変形性膝関節症 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】お皿(膝蓋骨)を動かすと音が鳴りますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

お皿(以下、膝蓋骨)はある程度自由に動く骨です。

ですが膝痛、特に変形性膝関節症の方は、膝蓋骨の自由度が極端に低下しています。

 

膝蓋骨の自由度は、イコール膝痛の軽減にも繋がる非常に重要な骨でもあります。

 

そしてここにもうひとつ要素を加えると、膝蓋骨が動く度に、「ゴリゴリ・ブチブチ」といったような音が鳴る時があります。

 

実はその音の正体は、膝蓋骨の動きが悪くなっている証拠なんです!!

膝蓋骨の音

 

膝蓋骨の上下には、膝の動きにとって非常に大切な組織があります。

その組織に癒着・滑走不良などが起きると、膝蓋骨が動く時に「ゴリゴリ・ブチブチ」といったような音が鳴ることがあります。

 

ということは、『音が鳴る=組織が硬くなりつつある』ということに繋がります。

 

もしくは、すでに組織が固まっているということになります。

 

もし膝蓋骨を動かした時に「ゴリゴリ・ブチブチ」といったような音が鳴っている方は、これから予防が必要になってくる可能性が高いですよ。

 

まとめ

 

 

膝を屈伸した時に音が鳴るのも、組織の動きが悪くなっている可能性がある一方で、膝の不安定性による要因が一番大きいです。

 

今回のお話しは、あくまで膝蓋骨“のみ”を動かし時の音に限ります。

 

膝を伸ばした状態で、膝を360度色々な方向に動かしてみてください。

特に上下に動かして音が鳴る方は、注意が必要ですよ。

膝に痛みがない方も音がたくさん鳴るかもしれませんねー。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

膝痛

【膝痛】膝の内旋ストレスにご注意を!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「変形性膝関節症と診断されました。なんで変形して痛くなるんですかね?」というお客さん。

変形性膝関節症になってしまい、痛みが発生している場合大きな原因は、膝への内旋ストレスです。

 

膝の捻じれ

 

「内旋ストレス」には、2パターンあります。

 

=====
①股関節が内側に捻じれ膝にストレスが増えるパターン
②下腿(膝下)が外側に捻じれ膝にストレスが増えるパターン
=====

 

つまり、股関節が内旋・下腿が外旋に歪むと、膝への内旋ストレスが増えるということになります。

これは片方だけ歪むパターンと両方歪むパターンがあり、当然ながら両方歪むパターンが一番ひどいと言えます。

 

なので最初のお客さんの疑問の答えは、「膝の内旋ストレスの増加が大きな原因」となります。

それが股関節由来・下腿由来なのかは人によりますけどね。

 

内旋ストレスが増える原因

 

 

膝への内旋ストレスが増える原因で最も大きいのは、膝が伸びないことです。

仰向けで寝て膝が伸びきらず、曲がってしまっている方は要注意!!

 

膝が伸びないということは、膝が曲がった状態のまま生活していることになります。

曲がった膝だと先程から言っている、内旋ストレスを大きく受けてしまうので、歩けば歩くほど痛みが増していく、なんてこともあり得ます。

 

まとめ

 

 

膝痛(変形性膝関節症)でお悩みの方は、内旋ストレスが大きな原因です。

なので、改善する為にもまずは、膝を伸ばせるようにしていくことが、膝痛改善への第一歩となりますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :     

膝痛

【注意】女性に多い内股のデメリットとは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

女性に本当に多い内股。内股は百害あって一利なし!!

もしあなたが内股だったら今すぐにでも治していきましょう。

 

内股のデメリット

 

さて早速ですが、内股のデメリットは、

 

=====
膝痛(変形性膝関節症)/腰痛/肩こり/足が太くなる/お尻が垂れる/お尻が広がる(大転子)/お腹が出る/骨盤変位/外反母趾
=====

 

とたくさんあります。

 

女性で言えば、足が太くなったり、お尻が垂れ大きくなり、お腹が出てくるのは嫌だと思います。

それに年齢を重ねた時に、その身体の状態でさらに膝痛・腰痛が発生したらたまったもんじゃないですよね。

 

そうならないためにも、今すぐにでも内股を治してましょう。

絶対に後々後悔しますから。

 

日常生活で内股

 

 

内股の方は、日常生活の至る所で内股になってしまいます。

それが積み重なり余計に内股のデメリットを受ける身体へとなっていくんです。

 

=====
椅子に座る・立り上がる/階段/靴を履く/掃除をする
=====

 

などこんな些細なことで内股を繰り返しています。

 

知らず知らずなので、本人は気付きにくいかもしれませんが、ここも絶対に意識して変えていかなければいけません。

 

でないと先程も言ったように、内股のデメリットを受けやすい身体へとなってしまいますよ。

 

それでもいいんですか?

