痛い | 腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

【ぎっくり腰】急に腰を痛めてしまう原因とは?

 


 

ぎっくり腰になったらかなり痛いですよね。

本当に辛いと思います。

では、ぎっくり腰って何でなるんでしょうか?

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

ぎっくり腰の原因は色々あるんですが、今回はその内のひとつをご紹介致します。

それが、

 

=====

座りっぱなし

=====

 

です。

座る時間が長いことで、ぎっくり腰の原因をつくり出しているんですよね。

 

 

長時間の座る姿勢は、仙骨に負担が掛かります。

 

 

その理由は、上半身の体重がすべてのってしまうから。

そうなってしまうと、仙骨と骨盤がズレてしまうんです。

 

 

するとそのズレから仙骨と骨盤がロックしてしまうことになります。

 

 

そしてロックされた状態で動いた結果、強い痛みに襲われます。

これが座りっぱなしが原因のぎっくり腰です。

 

 

さらに言えば、ロックされた状態で重たい荷物を持ち、グッと力を入れるとさらにロックが強くなります。

その瞬間「腰があぁぁぁぁ」ってなるんです。

この時ぎっくり腰になる人が多いのもこの理由です。

 

 

座りっぱなしにならないように、日頃から歩くなり動いていきましょう!

痛い思いは嫌ですもんね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

【首の痛み】動かすのが泣くほど辛い首痛をやっつけろ!

 


 

「首が痛くて何もできません!助けて!」と緊急のご連絡が。

急いで駆けつけてみると・・・

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今日は午前中休みをとり、歯医者に行ってたんです。

そしたら携帯がブルっと震えました。

 

 

携帯を見ると「首が痛い!助けて」という内容の文章が。

合間に行ける時間があったので急遽伺うことに。

 

 

そしたら、首が痛すぎて立ち上がるのも辛い様子。

ということで、検査をして施術スタート。

 

 

結果として10分程度で痛みはなくなりました。

痛みから解放されてよかったです。

 

 

施術的には、腕と胸をやったんですが、

今回の施術内容でセルフケアもできる内容があったんで、ここでもシェアしておこうと思いました。

 

 

首の痛みと密に関係しているのが、意外にも《腕》なんです。

ここは自分一人でもセルフケアできるかなと思います。

 

 

やり方さえ覚えてしまえば、簡単で効果的ですので是非お試しください。

 

=====

①力こぶを出す

②力こぶの内側の下をほぐす

※肘を伸ばし脱力した状態でほぐすこと

=====

 

たったこれだけです。

ほぐす場所は写真でお伝えすると下記の赤線の位置になります。

 

 

簡単でしょ?

首が痛い方は、押すと激痛だと思いますが、しっかりとほぐすと首の動きが変わってきます。

 

 

ここには首に関与する神経&筋肉があります。

神経&筋肉のダブルほぐしです。

 

 

意外と知られていないかもしれませんが結構効果的です。

首の痛みでお悩みの方はぜひお試しくださいね。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

ケア

【腰痛ストレッチ】前屈時の痛い腰を治すための骨盤ストレッチ

 


 

前屈の時、物を拾う時など腰に痛みを感じることはありませんか?

もしかしたらその原因、骨盤かもしれません!!

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は【骨盤】に焦点を当てた骨盤ストレッチの動画をご紹介します。

 

 

実は、股関節と骨盤にはリズムが存在します。

股関節がこれぐらい動けば、骨盤もこれぐらい動きますよって。

 

このリズムをうまく利用して、前屈時の腰痛を克服していきましょう!

(※ヘルニアの方は、余計に痛めるリスクもありますのでご注意くださいね)

 

 

では動画をご覧頂きながら一緒にストレッチしていきましょう!!

 

 

いかがでしたか?

ポイントとしては、

 

=====

骨盤をしっかりと後傾させること

背中をなるべく丸くしない

=====

 

ですかね。

 

 

本来はこの骨盤後傾ができたら、股関節の動きを合わせて連動性を練習する必要があります。

でもそこまで行く前に、骨盤が動かないと始まりません。

しっかりと骨盤を自由自在に動かせるようにしておきましょう。

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング動画

【人工股関節】手術後リハビリでも良くならない腰痛患者を改善させろ!

