姿勢 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【姿勢】骨盤のニュートラルポジションとは?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

先日お客さんから

「昨日ピラティス教室に初めて行って、骨盤のニュートラルポジションの練習をしました」

「でもいまいち骨盤のニュートラルポジションがわからないんですが教えてもらえますか?」

と質問を受けました。

 

そもそも僕はピラティスやったことないので、その先生が納得いくように説明してくれたらよかったのに(笑)

でもさらに質問は続き、

「立位姿勢と仰向け姿勢で骨盤のポジションが違う形で説明され実践したんですけど、立位と仰向けで骨盤は変わるんですか?」とのこと。

ここの先生がどう説明されたかはわかりませんが、僕なりにこのブログでも回答していきますね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

まずピラティスで言う『骨盤のニュートラルポジション(基本姿勢)』について。

骨盤のニュートラルポジションとは、

 

=====

ASIS(上前腸骨棘)と恥骨結合が平行にある状態

=====

 

なんです。

「なんのこっちゃ!?」って話しだと思いますが詳しく説明していきますね。

骨盤のニュートラルポジションの説明でちょうどいい画像があったのでこれをまずは見てください。(出典:pilatesstudiokumagaya)

 

 

基本的にこの三角形が水平になることが骨盤のニュートラルポジションになります。

そしてチェック方法ですが、両膝を曲げた状態で仰向けに寝て、上記三角形に沿って下記イラストのように手を当てます。

 

 

その時に床と三角形が平行になるように骨盤を前後傾させ調整していきます。

そして三角形が水平になったところが『骨盤のニュートラルポジション』になるんです。

立位の場合もやり方は同じね。なのでさっき言った、

 

=====

ASIS(上前腸骨棘)と恥骨結合が平行にある状態

=====

 

をどの姿勢でも作っておくことが骨盤のニュートラルポジションを保つことになります。

これがピラティスでは基本的な姿勢になるんです。

 

ピラティスは基本的にこの姿勢をキープしたまま運動するらしいです。

骨盤のニュートラルポジションが慣れていない方は、キープするだけでも辛いと思うので試してみてください。

 

ってことで最初に質問を受けた方への回答としては、『立位と仰向けで骨盤のポジションが違うことはない』かな。

その先生は一体どう説明したのでしょうか?

まぁ骨盤の歪みは腰痛にも繋がることがあるので気を付けていきましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :    

姿勢

【姿勢】肩甲骨の位置が悪くなると姿勢も肩も悪くなるの!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたの肩甲骨は正常な位置にありますか?

左右の肩甲骨の位置を比べてみてください。

背骨~肩甲骨の骨までどれぐらいの距離がありますか?

もし背骨~肩甲骨までの間に手のひら全部が入るようなら、それは肩甲骨が外に流れ過ぎとる可能性がめちゃくちゃ高いです!!

それと左右差がどれぐらいあるのかも見てみてください。

 

 

どうでしたか?

全然問題なければいいんですが、もし背骨~肩甲骨までの間に手のひらが全体が入るなら、それは肩甲骨が外に流れているので注意が必要になってきます。

 

肩甲骨が外に流れるってことは、それだけ姿勢が悪くなっている証拠です。

例えば猫背の場合、必ずと言っていいほど肩甲骨は外に流れています。

それに巻き肩にもなってしまう可能性も高いんです。

 

そして姿勢も悪くなる一方で、肩そのものにも影響が出てきます。

肩甲骨が外に流れるってことは、肩の関節面の位置も必然的に変わってくるんですよね。

そうなれば、肩が上げにくくなったり、肩を上げた時に痛みが発生しやすく、結果としていわゆる五十肩などになるリスクも上がってしまうんですよね。

 

なのでたかが肩甲骨の位置かもしれませんが、注意が必要!!

