広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

カープの安部友裕選手も苦しんだ「腰痛症」の原因と解決策はあるのか?

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は、広島出身で子供のころからカープファンなんですが、

カープの選手も「腰痛」に悩まされる方がいましたよね。

 

それが、安部友裕選手です。

「腰痛症」で悩まされ、一時戦線離脱も経験しています。

 

調べたら僕と同じ年なんです(^^;

2020年は、腰痛もよくなり、日本一目指して大車輪の活躍を僕は期待しています。

 

では、安部選手も悩まされた腰痛症とは何なんでしょうか?

実は、あなたもなる可能性があるんですよ。

 

 

カープの安部友裕選手も苦しんだ「腰痛症」の原因と解決策はあるのか?

 

腰痛症はスポーツ選手に限らず、誰にでもなる可能性があります。

腰が弱い、違和感がある、痛いという方は読んでみてください。

 

この記事は・・

 

・腰痛症とは?

・腰痛症の原因とは?

・腰痛症の解決策とは?

 

について書いていきます。

 

腰痛症とは?

 

腰痛症とは大きく分けて、急性腰痛・慢性腰痛に分けられます。

つまり、腰痛全般のことを腰痛症というんです。

 

・急性腰痛とは、ぎっくり腰・ヘルニアなど

・慢性腰痛とは、6ヶ月以上続く腰痛など

 

のことを言います。

 

腰痛で悩んでいる方は、4人に1人と言われています。

だからあなたも腰痛症になる可能性があるんですね。

 

腰痛症の原因とは?

 

腰痛症になってしまう原因として多いのは、

 

・運動不足

・筋力の低下

・関節の制限

・姿勢の崩れ

 

などがあります。

 

「カープの安部選手には当てはまらないのでは!?」

と思われた方もいるかもしれません。

 

安部選手の場合は上記に加え、

 

・過剰に使い過ぎ

 

も含まれます。

野球は腰を捻る動作が多いので、どうしても過剰な負荷が掛かるんです。

 

でも当然ですが、腰痛症になる選手・ならない選手が存在します。

その理由は、腰の使い方にあります。

 

・偏った筋肉を鍛え過ぎ

・無駄に力を入れすぎ

 

というパターンがあります。

この2つをしてしまうと、腰はロックされ負担がどんどん増えていくんです。

 

これは、慢性腰痛の方にも多い、腰の使い方の特徴です。

一般の方の腰痛症になる原因としては、最初にお伝えした、

 

・運動不足

・筋力の低下

・関節の制限

・姿勢の崩れ

 

が原因になりやすいので、ここを改善する必要がありますよ。

 

腰痛症の解決策とは?

 

解決策としては、先程の原因を取り除く必要があります。

 

・定期的な運動

・偏らない筋トレ

・股関節などの関節を広げる

・姿勢を正す

・腰の負担を減らす体の使い方を習得する

 

ということです。

文字にすれば簡単に思えますが、やろうと思えば意外と難しいものです(^^;

 

そして、上記の中でよく間違いであるのは、「偏った筋トレ」「体の使い方」です。

ここを見直していく必要があります。

 

偏った筋トレとは、足腰を強くするために「スクワットだけすればいい」という考えで、筋トレはスクワットばかりするということです。

同じ筋トレばかりやることで、強い筋肉・弱い筋肉の差がどんどん広がっていくことになります。

 

この差が大きいほど、腰の痛みに繋がります。

なので同じ筋トレばかりやることは避けた方がいいです。

 

体の使い方もそうで、腰痛症の方は癖で、腰に負担の掛かる使い方をしています。

この使い方を変えない限り、ずっと腰痛で悩まされるでしょう。

 

腰痛症の方は、「腰を動かしたら痛い」という考えがあるので、腰に無駄に力を入れてしまいます。

本当はこれは一番やってはいけないのですが、無意識にやってしまうんですよね。

 

本来の使い方としては、股関節などをうまく使うことが大切になります。

だからといって、股関節を柔らかくするストレッチだけではダメです。

 

股関節などが、日常生活でしっかりと動けないとダメなんですね。

これはストレッチだけでは治りません。

 

筋トレのときに、動かせる練習も必要になってきます。

鍛える+関節を使うで頑張ってみましょう!

 

まとめ

 

カープの安部選手も悩む、腰痛症について少しは理解できたでしょうか?