 


 

股関節に問題がある場合、最悪手術をすることがあります。

それが人工股関節。

 

 

うまく動かしていかにと腰痛になるリスクも待ち受けています。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

先日、人工股関節の術後1年未満の方を施術しました。

「股関節の痛みはなくなったんだけど、腰の痛みがひどくなってきた」

とのこと。

 

 

人工股関節手術後は、股関節の動きに制限が入ります。

そのひとつが内股にならないことです。

 

 

内股になってしまうと、人工股関節部分に負担が掛かり、最悪の場合脱臼してしまいます。

これはかなり痛いので注意した方がいいですね。

 

 

人工股関節からの腰痛

 

で今回のお客さんの例をあげてみましょう。

 

=====

股関節90度曲げると腰(仙骨)辺りが痛い

=====

 

という症状で、立ったまま物を取るのが辛いとのこと。

 

 

この場合見ていかないといけないのは、「股関節が90度も曲がる」ってとこです。

ここから問題は股関節ではないことがわかります。

 

 

股関節の純粋な動きは70度~80度しかないんです。

それ以上は、骨盤(と腰)の働きで曲がっていきます。

なので問題は、骨盤にあり!!ということが見えてきますね。

 

 

ということで、骨盤がうまく働くようにアプローチをしていきます。

その後、骨盤を動かせるようにするためにトレーニング。

 

 

施術後は、「全然痛くないわ!楽になった!」とのことでよかったです。

 

 

このように、人工股関節由来?の腰痛であっても股関節が問題とは限りません。

まずは、どうやったら痛いのか?を見ていくことで色々とわかったりしますね。

 

 

あなたの腰痛は、何が原因でしょう?

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

腰痛

【肥満腰痛】太っている人は腰痛になりやすい?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

「太っているから腰が痛いんだ!!」

なんて言われたり、思ったことはないですか?

 

 

本当に肥満と腰痛は関係があるんでしょうか?

今回は、そんなお話しをしていきます。

 

 

結論から言いますと、《どちらでもない》です。

 

 

「藤野さん、そりゃないよ。はっきりさせてよ」

 

 

一概に言い切れないんです。

それには理由があります。

 

 

肥満と腰痛の関係

 

 

体重が増えれば増える程、腰に負荷が掛かるのは当たり前ですよね。

だって重いんですもん。

 

 

でもイコール腰痛とはなりません。

もしそうなら相撲取りは体重に比例して“全員が腰痛”になっているはずです。

 

 

そうじゃないですよね。

体重別で腰の痛さが同じだったら怖いです・・・

 

 

で、ここからが重要なポイントになるんですが、

「体のバランスに影響されやすい」のが肥満の特徴なんです。

 

 

つまり、

太っていてもバランスが整っていれば腰への負担は少なく済むし、

バランスが悪いのであれば、腰痛になりやすいってこと。

 

=====

 

バランス悪い→腰への負担増

バランス良い→腰への負担減

 

=====

 

ってことですね。

「バランスって何?平衡感覚?」

でなはく、

 

=====

 

解剖学的肢位に近い

重心位置が正しい

 

=====

 

のことを言います。

ここでは、筋肉とか関節の動きは省きますね。

 

 

上記の写真みたいなことですね。

この線・枠内の近くにいるかどうかが重要。

 

 

で、先程言ったように肥満の方は、

「体のバランスに影響されやすい」ってことです。

 

 

例えば、上半身が後ろにバランスが崩れていたとします。

そうなると、重たいので余計に後ろに倒れやすくなり、普通の方よりも腰に負担が掛かります。

 

 

だって骨は体重関係なしに同じ大きさなんで、腰の骨からしたらただ負担が増えただけです。

 

 

これが肥満の方は、「体のバランスに影響されやすい」ってことです。

 

 

