歩行 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】歩くと腰がだんだん痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「歩くと腰が痛くなるんです」というご質問を度々頂きます。

 

その中で多い原因が《股関節》です。

 

股関節のある動きが悪くなると、歩いた時の腰痛の原因になりますよ。

 

歩行と腰痛の関係

 

歩く時、股関節は前に後ろに振りますよね。

この動きが悪くなると、腰に負担が掛かり、腰痛になるんです。

その中でも

 

=====
股関節を後ろに振る動作(伸展)
=====

 

が非常に重要になってきます。

 

この動作ができなくなると、腰が股関節の動きをカバーしようと過度な伸展(反り)が繰り返し入ることになり、腰に反るストレスが溜まっていきます。

 

それが結果として、歩く時の腰痛へと繋がるんです。

 

歩行と猫背の関係

 

 

さらに猫背で歩くと、先程言った股関節の伸展動作はもっと制限されていきます。

 

想像したらわかりますよね。

丸まった背中の状態で、股関節を後ろに振るのは難しいです。

 

なので、股関節の伸展制限があり、さらに猫背で歩行していると、腰が痛くなる原因となります。

気を付けて下さいね~。

 

まとめ

 

 

まとめますと、

 

=====
股関節伸展制限+猫背は最悪で、腰痛が悪化してしまう
=====

 

ってことです。

ただ正直な話、それでも腰の痛みを感じてない方も中にはいらっしゃるわけで、一概に“それだけ”が原因とは言えないんですけどね。

あくまで確率です。

 

まぁそれでも腰痛になる確率は下げておきたいので、できるだけ今回の2つの要素は取り除いておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

腰痛

【膝痛】歩き方ひとつで膝への負担は決まる!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「体重が重たいから膝に負担が掛かるんです」何度もこの言葉を聞いてきました。

 

ですが実は、体重よりも歩き方の方が膝痛には重要なんです。

確かに重過ぎる(相撲取りみたいな)のも注意が必要ですが・・・。

 

あなたの歩き方は大丈夫ですか?

 

膝痛と歩き方

 

膝痛で悩んでいる多くの方が、歩行時の「バランス」が崩れています。

 

例えば、体を左右に大きく揺らしながら歩く(右足が前の時は右へ傾き、左足が前の時は左に傾くなど)。

これは変形性膝関節症の方によく見られる歩き方ですが、この歩き方は膝の内側・外側に大きな負担を掛けます。

 

さらにもうひとつ例を挙げると、前に出した足の膝が伸びきらずに軽度曲がった状態で歩く方がいます(杖で歩いている方をイメージして頂くとわかりやすいかも)。

この場合、膝前方への負担が大きくなり、膝前面の痛みに繋がっていきます。

 

このように歩き方ひとつで、膝への負担は大きく変わっていくんです。

 

それにこの歩き方かつ体重増だと膝への負担は増えますが、体重を減らす前に歩き方を変えないとまた同じ痛みを繰り返すことにもなりかねません。

 

まとめ

 

 

体重を減らすことも大切ですが、その前に歩き方を変えてみてはいかがでしょうか?

人間は毎日のように歩きますので、歩き方が崩れていれば、膝への負担は日々積み重なっていきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【歩行】正しく歩くために本当に必要なこととは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

あなたは正しく歩けていますか?

正しく歩けていれば、体への負担は減り、腰痛・膝痛などの痛みも軽減していくかもしれません。

そのポイントを少しお伝えしますね。

 

正しく歩くポイント

 

基本的に正しく歩けていない方は、支持基底面に体重がしっかりと乗っていないことが第一に挙げられます。

ちなみに支持基底面とは、身体の床面に接している部分の外周により作られる広さ(領域)をいいます。

 

 

簡単に言うと、両足でバランスを取れる範囲とでも言いましょうか。

ここに乗れると歩行の後半もバランスよく歩くことができますし、体への負担を減らすことができます。

 

ですが歩き方が悪い方、もしくは膝や腰に不安のある方の多くは、この支持基底面からズレて歩いている方が非常に多く見受けられます。

例えば膝痛の方は、左右にブレて歩くことが多く、支持基底面からズレて歩いていることがわかると思います。

 

このズレが徐々に体への負担を増やしていきます。

なので、あなた自身がちゃんと支持基底面内で歩いているのか確認してみると、歩き方が悪いから膝や腰が痛んでいたんだとわかると思いますよ。

 

まとめ

 

 

腕を振る、足を大股で。など言われていますが、その前にそもそも支持基底面に重心がなければ意味がありません。

まずは支持基底面に乗っているのか?を確認しましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

ウォーキング

【高齢者】歩行時にバランスが崩れふらついてしまう原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

歩き方も指導していますが、高齢者の場合「歩いている時にバランスが崩れやすく、ふらついてしまうので歩くのが怖い」という方も中にはいらっしゃいます。

 

その怖さ故に、だんだんと歩くことから遠ざかり、余計にふらつきが増してしまうこともしばしば見受けられます。

 

このようにならない為に、そもそもなぜ歩くとふらつくのか?原因をちょっと違った視点から探っていこうと思います。

 

接地時間の長さ

 

まず考えられるのが、足(の裏)が地面と接地している時間の長さです。

高齢者でバランスが崩れるような歩き方をしている場合、バランスを取ろうとするあまり、地面との接地時間が長くなってしまいます。

 

「時間が長くなるといいのでは?」

 

と思うかもしれませんが、逆です。

片足を前に出している状態で、バランスを取るのって高齢者でなくても結構難しいんですよね。

 

なので通常、歩行時は、前に出した足の次にはすぐ、後ろの足が前に出てきます。

これを素早く繰り返すことで歩けていますよね。

 

ですが、バランスが悪くふらついてしまう方の場合、この1歩1歩の(接地)時間が長くなり、バランスを取るのに必死になるという悪循環が起きてしまいます。

 

歩くというよりも、綱渡りしている状態で歩いていると想像しやすいでしょうか。

 

接地時間を短くする

 

ふらつきを減らし、バランス良く歩くためには、この接地時間を今よりも短くしないといけません。

そのためにどうすればいいのか?ということですが、答えは簡単です。

 

=====
腕を大きく振ること
=====

 

たったこれだけです。

バランスが悪い方は、足元ばかり見ており、怖さから足をゆっくりと前に出し体重を掛けるように歩きます。

上半身に意識は全くありません。

 

ですが逆に、足は意識せず、腕に意識を持っていき、腕を大きく振ることに集中することでバランスは安定していきます。

 

安定する要因としては、人間の構造上、腕を大きく振ると、足は勝手に前に出ようとします。

それに腕を先行的に振っているので、足もそのペースで前に前に出ていきます。

つまり腕を振ることで、

 

=====
① 足が前に出やすくなる
② 地面の接地時間が短くなる
=====

 

というメリットが生まれます。

こうなればバランスを取る時間も減るので、自然とふらつきも減っていきます。

 

ただし、筋力が著しく低下している方や、関節に支障がある方などは、腕を振る前にまずはそこから改善していくべきですよ。

全ては順番です。

 

まとめ

 

バランスが悪く、ふらつきながら歩いてしまう方は、まず腕を大きく振りながら歩いてみましょう!!

最初のステップはそこからですよ。

 

足が勝手に早く出ることが怖いかもしれませんが、徐々に慣らしていき、筋力もつけ、スタスタと歩ける体を目指し地道に頑張っていきましょうね。

 

諦めなければ大丈夫!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ウォーキング

【膝痛】歩き続けると痛む膝の原因とは何か?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日は約4年続けてきました歩こう会の最後の日でした。

僕ら主催者側の都合により一旦お休みさせて頂く形となったんですが、最終日が晴天で本当によかったです。

 

そして今回の参加者の方の中には、膝の痛みで悩んでいる方もいらっしゃいました。

今回のその方を例に、歩くために必要なことについてお伝えしていきますね。

膝痛と歩行

 

膝痛の方の多くは、歩行時に、『ニーイン』もしくは『トゥーアウト』した形で歩いています。

これらがどういうことかと言いますと、

 

=====
▶ニーイン
→膝が内側に入りながら歩く(内股みたいな感じです)

▶トゥーアウト
→つま先が外を向いた状態で歩く
=====

 

 

ニーインとトゥーアウトは構造上、同時に起こることがあります。

 

ですが、変形性膝関節症などになっていくと、トゥーアウトだけ起こる(下腿外旋症候群)こともあり得ます。

 

そしてどちらも共通していることが、膝の内側に負担が掛かりやすいということです。

なので、歩けば歩くほど、膝に痛みを感じやすくなっていきます。

 

歩き方を治す

 

 

ニーイン・トゥーアウトを治さないと膝痛は治りにくいです。

 

もしこのパターンで膝に痛みが発生している場合、『足首の柔軟性』『股関節の柔軟性・安定性』が必要不可欠になってきます。

 

膝が痛いからと言って膝だけ揉んでいても、そもそもニーイン・トゥーアウトで歩いている歩き方を治さないと膝の痛みはなかなか改善していきませんよ。

 

まずは自分の歩き方がどうなっているのかを知り、そこからどう改善していけばいいのかを考え、治療していきましょう!!

 

まとめ

 

 

本日で一旦最後となってしまった歩こう会。

みなさん少しずつ痛みが減り、歩くスピードも速くなってきていました。

 

今日で歩こう会は終わりますが、みなさんは日々の生活の中でしっかりと歩き続けていてくださいね。

影ながら応援しています(^^)

 

そして自分の歩き方ひとつで、体は変わっていくことをあなたも知っておきましょうね。

もしかしたらその痛みの原因は、歩き方かもしれませんからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【膝痛】足首が固いと膝が痛くなりますよ!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

足首が固い方ってめちゃくちゃ多いです。

ただ足首が固くなると膝痛の原因にもなることを知っている方は少ないと思います。

あなたの足首はちゃんと動きますか?

 

膝痛と足首

 

足首が固い場合、日常生活内で膝に負担が大きく掛かるようになります。

ちなみに背屈(はいくつ)という足首を曲げる動きが著しく固くなる方が膝への負担が増えていきます。

 

なぜこの動きが悪くなると膝痛へと繋がるのかというと、歩く動作に非常に大切な動きだからです。

この足首の背屈ができないだけで歩けば歩くほど膝は一気に悪くなっていきます。

 

歩行と足首

 

歩く時、足首の背屈という動きが常に付きまといます。

その理由として、この図を見てみてください。

 

 

左方向に進む時の左足首にフォーカスしたイラストです。

前に進むことで、足首が背屈(曲がる)しているのがわかるかと思います。

 

これがめちゃくちゃ重要で、足首が固い方はこの機能が破綻してしまいます。

足首の機能が破綻した代わりに、膝がその役割を果たそうとし、膝への負担は増えていくんです。

足首ひとつの動きで怖いですよね。

 

まとめ

 

足首は年齢と共に固くなりやすいので、日頃から足首周りのストレッチなどを取り入れるなどして固まらないようにしておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

ケア

ガニ股歩きを矯正するにはここを筋トレするべき②

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

以前、がに股についてブログで書いたんですが見てくれたでしょうか?

今回はその②になります。

 

がに股①→https://fujino-masato.com/shisei/ganimata.html

 

前回はがに股の方の特徴として腰の筋肉が弱いとお伝えしました。

そして第2弾となる今回はもうひとつの特徴をお伝えいたします。

 

 

ガニ股歩きを矯正するにはここを筋トレするべき②

 

がに股で悩んでいる方は男性に多いです。

というよりも男性に目立つけど悩んでいるのでしょうか?

 

 

そんなに気にしてない方も多い印象がありますが(^^;

でもがに股は腰痛・膝痛にもなるので修正はした方がいいのは事実です。

 

 

がに股の方は内もも&太もも裏が弱い

 

 

前回は腰でしたが、今回は内もも&太もも裏の筋肉になります。

これらの筋肉が圧倒的に弱ってきます。

 

 

がに股の方の特徴として、膝が外を向いていますよね。

そして、膝が伸びきらずに軽く曲がった状態が続いています。

 

 

その状態が続くと、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)はたくさん使うことになるので疲れやすくなります。

でもその逆に、内もも&太もも裏の筋肉はほとんど使われていないんです。

 

 

この使われる筋肉・使われない筋肉の差ががに股を助長させていきます。

普段から太ももの前ばかり疲れる方は気を付けた方がいいかもしれません。

 

 

では早速トレーニングの方にいきましょう!

 

 

がに股を矯正するトレーニング

 

 

 

もしかしたら、この動きさえできない方もいるかと思います。

その場合、トレーニング前に動きができるようになることが必要になるので、動きの練習から始ましょう。

 

 

そして、動画のポイントをまとめると下記になります。

 

・仰向けで寝る
・足を引く時、膝下を内側に捻る
・お尻を上げ膝から肩までを真っすぐに保つ
※膝下の動きが悪い場合、極端な小指重心になりますができれば踵に体重が乗るようにしましょう

 

という3点になります。

簡単に見えますがこれが難しいんですよ。

 

 

内もも&太ももの裏の筋肉が日頃からさぼっていると、トレーニング中につってしまうこともありますので注意してくださいね。

 

 

そして何度も言っていますが、膝下の動きが重要になります。

今回のトレーニングの1番の注意する点なので、この動きができない場合練習してくださいね。

 

 

ここの動きは、膝痛にも繋がりますので動きがでてた方がいいですよ。

膝下を内側に捻る練習だけでも膝痛予防に繋がります。

 

 

まずはひとつひとつ、自分自身のできないとこを理解しながらトレーニングしていきましょうね(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

姿勢

あなたは重心が前後左右どちらかに掛かりやすいですか? 102

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

重心の左右差

立っている時、

 

あなたは右に重心を掛けやすいですか?

 

それとも左に重心を掛けやすいですか?

 

それとも前後に重心を掛けやすいですか?

 

人間必ずというものがあります。

 

ただ立つだけでも、上記で言ったように

 

前後左右に重心の位置が人それぞれ違ってきます。

 

腕や足を組むのもそうですよね。

 

全く癖のない人はいないと思います。

 

これらがひどくなれば左右差の影響で、様々な症状が出てきます。

 

よくどっちかの足が短いとか聞きますよね。

 

これも左右差です。

 

でも、足なんて正直みんな長さ違います。

 

あなたも違うはずです。

 

ただ、この左右差がひどければ身体に症状が出ることもあるかもしれません。

 

まずは重心チェック

 

必ず左右差はありますが

 

気になる方の方が多いと思うので、簡単なチェックをしてみましょう。

 

左右どちらに重心が掛かっているかのチェックです。

 

 

①まずは、立ちます。

 

②その場で、片足を上げます(腿上げの要領です)

 

③反対の足も同様に上げます。

 

たったこれだけです。

 

このとき見るのは、片足を上げた時に

 

重心の位置がズレたかどうかです。

 

 

写真のように重心があまりズレなければ良しとします。

 

しかし、どちらかの足を上げた際に、重心が左右どちらかにズレたあなた。

 

普段から重心がズレやすいかもしれません。

 

例えば、歩行時を想像してみてください。

 

うまく重心がとれ、ズレにくい方であれば身体へ負担は少ないと思います。

 

でも、重心が左右どちらかにズレた方は、足を上げる度にズレることになります。

 

そうすれば、ズレた方に負担が大きくなっていくと思います。

 

これが続けば、腰や膝などに痛みでや違和感の症状が出てくるかもしれません。

 

あなたはどうでしたか?

 

正して鍛える

 

先程のように重心がズレやすい方は、身体のバランスが崩れています。

 

崩れたまま歩いたり、走ったりするから怪我などに繋がっていくのです。

 

トレーニングも同様です。

 

ズレが大きい方がそのままトレーニングに入れば

 

偏った筋肉がつくかもしれません。

 

もしくは、怪我をしてしまうかもしれません。

 

左右が悪い訳ではなく、その差の大きさが悪いのです。

 

運動前は、ウォーミングアップなどしますよね?

 

トレーニングしているのに、偏った筋肉がつきやすい方は

 

運動・トレーニング前に、身体のズレを整えてから挑んではいかがでしょう?

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

トレーニング