あなたにも腰痛所になる可能性は大いにありますので、予防・対策はしっかりとしてくださいね。

 

わからないことやお困りごとがありましたら、いつでもご相談くださいね(^^)

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

腰痛

【福井国体】トライアスロン広島県代表選手を応援しよう!広島からエールを! 262

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

トライアスロン福井国体

 

今日は福井国体で

トライアスロンですね。

 

台風が心配でしたが

なんとかレースはできそうみたいですね。

 

2016年のいわて国体では

広島県代表選手の

コンディショニングトレーナーとして

 

男女4名の選手のカラダを

サポートさせていただきました。

 

今回は仕事の都合で

帯同できませんでしたが

今年も頑張ってほしいです。

 

 

今年はいわて国体に出場した

 

小林選手・池田選手・二分選手

 

福井国体に出場します。

 

広島からですが

応援したいと思います。

 

いい報告待ってます!

 

今日は広島県代表選手を

応援しようブログでした。

 

また色々カラダに関する情報とか

書いていきます。

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :              

トライアスロン

あなたにも当てはまる、トライアスロン選手の間違った思考 196

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

根本的な悩みの原因は『姿勢』と考え、姿勢を整えることから指導しています。

◆プロフィール◆

 

トライアスロン認定記録会

 

本日、広島県のトライアスロン認定記録会でした

 

去年よりも多くの方々に集まって頂き開催でき

ありがとうございました

 

以前にも書いたと思うんですが

トライアスロンという競技は3種目の競技を

一緒におこないます

 

泳ぐ・自転車・走る

の3種目ですね

 

私自身も

トライアスロン協会の理事として活動して

2年ほど経ちました

 

でも今回も思いましたが

やっぱり毎度思うことがあるんですよね

 

トレーニングに重点を置かない

 

選手は競技の練習に多くの時間を費やします

 

 

その分自分自身の体に目を向けていません

あまり重要視していないように見えます

 

一般の選手ではなく

県代表、強化クラスでもそうです

 

同じ動作を繰り返す練習ばかりし

体を痛めるといった方ばかりです

 

例えば野球選手がバットしか振らないでしょうか?

投げ込みばかりでしょうか?

 

競技以外でのトレーニングも重視しているはずです

 

他の競技もそうですよね

 

でもトライアスロンは別な気がします

 

痛めた体のまま練習を繰り返せば

その痛みは徐々に大きくなり

痛みは取りにくくなります

 

痛みがあるということは

動きも悪くなっています

 

その痛みを避けるために

代償動作が競技の中で出てきて

パフォーマンスは低下します

 

競技人生が終わった後も

痛みと戦う生活が待っているかもしれませんよね

 

 

あなたも同じ

 

これはあなたにも言えることだと思います

 

痛みに耐えながらの生活を繰り返し

痛みがあることで

動きも小さくなり

 

他のとこでカバーして

またそこが痛くなる

 

選手であっても

選手でなくても

 

結局は同じなんですよね

 

そのフィールドが

競技内なのか生活内なのかの

違いだけです

 

トレーニングは筋肉隆々にするだけではありません

美尻を作るだけではありません

 

コンディショニングを整えるための

ツールでもあります

 

体は繋がっているので

代償運動が発生しないような

トレーニングも必要です

 

あまりわかっていない方が多いけど

少しでも気付いて

変わってくれたら嬉しいな

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

 

タグ :                      

トライアスロン

『競艇選手訓練生』の抱える悩みとは?? 148

 


『全国から身体の痛みで不安のある方をなくし人生を楽しんでもらう』

広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

艇選手訓練生の悩み

 

競艇行ったことありますか?

 

まだ私はありませんが。

 

結構面白いみたいですね。

 

今回は、競艇選手ではなく、競艇選手になるために勉強中の訓練生に注目していきます。

 

競艇選手になるためには養成学校なるものに入学し、卒業いけないみたいです。

 

知らなかった・・・

 

では、一体どんなことをしているのでしょうか?

