくるんですよね。

 

でもこれって本人は痛みは避けていると思っているんですよ。

 

だから「一番安全な動かし方」だと思っているんですね。

 

でも実はそれが「一番してはいけない動かし方」なんですよ。

 

ここを改善していくことも腰痛改善の一歩になりますよ。

 

腰に負担の掛からないような中腰(姿勢)を!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

姿勢

腰痛を改善するために姿勢を維持する筋肉を鍛えよう!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善の一歩は姿勢から

「姿勢」という言葉を聞くとピシッとしませんか?

 

僕は学生時代よく「猫背だね」って言われていました(^^;

 

言われる度にとピシッとしてた側です。笑

 

今は、講演会などに呼ばれたときに必ずと言っていいほど「いい姿勢とは?」と話します。

 

そのとき座って聞いている参加者のみなさん「姿勢」という言葉に反応してピシッとするんですよね。

 

大勢のみなさんがやると前で見ている僕は面白いです。笑

 

さて、みんなピシッとなる姿勢についてお話ししていきますね。

 

姿勢プラス、繰り返す腰痛を予防するための第一歩だと思って読んでくださいね。

 

姿勢の基本

 

姿勢には色々なタイプがあります。

 

その基本の筋肉を教えますね。

 

 

この写真に書いてあるのが姿勢に必要な筋肉たちになります。

 

なんか難しい名前が書いてあるのでよくわかりませんよね(^^;

 

【黒字(左)が体の前の筋肉・赤字(右)が体の後ろの筋肉】

 

と思ってもらえたら大丈夫です。

 

これらの筋肉が僕たちの姿勢を維持するために働いてくれてる筋肉たちなんですよ。

 

この筋肉のバランスが崩れることによって「猫背」などになってしまいます。

 

さらに、崩れることで疲労しやすい筋肉もでてきます。

 

その疲労などが蓄積することで「腰痛」にも繋がるんです。

 

腰痛になってしまう方の多くは姿勢も崩れ気味なんですよ。

 

そして、筋肉のバランスもそうですが、筋肉も落ちているんです。

 

で話は戻りますが、筋肉の名前を黒と赤にしたのは前と後ろ以外にも理由があります。

 

実はこの中に、弱りやすい筋肉って言うのもあるんですよ。

 

それが、赤の筋肉たちです。

 

 

つまり後ろの姿勢を維持する筋肉たちですね。

 

猫背で想像してもらうとわかりやすいと思います。

 

赤字で書いてある後ろの筋肉が弱くなったのが原因で背中が丸くなっていきます。

 

背中を真っすぐに引っ張れなくなったということです。

 

 

前と後ろのバランスも崩れた結果ですね。

 

ということは猫背で悩んでいるのであれば、後ろの筋肉を鍛えないといけないということになります。

 

もしあなたが姿勢で悩んでいるのであれば、この筋肉のどこかが弱り、バランスを崩している可能性が高いですよ。

 

そして、腰痛に悩んでいるのであれば尚更です。

 

「何を鍛えればいいんだろう?」と悩んでいるんだったら、まずは姿勢を維持する筋肉を鍛えてみましょう!

 

どんどん体が変わっていきますよ(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

姿勢

腰痛になりやすい姿勢の4つの特徴とは?

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛になる姿勢

姿勢って特徴が色々あるんですよ。

 

その個々の姿勢が腰に負担が掛かることもあります。

 

「歪み=痛み」に直結はしませんが、塵も積もればではありませんが、カラダへの負担は大きくなりますよね。

 

姿勢が崩れることによって、いろんな関節などが動きにくくなるんですね。

 

そうすることで、カラダへの負担(負荷)が掛かっていくわけでわけです。

 

 

そんな中で、腰痛になりやすい姿勢の特徴もあります。

 

今回はその内の4つを簡単にご紹介致します。

 

背中が丸い

 

これはとても多いでしょう。

 

 

年齢を重ねるごとに、背中が丸くなりやすいですよね。

 

ここの丸みが強いと胸(肋骨)の動きが悪くなり、腰への負担が増えていきます。

 

骨盤が後傾

 

これは背中とセットになる場合がとても多いです。

 

背中が丸いと骨盤も丸くなる。

 

 

