広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

歩き方が間違っているから、腰や膝が痛くなる!?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は去年の4月から毎月、「歩こう会」を開催しています。

腰や膝などに痛みを抱えている方、体力に不安のある方が参加しています。

 

そして、毎月開催することで、腰などに痛みなどを抱えやすい方の特徴を見つけました。

それは、「体重移動」です。

 

今回のブログでは、腰などに痛みを抱えないための歩き方をご紹介していきます。

 

  • 痛みを抱えやすい歩き方とは?
  • 歩き方を変えるためには?
  • 一生自分の足で歩くためには?

 

という流れでブログを解説していきます。

歩き方などで悩むあなたの役に立つ情報をお伝えしますので、ぜひ読んでくださいね(^^)

 

 

き方が間違っているから、腰や膝が痛くなる!?

 

腰などに痛みがある方は、体に負担の掛かりやすい歩き方をしています。

ここを修正することで、負担は一気に減っていくんですよ。

 

みがある方の歩き方の特徴

 

最初にも書きましたが、「体重移動」がうまくできていないのです。

ここを今から説明していきますね。

 

本来、歩く時には、体重(骨盤)が前方に移動していきます。

後ろに移動はしませんよね(^^;

 

そして、体重移動により前にスムーズに進み、歩いています。

これが、一般的な歩く時の体重移動です。

 

次の写真は、この赤線が体重移動の線だと思ってください。

 

 

次の1歩のときに、前に移動しますよね。

そうすると、、、

 

 

こうなるわけです。

体重がうまく前に移動し、赤線が比較的きれいな三角形になっていますよね。

 

でも痛みがある方というのは、体重が後ろに残ったまま、歩いています。

これが、痛みのでる大きな原因なんです。

 

 

赤線の三角形が、少し崩れていますよね。

体重移動がうまくいっていない証拠です。

 

原因としては、

 

  • 左の股関節が伸びない
  • 右の足首が硬い
  • 姿勢が悪い

 

などが挙げられます。

写真は大袈裟に見えますが、結構こういう方いるんです。

 

このような体重移動の仕方を変えるだけで、負担は変わります。

簡単そうですよね(^^)

 

き方を変えるために

 

体重移動の練習をするだけです。

簡単ですよね。

 

でも本当は、股関節の動き・膝の動きなども加味しないといけません。

でもそれらは、体重移動の練習で改善されていくのです。

 

初歩の練習としては、1歩をひたすら練習するに限ります。

例えば写真で言えば、「左足を出す→左足に体重を掛ける」これをくり返すのです。

 

そのときに、体重がしっかりと移動するようにしないといけません。

なので写真のように、

 

 

なるべく綺麗な三角形を目指すのです!!

 

生歩き続けるために必要なこと

 

何が必要だと思いますか?

僕の中で最も大切だと思うのは、「環境」です。

 

「は?動くことでしょ!」

と思われたかもしれません。

 

でも「環境」が1番重要!

ここでの環境とは、自分自身の周りの環境という意味です。

 

歩ける環境・歩く仲間・歩く場(教室etc.)などがないと、無理ということ。

1人で歩き続けるのは、ほぼほぼ無理です。

 

例えば、あなたの周りが「歩くのは無意味!」という方ばかりだったら、そもそも歩きますか?

歩く確率は、限りなく低くなっていると思います。

 

もちろん、動かすことが大切ですが、動かすためには環境が必要なんですね。

なので、土台となる環境づくりがまずやることになります。

 

 

とめ

いかがでしたでしょうか?

 

あなたの歩き方を変えるきっかけのお役に立てれば、僕も嬉しい限りです。

今回のブログをまとめると、

 

  • 痛みの原因は「体重移動」だった!
  • 体重移動の練習を積極的に!
  • 自分の環境を整えよう!

 

でしたね。

もしここまで読んで、わからないこと、歩き方に関して不安なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

あなたに僕ができることがあれば、お手伝いさせていただきます!

いつまでも歩けるように、歩き方から治していきましょうね!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

腰痛

カープの安部友裕選手も苦しんだ「腰痛症」の原因と解決策はあるのか?