 

まとめ

 

 

内股は百害あって一利なし。

そして内股は改善できますので、正しいストレッチやトレーニングの積み重ねで絶対に改善しておきましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

姿勢

【膝痛】本当に変形性膝関節症だから痛いのかな!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝が痛く病院でレントゲンやMRIを撮ることもあると思います。

 

その際、膝痛の進行具合によっては、「変形性膝関節症ですね。軟骨が減っているから痛いんですよ」はたまた「骨が欠けているから、ここに痛みがあるんです」などと言われることもあるでしょう。

 

でもちょっと待ってください!!

 

もし仮に軟骨が減っているから痛い・骨が欠けている痛いのであれば、(程度にもよりますが)みんな痛いはずです。

でも軟骨が減ろうが、骨が欠けようが痛みのない方も多くいるわけです。

 

これどういう意味かわかりますか?

 

膝痛の原因とは!?

 

レントゲンやMRIで膝の状態を把握し、痛みの原因を探っていく。

当然の作業だと思います。

 

ですが、ここで考えてもらいたいのは、《レントゲンやMRIで写っている箇所だけが痛みの原因ではない》ということ。

 

だってそうじゃないですか?

 

もしそれで痛みがあるのなら該当する全員が痛みを感じるはずですし、そこを治せば痛みがなくなるはずですよね。

ですが痛みを感じない方もいれば、残念ながら手術しても痛みが変わらない方もいるわけです。

 

これっておかしくないですか?

 

ということはつまり、痛みの原因はレントゲンやMRIだけでははっきりとわからないってことです。

 

もちろん変形していれば、そこを改善していくのしかないかもしれません。

 

でも『変形と痛みは別物』です。

 

変形していても痛くない方もいるんです。

その場合、逆に変形を治したら痛みが出るということも考えられます。

 

変形と痛みは別物。

これは頭の片隅にでも入れておいてください。

 

「変形性膝関節症を診断された・・・手術しないと一生痛いままなんだ」諦めないでください。

 

その痛みは本当にレントゲンやMRIに写った膝の部分だけが原因ですか?

それはわかりませんよね。

 

仮説と検証を繰り返し、痛みの原因を探すことを忘れないでください。

そこをすっ飛ばして即手術。

それでもいいのかもしれませんが、痛みの原因は他にあるかもしれません。

 

それはわかりません。

 

まとめ

 

 

変形と痛みは別物。

今日はここだけ覚えておいてくださいね。

 

変形しているから痛いのではなく、痛みを誘発している部位は違う所から生れているのかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

膝痛

【悲報】膝の痛みを引き起こす3大徴候知っていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の痛みを引き起こす前兆を知っていますか?

今回はその前兆3つについてお伝えしていきますが、あなたはもしかして当てはまらないですよね?

 

膝痛の前兆

 

『不幸の三徴候』別名『アンハッピー・トライアド』と言われます。

三徴候と言うぐらいなので、3つ組織が損傷することを『不幸の三徴候』と呼びます。

 

この3つが損傷を受けることで、予後が悪いと言われています。その3つが、

 

=====
①前十字靭帯
②内側側副靭帯
➂内側半月板
=====

 

です。

あなたはこの3つの内、何ヶ所損傷していますか?

多ければ多いほど、膝への影響は最悪と言えます。

 

不幸の三徴候

 

 

この三徴候を作り上げているのが【ニーイントゥーアウト】です。

 

膝が内に入り、つま先が外を向いている状態を言いますが、簡潔に言えば、内股です。

 

ニーイントゥーアウトが続くことで、先程紹介した不幸の三徴候(前十字靭帯・内側側副靭帯・内側半月板)を損傷しやすくなります。

 

まとめ

 

 

もし膝痛が慢性的に続く方は、ニーイントゥーアウトになっていないか?

過去に前十字靭帯・内側側副靭帯・内側半月板を損傷していないのか?

