背骨 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【腰痛】進化から見る人間にとって最も重要な機能とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛に限らず、膝痛や肩の痛みなど、全身の痛みに共通することですが、人間にとって重要な機能が衰えるから痛みが発生している可能性がよくあります。

 

なのでその機能が衰えないようにすることが、年齢を重ねるごとに必須だと僕は思います。

あなたはそこの機能働いていますか?

 

重要な機能とは?

 

結論から言ってしまえば、重要な機能とは『背骨の動き』です。

この背骨がちゃんと動くのか?歪んでいないのか?はかな~り重要になってきます。

 

これは人間の進化の過程から見ても言えることです。

人間と言うのは、魚類→爬虫類→哺乳類という流れで進化してきましたよね。

その過程の中で、共通しているのが背骨です。

 

進化の過程で形は変われど、どの段階でも背骨は必ず存在し、背骨が生きる上で、生活する上でいかに重要かが見えてきます。

 

手も足も首も背骨を起点にして生えているので、今でも動く時の初動は背骨なんです。

 

つまり背骨の機能が衰えてしまうと、人間の柱がダメになっていることになるので、手も足も首も動かしにくくなり、腰などへの負担が必然的に増えていきます。

 

家も基本となる柱がダメになれば崩れますし、人間も同じなんですよね。

 

機能を呼び起こす

 

 

ではどうやって背骨の機能が落ちないようにすればいいのでしょうか?

その答えは簡単です。

 

=====
背骨を動かし、固めない
=====

 

かなりシンプル(笑)

例えば、座りっぱなしで運動しなければ背骨は固まりやすそうですよね。

これだと背骨の機能は衰えていくでしょう。

 

まとめ

 

 

腰が痛ければ、腰。膝が痛ければ、膝。肩が痛ければ、肩。

 

が全ての原因というわけでは無く、その根源には『背骨の機能』が隠れています。

そもそも背骨の機能が衰えていれば、その痛みを繰り返してしまうかもしれません。

 

人間の柱でもある背骨。

ここを日頃から動かす意識も持つと体は変わっていくかもしれませんよ~。

背骨の機能を呼ぼ起こそう!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】なぜ人間の腰は弱くなってしまったのか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰の痛みを経験されたことがある方は、多いのではないでしょうか?

というよりも、ほとんどの方が腰の痛みを少しは経験したことがあると思います。

ではなぜ腰の痛みを訴える方が非常に多いのでしょうか?

 

なぜ腰が弱いのか?

 

これは人間の進化を見ていけばわかってきますので、人類の進化の過程を一緒に見ていきましょう。

 

人間には首~腰まで背骨があり、その中でも胸の骨(胸椎)は肋骨もあり、胸周りは骨でしっかりと守られています。

 

 

ですが、首や腰には何もなく骨に守られていませんよね。

まずこの時点で首や腰が不安定な環境にあるということがわかると思います。

 

 

しかし人間はこの不安定の代わりに、可動域というものを手に入れました。

だから首も腰も自由に動けますよね。

 

仮に首や腰にコルセットなどでガチガチに固定すれば(胸のように)、起き上がることも歩くことも困難になるでしょう。

 

このことからわかるように、人間は寝て立って歩く(主に二足歩行の)ために、首と腰には肋骨を作らず、不安定よりも可動域を選んだのです。

 

そして首よりも腰は全体重を支えるわけですから、負担は増えていく羽目になります。

 

ちなみに首は頭を支えるために発展し、二足歩行でも頭を支えられるようになっています。

そしてそのおかげで脳はより重く進化でき、人間は他の動物よりも知恵をつけ生き残ったと言われているんですね。

 

そしてさらにさらに、可動域を手に入れた分動きが他の動物以上になってしまったので、背骨の形もそれに対応しないといけないくなってしまいました。

それが背骨の湾曲です。

 

 

これは人間のみに見られる湾曲で他の動物にはありません。

下記イラストを見て頂ければわかると思いますが、その動物にもS字湾曲は存在していないですよね。

魚なんかほぼ一直線です。

 

 