まとめると、

「太っているから腰が痛いんだ!」は間違いで、

「バランスが悪いから腰が痛いんだ!」になります。

 

 

肥満が全ての原因ではないってことです。

まぁでも、痩せることに越したことはないんですけどね。

 

 

太り過ぎは、腰だけじゃなくて他にも色々と体に悪影響なんで、ダイエットしましょうね!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :     

腰痛

【寝違い】首が痛くなる原因と予防方法とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

お正月になると、寝違いなどによる首の痛みを訴える方が急増します。

 

 

とか言う僕も昨日の夜、仕事終わりに首をやってしまいましたが。

まだ少し違和感を残しながらこれを書いています(笑)

 

 

さて、なぜ首の痛みは急に起こるんでしょうか?

その原因と予防方法についてお伝えしていきます。

 

 

首が痛くなる原因

 

 

もっとも考えられるのが、姿勢です。

特にスマホを見る時の首を垂らしたような姿勢です。

 

 

 

 

この姿勢が長いと首を痛めやすくなります。

もちろんスマホだけではなく、こういう姿勢の多い職業も同様です。

 

 

そして長時間の悪い姿勢の後、首を動かすと「ビキッ」と痛みを発症しやすくなります。

 

 

では、なぜこの現象が起きてしまうのか?

詳しくみていきましょう。

 

 

首痛の原因はカップリングモーション!?

 

 

多くのパターンがこれに当てはまります。

 

 

「カップリングモーションって何やねん!!」

って思われたかもしれませんが、説明しますので安心してください。

 

 

首の骨は7個で成り立っています。

ちなみに、胸は12個・腰は5個あります。

 

 

 

 

すべて合わせると、24個の骨で背骨は成り立っているわけですね。

ここで重要になってくるのが、背骨は1個の骨ではないということ。

 

 

積み木みたいに積みあがっているんですね。

なので、ある動きに対して1個1個の骨が別々の動きをします。

 

 

この別々の動きのことを「カップリングモーション」と呼びます。

 

 

「首を下に向けたらここの骨は右に動いて、あの骨は左に動きまっせ」

みたいに決まっているということです。

 

 

これが24個すべての骨で決まっています。

スムーズに体が動くためには、必要不可欠な動きっていうことです。

 

 

人間の体って凄いでしょ。

これがなければ人間もロボットみたいな動きになりますからね。

 

 

 

 

それを踏まえた上で、なぜ首の痛みに繋がるのか考えていきますね。

 

 

最初にお伝えした姿勢だと、カップリングモーションの性能が落ちるんです。

つまり、ロボットにより近い背骨になってしまうということです。

 

 

ロボットの動きを想像してみるとわかりますが、カクカクした動きしかできませんよね。

 

 

ロボットは構造上それ以上動くことができませんが、人間は違います。

動きにくいなと思っても、それ以上に動かすことが可能です。

ですから、「いって~~~」っと悲惨なことに・・・

 

 

つまり、ロボットの背骨になっているのに、人間の動きをしようとするから首を痛めるリスクが上がってしまっているわけです。

 

 

長時間であればあるほど、ロボット化していきますからね。

お正月なんか特にそうでしょう。

 

 

首を痛めないための予防方法

 

 

では、最後に予防方法もお伝えしておきます。

 

 

それは、背骨を日頃から動かしていない方向に積極的に動かすことです。

めっちゃシンプルでしょ?

 

 

丸まる姿勢が多いのなら、反る動きを。

反る姿勢であれば、丸まる動きを。

 

 

さらに、横に倒す動き(側屈)・捻る動き(回旋)なども加えるとよりgoodです。

さらにさらに、動きを混合させるともっとgood!!

 

 

このように普段から動かしていない方向を積極的に動かすことで、ロボット化しにくくなります。

 

 

年齢を重ねるごとに、ロボット化(可動域の低下)は必ずするので、予防には最適だと思います。

 

 

日々の習慣があなたの体を作ります!

今からできることをしていきましょう!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :         

ケア

【歩き方重心】歩くと痛い腰と膝!治すために必要なこととは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

僕は毎月「歩き方教室」を開催中です。

ここでは、一人一人に合わせた歩き方をお伝えしながら、ご自宅でやるべきエクササイズも教えています。

 

 

「歩き方が変わった」「痛みが減った」「長く歩けるようになった」という声を参加者の方々からよく頂きます。

 

 

そして歩き方の悩みの中に、「歩くと腰が痛くなる」「歩くと膝が痛くなる」が圧倒的に多いんです。

でもこれらには共通した改善方法があります!!

 

 

知りたいですか?

というわけで今回は、歩くと痛い腰・膝を改善させる方法についてお伝えしようと思います。

 

 

  • なぜ歩くと腰や膝が痛くなるのか?
  • 歩くと痛い腰と膝を改善させる方法

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし歩き方が気になる!という方は、ぜひこのブログに目を通してくださいね!

 

 

なぜ歩くと腰や膝が痛くなるのか?

 

 

ここには共通する改善ポイントが2つあります。

それは、

 

 

  • お尻が使えていない
  • 重心の位置がズレている

 

 

が挙げられます。

 

 

まずお尻の件ですが、人間歩くとお尻の筋肉を必ず使います。

お尻が使えることで、まっずぐ立ち歩くことができているんです。

 

 

なのでお尻が使えない場合、「腰が曲がる」「すり足」「横揺れ」がひどくなります。

 

 

こうなると、腰・膝への負担が自然と増えていき、痛みと繋がるんです。

 

 

そして、重心の件。

 

 

これは歩いている時、必ず片足の時間がありますよね。

この時に重心の位置がズレているとダメなんです。

 

 

足裏の重心位置で考えると、膝が痛い方なんかは、重心が外側にあります。

逆に痛みがない方は、重心が内側(土踏まず辺り)にあるんです。

 

 

この小さな差が大きな痛みへと繋がっていきます。

 

 

歩くと痛い腰と膝を改善させる方法

 

 

お尻と重心の位置を同時に変えていきましょう!

それがいいですよね。

 

 

ではやり方です。

これは超シンプルです。

 

 

片足立ちをしましょう!

 

 

片足立ちをしてみて、お尻・重心の位置を意識するだけでいいんです。

 

 

「お尻に力入るかな?」その次に「重心の位置は内側にあるかな?」とか。

まずは、歩く練習の前に片足立ちです。

 

 

ここをマスターできれば、歩く時の痛みが一気に変わります。

めっちゃ楽になりますよ。

 

 

まずは片足立ちを頑張って練習してみてください(^^)

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

腰痛

腹筋・体幹を鍛えておけば腰痛知らずの腰になるの??

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

最近よくご相談を受けるのですが、

「腰痛だから腹筋頑張っています!腹筋つけたらいいんですよね?」って感じについてです。

 

 

9割ぐらいの方が「腰痛予防=腹筋と思われているんじゃないでしょうか?

 

 

でも実はその常識・・・

 

 

間違っているんですよ!!

 

 

 

 

なんで間違っているのか、このブログで詳しく解説していこうと思います。

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • なぜ「腰痛=腹筋」ではないのか?
  • 腹筋は逆効果!?腰を痛める?

 

 

という流れでブログを解説していきます。

腰痛で腹筋を頑張っているという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

なぜ「腰痛=腹筋」ではないのか?

 

 

そもそもですが、なんで「腰痛=腹筋」になったんでしょうね?

僕はよく知りませんが・・・(笑)

 

 

恐らくどこかのデータで、「腹筋(群)が腰痛に有効だった」みたいな検証結果が出たのではないかと思います。

 

 

そして、「腹筋で筋肉のコルセットを作って腰を強くしよう!」みたいなことも言われていましたよね。

今でも言っているのかな?わかりません・・・

 

 

だから「お腹の筋肉を鍛えるんなら、そりゃ腹筋でしょ!」みたいに広まったのかなと思います。

でも腹筋がたくさんできたからと言って、100%腰痛予防になるってことはないんですよ。

 

 

それだったら、シックスパックに割れたお腹の方はみんな腰痛知らずになりますよね(^^;

 

 

 

 

まぁでも実際はそんなことないわけです。

逆に腰痛持ちの方なんてざらにいます。

 

 

腹筋だけしてもダメなことが多いんです・・・

もっと全体的に見ていきましょう!

