高齢者 | サンライフ 整体&トレーニング|広島

広島 整体 トレーニング ストレッチ

サンライフ 整体&トレーニング|広島

【重要】あなたの股関節は動いていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕は散々、「股関節の動きはめちゃくちゃ大切ですよ!」とお伝えしてきました。

 

これは腰痛にとっても膝痛にとってもそうです。

 

いや、むしろ年齢を重ねる過程で硬くなるので、日々動かしておくことこそが一番重要なんですよ。

 

股関節の重要性

 

股関節は人体最大の関節です。

ここの動きが悪くなれば必然的に身体機能は全て落ちます。

そう、全てです。

 

腰が痛い、膝が痛いなど、どこかしら痛みがある方は、必ずと言っていいほど、股関節の機能は低下していますし、加齢と共に老いを感じている方も同様です。

 

それだけ痛み・老化の予防にとって必要不可欠な股関節。

多くの方が疎かにしているように思いますが、本当に重要な関節ですからね。

何度も僕はお伝えしていますが。

 

狭くなる股関節の動き

 

 

股関節の機能で特に落ちていくのが、

 

=====
① 後ろに伸ばすこと(伸展)
② 捻ること(内旋・外旋)
=====

 

です。

これらの股関節昨日は、あっという間に落ちます。

動かなくなります。

 

これが動かないと股関節は正常に働きませんから、全身の負担はどんどん増えていきます。

 

もしこの動きが著しく落ちているのなら、今すぐ股関節を動かす運動などを取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

 

何度も何度もお伝えしてきた、股関節。

早くあなたにも股関節の重要性を知ってほしいです。

本当に重要だし、動きが出ることで体はどんどん変わっていきますからね。

 

「股関節硬いから無理かも」ではなく、硬いから変えるんです。

硬い方は、身体への負担が増え、痛みも付いてきますよ。

 

あなたはどうなりたいですか?

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :              

トレーニング

【熱中症】高齢者が気を付けるべきこととは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今日、広島も梅雨明け宣言がされましたね。

例年に比べかなり早い梅雨明け宣言だと思います。

 

そして梅雨の次に来るのが、猛暑です。

今日もめちゃくちゃ暑かった・・・。

 

そこで気を付けてほしいのが、熱中症。

特に高齢者の方には、気を付けてほしいポイントをまとめました。

高齢者と熱中症

 

先日講演会で高齢者の熱中症についてお話ししたので、それを元にお話ししていきますね。

まず高齢者の方が、熱中症になりやすい原因として、

 

=====
①体内の水分が不足しがち
②暑さに対する感覚機能が低下している
➂暑さに対する身体の調整機能が低下している

=====

 

が考えられます。

つまり、体内の水分が減っても減っていることに気付きにくいし、暑くても暑いと感じにくくなるってことです。

 

僕の祖母は、典型的にこれでしたね。

 

真夏の暑い中、部屋にこもり、クーラーも何もつけず、水分もさほど飲まず過ごしていました。

言ってもクーラー付けない、水分飲まない。今思えば、よく熱中症にならなかったなと思います。

 

そして図にも書いてあるように、『室内』での熱中症が多いんです。

意外ですよね。

室内で油断しているといつの間にか熱中症になることもあるので、かなり注意が必要です。

 

熱中症予防チェック

 

 

今年もかなり暑くなりそうですので、下記のポイントがしっかりとできているか熱中症予防チェックもしておいてください。

あなたは何個当てはまりますか?

 

 

今年の夏はチェックがたくさん入るように予防をしていきましょう。

ちなみに部屋は28度以下・湿度50~60%と言われており、水分は最低1.2ℓは飲むようにしてください。

 

そして当たり前ですが、野外ではマスクも外しましょうね。

これって最近テレビで言い始めていますが、国は数年前から言っていますからね。

 

最初テレビは暑くてマスクを外している方も悪と報道していました。

ですがその裏で国ははっきりと『外しましょう』と言っていました。

 

テレビは何が伝えたいのか?

 

ここだけの話し、あなたの健康よりも視聴率ですからね。

 

 

まとめ

 

 

喉が渇く前に水を飲み、室内ではクーラーを積極的に利用しましょう。

やせ我慢は、全く意味がありませんし、周りに迷惑が掛かる可能性があります。

 

今年の夏は、しっかりと熱中症対策をして過ごしましょうね!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

ケア

【膝痛】まだ軟骨が痛むと思っていますか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

本日は、「座ってできる運動で腰痛膝痛にさようなら」をテーマに坪井公民館で講演会を行いました。

その中である質問をしたんですが、まだ膝痛の常識が世間に知られていないようです・・・。

 

軟骨は痛むのか?