ちなみに湾曲が存在している箇所は、その部位が自由に動けますよというサインです。

例えばウシやライオンは首に湾曲があるので、首は比較的自由に動きます。

ですが魚には首に湾曲が存在していなので、首を捻ろうと思えば体全体で振り返らないといけなくなるってことです。

 

つまり人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった

=====

 

ってことです。

 

腰と現代

 

 

しかし可動域の代償として不安定を手に入れたのにも関わらず、現代はデスクワークが基本となり、腰の可動域は不要となってきました。

 

可動域が不要になってきたということは、残った要素は不安定のみ・・・。

 

僕が言いたいことがわかりますよね?そうです。

腰は昔の方々よりも負担が増えやすい体になりかけているってことです。

 

まとめ

 

 

もう一度最後に言うと、人間は進化の過程で、

 

=====

可動域の代償として不安定を手に入れ、腰には肋骨を作らず、背骨に湾曲を作り、腰に負担の掛かりやすい構造となってしまった。そして現代の生活習慣で、可動域は不必要になりつつあり、不安定要素のみが残ってしまいつつある。

=====

 

ってことでしたね。

これが人間の進化から見た腰痛が多い理由です。

 

もしかしたらこれからまだ人間の骨格も進化し、時代に合った骨格になっていくのかもしれませんね。

 

ですが僕たちが生きている時代では、絶対に変わらないのでそれなりに対策するしかありません(笑)

腰の痛みは我慢せずに、ひどくなる前に治療しておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【腰痛】背中が反れない方は危険です!?

 


 

=====

🔥イベント開催中🔥

11月6日(土)の整体イベント

=====

 

今日の内容は昨日僕のLINE@へ登録してくれている方限定に配信した内容を一部お届けします。

毎週日曜日18時にこのような情報が届きますので、気になる方は無料ですのでご登録してくださいね。

(ご登録リンクはブログ最後に貼っております)

 

ではブログに戻りますね。

背中を反れるかどうかは非常に重要だと僕は思っています。

背中は反ることが出来なくなったら背骨の機能が落ちているということになります。

なので『背中反れない=背骨の機能低下』と紐づけることができます。もちろん全てではないですけどね。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

もし背中が反れず機能が低下していたら、腰・首・肩・膝への負担は一気に増加していきます。

そして増加して負担が重くのしかかった部位は傷付き、痛みとして症状がでてくることが多々あるんですよね。

 

だからこそ最低限背中の反り具合は必要になってきます。

これは高齢者だから反れないとかではなくて、若い方でも反れないって方が多いのが現状。

本当に多いんですよ・・・。

 

じゃあ実際にあなたの背骨が機能しているのかチェックしてみましょう。

このチェックで自分の背中がちゃんと反れているのかわかるので試してみてね。

もし全く反れなかったらそれは危ないかもしれませんんよ!?

じゃあ下記写真を見ながらやってみましょう!

 

 

いかがでしたか?

右の写真になってないですか?肘開いてないですか?

左の写真のように背中が上手く反れるのならまだ大丈夫です。

 

ちなみに腰から曲げるとか首だけ曲げるとかではありません。

“背中の真ん中から背中を反っていく”んです。

ここがめちゃくちゃ重要なのでそこは必ず守ってやってくださいね。

 

もし全然できないって方は、このチェック方法もストレッチのひとつなのでこれを繰り返していけば多少は柔軟性が付いてくると思いますよ。

 

70代の方でも最初は右写真のようだったけど、1ヶ月ほど自宅でストレッチを繰り返すことで左写真のようになっていきました。

あなたも頑張ればできる!!

 

そして反れるようになった70代の方は、肩こり首こりが減り、呼吸もしやすくなったそうです。

もちろん姿勢もめちゃくちゃ良くなりましたよ。

あなたも頑張ればできる!!

 

ってことで背中の反りはめちゃくちゃ重要。

忘れずにストレッチしていきましょうね(^^)/

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

腰痛

【筋肉】柔らかい筋肉ってどんな筋肉なの?