肩甲骨は正しい位置にあり、かつ適度な柔軟性をつけることが姿勢改善・五十肩予防には大切になってきますよ。

気を付けていこうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

姿勢

【指の痛み】腱鞘炎やバネ指などは腰の痛みと関係している!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

女性に多い腱鞘炎やバネ指。

症状が悪化すると指の曲げ伸ばしもかなり辛いものがありますよね。

 

しかも指って普段から使う部位なので余計にしんどいし「安静にしましょう」と言われても安静にできないのが指の症状ですよね。

 

でも実はこの指の症状は、ある部位と関係しているんです。

それがタイトルにもあるように『腰』と関係しとることが多い。

僕が見てきた方のほとんどが腰周りに何かしらの症状を抱えていましたし、腰の症状を緩和させると指の症状も緩和することが多々あったんですよ。

 

なので僕の中では指の症状であっても腰も治療範囲のひとつなんですよね。

もちろん腰だけを見るのではなくて指に直接関係する部位も見ますよ。

それを踏まえた上で腰もみていくことで指の症状も緩和しやすくなってきます。

 

じゃあなぜ腰が指の痛さと関係しているのか?ってこと。それは、

 

=====

指の痛みは姿勢と大きく関係しているから

=====

 

なんです。仮にあなたに指の痛みがあったとします。

その時に思い切り猫背の姿勢をして指を動かすのと、姿勢を正して指を動かすのでは指の痛さは変わってくるかと思います。

これが指と姿勢は関係しているという証拠です。

 

で姿勢で変わるってことは、指に症状があるんかもしれませんが指以外にも原因が存在する可能性があるってことがわかってきますよね。

 

なので姿勢の土台でもある腰に症状として痛みが出てきとる方が多いんです。

姿勢不良になれば必然的に腰に負担は増えますからね。

だから腰の症状を緩和させると連鎖的に指の症状まで緩和することがあるんですよね。

 

ってことでもし指に痛みを感じてきたなって方は姿勢を見てみてるのと、腰の症状も緩和させるように励まれるといいかもしれませんよ。

指だけに着目するんじゃなくて姿勢や腰もみていくと少しでも早く指の症状が変わってきます(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

ケア

【ストレッチ】猫のように丸くなった背中を10秒で姿勢を良くする方法

 


 

猫のように背中が丸くなっていませんか?

背中が丸くなり過ぎてしまうと体に色々な支障が出てくる可能性がでてくることが多々あります。

なので猫のような背中、猫背になっている方は今すぐこのストレッチをしてください(^^)

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

猫背改善のストレッチ方法はYouTubeに投稿していますので、一緒に見ていきましょう!

とっても簡単にできますので、ぜひやってみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

うまくできましたか?

 

背中が猫のように丸くなっている方にとっては、そこそこきついストレッチになっているかと思います。

ですが、この動きは最低できないと猫背改善への道のりは険しいかもしれません。

まずは胸がしっかりと張れるように頑張ってみましょう!

 

もちろんこの動きで痛みが出る場合は、この動きを控えてくださいね。

まずはできることから始めて姿勢改善へと繋げていきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

トレーニング動画

【回復力】目が覚めると体はリセットされている!?

 


 

あなたは体に痛みなく気持ちよく起きれていますか?

もしスッキリ起きていないのならあなたの回復力は低下しているかもしれませんよ。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

寝起きに腰が痛い!首が痛いなど症状を訴える方がいます。

これは寝相であったり、骨格の歪みからあらわれてくることが多いんです。

ですが、それ以外が原因のこともあります!それは、

 

=====

回復力不足

=====

 

ってこと。

 

日中の活動中って言うのは、どうしても偏った動きをしがちですよね。

ですがそれぐらいの歪みって言うのは、大抵寝ている間に修正されます。

ただその自然修正が追い付いていないから寝起きが辛いんですよね。

つまり歪んだまま寝て歪んだまま起きてしまうを繰り返していくことで疲れや歪みが蓄積されていっているってこと。

 

それだけ回復力が低下しているんです。

その原因は人それぞれで、

 

=====

スマホの使い過ぎ

寝不足

運動不足

暴飲暴食

姿勢不良

=====

 

などなど。

これらが原因で睡眠の質というのも低下しているんですね。

まずはここから見直していくのもアリだと僕は思いますよ。

何歳になっても回復力は存在しますから、存在する限り有効に使いましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

腰痛

【シムズ肢位】妊婦さんの腰が楽になる姿勢とは?

 


 

妊婦さんの悩みのひとつとして腰痛があります。

その中でも「横になってもしんどい」と訴える方も多いかと思います。

今回はそんな時にオススメな姿勢をお伝えします。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

その姿勢とは「シムズ肢位」です。

(またはシムス肢位とも言います)

この姿勢が妊婦さんにはオススメなんですが、どんな姿勢かと言うとこんな感じです。

 

 

わかりにくいですね。もっと現代的に言うと抱き枕を抱いている肢位です。

 

 

この姿勢が妊婦さんにとっていい姿勢と言われています。

知らないうちにこの姿勢になっている妊婦さんも多いと思います。

自然とラクな姿勢をとっているんですねー。

 

もし腰が辛い妊婦さんだったらこの姿勢を積極的にとってみましょう!

少しは腰が楽になるかもしれません。

それにこの姿勢でお尻をほぐすと腰痛にめちゃくちゃ効きますので、旦那さんにお尻もほぐしてもらうといいですよ。

 

もしもっとシムズ肢位について詳しく知りたい場合は、こちらをご覧ください。

僕がシムズ肢位の歴史にも少し触れながら詳しく記事を書いています。

https://note.com/fujino_masato/n/na93d93673142

 

ではよい妊婦生活を!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

【腱鞘炎】痛みがあるなら椅子に座れ!?

 


 

「腱鞘炎になって痛いんです。他の治療院に行ったら椅子に座るようにしてくださいと言われたんで今ソファーを探しているところです」

ん?なんで??

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

直接この方を僕が見た訳ではないんですが、今椅子がない生活をしているので椅子を探しているらしいです。

僕の見立て(知人なので少しはわかる)では、椅子に座ったところで腱鞘炎は治りません。

治療してくれた先生がどういう理由で椅子に座れと言ったのかわかりませんが、意味はないと僕は思います。

むしろ椅子を買うお金が勿体ないです。

 

 

この方はかなりの猫背なんですよね。

腱鞘炎って猫背だとなりやすいことが分かっています。

実際に腱鞘炎の方なら試してほしいんですが、背中を大きく丸めてグーにするのと、背筋を真っすぐに伸ばしてグーにするのでは痛みが違うと思うんですよね。

それだけ猫背の影響が腱鞘炎に与えているダメージは大きいと言うことです。

 

 

なので、椅子を買って座ったところで猫背は治りません。

むしろ猫背を助長させてしまうので痛みは悪化するでしょう。

 

 

そしてこの方は股関節(鼠径部辺り)も痛いと訴えているらしいです。

実はここも猫背(骨盤後傾位・腰背移行部後湾)であれば痛みが増します。

なので椅子にしたら余計に痛くなる可能性は高いです。

 

 

さらに言うと「腰の痛みもあるでしょ?」と聞くと慢性的な腰痛症状もあるみたい。

であれば、腰を治療しないと腱鞘炎も股関節も治りにくい可能性があります。

ですが、椅子に座り余計に猫背を助長させてしまってはいかがなものでしょうか?

 

 

それよりも猫背が目立つのでまずはそこを修正するような整体やトレーニングが必要になってきます。

体がうまく機能し始めればこの方の痛みは改善していくと僕は話を聞く限りは感じました。

ですが椅子に座れって・・・。

 

 

現代社会、椅子に座る時間が問題になっています。

座り方を指導するならわかるんですが、運動不足の人に椅子に座る時間を増やすために椅子を買えって・・・。

僕には理解できません。

 

 

もし腱鞘炎でお悩みであれば、まずは姿勢も確認しておきましょう。

猫背になっているかもしれませんよ!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

ケア

【YouTube】たった10秒で猫背が改善できるトレーニング

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回はYouTubeの動画のご紹介です。

数か月ぶりにアップしたのでよかったら見てください。

これから定期的にアップしていかんといけんですね・・・

ではまずは動画をご覧ください。

 

 

どうですか?

