広島 腰痛 トレーニング 整体

腰痛専門出張パーソナルトレーニング|整体|広島

高齢者の脳トレとレクリエーションは楽しむことが大切

 


 

こんにちは

腰痛専門出張トレーニング&整体の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

 

今月は、各地域のイベント(運動指導)に立て続けに呼ばれています。

今年は地域のイベント立ち上げの最初の講師としても2か所で呼べれることもあり、本当にありがたいことです。

 

 

そして、やっぱり地域のイベントとなると年齢層も高めです。

基本的にパーソナル指導も50代以上の方が多いなので、いつもの年齢層ではあります。

でもマンツーマンとグループ指導ではやり方を変えないといけないんですね。

 

 

グループでは、楽しいかつ効果があることをするのを考えて指導しています。

今回は、実際に僕が気を付けていることを書きたいと思います。

 

 

高齢者の脳トレとレクリエーションは楽しむことが大切

 

写真は、病院内での指導時に撮影したものです。

こんな感じで地域のイベントに出向いてみなさんと楽しく体操をしています。

 

 

そして、僕が大切にしていることを挙げると

 

①参加者同士のコミュニケーション

②運動の意味を理解してもらう

➂運動を楽しくかつ効果的なものにする

 

基本的にこの3つをベースに構成していきます。

ひとつずつ解説していきますね。

 

 

①参加者同士のコミュニケーション

 

 

これが1番大切だと僕は思っています。

理由としては、地域のイベントなので「友達作り」が非常に役立つんです。

 

 

地域のイベントということは、何度も顔を合わせることもあると思うんですよね。

そういう意識がある方同士が友達になれば、輪が広がっていき、僕が指導したあとも後々の交流として繋がっていくんです。

そうなれば、地域の活性化にも繋がりますよね。

 

 

それに地域の情報交換にも役立ちます。

「こういうイベントがあるから行こうよ!」みたいに輪が広がります。

 

 

結果、コミュニケーションが地域活性化!になります。

 

 

やり方は、僕は講演会の最初に必ず、参加者同士が隣の方々と話す時間を設けます。

コミュニケーションの1歩ですよね。

 

 

あとは体操の途中でペアでできるようなものをする。

話して体操まですれば最初よりは仲良くなっているはずです(^^)

 

 

②運動の意味を理解してもらう

 

 

僕の講演は体操をする前に体操の意味などについて説明を最初にします。

これは理解してから体操に入ってもらいたいからです。

 

 

体操の説明でなくても、絶対に何かしら体に関することの説明をします。

質疑応答形式でね。

 

 

この説明を入れることで、体操などの効果もグッと上がります。

ひとつひとつ体操の前にも「この運動は○○に効果があります。その理由は・・・」と入れるようにしています。

 

 

効果もそうですが、それに当てはまっていればより真剣に取り組んでくれます。

 

 

運動を楽しくかつ効果的なものにする

 

 

地域のグループ指導で気を付けないといけないのはここです。

マンツーマン指導の時みたいに細かい指導は不可能です。

 

 

だから簡単にできるものにする必要があります。

でも高齢者だからといって、全部簡単だとダメなんで少し難しくはします。

そして、効果がでるのもを選びます。

 

 

さらに僕は体操の種類を分けています。

一人でできるもの・ペアでやるものに分けます。

 

 

基本的にペアが多いかもしれません。

ペアでやるものや2人で見合いっこするパターンもあります。

 

 

見合いっことは、一人が体操しているのをもう一人が見るということです。

これは体操を第三者目線で見て理解してもらう狙いと、ペア同士のコミュニケーションをとってもらうことが狙いです。

 

 

こうすれば細かい体操も2人で楽しくできることが可能なんです。

 

 

他にも笑いを狙うような体操も入れ場を盛り上げます。

 

 

まとめ

 

 

この3つを意識していけば、地域のグループ指導も盛り上がるかなと思います(^^)

今年も残り少しですが、パーソナル指導と同時に地域活性化頑張ります。

 

 

「私の地域でもやってほしい!」という方がいらっしゃれば、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

公式LINE@

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

トレーニング

高齢者の腰が曲がって見える理由は腰ではない

 


広島の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

高齢者の腰の動き

腰ってそもそもが動かない部分なんですよね。

 

肩みたいには動かないですよね(^^;

 

実際に、前屈したり捻ったりしたときに腰が動いているように見えますが、他の関節のおかげで動いているんです。

 

逆を言えば、腰の周りの関節が動かないと腰は動かないってことです。

 

まぁここは今回詳しくは言いませんが、高齢者の腰の動きをみていきます。

 

 

高齢者の腰

 

高齢者の多くは、腰が曲がった感じに見えると思います。

 

でも実は、腰はそんなに大きく曲がっていないんです。

 

逆に腰を曲げることが苦手だったりするんです。

 

「えっ!?そんなことある?」

 

と思われるかもしれませんが、苦手なんです。

 

「じゃあなんで、腰曲がってるの?」

 

と思われましたか?

