広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

食生活の乱れが腰痛・ぎっくり腰を引き起こす原因になる?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

あなたは、腰痛・繰り返すぎっくり腰に悩まされていませんか?

 

 

腰痛の原因は、身体だけでないこともあります。

もしかしたらその腰痛、食生活の乱れが原因かもしれませんよ。

 

 

今回のブログでは、腰痛・ぎっくり腰を引き起こす食生活についてご紹介していきます。

 

 

  • 腰痛になりやすい食生活
  • 食事で気を付けること
  • 運動も大切

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、最近腰痛になってきたなと感じているのなら、ぜひ見てくださいね。

 

 

痛になりやすい食生活

 

 

腰痛になりやすくい食生活とはどんなものでしょう?

でもその前に、なんで食生活の乱れが腰痛に繋がるのか知っておきましょう!

 

 

事と腰痛の関係性

 

 

「体は食べたものでできている」と聞いたことありますよね。

ってことは、痛みがでる原因も食事にあると考えてもおかしくないです。

 

 

では、どうして痛みに繋がるのでしょう?

簡単に説明していきますね。

 

 

食生活の乱れ


腸内環境の悪化

 

血流の抑制

 

腰周りの血流不足

 

 

こんな感じです。

要するに、筋肉に回るはずの血流が滞ってしまうってこと。

 

 

これが滞ることにより、正常に使われるはずの筋肉が使われなくなり、他の筋肉に余計に負担が掛かってしまうわけです。

 

 

すると、腰周りの筋肉のバランスが崩れ、腰への負担が増していきます。

「食生活やばいかも!?」と思われたなら、今すぐ見直してみましょう。

 

 

痛になる食事

 

 

 

 

じゃあ具体的にどんな食事がいけないのでしょうか。

説明していきますね。

 

 

①過剰な糖質摂取

②過剰なアルコール・カフェイン摂取

➂過剰な脂質摂取

④水分不足

⑤その他の栄養を摂取できていない

 

 

になります。

要するに偏った食事をし過ぎってことですね。

 

 

これら5つを少しだけでもいいので、見直すと身体は軽くなるし、痛みも減ってきますよ。

 

 

僕も一時期、過剰にカフェイン・糖質を摂取していて、身体はだるい・腰も痛いという経験がありました。

それがすべて、食事のせいとは一概に言えませんけどね。

 

 

腰痛で悩むあなたもこの5カ条を見直してみましょう!

 

 

れからの食事での注意点

 

 

じゃあ具体的にどうすればいいんでしょう。

あなたにできそうなことはありますか?

 

 

痛にならない食事の取り組み

 

 

先程の5カ条を思い出してください。

これをしっかりと守ればいいんです。

 

 

例えば、、、

 

 

  • 甘いもの(砂糖など)を控える
  • 休肝日をつくる
  • ファストフード・インスタント食品を控える
  • 水分を1日2ℓ以上飲む(目安)

 

 

といった具合です。

仮に毎日摂取していたのであれば、週5に抑えるだけでも変わりますよね。

 

 

たまにこれを聞いて、「全部止めます!」という方がいますが、たぶん無理です。

一気に止めてしまうと、反動でストレスが溜まり、余計に食べてしまうこともあるからです。

 

 

自分ができることから、少しづつ始めることがいいと思います。

「少しづつ、できることから」が僕のおすすめです。

 

 

動も必要

 

 

散々、食事について書いてきましたが、同時に運動も大切ですからね。

 

 

血流不足により、働きにくくなった筋肉を呼び起こさないといけません。

そして崩れたバランスを元に戻さないといけないですからね。

 

 

ということで、食事ありきの運動が大切になります。

運動も忘れないでくださいね!

