治療 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【怪我】僕の子供~大人になるまでの痛みの経歴

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「先生はどこか痛めたことあるんですか?」というご質問を頂きましたので、ここで回答していきます。

 

僕だってそりゃ身体中痛めまくりですよ(笑)

 

まぁそういう経験があったからこそ、今のような仕事をしているようなものです。

 

怪我の経験

 

僕の怪我(痛み)の経歴を順に説明していきますね。

 

=====
◆小学生
→公園で遠投ばかりしてたら肘(野球肘)を壊すが、楽しいので痛くても投げ続けていた。

◆中学校
→偏頭痛を発症し、視野が狭くなる(その後高校・社会人でも1回ずつ発症し、視力も著しく低下)。

◆高校
→野球の練習で、肘(野球肘)・肩(インピンジメント症候群)・腰(腰椎すべり症・腰椎分離症)を壊し、ボールは投げれないし、走れないし、授業中文字を書くのにも痛みを生じた。

◆社会人
→会社でマラソン部を立ち上げ、ランニング中膝(外側側副靭帯炎症)を壊す。草野球中足を挫き、捻挫し、高校時代に壊した肩(インピンジメント症候群)が悪化し、ボールを投げると腕が痺れ、肩が上げれなくなる。
=====

 

大きな怪我はこんな感じですが、それ以外にも小さな怪我はしています。

 

こう時系列で見てみると、小学校時代~ずっと何かしらの怪我をしていたんだなぁと思います。

 

でも何かしらの競技をしていれば、それぐらいはするでしょう。

僕は少ない方だと思いますが、当時は痛みもあり、辛かったことを覚えています。

 

痛みってどんな痛みにせよ、辛いんですよ。

今すぐにでも取ってほしいぐらい。

 

そういう経験をしているからこそ、目の前のお客さんの痛みを少しでもとってあげたいという気持ちが強いんだと思います。

 

まだまだ勉強が足りない部分も多々あるので、日々勉強中ですが・・・。

 

さぁ今日も一人でも多くの方のお悩みを解決できるように、頑張ってきます。

 

あなたもお悩みがあれば、いつでもお声掛けくださいね(^^)

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

日常  腰痛 膝痛

【リハビリ】痛いなら安静にするべきなのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が痛い。膝が痛い。肩が痛い。肘が痛い。

 

など各関節に痛みがあり、動かすのが難しい場合、安静にするのがいいのでしょうか?

というよりも安静にする方が多いと思います。

 

ですが!!本当にそれでいいのでしょうか??

 

痛いなら安静?

 

痛くても、動かせる範囲で可能な限り動かした方がいいというのが僕の考えです。

 

ですがそれも無理な場合、どうすればいいのでしょうか?

 

仮に肩が痛い場合だとすると、

 

=====
肩関節近隣の関節と反対側の肩関節は最低限動かしておくべき
=====

 

だと考えています。その理由としては、

 

=====
神経の動きを止めたらダメ
=====

 

だからです。

仮に肩が痛いからと、上半身全ての動きに制限を掛けてしまえば、治りは遅くなり、治った後も、可動域の低下などに繋がりやすいと言えます。

 

今回例にあげた肩関節であれば、肘や手首、指、首などは肩関節と繋がる神経ですから、それらの関節を動かすことは、必然的に肩関節の神経も一緒に動かしていることになります。

 

だから、「安静しましょう」と言われたから全身安静にしますではなく、患部は安静にするものの、その他の関節は可能であれば積極的に動かすべきなんですよね。

 

まとめ

 

 

医師の安静にしましょうは、患部のことであって、全身のことではないですからね(笑)できるのであれば、その他の関節は動かしておいてください。

神経の動きを止めてしまえば、完治後後悔することになりかねません。しっかりと動かしておいてくださいね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【腱鞘炎】指の痛みが治らない原因は姿勢?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腱鞘炎で悩む、特に女性の方は多いですよね。

僕も何人も見てきました。

 

その中でよく聞くのが「痛みがなかな引かずずっと痛いんです・・・」

 

ということです。病院に行っても多くが「安静にした方が治りが早い」と言われるかもしれません。

 

でも手って基本的に毎日ずっと使う部位でもあるので、安静は比較的難しい。

でも症状も改善させたい!!

