未来 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【感情】人間は感情で行動する生き物だからこそやるべきこと!!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

人間は感情で行動を決める唯一の生き物です。

動物はそうではないですよね。

それだけ人間は優秀なんです。

 

 

だからこそ、腰が痛いから(苦しい感情)整体に行くという行動をとる。

これも人間だからこそできる。

動物ならできません。

 

 

何が言いたいのかと言うと、

 

=====

痛みを改善させるためには、感情が必要

=====

 

ってことです。

 

 

「は?意味がわかりません。感情よりも治してくださいよ。藤野さん、感情に逃げるんですか?」

 

 

逃げているわけではありません。

ちゃんと説明しますね。

 

 

まず、腰の痛みを改善させたいという感情があるとします。

その感情が大きければ大きいほど、行動に移るわけです。

そして、僕のところに通い始めます。

 

 

これが極々普通の動きですよね。

 

 

ここで注目してほしいのが、

『感情が大きければ大きいほど、行動に移る』ってとこ。

 

 

痛みを改善にはここをうまく使っていく必要があるんです。

 

 

まず感情がここまで至らないと、通うという行動にも移さないということになります。

これでは、改善する確率は極端に低いですよね。

(通えば治ると想定して話していきます)

 

 

もし感情が小さければ、「これぐらいまぁいいか。そのうち治るでしょ」で、数年・数十年痛みと戦うはめに。

こういう方は、ざらにいます。

 

 

つまりスタートの時点で、大きな差がでてくるってことです。

 

 

この感情と言うのは、色々あります。

例えば「旅行に行きたい(楽しい)」「たくさん歩きたい(嬉しい)」「趣味を楽しみたい(楽しい)」「重たい荷物も持ちたい(嬉しい)」など人それぞれです。

 

 

ここをうまく利用すれば必然的に行動に変わります。

買い物なんかも「あの服が欲しい(嬉しい)」という感情があるから買う(行動)んです。

 

 

こんな感じで、感情をうまく使っていくと痛み改善への行動が始まるわけですね。

行動した者にしか、未来は待ってませんからね。

 

 

痛みを改善したい気持ちは痛いほどわかります。

僕もそうでしたから。

 

 

でもその先をしっかりと考えていくと、繰り返している痛みもかわってくるはずです。

だって行動が始まるから。

 

 

まずはあなたの感情をくすぶる想像をしてみませんか?

 

 

痛みが改善したら本当は何がしたいんですか?

恥ずかしがらずに言葉にしてみましょう(^^)

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :      

メンタル

50歳になってもプロの世界で活躍されている方々から学ぶ日頃の意識 054

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

年齢に関係なくプロでも活躍する人たち

スポーツの世界は寿命が短いですよね。

 

ハードな運動量ですから若い方でないとついていけないのだと思います。

 

プロのサッカーや野球の世界では、平均年齢は20代です。

 

サッカーでは、チームの平均年齢が30代のチームは順位も低い傾向にあるようです。

 

それだけ年齢による体力の差がでてしまうということですかね。

 

そんな中厳しい世界であるにも関わらず

 

50歳になっても活躍する方もいます。

 

三浦和良選手(サッカー)

 

三浦和良選手ことキングカズです。

 

彼は現在49歳。

 

今年で50歳になるにも関わらずまだ第一線で活躍されています。

 

山本昌選手(野球)

 

現在は引退していますが、50歳まで現役で投げ続けました。

 

50歳でマウンドに上がったのは彼が初めてでした。

 

 

 

なぜ活躍できるのか?

他にも年齢を重ねても活躍されている方は多くいらっしゃいます。

 

では、なぜ20代が中心の厳しい世界で彼らは活躍できたのでしょうか?

 

それは【自分の身体と向き合っていた】からだと私は思います。

 

プロの選手であれば当たり前では?と思うかもしれませんが、彼らは少し違ったと思います。

 

プロの選手であれば練習をするのは当たり前です。

 

それがお仕事ですから。

 

そして練習後は身体のケアも怠っていないと思います。

 

でもそれらはあくまで“今”のための練習・ケアであると思います。

 

三浦選手・山本選手は、長く続けるために“今”だけではなく“未来”にも目を向けた練習をしていたと思います。

 

 

練習時もそうでしょうし、日常生活でもかなり意識されているのではないのかな?と思います。

 

だから50歳になっても第一線で活躍できるのでしょうね。

 

あなたも同じ

 

あなたも同じですよ。

 

50歳になっても動けますよ。

 

いやいや、彼らは別格だよ。

 

私では無理だよ。

 

と思いませんでしたか?

 

彼らみたいにプロの世界で活躍するには並外れた努力が必要でしょう。

 

でもあなたはそこまでの体力必要ですか?

 

必要ないですよね。

 

日常生活で支障が出ない、同年代に比べたら体力がある、若い子にも負けない筋力がある

 

程度で満足するのではないでしょうか?

 

それよりも高いレベルを求める方もいるでしょうが、

 

50歳で活躍されている方々を考えたら簡単だと思いませんか?

 

50歳になっても活躍できると知りましたね。

 

ということは、あなたも諦めずに身体を変えようとすれば変わるということです。

 

何歳になっても身体は正直です。

 

【怠けていれば怠けた身体へ】

 

【鍛えていれば健康的な身体へ】

 

あなたも彼らのように未来を見据えて行動してみませんか?

 

あなたはどちらの道を選びますか?

 

 

10年後20年後がその答えになります。

 

タグ :      

メンタル