広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

股関節の動きの悪さから腰痛にもなる

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

股関節からの腰痛

股関節って体の中でも大きな関節ですよね。

 

それに腰と近い!

 

「大きい関節&腰と近い」ということは、それだけ腰痛に関係しそうですよね。

 

僕はそう思います。

 

そんな股関節と腰痛の関係を簡単にみていきましょう。

 

股関節の動き

 

股関節は、色々な動きをします。

 

その中でも今回は「捻る」という動きに注目していきますね。

 

 

写真のように股関節は外と内に捻ることができます。

 

この動きが腰と関係してきます。

 

外旋という動き

 

外旋(がいせん)の動きからいきますね。

 

上の写真を見てもらうと動きがわかると思います。

 

そして、この動きをすると腰にも影響が出てきます。

 

「外旋=後湾」という形になるんです。

 

つまり、腰が丸くなりやすいってことですね。

 

腰が丸くなると椎間板という腰の骨のクッションへの負担が大きくなるんです。

 

 

この姿勢が長く続けば、ヘルニアになる可能性も高くなります。

 

この姿勢では固まりたくないですね。

 

普段から股関節が外旋している方は注意してくださいね。

 

内旋という動き

 

続いて、内旋(ないせん)です。

 

内股をイメージしてください。

 

これは、女性に多いですね。

 

内旋という動きと腰の関係性は「内旋=前湾」です。

 

つまり、反り腰です。

 

反り腰が強いと腰の柔軟性が減り、立っているだけでも腰が疲れやすくなるんです。

 

常に、体重が腰に乗っているイメージですね。

 

 

この姿勢が長く続けば、脊柱管狭窄症のリスクも高くなります。

 

こういう方は腰に常に力が入っている状態なので、筋肉をリラックスさせることも大切になってきますね。

 

股関節の不安定性

 

股関節の動きと腰の関係は少しわかりましたか?

 

かなり簡単に書きましたが(^^;

 

あと、股関節の不安定性についても書きますね。

 

外旋内旋の動きのどちらかが股関節を不安定にさせます。

 

どっちだと思います。

 

それは、外旋です。

 

「外旋=後湾」という形になってしますと、股関節が不安定になるんですよ。

 

股関節が不安定になれば、腰が安定化を図らないといけなくなります。

 

よく動く股関節が不安定なんですから、腰は安定させようと大変なんですよね。

 

不安定になればなるほど、どんどん腰の仕事が増えていきます。

 

腰を休ませてあげるためにも、「外旋=後湾」という形を固定しないようにしないといけませんね。

 

だからといって「内旋=前湾」という形になりなさい!という訳ではないですかね。

 

何事もバランスが大切なんですよ。

 

一番いいのは、外旋内旋どちらも自分で動かせることができるってことです。

 

それだけ自分でコントロールできて、かつ柔軟性があるってことですね。

 

自分でこの形を作ることができる!これ結構ポイントです(^^)

 

「内旋にしましょうね」と言われてもできない方も多いはずです。

 

しっかり自分で動かせるようになりましょう!

 

内旋外旋どちらもね(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :        

トレーニング 腰痛

腰痛で悩んでいる8割もの方が原因不明!?非特異的腰痛の方の症状はよくならないのか? 254

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

原因不明の腰痛

 

とある日の新聞にこんな記事がありました。

 

『腰痛2800万人』

『8割原因不明、、、』

 

そうなの?

って思われるかもしれません。

 

でも厚生労働省の調査では

このような結果が出たそうです。

 

腰痛の方が2800万人いるのは

僕のHPのトップページでも

言っているので見ている方は

わかると思います。

 

でも

『8割も原因不明、、、』

 

原因不明の方多すぎる!

 

って思います。

 

このように原因不明の腰痛の方を

 

非特異的腰痛

 

と呼びます。

 

逆に原因がはっきりしている方は

 

特異的腰痛

 

と呼びます。

 

別に呼び方がどうとかは

問題ないのですが(^^;

 

8割の方もが

原因不明ってことが問題ですよね。

 

もしかしてあなたは病院に行って

湿布だけ渡されていませんか?

 

安静にしてください。

と言われていませんか?

 

それが非特異的腰痛って

ものに含まれると思います。

 

 

でも

『あなたの腰痛は原因不明です』

と言われて

 

『はい。そうですか。』

 

とはならないと思います。

 

そもそも原因不明であれば

僕のようなお仕事は成り立たないし

多くの接骨院なども成り立ちません。

 

なぜ原因不明なのか?

 

 

それは残りの2割しか

お医者さんが診ないということもあります。

 

2割というのは

腰椎ヘルニア・脊柱管狭窄症

などです。

 

疲労からくる腰痛などもあると思いますが

それらは診断には含まれていない

ってことなのかと思います。

 

それらって結局

湿布で済ますような感じですよね。

 

だから数字的には

8割もの方が原因不明ってことなのかな。

 

と、推測しています。

 

8割の方は治らないのか?