 

 

とめ

 

 

「何事もバランスが大切」と言われますが、まずは現状を知ることが大切なんです。

バランスってあくまで「基準」にすぎません。

 

 

仮に「甘いものをたくさん食べたから、アルコール控えてバランスとろう!」

って思っても、それはバランスを取ったことにはなりません。

 

 

だって、甘いものを食べ過ぎた事実は変わらないからです。

だったらそもそも甘いものを控えた方がいいんです。

 

 

だから、僕が「少しづつ、できることから」をおすすめしている理由。

 

 

コツコツ見直していきましょう。

それが何より1番大切なんです。

 

 

本当に、、、、ね。

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :                  

腰痛

ヨガを始める前に気を付けておくこと(身体編)

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

ヨガの前に気を付けること

ヨガって女性に人気ですよね。

 

いや、男性にも人気ですね。

 

僕も数回ですが、やったことがあります。

 

個人的には、きつい中にも気持ちよさがあってよかったです。

 

でも人によっては、ヨガをやる前に気を付けておいてほしいことがあります。

 

 

ちょっとその前に、ヨガの歴史について調べてみましょう。

(引用元:yogajournal:https://yogajournal.jp/dictionary/about)

 

ヨガはサンスクリット語の「ユジュ」(牛や馬と車をつなぐ軛)が語源で、体、心、魂を神(あるいは宇宙)に結びつけることの修行法として、紀元前4000年~2000年頃、インダス文明で生まれました。

200年頃には最も古いヨガの根本経典である「ヨガ・スートラ」が編纂され、具体的なヨガの実践方法が記されました。

「ヨガ・スートラ」によると、ヨガは「心の動きを抑止すること」と定義され、心の動きをコントロールするさまざまな鍛練により、苦しみから解放されることをその目的としています。

 

とありました。

 

ヨガ目的についても

 

現在ではダイエットや健康法としてもブームとなっているヨガですが、本来の目的は「苦痛からの解放=快適で安定した心を作ること」にあります。

ポーズでは体の歪みが矯正され、柔軟性や体力が向上するなどの効果がありますが、そこにゆったりした呼吸や瞑想を組み合わせることで、集中力が高まり、おだやかで揺るぎない精神状態を作りだすことができます。

歪みが解消し、体全体が引き締まって美しいプロポーションを手に入れられるのはもちろんのこと、活力に満ちた前向きでおだやかな気持ちを得られることこそがヨガの特長といえます。

 

とありました。

 

身体だけじゃなくて、心にも繋がるってことですね。

 

僕の知り合いに「自分と向き合える時間がヨガ」と言っている方もいらっしゃいましたから、精神面にも効果があるのかもしれませんね。

 

そんなヨガですが、注意してほしいことがあるんです。

 

痛みを改善する(腰痛)専門トレーナーでもある僕個人の目線でお付き合いくださいね。

 

身体を痛めやすい

 

最初に言っておきますが、これ全員じゃないですよ。

 

でも「ヨガで身体痛めました」って相談以外と多いんですよ。

 

理由はいくつかあります。

 

①無理にポーズをしてしまう

 

あるあるだと思うんですよね。

 

頑張り屋さん、負けず嫌いな方とかに多いかもです。

 

自分の動く可動域を超えてまでやろうとしちゃうんですよね。

 

その結果、身体が痛くなって「ヨガは私には合わない」って止める方もいます。

 

 

でもそれは、合う合わないの話じゃなくて無理をしてしまったからなんですよね。

 

先生に「無理しないでくださいね」と言われてもついつい「折角なら」って頑張っちゃうんですよね(^^;

 

そんな頑張り屋さんは、無理なポーズは無理と諦めましょう!

 

徐々にできてきますからね。焦らないでね。

 

②よくわからずやってしまう

 

これもあるあるだと思います。

 

ヨガの多くは、グループレッスンですよね?

 

僕のトレーニング指導みたいに、マンツーマンは少ないと思います。

 

人数の多いレッスンだからこそ逆を言えば、先生が細かいところにまで目がいきにくいんです。

 

 

僕のように個人指導であればフォームを数センチ単位で修正を掛けれますが、グループだとそうはいきませんよね。

 

大体みんなできてるなっで終わってしまうんですよ。

 

それに一人一人の癖まで見れませんからね。

 

そうなれば、「これでいいのかな?」なんて思いながら間違ったフォームでやってしまうんです。

 

結果間違ったやり方でやってしまい、身体を痛めてしまうんです。

 

③身体がアンバランス

 