その方法をお伝えしていきますね。

 

腱鞘炎

 

腱鞘炎を治すにあたり、手首や指などを治療してもなかなか症状が改善しない。

 

その場合、原因は手首や指にないことも結構あります。

 

実は腱鞘炎って、何も手首や指だけが原因ではなく、他の部位がその症状を引き起こしていることもあるんです。それが、

 

=====
第一肋骨・頸椎5番・頸椎6番
=====

 

です。

「腱鞘炎と全然関係ないじゃん!」と思われたかもしれませんが、そうでもないんです。

 

神経と言うのは、脊柱(頸椎も)から末端へと伸びていきます。

と言うことは、腱鞘炎で痛む神経も元を辿れば脊柱(頸椎)にあるってことです。

 

つまり、神経系の根本である根元が悪いから、それが手首や指にきているパターンです。また他にも、

 

=====
胸椎全体の後弯
=====

 

も腱鞘炎に影響を与えます。

要は、猫背ですね。

 

ここまで書いたら勘の方なら気付いたはずです。そう。

 

=====
姿勢が崩れ、脊柱近辺の可動域が落ちると、腱鞘炎になるリスクも高まる
=====

 

ってこと。

腱鞘炎って言っても全身を見る必要性が出てきますね。

 

まとめ

 

 

姿勢恐るべし・・・。オー怖い怖い・・・。

 

腱鞘炎で悩んでいる方は、今一度、自分の姿勢や脊柱の可動域も確認しておきましょう。

 

そこが原因になっている方、あなたが思っている以上に多いので、試してみて損はないですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

姿勢

【夜間痛】寝れない程の肩の痛みの正体は?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

一本の電話が鳴りました。

 

「夜も寝れない程、肩が痛いんですが、どうにかしてもらえないでしょうか?指まで痺れます・・・」

 

寝れないということは、夜間痛があるということです。

施術後は、顔を歪めるぐらいの激痛だった肩も痛みが減り、寝れるようになりましたが、夜間痛の原因は何だったんでしょうか?

 

夜間痛の原因

 

症状としては、肩を動かすのも痛いし、どの肢位で寝ても痛いし、寝返りも痛いとのこと。病院に行けば、「神経が悪い」とのことで痛み止めを処方されたみたい。

 

上記イラストのようにタオルを肩の下に置くと楽になることが多いんですが、それでもかなりの激痛。

はてはて、どうしたものか??

 

結果として原因だった筋肉は、

 

=====
◆肩甲骨周り
→肩甲挙筋・小菱形筋・僧帽筋上部・棘上筋・広背筋・小円筋
◆腕周り
→上腕二頭筋・上腕三頭筋
=====

 

の異常な硬さが原因でした。

そもそもこれらの筋肉が硬くなる原因だったのは、

 

=====
・数日前のぎっくり腰による筋緊張
・雨の中での長時間作業→冷えきった身体でアルコール
・日頃の姿勢
=====

 

色々と悪い部分が積み重なり、肩の痛みに繋がったみたいでした。

 

これら3つは、肩の痛みに影響を及ぼしますので、心当たりある方は注意が必要ですよ。

 

また夜間痛があるほど、いやそもそも寝る姿勢自体が激痛だったんですが、その原因は、

 

=====
肩甲骨の過剰な下方回旋(なで肩)・内転(内に寄ること)に変位+肩関節が内旋(内に巻く)になることで、肩と首の関節にズレが生じた結果、神経・筋肉にダメージを与えていた
=====

 

となり、人差し指も痺れていたんですが、施術後は痺れもなくなりました。

 

まとめ

 

 

この方のように、関節のズレから痛みが発生していることが多く、そこから神経・筋肉がダメージを負ってしまいます。

 

肩の痛みで悩んでいる方は、日頃の姿勢・食生活も見直してみましょう。

どちらかに原因があることが多いので、あなたもそこに根本となる原因があるかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

【野球肩】まずは整形外科検査で何が原因か調べよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

さて、今回から僕の肩を改善させるためのセルフプログラムを勝手に始めていきます(笑)

 

最終的には、肩の痛みを改善させ、学生時代以来になりますが、野球でボールを全力で投げれるようになる!をゴールにしていきます。

 

同じように肩の痛みで悩んでいる方もいらっしゃると思いますので、僕の肩の痛みの経過・改善方法を見ながら参考にして頂ければと思います。

肩の痛みチェック

 

さてさて僕の肩の痛みは一体どこからきているんでしょうか?

チェックしていきましょう。

 

=====
・痛みが出現するタイミング
→日常生活での支障は全くなし。野球(今はソフト)で、投球動作時のみ痛みが出現。(特にコッキング後期)

 

 

・整形外科テスト
→棘下筋・肩甲下筋・インピンジメント症候群・肩関節不安定症が陽性。
※下記動画はテストを多く紹介しているので参考までに。

 

=====

 

ということで僕の肩は、不安定のまま肩を捻ることで、肩関節に無理な大きな負担が掛かっているという想定ができました。

これでは投げれば投げるほど、肩の組織を壊しかねませんね(笑)

 

あなたの肩の状態はどうでしたか?

 

肩のトレーニング

 

 

さて改善に向け、トレーニングを昨日から始めました。

肩のトレーニングはもちろんですが、全身何かしらトレーニングをしています。

 

詳細は後日載せますが、主に、

 

=====
・肩関節安定化
・肩甲骨、胸郭、股関節の柔軟性
・腹圧、足底の強化
=====

 

を行っていきます。

当然ながら投げ方が悪いという問題もあるかと思いますので、合わせてそこも修正できればと思います。

 

まとめ

 

 

あなたも肩の痛みで悩んでいるのなら、一緒に改善していきましょう。

 

もしわからないことなどありましたら、シェアしながら一緒に解決していきましょう!!

 

好きな野球が思い切りできないって、嫌なんですよね。

 

個人的に。

 

趣味でやっているんだから、どうせなら痛みを我慢せず、思い切り遊びたいじゃないですか!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

【心理】治療において回数券は正義か?悪か?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「回数券を買わされたのですが、詐欺ではないですよね?」質問がありました。

 

こういう相談意外とされるんですよね。

詐欺は置いといて、回数券ってその方のためになっているのか?

検証していきましょう。

回数券は正義?悪?

 

先に僕の意見から言わせてもらうと「正義・悪どっちにも転ぶ」です。

 

「そりゃせこいよ~」と言われそうですが、背景次第で正義にも悪にも転んでしまうと思っています。

 

例えば(実話ですが)、

 

姿勢を改善したく整骨院に行きました。

1回目の治療終了後、

「1回では治らないので、この回数券を(1回辺りが安くなるので)買ってください。20回分で10万円(1回5000円かな?)になります。」

 

これだけを聞くとあなたはどう感じますか?

 

僕であれば、回数券の話しばかりで、身体のことについて説明してくれてないし、20回行けば完全に治るのか?裏を返せば、20回行かないと治らないのか?よくわかりませんので、不審に感じます。

 

ですが実際にこの方は、10万円の回数券を買われました。

本人としては、納得はしてないけど、言われるがままに買ってしまったという感じ。

 

そして結局この方は、20回通いきる前に離脱。通う度に不信感が募っていき、徐々に心が接骨院から離れていったそうです。

 

その後、この方はどうされているのでしょうか?

恐らく『接骨院回数券恐怖症』になり、接骨院などは通うことはなくなったと思います。

 

 

他にもありますよ。

 

腰が痛いので接骨院に通います。

 

1回目終了後、

「あなたの腰は相当ひどいです。10回続けて通ってもらわないと治りません。なので10回券を購入してください」

まぁこれまた購入されたんですがね。

 

ですが結局10回通っても腰は全く良くならず、

「やっぱり相当ひどいですね。もう一度10回券を購入し、10回続けて通ってください」

 

もうそこで離脱したそうです。

2度目はなかったそうです。

 

 

ちなみに僕もとある接骨院で、

「回数券買って通った方がいいよ~」

と症状を詳しく聞かれる前に言われました(笑)

 

この3例は悪い例です。

これは悪です。

恐らく「お金」しか追っていない施術者が、闇雲に回数券を売りつけた結果だと思います。

 

では、逆にどうやったら回数券が正義になるのか?

 

当然ながら、①お金の考えではなく、①身体(お客さん)にするべきなんです。

 

そこでまず大事なのが説明です。

なぜ回数券が必要なのか?ここをしっかりと説明するべきなんですよね。

 

先程僕が紹介した3例は、全て回数券の説明が全くありません。

 

「猫背改善で私が20回通う理由は?」
「腰痛改善で私が10回通う理由は?」
「僕に回数券を勧めてくる理由は?」

 

これらの説明を明確に伝え、お客さんに理解してもらう必要があります。

 

まぁ当然のことなんですけどね(笑)

これを欠いている接骨院等が多いから、不信感を募らせる方が増えるんです。

 

回数券が正義か?悪か?これは、施術者次第で決まります。

 

まとめ

 

 

あなたはしっかりと施術者から説明を受け、理解し、納得し、回数券を購入されましたか?

 

回数券はまとめ買いなので、決して安い値段ではないはずです。

もう一度立ち止まり、信頼できる施術者か判断しましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

日常

【交通事故】半年経っても痛いむち打ち腰痛の原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

A「なんで腰痛になるんですかね?」
僕「高速道路で交通事故に遭ってますからね。かなりの衝撃ですよ」
A「でも半年も前ですよ??」

 

半年前でも交通事故の影響を思い切り受けていますよ。

 

交通事故の衝撃

 

交通事故と言えば、むち打ち。

首に強烈な痛みを伴うイメージですよね。

でも実は首だけじゃないんです。(←ここ重要)

 

交通事故の衝撃は、上体が後方から前方へ大きく素早く振られます。

この時特に首は、大きく前後に振られてしまいます。

 

また急な衝撃で体は、防御反応として筋肉が過剰収縮します(要は力がグッと入ります)。

これが首のむち打ちに繋がることに。

 

 

ですがここで問題なのが、前後に振られるのは、何も首だけではないということです。

実は首以外にも体幹部が大きく(首ほどではないが)振られます。

 

つまり体幹部の筋肉も大きなダメージを負うことになるんです。

 

それが腸腰筋という筋肉(当然他にもダメージを負っていますよ)。

 

 

主な作用としては、(足が浮いている時は)股関節を曲げたり、(足が床に着いている時は)体幹を曲げたりするときに働きます。

 

 

そして、腸腰筋は腰を安定させるために必要な筋肉でもあるので、ここのダメージは腰痛へと繋がりやすいんです。

 

つまり交通事故の衝撃で、腸腰筋がダメージを負っていれば(というかほぼ負います)、腰の安定性は欠け、腰痛へとなってしまいます。

 

首がむち打ちで痛むからといって、首周辺だけ治療してもダメってことです。

体幹部の治療も同時に積極的に行わないと、高い確率で腰痛になります。

 

だから今回の方も半年経っても「腰が痛い」と言うんです。

 

それに事故後半年ですから、腸腰筋がダメージを負い、歪んだまま硬くなってしまった可能性もあります。

 

専門用語になってしまいますが、腸腰筋のダメージは連鎖され、

 

=====
腸腰筋×→多裂筋×→腹横筋×→横隔膜×→内転筋群×or首周辺×
=====

 

となります。

もちろん例外もありますが、交通事故の場合腸腰筋が硬くなっているケースは非常に多いので見落とさないようにしておきましょう!

 

まとめ

 

 

首のむち打ちへの治療は当然ですが、その後の腰痛にも注意が必要ですよ。

 

「なんで腰が痛いんだろう?交通事故に遭ったのも結構前だしな・・・」ではなく、完全に交通事故が原因で筋肉が歪んで緊張しています。

 

ここを治療していくこともお忘れなく!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

腰痛

【腰痛】体は全てが繋がっていることを自覚しよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

体は一部が壊れてしまうと、他の部位に負担が掛かり、痛みに繋がるケースが多くあります。

これを運動連鎖と言い、体は全て繋がっているんです。

 

腰痛は繋がる

 

例えば、捻ると痛い腰。

 

この記事では何度もお伝えしていますが、腰椎は約5度しか捻る動きができません。

なので捻る動きには、股関節・足首・胸郭・肩甲骨・首など他の関節の動きが非常に重要になってくるんです。

 

一見、腰が捻れているように見えても実はそうではないんです。

不思議ですね。

 

そして、仮に股関節が壊れ硬くなれば、股関節の動きを補うのは、大なり小なり腰に降りかかってきます。

そうなれば5度以上の捻る動きが加わり、結果として痛みに繋がります。

 

これが体の繋がりです。

 

一部が壊れれば他の一部が負担するように人間はできているんです。

実に理にかなっていますね。

 

繋がりを意識した治療

 

