ウォーキング | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【歩き方】お尻の筋肉が落ちるとつまずきやすくなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

お尻の筋肉が落ちることで、歩いている時につまずきやすくなります。

「最近よくつまずいてコケそうになる」と心当たりのある方は要注意です!!

 

目次

・歩行とお尻の関係

・お尻の筋肉を鍛えよう!

・まとめ

 

歩行とお尻の関係


 

お尻の筋肉が落ちることで起きる代表的な歩行障害が、

 

=====
トレンデレンブルグ徴候
デュシェンヌ徴候
=====

 

です。

難しいことは置いといて、これらの障害の特徴は、

 

=====
体が左右に倒れながら歩く
=====

 

ふたつの図を見比べてみましょう。

 

 

歩行時(片足になる瞬間)に、

 

=====
トレンデレンブルグ徴候→浮いている足側に倒れる
デュシェンヌ徴候→着いている足側に倒れる
=====

 

という現象が発生してしまいます。

 

これらはお尻の筋肉が落ち、片足時に体を支えきれないのがひとつの原因となる現象です。(全てお尻が原因とは限りません)

 

また左右の倒れ込み以外にも、前後の変位も見られるようになります。

腰が曲がったまま歩いたり、お腹を突き出して歩いたり・・・。

 

このようにお尻の筋肉が落ちるだけで、左右前後共に倒れやすくなります。

お尻の筋肉ってめちゃくちゃ重要ですね。

 

お尻の筋肉を鍛えよう!

 

ってことで、お尻を使えていない・筋肉低下の場合、お尻を鍛えないといけません。

 

ですがその前に、そもそもお尻の筋肉が使いにくい・落ちやすい体ではいくら鍛えても意味がありません。

 

そこでお尻を鍛える前に治すべきポイントについてもお伝えしていきます。

 

=====
腰の筋肉を強化→腰が曲がった状態ではお尻は使えない
太ももの裏の筋肉を柔らかく→太もも裏が硬すぎるとお尻は使えない
=====

 

最低限ここはクリア(準備)してから、お尻を鍛えると効果的です。

お尻の鍛え方は、この動画などを参考にしてみてください。

 

 

他にも「お尻 筋トレ」などでYouTube検索すればたくさん出てきます。

お尻に効いている感覚を持ちながらやってみましょう!!

 

まとめ

 

 

いつまでも元気に歩くためには、お尻の筋肉が鍵を握っています。

 

お尻を鍛え、使えるお尻にしていく!!

 

これだけは何歳になっても忘れないでくださいね(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

利厚生で整体&トレーニング

 

詳細はこちら↓(写真をクリック)

 

 

タグ :             

ウォーキング

【重力】健康でいる為に床反力を有効活用しよう!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

地球に住んでいる以上必ず、僕らの身体に重くのしかかってくるのが、重力です。

 

重力があるから地面をスタスタ歩けるわけで、もし地球も宇宙のように重力がなければフワフワ飛びながら移動しているかもしれません。

 

そして重力があるということは反面、重力に打ち勝つための力も必然的に必要になってくるわけです。

 

それが今回のタイトルにもある《床反力》です。

 

床反力とは?

 

床反力とは簡単に言ってしまえば、

 

=====
身体(主には足底)と床の接触部分から生じている反力のこと
=====

 

ん?ん?ちょっと難しいですね。

でもこの図を見てください。

 

 

緑色の線が床反力です。

なんとなくイメージできますかね?

 

エネルギーが大きければ大きいほど、この床反力は大きくなります。

 

走るだとか、ジャンプするだとかそんな感じで大きくなります。

 

床反力が弱いと?

 

 

逆に重力が存在する以上、もし床反力が弱い身体は歩く度に倒れてしまいます。

 

ですが人間の身体は上手にできていますので、ふらつきながらも歩けてしまうんですよね。

 

これがよく高齢者の方に見られるふらつき歩行ってやつです。

 

この場合、ほとんどの方が重力に対応する床反力が弱まっていることを示唆します。

 

床反力を強くするには?