身体は左右均等ってことはありえないんです。

 

必ず左右に差があるんですね。

 

ただその差が大きいとアンバランスとなり、痛みに繋がることもあります。

 

ヨガをする方って、「姿勢をよくしたい」とか「身体のバランスを整えたい」って方も多いと思うんです。

 

 

でも僕の中では、全員が同じポーズをしたからと言って、全員が姿勢もバランスもよくはならないと考えています。

 

例えば、腰が痛く腰自体の動きが悪いとします。

 

なのに無理やり腰を捻るようなポーズをとったとこで、余計に腰を痛めるだけなんですね。

 

動きが悪いのに無理やり捻るんですから当たり前ですよね。

 

動きの度合いにもよると思いますが、このアンバランスでの動きの悪さがポーズを決めた時に患部への負担になります。

 

腰の動きを悪くしている原因でもある別の関節へのアプローチから必要なのかもしれませんよね。

 

以上の3つがよくある事例です。

 

・姿勢をよくしたい!

・身体の痛みを減らしたい!

・バランスを整えたい!

・柔らかくしたい!

 

と思ってヨガをしたのに、逆に痛める結果となりかねません。

 

ヨガをやる前には注意してくださいね。

 

「ヨガで身体を痛めました・・」はやめてくださいね(^^;

 

ヨガライフを楽しんで♪

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア トレーニング

腰痛を改善するために姿勢を維持する筋肉を鍛えよう!

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛改善の一歩は姿勢から

「姿勢」という言葉を聞くとピシッとしませんか?

 

僕は学生時代よく「猫背だね」って言われていました(^^;

 

言われる度にとピシッとしてた側です。笑

 

今は、講演会などに呼ばれたときに必ずと言っていいほど「いい姿勢とは?」と話します。

 

そのとき座って聞いている参加者のみなさん「姿勢」という言葉に反応してピシッとするんですよね。

 

大勢のみなさんがやると前で見ている僕は面白いです。笑

 

さて、みんなピシッとなる姿勢についてお話ししていきますね。

 

姿勢プラス、繰り返す腰痛を予防するための第一歩だと思って読んでくださいね。

 

姿勢の基本

 

姿勢には色々なタイプがあります。

 

その基本の筋肉を教えますね。

 

 

この写真に書いてあるのが姿勢に必要な筋肉たちになります。

 

なんか難しい名前が書いてあるのでよくわかりませんよね(^^;

 

【黒字(左)が体の前の筋肉・赤字(右)が体の後ろの筋肉】

 

と思ってもらえたら大丈夫です。

 

これらの筋肉が僕たちの姿勢を維持するために働いてくれてる筋肉たちなんですよ。

 

この筋肉のバランスが崩れることによって「猫背」などになってしまいます。

 

さらに、崩れることで疲労しやすい筋肉もでてきます。

 

その疲労などが蓄積することで「腰痛」にも繋がるんです。

 

腰痛になってしまう方の多くは姿勢も崩れ気味なんですよ。

 

そして、筋肉のバランスもそうですが、筋肉も落ちているんです。

 

で話は戻りますが、筋肉の名前を黒と赤にしたのは前と後ろ以外にも理由があります。

 

実はこの中に、弱りやすい筋肉って言うのもあるんですよ。

 

それが、赤の筋肉たちです。

 

 

つまり後ろの姿勢を維持する筋肉たちですね。

 

猫背で想像してもらうとわかりやすいと思います。

 

赤字で書いてある後ろの筋肉が弱くなったのが原因で背中が丸くなっていきます。

 

背中を真っすぐに引っ張れなくなったということです。

 

 

前と後ろのバランスも崩れた結果ですね。

 

ということは猫背で悩んでいるのであれば、後ろの筋肉を鍛えないといけないということになります。

 

もしあなたが姿勢で悩んでいるのであれば、この筋肉のどこかが弱り、バランスを崩している可能性が高いですよ。

 

そして、腰痛に悩んでいるのであれば尚更です。

 

「何を鍛えればいいんだろう?」と悩んでいるんだったら、まずは姿勢を維持する筋肉を鍛えてみましょう!