 

こういう背景があることから、僕は結構繋がりを意識した治療を行っております。

 

先程も例に上げた、捻ると痛い腰。

この場合僕なら、腰よりも股関節を重点的に治療を行うでしょう(当然ながら検査してから)。

 

するとほとんどの方が、腰の痛みは軽減します。

そして他の繋がっている部位をひとつひとつ治療していくことで、腰の痛みはいつの間にかなくなっていきます。

 

たまにお客さんにも「腰が痛いのに腰をあんまり触らんよね」と言われます(笑)

 

別に全く触らないわけではないんですが、たまたま腰が原因ではなく、他の部位が原因だっただけです。

 

まとめ

 

 

腰が痛いから腰を揉む!!のではなく、「なぜ腰が痛くなったのか?」原因を探り、原因を突き止めていくことが何よりも大切だと思っています。

 

それが腰ではなく、股関節・足首なのかもしれません。

痛む腰ばかり注目してては、痛みの原因は見つかりませんよ。

 

痛みを長引かせずに、しっかりとケアしていきましょうね。

でないと、痛む腰以外の部位が悪くなっていくかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

腰痛

【肩の痛み】肩関節よりも姿勢を見直そう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

肩の痛みを持つ方は、肩関節自体に原因があると思い、肩周りのみをほぐしたり、ストレッチしたりする方が多いと思います。

 

確かに肩関節に原因がある肩もいらっしゃるんですが、その前に姿勢が悪い方がかなりいます。

実は姿勢が悪くなると、肩関節に痛みが発生するケース多いんですよ。

あなたの肩の痛み、実は姿勢が原因じゃないですか?

 

肩の痛みと姿勢

 

肩に痛みがある方の多くは、猫背であることが多いんです。

 

その理由として猫背になると、肩の関節面が側面から前方へ変位します。

前方へ変位することで、正面から肩を上げる動作が難しくなります。

 

これは実際に猫背になってもらい、その状態で肩を上げるのと、姿勢を正した状態で肩を上げるのを比べてもらうとわかりやすいと思います。

 

圧倒的に姿勢を正した方が肩は上げやすいかとはずです。

これが猫背だと肩関節に負担が大きく掛かってしまう理由になります。

 

なのでこの場合、肩関節を治療するのもそうなんですが、姿勢を正すようにしないと肩の痛みは繰り返してしまいます

 

もし肩の痛みでお悩みで、肩ばかり治療しているという方は、姿勢も見直してみましょう。

肩の痛み改善に繋がるケースが結構多いですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

姿勢 

【健康】体に痛みがなくなれば自然と笑顔が増えていく!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今年に入り体調を崩し、家を出ることなさ難しくなってしまった方。

お正月明けぐらいから、整体とトレーニングで体を変えていき、約2ヶ月経った今、外で歩けるまでに回復。

しかも本通り~そごうまでの距離を歩けるまでに!

 

年明けは、ベランダすら出るのが難しい状況だったことから考えれば、ものすごい進歩です。

 

当然ながらご本人も喜んでおられるのですが、ご家族がご本人以上に喜んでおられるそうで、これこそ僕がやりたいことなんだなと感じています。

 

僕の理念は、『4つの笑顔』です。

 

=====

お客様の笑顔/お客様の家族の笑顔/地域の笑顔/私の家族の笑顔

=====

 

の4つ。痛みが減り健康になれば、自然と笑顔が増え、その笑顔は家族に影響を与え、さらに地域(友達)に広がります。

そうなれば僕も嬉しいので、僕の家族にも笑顔が増える。

まさにwin-winですよね。

 

僕はこの治療理念に基づいて活動しています。

 

今回の出来事は、まさに僕の理念に沿っているなぁと感じたわけです。

 

あなたの健康はあなただけのものではありません。

ご家族・ご友人など様々な方にも影響を及ぼしていくんです。

そこに気付くには、実際に不健康になってから気付くもの。

失って初めて気付くことなんです。

 

でも失った時の辛さは途轍もないですから、失う前に気付いてくださいね。

そのためにこのブログで日々発信しています。

(見てくださっている方は少ないですが(笑))

 

そういう方々が一人でも増えるように、今後も僕は活動していきます。

改めてそう思える出来事でした(^^)

 

あなたも諦めなければ、体は応えてくれますよ!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

ケア トレーニング