 

 

関節のバランス・歩行バランスなど様々な要因が重なり、床反力に影響を及ぼしますので、一概に「これだ!」とは言えません。

 

ですが、年齢を重ね床反力が弱くなっているのであれば、

 

=====
ふくらはぎの筋肉・足部の筋肉
=====

 

が弱っていることはまず間違いないです。

ここを鍛えることで床反力を強くする一歩になると思いますよ。

 

踵上げや足指の運動などはとても有効ですね。

 

まとめ

 

 

重力のある地球で生活している以上、床反力と付き合っていかないといけません。

 

今回は倒れるという問題点を挙げましたが、膝痛・腰痛・猫背にまで繋がる可能性もありますので、ご注意くださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

足底

【歩行】歩く姿ひとつでわかる症状とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

歩く姿はその方の症状をうつしている鏡みたいなものなんです。

 

腰が痛い方は腰が痛そうな歩き方をするし、膝が痛い方は膝が痛そうな歩き方をするじゃないですか。

 

そうやって何かしらの症状がある場合、顕著に歩き方に出てしまうんですよね。

 

さらに言えば、痛みが出ていなくても後々この方はこういう痛みが出そうだなっていうのもある程度わかったりします。

 

では実際にあった歩き方の例で、この歩き方はどこが悪いかわかりますか??

 

歩き方を見極める

 

では、この歩き方はどうでしょうか??

 

=====
【ケースA】
・左膝だけ内側に入りながら歩く

【ケースB】
・小股で左右にブレながら歩く
=====

 

細かいことは省きますが、こんな歩き方。

だいたい想像できるかと思いますが、回答にいってみましょう。

 

=====
【ケースA】
・足首が硬く、左膝が硬く、左腰も痛い。

【ケースB】
・腰が痛く、筋肉が低下で、猫背。
=====

 

でした。

当然例外もありますが、だいたいこういう歩き方の方は、こういう症状があるかと思います。

 

まとめ

 

 

歩き方ひとつで、症状があらわれたりするもんですね~。

 

そうなってくると職業病なのか、外でボーっとしているとき、人の歩き方を見てしまう癖があります(笑)

 

「あーあの人はこういう症状あるだろうなぁ」とかね。

 

歩き方は基本になるので、悪すぎる歩き方は気を付けましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

歪み

【健康】歩く力は何歳になっても絶対に衰えさせてはいけない!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

『歩く』これは人生にとって最大のテーマかもしれません。

 

何故なら人間は、歩行する動物だから。

 

歩く力が衰えるということは、日常生活に大きな支障をもたらすことでしょう。

 

歩く力を見くびるな!

 

年齢を重ねるにつれ、筋肉なども低下し、必然的に歩く力は衰えますが、必要最低限、歩く力が弱くならないように気を付けなければいけません。

 

何かしらの怪我や病気などやむを得ない事情があれば仕方のないことかもしれませんが、それ以外《老い》で全くの寝たきりにならないように。

 

歩く喜び

 

 

僕のお客さんの中には『昔みたいに歩けるようになりたい!』と目標を掲げていらっしゃる方が数名います。

そしてこの間のその中のお一人から嬉しいお声を聞くことが出来たんです。

 

「先日数年ぶりにデパートに一人で行って、端から端まで歩いて買い物してきました」

 

この方は腰の怪我により、歩くことが難しくなり、ご自宅内ですら歩くのがしんどくなり、一人での外出では必ず電動車いすに乗って移動されていたんです。

 

それが一人で歩いてお買い物とは・・・。

ご本人も自信が付いたようですが、僕も同時に嬉しいです!!

 

何気なく、普段なんとも思っていない方が多いと思いますが、歩くことって凄く大切だし、何歳になっても歩ける身体に感謝するべきなんですね。

 

歩く力におすすめトレーニング

 

 

歩く力のためにオススメしているトレーニングは、《スクワット》です。

 

僕の中ではこのトレーニングは、必須科目。

歩くためにはスクワットを数十回こなさせる力も必要なんですよね。

 

実際に先程ご紹介した方も、最初はスクワットができず、あまりしゃがむこともできませんでした。

 

ですが数ヶ月経ち今では、太ももは床と平行になるぐらいまでしゃがめるし、10回×3セットもできてしまいます。

 

ちなみにご年齢は80代ですよ。天晴です!!

 

まとめ

 

 

歩く力が衰えないように、日々努力しましょう。

 

ちなみに年齢を重ねてもスタスタ歩けている方は、僕が見る限り日頃から《歩く習慣》がある方ばかりです。

 

さらに言えば、なぜか多くの方が登山も少しばかり(趣味程度)かじっている方ばかり。

 

これが年齢を重ねた時に、差が出るひとつの要因なんだろうなと感じました。

今からでも遅くはありません。歩く力を養いましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【膝痛】歩く時の膝の横揺れに気を付けよう!!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛の方(変形性膝関節症)の特徴のひとつとして、歩く時に膝が横に揺れてしまう現象が発生することが多々見受けられます。

 

これは膝の痛みを悪化させてしまうので、要注意ですよ!!