 

曲がっている腰

 

曲がっているように見える腰の正体は違うところにあります。

 

それは、背中です。

 

「当たり前。わかってました」

 

と聞こえてきます(^^;

 

まぁ落ち着いてください。

 

背中なんです。

 

 

高齢者の方に座った状態で、「腰を丸くしてください」と言うと背中だけを丸くします。

※わかりやすく例えてます。

 

つまり、腰は動かしていないんですよね。

 

高齢者の猫背って、本当に字の通り背中が丸くなりやすいんです。

 

その結果、腰(骨盤)の動きも悪くなるってことですね。

 

背中はどちらかと言えば動きやすい部分です。

 

この部分が丸く固まることで動きにくくなり、そもそも動きにくい腰はもっと動きにくくなるということです。

 

最初に腰の動きについてお伝えしましたよね。

 

そこなんです。

 

腰は周りの関節たちに助けられているんですね。

 

腰の正体

 

結局なんなのかって話しですが、まとめます。

 

高齢者の「腰が曲がってきた」というのは本当は腰ではありません。

 

背中が丸くなって、腰を動かしにくくなっている状態。

 

というわけですね。

 

もっと言えば、背中だけじゃなくて股関節とかいろいろ要因はありますけどね。

 

なので、腰の丸まりを改善しようと腰だけを動かしては意味がないんです。

 

背中や股関節などを動かすことによってより改善しやすいんです。

 

全身しっかり動かしていきましょうね(^^)

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :      

トレーニング 腰痛

高齢者の腰痛を改善する為の簡単にできるおすすめの3つの筋トレ 300

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

高齢者の腰痛筋トレ

 

年を重ねるにつれて

カラダに痛みが出てきますよね。

 

腰・膝・肩などなど・・・

 

今回は『腰』

絞ってみていこうと思います。

 

なぜ腰が痛くなるのか?

 

腰の痛みを改善する前に

なぜ痛くなるのか?を

知っておいた方がいいと僕は思います。

 

①下半身の筋肉が落ちる

 

②股関節の動きが悪い

 

➂姿勢が悪い

 

多くはこの3つが原因です。

 

年齢とともに痛みがあるのなら

この3つは抑えておきたいところです。

 

当てはまるなーと感じていれば

腰の痛みありますよね?

 

逆にこの3つに

自信があれば

腰の痛みは少ないと思いますよ。

 

あなたはどうですか?

 

特に、気付かないうちに

 

股関節の動き

 

はかなり悪くなる可能性があります。

 

ここの動きが悪くなると

腰で動こうとしてしまうので

痛みは増幅してしまいます。

 

注意してくださいね。

 

筋トレ

 

難しいことはしません。

 

とても簡単なことで改善しましょう。

 

まずは普段使っていない

股関節を動かしましょう!

 

 

これは椅子に座ってもできますし

仰向けに寝ててもできます。

 

股関節を左右に捻るということは

普段からすることがないので

この動きだけで変わる方もいます。

 

無理なく試してみてください。

 

次に、下半身を鍛えます。

 

 

椅子から立ち上がる際に

手を使わずにやってみましょう。

 

それだけで下半身の筋肉を多く使いますよ。

 

さらにもうひとつ

 

 

一工夫した捻りをするだけで

姿勢改善にも繋がります。

 

それにこの部分も

腰の痛みとともに

固くなりやすい場所でもあります。

 

この3つをするだけでも

腰の痛みは減るかと思います。

 

でも痛みが増したりする場合は

中止してくださいね。

 

年齢を重ね

体力に自信がなくなっていても

この強度であればできますよね(^^)

 

まずは簡単なことからステップアップですよ。

 

無理なく頑張ってみてください!

