首 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【首の痛み】治したければ○○をやめよう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

首の痛みで悩んでいる方、結構多いですよね。

 

仕事や日々の中でパソコン作業も増えたし、座る時間が増え、運動不足という方が増えたという背景もあると思います。

 

ですが!!

 

その前に、日常生活内のあることをやめるだけで首の痛みは軽減することをご存知でしょうか?

 

あなたは日常生活内であることをやっていませんか??

 

首の痛みが増す生活

 

日常生活内でよくやっている《アレ》を減らすだけで、首の痛みが減ります。

 

そうアレです。アレをやめればいいんです。

いや、やめるというよりも減らすだけで変わります。

それは・・・

 

=====
スマホの使用時間
=====

 

です。

「またそれかい!知っとるわ!」という怒りの叫び声が聞こえてきますが、聞かなかったことにします(笑)

 

だってそう思った方の大半は、スマホの使用時間がめちゃくちゃ多いから。

 

特に夜の使用時間が多いと、首の痛みと直結しているように感じます。

仕事終わって家でゴロゴロしている時間ずっとスマホ見ているとかね。

 

さらに言えば、布団の中に入ってもまだ、スマホをいじっていると首の痛み・疲れは増すでしょう。

 

もし見ることがやめればいのであれば、夜よりも日中の間にスマホをいじった方が首に痛み・疲れは少ないですよ。

 

まとめ

 

 

夜中のスマホの使用時間を減らし、首の痛みを軽減させていきましょう。

 

僕に騙されたと思って、思い切って夜中の使用時間を一気に減らしてみてください。

 

首の痛みが軽減されるのは当然ながら、寝起きも違うし、疲れの取れ方も違いますから。

本当に簡単にできるし、おすすめです。

 

絶対に変わります。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

【腕の痺れ】肩甲骨と姿勢が原因になる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腕の痺れがある場合、多くの方が『肩甲骨』『姿勢』が原因になっていることがあります。

 

この2つが悪いと神経を引っ張り続けることになり、腕の痺れに繋がるんですよ。

 

あなたの腕の痺れはどこが原因ですか?

 

腕の痺れの原因

 

では『肩甲骨』『姿勢』がどう悪くなると、痺れに繋がるのか?

 

=====
・肩甲骨→下制(下に下がった状態)
・姿勢→胸を張る姿勢(過剰な姿勢)
=====

 

これらが痺れの原因に繋がるんです。

ちなみに猫背になると『肩甲骨』『姿勢』の動きはこれらの真逆になります。

 

なぜ痺れるのか?

 

 

腕の痺れの原因となる神経は、首から出ています。首~指先へと繋がります。

 

これが先程の『肩甲骨』『姿勢』の状態になると、首から出ている神経が常に引っ張られている状態が続き、神経に障害が出てきます。

 

 

『C』と書かれているのは、頸椎のことで、数字は頸椎の番号になります。

 

このイラストを見ると、頸椎から腕に向かって神経がたくさん出ていることがわかりますよね。

 

そしてこれらの神経が、先程の『肩甲骨』『姿勢』の状態になると、腕の方向に引っ張られるのが想像できますよね。

 

まとめ

 

 

腕が痺れて困っている方は、今一度、『肩甲骨』『姿勢』の状態を確認してみましょう。

もしかしたらそこが原因になっているかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

【首の痛み】スマホの使用時間で変わる痛みの原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

スマホを持つことが当たり前になった今。

 

スマホの長時間の使用で首の痛みを訴えられる方が増えてきました。

そして首の痛みがひどい方ほど、スマホの使用時間が長いんです。

 

じゃあなぜ、スマホと首の痛みは関係しているんでしょうか?

 

スマホと首の痛み

 

スマホと首の痛みの関係としては、

 

=====
姿勢と目の疲労
=====

 

が主にあります。

 

=====
姿勢→首の前方変位(立つ・座る・寝る基本的にどの姿勢でもなっています)
=====

 

こうなると、首の骨・筋肉に通常とは異なる負荷が加わります。

特に骨。首の関節に変位が出てくるので、最悪痺れに繋がり、首が常に痛むという症状になってしまいます。

 

 

=====
目の疲労→眼精疲労は、首の後ろの筋肉を過緊張させる原因になります
=====

 

特に首の上の辺りの痛みに繋がりやすいです。

 

そして首の上は、首の可動域の多くを賄っている関節でもあるので、首の動きが極端に悪くなるか、首を動かすと、首や肩まで痛いという症状に繋がります。

 

また特に、夜。この時間帯の使用は日中よりも首の負担を倍増させます。

 

寝る前にスマホばっかり見ているという方は、気を付けましょうね。

 

まとめ

 

 

何気なく使っているスマホ。

 

もしあなたが首の痛みを抱えているのなら、スマホを1日にどれくらい使って見ているか計算してみてください。

 

恐らく結構な時間、スマホを見ていると思いますよ。

そういうアプリもありますから試しに時間を計ってみてください。

驚きますよ。

 

もしスマホ時間が多ければ、1日のスマホ使用時間を減らしてみましょう。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

姿勢

【腰痛】椎間板ヘルニアの方は首にもご注意を!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

椎間板ヘルニアと聞いたら腰の痛みと連想される方は多いと思います。

 

確かに腰に発生することが多いですから、腰のヘルニアを連想し、症状としては腰が痛くなり、最悪下肢の痺れに発展するまで想像できますよね。

 

ですが一概に腰のヘルニアだからと言って、腰だけを注意すればいいって話しじゃないんです。

実は、首の動きも非常にヘルニアと関係しているんですよ。

ヘルニアと首

 

ヘルニアと首の動きは関係性があります。

 

ヘルニアは、椎間板の一部が飛び出した状態のことを言います。

そして椎間板が後方に突出してしまう原因として多いのは、腰の後弯(丸くなること)です。

 

当然ながら腰の後弯を助長させる原因があるから、ヘルニアになるので、腰の他にその原因を見つけ、治療することが大切です。

 

そしてその中には、今回のテーマでもある『首』が関係しています。

 

実は、首が前に突出し、垂れた姿勢になると、腰への負担(後弯位)が増え、ヘルニアの痛みを増加させてしまうんですよ。

 

ヘルニアに限らず、腰が痛いという方には、このような姿勢になっている方が多いのもこれが理由です。

 

首の治療

 

 

ということで、ヘルニアであっても首の治療はした方がいいんです。

それが結果として、腰への負担を減らすんですからね。

 

ヘルニアだからと言って、腰ばかり治療してはダメですよ。

 

恐らくですが、原因は他の部位にあることが多いので、まずは首の動きを確認してみましょう。

 

首に疲れが溜まりやすい、首が動きにくい、首の動きに左右差があるなどあれば、そこを改善していくと腰は一気に軽くなります。

 

まとめ

 

 

ヘルニアの痛みを増加させている原因は、首です。

 

首の位置・痛み・動きにも日頃から注意をしてみてくださいね。

意外なところに落とし穴がるかもしれませんよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

腰痛

【首こり】首の痛みが心臓の痛みへと繋がる話し

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

首が痛くなると、極まれに心臓に繋がってしまうこともあります。

 

例えば、「首の動きが悪くなってきたな?それと同時ぐらいに動悸が激しくなった気がする」みたいな経験ないですか?

 

首と心臓

 

首と心臓は神経系で繋がっているので、首に負担が掛かれば多少なりとも心臓も影響を受けることになります。

 

だからと言って、首が悪い=心臓が悪いとは言えませんので、すぐに直結するわけではありません。

 

さてここからは僕の体験談なんですが、ここ数日えらい首が痛く重かったんですよね。

すると同時に、

 

「心臓が痛い!!」

 

と感じたんです。

 

僕の場合、首を右に傾けると心臓辺りがズキっと痛むんです。

右に傾けた時だけ。

 

その後、最悪なことに痛めている首を寝違えてしまい、さらに首は動かなくなりました。

 

すると今度は、首を左に傾けると心臓がズキっと痛むようになったんです。

それからは首を右に傾けても心臓は痛くなく、左のみになってしまいました。

 

そしてそこから数日後、首の症状が和らいでいくと同時に心臓のズキっとした痛みや圧迫感はなくなっていきました。

 

まぁたまたまかもしれませんが、僕が実体験した、首と心臓の関係でした。

 

もしかしたらあなたも「そういえばあの時・・・」みたいな経験ないですかね?

それは首と心臓の関係性が原因だったかもしれませんよ。

 

まとめ

 

 

逆を言えば、心臓に病を抱えている方は、首の調子には気を付けた方がいいですよ。

恐らく首肩周りはこりやすくなっていると思いますので。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

【腰痛】首の痛みが腰に響く原因とは?【神経&筋肉編】

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、首が痛くなると腰も痛くなることがありますよ!とお伝えしました。

 

その中では、『背骨の形』で痛みが連動しやすいと解説したのですが、今回は、神経と筋肉目線から見ていこうと思います。

 

前回の記事はこちら

【腰痛】首が痛くなると腰も痛くなりますか!?

 

繋がる神経と筋肉

 

では早速、神経と筋肉目線で見ていきましょう。

まず神経からお話しします。

少し専門用語入りますが、すみません。

 

=====
神経系は背骨内で頭から腰まで膜(硬膜)で繋がっており、どこかしら刺激を受けると全てが反応する仕組みになっています。
さらに硬膜は、神経周膜(神経を包んでいる束みたいなもので、背骨から四肢へと伸びていきます)と繋がっており、四肢へと影響を与えます。
=====

 

ちょっと難しくなりましたが、背骨の神経はどこかしら刺激が入れば四肢へも繋がりますよってことです。

 

つまり、神経的には首の刺激は腰にも響き、最悪下肢にも響くことになります。

 

さらに筋肉を見ていきましょう。

 

=====
首が痛くなる方の多くが、後頭下筋(こうとうかきん)群という筋肉が硬くなるケースが多いんですが、この筋肉はさきほど説明しました“硬膜”と繋がっているので、後頭下筋が硬くなれば、硬膜にも刺激が入り、神経が伝達されます。
=====

 

 

そうなれば結果として、腰にも痛みを感じる可能性が増えます。

 

もっと言えば、硬膜が刺激を受ければ、脳脊髄液(背骨の中に流れている液)の流れも悪くなるので、余計に背骨の機能は低下していきます。

 

まとめ

 

 

前回の記事でも言いましたが、首が痛くなれば腰が痛くなることはありますよ。

 

背骨の形・神経・筋肉を見ても関連性があることがわかって頂けたと思います。

 

腰が痛いから腰だけを見るのではなく、デスクワークが増えたり、スマホが増えているのなら、もしかしたら首が原因の腰痛かもしれませんよ。

 

痛みは結果として出ているので、その結果を作っている原因を早めに探し改善していきましょうね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

 腰痛

【交通事故】半年経っても痛いむち打ち腰痛の原因とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

A「なんで腰痛になるんですかね?」
僕「高速道路で交通事故に遭ってますからね。かなりの衝撃ですよ」
A「でも半年も前ですよ??」

 

半年前でも交通事故の影響を思い切り受けていますよ。

 

交通事故の衝撃

 

交通事故と言えば、むち打ち。

首に強烈な痛みを伴うイメージですよね。

でも実は首だけじゃないんです。(←ここ重要)

 

交通事故の衝撃は、上体が後方から前方へ大きく素早く振られます。

この時特に首は、大きく前後に振られてしまいます。

 

また急な衝撃で体は、防御反応として筋肉が過剰収縮します(要は力がグッと入ります)。

これが首のむち打ちに繋がることに。

 

 

ですがここで問題なのが、前後に振られるのは、何も首だけではないということです。

実は首以外にも体幹部が大きく(首ほどではないが)振られます。

 

つまり体幹部の筋肉も大きなダメージを負うことになるんです。

 

それが腸腰筋という筋肉(当然他にもダメージを負っていますよ)。

 

 

主な作用としては、(足が浮いている時は)股関節を曲げたり、(足が床に着いている時は)体幹を曲げたりするときに働きます。

 

 

そして、腸腰筋は腰を安定させるために必要な筋肉でもあるので、ここのダメージは腰痛へと繋がりやすいんです。

 

つまり交通事故の衝撃で、腸腰筋がダメージを負っていれば(というかほぼ負います)、腰の安定性は欠け、腰痛へとなってしまいます。

 

首がむち打ちで痛むからといって、首周辺だけ治療してもダメってことです。

体幹部の治療も同時に積極的に行わないと、高い確率で腰痛になります。

 

だから今回の方も半年経っても「腰が痛い」と言うんです。

 

それに事故後半年ですから、腸腰筋がダメージを負い、歪んだまま硬くなってしまった可能性もあります。

 

専門用語になってしまいますが、腸腰筋のダメージは連鎖され、

 

=====
腸腰筋×→多裂筋×→腹横筋×→横隔膜×→内転筋群×or首周辺×
=====

 

となります。

もちろん例外もありますが、交通事故の場合腸腰筋が硬くなっているケースは非常に多いので見落とさないようにしておきましょう!

 

まとめ

 

 

首のむち打ちへの治療は当然ですが、その後の腰痛にも注意が必要ですよ。

 

「なんで腰が痛いんだろう?交通事故に遭ったのも結構前だしな・・・」ではなく、完全に交通事故が原因で筋肉が歪んで緊張しています。

 

ここを治療していくこともお忘れなく!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :             

腰痛

【腰痛】首が動かなくなれば腰も痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

以前、体は繋がっているという記事を書きました。

その繋がりの中でも実は、腰痛は首と密な繋がりがあるんです。

今回は、腰と首の繋がりを探っていきます。

あなたの首動いていますか?

 

腰と首の繋がり

 

例えば、前に屈むor後ろに反ることで腰に痛みが出ているとします。

 

この場合、前者なら首が前に倒れにくく(屈曲制限)、後者なら首が後ろに倒れにくい(伸展制限)という症状が出ているケースがあります。

 

もし腰が痛い方は、首の動きもチェックしてみてください。

もしかしたら制限が掛かっており、動きにくくなっているかもしれません。

 

そしてもし制限が掛かっている場合、その腰痛は腰だけではなく、首も治療していかないと腰痛は治りにくく、また何度も痛みを繰り返してしまう可能性があります。

 

腰は腰ではなく、腰以外もしっかりと見ていくことが重要ですよ。

これが体の繋がりです。

 

首の可動域

 

首の純粋な可動域は、屈曲60度・伸展50度となっています。

ただ本来であればこの動きに、胸椎の動きも加味されることになりますので、もっと可動域は広がります。

 

なので純粋に胸椎の可動域をプラスしていくと首の可動域は、屈曲100度・伸展75度まで広がります。

これはあくまで純粋可動域を加味しただけなので、すべてを含めばもう少し可動域は増すはずです。

 

このように可動域も体の繋がりで出来ているんですよね。

面白いですね。

 

最終可動域の基準(繋がりを加味)としては、屈曲時は顎が胸に付き、伸展時は顔と床が平行に近いぐらい動けば最高!という感じで覚えておけばいいと思います。

 

まとめ

 

腰が痛いから腰が原因?そんな単純なものではないんですよ。

 

体は繋がっているので、繋がりを意識して全身を見ていきましょう。

すると今回の首みたいに、違う場所に腰痛の原因が隠されているかもしれません。

 

あなたの腰痛の原因はどこにありますか??

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :        

腰痛

【驚愕】頭が前に出るほど、首はどんどん痛くなる!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

パソコンやスマホなどで、頭が前に出た姿勢で長時間固まった姿勢が続いている方は非常に多いですよね。

現代病と言ってもいいのかもしれませんね。

 

そして頭が前に出れば出るほど、首や肩に痛みが発生し、その姿勢を続ければ続けるほど痛みは治りにくく、慢性化に繋がっていきます。

 

首の位置と痛み

 

首の前に出ている角度を専門用語で『頭部前方変位姿勢』と言い、その中でも『頭蓋脊椎角(CVA)』の角度が非常に重要になってきます。

 

この『頭蓋脊椎角(CVA)』とは、耳~頸椎7番(棘突起)までの角度を指します。

つまり首の根元から頭部が水平面に対して、どの程度前方に傾いているのか?を表した指標になります。

(※下記画像はhttps://www.kurihara-chiro.com/blog/detail/id=304参照)

 

 

写真は頭部が前方に出ているのがわかりますよね。

でも今は多くの方がこれぐらいの角度になっているのでは?