を確かめてみてください。

 

もしどれか当てはまるのならそこを治していきましょうね。

次回『不幸の三徴候を防ぐ方法』をお伝えします。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

膝痛

【膝痛】足首と股関節の不調も膝に悪影響を与える!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝の関節は、人間の中で一番と言っていいほど、複雑な構造をしています。

 

そして、不安定要素も含んでいるので、膝の関節は痛みを抱えている方が非常に多いんですよね。

 

ですが、膝の痛みは何も膝だけでは原因ではないということを知っていますか?

そこを詳しく解説していきます。

膝へのストレス

 

膝は『足首』『股関節』に挟まれている関節です。

なので、足首・股関節の不調でも膝にストレスが増えることが多々あります。

 

もしその場合、いくら膝が痛いからと言って、膝ばかり揉んでも一向に治りません。

だって膝へのストレスの原因は、足首or股関節なんですから。

 

足首が原因

 

 

足首の場合、まず背屈という動きができにくくなることが、膝痛の原因になります。

(背屈とは、足首を曲げる動きのことを言います)

 

この動きが出来なくなることで、その代償として膝が曲がり始めます。

 

曲がった膝は必然的に負担が増えますから、足首の背屈制限は、膝痛の方はまず排除すべき可動域制限です。

 

股関節の場合

 

 

股関節は一番膝に影響を与えます。

 

例えば股関節が内旋した場合、膝は内に入りやすくなり、ニーインとなる確率が上がります。

ニーインは膝にとって最悪の負荷なので、一番やってはいけない動きです。

 

特に女性に多いので、日常生活内で膝が内に入っていないか(ニーイン)確認するのもいいと思いますよ。

意外と膝って内に入ること多いですからね。

 

まとめ

 

 

このように足首・股関節を少し話すだけでも膝への負担が増えるのがわかって頂けたと思います。

 

痛い部位が痛みの原因なのか?そこのところをしっかりと原因を探っていきましょうね。

 

その原因をどれだけケ早く探せるか?が治療の進展具合に大きく影響を与えますよ。

あなたの膝痛はどこが原因ですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【膝痛】歩き続けると痛む膝の原因とは何か?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日は約4年続けてきました歩こう会の最後の日でした。

僕ら主催者側の都合により一旦お休みさせて頂く形となったんですが、最終日が晴天で本当によかったです。

 

そして今回の参加者の方の中には、膝の痛みで悩んでいる方もいらっしゃいました。

今回のその方を例に、歩くために必要なことについてお伝えしていきますね。

膝痛と歩行

 

膝痛の方の多くは、歩行時に、『ニーイン』もしくは『トゥーアウト』した形で歩いています。

これらがどういうことかと言いますと、

 

=====
▶ニーイン
→膝が内側に入りながら歩く(内股みたいな感じです)

▶トゥーアウト
→つま先が外を向いた状態で歩く
=====

 

 

ニーインとトゥーアウトは構造上、同時に起こることがあります。

 

ですが、変形性膝関節症などになっていくと、トゥーアウトだけ起こる(下腿外旋症候群)こともあり得ます。

 

そしてどちらも共通していることが、膝の内側に負担が掛かりやすいということです。

なので、歩けば歩くほど、膝に痛みを感じやすくなっていきます。

 

歩き方を治す

 

 

ニーイン・トゥーアウトを治さないと膝痛は治りにくいです。

 

もしこのパターンで膝に痛みが発生している場合、『足首の柔軟性』『股関節の柔軟性・安定性』が必要不可欠になってきます。

 

膝が痛いからと言って膝だけ揉んでいても、そもそもニーイン・トゥーアウトで歩いている歩き方を治さないと膝の痛みはなかなか改善していきませんよ。

 

まずは自分の歩き方がどうなっているのかを知り、そこからどう改善していけばいいのかを考え、治療していきましょう!!

 

まとめ

 

 

本日で一旦最後となってしまった歩こう会。

みなさん少しずつ痛みが減り、歩くスピードも速くなってきていました。

 

今日で歩こう会は終わりますが、みなさんは日々の生活の中でしっかりと歩き続けていてくださいね。

影ながら応援しています(^^)

 

そして自分の歩き方ひとつで、体は変わっていくことをあなたも知っておきましょうね。

もしかしたらその痛みの原因は、歩き方かもしれませんからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【膝痛】曲げ伸ばしで痛い方は、捻る動きが苦手!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

正座で膝が痛くなったり、膝を曲げると痛い、伸ばすと痛い。

 

とにかく膝を動かすと痛むという方は、膝を捻るという動きが出来なくなっている可能性が高いです!!

 

もしそうなっていたら、今すぐにでも改善しておかないと、手遅れになるかも!?