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は、広島出身で子供のころからカープファンなんですが、

カープの選手も「腰痛」に悩まされる方がいましたよね。

 

それが、安部友裕選手です。

「腰痛症」で悩まされ、一時戦線離脱も経験しています。

 

調べたら僕と同じ年なんです(^^;

2020年は、腰痛もよくなり、日本一目指して大車輪の活躍を僕は期待しています。

 

では、安部選手も悩まされた腰痛症とは何なんでしょうか?

実は、あなたもなる可能性があるんですよ。

 

 

カープの安部友裕選手も苦しんだ「腰痛症」の原因と解決策はあるのか?

 

腰痛症はスポーツ選手に限らず、誰にでもなる可能性があります。

腰が弱い、違和感がある、痛いという方は読んでみてください。

 

この記事は・・

 

・腰痛症とは?

・腰痛症の原因とは?

・腰痛症の解決策とは?

 

について書いていきます。

 

腰痛症とは?

 

腰痛症とは大きく分けて、急性腰痛・慢性腰痛に分けられます。

つまり、腰痛全般のことを腰痛症というんです。

 

・急性腰痛とは、ぎっくり腰・ヘルニアなど

・慢性腰痛とは、6ヶ月以上続く腰痛など

 

のことを言います。

 

腰痛で悩んでいる方は、4人に1人と言われています。

だからあなたも腰痛症になる可能性があるんですね。

 

腰痛症の原因とは?

 

腰痛症になってしまう原因として多いのは、

 

・運動不足

・筋力の低下

・関節の制限

・姿勢の崩れ

 

などがあります。

 

「カープの安部選手には当てはまらないのでは!?」

と思われた方もいるかもしれません。

 

安部選手の場合は上記に加え、

 

・過剰に使い過ぎ

 

も含まれます。

野球は腰を捻る動作が多いので、どうしても過剰な負荷が掛かるんです。

 

でも当然ですが、腰痛症になる選手・ならない選手が存在します。

その理由は、腰の使い方にあります。

 

・偏った筋肉を鍛え過ぎ

・無駄に力を入れすぎ

 

というパターンがあります。

この2つをしてしまうと、腰はロックされ負担がどんどん増えていくんです。

 

これは、慢性腰痛の方にも多い、腰の使い方の特徴です。

一般の方の腰痛症になる原因としては、最初にお伝えした、

 

・運動不足

・筋力の低下

・関節の制限

・姿勢の崩れ

 

が原因になりやすいので、ここを改善する必要がありますよ。

 

腰痛症の解決策とは?

 

解決策としては、先程の原因を取り除く必要があります。

 

・定期的な運動

・偏らない筋トレ

・股関節などの関節を広げる

・姿勢を正す

・腰の負担を減らす体の使い方を習得する

 

ということです。

文字にすれば簡単に思えますが、やろうと思えば意外と難しいものです(^^;

 

そして、上記の中でよく間違いであるのは、「偏った筋トレ」「体の使い方」です。

ここを見直していく必要があります。

 

偏った筋トレとは、足腰を強くするために「スクワットだけすればいい」という考えで、筋トレはスクワットばかりするということです。

同じ筋トレばかりやることで、強い筋肉・弱い筋肉の差がどんどん広がっていくことになります。

 

この差が大きいほど、腰の痛みに繋がります。

なので同じ筋トレばかりやることは避けた方がいいです。

 

体の使い方もそうで、腰痛症の方は癖で、腰に負担の掛かる使い方をしています。

この使い方を変えない限り、ずっと腰痛で悩まされるでしょう。

 

腰痛症の方は、「腰を動かしたら痛い」という考えがあるので、腰に無駄に力を入れてしまいます。

本当はこれは一番やってはいけないのですが、無意識にやってしまうんですよね。

 

本来の使い方としては、股関節などをうまく使うことが大切になります。

だからといって、股関節を柔らかくするストレッチだけではダメです。

 

股関節などが、日常生活でしっかりと動けないとダメなんですね。

これはストレッチだけでは治りません。

 

筋トレのときに、動かせる練習も必要になってきます。

鍛える+関節を使うで頑張ってみましょう!