 

講演会の中でした質問と言うのは、

 

「膝の組織で一番痛みに敏感な組織はどこだと思いますか?①靭帯②軟骨➂脂肪どれでしょう??」

 

あなたは正解が分かりますか?

参加者の回答はこうでした。

 

=====
①靭帯→40%
②軟骨→60%
➂脂肪→0%
※人数がわからなかったので、参加者の割合でざっくりと
=====

 

という回答に。

軟骨だと思う方が多く、次いで靭帯、そして脂肪は0名。

軟骨が膝の痛みに敏感な組織だと思っている方が多いことが知れました。

ですが本当は・・・

 

=====
脂肪が膝の組織の中で痛みに敏感
=====

 

なんですよね。そして実は軟骨は・・・

 

=====
痛みを感じません!!
=====

 

という驚愕の真実。

軟骨には血液が通っていないので、軟骨自体には痛みを感じるセンサーがないんですよね。

 

ですが、CMなどでよく見るのは「軟骨をどうとかこうとか・・・」なので、皆さんのイメージは「軟骨=痛い」と連想されているのかなと思いました。

 

まとめ

 

 

ということで、軟骨は痛みません!!

むしろ膝の脂肪の方が痛みに敏感なんです。

 

軟骨よりも脂肪へのストレス軽減が膝痛改善にとって非常に大切ですよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

膝痛

【筋肉】1日で成長させる特別な方法がある!?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

筋肉は落ちるのは早いけど、落ちた筋肉を取り戻すのはなかなか時間が掛かり、難しいです。

 

運動が好きな方であれば、苦ではないかもしれませんが、運動が嫌いな方であれば、落ちた筋肉を取り戻すのにかなり苦労すると思います。

1日で筋肉を強くする

 

結論から言いますが、1日で筋肉を強くさせる方法はありません。

 

期待させてしまいすみません。

そんな方法があれば、みんなやっていますし、ロコモやサルコペニアで悩む方は一人もいないはずです。

 

ですが悲しいことに、多くの方がロコモやサルコペニアで悩んでいます。

 

それは裏を返せば、たった1日で筋肉を強くする方法はこの世に存在しないということを指します。

 

本当の筋肉を強くする方法

 

 

それはたったひとつしかありません。

それは、

 

=====
コツコツ積み重ねていくこと
=====

 

「当たり前じゃん!!」と思われたかもしれませんが、これしか現状解決策がないんです。

 

1回で筋肉が大きくなることはないですし、強くなることはありません。

あったとしてもそれは一時的で、何の意味も成しません。

 

人生、楽でいいことはなく、多少の苦(?)も必要になるわけです。

当たり前かもしれませんが、これが現実であって、原点なんですよね。

 

まとめ

 

 

1回で何とかしてやろう!と思うのではなく、継続することを意識して運動を取り組んでいきましょう。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【高齢者グループ募集】五月が丘公民館でストレッチ教室に参加しませんか?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

五月が丘公民館で、「腰痛・膝痛改善ストレッチ(仮)」の定期的なグループ教室を開催予定です。

もし興味のある方は、一緒にストレッチしませんか?

五月が丘公民館

 

定期的なグループ(教室)にする前に、体験会を開催することになりました。

 

=====
日時:6月27日(月) 10:00~11:00
場所:五月が丘公民館
お問合せ:082-941-2121
=====

 

体験日で人数が集まれば、7月からは、毎月第4月曜日の10:00~11:00で開催していきます。

 

また内容的には、座ってできる腰痛・膝痛改善のためのストレッチなどをおこなっていきます。

なので、痛みで悩んでいる方にこそお越しいただきたい内容となっています。

 

公民館でのグループ活動の特徴

 

 

実は、公民館でのグループ活動にはある特徴があります。

地域の活動とは少し異なると思うので、是非読んでください。

 

公民館の教室は、地域の方々の『自主性』で成り立っているので、参加者の方は運営サイド(会計・連絡・部屋予約など)に必然的に関わらないといけません。

 