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :     

トレーニング

自宅でもできる簡単な腰痛改善トレーニング④(体操・背中・骨盤) 260

 


≪健全姿勢ボディメイクの明匠≫

広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

腰痛トレーニング④

※最後にトレーニングが動画あります※

 

自宅でできる

 

簡単な腰痛トレーニング

 

をご紹介していきます。

 

今回は、

 

背中

 

です。

 

 

姿勢が崩れることで

多くの方は猫背になっていきます。

 

そうすることで

腰などに負担が大きくなっていきます。

 

姿勢を正していくことで

見た目もスッキリさせて

腰の負担も減らしていきましょう。

 

注意するポイント

 

①腰・背中から腕を上げる

 

腕を上げる際は、肩から上げずに

背中から上げる意識を持ちましょう。

 

②余裕があればチューブもOK

 

トレーニング道具として

チューブを利用しても大丈夫です。

足でチューブを抑えておいて

両手で引っ張りましょう。

 

③骨盤は常に前傾

 

トレーニング中は常に

腰を反らした状態をキープしましょう。

 

腰痛トレーニング動画

 

 

タグ :            

トレーニング動画 腰痛

腰が曲がってきてカラダに痛みがある方は、股関節を安定させるトレーニングをしよう! 215

 


広島唯一の腰痛専門出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

股関節を安定させる

手術ケガにより

歩くのに不安があったりする方も

多いと思います

 

また、腰が曲がってきたり

筋肉が落ちてきて

股関節を伸ばすのが

難しくなってきたという方も

多いと思います

 

あなたは股関節に

不安ありますか?

 

そんな股関節に

簡単に刺激を加える

トレーニングをご紹介します

 

膝が痛い方は

無理しないでくださいね

 

 

 

 

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

 

タグ :                 

トレーニング動画

『高齢者』が抱える悩みとは?? 152

 


~職業別のカラダくずれを改善する健全姿勢ボディメイクの明匠~
広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

毎月先着1名のみ!!→予約する

 

齢者の悩み

 

高齢者とは何歳からなのか知っていますか?

 

65歳以上が高齢者となります。

 

そして、65歳~74歳までを『前期高齢者』

 

75歳以上を『後期高齢者』といいます。

 

あなたは何歳ですか?

 

では、高齢者と言われる年齢になった方々の悩みとは一体何でしょうか?

 

らではの悩み

力の低下

 

 

『昔は○○できたんじゃけどのー』

 

『若い頃は○○なんて楽勝だったのにのー』

 

なんて言葉をよく聞きます。

 

つまり、体力の低下ですよね。

 

若い頃トーーークに入ったら止まらないかたもちらほら。

 

若い頃の余韻に浸ります。

 

が必需品

 

 

薬が大好きです。

 

いや、必要なものは飲んでください。

 

でも薬多すぎません?

 

お医者さんから出されたもの以外のものいくつありますか?

 

かばんの中身の半分は薬だったりします。

 

薬でお腹いっぱいになりそうです。

 

調が増える

 

 

体に対する不調が増えていきます。

 

関節もそうですし、臓器系も。

 

いつも体の不調で悩んでいます。

 

立ち上がるときは

 

『あー腰が痛い』

 

など、どこか痛いなど不調の部分を独り言のように教えてくれます。

 

これは口癖です。

 

体の悩みは尽きません。

 

が好きすぎる

 

 

孫が大好きです。

 

本当に大好きです。

 

本当に本当に大好きです。

 

も多い悩み

高齢者の悩みで多いのは?

 

No.1・・・『節々の痛み』

 

No.2・・・『体力の低下』

 

No.3・・・『孫が可愛すぎる』

 

決策

力の低下

 

ここの低下は止めることは不可能です。

 

自然の摂理なんので。

 

しかし、その年代ならではの平均体力以上を手に入れることは可能です。

 

その唯一の方法は、トレーニングです。

 

 

年齢とともに体力、つまり、筋肉は低下していきます。

 

それには筋肉を鍛える事しかないんです。

 

別に若い人みたいにバシバシしろとは言いません。

 

歩く・階段を使うなどでも立派なトレーニングです。

 

また、座ったままできる簡単な体を動かす体操でもいいでしょう。

 

とにかく体に筋肉に少し負荷を掛けてあげるんです。

 

ここができないと体力はどんどん低下していきます。

 

しんどいからしないでは何も変わりません。

 

むしろ少し歩く程度でしんどいとか言っているのは、今までトレーニングしなかった証拠です。

 

負荷を与える最初は、しんどいものです。

 

ここはしっか理解しておいてください。

 

ただ闇雲に無理しないでくださいね。

 

若い人の体とは違い、怪我しやすい体であるのは確かです。

 

専門の人に指導してもらうか、アドバイスをもらいながらの方が確実ですよ。

 

また、高齢者の年齢にいってない方も、今のうちにトレーニングしておいた方がいいと思います。

 

が必需品

 

毎回驚かされます。

 

でも、飲む人はとことん飲み、飲まない人は全く飲まない。

 

薬信者は多いように感じます。

 

少しでも体の不調を感じれば『薬』

 

別に薬に頼るなとは言いませんが、頼り過ぎじゃないです?

 

私の経験で言えば、薬に頼り過ぎな方は、体を動かすことを嫌います。

 

逆に薬にあまり頼らない方は、体を積極的に動かします。

 

この差は本当に感じます。

 

 

私は後者をオススメしますが、行動するのはあなたです。

 

あなたは前者ですか?後者ですか?

 

調が増える

 

これは、最初の解決策で述べた内容と同じです。

 

体に負荷を少しでも与えていないから筋肉は低下していきます。

 

そうでなくても年齢とともに低下します。

 

なのに、今までと同じ動作をしようとしては負担が掛かるのは当然です。

 

しっかり自分の体と向き合いましょう!

 

が好きすぎる

 

思う存分、可愛がってあげてください!!

 

レーニング

 

簡単なことからでもいいので、体に負荷を少しずつ与えてください。

 

もちろん無理せず、不安の方は専門家にアドバイスをもらいましょう。

 

先程も言いましたが、しんどいのは当たり前です。

 

高齢者になれば、ここを避ける方が目立ちます。

 

『もうこの年齢だから仕方ないのよ。しんどいことしたくない』

 

だから薬に逃げるんです。

 

『薬』というより『楽』をとるんです。

 

なるべく体を動かしてあげましょうね。

 

 

トレッチ

 

しっかり体動かしてね!

 

とめ

・体に負荷を少しずつ掛けるようにする

 

・薬ばかりに頼らない

 

・しんどいことから逃げない

 

・高齢者だからこそ体と向き合う

 

・孫を思う存分可愛がる!

 

孫と一緒に遊ぶためにも、自分の体と向き合ってくださいね!

 

タグ :            

様々な職業の悩み

高齢者に脳トレを!認知症予防にはトレーニングを有効に使おう! 023

 


広島で出張パーソナルトレーナーとして活動中の藤野真人です。

 

高齢者脳トレ

最近テレビでよく脳トレやってますね。

テレビを観ながら試している方も多いのではないでしょうか?

筋肉と一緒で『脳』も使わないと衰えていきます。

みなさんも衰えてしまう前にしっかり使っていきましょう!!

a0120000733

認知症

高齢者の方に多い症状です。毎年700万人以上の方がなっています。

物忘れが多くなり、ひどくなればついさっきまでのことも忘れてしまいます。

誰にでもなり得ます。

私も経験があり、この間まで元気だった方が怪我により入院。

退院後に少し症状があらわれだし、また怪我で入院。

そこから認知症の症状は加速。

最終的には一部を除き周りの方が誰かもわからなくなってしまいました。

脳トレ

こうならない為の予防として脳のトレーニングもおこないましょう。

私は、パーソナルトレーナーとして活動していますので『運動』を取り入れ『脳トレ』していきます。

簡単なものからやってみましょう。

音楽に合わせて手や足を決められたタイミングで動かしてみましょう。

例えば、『あんたがたどこさ』の音楽に合わせます。

1回目の『さ』の部分で右手を挙げ、2回目で左手を挙げ、3回目で右手右足を挙げ、4回目で・・・

のようにタイミングを作り、身体を動かしていきます。

簡単に思えるかもしれませんが、バリエーションやテンポを変えていけば結構難しいですよ。試してみて下さい。

 

筋肉を動かすことも脳トレ

筋肉は脳が指令を送ることによって動きます。

例えば、『肩を挙げる』と思うことで肩周りの筋肉に脳から信号が送られます。

そして、肩が挙がります。この時に、足が挙がってしまうようなら指令がうまくいってません。

脳から信号を送る重要性

普段ほとんど使っていない筋肉たちには脳からの指令が届きません。

簡単なチェックをしてみましょう。

まず、おなかに手を当ててみてください。

そして、手を触れたおなかの部分に力を入れてみてください。

うまく入りますか?入らない方は、普段からおなかに指令が届きにくい方です。

集中しても力が入りにくいのに、無意識の日常生活の行動の時に、力が入るわけがありません。

なので、周りの筋肉たちに過剰に指令がいき、腰痛などを引き起こしてしまうわけです。

 

トレーニング自体が『脳トレ』

先程も説明したように、筋肉を動かすにも脳を使います。

さらに、リズムに合わせて動くことも同じ理論です。

ということは、トレーニングは認知症予防になる!ということです。

様々な方法があると思いますが、トレーニングもそのうちの1種類です。

身体も元気になり、脳まで元気になる!

トレーニングするしかないですよ!!

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

LINE@登録で初回50%OFF

LINE@登録で初回体験50%OFF

通常5000円の初回セッションが

⇒2500円(50%OFF)

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

こちからもご相談もお気軽にどうぞ!

 

LINE@に登録

 

タグ :            

ケア トレーニング