 


 

「先生が前に言っていた柔らかい筋肉が必要ってどういう意味ですか?」

お客さんに聞かれたので、ここでもシェアして回答していこうと思います。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

僕言う柔らかい筋肉って言うのは、柔軟性があるってことではないんです。

そんなことよりも『触って柔らかいか』が大切なんです。

 

 

何も脂肪で柔らかいわけではないですからね。

筋肉が触っても柔らかいんです。

で力を入れればちゃんと固くなる。そんな筋肉が理想です。

 

 

悪い方はずっと固いまま。

言い方を変えれば常に張っているとも言えますね。

これはかなりいけない筋肉です。

 

 

触って柔らかい!そんな筋肉を目指しましょうね(^^)

 

 

そのためにはただ鍛えるだけじゃなくて、関節や背骨の可動域を上げたり、ケアしたりしないといけません。

もし『鍛える』だけを選択されているのであれば、たまには違った視点でトレーニングしてみましょう!

筋肉が一気に良質な肉になりますよ!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :     

トレーニング

【腰痛改善】腰が痛いのなら腰を動かすな!?

 


 

「腰が痛いのに腰を動かしたらダメなの!?」

はい。ダメなんです。その理由とは・・・

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

多くの腰痛の方が間違って認識しているのが、

 

=====

腰が痛い=腰が固い

=====

 

と思っていることです。

これが大間違い!!!

むしろ真逆のケースが多いんです。

 

=====

腰が痛い=腰が動き過ぎ

=====

 

と多くの腰痛の方がなっているんです。

 

 

「えっ!?動くならいいんじゃないの?」

って思われた方も多いと思います。

そこも説明しますね。

 

 

そもそも腰は【動かない部位】なんです。

背骨の中でも動きが非常に狭い部位でもあります。

(下から5つが腰の骨になります)

 

 

腰の骨は背骨の土台の役割を果たしています。

なのでここが動き過ぎると背骨自体の構造が崩壊してしまうんです。

 

 

逆に腰以外の骨は上から順に動きやすくなっており、動く部位と動かない部位で背骨本来の機能を高めるように背骨はうまくできているんですよね。

 

 

なので腰が痛い=腰が固いのではなく、そもそも腰は固いんです。

で腰が痛くなる方の多くは、腰以外が固いことが原因になっていることが多々あります。

つまり、

 

=====

動くはずの部位が固くなり動かなくなる

その代償として腰が嫌でも動き過ぎてしまう

腰が痛くなる

=====

 

って流れになっていることが圧倒的に多いんです。

もしこの流れになっている場合、腰を動かしたらどうなるかわかりますよね?

そうです。余計に腰痛を悪化させる可能性がでてきます。

 

 

まずは自分がどういう状態の腰になっているのか知って治療していきましょうね!

でないと腰痛の沼から出れなくなりますよ・・・

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :      

腰痛

【寝違い】首が痛くなる原因と予防方法とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

お正月になると、寝違いなどによる首の痛みを訴える方が急増します。

 

 

とか言う僕も昨日の夜、仕事終わりに首をやってしまいましたが。

まだ少し違和感を残しながらこれを書いています(笑)

 

 

さて、なぜ首の痛みは急に起こるんでしょうか?

その原因と予防方法についてお伝えしていきます。

 

 

首が痛くなる原因

 

 

もっとも考えられるのが、姿勢です。

特にスマホを見る時の首を垂らしたような姿勢です。

 

 

 

 

この姿勢が長いと首を痛めやすくなります。

もちろんスマホだけではなく、こういう姿勢の多い職業も同様です。

 

 

そして長時間の悪い姿勢の後、首を動かすと「ビキッ」と痛みを発症しやすくなります。

 

 

では、なぜこの現象が起きてしまうのか?

詳しくみていきましょう。

 

 

首痛の原因はカップリングモーション!?