あくまで僕のポジションは、地域の方々が立ちあげた教室に呼ばれているという形になります。

(僕が運営サイドに係ることができません)

 

なので教室に参加したいと言われても、

 

「あの役やりたくないから教室には参加せんわ!」
「いつか役が回ってくると思うと嫌だ!」
「誰か仕切ってくれる人がおればねぇ!」

 

となかなか公民館では教室が成立することが難しいそうです・・・。

(成立してしまえば続くのですが、最初が一番難しい)

 

五月が丘公民館でも「やりたい!」と、15名程の方々から声が上がったのでグループ活動のお話しを頂いたのですが、蓋をあけてみれば最終的に残ったのはたったの4名・・・。

 

それではグループ運営ができません!!

 

最低7名は必要らしいので、あと3名。「役が回ってきても構いません」という方、是非この体験会にご参加お待ちしております。

 

公民館という身近な場所で運動ができる環境を作ってもご高齢な方々だけに「運動だけ」をしたい、「年齢的に役回りはできない」という方々が多く、どの公民館でのグループ活動は減ってきているそうです。

 

五月が丘公民館では、そこを変えていきたいという想いもあり、今回お話しを頂いたのですが、このまま閉鎖するのか?活動できるのか?まだ不透明なところです。

 

あと3名!ギリギリは参加者の負担が大きくなるので、あと6名!!

 

ご興味ある方は、ご参加お待ちしておりますね。

またはお近くにお住みのお友達やご両親に、お声掛け頂けると嬉しいです!!

 

まとめ  

 

 

一度人数が集まり、立ち上がればその後はだいたい安定していくんですが、最初の一歩がなかなか進まないものです。

僕としては、一人でも多くの方に運動の大切さを知って頂きたいんですけどね。

 

もしご興味ある方は、ご連絡お待ちしています。

またお友達やご両親など、五月が丘公民館のお近くに住んでいる方がいればお声掛け頂けると嬉しいです。

 

=====
【体験会日】
日時:6月27日(月) 10:00~11:00
場所:五月が丘公民館
お問合せ:082-941-2121
=====

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【僕も負けた】年齢を重ねても体力が落ちない理由とは?

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

僕はトライアスロン・フルマラソン・トレイルランと大会に出てきました。

 

そこで痛感するのが、明らかに僕よりも年上(高齢者の域に入っているはず)の方がレース後半僕をスーーーっと抜いていくんですよ(笑)

 

僕が遅いというのもあると思いますが、さすがにその年齢の方に抜かれたら悔しいですがその反面、「すごーーい」って感心してしまいます。(そう思う前に走れ!)

高齢者の練習

 

そしてこれは大会前の練習でも感じます。

特にプールで。

 

だいたい僕は練習する時、平日の午前中に市民プールで泳ぎます。

基本的にこの時間帯は高齢者の集いの場になっています。

 

ですが、ここで泳ぐ方々は凄いんです!!

もうね、ずっと泳いでいます。

本当にずっと。

 

僕が疲れレーンの隅で休んでいると「お先に」と言いながら何往復もしていきます(笑)

 

「週どれぐらい泳がれるんですか?」「多い時は週5は来てるよ」

 

猛者でした。

このように年齢関係なく、コツコツと練習を積み重ねていくことで、その競技に特化した体力はどんどんついていきます。

 

高齢者の持久力

 

 

年齢を重ねていくと、瞬発力の筋肉は低下していきますが、持久力の筋肉はそこまで低下していきません。

なので、100m走には若者が多く、マラソンには年配の方が多いんです。

 

つまり持久力の練習を積んでいる高齢者の方は、瞬発力は落ちているものの、持久力に関する筋肉はまだ元気ということ。

 

ですが当然ながら、練習を積んでいない方は、持久力の筋肉も低下していきます。

 

もし年齢を重ね「運動したいなぁ」と思うのであれば、持久力系の運動がおすすめですよ。

ウォーキングなどから入るといいかもしれませんね。

 

まとめ

 

 

今年は数年ぶりに大会に出ようかと思っていますが、そこでは抜かれないように頑張ろうと思います。

 

そして練習のプールでも(笑)

 

まだまだ僕は30代。

70代の方々には負けないように体力づくり頑張ります!!