 

らではの悩み

生活

 

 

全員、寮生活になります。

 

この寮生活がすごいんですよ。

 

自衛隊並みです。

 

朝起床後は、布団は綺麗に畳み、素早く集まらないといけません。

 

畳みに乱れや集合に1秒でも遅れれば罰が待っています。

 

起きる時間、寝る時間など時間にとても厳しく細かく拘束がすごいんです。

 

時間だけではないですが・・・

 

でも、人生変える為に入学したんでみんな必死です。

 

退学する人も多いんですけどね。

 

競艇選手になるのは狭き門です。

 

タート練習

 

 

この練習が意外と難しいんですって。

 

フライングすれば失格ですからね。

 

ただ陸上と違ってスタートラインが数十メートル先にあります。

 

そのスタートラインの間に決まった秒数で入らないといけないみたいです。

 

それがたったの1秒!!

 

0.1秒でも早くても遅くてもダメなんですって。

 

身ボロボロ

 

 

ほぼ休みなくハードなことをやり続けます。

 

身体もココロもボロボロです。

 

あなたが思っている何十倍もハードですから。

 

 

 

自分のボートは自分で管理。

 

メンテナンスも自分でやります。

 

得意な人はいいかもしれませんが、そうでない人は。

 

慣れるまでは大変です。

 

細かいし力がいるので、肩が結構疲れます。

 

も多い悩み

競艇選手訓練生の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『全身』

 

No.2・・・『メンタル』

 

No.3・・・『ボロボロ』

 

決策

生活

 

私は、自衛隊に3日間だけ体験したことがあります。

 

寝方まで決まっていたのには驚きました。

 

でも、人生を変えると決めて入学してきた以上『郷に入ったら郷に従え』ですね。

 

卒業し、競艇選手になるためにも自分に負けずに頑張ってください!!

 

タート練習

 

 

そんな世界なんですね。

 

0.1秒をコントロールするなんてすごいです。

 

その分、神経をかなり研ぎ澄まさなければいけませんね。

 

体内時計半端ないっす!

 

身ボロボロ

 

ハードなのは十分わかりました。

 

でも大体体育会系はそんな世界でしょう。

 

そこで変に悩んでも仕方ないです。

 

あなたが悩んだことで解決しませんから。

 

 

その環境から逃げれば解決するかもしれません。

 

ココロがボロボロになるから身体にも倍以上影響を受けているかもしれませんよ。

 

あれ嫌だなって思ったら何倍も疲れますもんね。

 

正面から挑みましょう!!

 

 

細かいところは力入りそうですね。

 

でも、すぐ慣れますよ。

 

だって毎日触れていくんですもん。

 

慣れない方がおかしいです。

 

レーニング

 

 

競艇選手は、遠心力との戦いになるかと思います。

 

写真のようなコーナー時にはかなりの遠心力が働いているのではないでしょうか?

 

それを耐える為には体幹だ!と思っているかもしれませんが、体幹にも種類があります。

 

一般的に『体幹トレーニング』と聞くと

 

 

こんなのを想像すると思います。

 

別に悪くありませんが、この筋肉って競艇選手に必要?

 

レース中にこんなにじっとしていることなんてないですよね。

 

むしろ、体幹部はしっかりしながら四肢はボートを操縦するために動かしているはずです。

 

さらに体重移動などもしているはずです。

 

 

だったら写真みたいにさっきの姿勢から捻ってみたり

 

 

対角線の手足伸ばしたりして

 

体幹に力入れながら身体を動かす練習も必要になってくるのかなと思います。

 

もちろんプロのスポーツ選手な訳ですから、一般の方と違いこれだけでは補えないので他のトレーニングでも鍛えていってください。

 

トレッチ

 

 

写真みたいに中腰の姿勢が多いかなと思います。

 

ということは、身体の背面の筋肉が固かったらこの姿勢自体辛いかもしれませんよね。

 

なので、背面を伸ばしていきましょう。

 

 

背面部の中間にある、お尻のストレッチです。

 

ここの筋肉を伸ばしていくことによって、中腰への負担は減るかと。

 

さらに

 

 

お尻の下にストレッチポールなどを置いて、ストレッチしながらお尻の筋肉をほぐしていくのも効果的だと思います。

 

とめ

・郷に入ったら郷に従え

 

・体内時計が0.1秒感覚に

 

・慣れろ

 

・環境から逃げず悩まない

 

・体幹トレーニングに動きをつける

 

・お尻のストレッチをする

 

トップ競艇選手目指して頑張って下さい!

 

タグ :     

様々な職業の悩み