 

膝痛と歩行

 

痛みのなく普通の場合、正面から見て膝(お皿の位置)は、左右には揺れず基本的に真っすぐのまま歩きます。

 

ですが、膝痛の方は、膝(お皿の位置)が、左右に揺れながら歩くんです。

正面から膝を中心に見てみると分かると思います。

 

この膝の揺れが、膝へのストレスを増やし、膝痛がなかなか改善しない原因になります。

 

膝周りをほぐしても、またすぐに膝が張ってしまう・痛みが戻ってしまうという方は、歩き方自体に何かしらのエラーが発生している可能性があり、そのひとつが膝の横揺れです。

 

もし膝が大きく横に揺れてしまっている方は、まずはそこを修正していくと膝の痛みは緩和していきます。

 

まとめ

 

 

変形性膝関節症の場合、O脚になり、横揺れはさらに加速していくでしょう。

 

膝周りの筋肉だけではなく、骨格の歪みなども修正していくことで、横揺れも痛みも緩和していきますよ。

 

まずはあなたの歩き方から見直してみましょう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

膝痛

【健康】日常生活内でできる運動で筋肉低下の予防

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

現在、年齢による筋肉の低下を“止める”ことは不可能です。

 

もうこれはどうしようもない事実。

 

20代の時の筋肉をそのまま80代までキープするなんてことは、絶対に無理ですよね。

そういうことです。

 

ですが、低下するスピードを“遅らせる”ことは可能です。

 

止めることはできなくても、遅らせることはできる。

この事実は、かなり重要なことです。

 

日常生活でできる運動

 

先程も言ったように、遅らせることは可能。

そしてそれを可能にするためには、『運動』が必要不可欠なんです。

現実問題、運動でしか解決策はありません。

 

飲むだけ、食べるだけ、着るだけ、貼るだけなどの甘い言葉に騙されてはいけませんよ。

 

それらは根本の部分を欠如させ、あなたの筋肉が低下するスピードがさらに加速させていきます。

 

ですが多くの方が、この甘い言葉にハマってしまうのも事実・・・。

 

それよりも日常でできる運動を積極的にした方が、お金も掛からないし、効果が桁違いにあります。

そこを知り、受け止めた方は、今から僕がお伝えする運動を積極的に取り入れましょう。

必ず体は変わります。

 

=====
歩く・立つ・スクワット
=====

 

以上です。

これだけを意識すれば身体はどんどん変わります。

座る時間が長い方なんか特にね。

 

1日の座る時間を減らし、立っている時間を増やすだけでも全然違いますよね。

 

このように日常生活できるかなり簡単なことで、身体は効果的に変わるので、是非積極的に取り入れてほしいです。

 

まとめ

 

 

日常生活でちょっと意識したらできるレベルの運動、

 

=====
歩く・立つ・スクワット
=====

 

この3つをどんどん取り入れてみてください。

本当に身体変わりますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

トレーニング

【歩行】正しく歩くために本当に必要なこととは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたは正しく歩けていますか?

正しく歩けていれば、体への負担は減り、腰痛・膝痛などの痛みも軽減していくかもしれません。

そのポイントを少しお伝えしますね。

 

正しく歩くポイント

 

基本的に正しく歩けていない方は、支持基底面に体重がしっかりと乗っていないことが第一に挙げられます。

ちなみに支持基底面とは、身体の床面に接している部分の外周により作られる広さ(領域)をいいます。

 

 

簡単に言うと、両足でバランスを取れる範囲とでも言いましょうか。

ここに乗れると歩行の後半もバランスよく歩くことができますし、体への負担を減らすことができます。

 

ですが歩き方が悪い方、もしくは膝や腰に不安のある方の多くは、この支持基底面からズレて歩いている方が非常に多く見受けられます。

例えば膝痛の方は、左右にブレて歩くことが多く、支持基底面からズレて歩いていることがわかると思います。

 

このズレが徐々に体への負担を増やしていきます。

なので、あなた自身がちゃんと支持基底面内で歩いているのか確認してみると、歩き方が悪いから膝や腰が痛んでいたんだとわかると思いますよ。

 

まとめ

 

 

腕を振る、足を大股で。など言われていますが、その前にそもそも支持基底面に重心がなければ意味がありません。

まずは支持基底面に乗っているのか?を確認しましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

ウォーキング

【膝痛】歩き続けると痛む膝の原因とは何か?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日は約4年続けてきました歩こう会の最後の日でした。

僕ら主催者側の都合により一旦お休みさせて頂く形となったんですが、最終日が晴天で本当によかったです。

 

そして今回の参加者の方の中には、膝の痛みで悩んでいる方もいらっしゃいました。

今回のその方を例に、歩くために必要なことについてお伝えしていきますね。

膝痛と歩行

 