何事もコツコツですね。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :           

トレーニング

【朗報】ついに僕にも追っかけファンができました!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

先日、3ヶ月に1回のペースで開催している高齢者教室の指導に行ってきました。

 

ここでは「脳トレ」をメインに、ストレッチやトレーニングもしながら楽しくやっております。

 

そこで参加者の方々に、

「先生が来る日をずっと待っとったんよ!」

「この日が楽しみだったんよ!」

「3ヶ月は長いわ!」

など僕が来るのを楽しみにしてくださっている方が多いことに、非常に嬉しく思います。

 

追っかけファン

 

そしてこの教室とは全く関係のないところで、講演会をすることが決まっています。

 

別にここの参加者の方に伝えた訳でもないのに、

「今度○○に先生が来るじゃろ?名前を見つけてすぐ申し込んだよ。このメンバーみんなで行くけぇね。よろしく!!」

と第一声に言われました。

 

恐るべき情報網。

どこで僕の情報が耳に入るかわかりませんから、僕も悪いことはできないと悟りました(笑)

他にも、

 

「先生。今度来る○○には、時間が合わんけぇ行けれんわ。また時間合えば参加するね」

 

とわざわざ行けないことを僕に伝えてきてくださる方まで。

僕なんかのために来て下さったり、行けれないことまで伝えてくださり、ありがとうございます。

そして、この日に僕は確信しました。

 

「僕に追っかけファンができとる~~~!!」

 

とまぁそれだけ僕の教室を楽しんで頂けているということでしょう(笑)

でも逆にそれだけ期待されているとプレッシャーも掛かりますが(笑)

 

ってことで、僕もみなさんがより楽しんでもらえるように工夫しながらやっていこうと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

 

また「私たちの教室にも来て欲しい」などご希望ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

予定が合えば喜んでお伺いいたしますよ。

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

トレーニング

【運動】老化が始まる30歳を超えたら体を積極的に動かそう!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

冷静に聞いてください。

30歳を超えたらもう老化は始まります!!

 

関節の可動域・筋肉の低下が30歳を超え落ちてきていますが、実感はありますか?

老化は30歳から

 

 

高齢者の年齢に近付くと、老化を感じるかもしれません。

「もう50歳を超えたし、老化が始めったなぁ」と言う方は多いですが「もう30歳を超えたし、老化が始まったなぁ」と言う方は少ないでしょう。

 

ですが残念なことに、30歳を超えたらもう老化は始まっているんです。

 

老化とは口に出さなくても、「昔より体が動かなくなったなぁ」とは感じるし、口にしている方は多いと思います。

実はそれが老化なんですよね。

 

30歳を超えたら動け

 

 

30歳を超えたから我武者羅に動けというわけではありません。

30歳を超えると徐々に体の動く範囲などが狭く、弱くなっていくので、そこを予防する為に動いて欲しいんです。

 

例えば、胸郭(背骨)・股関節。ここの関節は30歳から徐々に硬くなっていきます。

 

なので、定期的に関節可動域をフルに使ったストレッチをしたり、トレーニングをしたりする必要性が出てくるんです。

それを怠ると、続けた方とそうでない方と比べると、60歳を超えた時には大きな差になると僕は思いますよ。

 

まとめ

 

 

老化?そんなもん、30歳から始めっているんで、年上の方に言うことではありません。

あなたも老化が始めっているんですから(笑)僕もね。

 

将来を見据えて行動するなら、これを読んだ今からです。

 

きつくなくてもいい。

自分が続けられるペース・強度で老化のスピードを緩め、いつまでも動けて健康な体でいましょうね!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

トレーニング

【腰痛】圧迫骨折になる要因・症状・治療法のまとめ

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

圧迫骨折とは、椎体(背骨のこと)が潰れるような骨折をすることで、高齢になればなるほどそのリスクは増えていきます。

 

骨粗鬆症と比例して、骨の強度が弱まることで発生しやすくなります。

 

急な強い腰の痛みで悩んでいるあなた。

もしかしてあなたの腰痛は、圧迫骨折なのかもしれませんよ。

 

圧迫骨折の要因

 

圧迫骨折の要因としては、

 

=====
①転倒・尻もち
②物を持つ動作
➂詳細不明
=====

 

が多いかと思います。

ご高齢の場合、転倒したり、重たいものを持った後に、腰に強い痛みがある場合は、圧迫骨折を疑いましょう。

 

また➂の詳細不明ですが、特に何もしていないのに、知らぬ間に骨折しているパターンです。

例えば、朝起きたら強い腰の痛みがあるなど、いつどのタイミングで骨折したのかわからないパターンも存在します。

 