 

 

多くのパターンがこれに当てはまります。

 

 

「カップリングモーションって何やねん!!」

って思われたかもしれませんが、説明しますので安心してください。

 

 

首の骨は7個で成り立っています。

ちなみに、胸は12個・腰は5個あります。

 

 

 

 

すべて合わせると、24個の骨で背骨は成り立っているわけですね。

ここで重要になってくるのが、背骨は1個の骨ではないということ。

 

 

積み木みたいに積みあがっているんですね。

なので、ある動きに対して1個1個の骨が別々の動きをします。

 

 

この別々の動きのことを「カップリングモーション」と呼びます。

 

 

「首を下に向けたらここの骨は右に動いて、あの骨は左に動きまっせ」

みたいに決まっているということです。

 

 

これが24個すべての骨で決まっています。

スムーズに体が動くためには、必要不可欠な動きっていうことです。

 

 

人間の体って凄いでしょ。

これがなければ人間もロボットみたいな動きになりますからね。

 

 

 

 

それを踏まえた上で、なぜ首の痛みに繋がるのか考えていきますね。

 

 

最初にお伝えした姿勢だと、カップリングモーションの性能が落ちるんです。

つまり、ロボットにより近い背骨になってしまうということです。

 

 

ロボットの動きを想像してみるとわかりますが、カクカクした動きしかできませんよね。

 

 

ロボットは構造上それ以上動くことができませんが、人間は違います。

動きにくいなと思っても、それ以上に動かすことが可能です。

ですから、「いって~~~」っと悲惨なことに・・・

 

 

つまり、ロボットの背骨になっているのに、人間の動きをしようとするから首を痛めるリスクが上がってしまっているわけです。

 

 

長時間であればあるほど、ロボット化していきますからね。

お正月なんか特にそうでしょう。

 

 

首を痛めないための予防方法

 

 

では、最後に予防方法もお伝えしておきます。

 

 

それは、背骨を日頃から動かしていない方向に積極的に動かすことです。

めっちゃシンプルでしょ?

 

 

丸まる姿勢が多いのなら、反る動きを。

反る姿勢であれば、丸まる動きを。

 

 

さらに、横に倒す動き(側屈)・捻る動き(回旋)なども加えるとよりgoodです。

さらにさらに、動きを混合させるともっとgood!!

 

 

このように普段から動かしていない方向を積極的に動かすことで、ロボット化しにくくなります。

 

 

年齢を重ねるごとに、ロボット化(可動域の低下)は必ずするので、予防には最適だと思います。

 

 

日々の習慣があなたの体を作ります!

今からできることをしていきましょう!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :         

ケア

美姿勢過ぎると腰痛を引き起こす!?意外過ぎる原因とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

姿勢を意識し過ぎていませんか?

猫背など姿勢が悪い方もいますが、逆に姿勢を意識し過ぎている方も多いのも事実です。

 

 

姿勢を意識すると《体に良い》《見た目が良い》というイメージがあります。

 

 

でもこれらは全くの逆です。

 

 

過度な姿勢意識は《体に悪い》《見た目が悪い》んです。

 

 

 

というわけで今回は、

 

 

  • 過度な姿勢意識とは?
  • 過度な美姿勢で起きる痛みのサイン
  • まとめ

 

 

という流れでブログを解説していきます。

姿勢気になるなという方は、読んで損はないと思いますので、ぜひ見てくださいね。

 

 

過度な姿勢意識とは?

 

上記のイラストで例をあげてみました。

過度な美姿勢とは、

 

 

  • 胸を張り過ぎている

 

 

状態のことをいいます。

猫背の真逆ってことですね。

 

 

女性も男性も見た目のために意識している方が多いかと思います。

 

 

僕の経験では、女性の方に多く見られる特徴です。

鏡に映る全身の姿が猫背よりも背筋がビシッとしていた方が綺麗ですしね。

 

 

男性の場合は、胸など鍛えている方に多く見られます。

鍛えたあげた筋肉をアピールしないといけませんからね。

 

 

まぁ色々な事情があるにせよ、こういった過度な美姿勢は多々見られます。

 

 

過度な美姿勢で起きる痛みのサイン

 

 

背骨と言うのは「S字」に湾曲しています。

この湾曲のおかげで、体へのダメージ(日常生活などの負担)を分散させているんです。

 

 

でも胸をはった姿勢であれば、この湾曲は消失し、ダメージが蓄積されていくわけです。

さらに、この姿勢は全身の関節の動きに制限を掛けます。

 

 

「たったそれだけで嘘だろ!!」

 

 

って思われたかもしれませんが、本当にそうなんです。

 

 

前屈もできなくなるし、足も上がりにくくなるし、余計体が疲れやすくなります。

 

 

これを背骨のロックと言います。

(いや僕が今名付けました・・・笑)

 

 

美姿勢と言えば聞こえがいいかもしれませんが、過度な意識は危険です!!