 

どんどん体が変わっていきますよ(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :    

姿勢

【簡単テスト】片足立ちをするだけであなたの筋肉の衰えを実感できる 181

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

片足のバランス

 

おすすめの方

 

①筋肉が落ちてきた

 

②よくつまずく

 

➂こけやすくなった

 

POINT

 

①両手は腰へ

 

②片足はできるだけ上げておく

 

➂余裕であれば目を閉じる

 

あなたはできる?

 

目を閉じた状態の評価です

 

あくまで目安なので

参考までに

 

あなたは何秒できますか?

左右差はないですか?

 

また

目を開けた状態ではどうですか?

 

目を開けていても

閉じていても

どちらも10秒以下であると

 

体について本気で考えた方がいいです

 

目を開けた状態の場合

1分ぐらいは頑張ってください

 

全くできない方は

下半身の筋肉の衰え

姿勢不良バランス能力の低下です

 

日常生活内でも

片足をあげる練習をしてみてください

 

たったそれだけでも

できないあなたの体は

きっと変わってきます

 

あなたは何秒でしたか?

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :               

トレーニング動画

片足スクワットで下半身の悩みであるO脚、X脚、さらに姿勢を解消 175

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

スクワットに負荷を!

 

おすすめの方

 

①スクワットよりも刺激がほしい

 

②下半身に筋肉をつけたい

 

➂お尻も同時に引き締めたい

 

④負荷女子になりたい

 

POINT

 

①バランスを崩さないように

 

②屈伸時、膝が内側に入らないように

 

➂お尻にも力を入れる

 

④足の裏全体で床を掴むように

 

⑤目線は常に前

 

片足で下半身強化

姿勢に肝心なのは

『下半身の筋肉』です

 

ここの強化は怠ってはいけません

 

これは何度も言っています

 

それを更にレベルアップしていきます

 

両足でおこなうスクワットよりも

遥かに難しく負荷も大きいです

 

ですが

ここをしっかりマスターしていけば

姿勢改善に大きく繋がります

 

さらに

O脚、X脚などにも効果的です

 

もちろん、お尻にも

 

いけるところまでしっかり

落としていきましょう!

 

足裏を積極的に

バランスをとるために

足裏の筋肉も多く使います

 

初めておこなう方や

バランスが取りにくい方などは

慣れている方よりも

バランスをとるのに必死になります

 

そこで普段使っていない

足裏を使いだします

 

ここで足裏にも集中します

 

足裏で床を掴む感覚

足裏で床で押す感覚を養います

 

普段の生活では

靴やスリッパなどを履いているため

足裏の感覚は鈍ります

 

力を入れる感覚など

感覚を掴む練習にも役立ちます

 

足裏の感覚は

床からのエネルギーを捉えるために

必要不可欠です

 

この感覚を練習していくと

歩く感覚も変わってきます

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                    

トレーニング動画

足を上げる角度に注意すると股関節のつまり感が変わり歩きやすくなる 169

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

足を上げて股関節へ

 

おすすめの方

 

①よくつまずく

 

②股関節がつまりやすい

 

➂足が上げにくい

 

④靴底が減りやすい

 

POINT

 

①上げる足は斜め45度程度

 

②片足を曲げる

 

➂股関節から上げる意識

 

④勢いで上げない

 

足を上げやすく

立っておこなう

もも上げがあります

 

これもいいのですが

もっと簡単なトレーニングです

 

仰向けでおこなうので

重力の負荷がほぼありません

 

なので

バランスに自信がなかったり

立ってできない方にはおすすめです

 

また、寝ておこなうので

めんどくさがりの

あなたにもピッタリです

 

自信のない方などは

このトレーニングから始め

徐々に負荷を上げていくのもありです

 

角度に気を付ける

足を上げる角度

気をつけて下さい

 

真っすぐに上げ過ぎてしまうと

股関節のつまりが目立ちます

 

特に普段からつまりを感じる方は

真っすぐ上げるもも上げだと

余計につまり感を増してしまいます

 

なので、45度程度の角度

上げることをおすすめします

 

角度を気を付けるだけで

つまり感は変わってきます

 