腰の骨って前湾と言って、前にアーチが軽く掛かっているんですが、そのアーチが少なくなるとも言えます。

 

そうなると、腰自体の動きが悪くなります。

 

お腹が前に出る

 

これまた、骨盤後傾とセットです。

 

 

骨盤の後傾が強いと自然とお腹の部分が前に出てきます。

 

「最近お腹出てきたんよねー」って方は、骨盤が後傾していることが原因のこともあります。

 

重心が前へ

 

これは上記3つを合わせるとこうなってしまいます。

 

 

むしろ、上記3つの姿勢があるのに重心が後ろってかなり器用です。

 

そうなると太ももがパンパンなはずです。

 

上記3つのまま重心が前に来ると、腰に体重が乗りやすくなります。

 

立っている状態だけで腰に負担が掛かっている状態です。

 

腰痛になりやすい姿勢の特徴

 

今回は特徴だけあげてみましたがどうでしたか?

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

4つすべてが当てはまった方はすでに腰痛で悩んでいるかもしれませんね。

 

早めの対応を考えましょう!

 

最初に言ったように、姿勢の歪み=痛みに直結はしません。

 

ですが、カラダの動きは確実に悪くなるでしょう。

 

そして、負担(負荷)も増えるでしょう。

 

まずは、動きやすいカラダをつくることから始めていきましょう!

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

姿勢

腰が痛いときは動くな!って本当なのかな? 241

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛いときは動くな

腰が慢性的に痛みが続いていると

動かしたくないってことありませんか?

 

 

『痛いから動くのやめておこう』

 

『痛みが悪化しそうだから安静に』

 

『痛くて動く気力もない』

 

なんてこと思っていますよね?

 

僕も初めて腰を痛めた時は

そういう感情でしたよ

 

痛みから動く気になりませんでした

 

むしろ

動きたくないって感じでしたよ

 

だって痛いですもん

 

動かない?動けない?

 

そもそも痛みで動けない方は少ないです

 

でも動かない方は非常に多いです

 

痛みに過剰になり

痛みに怖がり

 

動けないカラダもそうですが

動けないココロににもなっています

 

 

これが日常的に続いていけば

カラダの筋肉はどんどん低下していきます

 

低下すればカラダを支える筋肉もなくなります

 

それは

腰を支える筋肉すらなくなるということです

 

ということは

いくらほぐしても解決しません

 

筋肉がないのですから

ほぐしたところで何も変わりません

 

でも多くの方がこのサイクルにはまっています

 

痛いからと言って

マッサージだけに頼るとか

動かさないようにしていませんか?

 

ではどするのか?

 

トレーニングをして

筋肉を鍛える必要があります

 

これは必須です

 

つまり

動かせってことです

 

そもそも

痛みを減らすのは簡単です

 

ただ繰り返さないようにするのは

結構難しいことです

 

難しいということは

あなた自身も少しは努力しないといけません

 

これを怠る結果

痛みを繰り返してしまうんです

 

またトレーニングだけではダメです

 

歪みを整えて

トレーニングに入る必要もあります

 

 

がむしゃらに鍛えればいいってことでは

ないってことですね

 

歪みによって

筋肉の強さは場所によって

強弱もありますからね

 

弱すぎる部分は鍛えないといけません

 

僕のパーソナルでは

整体とトレーニングを融合しています

 

これがベストなトレーニング方法だと

僕は確信しています

 

あなたもそう思いませんか?

 

ヘルニアで悩んでいた方も

今では走ったり踊ったりしています

 

繰り返さない痛みのために

筋肉を鍛えましょう!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :          

トレーニング 姿勢

浮指が腰痛の原因だった!?でも浮指よりも大切なことがあります 233

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛の方は浮指!?

先日、ためしてガッテンでやっていましたね

 

ご覧になられましたか?

 

 

写真のように

足の指が自然に浮いてしまう状態を

浮指といいます

 

この状態になってしまうと

腰への負担が増え

慢性的な腰痛になってしまうということでした

 

写真のようにまで浮かないにしても

立った時に指全体に体重が乗っておらず

 

小指だけ親指だけ

もしくは、指に一切体重がかからない

ということも起こります

 

要するに

指も含めた足裏全体で

しっかり体重を支えましょうってことです

 

あなたは浮指ですか?

 

足の指を使えない人は多い

 

ためしてガッテンでやっていたように

指が浮いているかどうかも

大切なことだと思います

 

ですが浮いているかどうか以前に

足の指を動かせない方も多いです

 

例えば握りこぶしのように

足の指を丸めることができない方とかね

 

感覚も鈍っている

 

また僕が思うのは

足裏の感覚も鈍ってきていると思います

 

外で靴を履くのはもちろんですが

家の中でもスリッパを履く習慣がついてきています

 

そうすると

足裏で何かに触れる感覚を感じることが

日常生活の中で少ないと思います

 

この感覚って僕はとても大切ではないかと思っています

 

この感覚が鈍っていくことで

自分自身が浮指なのかもわからないし

指を使う感覚もわからなくなってきていると思います

 

なので僕はなるべく

家では裸足で過ごしています

 

浮指もそうですが

 

足裏の感覚も絶対に大切です

 

浮指で腰痛改善もいいですが

そもそも足裏の感覚鈍っていませんか?

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

姿勢

腰痛が引き起こす7つの支障とは?腰はカラダに〇〇〇を伝える大切な部位です 232

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛が引き起こすもの

腰の痛みによって

色々と支障が出てきますよね

 

その支障は人それぞれです

 

腰痛が引き起こす7つの支障

 

①家事が辛い

 

中腰の続く作業で腰が辛くなりやすいですよね

 

②座ってられない

 

座っている自体が辛く

横になりたい衝動に駆られます

 

➂長距離は怖い

 

長距離の移動や歩行が怖くなり

行動する範囲が狭くなっていきます

 

④荷物が怖い

 

重たい荷物を持つことが

腰への負担になり

持つことが怖くなってきます

 

⑤シップが必需品

 

寝る時にシップを貼らないと

翌日の痛みが怖いですよね

 

⑥常に腰に手がいく

 

腰に痛みがある方に多いのですが

常に腰に手がいってしまいます

不安なんですよね

 

⑦段差を避ける

 

階段など足を上げる動作が辛く

なるべく段差を避けて歩きますよね

 

==========

 

支障というよりも

行動などになってしまいましたね

 

他にも山ほどあると思います

 

腰の痛みっていうのは

すべての動きに繋がるものですからね

 

何かカラダを動かしてみてください

 

絶対に腰も一緒に動いています

 

腰を通して

力が全身に伝わっていき

カラダが動き始めます

 

その腰に痛みがあれば

力が伝わりにくいということは

わかると思います

 

力を伝える重要な腰

 

大切にしてあげましょうね

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :               

姿勢

腰痛は一生付き合っていくものなのか?一生痛みは出なくなることは可能なのか? 231

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛は一生付き合うもの?

 

この腰痛とは

一生付き合っていくしかないのよ

 

なんて考えていませんか?

 

もしくは

 

周りと話していませんか?

 

それはなぜ諦めたのでしょうか?

年齢でしょうか?

解決しなった過去でしょうか?

 

何にせよ

あなたが諦めた時点で

 

その腰痛は改善しませんよ

 

例えば今が一番痛いとします

 

それが少しでも和らいだら嬉しくないですか?

 

できることから始めてみるのもいいことです

 

腰痛は全くの“0”にはならない

 

 

正直に言いますと

腰痛を改善しても

痛みが全くないということはないです

 

トレーニングなどで

痛みが改善して痛みがなくなったとします

 

しかし

日常生活内での腰への負担は避けれません

 

負担が多ければまた

痛みは感じるようになります

 

恐らく

改善したら痛みは一生戻らないと思っていませんか?

 

残念ながら痛みとは付き合っていかなければいけません

 

だったらトレーニングしても意味ないのでは?

