機能 | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【成長】赤ちゃんは体幹マスター?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

体幹をうまく使えていないと体に痛みが出やすい+疲れやすい体になります。

例えば体幹を使えないことで肩に負担が増え、肩が上げにくくなっていくんですよ!

膝も腰も同様にです!!

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

なんで体幹を使えんだけでそうなるかと言うと、実は人間すべての動きで体幹を“最初”に使うからです。

肩を上げるのも、足を上げるのもそう。

一見、肩だけ足だけを使っているように見えて実は体幹から動きが始まっているんですよね。

 

でも大人に成長するにつれ、体幹を使わなくなっていきます。

その理由は単純で、四肢(両手両足)が強くなっていくから。

 

つまり体幹を使わなくても肩を上げたり、足を上げたりできるようになってしまうってことです。

なので体幹がフニャフニャでも肩は上がるし足も上がる。

成長の代償ですね。

 

それに比べて四肢が弱い赤ちゃんなんかは体幹をしっかり使って動き回ります。

赤ちゃんのお腹を触ってもらうと分かりやすいんですが、どんな動きでも動く瞬間すべてにお腹にもの凄い力が入っているんです。

めちゃ凄いですよ。触ったことがない方は、機会があれば触ってみてください。

絶対に驚くと思います。

 

 

なので赤ちゃんの頃のように体幹をしっかり使えながら動けると、体の痛みもでにくくなるし、効率のいい動きになる可能性は高いんです。

そしてこの動きに着目してトレーニングしているのが室伏広治氏。

彼は恐らく赤ちゃんの動きの重要性にいち早く気付いて取り組んだんだと思います。

 

 

ってことで体幹も多少は使えるようになることが体にとってはとっても大切なんです。

ただ一般的なプランクとかでは意味がないと個人的に思っています。

あういう動作は日常生活でやるときないですからね。

 

むしろ動きながら体幹を使うような練習をした方がいいと思います。

例えば、椅子に座って片方のお尻だけで座ってバランスとってみたりね。

 

まぁもし赤ちゃんが近くにいるのなら赤ちゃんの動きを真似するのもいいかもしれませんね(笑)まぁ冗談ですが。

でも体幹も機能的にとっても大切な部分なので、たまには体幹も使えるようなトレーニングもしていこうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

身体が痛いけどトレーニングしてもいいんですか?と疑問に感じているあなたへ 113

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

身体に痛みがあるから・・・

 

よく聞く質問があります。

 

『膝が痛いけどトレーニングしてもいいんですか?』

 

膝だけではありませんが、腰や肩などでも同じことを質問されます。

 

あなたも思っていませんでしたか?

 

結論から言いますと

 

トレーニングしてもいいですよ。

 

むしろ、トレーニングした方がいいです。

 

もちろん症状により、安静の方がいい場合もあります。

 

しかし質問される多くの方は、トレーニングした方がいいと思われる方が多いです。

 

痛みがあってもトレーニングする理由

 

想像してみてください。

 

膝が痛いから何もしないで、毎日極力動かない生活を過ごす日々を・・・

 

恐らく、膝周りの筋肉は低下していき、その他全身の筋肉も同じく低下していくと思います。

 

でも、痛みのある部位を動かすのは怖いですよね。

 

 

痛いときのイメージが湧き出てきて、恐怖心を煽ってくると思います。

 

さらに、動かすことでかえって痛みが増してしまうのではないのか?という恐怖心もあると思います。

 

あなただけではないですよ。

 

多くの方がそう思われているので安心してくださいね。

 

でもその恐怖心に負けていては前に進めませんよね。

 

確かに闇雲にトレーニングをすれば症状は悪化するかもしれません。

 

専門家にしっかりみてもらい、的確なトレーニングをおこなうことで

 

痛みのある部位は解消されることがあります。

 

トレーニングをおこなうことで、筋肉が正しい機能を発揮してきます。

 

そうすることで、痛みのある部位は和らいでくると思いますよ。

 

そのままにしておけば、筋肉が正しい機能を果たすことなく生活を送ってしまいます。

 

結果、痛みが回復する可能性は低いままです。

 

正しい機能を発揮させ、強化するためにもトレーニングは必要だと私は思います。

 

痛みのある部位だけではない

 

また、あなたが痛いと思っている部位があったとしても

 

その部位が必ずしも原因というわけではないんですよ。

 

だから、膝が痛いからといって膝のトレーニングばかりするわけではないので安心してくださいね。

 

膝に負担が掛かりやすい筋肉の使い方をしているだけかもしれませんよ。

 

つまり、膝だけではなくもしかしたら股関節のトレーニングも必要になるということです。

 

だから痛い部位ばかりトレーニングすることが必ずしもいいとは限りません。

 

痛みがあるからこそ!!

 

痛みがあるからこそ

 

私はトレーニングをオススメします。

 

リハビリも一種のトレーニングですからね。

 

 

痛みがあるからこそ、リハビリをするわけですよね。

 

トレーニングもほとんど同じ考えです。

 

あなたに痛みのある部位があるのであれば

 

一度トレーニングを取り組まれたらどうでしょうか?

 

タグ :            

トレーニング