 

まとめ

 

カープの安部選手も悩む、腰痛症について少しは理解できたでしょうか?

あなたにも腰痛所になる可能性は大いにありますので、予防・対策はしっかりとしてくださいね。

 

わからないことやお困りごとがありましたら、いつでもご相談くださいね(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

腰痛

腰痛の原因である筋肉をストレッチで伸ばして解消する方法

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

2019年も残り少なくなりましたが、腰の痛みは解消されましたか?

2020年を気持ちよく迎えるためにも、今のうちに腰の痛みをスッキリさせておきましょう。

 

 

腰に痛みがると折角のお正月も楽しめない可能性もありますもんね。

少しでもいいので、解消へと進みましょう。

 

 

腰痛の原因である筋肉をストレッチで伸ばして解消する方法

 

腰痛の方には、硬くなりやすい筋肉があるんです。

その原因でもある筋肉を伸ばすことで、腰の痛みがスッと消えることもあります。

 

 

でも意外とこの筋肉を伸ばす方をお見掛けしません。

あまり知られていないのかもしれませんね。

 

 

その筋肉とは、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)です。

 

 

 

 

この青い部分の筋肉のことをいいます。

この青い部分が筋肉で、途中から靭帯へ移行しています。

靭帯まで繋げると、膝の外側まで付着している長い筋肉になります。

 

 

この筋肉が硬くなってしまうと、腰の動きが非常に悪くなります。

また仰向けに寝た時に、腰が痛くなる原因もここの筋肉です。

 

 

ここをしっかりと伸ばしておくことで、腰痛予防に効果的になります。

 

 

大腿筋膜張筋ストレッチ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

簡単にできるけど、しっかり伸びませんか?

 

 

硬い方は、膝が床に着きません。

しっかりと着くまで柔らかくしておきましょう。

 

 

そうすることで、腰痛予防に効果的ですよ(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア 腰痛

親指が痛くなる腱鞘炎などに効果的なセルフマッサージ

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、親指の痛み(腱鞘炎など)に有効なセルフマッサージをご紹介致します。

しっかりほぐれると即効性もありますので、是非お試しくださいね。

 

 

年齢とともに手が開きにくかったり、曲げにくかったりしていきますよね。

そんな悩みがある方は試す価値ありですよ。

 

 

親指が痛くなる腱鞘炎などに効果的なセルフマッサージ

 

親指が痛い、開きにくいと悩む方の多くが親指の筋肉が固くっているパターンが目立ちます。

 

 

その筋肉は「短母指外転筋」といいます。

親指の付け根の骨から手首辺りまでについている筋肉です。

 

 

名前の通り、親指を外に開くための筋肉ですね。

ここの筋肉が固くなると逆に、親指が開きにくくなるんです。

 

 

なので、ここの筋肉を的確にほぐせると、一気に親指が広がりやすくなります。

 

 

親指(腱鞘炎)セルフマッサージ

 

 

 

動画を見てもらえたらわかると思いますが、少しコツがいります。

このコツを抑えないと効果がありません。

 

 

動画内のコツをまとめると下記になります。

 

・親指の膨らみを避ける

・避けたら親指の骨に向かって押す

 

でしたね。

この膨らみを避けないと全く効果がないので、ここは忘れないでくださいね。

 

 

短母指外転筋は、骨にひばり付くように付いている筋肉+親指の膨らみで覆われています。

効果を出すためにも、ここが今回のセルフマッサージの最大のポイントになりますからね。

 

 

うまくいけば即効性もあるので、ぜひお試しください(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

ケア

膝が痛くて病院に行く前にこの筋トレをして、膝の痛みを改善しましょう!

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

階段を上り下りのときに膝が痛い、膝を曲げると痛いとか膝痛で悩んでいる方は、腰痛の次に多いんです。

 

 

そして膝痛の方には、ある特徴があります。

それはお皿(膝蓋骨)の動き太ももの筋肉(大腿四頭筋)の動きが悪いことです。

 

 

ここの2つの動きを変えてあげることで、膝の痛みは今よりも楽になると思います。

今回はそんな膝痛を改善させる簡単なトレーニングをご紹介いたしますね。

 

 

膝が痛くて病院に行く前にこの筋トレをして、膝の痛みを改善しましょう!