解剖図を見てみると、下記のような角度した。

 

 

多少ポイントは違いますが、全然角度が違いますね。

これだけパソコンやスマホをいじる方は前に出ている可能性が高いってことです。

 

仕事柄前に出てしまう方もいますけどね。

 

この角度がつけばつくほど、頸椎(首)への負担が増え、さらに肩甲骨の不安定化に繋がっていきます。

なので、頭部の前方角度は痛みと直結しやすい指標となります。

 

首の痛み解消ストレッチ

 

 

別名『チンタック』と言います。やり方としては、

 

=====
①顎の下に指を置く(やりやすい指でOK)
②二重顎を作るように顎を引く
➂引くと同時に指で顎を押し、指と顎で押し合いを行う
※首横の胸鎖乳突筋に力が入り過ぎない程度の弱い力で行う
=====

 

になります。非常に簡単ですよね。

これを1日20~30回行うことで、首の痛みは軽減していくという研究データも存在しますので、もしお悩みの方は是非繰り返し行ってみてください。

 

ただし、力の入れすぎは厳禁ですよ。弱い力で何度も繰り返し行いましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :         

姿勢

【肩こり】スマホやパソコンで肩首の痛みが増える理由とは?

 


 

こんにちは!

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

もうお正月休みに入っている方も多いのではないでしょうか。

それと同時にスマホやパソコンを触る時間も増え、肩や首の痛みに繋がっていませんか?

実はそれには理由があるんですよ。

 

肩こりが増える理由

 

まずスマホやパソコンを使っている姿勢に着目してみましょう。

恐らく頭と顎が前に出た姿勢で長時間画面を凝視しているのではないでしょうか?

こんな感じに・・・。

 

 

 

そしてさらにパソコンに集中しこんな姿勢に・・・。

 

 

実は、というかご存知だと思いますが、頭と顎が前に出ている姿勢が肩こりや首の痛みに繋がってしまいます。

でもなぜその姿勢がいけないというかはご存知ですか?

 

前に出てはいけない理由

 

 

答えは、首の構造に関係があります。

首の骨は7つあり、この7つで頭を支えています。

頭は結構重たいので、7つの小さな骨で支えていると考えると凄いですよね。

 

 

そして頭と顎が前に出ることで、この7つの首の骨の構造が破綻していきます。

 

破綻すれば当然ながら肩や首への負担は倍増していきますから、必然的に肩こりや首の痛みも増えてくるってわけです。

 

首が破綻する理由

 

 

首が破綻する理由は下記の通りです。

 

=====

①生理的湾曲の消失
→首は本来前湾(前にカーブを描いている)していますが、この湾曲が減少します。いわゆるストレートネックです。

 

②頸椎の過剰運動
→本来するべき動きではない動きを繰り返しすることで、首の関節への負担が一時的に上昇します。

 

➂肩甲骨と胸椎の制限
→首だけではなく、肩甲骨と胸椎の動きも首へと影響を及ぼします。頭と顎が出る姿勢が続くと、肩甲骨は外へ流れ、胸椎は丸くなります。この両者の動きが首の動きをさらに悪くしていきます。

=====

 

以上が代表的な原因になります。

 

まとめ

 

 

ちょっと専門的な言葉も入れてしまい申し訳ないんですが簡単に言えば、

 

=====

頭や顎が前に出ることで、首が真っすぐになり、首の動きが制限されます。

それは首だけが原因ではなく、肩甲骨や胸椎の動きが悪くなっても影響が出てきます。

その結果、肩こりや首の痛みに繋がります。

=====

 

ってことです。

今からそういう時間が増えてくると思いますが、痛みが悪化しない程度にとどめておきましょうね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「腰トレ」動画をアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :       

姿勢