膝 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【膝痛】歩き方ひとつで膝への負担は決まる!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

「体重が重たいから膝に負担が掛かるんです」何度もこの言葉を聞いてきました。

 

ですが実は、体重よりも歩き方の方が膝痛には重要なんです。

確かに重過ぎる(相撲取りみたいな)のも注意が必要ですが・・・。

 

あなたの歩き方は大丈夫ですか?

 

膝痛と歩き方

 

膝痛で悩んでいる多くの方が、歩行時の「バランス」が崩れています。

 

例えば、体を左右に大きく揺らしながら歩く(右足が前の時は右へ傾き、左足が前の時は左に傾くなど)。

これは変形性膝関節症の方によく見られる歩き方ですが、この歩き方は膝の内側・外側に大きな負担を掛けます。

 

さらにもうひとつ例を挙げると、前に出した足の膝が伸びきらずに軽度曲がった状態で歩く方がいます(杖で歩いている方をイメージして頂くとわかりやすいかも)。

この場合、膝前方への負担が大きくなり、膝前面の痛みに繋がっていきます。

 

このように歩き方ひとつで、膝への負担は大きく変わっていくんです。

 

それにこの歩き方かつ体重増だと膝への負担は増えますが、体重を減らす前に歩き方を変えないとまた同じ痛みを繰り返すことにもなりかねません。

 

まとめ

 

 

体重を減らすことも大切ですが、その前に歩き方を変えてみてはいかがでしょうか?

人間は毎日のように歩きますので、歩き方が崩れていれば、膝への負担は日々積み重なっていきますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

膝痛

【膝痛】曲げると痛む膝を治すための筋トレ方法をご紹介!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝を曲げると痛む、階段で膝が痛むなど、膝を動かす・体重が掛かると痛むという方は非常に多いです。

 

その原因の多くは、筋肉の緊張や筋肉の弱化、歪みなどの影響によるものです。

 

そこで今回は膝痛に効果的な筋トレ方法を2つご紹介致します。

今から紹介する筋肉を的確に鍛えることで、あなたの膝痛は軽減していくと思いますよ。

 

膝痛の筋トレ①

 

=====
①仰向けに寝て、両膝を曲げます
②片足の膝下のみを内側に捻ります(膝が内に入らないように)
➂その形のまま、お尻を持ち上げます
=====

 

これは、膝痛の中でも前十字靭帯・内側側副靭帯・内側半月板を損傷している方にとても有効です。

 

当然損傷していなくても、膝を曲げて痛む方にとっても効き目は抜群!!

 

この筋トレのターゲットは、『半膜様筋(はんまくようきん)』です。

 

膝の動きに関与し、靭帯や半月板とも密な関係のある筋肉で、膝痛のある方は必ずと言っていいほど、機能不全になっているケースが見受けられます。

 

最初は太もも裏がつりそうになるかもしれませんが、出来る範囲で頑張ってみてくださいね。

 

膝痛の筋トレ②

 

 

=====
①うつ伏せになり、膝裏にタオルなどを挟みます
②挟んだタオルを潰すように膝を曲げます
➂余裕があれば、膝を曲げる時に膝下を内側に捻ります
=====

 

この筋トレのターゲットは、『膝窩筋(しっかきん)』です。

 

膝裏にある筋肉で、膝を捻ったり、動かしたりするときに働きます。

ここが硬くなると膝が伸ばしにくくなり、膝に負担が増えていきます。

 

タオルの厚さは人によって異なるので、あなたの膝の感覚で調整してみてくださいね。

太もも裏~膝裏に力が入れば完璧です。(膝裏はわかりにくですが・・・)

 

まとめ

 

 

今回は膝痛に大きく関与してる『半膜様筋』『膝窩筋』をメインに狙った筋トレになります。

この2つの機能不全は膝に痛みをもたらします。

 

ですがこの2つは、筋肉が働かないパターンと硬いパターンが存在しています。

あるいは、両方かもしれません。

 

筋トレしても痛みが変わらない場合は、硬さを取り除いた後に筋トレをするなど順番を変えてみると効果がわりますよ。

 

あなたの膝痛が少しでも改善しますように。

お時間ある方は、合わせて下記の記事も読んで頂けるとより理解度が深まると思いますので、よかったら一読ください。

 

①【膝痛】膝の痛みを引き起こす三大徴候とは?

https://note.com/fujino_masato/n/ndf65353e27a1

 

②【膝痛】不幸の三大徴候を防ぐ方法とは?

https://note.com/fujino_masato/n/n2a437229e62b

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【膝痛】坐骨神経が悪さをすると膝裏が痛む!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛の痛みは内側・外側・前面・裏面と人により、痛む場所は様々です。

 

その中でも『膝裏の痛み』は、坐骨神経と関連しており、腰が悪いせいで膝の痛みに繋がっている可能性もあるんですよ!?

 

膝裏と坐骨神経

 

坐骨神経は、腰~お尻~膝裏まで繋がっています。

そして膝裏の痛みに関与している筋肉『膝窩筋(しっかきん)』を支配しています。

 

なので坐骨神経が悪さをすると、必然的に膝窩筋まで緊張してしまうんです。

 

 

膝窩筋の作用は、膝を曲げたり捻ったりさせたりすることで、緊張してしまうとこの機能が破綻してしまい、膝裏の痛みへと繋がってしまいます。

 

先に膝裏が悪くなったのか?腰が悪くなったのか?どちらが先かは人によって異なりますが、どちらにせよ坐骨神経が悪さをしてしまっていることに変わりはありません。

 

この場合、坐骨神経に悪さをしている部位を見つけ、そこにアプローチすることで、膝裏の痛みが消失していくことがよくあります。

 

ただそれが膝裏とは限らず、人によっては、お尻・腰・太ももあるいは、足首だったりするので、そこを見つけ出すのがとても大切だと僕は思います。

 

まとめ

 

 

坐骨神経は腰だけではなく、膝にも悪さをすることがわかって頂けたかと思います。

 

膝が痛いから膝が悪い!のではなく、もしかしたら坐骨神経が悪さをしていることもあるんですよね。

 

あなたの膝裏の痛みはどこからきていますか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

腰痛 膝痛

【膝痛】階段昇降で膝が痛くなる原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝が痛む時って、階段の上り下りが辛いですよね。

1歩1歩踏み出すたびにズキっと痛みを感じ、手すりを持ちながらそ~っと階段を横歩きしていないですか?

 

階段で痛む原因

 

階段昇降時、膝には大きな負荷が掛かります。

自分の体重が何倍にもなって。それに加え、関節のズレによる負荷も出てくるんです。

 

 

上記写真ではわかりにくかもしれませんが、足を二分割(太ももと膝下)した図と見てください。

 

膝下は階段を上ろうと上に力が加わっていますが、逆に太ももは前下方への力が強くなります。

 

このときに後十字靭帯など膝を支える靭帯が緩いと、膝関節のズレは通常よりも大きくなり、ガクッと膝が折れるようになったり、膝の痛みへと繋がっていきます。

 

階段が楽になる方法

 

 

先程お話しした靭帯を鍛えることは実質不可能なので、靭帯と関与している筋肉を鍛えることがいいと思います。

それに加え、他関節との連動性や機能を高めるのも必要になりますが、今回は筋肉に絞っていきましょう。

 

まず膝に関する靭帯と最も関与している筋肉は、『ハムストリング』という筋肉です。

聞き慣れない筋肉かもしれませんが、太もも裏にある筋肉のことです。

 

 

膝を曲げる+膝下を内or外に捻ることで選択的に鍛えられます。

 

ここの筋肉は靭帯の機能と深く関わっているので、靭帯が緩い場合は必ずと言っていいほど、ハムストリングを強化していかないといけません。

 

なので太もも前の強化よりも、太もも裏の強化がかなり大切ですよ。

 

まとめ

画像5を拡大表示

 

階段が辛い場合は、膝関節の靭帯に関与しているハムストリングを鍛え強化しましょう!

整体で筋肉などをほぐすだけよりも、鍛えることも忘れずに行いましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

膝痛

【膝痛】膝に痛みが出やすい方の特徴とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

膝痛になりやすい方、なってしまっている方には特徴があります。

その特徴というのは、膝に直接でているんです。

あなたの膝はまだ大丈夫ですか?

 

膝痛の特徴

 

膝痛の方の特徴として『膝の左右の揺れ』があります。

この揺れが存在する限り、膝への負担は減りません。

むしろ年齢と共に増加する傾向にあるでしょう。

その揺れと言うのが、下記イラストです。

 

 

さらにもうひとつ。

 

 

これが膝の左右の揺れです。上記イラストから順に説明すると、

 

=====

①knee-in→膝が内側に向く
②toe-out→つま先が外に向く
➂toe-in→つま先が内に向く
④knee-out→膝が外側に向く

=====

 

になります。

この揺れは膝への負担を大きくし、変形性膝関節症へと繋がる可能性が一気に増していきます。

特に①と④は変形性膝関節症になった方によく見られる膝の揺れです。

 

もし膝が痛くてこの特徴が表れていたら今すぐ改善していきましょう!

完全には真っすぐを目指すのは難しくても、膝の痛みの軽減には繋がると思いますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

ケア

【膝痛】足首が固いと膝が痛くなりますよ!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

足首が固い方ってめちゃくちゃ多いです。

ただ足首が固くなると膝痛の原因にもなることを知っている方は少ないと思います。

あなたの足首はちゃんと動きますか?

 

膝痛と足首

 

足首が固い場合、日常生活内で膝に負担が大きく掛かるようになります。

ちなみに背屈(はいくつ)という足首を曲げる動きが著しく固くなる方が膝への負担が増えていきます。

 

なぜこの動きが悪くなると膝痛へと繋がるのかというと、歩く動作に非常に大切な動きだからです。

この足首の背屈ができないだけで歩けば歩くほど膝は一気に悪くなっていきます。

 

歩行と足首

 

歩く時、足首の背屈という動きが常に付きまといます。

その理由として、この図を見てみてください。

 

 

左方向に進む時の左足首にフォーカスしたイラストです。

前に進むことで、足首が背屈(曲がる)しているのがわかるかと思います。

 

これがめちゃくちゃ重要で、足首が固い方はこの機能が破綻してしまいます。

足首の機能が破綻した代わりに、膝がその役割を果たそうとし、膝への負担は増えていくんです。

足首ひとつの動きで怖いですよね。

 

まとめ

 

足首は年齢と共に固くなりやすいので、日頃から足首周りのストレッチなどを取り入れるなどして固まらないようにしておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

ケア

【膝痛 マッサージ】膝を曲げると痛い方はこのセルフケア

 


 

膝を曲げると膝が痛いって方は多いと思います。

膝痛で悩んでいる方は主に「曲げると痛い」って訴えられますよね。

そこで今回は、膝を曲げると痛いってへのセルフケア方法をお伝えします。

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

では早速動画をご覧ください。

動画を見ながら試してもらえるとわかりやすいかと思います。

 

いかがでしたか?

膝に痛みを抱えている方はここがかなり固くなっており、このマッサージは結構痛いかと思います。

もしくは痛すぎて、固過ぎて自分でやるには躊躇し、圧を弱めてしまう方もいるかもしれません。

 

ですが、ここはガシガシとマッサージしてあげないと効果がありません。

痛みに耐えつつ頑張ってみてください。

我慢した先には、痛みの減った膝が待っているかと思いますよ。

 

膝が痛くなると必ずと言っていいほど固いですからね。

日々のセルフケアで膝痛予防!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

トレーニング動画

【感動】正座ができるようになりました!

 


 

「信じられない!正座もできるししゃがめる!感動です!」

そんな言葉を頂きました。

 

 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

数か月前、急に痛み出した膝。

そこから病院で水を抜いてもらったり、鍼灸で治療してもらったりしてもらいました。

それでも中々よくならず、半ば諦めていた膝。

ですが、なんと!!

 

 

痛みなく正座できる!しゃがめる!!

 

 

ここまで回復できました。

いや、本当によかったです。

 

 

お客さんも僕も出来た瞬間ポカーン・・・。

2秒後「お!できてる!!」って感じ(笑)

 

 

いやいや、できなかったこと諦めかけていたことができるようになるって本当に嬉しいですよね。

施術後お支払い時は、「感動して手が震えてお札が出せません」と言われていました(笑)

何はともあれこの状態をキープできる膝にしておかないといけないですね。

 

 

最近病院に行ってもダメ、他の治療をしてもダメだったという方が続けて来店されています。

それでも僕ができる範囲であれば対応し、改善できる方向にお手伝いさせて頂いています。

その痛みが少しでも改善されると本当に世界が変わりますよ(^^)

諦めないでね!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

タグ :       

ケア

【歩き方重心】歩くと痛い腰と膝!治すために必要なこととは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

僕は毎月「歩き方教室」を開催中です。

ここでは、一人一人に合わせた歩き方をお伝えしながら、ご自宅でやるべきエクササイズも教えています。

 

 

「歩き方が変わった」「痛みが減った」「長く歩けるようになった」という声を参加者の方々からよく頂きます。

 

 

そして歩き方の悩みの中に、「歩くと腰が痛くなる」「歩くと膝が痛くなる」が圧倒的に多いんです。

でもこれらには共通した改善方法があります!!

 

 

知りたいですか?

というわけで今回は、歩くと痛い腰・膝を改善させる方法についてお伝えしようと思います。

 

 

  • なぜ歩くと腰や膝が痛くなるのか?
  • 歩くと痛い腰と膝を改善させる方法

 

 

という流れでブログを解説していきます。

もし歩き方が気になる!という方は、ぜひこのブログに目を通してくださいね!

 

 

なぜ歩くと腰や膝が痛くなるのか?