膝痛の方の多くは、歩行時に、『ニーイン』もしくは『トゥーアウト』した形で歩いています。

これらがどういうことかと言いますと、

 

=====
▶ニーイン
→膝が内側に入りながら歩く(内股みたいな感じです)

▶トゥーアウト
→つま先が外を向いた状態で歩く
=====

 

 

ニーインとトゥーアウトは構造上、同時に起こることがあります。

 

ですが、変形性膝関節症などになっていくと、トゥーアウトだけ起こる(下腿外旋症候群)こともあり得ます。

 

そしてどちらも共通していることが、膝の内側に負担が掛かりやすいということです。

なので、歩けば歩くほど、膝に痛みを感じやすくなっていきます。

 

歩き方を治す

 

 

ニーイン・トゥーアウトを治さないと膝痛は治りにくいです。

 

もしこのパターンで膝に痛みが発生している場合、『足首の柔軟性』『股関節の柔軟性・安定性』が必要不可欠になってきます。

 

膝が痛いからと言って膝だけ揉んでいても、そもそもニーイン・トゥーアウトで歩いている歩き方を治さないと膝の痛みはなかなか改善していきませんよ。

 

まずは自分の歩き方がどうなっているのかを知り、そこからどう改善していけばいいのかを考え、治療していきましょう!!

 

まとめ

 

 

本日で一旦最後となってしまった歩こう会。

みなさん少しずつ痛みが減り、歩くスピードも速くなってきていました。

 

今日で歩こう会は終わりますが、みなさんは日々の生活の中でしっかりと歩き続けていてくださいね。

影ながら応援しています(^^)

 

そして自分の歩き方ひとつで、体は変わっていくことをあなたも知っておきましょうね。

もしかしたらその痛みの原因は、歩き方かもしれませんからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【フジ三篠店】歩き方教室のイベントチラシを提示して頂きました!

 


 

フジ三篠店に活動のご理解を頂き、歩き方教室のイベント告知にご協力を頂けることになりました。
いつまで提示されているかわかりませんが、イベントチラシを見つけたら必ずお申し込みください(笑)
さて店内のどこにあるでしょう?

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

毎月開催中の歩き方教室のチラシをフジ三篠店にも!

チラシはこんな感じです。

 

 

もし見かけたら必ずお問い合わせください←2回目!(笑)

階段の地域イベント欄(?)のところに提示させて頂いています。

階段を普段使わないかもしれませんが、この機会にぜひ階段をご利用ください。

 

 

よく質問で「膝や腰に痛みがあるけど大丈夫?」「体力に自信がない」という声を聞きますが、全く心配ありません。

むしろそういう方に来て欲しいイベントです。

その悩みを解消する場がこの教室なんですから。

 

 

少しでも気になったらお気軽にお問い合わせくださいね。

質問だけでもお待ちしていますよ(^^)

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング

【疑問】痛いから歩かないでいいの?

 


 

今日は月に1回の歩こう会の日でした。

体調不良で欠席される方が多く4名のご参加でしたが、暑い中しっかりと歩けたかなと思います。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は新庄之宮神社へ参拝コースということで広島ホームテレビから歩きましたよ。

汗をかきながらもしっかりと歩けたと思います。

お疲れ様でした!

 

 

でこの歩こう会でよく聞くのが「誘っても○○が痛いから辞めておく」って友達に言われるんよねって話し。

でも実際に参加した方々からは「痛いからこそここに来るべきなのに」と言われます。

 

 

そうなんです。来たらその理由がわかるんですが、来るまではどこかしら痛いから不安ですよね。

でも何かアクションを起こさないとその痛みは一生治らないかもしれませんよ。

そのアクションとして【歩くこと】を選択されるのもひとつの手なんかと思います。

 

 

自分で言うのもなんですが、この歩こう会に参加されれば痛みを緩和できるヒントがたくさんわかるはずです。

歩き方がいけないのか?どこの筋肉が悪いのか?どういう動きがいけないのか?などたくさん知れます。

それに約2時間は僕に聞き放題ですから(笑)

 

 

そのヒントを得て自宅で実践されるのもいいし、月に1回歩こう会で確認するのもいいし。

とにかく痛みがあるからこそ参加してそのヒントを持ち帰ってほしいわけです。

 

 

「痛みがあるからやっぱりやめるわ」

 

 

それだけはやめてほしい。そういう方にこそ来て欲しい。

あなたの痛み改善のヒントを持ち帰りませんか?

 

 

毎月第4日曜日の午前中に参加費500円で開催していますんで、お気軽にご参加くださいね。

質問もお気軽にしてください。

あなたのご参加心よりお待ちしております。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング