背骨 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】背骨の動きが原因だった!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛で来られたお客さん。

膝自体はだいぶ状態はいいんですが、最後何か痛みが引っ掛かる部分がありました。

 

その原因を探っていくと、背骨に原因があったんです!!

 

膝痛と背骨

 

今回の方を例にお話しを進めていきますね。

 

膝の内側の不安定さ(嫌な感じ)が残っているので、上半身を見ていくと、背骨に圧痛があり、背骨の可動域を獲得させると、膝の内側の不安定さは消滅したんです。

 

これはつまり、膝の痛み(不安定さ)は、背骨にあったという意味になります。

背骨で膝の痛みが消滅した理由が、

 

=====
神経系の改善
姿勢の改善
=====

 

に繋がっています。

ちなみに背骨と言っても細かな部位的には、腰背移行部の硬さがあったので、そこの柔軟性を獲得しました。

改善した理由をもっと詳しく言うと、

 

=====
・神経系
→腰~膝に繋がる神経があり、背骨の柔軟性不足で引っ掛かっていた神経が解放された

 

・姿勢
→腰背移行部が丸くなっていたので、伸ばすことで、内転筋(内もも)の筋肉が緩んだ
=====

 

から膝の内側の不安定さ(痛み)が改善しました。

 

まとめ

 

 

確かに膝周りの組織の改善は必要ですが、それでも改善しなければ、別の部位が原因だったということは多々あります。

 

膝ばかり揉んだりしても治らない場合、遠位部も原因がないか探ってみましょう。

意外なところに原因があるかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【重要】あなたの背骨は本当に動いていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、『あなたの股関節は動いていますか?』という記事を書きました。

そこでは、日頃から僕が散々言ってきた股関節の重要性について書いたんですが、次に背骨もお伝えしていこうと思います。

 

股関節と同様に背骨も重要であると、僕はこれまでに何度も言っていきました。

 

腰痛や膝痛など身体の痛み、老化による衰え、どれをとっても『股関節と背骨』は非常に重要なんです。

 

ですが意外とこれらの重要性について、あまり話している場面を見かけません。

影で隠れていますが、かなり重要ですからね。

背骨の重要性

 

背骨は、首~腰まで連なる骨のことを言います。

つまり人間の体の軸となる骨の部分です。

 

姿勢が悪くなれば、背骨の動きは低下してしまいますし、日頃から動かしていなければ、固まってしまいます。

 

動きが悪くなれば、腰や膝などに負担が掛かりますし、四肢への負担も増え、体力も低下していくことになるんです。

 

それは、20歳を超えれば徐々に低下してくんですから、「若いから大丈夫」ということではなく、早めの予防が非常に大切になってきます。

 

さらに言うと、自律神経とも絡んでいるので、精神性の症状(不定愁訴など)に悩まされることがしばしば出てくるなんてことも・・・。

 

そして先程も言いました股関節とも動きがリンクしてきます。

つまり、背骨と股関節はある程度セットで動きますので、どちらか片方動きが悪くなると足を引っ張り合うことになります。

 

なので何かしら体に症状がある方の多くは、背骨と股関節の動きが悪くなっていることがかなりの確率で高いんですよね。

 

狭くなる背骨の動き

 

 

特に落ちていく動きとしては、

 

=====
捻る動き(頸椎・胸椎)
反る動き(特に胸椎)
=====

 

です。

これは圧倒的に機能低下している方が多い印象です。

 

もしこれらの機能が低下してきている場合、何かしら体に症状が出始めているかもしれませんね。

 

まとめ

 

 

何度も何度もお伝えしてきた、背骨。

早くあなたにも背骨の重要性を知ってほしいです。

本当に重要だし、動きが出ることで体はどんどん変わっていきますからね。

 

「背骨硬いから無理かも」ではなく、硬いから変えるんです。

 

硬い方は、身体への負担が増え、痛みも付いてきますよ。

あなたはどうなりたいですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

姿勢

【自律神経】背骨の柔軟性は神経にも影響を与える!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

自律神経。

最近よく耳にするワードだと思います。

もしくは、副交感神経・交感神経と言い換えればわかる方もいると思います。

 

そして実はこの自律神経系は、背骨の動きと不随しているので、背骨の柔軟性は自律神経にとって非常に大切なんですよ。

 

自律神経と背骨

 

背骨には、自律神経の「テンションポイント」があります。

 

テンションポイントとは、簡単に言うと、背骨を通る自律神経が影響を受けやすい場所です。

つまりそこが硬くなると、自律神経にも悪い影響を与えかねないと言うことです。

 

特にデスクワークの方などは、このテンションポイントが非常に硬くなる傾向にあります。

座り仕事の方は特に注意が必要ですよ。

そして、背骨にあるテンションポイントがどこにあるかと言うと、

 

=====
頸椎6番(C6)
胸椎6番(T6)
腰椎4番(L4)
=====

 

の3つにあります。

特にデスクワークの方は、頸椎・胸椎のテンションポイントが硬くなりがちで、ここを緩めると、肩こりは当然のこと、腰痛・膝痛まで改善することまであるんです。

 

なぜ下肢まで影響が出るのかと言うと、神経は背骨全体を通り、四肢にまで繋がっているからです。

 

要は、背骨を通る神経に刺激を加えれば、神経を通し四肢まで簡単に影響を与えてしまうってことです。

 

実際に膝痛の方で、胸椎6番辺りをストレッチすることで、膝裏の痛みが軽減した方もいました。

これは今回の神経系刺激が関係しているんです。

 

まとめ

 

 

背骨が固まってしまうと、四肢の症状が悪化することもありますが、逆に、四肢が悪ければ背骨が固くなることもあります。

 

四肢と背骨は神経を通し、持ちつ持たれつの関係性があるんですね~。

 

膝が痛くても、腰が痛くても、肩が痛くても、背骨は硬くなりがちですから、背骨のストレッチは忘れずにやってくださいね。

ここ意外と見落としがちですからね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

ケア

【腰痛】首の痛みが腰に響く原因とは?【神経&筋肉編】

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、首が痛くなると腰も痛くなることがありますよ!とお伝えしました。

 

その中では、『背骨の形』で痛みが連動しやすいと解説したのですが、今回は、神経と筋肉目線から見ていこうと思います。

 

前回の記事はこちら

【腰痛】首が痛くなると腰も痛くなりますか!?

 

繋がる神経と筋肉

 

では早速、神経と筋肉目線で見ていきましょう。

まず神経からお話しします。

少し専門用語入りますが、すみません。

 

=====
神経系は背骨内で頭から腰まで膜(硬膜)で繋がっており、どこかしら刺激を受けると全てが反応する仕組みになっています。
さらに硬膜は、神経周膜(神経を包んでいる束みたいなもので、背骨から四肢へと伸びていきます)と繋がっており、四肢へと影響を与えます。
=====

 

ちょっと難しくなりましたが、背骨の神経はどこかしら刺激が入れば四肢へも繋がりますよってことです。

 

つまり、神経的には首の刺激は腰にも響き、最悪下肢にも響くことになります。

 

さらに筋肉を見ていきましょう。

 

=====
首が痛くなる方の多くが、後頭下筋(こうとうかきん)群という筋肉が硬くなるケースが多いんですが、この筋肉はさきほど説明しました“硬膜”と繋がっているので、後頭下筋が硬くなれば、硬膜にも刺激が入り、神経が伝達されます。
=====

 

 

そうなれば結果として、腰にも痛みを感じる可能性が増えます。

 

もっと言えば、硬膜が刺激を受ければ、脳脊髄液(背骨の中に流れている液)の流れも悪くなるので、余計に背骨の機能は低下していきます。

 

まとめ

 

 

前回の記事でも言いましたが、首が痛くなれば腰が痛くなることはありますよ。

 

背骨の形・神経・筋肉を見ても関連性があることがわかって頂けたと思います。

 

腰が痛いから腰だけを見るのではなく、デスクワークが増えたり、スマホが増えているのなら、もしかしたら首が原因の腰痛かもしれませんよ。

 

痛みは結果として出ているので、その結果を作っている原因を早めに探し改善していきましょうね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

 腰痛

【腰痛】首が痛くなると腰も痛くなりますか!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「最近首が痛くて仕方がないんです。そのせいなのかわかりませんが、最近痛くはないんですが、腰もだるくて違和感があるんです。これって首のせいですか?」

 

とお客さんが聞いてきました。

これってあなたならどう思いますか?結論から言うと、首の痛みは腰に関係することが“あります”!!

首と腰の関係

 

背骨から考えていきたいんですが、背骨の構造は「S字」になっています。

そして首は前弯、腰も前弯になっているんです。(前弯→前方に湾曲していること)

 

 

上記イラスト見てわかるように、首と腰のとこだけ前弯していますよね。

 

背骨は上から「前弯(首)→後弯(胸)→前弯(腰)」という流れでバランスをとっています。

 

そして同じ前弯の首と腰は、どちらかがバランスを崩すと、どちらかがカバーするようになるんです。

 

特にこの法則は、首がバランスを崩したときに発揮するので、首が悪くなると腰への負担は倍増します。

 

逆に腰が悪くなると首にも負担が増えますが、腰の周りには股関節という大きな関節がありますので、そちらに負担が逃げるので、首への負担はその分減ります。

 

まとめ

 

 

スマホやパソコンばかり見ていると、首はバランスを崩し、痛くなりがちです。

そうなれば、自然と腰にも負担が増えていることをお忘れなく。

 

首が痛くなると、腰も痛くなることがありますよ~~。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

腰痛

【腰痛】進化から見る人間にとって最も重要な機能とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛に限らず、膝痛や肩の痛みなど、全身の痛みに共通することですが、人間にとって重要な機能が衰えるから痛みが発生している可能性がよくあります。

 

なのでその機能が衰えないようにすることが、年齢を重ねるごとに必須だと僕は思います。

あなたはそこの機能働いていますか?

 

重要な機能とは?

 

結論から言ってしまえば、重要な機能とは『背骨の動き』です。

この背骨がちゃんと動くのか?歪んでいないのか?はかな~り重要になってきます。

 

これは人間の進化の過程から見ても言えることです。

人間と言うのは、魚類→爬虫類→哺乳類という流れで進化してきましたよね。

その過程の中で、共通しているのが背骨です。

 

進化の過程で形は変われど、どの段階でも背骨は必ず存在し、背骨が生きる上で、生活する上でいかに重要かが見えてきます。

 

手も足も首も背骨を起点にして生えているので、今でも動く時の初動は背骨なんです。

 

つまり背骨の機能が衰えてしまうと、人間の柱がダメになっていることになるので、手も足も首も動かしにくくなり、腰などへの負担が必然的に増えていきます。

 

家も基本となる柱がダメになれば崩れますし、人間も同じなんですよね。

 

機能を呼び起こす

 

 

ではどうやって背骨の機能が落ちないようにすればいいのでしょうか?

その答えは簡単です。

 

=====
背骨を動かし、固めない
=====

 

かなりシンプル(笑)

例えば、座りっぱなしで運動しなければ背骨は固まりやすそうですよね。

これだと背骨の機能は衰えていくでしょう。

 

まとめ

 

 

腰が痛ければ、腰。膝が痛ければ、膝。肩が痛ければ、肩。

 

が全ての原因というわけでは無く、その根源には『背骨の機能』が隠れています。

そもそも背骨の機能が衰えていれば、その痛みを繰り返してしまうかもしれません。

 

人間の柱でもある背骨。

ここを日頃から動かす意識も持つと体は変わっていくかもしれませんよ~。

背骨の機能を呼ぼ起こそう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】なぜ人間の腰は弱くなってしまったのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰の痛みを経験されたことがある方は、多いのではないでしょうか?

というよりも、ほとんどの方が腰の痛みを少しは経験したことがあると思います。

ではなぜ腰の痛みを訴える方が非常に多いのでしょうか?

 

なぜ腰が弱いのか?

 

これは人間の進化を見ていけばわかってきますので、人類の進化の過程を一緒に見ていきましょう。

 

人間には首~腰まで背骨があり、その中でも胸の骨(胸椎)は肋骨もあり、胸周りは骨でしっかりと守られています。

 

 

ですが、首や腰には何もなく骨に守られていませんよね。

まずこの時点で首や腰が不安定な環境にあるということがわかると思います。

 

 

しかし人間はこの不安定の代わりに、可動域というものを手に入れました。

だから首も腰も自由に動けますよね。

 

仮に首や腰にコルセットなどでガチガチに固定すれば(胸のように)、起き上がることも歩くことも困難になるでしょう。

 

このことからわかるように、人間は寝て立って歩く(主に二足歩行の)ために、首と腰には肋骨を作らず、不安定よりも可動域を選んだのです。

 

そして首よりも腰は全体重を支えるわけですから、負担は増えていく羽目になります。

 

ちなみに首は頭を支えるために発展し、二足歩行でも頭を支えられるようになっています。

そしてそのおかげで脳はより重く進化でき、人間は他の動物よりも知恵をつけ生き残ったと言われているんですね。

 

そしてさらにさらに、可動域を手に入れた分動きが他の動物以上になってしまったので、背骨の形もそれに対応しないといけないくなってしまいました。

それが背骨の湾曲です。

 

 

これは人間のみに見られる湾曲で他の動物にはありません。

下記イラストを見て頂ければわかると思いますが、その動物にもS字湾曲は存在していないですよね。

魚なんかほぼ一直線です。

 

 

ちなみに湾曲が存在している箇所は、その部位が自由に動けますよというサインです。

例えばウシやライオンは首に湾曲があるので、首は比較的自由に動きます。

ですが魚には首に湾曲が存在していなので、首を捻ろうと思えば体全体で振り返らないといけなくなるってことです。

 

つまり人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった

=====

 

ってことです。

 

腰と現代

 

 

しかし可動域の代償として不安定を手に入れたのにも関わらず、現代はデスクワークが基本となり、腰の可動域は不要となってきました。

 

可動域が不要になってきたということは、残った要素は不安定のみ・・・。

 

僕が言いたいことがわかりますよね?そうです。

腰は昔の方々よりも負担が増えやすい体になりかけているってことです。

 

まとめ

 

 

もう一度最後に言うと、人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった。そして現代の生活習慣で、可動域は不必要になりつつあり、不安定要素のみが残ってしまいつつある。

=====

 

ってことでしたね。

これが人間の進化から見た腰痛が多い理由です。

 

もしかしたらこれからまだ人間の骨格も進化し、時代に合った骨格になっていくのかもしれませんね。

 

ですが僕たちが生きている時代では、絶対に変わらないのでそれなりに対策するしかありません(笑)

腰の痛みは我慢せずに、ひどくなる前に治療しておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】背中が反れない方は危険です!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

今日の内容は昨日僕のLINE@へ登録してくれている方限定に配信した内容を一部お届けします。

毎週日曜日18時にこのような情報が届きますので、気になる方は無料ですのでご登録してくださいね。

(ご登録リンクはブログ最後に貼っております)

 

ではブログに戻りますね。

背中を反れるかどうかは非常に重要だと僕は思っています。

背中は反ることが出来なくなったら背骨の機能が落ちているということになります。

なので『背中反れない=背骨の機能低下』と紐づけることができます。もちろん全てではないですけどね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

もし背中が反れず機能が低下していたら、腰・首・肩・膝への負担は一気に増加していきます。

そして増加して負担が重くのしかかった部位は傷付き、痛みとして症状がでてくることが多々あるんですよね。

 

だからこそ最低限背中の反り具合は必要になってきます。

これは高齢者だから反れないとかではなくて、若い方でも反れないって方が多いのが現状。

本当に多いんですよ・・・。

 

じゃあ実際にあなたの背骨が機能しているのかチェックしてみましょう。

このチェックで自分の背中がちゃんと反れているのかわかるので試してみてね。

もし全く反れなかったらそれは危ないかもしれませんんよ!?

じゃあ下記写真を見ながらやってみましょう!

 

 

いかがでしたか?

右の写真になってないですか?肘開いてないですか?

左の写真のように背中が上手く反れるのならまだ大丈夫です。

 

ちなみに腰から曲げるとか首だけ曲げるとかではありません。

“背中の真ん中から背中を反っていく”んです。

ここがめちゃくちゃ重要なのでそこは必ず守ってやってくださいね。

 

もし全然できないって方は、このチェック方法もストレッチのひとつなのでこれを繰り返していけば多少は柔軟性が付いてくると思いますよ。

 

70代の方でも最初は右写真のようだったけど、1ヶ月ほど自宅でストレッチを繰り返すことで左写真のようになっていきました。

あなたも頑張ればできる!!

 

そして反れるようになった70代の方は、肩こり首こりが減り、呼吸もしやすくなったそうです。

もちろん姿勢もめちゃくちゃ良くなりましたよ。

あなたも頑張ればできる!!

 

ってことで背中の反りはめちゃくちゃ重要。

忘れずにストレッチしていきましょうね(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

【筋肉】柔らかい筋肉ってどんな筋肉なの?

 


 

「先生が前に言っていた柔らかい筋肉が必要ってどういう意味ですか?」

お客さんに聞かれたので、ここでもシェアして回答していこうと思います。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

僕言う柔らかい筋肉って言うのは、柔軟性があるってことではないんです。

そんなことよりも『触って柔らかいか』が大切なんです。

 

 

何も脂肪で柔らかいわけではないですからね。

筋肉が触っても柔らかいんです。

で力を入れればちゃんと固くなる。そんな筋肉が理想です。

 

 

悪い方はずっと固いまま。

言い方を変えれば常に張っているとも言えますね。

これはかなりいけない筋肉です。

 

 

触って柔らかい!そんな筋肉を目指しましょうね(^^)

 

 

そのためにはただ鍛えるだけじゃなくて、関節や背骨の可動域を上げたり、ケアしたりしないといけません。

もし『鍛える』だけを選択されているのであれば、たまには違った視点でトレーニングしてみましょう!

筋肉が一気に良質な肉になりますよ!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

トレーニング

【腰痛改善】腰が痛いのなら腰を動かすな!?

 


 

「腰が痛いのに腰を動かしたらダメなの!?」

はい。ダメなんです。その理由とは・・・

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

多くの腰痛の方が間違って認識しているのが、

 

=====

腰が痛い=腰が固い

=====

 

と思っていることです。

これが大間違い!!!

むしろ真逆のケースが多いんです。

 

=====

腰が痛い=腰が動き過ぎ

=====

 

と多くの腰痛の方がなっているんです。

 

 

「えっ!?動くならいいんじゃないの?」

って思われた方も多いと思います。

そこも説明しますね。

 

 

そもそも腰は【動かない部位】なんです。

背骨の中でも動きが非常に狭い部位でもあります。

(下から5つが腰の骨になります)

 

 

腰の骨は背骨の土台の役割を果たしています。

なのでここが動き過ぎると背骨自体の構造が崩壊してしまうんです。

 

 

逆に腰以外の骨は上から順に動きやすくなっており、動く部位と動かない部位で背骨本来の機能を高めるように背骨はうまくできているんですよね。

 

 

なので腰が痛い=腰が固いのではなく、そもそも腰は固いんです。

で腰が痛くなる方の多くは、腰以外が固いことが原因になっていることが多々あります。

つまり、

 

=====

動くはずの部位が固くなり動かなくなる

その代償として腰が嫌でも動き過ぎてしまう

腰が痛くなる

=====

 

って流れになっていることが圧倒的に多いんです。

もしこの流れになっている場合、腰を動かしたらどうなるかわかりますよね?

そうです。余計に腰痛を悪化させる可能性がでてきます。

 

 

まずは自分がどういう状態の腰になっているのか知って治療していきましょうね!

でないと腰痛の沼から出れなくなりますよ・・・

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