 

 

ここを勘違いしないようにしましょうね。

 

 

過度な美姿勢を治すために

 

 

簡単にできるのは、美姿勢の意識をやめることです。

逆に猫背になってください。

 

 

「それはないわ!猫背の方がわるいじゃん!」

 

 

って聞こえましたが、違います。

 

 

美姿勢を意識し過ぎると、脳の中でそれが正常になってしまいます。

だから少し背中を丸くしただけでも、「すごい猫背になっている」という認識になっていきます。

 

 

でもはたから見ればそれでも十分いい姿勢なわけです。

 

 

脳の錯覚も恐ろしですね。

 

 

まずは、脳の錯覚から解いていくのはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

 

今日のブログをまとめると、

 

 

  • 過度な美姿勢は危険!
  • 治すためには猫背になって脳の錯覚を解く

 

 

になります。

 

姿勢が崩れていると思っても全く崩れていませんから大丈夫ですよ。

安心してくださいね!

 

 

痛みがひどくなる前に、予防・対策もしておきましょうね。

もしよかったらYouTubeでは、腹筋をしない腰痛予防のトレーニングなどを投稿していますので、ご参考にしてみてください。

↓↓

http://bit.ly/2VlpytE

 

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

腰痛

座って立つと痛くなるお尻の「原因」と「改善方法」

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、

 

 

「長時間座ったあとに、立つとお尻が痛くなります」

 

 

ってご質問を受けたので、その解答ブログにしていきます。

コロナの影響で、座る時間も長くなりましたもんね。

 

 

詳しい症状はお聞きしていないのですが、推測で、原因と改善方法について解説していきます。

 

 

  • なぜお尻が痛くなるのか?(原因)
  • 痛みを取る方法はこれ!

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし、お尻の痛みに悩んでる!という方は、ぜひ見てくださいね。

 

 

ぜお尻は痛くなるのか?

 

 

「座るとお尻が痛い」「立つとお尻が痛い」とか、意外とお尻の痛みで悩んでいる方は多いのかな?と思います。

 

 

痛くなる原因は、人それぞれいくつかあるのですが、

 

 

①股関節の固さ

②背骨の固さ

➂腰の筋力低下

 

 

について、説明していきますね。

 

 

股関節の固さ

 

 

座る・立つなどの動作の時、大きく関わる関節は「股関節」になります。

 

 

・座っている時→大きく曲がる

・立っている時→ほぼ真っすぐ(少し反る)

 

 

という感じに働いています。

どういうことかと言うと、座ったり、立ったりすると股関節は、大きく動く必要があるってことです。

 

 

でも大きく“正しく”動くためには、

・小さい筋肉(インナーマッスル)

・大きい筋肉(アウターマッスル)

のバランスが普段から必要になってきます。

 

 

例えば、日頃から股関節が曲がっている状態(座っているなど)が多い場合、股関節のインナーマッスルを過剰に使うカラダになります。

 

 

(※写真内の文字はスルーしてください)

 

 

もしそれが癖になっていれば、インナーマッスルは疲労しやすくなります。

そして、疲労をきっかけに、お尻辺りの痛みに繋がりやすくなります。

 

 

そういう場合、アウターマッスルを使えるカラダに戻していく必要もあるわけです。

多くの方が、このパターンにはまっているかと思います。

 

 

背骨の固さ

 

 

これは、先程の股関節と繋がってきます。

「股関節の動き=背骨の動き」だったりもするんでね。

 

 

 

 

写真で見てもらうとわかるように、背骨の腰の動きと首の動きは連動しています。

 

 

これがどういう意味なのか?

さっきも記載していた写真を見てみましょう!

 

 

 

 

股関節が曲がっていれば、腰の背骨も曲がります。

同時に首の背骨も前に曲がっていくわけですね。

 

 

つまり、猫背の姿勢になっていきます。

 

 

結果、お尻のインナーマッスル等が疲労し、痛みに繋がります。

 

 

腰の筋力低下

 

 

これまた、①②と繋がってきます。

①②の姿勢に繋がると、イコールで腰の筋肉の低下が始まります。

 

 

逆を言えば、腰の筋肉を鍛えれば、お尻のアウターマッスルも使えるカラダになりやすくなるってことですね。

 

 

また、腰の横の筋肉などは固くなる傾向です。

ここは伸ばしていく必要性もありますね。

 

 

パターンもあり得る

 

 

実は、①~➂の原因と全く逆のパターンもあり得るんですね。

でも多くは、上記で説明したパターンが多いと僕は思います。

 

 

カラダの状態を見極めることも大切になってきますね。

 

 

みを改善するために

 

 

では、お尻の痛みを改善させるためには、どうすればいいんでしょうか?

簡単に説明していきますね。

 

 

節を動かせ!

 

 

もうとってもシンプルです。笑

関節を普段からしっかりと動かしてください!

 

 

日々動かしていないから、関節周りの筋肉も硬くなるんです。

小さくではなく、大きく動かすように心掛けてみてください。

 

 

例えば、就寝前に布団で、股関節を回すとか。

簡単にできることはあります。

 

 

とにかく、動かせ!

 

 

もうこれだけです。

これが改善するための第一歩だと思ってくださいね。

 

 

っくり腰のリスクUP

 

 

最後にもうひとつ。

コロナの影響もあり、動くことも少なくなったと思います。

 

 

ということは、先程もお伝えしたような「関節を動かす」ということも減っているわけですよね。

 

 

こうなってくると、ぎっくり腰のリスクも高くなるんです。

 

 

動かさなくなる→急に動かす=ぎっくり腰

 

 

安易ではありますが、そんなな流れになりがちです。

少しでもいいので、動きましょう!

 

 

いや、本当にそれが大切なんですよ。

1分でも3分でもいいので、「動かす時間」を作ってくださいね。

 

 

 

とめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

あなたのお尻の痛み改善に少しでも役立ったでしょうか?

少しでもお役に立てなら嬉しいです!

 

 

最後に言ったように、「動かす時間」を積極的に作りましょうね。

 

 

自宅でもできるようにYouTubeで様々な運動方法を投稿しています。

もしよかったら参考にしてみてくださいね。

↓↓

藤野の腰痛改善YouTube

 

 

お尻の痛みも、腰の痛みも治していきましょう(^^)/

もし、痛みでしんどいようならお声掛けくださいね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :            

腰痛

背骨を伸ばす骨ストレッチで猫背を治して猫背を改善!

 


 

 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今回は、簡単にできる猫背改善ストレッチをご紹介致しますね。

 

 

猫背で姿勢が悪い方は、背骨の動きが悪い傾向にあります。

なので、背骨をしっかりと動かしていく必要があるんですね。

 

 

今回は肩甲骨を寄せる!みたいなストレッチではなく、背骨を利用したストレッチをご紹介致します。

 

 

背骨を伸ばす骨ストレッチで猫背を治して猫背を改善

 

 

猫背を治すには、肩甲骨を寄せるだけでは不十分だと知っていましたか?

 

 

猫背の方の特徴として、肩甲骨の下辺りの背骨が丸くなっているということがあります。

ここを治さないと猫背は治らず、姿勢もよくなりません。

 

 

なので今回は、そこをしっかり伸ばせるストレッチを動画でご紹介しますね。

 

 

背骨ストレッチ

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

しっかり伸ばせましたか?

 

 

ポイントは、でしたね。

首までしっかりおこなうと、効果絶大です!