とってもシンプルで簡単だったと思います。

ぜひ日々の運動の一部に取り入れてみて下さい。

 

 

で最後にこのトレーニングの解説をしていきます。

 

 

基本的に猫背の方は、肩が内旋(内に入る)し背中が丸くなっています。

これは肩の後ろの筋肉や組織が固くなることも原因なんですが、そもそも肩を外旋(外に捻る)動きが少ないのも原因なんです。

 

 

日常生活内での動きって基本的に体の前で行うことが多いですよね。

料理もそうだし、洗濯物もそうだし、スマホだってそう。

 

 

前で作業すると肩は自然と内旋(内に入る)ので、作業が多ければ多いほど猫背になるのは仕方のないことなんです。

なので運動などでわざと肩を外旋させる必要もあります。

というわけでこの動きをトレーニングに入れています。

 

 

プラス、肩を後ろに引くことで【肩甲骨が寄る+胸が張れる+背中の筋肉が使える】という効果があります。

猫背改善には必要不可欠な要素が組み合わさっているってことですね。

 

 

まとめると、まずこのトレーニングをしてみましょう!ってことです(笑)

猫背はひどいと腰痛・膝痛・肩こりにも繋がるので、ひどすぎる場合は改善していきましょうね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :        

トレーニング動画 姿勢

【脂肪量】脂肪が増えると腰痛になるリスクが上がる?

 


 

noteにも書きましたが、大切なことなのでこちらでも。

 

どこの研究だったか忘れてしまいましたが、とある機関で『腰に脂肪が多いと腰痛になるのか?』という研究がありました。

そこで①腰が痛いグループと②腰が痛くないグループに分けて腰の脂肪を検査してみたところ、①の腰が痛いグループには腰に脂肪が多く付いていたことが判明しました。

そして、その①のグループの人たちの脂肪を減らす(減らし方は不明)と腰痛は緩和していった。

っていう研究結果があります。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

 

ここで見てもらいたいのは、脂肪量で腰痛は変わるってこと。

 

 

そして、ここからは僕の意見になりますが、結局腰に脂肪が溜まりやすい人って「姿勢不良」「運動不足」が大きな原因なんだと思います。

 

 

まず姿勢が悪いと腰を動かすことが少なくなり、腰の筋肉が低下しやすくなります。

つまり、腰の筋肉を普段から使わんくなるってこと。

そうなれば、腰へ脂肪は溜まりやすくなるんかもしれん。

 

 

そして、運動不足。

そもそも姿勢が悪く腰の筋肉を低下させとるのに、それに加えて運動不足。

運動をしないってことは、筋肉がさらに低下するってこと。

そうなれば腰だけじゃなくて全身の筋肉量も低下する。

結果としてこの二つが掛け合わさって、脂肪が溜まるリスクが増える。

 

 

まとめると、

 

=====

姿勢不良・運動不足などが掛け合わさって、腰の筋肉量が低下していき、脂肪が付きやすくなり、腰の痛みへと繋がっている

=====

 

ということです。

脂肪=痛みって研究だったんですが、じゃあ何をすればいいんの?って考えることも必要になります。

 

 

今回で言えば簡単で、腰の筋肉量を増やすことが一番の解決策だと思います。

しっかりと全身強化していきましょう!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【スタンディングデスク】人間には立つ生活が重要でもっとも簡単なトレーニング

 


 

スタンディングデスクって知っていますか?

名前の通り、立って作業する机のことです。

 

 

では、このデスクは人間にとって非常に重要過ぎるデスクなのは知っていましたか?

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

お客さんと『スタンディングデスク』の話題になったので、今朝からスタンディングデスクでこのブログを書いています。

 

 

お恥ずかしながら、僕のスタンディングデスクです。

急遽今朝「やってみよう」ってことで近くに合った段ボールを活用しています(笑)

先日買った空気清浄機がここでも役に立ちました。

 

 

今1時間近く立って作業していますが、ふくらはぎが疲れ始めました(笑)

これではダメですね。

日頃じっと立っていることがないので、普段使わない筋肉が働いてくれている気がします。

 

 

人間というは、二本足で立って生活する地球上では珍しい生き物です。

ですが近年、この立つ時間が極端に減ってきました。

つまり、人間としての機能が弱体化していきたということです。

 

 

これは将来非常にまずい展開になりそうです。

こうやってパソコンを打っている間も筋トレが必要なような時代。

最少は疲れるかもしれませんが「立つ」ことを当たり前にしていこうと思います。

 

 

あなたもスタンディングデスクで立って作業するのはいかがですか?

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング

1 2 3 14