【姿勢】骨盤のニュートラルポジションとは? | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【姿勢】骨盤のニュートラルポジションとは?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

先日お客さんから

「昨日ピラティス教室に初めて行って、骨盤のニュートラルポジションの練習をしました」

「でもいまいち骨盤のニュートラルポジションがわからないんですが教えてもらえますか?」

と質問を受けました。

 

そもそも僕はピラティスやったことないので、その先生が納得いくように説明してくれたらよかったのに(笑)

でもさらに質問は続き、

「立位姿勢と仰向け姿勢で骨盤のポジションが違う形で説明され実践したんですけど、立位と仰向けで骨盤は変わるんですか?」とのこと。

ここの先生がどう説明されたかはわかりませんが、僕なりにこのブログでも回答していきますね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

まずピラティスで言う『骨盤のニュートラルポジション(基本姿勢)』について。

骨盤のニュートラルポジションとは、

 

=====

ASIS(上前腸骨棘)と恥骨結合が平行にある状態

=====

 

なんです。

「なんのこっちゃ!?」って話しだと思いますが詳しく説明していきますね。

骨盤のニュートラルポジションの説明でちょうどいい画像があったのでこれをまずは見てください。(出典:pilatesstudiokumagaya)

 

 

基本的にこの三角形が水平になることが骨盤のニュートラルポジションになります。

そしてチェック方法ですが、両膝を曲げた状態で仰向けに寝て、上記三角形に沿って下記イラストのように手を当てます。

 

 

その時に床と三角形が平行になるように骨盤を前後傾させ調整していきます。

そして三角形が水平になったところが『骨盤のニュートラルポジション』になるんです。

立位の場合もやり方は同じね。なのでさっき言った、

 

=====

ASIS(上前腸骨棘)と恥骨結合が平行にある状態

=====

 

をどの姿勢でも作っておくことが骨盤のニュートラルポジションを保つことになります。

これがピラティスでは基本的な姿勢になるんです。

 

ピラティスは基本的にこの姿勢をキープしたまま運動するらしいです。

骨盤のニュートラルポジションが慣れていない方は、キープするだけでも辛いと思うので試してみてください。

 

ってことで最初に質問を受けた方への回答としては、『立位と仰向けで骨盤のポジションが違うことはない』かな。

その先生は一体どう説明したのでしょうか?

まぁ骨盤の歪みは腰痛にも繋がることがあるので気を付けていきましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :    

姿勢

この記事に関連する記事一覧