 

 

腹筋は逆効果!?腰を痛める?

 

 

腹筋の動きは、腰を曲げ伸ばしする動作でもあります。

この動きは、腰痛の方にとっては痛みを誘発する動きではないですか?

 

 

例えば、ヘルニア。

ヘルニアの場合、腰を曲げるという動作がNGだったりします。

余計に腰を痛める結果に繋がります。

 

 

「でも病院では腹筋を鍛えなさいと言われるんです・・・」

だったら腰を曲げない体幹トレーニングだ!という方も多くいます。

 

 

 

 

こんな感じのトレーニング。

確かにお腹とかに力は入りますが、これでいいのでしょうか?

 

 

体幹(お腹辺り)をキープした動きなんか、日常生活にほぼありません。

掃除・洗濯・料理など、いつどの場面で、普通の方が体幹をキープしていますか?

 

 

この形の筋肉を鍛えたところで、日常生活ではほぼ役に立たない筋肉がつくと僕は思います。

 

 

もちろん、100%ダメって訳ではありませんよ。

多少の効果はでるかと思います。

 

 

でも一般的な腹筋では、腰の曲げ伸ばしを大きくするので、逆効果になることはあります。

どうしてもやる場合は、注意してくださいね。

 

 

まとめ

 

 

腹筋はほどほどに!

腹筋して腰が痛いならやらない!

 

 

もしよかったらYouTubeでは、腹筋をしない腰痛予防のトレーニングなどを投稿していますので、ご参考にしてみてください。

↓↓

http://bit.ly/2VlpytE

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :          

腰痛

歩くと痛くなる腰の原因と改善方法(筋トレ)

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、

 

 

「長距離歩くと、腰が痛くなります。どうにかしたいです!」

 

 

というご質問を頂いたので、その原因と改善方法について説明していきますね。

 

 

年齢を重ねるほど、長距離で歩くのが辛くなります。

でもその原因にはある特徴があるんです。

 

 

知りたいですよね。

知っておけば必然的に痛みも予防・改善できるはず!

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • なぜ歩くと腰が痛くなるの?(原因)
  • ずっと歩けるために必要なこと!

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、歩いていると腰に痛みを生じてしまうという方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜ歩くと腰が痛くなるの?

 

 

まずは、なんで痛くなるのか知っておかないとですよね。

症状・原因は様々ありますが、その中でも多いものにピックアップしていきます。

 

 

こが動いていない!?

 

 

結論から言いますね。

ズバリ!!!

 

 

【股関節】

 

 

が動かないのが原因なんです。

 

 

詳しく言うと、股関節が後ろに動かないのが原因となります。

専門用語で言うと「股関節伸展制限」といいますが、これが本当に厄介なんです。

 

 

これ、本当に多いんですよ。

どういう動きかわかりますか?

 

 

 

 

こんな動きなんですが、「簡単にできるよ!」と思われたかもしれません。

でもこれが上手くできているようで、出来ていない方がほとんどです。

 

 

上手くできているのは、腰が過剰に動いてそう見えるだけ。

そういう方は、この動きをすると「腰が痛いっ!」ってパターンもでたりします。

 

 

腰や膝に痛みがでている方は、ほぼこの制限が掛かっています。

だからここを解消しないといけないんです。

 

 

あなたは、股関節が後ろに「ちゃんと」動きますか?

 

 

が負担を肩代わりする

 

 

そして、股関節が後ろに動かない代わりに、腰を使って後ろに動こうとします。

それが歩く時に顕著にでてくるわけです。

 

 

なので、歩けば歩くほど、腰に症状がでるわけですね。

 

 

歩くときの動きを絵にしました。

赤枠を見てもらえば、股関節が体よりも後ろに動いているのがわかるかと思います。

 

 

 

 

うん。わかりやすいですね。

制限が掛かると赤枠部分が出来なくなる!ということ。

 

 

そして、次の写真も見てみてください。

少し大げさですが、股関節の動きが悪いとこうなります。

 

 

 

 

腰が反っているのがわかりますか?