 

 

ぜひお試しくださいね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング

膝痛を予防・改善するために必要な筋肉だけを鍛えなさい

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

先日、加計で『加計トレ』を開催致しました。

まさかの地域イベント五サー市と被ってしまい、人数こそ少なかったのですが、その分濃い内容ができたかなと思います。

 

 

少人数ならではだと思いますが、参加者全員が膝痛で悩んでいたため急遽「膝痛予防トレーニング講座」に変更しました。

加計トレの題名に脳トレも含まれていたので、脳トレもおこないましたけどね(^^)

 

 

教室が終わった後は、「足が軽くなった」「こんな運動したことない」「またやってほしい」とみなさんから声を掛けて頂きました。

 

 

僕も加計で教室の講師として招いて頂き、喜んで頂けて嬉しい限りです。

また、主催してくださった方にも感謝申し上げます。

 

 

さて、そこで膝痛に悩んでいることが判明し、急遽内容を変えたんですが意外と好評でした。

それは、膝痛のポイントをしっかりできたからだと思います。

 

 

今回は、この教室でお伝えした膝痛のポイントをブログを読んでくださっているあなたにもお伝えしようと思います。

 

 

膝痛を予防するために必要な筋肉だけを鍛えなさい

 

 

今回参加された方が、慢性的な膝痛で悩んでいました。

1名だけが時々痛む程度でしたが、いつ痛みで歩けなくなるのか不安そうでした。

 

 

そこで今回の教室でお伝えした内容は下記のポイントです。

 

 

・太ももの裏側(ハムストリングス)
・太ももの内側(内転筋群)
・背骨

 

 

の3つを動かしなさいということです。

あとは、

 

 

・股関節を使う

 

 

ということです。

この合計4つのポイントをお伝えし、実際にトレーニングをしてもらいました。

 

 

よく膝痛の方には、「太ももの前を鍛えなさい」といいますが、それは間違っているパターンが多いです。

(もちろんですが、それで改善する方も存在するので一概には言えません)

 

 

その理由として、僕がいつもお伝えしているのが膝痛の方の歩き方です。

膝痛の方の歩き方の特徴として、

 

 

・膝が曲がっている

・背中も曲がっている

 

 

ことが挙げられますよね。

 

 

実はこの姿勢で歩くと、太ももの前の筋肉を異常に使ってしまうんです。

少し歩けば足が疲れるなんてよく聞きますが、これが原因です。

 

 

つまり、歩いているだけで太ももの前は異常に使い鍛えているので、あえて鍛える必要がないんです。

だって日常生活内でバンバンに鍛えているんだから。

 

 

だから僕は、こう言います。

 

 

「太ももの裏を鍛えましょう!」

 

 

ってね。

これが膝痛を改善させるために必要なことなんです。

 

 

また、背骨の動きが悪くなると膝の動きも同時に悪くなります。

背骨の動きが悪くなると、膝がO脚・X脚で固定されやすいんですね。

そのため、背骨を積極的に動かすことを僕は勧めています。

 

 

背骨を動かして、太ももの裏側・内側を鍛えること。

これが膝痛改善の1歩になりますよ。

 

 

膝痛予防トレーニング

 

 

今回の教室でご紹介したものとは違いますが、僕がYouTubeであげている動画の中から選んで貼っておきます。

ご興味あれば参考にしてみて下さい。

 

 

膝の内側トレーニング

 

 

 

 

少しきついですが、試してみてください。

必ず、内ももに効いている感覚をお持ちください。

 

 

背骨トレーニング

 

 

 

 

こちらの動画は、背骨の基本的な動きの解説をしています。

とにかく大きく動かすことが大切です。

この動画でやっている以上に大きく動かしましょう。

 

 

股関節を使うトレーニング

 

 

 

 

こちらは最後に説明している股関節のトレーニングになります。

早くやるというよりも、しっかり効いているか感じながらおこなってください。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

膝痛予防のポイントを簡単ではありますが、まとめてみました。

 

 

まだ他にも原因はありますが、この基本的な部分を抑えれれば、今の膝の痛みよりかは楽になるかと思います。

ぜひお試しくださいね(^^)

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :             

トレーニング