圧迫骨折の痛み

 

 

圧迫骨折の痛みは、ぎっくり腰と勘違いされる方が非常に多いです。

急に強い痛みになるので、過去の経験から「ぎっくり腰だろうな?」と思っている方もしばしば・・・。

 

ですが圧迫骨折の場合、ぎっくり腰とは明らかに違う痛みを感じますので、ここを知っておきましょう。

圧迫骨折の場合、

 

=====
起居動作で強い痛みを伴うが、1~3分ほどじっと立って(座って)いると痛みが落ち着いてきて、歩行可能になる
=====

 

ということです。

ぎっくり腰の場合、1~3分じっとしていても起居動作での痛みが落ち着くことはありません。

持続的な痛みが続くはずです。

 

これが圧迫骨折とぎっくり腰の痛みの差です。

 

圧迫骨折の治療

 

 

基本的に安静・固定です。

特に受傷後は、動かし過ぎに注意しておかないと骨は変形し固まってしまいます。

 

さらに受傷後、10日をピークに圧潰変形し、その後3週間はしばらく変形しにくいと言われています。

なので、受傷後最低でも3週間は安静・固定が基本になります。

 

また寝る時も仰向けは変形を助長させてしまうので、横向きで寝ることが変形の進行を遅らせることに繋がります。

 

圧迫骨折の運動療法

 

 

さて安静・固定期が過ぎたら、運動療法が必要になってきます。

骨折・変形してしまった骨は治せませんが、圧迫骨折で姿勢が大きく変化してしまうんです。

 

=====
圧迫骨折後は、腰・骨盤が後弯・後傾肢位になってしまいます。頭は前に出て、背中は曲がり、腰は曲がり、膝は曲がり、腰に負担が増えていくので、姿勢を修正するための運動が必要になってきます。
=====

 

まとめ

 

 

年齢を重ね、骨が脆くなっている状況で、転倒・尻もちなどをしてしまい、その後腰に強い痛みが!?

 

それに起居動作での痛みも強く、1~3分じっとしてれば楽になるのなら余計に圧迫骨折が疑われます。

 

その場合は、必ず病院へ行き、MRIを撮ってもらいましょう。

レントゲンでは圧迫骨折初期は判断しにくい傾向にありますので、MRIがおすすめですよ。

 

そして治療後は、運動療法で姿勢を修正していきましょう。

この運動がないと、圧迫骨折由来の腰痛や膝痛など、体の痛みが発生してしますよ。

 

転倒にはご注意を!!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :            

腰痛

【RCC文化カルチャー】ストレッチで腰痛膝痛を解消する!

 


 

こんにちは!

サンライフ 整体&トレーニング代表の藤野真人です。

◆プロフィール◆

 

今年からRCC文化カルチャーで腰痛・膝痛のためのストレッチ教室を開催しています。

参加枠に余裕がありますので、ご興味ある方は是非お越しくださいね(^^)/

 

RCC文化カルチャー

 

『脳トレと膝腰らくちんストレッチ』

▶内容:膝痛・腰痛に効果的なストレッチに加え、脳トレを行うことで、頭と体にアプローチ
▶日程:第2・4(火)/10:30~12:00
▶受講料:9900円(3ヶ月分)
▶場所:広島市中区橋本町5-11
▶お問合せ:082-222-2205
https://www.rccbc.co.jp/culture/contact/index.html

 

まとめ

 

 

腰痛と膝痛のためのストレッチ講座を開催しています。

椅子に座ってできるストレッチ講座になりますので、自信のない方も是非お越しくださいね。

 

あなたのご参加を心からお待ちしております。

 

正しいストレッチとトレーニングで、健康で痛みのないカラダを一緒に作り上げていきましょう!

 

YouTubeでは誰でも簡単にできる「痛み改善に必要な筋トレ・ストレッチ」動画などをアップしています。

もしよかったらYouTubeもご参考にしてみてください。

↓↓

 

お問い合わせ お電話でお問合せ

 

式LINE@

 

 

 

 

ご登録後は、

『腰痛を解決する日常生活でのヒント』

『タイプ別腰痛改善プログラム』

動画をプレゼント致します。

 

またLINE登録者限定20%割引クーポンも発行中♪

 

タグ :          

カルチャー教室

1 2 3 5