(いい写真無くてなるべくわかりやすい写真選んだつもりなんで、わかってもらえたら嬉しい。。。)

 

 

まぁ先程も言いましたが、こんな歩き方をしている方はいません。

大袈裟に表現していますからね。

 

 

実際には、足は上がらず、反り腰気味で歩いている感じですかね。

「歩くと腰が痛いなー」と感じている方は、だいたいこんな歩き方をしています。

 

 

みなく歩くためには?

 

 

じゃあ、どうすればいいのか説明していきますね。

 

 

関節を反らせるように!

 

 

答えはシンプルです。

股関節を後ろに反らせるようにすればいいだけです。

 

 

「それがわからないから困ってるんだよ!!」

って思われたかも・・・

 

 

ごめんなさい。

でもこれ意外と難しいんです。

 

 

なぜかと言うと、

 

 

①股関節の動きをつける

②動き方を覚える

 

 

という、すごく簡単に書きましたが、こんな流れが必要になってきます。

そして、②が非常に難しいんです!

 

 

もう、腰でカバーする動きを何十年も体が覚えていると、中々戻りにくいのが現実。

戻りにくいと言うのは、体が本来の動きを思い出せないということ。

 

 

つまり、股関節が動くようになったとしても、また、腰で動こうとしてしまうんです。

これまた厄介ですよね。

 

 

例えば、一人で動き方を習得するためには、「筋肉が動いている感覚」が重要になるわけです。

 

 

・腰に力入っていないかな?

・お尻に力入っているかな?

・腰反ってないかな?

 

 

とか自分の感覚を鋭くしておくことが大切です。

 

 

もちろん、専門家とおこなうのがベストではあるんですけどね。

間違っていれば、指摘して修正できるので。

 

 

お一人で行う場合、ここも頭に入れておくと、より改善されていきますよ。

頑張ってくださいね(^^)

 

 

善トレーニング

 

 

では、改善方法にいきましょう!

今回の動画では、主に①の部分の修正になります。

 

 

ですが、②の要素も多少含んでいますので、ご活用頂ければと思います。

 

 

 

 

この動画を見ながら一緒にトレーニングするといいですよ。

 

 

とめ

 

 

「生涯、自分の足でしっかりと歩きたい!」というのは、多くの方が思っていることでしょう。

 

 

そのためにも、日々の努力やケアが必要です。

10年・20年後あなたは元気に歩けていますか?

 

 

僕のお客様の中には、車椅子の方がいらっしゃいます。

今は手を繋げば少し歩けるようになりましたが、早く自力歩行させてあげたいです。

 

 

今歩けている喜びを忘れずに、予防・対策をしっかりと考えておきましょうね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :       

腰痛

座って立つと痛くなるお尻の「原因」と「改善方法」

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、

 

 

「長時間座ったあとに、立つとお尻が痛くなります」

 

 

ってご質問を受けたので、その解答ブログにしていきます。

コロナの影響で、座る時間も長くなりましたもんね。

 

 

詳しい症状はお聞きしていないのですが、推測で、原因と改善方法について解説していきます。

 

 

  • なぜお尻が痛くなるのか?(原因)
  • 痛みを取る方法はこれ!

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、お尻の痛みに悩んでる!という方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜお尻は痛くなるのか?