つまっている場合

股関節自体の角度の問題もあります

 

全員が同じ股関節の角度ではありません

1人1人微妙に角度が違います

 

約45度を例に挙げていますが

トライしてみて

つまり感を感じないところで試してください

 

つまり感があり過ぎて

痛みを感じる方は

角度を色々探ってみてください

 

つまった角度で鍛えていくと

逆効果になりかねません

 

角度に注意していきましょう

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :               

トレーニング動画

お尻と体幹を鍛えると腰痛や姿勢改善に効果的!? 165

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

お尻&姿勢トレーニング

 

おすすめの方

 

①腰に痛みがある

 

②お尻が弛んできた

 

➂太もも裏が弛んできた

 

④バランスが悪くなってきた

 

⑤体幹部が弱い

 

POINT

 

①両手を伸ばして組む

 

②足裏に力を入れながら腰を上げる

 

➂肩から膝まで一直線になるように

 

④腰が反り過ぎないように

 

⑤お尻に窪みを作るように

 

猫背の方はお尻が垂れやすい

猫背の方は

お尻の筋肉を日常的に

使わなくなっています

 

なので

お尻の筋肉は使われなくなり

どんどん筋肉がなくなっていきます

 

お尻の筋肉は

姿勢を維持するためには

必需筋です!

 

ですが姿勢が悪いことで

自らその筋肉をなくしていってます

 

それでは

悪くなる一方ですよね

 

そのお尻を鍛えるのが

今回のトレーニングです

 

足の位置をずらすだけで

ターゲットとなる筋肉も変わります

 

ですが今回は

動画の位置でやっていきましょう

 

腰痛にも効果的

さらにこのトレーニングがいいのは

『腰痛』にも効果的だと言うことです

 

お尻だけではなく

腰・太もも裏・体幹まで

一緒に刺激していきます

 

意外と広範囲へアプローチできます

 

もちろん意識したり

フォームを多少変えるだけで

ターゲット筋は変わります

 

ですが一人だと難しいですよね

 

なので今ココに効いているな

とか感じて頂けるだけでOKです

 

この意識も大事なので覚えておいてください

 

ではなぜこのトレーニングが

腰痛にも効果を発揮するのか?

 

『背面の筋肉を鍛えられる』

からです

 

どうしても姿勢不良の方は

お尻・太もも裏などの筋肉が弱いです

 

その筋肉に刺激ができ

なおかつ

腰部のインナーマッスルにも刺激がいきます

 

インナーマッスルを刺激できることで

腰は安定性を持ち始めます

 

この安定性を手に入れることで

日頃の腰への負担が減っていきます

 

日常生活で腰へ負担ばかり

掛かり過ぎの方は

 

安定性を手に入れれば

負担も分散してくれるので

腰へのダメージは軽減されます

 

お尻・太もも裏の弛みや

腰痛で悩んでいる方は

是非一度試してみてくださいね

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

2500円(50%OFF)

 

 

タグ :         

トレーニング動画

『ウェイトレス(ホテルVer.)』が抱える身体の悩みとは?? 137

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

ウェイトレス(ホテルVer.)の真実

 

ホテルのレストランで働くウェイトレスの悩みに注目してみたいと思います。

 

ちなみに、女性なので『ウェイトレス』です。

 

男性の場合は、『ウェイター』と呼ばれます。

 

居酒屋などの飲食店とは、客層も変わってくるホテルレストラン。

 

お客様と接する時間が多いので、お店の評価は彼女たちで左右されることもあるでしょう。

 

それだけ重要なポジションにいるんです。

 

さてさてどんな悩みがあるのでしょうか?

 

 

らではの悩み

が疲れる

 

 

指!?って思いませんでした?

 

ここは本当に、ホテルレストランならではかもしれません。

 

食事を運ぶ際には、指を伸ばして運ぶらしいです。

 

だから、普段意識しないような指先まで意識していないといけないんです。

 

ウェイトレスの指にも注目してみてくださいね。

 

新人の方は特に疲れます。

 

ベテランになれば、日常生活でも指がピーン!!

 

徳太子!?