 

多くの場合ですが、病院に行っても湿布とか痛み止めで終わるなんてパターンが多いんです。

でもこれだと根本的な改善とは言えませんよね。

 

 

そもそも最初に言ったように、お皿と太ももの筋肉の動きを変えなければいけないんです。

この動きが変わるだけでもグッと痛みは減ることが多いですよ。

 

 

早速その膝痛改善トレーニングをしていきましょう!

 

 

膝痛改善トレーニング

 

 

 

動画はご覧になりましたか?

たったこれだけでいいんですよ。

 

 

今回の動画のポイントをまとめると下記になります。

 

・膝を伸ばすように力を入れる

・腰をしっかりと立てる

・足首を立てる

・お皿が動いているか確認する

 

になります。

トレーニング方法はいたってシンプルですが、ポイントを抑えないと効果が全くありません。

 

 

ここでの1番のポイントは「腰を立てる」ことですがその理由としては、

 

・腰を立てる

→大腿四頭筋は4つの筋肉で構成されており、その中の大腿直筋と中間広筋が膝に悪さをしています。

→この2つをうまく動かすためには、腰を立てなければいけません。

→しっかり立てないと、大腿直筋のみが動くので全く効果がありません。

 

ちょっと難しく説明してしまいましたが、要するに筋肉を正しく動かすために腰を立てないといけないんです。

 

 

それと、お皿の動きも見てあげてくださいね。

ほんの少しだけお皿が上に引っ張られるはずですから。

 

 

このトレーニングがうまくできている時と、うまくできていない時では力の入り方の違いが感じられるかと思います。

この違いを理解していないと、いくらやっても無意味なトレーニングになってしまいます。

 

 

シンプルなトレーニングほど、ポイントを抑えてないと効果がないんですね。

膝痛を改善させるためにもポイントを抑えながらやっていきましょう(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

トレーニング動画

たった2つの腰痛ストレッチで、動かすと痛い腰とさようなら!

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今日は腰が痛いなーって感じることありませんか?

たぶんある方が多いかと思います。

 

 

そして腰が痛い方には、体が固くなる部分に特徴があります。

しかもそれはたった2つ!

 

 

この2つを抑えておけば、すぐに痛みが消える方もいます。

今回はその効果的な2つをご紹介致します。

 

 

たった2つの腰痛ストレッチで、動かすと痛い腰とさようなら!

 

よく雑誌やテレビで「3秒で腰痛撃退ストレッチ」とかよく目にしますよね。

実際は、3秒ではないことが多いし、効果が微妙なこともこれまた多いです。

 

 

今回ご紹介するのは、3秒では無理ですが、的確におこなえば効果はあると思います。

 

 

早速ですが、動画で解説していきますね。

 

 

最後までご覧頂けましたか?

動画のポイントをまとめると下記になります。

 

・太ももの裏を伸ばす(ハムストリングス)

・骨盤の内側をほぐす(腸腰筋)

 

の2点でしたね。

とってもシンプルです。

 

 

最初は、太ももの裏です。

こちらでは、ハムストリングスという筋肉が腰痛のきっかけになっています。

 

 

ハムストリングスは、骨盤から膝までついている長くて強い筋肉なので、固くなると腰への負担が一気に大きくなります。

 

 

だから、腰痛の方は圧倒的に固い方が多いんです。

ここをストレッチすることは腰痛改善の1歩になりますよ。

 

 

固いなと感じるのであればしっかりと伸ばしましょう。

 

 

また、前屈などをすると腰が痛くて太もも裏を伸ばせないという方がいます。

その場合は、タオルを足に引っ掛けて引くと、腰を曲げずに太ももの裏を伸ばすことが出来ます。

 

 

腰を使わないよう注意してみてくださいね。

 

 

次に、骨盤の内側です。

ここにも腰痛の原因となる筋肉が存在します。

 