 

 

「座るとお尻が痛い」「立つとお尻が痛い」とか、意外とお尻の痛みで悩んでいる方は多いのかな?と思います。

 

 

痛くなる原因は、人それぞれいくつかあるのですが、

 

 

①股関節の固さ

②背骨の固さ

➂腰の筋力低下

 

 

について、説明していきますね。

 

 

股関節の固さ

 

 

座る・立つなどの動作の時、大きく関わる関節は「股関節」になります。

 

 

・座っている時→大きく曲がる

・立っている時→ほぼ真っすぐ(少し反る)

 

 

という感じに働いています。

どういうことかと言うと、座ったり、立ったりすると股関節は、大きく動く必要があるってことです。

 

 

でも大きく“正しく”動くためには、

・小さい筋肉(インナーマッスル)

・大きい筋肉(アウターマッスル)

のバランスが普段から必要になってきます。

 

 

例えば、日頃から股関節が曲がっている状態(座っているなど)が多い場合、股関節のインナーマッスルを過剰に使うカラダになります。

 

 

(※写真内の文字はスルーしてください)

 

 

もしそれが癖になっていれば、インナーマッスルは疲労しやすくなります。

そして、疲労をきっかけに、お尻辺りの痛みに繋がりやすくなります。

 

 

そういう場合、アウターマッスルを使えるカラダに戻していく必要もあるわけです。

多くの方が、このパターンにはまっているかと思います。

 

 

背骨の固さ

 

 

これは、先程の股関節と繋がってきます。

「股関節の動き=背骨の動き」だったりもするんでね。

 

 

 

 

写真で見てもらうとわかるように、背骨の腰の動きと首の動きは連動しています。

 

 

これがどういう意味なのか?

さっきも記載していた写真を見てみましょう!

 

 

 

 

股関節が曲がっていれば、腰の背骨も曲がります。

同時に首の背骨も前に曲がっていくわけですね。

 

 

つまり、猫背の姿勢になっていきます。

 

 

結果、お尻のインナーマッスル等が疲労し、痛みに繋がります。

 

 

腰の筋力低下

 

 

これまた、①②と繋がってきます。

①②の姿勢に繋がると、イコールで腰の筋肉の低下が始まります。

 

 

逆を言えば、腰の筋肉を鍛えれば、お尻のアウターマッスルも使えるカラダになりやすくなるってことですね。

 

 

また、腰の横の筋肉などは固くなる傾向です。

ここは伸ばしていく必要性もありますね。

 

 

パターンもあり得る

 

 

実は、①~➂の原因と全く逆のパターンもあり得るんですね。

でも多くは、上記で説明したパターンが多いと僕は思います。

 

 

カラダの状態を見極めることも大切になってきますね。

 

 

みを改善するために

 

 

では、お尻の痛みを改善させるためには、どうすればいいんでしょうか?

簡単に説明していきますね。

 

 

節を動かせ!

 

 

もうとってもシンプルです。笑

関節を普段からしっかりと動かしてください!

 

 

日々動かしていないから、関節周りの筋肉も硬くなるんです。

小さくではなく、大きく動かすように心掛けてみてください。

 

 

例えば、就寝前に布団で、股関節を回すとか。

簡単にできることはあります。

 

 

とにかく、動かせ!

 

 

もうこれだけです。

これが改善するための第一歩だと思ってくださいね。

 

 

っくり腰のリスクUP

 

 

最後にもうひとつ。

コロナの影響もあり、動くことも少なくなったと思います。

 

 

ということは、先程もお伝えしたような「関節を動かす」ということも減っているわけですよね。

 

 

こうなってくると、ぎっくり腰のリスクも高くなるんです。

 

 

動かさなくなる→急に動かす=ぎっくり腰

 

 

安易ではありますが、そんなな流れになりがちです。

少しでもいいので、動きましょう!

 

 

いや、本当にそれが大切なんですよ。

1分でも3分でもいいので、「動かす時間」を作ってくださいね。

 

 

 

とめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

あなたのお尻の痛み改善に少しでも役立ったでしょうか?

少しでもお役に立てなら嬉しいです!

 

 

最後に言ったように、「動かす時間」を積極的に作りましょうね。

 

 

自宅でもできるようにYouTubeで様々な運動方法を投稿しています。

もしよかったら参考にしてみてくださいね。

↓↓

藤野の腰痛改善YouTube

 

 

お尻の痛みも、腰の痛みも治していきましょう(^^)/

もし、痛みでしんどいようならお声掛けくださいね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :            

腰痛