 

 

聖徳太子と言えば

 

同時に複数の人の話を聞くことができたと言われていますよね。

 

本当なのかどうかは置いといて。

 

でも、考えてみてください。

 

ウェイトレスは、聖徳太子ではありません。

 

『全員バラバラに発言して注文しないで!』

 

できれば聖徳太子の耳がほしいと悩んでいます。

 

ランス必須

 

 

たくさんの注文を受け忙しければ、同時にたくさん運ばなければいけません。

 

これも持ち方が決まっています。

 

『肩・肘・手』の3点で運ばなければなりません。

 

つまり、最大3つまでは運ぶということですね。

 

バランスを取る為に、腕や肩に力が入ります。

 

一番厄介なのが、スープです。

 

同じテーブルでスープをたくさん注文されれば

 

肩・肘・手にはスープの山です。

 

重たいのはもちろんのこと、こぼさず運ぶために全神経を使います。

 

さらに、指先にも神経をピーン!

 

白鳥のように??

 

 

白鳥と言えば、優雅に泳いでいるように見えて、水中の中では足を必死バタバタしているイメージですよね。

 

実は、ホテルレストランのウェイトレスも白鳥に似た部分があるんですよ。

 

お客様から見えるホールでは、いくら忙しくても姿勢を正しピシッと立ち、綺麗かつ上品?に歩き注文を取ったりします。

 

でも、お客様の死角(キッチン付近など)に入ると、バタバタと小走りで目まぐるしく動いています。

 

お客様の前では優雅に・・・その裏ではバタバタしているんですよ。

 

ヒールで小走りするので、たまに足首捻挫します。

 

ついでにふくらはぎも疲れます。

 

 

も多い悩み

ウェイトレス(ホテルVer.)の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『腕』

 

No.2・・・『指(新人)』

 

No.3・・・『ふくらはぎ』

 

 

決策

が疲れる

 

特に指の疲れは、職務歴に差が出てきます。

 

新人であればかなり疲れます。

 

ベテランであれば新人ほど疲れにくいです。

 

あえて、言葉で解決策を言うなら『習慣化』させることですね。

 

最初は、慣れていないので変に神経を使い、余計な力も入ってしまうんです。

 

ベテランになれば、日常生活でも自然に指先ピーンってなっている程です(個人差あり)。

 

つまり、毎日働き習慣化させることで、自然と指先ピーンとなってくるはずです。

 

 

習慣化させることで、疲れ方は変わってきます。

 

徳太子!?

 

精神統一してみてください。

 

全神経を耳へ。

 

きっと聞こえてくるはずです。

 

『ビール・ワイン・ジュース・サラダ・お手拭き・スプーン』

 

ほらね。笑

 

ランス必須

 

左右で注文を受けた物の重さが異なってくると思います。

 

さらに腕や肩で必死にバランスを保とうと力が入ってしまいがちです。

 

だから、体幹部(両手・両足を除いた部分)に力を入れるスイッチをつくることもおススメします。

 

よく『身体の軸(体幹)を作りなさい』『軸を意識して』など聞くと思います。

 

意識できたことありますか?

 

仮に、“軸”というものを意識できたとしても使えないと意味がありません。

 

軸(体幹)から連動させて、肩などを使うことで疲れにくい身体を作るのです。

 

 

仕事中に簡単にできる方法としては、お腹に力を入れることです。

 

お腹をパンチするとき、グッと力が入りますよね?

 

その感覚を意識することが第一ステップです。

 

まずは、お腹に力を入れることで体幹部のスイッチづくりをしていきましょう!

 

鳥のように??

 

居酒屋などと違ってそこは見せ方が必須だと思います。

 

なので、表と裏でそうなるのは仕方ないでしょう。

 

ただ、捻挫には気を付けてくださいね。

 

『絶対に捻挫にならない方法!!』

 

というのがあればいいんですけどね。

 

今の私は知りません。知っている方教えて下さい。

 

レーニング

 

体幹部のスイッチづくりや刺激していきましょう!