 

それが腸腰筋です。

腰から股関節までついている筋肉で、腰周りの安定に働きます。

 

 

こちらの筋肉は、太もも裏よりも重要な筋肉です。

ここの筋肉が弱くても強すぎても腰痛の原因になります。

 

 

なので、今回は敢えてほぐすことにしました。

しっかり骨に当てるようにほぐすのがポイントです。

 

 

骨に当たる感覚がなければ間違っていますので、注意してください。

せっかくやっているのに、効果がない!ってことになりかねませんからね。

 

 

この2つをしっかり抑えて、腰痛改善に取り組んでみてください(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :       

腰痛

朝、起きた時の体の痛みの原因となる栄養編②

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

朝の体の痛み

 

前回のブログで、朝の腰の痛みの原因と解決方法について書きました。

 

 

そして今回は「栄養面」で見ていこうかと思います。

 

 

朝、体が痛くなる原因の一つとして、栄養不足も挙げられます。

 

 

寝ている間は、体をあまり動かしませんよね?

 

 

そうすると、寝ている間に血流が滞ってしまうんです。

 

 

栄養不足であれば、それがさらに悪化します。

 

 

普通に動いていれば流れる血流も動いていなければ滞りやすくなります。

 

 

例えば、座るなど同じ姿勢でいるのも辛いですよね?

 

 

でも寝ている間は、それが多々起きています。

 

 

寝返りが少ない方は尚更です。

 

 

だからこそ栄養をしっかり摂っていないと、さらなる血流不足を呼び、体の痛みに繋がります。

 

 

今回は、そんな栄養面での動画になります。

 

 

気になる方はご覧ください。

 

 

(YouTubeのいいね・チャンネル登録が励みになります)

 

 

どうでしたか?

 

 

この栄養素足りていましたか?

 

 

栄養素も足りておらず、朝痛みを抱えている方は、食事面も変えてみてください。

 

 

また、前回のブログからストレッチの方法も見てみてください。

 

 

朝の目覚めが劇的に変わるかと思いますよ(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :       

ケア 腰痛

朝、起きた時の腰の痛みの原因と解決方法①

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

朝の腰の痛み

 

朝起きた時に「イテテ、、、」となっていませんか?

 

 

実はそれ治せるんです。

 

 

朝起きた時に体が痛い方には特徴があります。

 

 

その特徴させ覚えてしまえば、簡単に解決できるかと思います。

 

 

もちろんですが、これがすべてだ!とは違いますよ。

 

 

でも特徴が出ているんですね。

 

 

その特徴は「固さ」です。

 

 

ある部位とある部位が固くなっているせいで、朝起きたとき体が痛いんですよ。

 

 

この固くなった2つの部位を柔らかくしていけば、朝の目覚めも変わります。

 

 

実際に動画で解説していますので、ご覧ください(^^)

 

 

(YouTubeのいいね・チャンネル登録が励みになります)

 

 

どうでしたか?

 

 

2つの部位はわかりましたか?

 

 

この部位をしっかりストレッチなりしてみてください。

 

 

もしそこが原因であれば明日から朝の目覚めは確実に変わりますよ(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :    

ケア

【猫背】腰が丸まって痛い方の原因

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰が丸まって痛い方の原因

 

腰が丸くなっている方多いですよね。

 

 

僕の祖母は元気ですが、年々腰~背中が丸くなっています(^^;

 

 

 

 

座っていたりすると尚更ですよね。

 

 

それに、姿勢が崩れて猫背になっている方も同様に腰まで丸く・・・

 

 

しかも、腰が丸くなると、ガニ股(O脚)になりやすいんです。

 

 

腰痛だけじゃなくて、膝痛にも影響していきます。

 

 

それもだけど、ガニ股で歩きたくないですもんね。

 

 

で今回は、そういう方の特徴といいますか、弱くなりやすい筋肉をいくつか挙げていこうかなと思います。

 

 

逆を言えば、ここの筋肉を鍛えれば腰痛予防に効果的ってことですよ。

 

 

では、早速みていきましょう。

 