とあなたは思われたかもしれません

 

意味はあります

 

でなければ多くのお客様に来てもらえません

 

例えば

今まで腰に負担を掛けていれば

痛くて次の日しんどかったのに

 

『少し腰疲れたかな?』

 

と感じる程度にまではなります

 

これが痛み“0”にはならない理由です

 

またトレーニングを継続することで

疲れ方も変わってきます

 

回復力が変わります

 

痛みと付き合っていくにしても

 

痛みの度合い

 

で付き合い方って大きく変わると思っています

 

辛くて歩けない程の痛み

 

 

違和感あるけど歩ける程度の痛み

 

では大きく違います

 

腰痛を繰り返さないカラダづくりを目指して

トレーニング指導していますが

 

一生痛み“0”は不可能だと思います

 

“0”にこだわる方は

“0.1”痛みがでても文句を言います

 

60歳で腰痛改善して

100歳まで腰痛が“0”ってありえないですからね

 

ただ痛みは大幅に変わると思います

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :             

姿勢 未分類

骨盤の歪みが腰痛のすべての原因なのか?歪みを整えれば腰痛改善!? 230

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛は骨盤の歪みが原因?

よく接骨院などに行くと

 

『骨盤が歪んでますね』

 

と言われると思います

 

そもそも骨盤が歪んでいる状態って

どんな状態なのでしょうか?

 

歪むといっても

様々なタイプがあります

 

また、骨盤の歪みというのは

人間であれば誰にでもあります

 

ただその歪みの程度がひどいかどうかの問題です

 

歪んでますねの一言で

 

『私って歪んでるんだー。どうしよー』

 

とか思わなくても大丈夫です

 

みんな歪んでますからね

ただ程度の問題だけです

 

僕のお客様にも歪んでいる方は

いらっしゃいます

 

中には

『歪んでいるって言われて気にしてます』

って方もいらっしゃいます

 

実際に僕が見てみると

その歪みは許容範囲の場合が多いです

 

全くゼロにするのは

無理ですよ

 

生活や仕事をしている以上は

 

歪みは必ず出てきます

 

その程度の歪みは問題ありません

(足の長さも同じです)

 

ただ長年の悪い姿勢など

歪みが続くと

塵も積もってしまい

 

歪みが許容範囲を超える

 

場合もありますよ

 

そうならない為に

日頃のケアやトレーニングが必要になります

 

骨盤の歪みのせいなの?

 

その小さな歪みのせいで

腰痛になるのか?

という話ですが

 

腰痛になりません

 

その程度でなっていれば

腰痛で悩む方は

ものすごい数になります

 

それよりも

骨盤が歪んでしまうような姿勢や動きが大切になります

 

ここを改善しないと

いくら骨盤の歪みを整えたとしても

意味ありませんよ

 

骨盤ばかり目を向けて

その原因に目を向けないと

根本的な改善とはなりません

 

骨盤の歪みを

繰り返してしまいますよね

 

痛みが出るということは

原因があります

 

その原因を探ることも大切ですよ

 

骨盤の歪みで腰痛になっているのではなくて

 

あなたの

 

姿勢・動き

 

が原因で腰痛になっています

 

それが結果として

骨盤の歪みということに

目がいっただけです

 

まずはあなたの日頃の

習慣に目を向けてみませんか?

 

解決するポイントがあるはずですよ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :           

姿勢

腰痛を改善したいのなら座ってはいけません 229

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛を改善するなら座らない

腰痛の方に多いのが

腰が痛いから動かないという方です

 

『腰がしんどいからすぐ座るよ』

 

という方は多いのではないでしょうか?

 

腰痛=安静という考え方が

一般的だと思います

 

というよりも

 

動きたくない

 

の方が正しいかもしれませんね

 

でもそれでは腰痛は改善はしないと僕は思います

 

でも座る選択をする方は減りません

あなたの周りにもいませんか?

 

しかし、座っていると悪いことに

 

動かない癖

 

がついてしまいます

 

さらに言うと

年齢を重ねるごとに

筋肉は落ちていくのはわかりますよね?

 

動かない癖がつくということは

筋肉の落ちるスピードが早くなるということです

 

座ったからと言って

急速に落ちるというわけではないですよ

 

動かない癖の積み重ねという意味です

 

年齢を重ねるごとに大切になってくる

 

太ももの筋肉

 

がおちてしまうという残念なことになります

 

まとめると

 

①動かない癖がつく

②筋肉が落ちやすい

 

という結果になってしまいます

 

長時間座る癖のある腰痛のあなたには

是非、カラダを動かしてほしいと思います

 

座ったままだと

腰痛は改善しませんよ

 

今を変えましょう!

 

腰痛はあなたが変わらないと

改善しません

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :            

姿勢

1 2 3 6