 

バランス系のトレーニングなど有効だと思います。

 

 

写真のような道具(バランスディスク)などを使い、あえて不安定な場所でトレーニングするのもひとつの手です。

 

道具がなければ、クッションでもタオルでもいいでしょう。

 

また、片足になるだけでも不安定な場所は完成します。

 

完成すれば不安定な場所で、上半身のトレーニングです。

 

バランスディスク・片足などで不安定にして

 

写真のように、バンザイをするだけでもトレーニングになります。

 

無理なく、いろんな動きをしてみましょう!

 

転倒には注意しておこなってくださいね。

 

トレッチ

 

 

写真のように、足を前後させてふくらはぎをストレッチすることも有効です。

 

また低いとはいえ、ヒールを履いての仕事です。

 

ヒールは全身の歪みの引き金となります。

 

足首は身体の土台です。

 

ここが、ヒールによって全身のトルクが逆回転になります。

 

 

写真は骨盤のトルク(回転)の力の方向です。

 

この方向の違いで、前傾・後傾となります。

 

このトルクが逆回転で全身を伝われば、各関節にも影響がでそうですよね。

 

 

なので、ややこしかったかもしれませんが、ヒールを長い時間履いた日は

 

足首をしっかりストレッチ+動かしていき、全身リセットしましょう!!

 

 

とめ

・指ピーンを習慣化させる

 

・耳に全神経集中する

 

・体幹部を有効に使えるクセをつける

 

・バランス系のトレーニングを取り入れる

 

・足首をストレッチしリセットする

 

仕事とうまく付き合いながら身体と向き合っていきましょう!!

 

タグ :          

様々な職業の悩み

猫背改善のために背中の筋肉ばかり鍛えてないですか? 108

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

全身のバランス

 

あなたは全身のバランスが正しいのか気になったことはないですか?

 

『私って左右差あるのかしら?』

 

『筋肉のバランスどうかしら?』

 

『正しい姿勢になっているのかしら?』

 

ほとんどの方が一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

今回は、姿勢からバランスを見ていきましょう。

 

猫背の方

 

姿勢の良し、悪しで真っ先にイメージするのは

 

猫背ではないでしょうか?

 

あなたも真っ先にイメージされませんでしたか?

 

その猫背を改善するために何かやられていますか?

 

トレーニングをしている方、マッサージをしている方などいると思います。

 

猫背改善のために、丸まった背中の筋肉を引き締めようとトレーニングされていますか?

 

 

例えば、ローイング系など引く動作ばかりして背中を鍛えていませんか?

 

そもそも、猫背は背中の筋肉を鍛えただけでは改善は難しいと思います。

 

やらない方がいいというわけではありません。むしろやった方がいいと思います。

 

もちろん、猫背の度合いや人によって違いますが。

 

でも猫背を改善するためには、全身のバランスが必要なのです。

 

猫背で背中が丸くなれば

 

首の位置が変わり、骨盤の傾きも変わり、膝や足首まで変わってきます。

 

 

年配の方で、背中が大きく丸まった方をイメージしてみてください。

 

背中だけが丸まっただけでしょうか?

 

骨盤も後ろへ傾き、膝も曲がっていませんか?

 

足首も固まったように見えます。

 

イメージできましたか?

 

極度に背中が丸まってしまえば、全身のバランスが崩れてしまうのです。

 

背中だけだと思っていましたか?

 

全身のバランスも崩れてしまうのです。

 

だから、全身のアプローチを考えたトレーニングが必要になってきます。

 

背中だけアプローチしたとすれば、その時はいいかもしれませんが

 

すぐ元の猫背の姿勢にリセットされると思います。

 

背中以外の箇所が猫背の姿勢をインプットしたままなので

 

すぐに背中も猫背の姿勢に戻されるわけです。

 

先日ブログにも書きましたが、ここにも

 

全身のバランスをみて、目的に合ったトレーニングが必要になってきます。

 

背中だけではなくもしかしたら、足のトレーニングも必要になってくるかもしれません。

 

あなたはまだ背中ばかりトレーニングしていませんか?

 

タグ :       

トレーニング 姿勢

あなたの食事はバランスがいいですか?色で分けてバランスを取ってみよう! 031

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

バランスのいい食事

あなたは食事はしっかりとられていますか?

 

食べなかったりしていませんか?

 

バランスのいい食事をされていますか?

 

そもそもバランスのいい食事をとりなさい

と言われますがよくわかりませんよね。

 

野菜をたくさん食べればいいの?って感じですよね。

 

五大栄養素の前に

食事によって腸内環境は大きく変わってきます。

 

また腸の調子によって

腰の痛みも変化します。

 

お腹が痛いな・・・

腸の調子が悪いな・・・

 

ってときは意外にも

お腹だけではなくて

腰にも影響があります。

 

逆に言えば

腰の調子で腸にも影響を及ぼすことも

あるってことです。

 

五大栄養素

まず栄養素について簡単に説明しますね。

 

栄養素には大栄養素と言われる

代表的な栄養素があります。

 

たんぱく質

身体の筋肉や皮膚・髪などをつくってくれる主成分です。

食品:肉・魚・牛乳・大豆など

 

脂質

身体のエネルギー(力・熱)になります。少量でたくさんのエネルギーになります。

食品:肉・魚・植物油・バター・マヨネーズなど

 

炭水化物(糖質)

身体のエネルギー(力・熱)になります。

食品:米・パン・パスタ・うどんなど

 

ビタミン

身体の調子を整えてくれます。

食品:野菜・果物など

 

ミネラル

身体の調子を整えてくれます。

食品:わかめ・のり・煮干しなど

 

 

日常生活で意識できるか

簡単にざっくり栄養素を紹介しましたが、

これらを意識して取ろうと思うと大変ですよね。

 

この食材にはこれが入っていて・・・

あれが入っていて・・・

 

これだと何食べていいかわかりませんし、

継続するのは難しいでしょう。

 

色分け

そこで、更に簡単なものが色分けです。

 

 

この写真のように、

栄養素で分けるのではなく色で分けていきます。

 

これだと、わかりやすくないですか?

『今日は、黒が少なかったから今晩多めに取ろうかな』

と振り返れますよね。

 

私のお客様の多くは60歳を超えています。

 

細かい指導がいいのはもちろんですが、

それで食事が楽しめないという方も

中にはいるはずです。

 

『もう年なんだから

残りぐらい好きに食事させてよ!』

 

なんて声も聞こえてきます。

 

まぁ色で分けることで

頭が混乱することは減り

 

より食事を楽しみながら

取り組めるのかなと思います。

 

そうすることで、

バランスのいい食事というものに

近づけるのではないでしょうか?

 

あくまで一例ですが、

難しすぎて迷うなら始めやすいものから

始めるのもアリだと思います。

 

簡単ではありますがその反面

栄養面で欠点もありますので、

その辺のバランスも考えないといけないですね。

 

目的が何かによって

何をするのかとか

変わってくると思います。

 

栄養素ひとつにしても

まずはあなたがやりやすいものから

始めてみた方がいいですよね。

 

長続きするものを選び

さらにそれがあなたに合っているものを

選んでいきたいですね。

 

結局、どれを取っても

続かないものは止めた方がいいです。

 

バランスのいい食事を意識しすぎる

過剰に意識されている方がいませんか?

 

特にダイエット中などされている方は

過剰過ぎる程の方も。

 

これを食べたら太ってしまう。

あれを食べたら・・・とかね。

 

私の経験からして過剰に反応している方ほど、

その通りになりやすいです。

 

つまり、太りやすいです。

 

同じものを食べていても

過剰に思っているときの方が、

身体は吸収しやすくなっているので

太りやすくなっていると思います。

 

栄養素を過剰に意識されている方も同じです。

 

食事は楽しむもの

 

私の考えは、食事は楽しむもの!!

 

これはとてもとても重要なのです。

 

栄養素がどうだとか、

太るからどうだとか、

考えずにその場は楽しくお食事をしましょう。

 

意識によって食事の質は身体に表れてきます。

 

楽しい場で我慢するほど苦しいものはないです。

 

だったら前後で調整すればいい話です。

 

そしたら、

前後の食事も楽しい食事が待っているから楽しめますよね。

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :          

メンタル