 

 

治る治らないとは

僕からは言えません。

 

でも今の痛みよりかは

軽減できると僕は思っています。

 

実際にお客様もそうですし。

 

お医者さんから原因不明と言われていた方も

今では痛みなく元気に生活されています。

 

経験から言うと

 

よくならないことはない

 

と思っています。

 

筋肉の繋がり・関係性だったり

普段の生活のことだったり

 

原因は色々なところに

あると思います。

 

僕は

 

①姿勢(歪み)

②筋肉(動き)

③考え方(思考)

 

を変えていけばその悩みは

よくなっていくと思い、指導しています。

 

詳しくはまたどこかで

お話しするかもしれませんが

経験上そうだと確信しています。

 

 

ただ最近は多くのテレビや雑誌で

情報が簡単に手に入る時代です。

 

誤った情報を聞いて

間違ったやり方をしてしまえば

さらに悪化することも考えられます。

 

いつも言うようですが

専門家とともに一緒に

その腰痛を解決していくのが

近道だと思います。

 

また最近は他人の考え方に

批判意見を公の場で言う専門家も

多く出てきました。

 

・姿勢がいい→姿勢はダメだ

・筋膜がいい→筋膜はダメだ

・ストレッチがいい→ストレッチはダメだ

 

みたいな感じです(^^;

 

絶対に考え方って二極化してしまいます。

 

僕の考えからすると

別にどれが正解とかないと思っています。

 

それだけ人間のカラダは複雑です。

 

姿勢でよくなる人もいれば

よくならない人もいる

 

筋膜でよくなる方もいれば

よくならない人いる

 

そこをいかに原因を掴みアプローチするかも

専門家の腕の見せ所?だと思います。

 

考え方は人それぞれなので

僕の考えを押し付けたりするつもりはありません。

 

姿勢がいいとか

筋膜がいいとか

ストレッチがいいとかって

話ではないです。

 

ただ、あなたに合ったベストな方法は

ご提案できるかと思っています。

 

それに、批判された意見で

症状が良くなった方も絶対にいると

思うんですよね。

 

確かに明らかにおかしいな?

というのもありますが

その見極めも大切ですよね。

 

話が脱線しましたが、、

なんの話でしたっけ?

 

原因不明の腰痛が8割います!

って言われていますが

 

その方々が絶対に

よくならない!ってことは

僕はないと思っています。

 

ただ正しい選択

今読んでいるあなたにも

必要だよってことです。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :                  

トレーニング

テレビで紹介された【第三の腰痛】って一体何のでしょうか?原因はあなたの○○不足!? 090

 


『全国から身体の痛みで日常生活に不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

第三の腰痛

先日のテレビで

 

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で

 

紹介していました

 

 

“第三の腰痛”

 

あなたは観られましたか?

 

この第三の腰痛とは一体何なのでしょうか?

 

あなたは腰痛と聞いて

 

何が思い浮かびますか?

 

【腰椎椎間板ヘルニア】

 

これは一度は耳にしたことがあると思います。

 

背骨の間にあるクッションが

 

何かしらが原因で飛び出してしまい

 

それが神経に触れることで痛みが出ます。

 

【脊柱管狭窄症】

 

こちらも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

背骨の間にある神経の通り道が

 

狭くなってしまい

 

神経を圧迫してしまい痛みが出ます。

 

あなたも聞いたことないですか?

 

では第三の腰痛とは何なのでしょう?

 

それは・・・

 

 

 

【筋力不足】

 

もしかして

 

え?それだけって思いました?

 

でもここが原因の方

 

多いように思います。

 

以前からブログで書いていましたが

 

筋力不足が原因で身体の不調が出てくる

 

今はまだ大丈夫!

 

と思っているあなた

 

そのままにしておけば

 

どうなるかわかりませんよ。

 

先程述べた

 

腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症

 

になる原因のひとつも

 

筋力不足なんですよ。

 

 

筋力で始まり筋力で終わる

 

あなたの筋力不足は

 

近い将来

 

色々な症状で悩まされることになるかもしれません

 

筋力不足が引き金となって。

 

 

赤ちゃんも筋力

産まれてすぐの赤ちゃんも筋肉を使います。

 

それも体中の筋肉を精一杯使います。

 

そうして

 

ハイハイや寝返りをうてるようになりますよね。

 

でも年を重ねるごとに

 

赤ちゃんの時に使っていたような筋肉の使い方はしないと思います。

 

そうすれば、あっという間に筋力は落ちていきます。

 

筋力がなくなったときは

 

 

寝たきりです。

 

だから、筋力で始まり筋力で終わります

 

あなたがあなたの筋力に別れを告げた時

 

それは寝たきりへの道を選んだことになりかねません。

 

今からでも遅くありません。

 

あなたができる範囲で運動することをオススメします。

 

寝たきりを選ばないのであれば。

 

タグ :      

ケア 上肢