 

今回は2つの筋肉に絞りますね。

 

 

ココだけでもしっかり正しいトレーニングをすれば効果的だと思います。

 

 

①多裂筋
②内転筋群
 
 
この2つです。
 
 
「いや、どこの筋肉ですか?」
 
 
と思われたかもしれませんが、多裂筋(たれつきん)は、“腰”の筋肉。
 
 
 
 
内転筋群は、“内もも”の筋肉です。
 
 
 
 
この2つはセットで鍛えないとダメだと思ってください。
 
 
多裂筋が弱れば、内転筋群も弱っていくんですね。
 
 
細かく説明すると混乱するので要するに、「この2つの筋肉はセット」とだけ覚えておいてください(^^)
 
 
では、ひとつずつ解説していきますね。
 
 
多裂筋について
 
 
まずは、多裂筋の動きを説明します。
 

 

多裂筋の作用
脊柱の伸展・側屈・回旋
椎間関節の安定
 
 
意味わかんないですよね。
 
 
ここで注目してほしいのは、「脊柱の伸展」ってとこです。
 
 
つまり、腰を反る動きってことです。
 
 
 
 
 
腰が丸くなっている方っていうのは、この多裂筋の動き(反る)と反対ですよね。
 
 
多裂筋は腰を伸ばしたいのに、実際は腰が丸くなっている。
 
 
そうすると、多裂筋の機能は落ちていき、多裂筋の筋力は落ちていきます。
 
 
結果、多裂筋は作用しなくなり、どんどん腰の丸みは加速していきます。
 
 
腰が丸まれば、腰への負担は必然的に大きくなります。
 
 
それに腰が丸いと、股関節も曲がってる状態ですよね。
 
 
腰を丸めたまま、股関節は伸ばせませんからね。
 
 
これが、ガニ股になってしまう原因のひとつでもあります。
 
 
ガニ股を直したい場合、足だけではなく腰の多裂筋を鍛えることも効果的の場合も多いんですよ。
 
 
まずは多裂筋を鍛えて、腰を伸ばせるようにしていくことが大切です。
 
 
多裂筋の鍛え方は動画にしてありますので、参考にしてみてください。
 
 
もし「腰に力が入っている」という感覚がなければ間違っています。
 
 
色々なバリエーションがありますので、気になる方はいつでも聞いてください(^^)
 
 
 
 
内転筋群について

 

 

続いて、内転筋群の説明です。

 

 

内転筋“群”と言うぐらいですから、いくつかの筋肉をまとめたものをこう言います。

 

 

ここでは割愛しますが、ご興味あれば「内転筋群」と検索してみてください。

 

 

なんでこの2つの筋肉がセットかと言うと、腰が丸まっていては内転筋群は力を発揮できないからなんです。

 

 

腰を伸ばせたときにやっと本来の力を使える筋肉でもあります。

 

 

ですので、腰が丸まったままではこの筋肉は落ちていきます。

 

 

もちろん“群”ですので、ひとつひとつ見れば動きは異なりますがこれも割愛します(^^;

 

 

動きが異なりますので、作用は同じではないですがざっとこんな感じです。

 

 

内転筋群の作用
股関節の内転・屈曲・外旋
 
 
 
「これまた意味わかんないです」
 
 
って思われたかもしれませんが、それでいいです(^^;
 
 
内転筋群に関しては、さっきの多裂筋と違って覚えるとこはないです。
 
 
内転筋群の最初に説明したとこの
 

 

腰を伸ばせたときにやっと本来の力を使える筋肉でもあります。

 

ですので、腰が丸まったままではこの筋肉は落ちていきます。

 

 

だけ覚えておいてください。

 

 

つまり、内転筋群と多裂筋の2つで腰を伸ばす作用が大きく働きますってことです。

 

 

だから「この2つの筋肉はセット」とお伝えしたんです。

 

 

さらに多裂筋同様に、内転筋群が弱るとガニ股も助長してしまいます。

 

 

内転筋群も鍛えて、腰痛改善+ガニ股改善に繋げていきたいですね。

 

 

さぁ内転筋群の鍛え方も動画があります。

 

 

これまた寝ながらできますので、トライしてみてください。

 

 

多裂筋同様に「内ももに力が入っている」感覚を持ってください。

 

 

バリエーションは他にもありますので、気になればご連絡くださいね(^^)

 

 

 

 

多裂筋の動画とテイストが明らかに違いますが、お気になさらず(^^;笑

 

 

まとめ

 

 

腰が丸くなって腰が痛い場合は、

 

 

①多裂筋
②内転筋群
 
 
この2つの筋肉をセットで鍛えていきましょう!
 