 

 

ここには共通する改善ポイントが2つあります。

それは、

 

 

  • お尻が使えていない
  • 重心の位置がズレている

 

 

が挙げられます。

 

 

まずお尻の件ですが、人間歩くとお尻の筋肉を必ず使います。

お尻が使えることで、まっずぐ立ち歩くことができているんです。

 

 

なのでお尻が使えない場合、「腰が曲がる」「すり足」「横揺れ」がひどくなります。

 

 

こうなると、腰・膝への負担が自然と増えていき、痛みと繋がるんです。

 

 

そして、重心の件。

 

 

これは歩いている時、必ず片足の時間がありますよね。

この時に重心の位置がズレているとダメなんです。

 

 

足裏の重心位置で考えると、膝が痛い方なんかは、重心が外側にあります。

逆に痛みがない方は、重心が内側(土踏まず辺り)にあるんです。

 

 

この小さな差が大きな痛みへと繋がっていきます。

 

 

歩くと痛い腰と膝を改善させる方法

 

 

お尻と重心の位置を同時に変えていきましょう!

それがいいですよね。

 

 

ではやり方です。

これは超シンプルです。

 

 

片足立ちをしましょう!

 

 

片足立ちをしてみて、お尻・重心の位置を意識するだけでいいんです。

 

 

「お尻に力入るかな?」その次に「重心の位置は内側にあるかな?」とか。

まずは、歩く練習の前に片足立ちです。

 

 

ここをマスターできれば、歩く時の痛みが一気に変わります。

めっちゃ楽になりますよ。

 

 

まずは片足立ちを頑張って練習してみてください(^^)

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

腰痛

【腰痛治し方】腰痛のある方の多くは、股関節を使えていない事実!

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

腰痛に限らず、膝など体に痛みがある方には特徴があります。

それが題名でもお伝えしている通り、「股関節」です。

 

 

圧倒的に使えていません。

 

 

股関節を使えてくると、

 

 

  • 腰を曲げても痛くない
  • 膝がポキポキならない
  • しゃがめるようになる

 

 

など実はいいことが多いんです。

しかも凄いのが、股関節を意識するとすぐに効果を感じられる人もいるってこと。

 

 

信じられないかもしれませんが、本当です。

 

 

先日もお客様の膝の音が毎回曲げる度に《ポキポキ》鳴るので、股関節を使えるトレーニングをしました。

すると一瞬で音が鳴らなくなってしまったのでお客様笑っちゃってました。

 

 

股関節は体の中でも一番大きな関節です。

ここが動かなければ、他の小さい関節たちが負担を負います。

 

 

だからこそ、一番大きくて力持ちな股関節にしっかりと働いてもらう必要があるんです。

 

 

そうすることで、痛みの出にくい体に近付けます。

 

 

今回は、それだけ大切な股関節をしっかりと使えるエクササイズをご紹介します。

 

 

  • 股関節トレーニング
  • まとめ

 

 

というシンプルな流れでブログを解説していきます。

このブログでは何度も股関節の重要性についてお話ししているので、細かいことは今回は省きますね。

 

 

股関節トレーニング

 

 

圧倒的に股関節を使えるようになってください。

圧倒的ってなんじゃ?って感じですが、圧倒的に使ってください(笑)

 

 

 

 

基本的な股関節の使うトレーニング方法です。

多くの方がこれがまずできません。

 

 

ポイントとしては、お尻を圧倒的に後ろに突き出すことです。

(圧倒的ってなんじゃ?)

 

 

はい。思った以上に出してください。

本当に思った以上にお尻を後ろに出してください。

 

 

僕が推奨しているお尻スクワットは、お尻を出すことが基本であり、本質です。

まずは、これをできるようになります。

 

 

もうひとつのポイントは、膝が前後に動かないことです。

よくスクワットなどで「つま先よりも膝出たらいけんよ」って聞かれると思いますが、それ以上に動いたらダメです。

 

 

つま先まで膝がいくこともダメです。

このお尻スクワットは、立った時の位置から膝が前後に動いたらダメなんです。

 

 

この2つのポイント。

 

 

  • お尻を圧倒的に後ろに突き出す
  • 膝はほとんど動かしてはいけない

 

 

ここをしっかりと守って実施してみてください。

この形ができない方が非常に多いので、まずはこの形ができるように練習あるのみです。

 

 

うまくできれば、太ももの裏・お尻に伸びたような、力の入ったような感覚がでてきます。

日々の運動にも取り入れられるとめちゃくちゃ効果的です。

 

 

ぜひ、ご活用くださいね。

お尻を突き出して健康な体へ!!

 

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

タグ :        

腰痛