 

膝を捻るとは?

 

「膝を捻ったら逆に膝に悪いんじゃないですか?」と言われますが、むしろそれは逆です。

 

膝は捻る動きがないと、負担が増え、痛みに繋がっていきます。

ただし急激な捻りなどはダメですよ。

 

膝にとって良い捻りというのは、膝下が内外に捻れているかが重要になってきます。

膝の曲げ伸ばしで痛いという方は、ほぼこの動きが出来ていない方ばかりです。

 

もしくは、その捻った状態で固まってしまっている状態。

 

 

なので、膝下が動くか動かないかは、膝痛改善にとってめちゃくちゃ大切なんです。

ただ本当は、股関節も連動して動くので股関節の動きも重要なんですが、それはまた別の機会にお話ししたいと思います。

 

膝下を捻るトレーニング

 

 

この動画で説明しているように、動かしてみてください。

 

膝下がうまく動かない方は、膝も一緒に動いてしまうと思います。

これはNGですから、膝は動かず、膝下だけが動くように練習してみてください。

 

うまく動かせるようになってきたら、膝の痛みも変わってきていると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング動画 膝痛

【膝痛】痛みを引き起こす意外な3つの原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝が痛いと『正座ができない・階段が辛い・歩くのが辛い・椅子から立ち上がるのが辛い』など日常生活内で困ることがかなり増えますよね。

 

そんな辛い膝痛、今すぐにでも改善したいはず。

 

そんなあなたに朗報です。

膝痛に悩んでいる方の特徴を見つけました!

 

膝痛の特徴

 

膝痛で悩まされている方には、ある特徴があります。

この特徴のせいで、長年の膝痛に繋がっている可能性はかなり高いと言えます。

もしかして、あなたの膝痛もこの特徴が原因ではないですか?

 

まずはさきに結論から言いますが、膝痛の方のある特徴とは、

 

=====
膝・股関節・背中が伸びない
=====

 

ことです。

恐らくほとんどの膝痛の方が当てはまる特徴ではないのかな?と思います。

この特徴をもう少し詳しく説明すると、

 

=====
・膝が伸びない
→仰向けになっても膝裏が床から離れており、膝が常に軽く曲がった状態
・股関節が伸びない
→足を曲げることはできるが、足を後ろに伸ばす(蹴る)ことができない状態
・背中が伸びない
→猫座などの影響で背中が曲がり、後ろに反らせない状態
=====

 

これを読んでみて、今すぐ鏡を見てください。

 

あなたの姿勢はどうなっていますか?

もしかしてこの3つの特徴に当てはまっているし、膝も痛いですか?

 

実はその体の状態でいるせいで、あなたの膝は完治しないんです。

 

膝痛を改善させるには?

 

 

この特徴に当てはまっている場合、膝だけを治療するのではなく、3つの部位が伸びない要因を改善していかない限り、膝痛は治りません。

 

今すぐその要因を探し、辛い膝痛を治していきましょう!

もし長年整体に通ってもなかなか治らない膝痛でお悩みでしたら、一度全身も検査してみるといいですよ。

 

膝以外に原因が隠れている可能性が大いにあります。

 

まとめ

 

 

もしその原因が知りたいなと少しでも感じたなら、僕に一度ご相談くださいね。

あなたの膝痛の原因を探して、治療していきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

膝痛

【膝痛】膝に痛みが出やすい方の特徴とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛になりやすい方、なってしまっている方には特徴があります。

その特徴というのは、膝に直接でているんです。

あなたの膝はまだ大丈夫ですか?

 

膝痛の特徴

 

膝痛の方の特徴として『膝の左右の揺れ』があります。

この揺れが存在する限り、膝への負担は減りません。

むしろ年齢と共に増加する傾向にあるでしょう。

その揺れと言うのが、下記イラストです。

 

 

さらにもうひとつ。

 

 

これが膝の左右の揺れです。上記イラストから順に説明すると、

 

=====

①knee-in→膝が内側に向く
②toe-out→つま先が外に向く
➂toe-in→つま先が内に向く
④knee-out→膝が外側に向く

=====

 

になります。

この揺れは膝への負担を大きくし、変形性膝関節症へと繋がる可能性が一気に増していきます。

特に①と④は変形性膝関節症になった方によく見られる膝の揺れです。

 

もし膝が痛くてこの特徴が表れていたら今すぐ改善していきましょう!

完全には真っすぐを目指すのは難しくても、膝の痛みの軽減には繋がると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

ケア