 
たったこれだけでも、あなたの腰痛のお悩みが改善されると思います。
 
 
他にも弱りやすい筋肉はありますが、今回はこの2つ。
 
 
覚えてくれましたか?
 
 
またわからないことがありましたら、お気軽にお聞きください。
 
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございます(^^)
 
 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

 

公式LINE@

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

 

 

タグ :            

トレーニング 腰痛

腰を反ったときの腰の痛みの原因と改善方法

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰を反ったときの痛み

 

腰を反ったときに痛くなる方いますよね?

 

 

 

 

あなたもそうですか?

 

 

今回は、その原因と改善方法についてお話ししていきますね。

 

 

痛みの原因

 

 

反ったときの痛みの原因は様々あります。

 

 

・股関節の可動域の低下

・太もも(大腿四頭筋)の固さ

・カラダの使い方

・お尻の筋力不足

 

 

などなど原因は挙げればキリがないんです(^^;

 

 

人それぞれ原因は異なりますからね。

 

 

でもそれを言ってしまっては始まらないんで、少し絞ってお話ししていきます。

 

 

単純に考えてもらえたらと思いますが、腰を反ったときを思い出してみてください。

 

 

カラダで言うと、前面が伸びて・後面が縮んでいますよね。

 

 

言い換えれば、

 

 

前面の柔軟性がなくて、後面の筋力がないから、腰が痛くなるってことです。

 

 

 

 

「前面・後面ってアバウト過ぎて意味がわからない」

 

 

ってざっくり言い過ぎて怒られました。

 

 

すみません。

 

 

少し細かく言うと、

 

 

前面→太もも・股関節の固さに繋がります。

 

 

後面→お尻の筋力に繋がります。

 

 

ここを改善していくと、腰を反らしたときの痛みは軽減していきます。

 

 

そうそう、ちょうどこの間、腰を反らすと痛いお客様がいました。

 

 

このお客様にも前面・後面の法則?で痛みは改善しましたよ。

 

 

特に後面のお尻の筋力不足が顕著でしたけどね。

 

 

なので、しっかりとお尻をトレーニングしていきました。

 

 

終わりには、痛みなくスタスタと歩いて帰られましたよ(^^)

 

 

腰の可動域

 

 

前面・後面のお話しをしましたが、腰の可動域(動く範囲)についても話しておきますね。

 

 

腰だけでは、反る動作はほとんどできまないんです。

 

 

腰だけの可動域は、たった15度なんです。

 

 

全然動いてませんよね。

 

 

でも実際に反るときは、15度以上反っていると思います。

 

 

つまり実際には、腰以外を使って反っているってことですよね。

 

 

だから、腰以外の柔軟性や筋力が必要になってくるんです。

 

 

それが、前面・後面のお話しに繋がります。

 

 

あっそれと、カラダの使い方も含まれてきますが、今回は触れません。

 

 

反ったときの改善方法

 

 

何度も前面・後面の話ばっかりしているので、それで進めていきますね。

 

 

で、さらに今回は後面を絞っていきます。

 

 

そうです、お尻の筋肉を鍛える!ってことです。

 

 

特にお尻の大きい筋肉でもある、大殿筋・中殿筋を鍛えることです。

 

 

 

 

この筋肉は反る作用があるので、しっかりと機能させる必要があるんです。

 

 

ここを選択的に鍛えていきましょう!

 

 

そうすると、反った時の痛みは軽減していきますよ(^^)

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

LINE@に登録

 

タグ :        

ケア トレーニング 腰痛